検索 わたしのネット ロゴ

【2021年最新】20社比較でわかった安い光回線はココ!選ぶときの注意点や節約術も解説

光回線 最安

光回線を使いたい場合、たくさんの種類がありどこにすればいいか迷ってしまいますよね。

結論からいうと、光回線はスマートフォンとのセット割があるところを選ぶと、スマホ代が毎月割引されるため通信費全体が安くなりお得に利用できます。

所持スマホ別に見るおすすめの光回線は以下のとおり。

また光回線を選ぶ際は月額料金だけでなく「実質料金」をチェックしたり、安さだけではなく通信速度など品質もチェックすることが大切ですよ。

乗り換えで検討している場合は、解約違約金を負担してくれるキャンペーンがある光回線もおすすめ

本記事では光回線を選ぶ際の注意点や、利用中に安く利用するための節約術も合わせてご紹介します

那比得子(なびとくこ)
とくこ

光回線の料金が高いと感じる場合や長期間利用する予定がない場合には、光回線ではなくモバイル回線もおすすめよ。

おすすめのモバイル回線も紹介するのでぜひチェックしてみてくださいね。

この記事でわかること

【結論】光回線はスマホとのセット割で選ぶと安く利用できる!

光回線を安く利用するためには、スマートフォンとのセット割のある光回線を選ぶことがおすすめです。

光回線は大手3キャリアのスマホを利用している場合、セット割を適用できる場合があります。

那比光太(なびこうた)
こうた

大手3キャリアは「docomo」と「au」と「SoftBank」だね!

スマホとのセット割を適用すると、毎月のスマホ代が割引されるため通信費全体が安くなりお得です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

格安SIMのスマートフォンでもセット割はあるけど、大手キャリアと比べて割引額が小さいのよ。

セット割を適用できる主な光回線を以下にまとめてみました。

スマートフォン セット割のある光回線 割引額
(対象スマホ1台あたり)
docomo ドコモ光 最大1,100円
au auひかりeo光コミュファ光So-net光プラス@nifty光BIGLOBE光など 最大1,100円
SoftBank ソフトバンク光NURO光 最大1,100円
Y!mobile ソフトバンク光 最大1,188円
OCNモバイルONE OCN光 220円
BIGLOBEモバイル BIGLOBE光 220円

上記の表からもわかるとおり、大手キャリアのスマホを利用しているならスマホとのセット割のある光回線を選ぶとお得に利用できます。

これらを踏まえて、所持スマホ別にみるおすすめの光回線を見ていきましょう。

【2021年最新】20社比較!所持スマホ別で見るおすすめの安い光回線はここ!

安い光回線はどこなのか、20社を実質料金・スマホとのセット割の有無・キャンペーン・平均速度で比較してみました

那比光太(なびこうた)
こうた

実質料金で比較しているのは理由があるの?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

実質料金は月額料金や初期費用、キャンペーン割引など全部考慮した「本当に支払う必要のある料金」を算出しているから、月額料金だけ見て比較するよりずっと正確なのよ!

20社を比較した結果、利用スマホ別にみるおすすめの光回線は以下のとおりとなりました。

  • docomoのスマホを利用なら「ドコモ光」が安く利用できる!
  • auのスマホを利用なら「auひかり」が最安!
  • SoftBankか格安SIMのスマホを利用なら「NURO光」が最安で利用できる!

また実際に比較した結果は以下のとおりです。

戸建てタイプの場合と、マンションタイプの場合に分けているのでそれぞれチェックしてみてくださいね。

【戸建てタイプの場合】光回線20社の比較結果
月額料金 実質月額
(3年間)
スマホセット割 キャッシュバック 工事費無料 平均速度
(下り)
auひかり
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目以降:5,390円
4,319円
au
最大60,000円
377.2Mbps
NURO光
5,200円
4,592円
SoftBank
45,000円
472.97Mbps
So-net光プラス
1年目:2,980円
2年目以降:6,138円
5,549円
au

(月額割引あり)
283.86Mbps
BIGLOBE光
5,478円
5,009円
au
40,000円
234.19Mbps
eo光
5,448円
4,843円
au

(月額割引・商品券10,000円プレゼントあり)
442.7Mbps
楽天ひかり
5,280円
5,671円
楽天モバイル

19,800円
187.09Mbps
ソフトバンク光
5,720円
6,067円
SoftBank
37,000円
296.66Mbps
ぷらら光
5,280円
5,408円
ひかりTV

19,800円
225.68Mbps
@スマート光
4,730円
5,830円
204.04Mbps
@nifty光
4,961円
5,339円
au
30,000円
184.03Mbps
ドコモ光
5,720円
5,806円
docomo
20,000円
239.93Mbps
コミュファ光
1年目:3,980円
2年目以降:5,215円
4,321円
au
30,000円
664.51Mbps
DTI光
5,280円
5,730円
au
DTI SIM
最大19,000円

19,800円
251.53Mbps
enひかり
4,620円
5,720円
UQ mobile
ahamo

16,500円
309.0Mbps
DMM光
4,092円〜5,962円または5,302円
5,913円
DMMモバイル
298.68Mbps
OCN光
6,820円
5,691円
OCNモバイルONE
40,000円

19,800円
248.99Mbps
フレッツ光
7,150円〜
6,885円〜

19,800円
246.2Mbps
BBIQ
2〜12ヶ月目:4,070円
13ヶ月目以降:5,170円
4,658円
au
QT mobile

平日2,200円
土日祝5,500円
311.69Mbps
BB.excite光 Fit
3,520円〜
4,742円〜

19,800円
318.04Mbps
メガ・エッグ光
4,620円
4,706円
au
最大15,000円
371.11Mbps

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

那比光太(なびこうた)
こうた

次はマンションタイプの場合だよ!

