フレッツ光の料金やサービス内容を徹底解明!お得な契約方法教えます!

今では、「インターネットといえばフレッツ光」と言われるほど、回線契約数No.1のインターネット回線となっているフレッツ光ですが、まだまだその全容を把握し、おトクに無駄なくご契約をされている方は少ないのが現状です。

おそらくほとんどの方が、お申込時に販売代理店やNTT窓口のスタッフの方の案内のみで契約内容を決定し、ご自身に最適な料金プランや割引サービスを選びきれていないのでしょう。

フレッツ光ナビは、そんな方のために、フレッツ光の複雑な料金や、NTT東西で違うサービス内容を解明し、一番おトクに契約をする方法から、今よりさらにおトクに利用するための裏技までを集め、快適でおトクなフレッツ光ライフをエンジョイしてもらうことを目的とし開設した、フレッツ光の総合情報サイトです。

フレッツ光とは?

言わずも知れたフレッツ光ですが、正式にはNTT東日本やNTT西日本が全国にサービス地域を拡大する地域IP網を利用して提供するブローバンドサービス(アクセスサービス)の名称です。

2000年に稼働を開始した「フレッツ・ISDN」のIP接続サービスがフレッツ光の原型となっています。

ブロードバンドサービスとは、ADSLやCATVなど従来のダイヤルアップ接続(固定電話回線などを使った、インターネットへの接続方法)と比べ、より高速な通信を提供できる次世代規格のインターネットサービスの総称であり、フレッツ光の場合は光ファイバー(光回線)を利用した高速ブロードバンドサービスです。

接続通信速度は、下りで最大1Gbpsの速さを誇ります。(ただし、通信速度に関してはベストエフォード型となり、かならずしも実行速度を保証するものではありません)

つまり簡単にいうと、「フレッツ光とは、今までのインターネット回線よりも安定して、圧倒的に速いネット回線!」ということです。

また下の図を見てもわかる通り、フレッツ光自体は、インターネットそのものではなく、インターネットへの入り口となるプロバイダーと、ユーザであるお客様とをつなぐ、情報やりとり用の道路のような存在です。この道路のことを、「フレッツ網(別名:地域IP網)」と呼び、ユーザとインターネットを結ぶ重要な役割を担っています。

フレッツ光接続イメージ

フレッツ光の場合は、この道路が光回線といういわば高速道路のような規格のため、安定して高速に情報のやりとりができ、結果、高速にインターネットを楽しめます。

一方で、ADSLやCATVのようなダイヤルアップ接続の場合は、電話線の元であるNTT収容局からの距離や周囲の環境によって影響を受けてしまいます。

そのため、どうしても高速道路のようなスピードが出せず、一般道路並みの遅いインターネットになってしまうわけです。

では、この光回線を利用した高速ブロードバンドサービスはフレッツ光だけなのでしょうか。
いいえ、違います。最近よく耳にする「光コラボ」や「auひかり」「NURO光」などが、まさに光回線を利用した別のブロードバンドサービスにあたります。

さらに、「光コラボ」に関しては、サービス名は違えどフレッツ光と全く同じNTTが提供する光回線を利用しています。したがって、提供されるサービスエリアや通信速度に違いはありません。

これは、光コラボというものが、今まで直販モデルでフレッツ光の獲得を行っていたNTTがさまざまな事業者に自分たちの光回線を卸し、各事業者の企業努力、販売競争を以って光回線をより多く利用してもらうためにサービス提供を行う、2015年から始まった新たな事業モデルだからです。

この光コラボは、大手携帯電話キャリアなども参入しており、関連サービスとして携帯電話やスマホの料金割引が受けられる独自のプランを打ち出しています。

料金面の他にも利用者にメリットがある魅力的な付加サービスが数多く存在しているのです。たとえば、音楽や映像の配信サービス、ひかり電話やテレビ電話などの通信サービスがあげられます。

つまり、光コラボは「フレッツ光と同じ回線で料金や割引サービスなどの条件が各社違うだけ」というサービスになるため、フレッツ光の契約を考えるうえで、光コラボとの比較・検討は必須だといえます。ただし、全く同じ回線とはいえ、料金面やオプションサービスなどを含めて、さまざまなメリットやデメリットがあるため、一度こちらの記事で、光コラボとフレッツ光について比較してみることをおすすめします。

フレッツ光から光コラボへの転用方法|メリット・デメリット・注意点

フレッツ光を契約の前に知っておきたい!フレッツ光の料金や割引の仕組み!