マンションタイプの場合の比較結果は以下のとおり。

【マンションタイプの場合】光回線20社の比較結果
月額料金 実質月額
(3年間)
スマホセット割 キャッシュバック 工事費無料 平均速度
(下り)
auひかり
4,180円〜
3,039円
au
最大60,000円
207.14Mbps
NURO光
2,090円〜
2,037円
SoftBank
25,000円
504.76Mbps
So-net光プラス
1年目:1,980円
2年目以降:4,928円
4,001円
au

(月額割引あり)
275.6Mbps
BIGLOBE光
4,378円
3,909円
au
40,000円
228.44Mbps
eo光
3,876円
3,832円
au

(月額割引・商品券10,000円プレゼントあり)
284.17Mbps
楽天ひかり
4,180円
4,479円
楽天モバイル

16,500円
184.03Mbps
ソフトバンク光
4,180円
4,527円
SoftBank
37,000円
287.64Mbps
ぷらら光
3,960円
3,996円
ひかりTV

16,500円
207.81Mbps
@スマート光
3,630円
4,271円
136.61Mbps
@nifty光
3,839円
4,034円
au
30,000円
167.92Mbps
ドコモ光
4,400円
4,486円
docomo
20,000円
229.49Mbps
コミュファ光
1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
3,173円
au
35,000円
417.74Mbps
DTI光
3,960円
4,438円
au
DTI SIM
最大16,000円

16,500円
251.79Mbps
enひかり
3,520円
4,620円
UQ mobile
ahamo

16,500円
344.54Mbps
DMM光
4,158円
4,769円
DMMモバイル
316.95Mbps
OCN光
5,170円
4,171円
OCNモバイルONE
32,000円

16,500円
240.67Mbps
フレッツ光
4,600円~
5,378円~

16,500円〜17,380円
238.56Mbps
BBIQ
2〜12ヶ月目:3,300円
13ヶ月目以降:4,400円
4,048円
au
QT mobile

平日2,200円
土日祝5,500円
323.0Mbps
BB.excite光 Fit
2,640円〜
3,771円〜

16,500円
414.89Mbps
メガ・エッグ光
3,520円
3,606円
au
最大15,000円
368.05Mbps

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

それではそれぞれのおすすめ光回線について一つずつ見ていきましょう。

docomoのスマホを利用なら「ドコモ光」が安く利用できる!

ドコモ光
引用:GMOとくとくBB

docomoのスマートフォンを利用しているなら「ドコモ光」がおすすめです。

那比光太(なびこうた)
こうた

docomoとのスマホセット割がある光回線はドコモ光だけなんだよ!

まずはドコモ光の基本情報を見てみましょう。

提供エリア 全国
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円
契約期間 2年
実質月額料金(2年間) 戸建て:5,574円
マンション:4,254円
最大通信速度 1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 239.93Mbps
セット割 docomo
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

docomoのスマートフォンを利用していれば、ドコモ光とのセット割適用でスマホ代が月額最大1,100円割引になります

またドコモ光を申し込む場合、「GMOとくとくBB」の窓口から申し込むとキャンペーンがお得で安く利用できるためおすすめですよ。

オプション加入不要で20,000円のキャッシュバックが受け取れるため、実質月額料金は戸建ての場合5,574円、マンションの場合4,254円で利用可能。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

GMOとくとくBBでは他にも「高性能WiFiルーター無料レンタル」や、「モバイルWi-Fiルーター最大3ヶ月無料レンタル」などのキャンペーンを開催しているわよ!

さらにドコモ光では現在「ドコモ光新規工事料無料特典」を開催していて、適用すると工事費が無料になります。

ドコモ工事費無料キャンペーン
引用:ドコモ光新規工事料無料特典

他社光回線では工事費が割引になるキャンペーンは、工事費分に相当する金額を毎月割引するタイプが多く、割引期間中に解約すると工事費の残債分の請求が発生してしまいます。

一方ドコモ光の工事費無料特典は工事費が完全無料になるため、残債は発生しません

ドコモ光の工事費特典は期間限定で開催しているため、検討している場合は工事費特典が開催されている期間中に申し込むとお得に利用可能です。

ドコモ光を詳しくみる

auのスマホを利用なら「auひかり」が最安!

フルコミット
引用:フルコミット

auのスマートフォンを利用しているなら「auひかり」が安く利用できるためおすすめです。

auスマホとのセット割であるauスマートバリューが適用できるため、スマホ代を安く利用することができます。

auひかりの基本情報は以下のとおりです。

提供エリア ・北海道
・東北(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)
・関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県)
・甲信越(新潟県、山梨県)
・北陸(石川県、富山県、福井県)
・中国(鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県)
・四国(香川県、徳島県、愛媛県、高知県)
・九州(福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県)
月額料金 【戸建て】
1年目 5,610円
2年目 5,500円
3年目以降 5,390円
ホーム1ギガ:ずっとギガ得プランの場合
【マンション】
4,180円
マンション タイプV・都市機構の場合
契約期間 戸建て:3年
マンション:2年
実質月額料金 戸建て(3年間):4,319円
マンション(2年間):2,193円
最大通信速度 1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 377.2Mbps
セット割 auスマートバリュー
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

auひかりを申し込む場合のおすすめ窓口は「代理店フルコミット」で、最大60,000円のキャッシュバックがオプション不要で最短翌月末に受け取れます

フルコミットキャッシュバック
引用:フルコミット

さらにauひかりの公式キャンペーンとして、他社から乗り換えた場合の解約違約金を最大30,000円がキャッシュバックされますが、フルコミットではさらに上乗せで最大25,000円が受け取り可能

またフルコミットの窓口と同様に「GMOとくとくBB」もキャッシュバックがお得で安く利用できます。

フルコミットGMOとくとくBBのキャンペーンを比較した表は以下のとおり。

窓口 フルコミット GMOとくとくBB
キャッシュバック
最大60,000円
最大61,000円
受取時期
最短翌月末・4ヶ月後
12ヶ月後・24ヶ月後

GMOとくとくBBもキャッシュバック額が大きく、auひかり電話も24ヶ月無料で利用できるためおすすめですが、キャッシュバックの受け取りが1年後と2年後となることに注意が必要です

フルコミットを詳しくみる
GMOとくとくBBを詳しくみる
またauひかりは全国で利用できるわけではありません

提供エリア外の地域もあるため、auひかりが利用できないエリアの場合は「地域限定の光回線」か「So-net光プラス」がおすすめですよ。

くわしくは次の項目でご紹介しますね。

auひかりがエリア外の場合は「地域限定の光回線」か「So-net光プラス」が安く利用できる

auひかりはスマホセット割も適用可能で安く利用できますが、利用できるエリアが限られています。

関西・東海地域はauひかりが提供エリア外のため、該当地域の場合は光コラボ回線か、地域限定で利用できる光回線がおすすめです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

地域限定回線はスマホセット割であるauスマートバリューが適用できる場合が多いのよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

地域限定回線って独自回線で提供しているところも多いから速度も快適な場合が多いみたいだよ!

地域ごとにみるおすすめの光回線は以下のとおり。

  • 関西エリアの場合「eo光」がおすすめ
  • 東海エリアの場合「コミュファ光」がおすすめ
  • どれも提供エリア外だった場合は光コラボ回線の「So-net光プラス

また主な地域限定回線を比較したものは以下となります。

光回線 eo光 コミュファ光 メガ・エッグ光 BBIQ
利用可能エリア
大阪府・奈良県
京都府・滋賀県
兵庫県・和歌山県
福井県
愛知県・静岡県
岐阜県・三重県
長野県
山口県・島根県
鳥取県・広島県
岡山県
福岡県・大分県
佐賀県・長崎県
熊本県・宮崎県
鹿児島県
月額料金 戸建て
5,448円
1年目:3,980円
2年目以降:5,215円
4,620円
2〜12ヶ月目:4,070円
2年目以降:5,170円
マンション
3,876円
1年目:3,380円
2年目以降:4,000円
3,520円
2〜12ヶ月目:3,300円
2年目以降:4,400円
実質月額料金
(3年間)
戸建て
4,843円
4,321円
4,706円
4,658円
マンション
3,832円
3,173円
3,606円
4,048円
平均通信速度(下り)
442.7Mbps
664.51Mbps
371.11Mbps
311.69Mbps
キャッシュバック 戸建て

(月額割引・商品券10,000円プレゼントあり)
30,000円
最大15,000円
マンション
35,000円

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

どの地域限定回線の提供エリアからも外れてしまっている場合は、光コラボレーション回線で全国で利用できる「So-net光プラス」がおすすめです。

So-net光プラス_公式
引用:So-net光プラス

So-net光プラスは公式サイトから申し込むと月額料金が割引されるためお得に利用できます。

基本情報は以下のとおり。

提供エリア 全国
月額料金
(戸建て)
1年目:2,980円
2年目以降:6,138円
月額料金
(マンション)
1年目:1,980円
2年目以降:4,480円
契約期間 3年
実質月額料金
(3年間)
戸建て:5,549円
マンション:4,443円
最大通信速度 1Gbps
平均通信速度(下り) 283.86Mbps
セット割 auスマートバリュー
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

また高速WiFiルーターが無料でレンタルできたり、持ち運び可能なモバイルWi-Fiルーターも初月無料で使えるキャンペーンも開催していますよ。

So-net光プラスを詳しくみる

SoftBankか格安SIMのスマホを利用なら「NURO光」が最安で利用できる!

NURO光
引用:NURO光

SoftBankのスマートフォンを利用している場合は「NURO光」がセット割を適用でき、さらに最大通信速度も2Gbpsと速く快適に利用できるためおすすめです。

また格安SIMのスマートフォンを利用している場合もNURO光がおすすめ

まずはNURO光の基本情報をみてみましょう。

提供エリア ・北海道
・関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県)
・東海(愛知県、静岡県、岐阜県、三重県)
・関西(大阪府、京都府、兵庫県、滋賀県、奈良県)
・中国(広島県・岡山県)
・九州(福岡県、佐賀県)
月額料金 戸建て:5,200円
マンション:2,090〜2,750円
契約期間 3年
実質月額料金
(3年間)
戸建て:4,592円
マンション:2,037〜2,697円
最大通信速度 2Gbps
※一部の地域限定で6Gbps、10Gbps、20Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 472.97Mbps
セット割 SoftBank
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

NURO光を申し込む場合は公式サイトからの申し込みがおすすめで、45,000円のキャッシュバックがオプション不要で受け取れる上に工事費実質無料キャンペーンも受けられます

格安SIMのスマホの場合はスマホとのセット割を適用することはできませんが、キャッシュバックがお得なことと、最大通信速度が速く快適な点からおすすめできる光回線です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

格安SIMの場合、スマホとのセット割が適用できても数百円の割引と少ないから、キャッシュバックがお得な光回線や速度が速くて快適に利用できる光回線がおすすめなのよ!

またNURO光は提供エリアが限られていて、最近中国地方(広島県と岡山県)で利用できるようになりましたが、エリア外の地域が多くあります。

そのためNURO光がエリア外だった場合、SoftBankのスマホを利用しているなら「ソフトバンク光」が、格安SIMのスマホを利用している場合は「auひかり」がおすすめですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

「ソフトバンク光」はSoftBankのスマホとセット割が適用できるから、SoftBankユーザーにおすすめなんだね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

格安SIMの場合は、キャッシュバックの大きさや通信速度の速さで選ぶといいから、キャッシュバックがお得で独自回線で速度にも定評がある「auひかり」がNURO光の次におすすめなのよ。

また格安SIMのスマホを利用でNURO光もauひかりもエリア外だった場合は、auのスマートフォンを利用している場合のおすすめと同じく、「地域限定回線」か「So-net光プラス」を検討することをおすすめします。

そのため格安SIMのスマホでNURO光が提供エリア外だった場合は「auのスマホを利用なら「auひかり」が最安!」の項目から光回線をチェックしてみてくださいね。

SoftBankユーザーにおすすめのソフトバンク光については次の項目でご紹介します。

NURO光を詳しくみる

SoftBankのスマホでNURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

ソフトバンク光_NEXT
引用:NEXT

SoftBankのスマートフォンを利用していてNURO光が提供エリア外だった場合は「ソフトバンク光」がスマホセット割を適用できます。

またソフトバンク光の申し込み窓口は複数ありますが「代理店NEXT」の窓口が、キャッシュバックもお得なためおすすめですよ。

まずはソフトバンク光の基本情報をチェックしてみましょう。

提供エリア 全国
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
契約期間 2年
実質月額料金
(2年間)
戸建て:5,966円
マンション:4,426円
最大通信速度 1Gbps
※一部の地域限定で10Gbpsのプランあり
平均通信速度(下り) 296.66Mbps
セット割 SoftBank
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

NEXTから申し込むと、最大37,000円のキャッシュバックを最短2ヶ月後に受け取ることができます

またソフトバンク光は他社から乗り換える場合のキャンペーンが豊富で、解約違約金を最大10万円還元してくれたり、開通工事費が実質無料になったりと適用したい特典が多くあります。

那比光太(なびこうた)
こうた

代理店の窓口から申し込むと、代理店独自のキャンペーンはもちろん、公式で開催しているキャンペーンも適用できるからお得だよ!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

代理店NEXTで例えるなら、NEXTからの37,000円キャッシュバックも受け取れる上に、公式の乗り換え違約金負担も、工事費実質無料キャンペーンも適用できる、ということよ!