フレッツ光はその料金体系や、割引サービスの複雑さで有名です。
しかし、ここをしっかり理解しておくことで、本当にご自身に合った料金プランや割引サービスを見極められたり、おトクなキャッシュバック特典を利用できたりしますので、おさえておいてください。

基本的なフレッツ光の月額料金の構成

まずは、フレッツ光の月額料金の構成について理解しましょう。
フレッツ光を利用するためには、フレッツ光自体の月額料金と合わせインターネット接続を行うため必要なプロバイダの利用料金が発生します。

たとえば、同じNTT系列であるプロバイダ最大手の「OCN」では、「OCN 光 with フレッツ」を提供しており、フレッツ光の利用料金と契約するOCN接続プランにあわせた月額基本料金が必要です。

また、ひかり電話やブロードバンド映像サービスなどのオプションサービスに加入した際は、その分も上乗せされ、月々の出費です。

フレッツ光の料金構成
フレッツ光の回線利用料 + プロバイダ利用料(月額500円~1,200円程度) + オプションサービス料(ひかり電話やテレビ・映像サービス)

基本的な月額料金から、オプションサービスを利用したおトクな契約方法まではこちらの記事を参考にしてくださいね!

フレッツ光の月額料金は結局いくら?できるだけ安く利用するための方法


このとき、どのプロバイダーを選ぶかで、月々のネット料金や受け取れるキャンペーン金額などが大きく異なりますので、プラン同様プロバイダー選びは重要です。

プロバイダーの料金と特徴

前述したように、プロバイダー選びで料金は大きく変わってきます。
とは言ったものの、たくさんありすぎてどれが最適か分からないのが現状ではないでしょうか。

プロバイダー料が単に安いだけで選ぶと、必要なサービスを受けられなかったり解約時の違約金が高かったりすることがあるため注意が必要です。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてくださいね!

フレッツ光のプロバイダは結局どこがいい?料金と速度を比較してみた


今のところ、おすすめのプロバイダーは、

1位、シンプルなネット接続のみで格安の「BB.excite(ビービー・エキサイト)」 ・・・ 月額500円
2位、2015年オリコン日本顧客満足度ランキング第一位の「ASAHIネット」 ・・・ 月額700円~780円
3位、長期割引でおトクな「WAKWAK」 ・・・ 月額900円~950円

あたりとなる感じでしょうか。
こちらに関しては実際、ご自身のインターネットの使用目的や利用環境に応じ最適な選択が異なってきますので、状況に応じた選択をおすすめします。

また、最近では「フレッツ光」と「楽天ブロードバンド」の同時お申込みで高額キャッシュバックを受けられるキャンペーンなども見受けられますので、月額利用料と合わせ、キャッシュバック特典も加味した契約内容で検討すると、より一層おトクにフレッツ光の利用が可能です。

フレッツ光の回線利用料はお住まいのエリアや居住タイプで異なる!

フレッツ光の料金が複雑でわかりにくいと言われる原因として、NTT東日本提供のプランと、NTT西日本提供のプランでプラン名や料金設定が違うことがあげられます。

一戸建て住宅用のファミリータイププランや、集合住宅向けのマンションタイププランなど複数プランが存在し、また、通信速度別にわかれたサービスタイプもあるなどプランの多様化によるわかりづらさがあげられます。

一例として、NTT西日本が提供する「フレッツ光ネクストマンションスーパーハイスピード隼」の場合、契約者数によって3種類のプランにわかれており、月額利用料金が異なるのです。

プランの多様化は、自身に合わせた最適なプランを選べるメリットがあるにもかかわらず、その複雑さから最適プランを選びきれないといった悪循環を生んでいるといえるかもしれません。確かにわかりにくい料金サービスプラン設計ではありますが、しっかり理解して最適なプランを選びましょう。

こちらの記事でNTT東日本エリア、NTT西日本エリア別に、ファミリータイプやマンションタイプの料金の違いから各種割引サービスに関してまで詳しく解説していますので、プラン選択でお悩みの際はご覧ください。

>>フレッツ光ネクストとは|ファミリー、マンションタイプの料金や速度

また、こちらでは、特にわかりにくいマンションタイプのプラン種類から月額合計料金について解明していますので、マンションや集合住宅でフレッツ光の利用を検討されている際は参考にしてくださいね!

フレッツ光のマンションタイプで適切な料金プランを選ぶには?

フレッツ光の知らなきゃ損なおトクな割引やキャンペーン

フレッツ光を契約する際に、さまざまな割引やキャンペーンを目にすると思います。

どれも魅力的には見えますが、実際自分がどこまで割引適用になるのか悩んだことのある人は多いのではないでしょうか。

ここでは知って得する重要な割引やキャンペーン、裏技を紹介しましょう。

外せないフレッツ光公式のおトクな割引キャンペーン

割引やキャンペーンと聞くと、販売代理店のキャッシュバックを想像しがちですが、フレッツ光公式でもさまざまなおトク割引キャンペーンを実施しています。

NTT東日本地域では「にねん割」、NTT西日本地域「光もっともっと割」など、長期契約を前提とした月額利用料金の割引サービスなどが現在注目の割引サービスです。

NTTフレッツ東日本を利用する場合のおトクな割引術をまとめて紹介!