ただし工事費実質無料キャンペーンについては、他社からの乗り換えではない場合は適用にならないので注意しましょう。

ソフトバンク光を詳しくみる

光回線を安く利用するポイントは?知っておきたい5点をご紹介

安く利用できる光回線についてご紹介してきましたが、光回線を選ぶときに知っておきたい5つのポイントをご紹介します。

那比光太(なびこうた)
こうた

自分で光回線を選ぶときの参考にしてみてね!

それでは一つずつポイントをみていきましょう。

月額料金ではなく「実質料金」を比較する

光回線は各社月額料金が異なることはもちろん、同じ光回線でも申し込む窓口によって支払う金額が変わってきます。

キャッシュバックや月額料金割引など各窓口で独自キャンペーンを開催しているため、月額料金だけを比較しても実際に支払う金額は判断しづらいものです。

そのため光回線を比較する際はキャッシュバックや割引、初期費用なども考慮した「実質料金」を計算して比較することが大切

那比得子(なびとくこ)
とくこ

実質料金を比較しないと、実は他の窓口の方がお得だったなんてことが利用後に分かったりしちゃうから、しっかり確認しましょうね!

実質料金は以下の計算式で算出することができます。

実質料金(実質月額料金)=(月額料金×契約月数+初期費用+端末代金+オプション料金などーキャッシュバック・月額割引)÷契約月数

なお本記事では実質月額料金で安い光回線を比較しているのでチェックしてみてくださいね。

おすすめの光回線を紹介している箇所にも実質料金を記載していますよ。

スマホとのセット割がある光回線を選ぶと通信費全体が安くなる

光回線は大手3キャリアのスマートフォンとのセット割が適用できる場合があります。

スマホとのセット割がある光回線を選ぶと、スマホ代が最大月額1,100円も安くなるため通信費全体が安くなりお得に利用可能です。

なおスマホセット割はdocomo・au・SoftBankの大手3キャリアで割引額が大きいため、メリットがあり重視すべきポイントとなります。

一方格安SIMのスマホの場合は割引額も数百円だけなので、そこまで重視すべきポイントではないです。

那比光太(なびこうた)
こうた

格安SIMのスマホの場合は、キャッシュバックの大きさや月額料金の安さ、通信速度の速さを重視して選ぶといいよ!

また家族で同じキャリアのスマホを利用している場合、1台あたりでセット割が適用されるためよりお得に利用できますよ。

他社から乗り換えの場合は解約違約金を還元してくれるかも考慮する

光回線を他社から乗り換える場合契約更新月以外に乗り換えすると解約違約金が発生しますが、キャンペーンで違約金を負担してくれる場合があります。

解約違約金は数万円必要になることもあるため、光回線を乗り換える場合は解約違約金を負担してくれる窓口を選ぶことが大切です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

契約期間の縛りがないプランで光回線を契約した場合は、いつ解約しても解約違約金は発生しないから、キャッシュバックの大きさや速度の速さを重視するといいわよ。

またauひかりでは公式で開催している乗り換え時の解約違約金負担キャンペーンに加え、申し込み窓口独自でさらに上乗せキャッシュバックを行っている場合があります。

窓口によってさらにキャッシュバックを受け取れる場合もあるので、光回線を比較する場合は窓口ごとのキャンペーンもしっかり比較することが大切ですよ。

申し込む場合は代理店窓口がおすすめ

光回線は申し込み窓口が公式の窓口以外に、プロバイダ窓口や代理店窓口から申し込むことが可能です。

公式の窓口よりも代理店窓口の方が独自キャンペーンを豊富に開催しているため、お得に利用できる場合が多くあります

那比光太(なびこうた)
こうた

公式から申し込んだ方がお得な光回線もあるから、「【2021年最新】20社比較!所持スマホ別で見るおすすめの安い光回線はここ!」の項目でチェックしてみてね!

また代理店窓口から申し込んだ場合でも、公式で開催しているキャンペーンは併用できるため、代理店から申し込んだ方がよりお得ですよ。

もちろん代理店から申し込んだ場合でも、公式から申し込んだ場合と品質や通信速度に変わりはありません。

なお悪質な代理店にあわないよう、選ぶ際は正規代理店を選ぶようにしましょうね。

安さだけ重視せず通信速度もチェックする

光回線を選ぶ場合、料金の安さももちろん大切ですが、利用し始めた後の快適さも重要なポイントです。

利用中の快適さに直結するのが通信速度の速さなので、光回線を選ぶ場合は速度も重視して選ぶことをおすすめします

那比光太(なびこうた)
こうた

通信速度が遅いと毎日イライラしちゃうもんね…。

通信速度を選ぶ際のポイントとして、光回線から公表されている最大通信速度は理論値となるため、実際に利用している人の実測平均値を比較することがおすすめですよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

もちろん最大通信速度が高いほど速度は速くなるわよ!
またフレッツ光の回線を利用している光コラボ回線は、利用者が多い時間帯だと混雑しやすい傾向があるけど、独自回線で提供している光回線は混雑しにくくて速度が遅くなりにくい特徴があるわね。

実測平均値はみんなのネット回線速度などの速度測定サイトでチェックすることができます。

また本記事で比較している光回線には、上記のサイトで調べた実測平均値を記載しているのでチェックしてみてくださいね。

安い光回線を選ぶときに知っておきたい3つの注意点

おすすめの安く利用できる光回線や、光回線を選ぶ際のポイントについて紹介してきましたが、選ぶ前に知っておきたい注意点を3つご紹介します。

契約後に初めて知った、とならないように事前にチェックしておいてくださいね。

それでは一つずつみていきましょう。

契約更新月以外に解約すると解約違約金が発生する

光回線は契約期間の縛りがあることが多いため、契約期間中に解約すると解約違約金が発生してしまいます

auひかりで標準プランを選んだ場合など、契約期間のないプランに申し込んだ場合は解約違約金は発生しません

ただ光回線は契約期間が定められている場合がほとんどなので、契約更新月以外に解約した場合費用が発生してしまうということを覚えておきましょう。

光回線を解約する際に発生する費用については次の項目で解説しますね。

光回線を解約するときに発生する費用は?

光回線を解約する場合、解約時にどれだけの費用が必要か事前に知っておきましょう。

解約する際に発生する可能性がある費用は以下のとおりです。

  • 解約違約金
  • 工事費残債

契約期間の縛りがある場合、期間中に解約すると解約違約金の支払いが必要になります。

また開通工事費を分割払い中に解約した場合は、残債を一括で支払う必要があるため注意が必要です。

もし開通工事費が実質無料になるキャンペーンを適用中の場合でも、解約時に適用が外れてしまうため工事費残債は発生してしまいます。

なおドコモ光の工事費無料キャンペーンは、実質無料ではなく完全無料になるキャンペーンのため、契約期間中に解約しても工事費の残債は発生しませんよ。

長期間使わない場合はモバイル回線のほうがお得

光回線は契約期間の縛りがある場合が多く、契約中に解約すると違約金が発生してしまうため、短期間の利用には向いていません

契約期間内に転居する予定があるなど継続して利用しない場合、違約金が必要になったり工事費の残債の支払いが必要で費用が嵩んでしまうことが多いため、モバイル回線の方がお得に利用できることも。

ポケットWiFiやホームルーターだと開通工事費が不要ですぐ利用でき、光回線より安い場合が多いため長期間利用しない場合は検討するといいですね。

おすすめのモバイル回線については「より安くインターネットを利用したい場合は「モバイル回線」もおすすめ」で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

マンションの場合は利用可能か確認が必要

光回線をマンションで利用する場合、すでに物件に光回線が導入されている場合があります。

もしマンションに光回線が未導入のときは、戸建てプランの導入が可能な場合がありますが、物件管理者の許可(確認)が必要です。

導入済みの物件であれば共用部分から部屋までの工事のみで利用できますが、物件自体に光回線の設備がない場合は導入工事が必要になるため必ず許可を得てから進めましょう

なおマンションでも戸建てプランを利用できる場合がありますが、高層階であるなど建物状況によっては対応不可の場合もあるので注意が必要です。

光回線の提供エリアを調べる方法については、こちらの記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

光回線を安く利用するには?すぐに試せる節約術をご紹介

安い光回線を選ぶポイントを解説してきましたが、ここでは利用中に光回線を安くする方法をご紹介します。

少しでもお得に利用して快適に過ごすため、是非チェックしてみてくださいね。

それでは一つずつみていきましょう。

不要なオプションは解約する!

光回線にはテレビや電話サービス、セキュリティやお助けサポートなど様々なオプションが用意されています。

不要なオプションを契約していると、たとえ一つ月額数百円のオプションだとしても、年間に換算すると数千円も支払っていることに。

スマホとのセット割を適用するために必要なオプションなどはそのままで大丈夫ですが、割引の条件になっておらず、かつ利用していないオプションは解約してしまいましょう

那比光太(なびこうた)
こうた

スマホとのセット割を適用するために必要なオプションは、解約してしまうとセット割が適用されなくなってしまうから注意しようね。

光回線のオプションを解約する場合は、各光回線のマイページから手続きを行えますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

たとえばソフトバンク光のオプションを解約したい場合は「My Softbank」へログインして、「オプションサービスのお手続き」を選択すると、不要なオプションの項目で「お手続き」を選んで解約手続きができるわよ。

なお有料オプションを解約する際、オプションに「最低利用期間」がないか確認することが大切です。

最低利用期間が設定されている場合、期間中に解約すると違約金が発生する場合があります

また有料オプションを申し込むことで、キャッシュバックキャンペーンの適用対象になっている場合も。

有料オプションへの加入がキャッシュバック条件になっている場合、対象のオプションを解約してしまうと、キャッシュバックが受け取れなかったり返還を求められてしまう可能性もあるため注意しましょう。

オプションの解約について大切なことをまとめると以下のとおりとなります。

  • 不要なオプションはマイページから解約する
  • オプションに最低利用期間が設定されていないか事前に確認する
  • オプションへの加入がキャンペーンの適用条件になっていないか事前に確認する

ルーターは有料レンタルより自費購入する方がお得

ルーターの画像

インターネット接続に必要なルーターについて、ルーターを有料レンタルできる場合があります。

ルーターを持っていない場合、購入するかレンタルを利用するか選択できますが、自費購入する方がレンタルを続けるよりお得に利用できます

市販のルーターは平均して5,500円ほどで購入できるため、もし2年間利用した場合はひと月あたり229円で利用したことに。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

たとえばフレッツ光はルーターの有料レンタルを行っているんだけど、レンタルすると月額825円必要になるのよ。(ルーター+無線LAN機能)

那比光太(なびこうた)
こうた

1年間で9,900円くらい必要になるんだ…!比較すると自分でルーターを購入した方が安く利用できるってわかるね!

なお光回線の窓口によってはルーターを無料でレンタルできる場合があります

ドコモ光のGMOとくとくBB窓口など、高性能のWiFiルーターを無料でレンタルできるため、所持していない場合は活用するといいですね。

光熱費とセットで割引が適用できる場合は活用する

電気のイメージ

光回線では電気やガスなど、光熱費とセットで契約すると料金が割引になる場合があります

新居で光回線や電気・ガスなどの契約先が決まっていない場合など、光回線を光熱費とセットにできる場合は適用するとお得に利用できますよ。

なお光回線の光熱費とのセット割は、電力系の光回線会社が盛んに展開している傾向です。

主な電力系光回線会社とセット割については以下のとおり。

光回線 提供エリア 概要
コミュファ光 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県・長野県 電気とガスをコミュファ光とセットにすると、電気料金の支払いに使えるポイントが毎月貰える
eo光 大阪府・奈良県・京都府・滋賀県・兵庫県・和歌山県・福井県 電気とガスをeo光とセットにすると、料金が割引される
メガ・エッグ光 山口県・島根県・鳥取県・広島県・岡山県 電気とメガエッグ光をセットにすると、溜まったポイントの2倍相当の金額が割引される
ピカラ光 香川県・愛媛県・徳島県・高知県 四国電力のポイントを利用して料金の支払いが可能
BBIQ 福岡県・大分県・佐賀県・長崎県・熊本県・宮崎県・鹿児島県 電気とのセット契約で月額が割引される