ただし、最低利用期間が設定され、利用開始日(月)から○○ヶ月に解約する場合に違約金が発生するといった内容のため、あらかじめ利用規約をしっかり把握しておきましょう。

詳しくはこちらで解説していますので、NTT東日本、NTT西日本別にチェックしてみてください。

フレッツ光西日本のキャンペーンまとめ | 一番安く契約する方法

初期費用(開通工事費用)をおさえる裏技

フレッツ光の工事費は戸建てで18,000円(税抜)、集合住宅で15,000円(税抜)と初期費用が多くかかることがネックです。

過去には、初期費用の割引キャンペーンが行われていましたが、残念なことに現在はサービス終了しています。

フレッツ光の初期費用は結局いくら?新規契約で発生する工事費まとめ


そのため、キャッシュバックをうまく活用した初期費用対策が重要なポイントです。

【2018年最新版】フレッツ光がキャッシュバックを実施しない理由とは

しかし、実は現在、光コラボの台頭でキャッシュバック額が減少傾向にあるなど、新規契約の金銭的メリットが薄れはじめています。

とはいえ、いまだキャッシュバックは存在していますので、すぐにフレッツ光をご契約する予定であれば、初期費用をおさえるためのキャッシュバックの利用はおさえておきたいポイントです。

フレッツ光を法人で利用する場合のキャンペーン活用術


その他の割引・キャンペーン情報をこちらにまとめてありますので詳しく知りたい方はご覧ください。

>> おトクにフレッツ光を契約したい方キャンペーンまとめ

フレッツ光のおさえておきたいおすすめオプションサービス!

フレッツ光にはオプションや特典サービスが多数存在しますが、利用した方がいいオプションや特典サービスがいくつか存在します。

一つ目はひかり電話です。ひかり電話とは、光ファイバーケーブルを利用した電話サービスのことです。

電話番号をそのまま使えるので面倒な手続きは必要ありません(別途工事費要)。

さらに、スマホをお手持ちのスマホをひかり電話の子機として使える「スマホdeひかり電話」の付加サービスも魅力のひとつ。

ニーズに合わせた多様性が大きな特徴なのです。基本プランからひかり電話A(エース)、安心プラン、もっと安心プランなどがありますが、実はこのひかり電話、よく使われているNTTの一般加入電話などと比べ、月額料金が500円~と格安であり、さらに従来の固定電話よりも通話料が安いという優れものです。

フレッツ光を利用するのであれば、あわせて利用したいオプションです。

>>フレッツ光のひかり電話がおすすめな3つの理由

二つ目は「フレッツ光メンバーズクラブ(NTT東日本)」と「CLUB NTT-West(NTT西日本)」の会員ポイントの利用です。

意外と忘れられがちなこの会員ポイントですが、各種料金の支払いに充てられたり、専用のサービス情報サイトでさまざまなグッズと交換できます。

さらに、たまったポイントを「フレッツスポット」の月額利用料金に交換も可能です。「フレッツスポット」とは、外出先でもアクセスポイントからインターネットに接続できる便利なモバイルサービスのことです。

会員ポイントのため方からおトクな使い方までしっかり理解しておき、損しないようにしたいですね!

>> フレッツ光のメンバーズクラブでポイントを有効活用する方法のすべて

フレッツ光はどこからお申し込むかで、おトクさが変わる!

いざフレッツ光を契約する段階になって、どこから申し込めばいいの?と思われる方が多いのではないでしょうか。

家電量販店やインターネット上、NTT東日本、NTT西日本に直接など、さまざまな申し込み経路が存在します。

基本どこからお申し込みを行っても、フレッツ光の回線自体には違いはありません。
しかし、申し込む際に受けられるキャッシュバックや、特典などが違います。

せっかく、ご自身に最適なプランを選んだのであれば、後は、一番納得できるおトクなお申し込み方法を選ぶようにしましょう!
こちらに、さまざまなお申し込み方法から、失敗しない方法までをまとめてありますので、最後の最後で損をしないよう、契約前にかならずチェックしてみてください!

>> 後悔しないフレッツ光の申し込み!契約前後にチェックすること

インターネットはやっぱりフレッツ光なの?

冒頭にもご説明しましたが、「auひかり」や「光コラボ」などさまざまな光回線がでている中、どの回線を選ぶか悩むところだと思います。

その中でフレッツ光を選ぶ理由としては、料金のおトクさだけじゃない、インターネットの主流であり、充実したサポート面が受けられるという安心感が決めてになるのではないでしょうか。

しかし、「auひかり」や「光コラボ」などがフレッツ光より劣っているのかというと、そういうわけではありません。

光コラボに関しては、一部ネット上で対応の悪い事業者がたたかれたりしていますが、そもそも回線自体はNTTが提供するフレッツ光と同じものなのです。
しっかりした事業者やメリットのあるプラン・サービスを選択できればフレッツ光よりも圧倒的におトクに利用できるチャンスがあります。

フレッツ光ナビでは、フレッツ光のおトクな情報だけでなく、すべての回線を比較した上でご覧いただいている皆様それぞれに一番ぴったりな回線をご紹介します!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?人気光回線ピックアップ!

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビの新着記事一覧