また次の項目で光回線が高いと思ったり、気軽にインターネット回線を利用したい場合におすすめの「モバイル回線」についてご紹介します。

モバイル回線は利用しない場合は以下のボタンから、光回線についてのよくある質問をみてみてくださいね。

安い光回線についてのよくある質問をみる

より安くインターネットを利用したい場合は「モバイル回線」もおすすめ

光回線は通信量の制限がなく高速通信を安定して行えますが、開通工事費や月々の支払いがモバイル回線と比較すると高い場合が多くあります。

そのため長期間使う予定がなかったり、より安く利用したい場合はモバイル回線がおすすめです。

またモバイル回線は大きく分けて「ホームルーター」と「ポケットWiFi」があります。

それぞれ用途ごとにおすすめは以下のとおりです。

ホームルーターとポケットWiFiについて、それぞれおすすめをご紹介しますね。

モバイル回線を自宅だけで利用するなら「ホームルーター」がおすすめ

モバレコエアー
引用:モバレコエアー

モバイル回線を自宅だけで利用する場合は「ホームルーター」がおすすめです。

ホームルーターは契約時に登録した住所でのみ使用可能で、持ち運んで使うことはできませんが、コンセントに挿すだけで利用できるため気軽に利用できます

また持ち運びするタイプのポケットWiFiとは異なり、通信量の制限や速度制限がないためたっぷり使えますよ。

ホームルーターにも様々な種類がありますが、おすすめの窓口は「モバレコエアー」です

モバレコエアーはソフトバンクエアーを取り扱っている窓口で、17,000円のキャッシュバックが受け取れたり、月額料金が割引になったりとお得に利用できます。

モバレコエアーの基本情報は以下のとおりです。

提供エリア 全国(エリア外あり)
月額料金
(モバレコAirでの料金)
【端末購入の場合】
1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
【端末レンタルの場合】
1〜2ヶ月目:2,706円
3〜24ヶ月目:4,218円
最大通信速度 一部地域:最大962Mbps
その他:最大481Mbps
セット割 SoftBank
おうち割 光セット
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格

モバレコエアーではSoftBankとのスマホセット割が適用できるため、スマホ代も割引になります。

またソフトバンクで開催しているキャンペーンも適用できるため、他社から乗り換えた場合の解約違約金も満額還元してくれるためお得です。

モバレコエアーから申し込むと適用できるキャンペーンは以下のとおり。

【モバレコエアー特典】
17,000円キャッシュバック
【ソフトバンク特典】
・新規契約で10,000円キャッシュバック
・SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(他社違約金を満額還元)
・おうち割 光セット(スマホセット割でスマホ代が割引)
・おうち割 光セット スタートキャンペーン(他社から乗り換えてセット割を適用した場合10,450円キャッシュバック)
・U-25限定SoftBank Air 割引(満25歳以下の場合月額割引)
・SoftBank Airスタート割(新規申し込みで月額割引)

モバレコエアーを詳しくみる

モバイル回線を外出先でも利用したいなら「ポケットWiFi」がおすすめ

モバイル回線を自宅だけでなく外出先でも利用したいなら、持ち運びできるポケットWiFiがおすすめです

ポケットWiFiはもちろん開通工事は不要で、端末が届けば電源を入れるだけで使えるようになるため、すぐにインターネット環境が必要な場合にもおすすめ。

またポケットWiFiは利用できるデータ容量が定められていて、無制限で利用できるプランは現在ありません

那比得子(なびとくこ)
とくこ

以前はデータ通信量が無制限のプランもあったのだけど、通信障害が頻発してからはデータ容量に制限のあるプランしかなくなってしまったのよ。

ポケットWiFiは利用できるデータ容量によってプランが分かれていて、それぞれで料金が大きく異なるため、利用したいデータ量に応じて選ぶことがおすすめです。

月間データ容量ごとにみるおすすめのポケットWiFiは以下のとおり。

  • 【20GB|契約期間の縛りあり/なし】月間20GBで足りる場合は「ゼウスWiFi
  • 【50GB|契約期間の縛りあり/なし】月間50GBだと「MONSTER MOBILE
  • 【100GB|契約期間の縛りあり】月間100GBなら「Mugen WiFi
  • 【100GB|契約期間の縛りなし】月間100GBで契約期間なしなら「AiR-WiFi
  • 【200GB|契約期間の縛りあり】月間200GBたっぷり使うなら「hi-ho Let’s WiFi
  • 【200GB|契約期間の縛りなし】月間200GBで契約期間なしなら「Chat WiFi
  • 月間データ量が定まっていない場合は従量課金制の「どこよりもWiFi
  • 【速度重視】データ利用量実質無制限の「WiMAX
那比光太(なびこうた)
こうた

ポケットWiFiは契約期間の縛りがあるタイプと、縛りがないタイプがあるよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

月間データ量ごとに契約期間の縛りがある場合とない場合それぞれでおすすめのポケットWiFiを紹介しているから、どっちが自分に合っているかチェックしてみてね。

それではデータ容量別におすすめのポケットWiFiをご紹介していきます。

【20GB|契約期間の縛りあり/なし】月間20GBで足りる場合は「ゼウスWiFi」が安く利用できる

ゼウスWiFi
引用:ゼウスWiFi

月間データ容量が20GBで足りる場合は「ゼウスWiFi」が安く利用できるためおすすめです。

20GBのプランだとキャンペーンを適用することで月額料金が980円(税込)で利用可能!

また国内だけでなく海外利用も容易で、海外プランをマイページから追加購入するだけで利用できるなど便利に使えますよ。

ゼウスWiFiの基本情報については以下のとおりです。

月額料金 ~6ヶ月目:980円
7ヶ月目~:2,178円
データ容量(月間) 20GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 2年
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 1年目:10,450円
3年目以降:0円
実質料金(2年間) 50,562円
実質月額料金(2年間) 2,022円
平均通信速度(下り) 13.56Mbps
その他特長 ・海外利用可能
・容量チャージ可能

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

那比光太(なびこうた)
こうた

ゼウスWiFiは月間データ容量が足りなくなってしまったら「おかわりギガ」でデータ容量を追加できるよ。

データ容量が追加できるおかわりギガも利用できるため、月末にデータ容量が足りず速度制限がかかってしまったり、データ量を超えないよう節制する必要もなくなります。

追加できるデータ容量と金額は以下のとおりです。

おかわりギガ追加データ容量 2GB 5GB 10GB
金額
550円(税込)
1,100円(税込)
1,980円(税込)

またゼウスWiFiは契約期間の定めがある通常プランと、契約期間の縛りがない「フリープラン」の両方を提供しています。

ゼウスWiFiフリープラン
引用:ゼウスWiFi

契約期間の縛りがないプランはもちろん解約金も無料で、月間20GBを利用する場合は契約期間があるタイプもないタイプもゼウスWiFiが安く利用できるためおすすめですよ。

ゼウスWiFiを詳しくみる

【50GB|契約期間の縛りあり/なし】月間50GBだと「MONSTER MOBILE」が最安級!

モンスターモバイル
引用:MONSTER MOBILE

月間50GBの場合は「MONSTER MOBILE」が安く利用できるためおすすめです。

MONSTER MOBILEの基本情報は以下のとおり。

月額料金 2,640円
データ容量(月間) 50GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 1年
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 1年目:10,780円
2年目以降:3,300円
実質料金(1年間) 37,620円
実質月額料金(1年間利用した場合) 2,894円
平均通信速度(下り) 18.66Mbps
その他特長 ・海外利用可能
・容量アップのプラン変更が可能
・容量チャージ可能

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

もしデータ容量が足りなくなってしまった場合でも、MONSTER MOBILEではデータ容量を追加することができます。

最小500MBから30GBまで追加できるので、数日分だけ追加したい場合でも、たっぷり容量を追加したい場合でも対応できるのが嬉しいですね。

那比光太(なびこうた)
こうた

MONSTER MOBILEの契約期間は1年なんだね!
他のポケットWiFiより短い印象だけど、それでも1年間使うかわからないな…。
50GBで縛りがない方がいい場合はどこがおすすめなの?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

月間50GBのデータ容量を利用したいけど、契約期間に縛られたくない場合も「MONSTER MOBILE」がおすすめよ。

MONSTER MOBILEは契約期間の定めがない「縛りなしプラン」を提供していて、縛りなしプランの場合も最安級の料金で利用できます

モンスターモバイル縛りなし
引用:MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILEを詳しくみる

【100GB|契約期間の縛りあり】月間100GB利用したいなら「Mugen WiFi」がおすすめ!


引用:Mugen WiFi

月間100GB利用したい場合は「Mugen WiFi」がおすすめです。

Mugen WiFiでは最大13,500円のキャッシュバックが受け取れるため、実質料金が安くなりお得に利用できますよ。

Mugen WiFiの基本情報は以下のとおり。

月額料金 3,718円
データ容量(月間) 100GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 2年
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 1年目:9,900円
2年目:5,500円
3年目以降:無料
実質料金(2年間) 82,750
実質月額料金(2年間) 3,310
平均通信速度(下り) 13.42Mbps
その他特長 ・30日間おためし体験
・13,500円キャッシュバック
・2年経過後は端末無償交換

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またMugen WiFiでは30日間おためし体験を開催していて、30日以内であれば返金保証されるため、ポケットWiFiを試してみたいという場合にもおすすめです。

Mugen WiFiを詳しくみる

【100GB|契約期間の縛りなし】契約期間に縛られたくないなら「AiR-WiFi」がおすすめ!

AiR-WiFi
引用:AiR-WiFi

月間100GB利用したいけど、契約期間に縛られたくないという場合には「AiR-WiFi」が安く利用できますよ。

AiR-WiFiの基本情報は以下のとおり。

月額料金 3,608円
データ容量(月間) 100GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 なし
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 無料
実質料金(1年間) 93,500円
実質月額料金(2年間) 3,740円
平均通信速度(下り) 17.14Mbps
その他特長 ・海外利用可能

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

月額330円(税込)の契約期間なしオプションをつけることでいつでも解約金が無料になります。

毎月たっぷりとデータ通信を行いたくて、長期間利用する予定がない場合におすすめですよ。

AiR-WiFiを詳しくみる

【200GB|契約期間の縛りあり】月間200GBたっぷり使える「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめ!

hi-ho WiFi
引用:hi-ho Let’s WiFi

月間200GBたっぷりデータ通信を行いたい場合は「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめです。

今なら鬼コスパキャンペーンが開催中で、月額料金が割引になったり事務手数料が無料になったりとさらに安く利用できますよ。

hi-ho Let’s WiFiの基本情報は以下のとおり。

月額料金 0~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
データ容量(月間) 210GB(7GB/1日)
端末レンタル代金 無料
契約期間 2年
契約事務手数料 3,300円(キャンペーンで無料)
解約違約金 1年目:19,800円
2年目以降:10,450円
実質料金(2年間) 108,086円
実質月額料金(2年間) 4,033円
平均通信速度(下り) 17.41Mbps
その他特長 ・端末の返却不要

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

hi-ho Let’s WiFiは1日あたり7GBデータ通信を行えるため、約210GBも利用できます。

一般的に月間100GBあれば十分利用できると言われているので、データ通信量が多い場合は200GB以上利用できるhi-ho Let’s WiFiがおすすめですよ。

またhi-ho Let’s WiFiは端末を贈与してくれるため、利用が終わった後でも端末を返却する必要がないのも嬉しいポイント

hi-ho Let’s WiFiを詳しくみる
なお月間200GB利用したいけど契約期間に縛られず利用したい場合は「Chat WiFi」が安く利用できるためおすすめです。

【200GB|契約期間の縛りなし】契約期間に縛られたくないなら「Chat WiFi」がおすすめ!

chatwifi
引用:Chat WiFi

月間200GBで契約期間の縛りなく利用したい場合は「Chat WiFi」がおすすめです。

Chat WiFiの基本情報は以下のとおり。

月額料金 4,928円
データ容量(月間) 200GB
端末レンタル代金 無料
契約期間 なし
契約事務手数料 4,378円
解約違約金 無料
実質料金(1年間) 68,442円
実質月額料金(1年間) 5,265円
平均通信速度(下り) 14.75Mbps

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

最短1ヶ月から利用でき、いつ解約しても解約違約金は発生しないため、月間データ容量をたっぷり利用したいけど短期間利用したい場合におすすめ。

1年間利用した場合の実質月額料金は5,265円(税込)で利用できますよ。

Chat WiFiを詳しくみる

月間データ量が定まっていない場合は、従量課金制の「どこよりもWiFi」が安く利用できる

どこよりもWiFi
引用:どこよりもWiFi

月々に利用するデータ量が定まっていない場合や、月間5GB以下の超小容量しか使わない場合は「どこよりもWiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFiは利用したデータ量によって月額料金が変動する「従量課金制」を採用していて、データ利用量が少なかった月は安く利用できます。

もし月に5GB以下しか使わなかった場合は、月額料金は900円(税込)と最安級です。

月額料金 900円〜
データ容量(月間) 5〜200GB
端末レンタル代金 キャンペーンで無料
契約期間 2年/縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約違約金 10,450円

※すべて税込価格

またデータ利用量はプランごとに100GBまたは200GBの上限が定められているため、際限なく利用できるわけではありません。

那比光太(なびこうた)
こうた

上限が決まっているなら、使いすぎて高額になることもないんだね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

そうね、もし月に200GB利用した場合は月額料金が4,400円(税込)になって、それ以上上がらないのよ。
データ利用量の上限に達してしまうから速度制限はかかってしまうけど、支払う金額が上がっていくことはないのよ!

どこよりもWiFiの月額料金は以下のとおりです。

2年の契約期間あり 契約期間なし
スタンダードプラン
(最大100GB)
プレミアムプラン
(最大200GB)
スタンダードプラン
(最大100GB)
プレミアムプラン
(最大200GB)
〜5GB
900円
1,400円
5〜20GB
1,900円
2,400円
20〜50GB
2,900円
3,400円
50〜100GB
3,400円
3,900円
100〜150GB
3,900円
4,400円
150〜200GB
4,400円
4,900円

※すべて税込価格

毎月のデータ利用量に差がある場合は是非チェックしてみてくださいね。

どこよりもWiFiを詳しくみる

【速度重視】データ利用量実質無制限の「WiMAX」

Broad WiMAX
引用:Broad WiMAX

速度重視で選びたい場合におすすめなのがWiMAXです。

WiMAXはクラウドSIMタイプのポケットWiFiに比べて通信速度が速く、またデータ利用量が実質無制限で利用できるためおすすめ。

通信量が3日間で10GBを超えると速度制限がかかってしまい、制限下では概ね1Mbpsの速度になってしまいますが、1Mbpsあれば通常利用に問題ない上に制限は期間限定のため大きなデメリットではありません。

またWiMAXには申し込み窓口が複数ありますが、「Broad WiMAX」の窓口がキャッシュバックもあり、月額割引やキャンペーンも豊富なためおすすめです。

Broad WiMAXの基本情報は以下をチェックしてみてくださいね。

月額料金 0~2ヶ月目:2,999円
3~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
データ容量(月間) 約100GB
(3日で10GB以上利用で速度制限)
端末レンタル代金 キャンペーンで無料
契約期間 3年
契約事務手数料 3,300円
初期費用 20,743円
(キャンペーンで無料)
解約違約金 1年目:20,900円
2年目:15,400円
(2年以内はWeb割違約金で+10,450円)
3年目以降:10,450円
実質料金(3年間) 143,424円
実質月額料金(3年間) 3,876円
平均通信速度(下り) 34.78Mbps
(Speed Wi-Fi NEXT WX06の場合)

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またWiMAXを利用する際はプランと機種を選ぶことができますが、プランはデータ利用量が実質無制限の「ギガ放題プラン」を選ぶ方がおすすめ

那比光太(なびこうた)
こうた

ライトプランだと月に7GBしか使えないから、インターネットはあまり使えないよ。

機種を選ぶ場合はその時の最新機種を選ぶようにすると、性能も良いことが多く、保証も長く対応されるためおすすめですよ。

Broad WiMAXを詳しくみる

安い光回線についてよくある質問

光回線の料金などについて、よくある質問をまとめてみました。

解約するときの費用はいくらかかる?

光回線を解約する際は、解約違約金と開通工事費の残債の支払いが必要になります。

契約更新月に解約した場合や、契約期間の縛りがない場合は解約違約金は発生しません。

工事費の支払いが終わっていなかった場合は残債の支払いが必要で、工事費実質無料のキャンペーンを適用していたとしても、解約時に適用が終了するため残債の支払いは必要です。

また解約違約金と工事費の残債のほか、オプションの解約費用がかかる場合も。

解約する前には、解約後にどれだけの支払いが必要か事前にチェックしておきましょう。

申し込んだ後にキャンセルは可能?

光回線は申し込んでから8日以内であれば、初期契約解除制度でキャンセルが可能です。

光回線によるインターネットサービスは初期契約解除の対象となるため、期間内に申請すればキャンセルできることを覚えておきましょう。

また開通工事が始まってしまってからはキャンセルできず、解約という扱いになってしまいます。

光回線を申し込む場合はどんな手順で進めればいい?

光回線は申し込む場合、新規申し込み→開通工事日の調整→開通工事の実施→接続設定→完了 の順で申し込みを進めます。

申し込みから開通までおよそ1ヶ月ほど必要で、混み合う時期はそれ以上必要になるため早めに連絡することが大切ですよ。

もし光回線の開通が遅くなってしまいインターネット環境がない期間が長引いてしまう場合は、光回線のモバイルWi-Fiレンタルを利用したり、縛りなしプランのポケットWiFiを開通までの間だけ契約する方法もありますよ。

まとめ

光回線はスマートフォンとのセット割で選ぶと、通信費全体が安くなるためお得に利用できます。

所持スマホ別にみるおすすめの光回線は以下のとおり。

  • docomoのスマホを利用なら「ドコモ光」が安く利用できる!
  • auのスマホを利用なら「auひかり」が最安!
  • SoftBankか格安SIMのスマホを利用なら「NURO光」が最安で利用できる!

また安い光回線を選ぶときのポイントも事前にチェックしておきましょう。

光回線には契約する前に知っておきたい注意点もあるため、これらを踏まえて選ぶとおすすめです。

また長期間利用しない場合や、光回線の料金が高いと思う場合はモバイル回線もおすすめ。

安く光回線を契約して、快適でお得なインターネット生活を送りましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます