閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

安い光回線を契約する方法!光回線20社の比較結果と注意点を紹介

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

光回線 安い-アイキャッチ

「安くて速い光回線を契約したい!」とお悩みではありませんか?

結論から言うと、今回光回線20社を契約した中で、最安かつ早い光回線は「NURO光」という結果になりました。

しかし、NURO光は一部エリア限定の光回線である上に、スマホとセット割引できるのはSoftbankユーザーのみです!

そこで改めて「料金が安い」「速度もインターネットを利用する上で快適」「スマホとセット割引を適用できる」という条件に当てはめて比較すると、おすすめの光回線は次のとおりになります。

  1. Softbankユーザーなら「NURO光」
    NURO光の詳細までジャンプする
  2. auユーザーなら「auひかり」
    auひかりの詳細までジャンプする
  3. ドコモユーザーなら「ドコモ光」
    ドコモ光の詳細までジャンプする
  4. 光テレビ目当てで光回線を契約するなら「ぷらら光」
    ぷらら光の詳細までジャンプする
  5. 格安スマホを利用中なら「地域の光回線」
    各地域の光回線解説までジャンプする

自分のスマホやひかりTVの契約予定と照らし合わせて、最もお得になる光回線を契約してくださいね。

この記事では、光回線20社の料金の比較や、安い光回線を契約するコツなどをご紹介します。

これから光回線の契約にお悩みの方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事でわかること

まずは平均と比較!あなたの光回線料金は安い?高い?

まずは、自分が利用している光回線が高いのか安いのか、平均はどの程度なのかをチェックしてみましょう!

この記事の後半で比較する光回線20社の平均月額料金は、下記のとおりとなりました。

<光回線20社の平均料金>
平均料金
固定回線(戸建て)
5,100円前後
固定回線(マンション)
3,800円前後

また、速度を速くするためにIPv6オプションなどを加味した場合には、戸建てで平均約6,000円、集合住宅では平均約4,500円です。

これから光回線を契約する際は、上記の平均料金より安いか?を重視してみてくださいね。

また、すでに光回線を契約していて「今の光回線が平均料金より高い!」と感じる場合は、乗換前に「光回線の料金節約術」を試してみてくださいね。

インターネット料金の節約ついて
詳しい解説はこちら

那比光太(なびこうた)
こうた
次の項目から安い光回線を契約するコツを紹介していくよ!
これから光回線を契約する人・光回線の乗り換えを考えている人はチェックしてみてね!
すぐに光回線の料金比較を見たい方はコチラ

安い光回線を契約するコツ|チェックしたい6つのポイント

光回線を安く契約するコツは、下記の6つです。

次の項目から、注意点と合わせて解説していきますので、これから光回線を契約予定の方はしっかりチェックしてみてくださいね。

1.今の回線から「転用」「事業者変更」できないか確認しよう

乗り換えに関する画像

まずは現在の光回線から「転用」もしくは「事業者変更」ができないか、確認してみましょう!

転用とは
フレッツ光から光コラボへ工事不要で乗り換えること。
工事費の残債も引継ぎできる。違約金も不要
事業者変更とは
光コラボからフレッツ光や光コラボへ、工事不要で乗り換えること
工事費の残債は引継ぎできない。
契約更新月以外の乗り換えで違約金が発生する場合もある。

転用や事業者変更によって、安い回線に乗り換えできるだけでなく、工事費も節約できます!

「転用」であれば、工事費用の残債が引き継げますので、余分な支払いが増えることもありません。

ただし、「事業者変更」の場合は、契約更新月で乗り換えをしなければ解約違約金が発生する恐れがあります。

また、工事費用の残債があれば、乗り換え時に一括で請求されるため注意してくださいね。

なお、転用も事業者変更も乗り換えに必要な期間は1〜2週間程度です。

「転用」と「事業者変更」には、乗り換えまでの期間を短縮できるメリットがあります。

2.工事費が無料になる光回線を選ぼう

工事に関する画像

光回線を契約する際は開通工事が必要ですが、開通工事には5,000円~30,000円ほどの「開通工事費」がかかります。

しかし、契約予定の光回線で「工事費無料キャンペーン」を実施していれば、初期費用の負担を大幅に抑えることができますよ!

工事費無料キャンペーンとは、その名のとおり工事費を無料にしてくれるキャンペーンです。

ただし工事費無料キャンペーンは、下記の2種類にわけられます。

<工事費無料キャンペーンの種類>
概要
代表的な光回線
工事費が月額料金から割引されるパターン 一定期間月額料金が割り引かれ、
工事費の分割代金を相殺する
(完済前に解約すると残債が発生)
auひかり、NURO光、
So-net光プラス、ビッグローブ光
eo光、@スマート光
ソフトバンク光(乗り換え新規)
工事費が完全無料になるパターン 工事費そのものが無料になる
(中途解約時に残債は発生しない)
ドコモ光、
コミュファ光、楽天ひかり

工事費が月額割引で「実質無料」になるキャンペーンは、工事費完済より前に解約すると残債を支払わなければいけなくなるので、解約タイミングには注意が必要です。

3.スマホとセット割引ができる光回線を契約しよう

スマホ

光回線の中には、スマートフォンとの「セット割」に対応するものがあります。

セット割とは?
対応するスマートフォンやひかりTVなどのサービスを対象に、料金を毎月割り引いてくれるサービスです。

なお、スマートフォン回線は格安SIMにもセット割対応のものがありますし、セット割の中にはガラケーやタブレット、携帯電話のプランも含めて対象にしてくれるものもあります。

主なセット割対象サービスと、セット割を適用できる光回線の種類、割引額は以下の表にまとめました。

<光回線のセット割引まとめ>
対象光回線
割引額
au
auひかり、eo光、コミュファ光、
So-net光、nifty光、BIGLOBE光など
最大2,000円×10回線
docomo
ドコモ光
ギガホ・ギガライト:最大1,000円
(家族回線含む)
旧プラン:最大3,500円
Softbank
ソフトバンク光、NURO光
最大1,000円×10回線
Y!mobile
ソフトバンク光
最大1,000円×10回線
OCNモバイルONE
OCN光
200円×5回線
BIGLOBEモバイル
ビッグローブ光
最大300円×1回線
ひかりTV
ぷらら光
600円
那比得子(なびとくこ)
とくこ
表の中に今契約中・契約予定のサービスがあるなら、セット割対応の光回線の契約したほうがお得だわ!

4.契約する際は正規代理店経由で契約しよう

店舗

代理店とは、光回線会社が販売業務を依頼している会社のことです。

光回線は、家電量販店や携帯ショップ、インターネット上の代理店などで契約が可能です。

中でも、インターネット代理店の場合は実店舗がなく経費がかからない分、高額キャッシュバックやお得な特典が多い傾向にあります。

…ですが、代理店ならどこでもいいというわけではありません。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
実は代理店の中にも「悪質な代理店」があって、「工事費無料」「高額キャッシュバック」などと謳っていても、実際にはもらえないケースもあるのよ!

優良な代理店を見分けるコツとして、まずは「正規代理店」の表記があるかを確認しましょう。

正規代理店の表記は、大抵がWebページの上部または下部に記載されていますよ。

NEXT 正規代理店表記

(例:ソフトバンク光の正規代理店「NEXT」の場合

また、高額キャッシュバックの条件として「有料オプションの契約」がないかも確認するようにしましょう。

例えば、オプション料金が月に500円程度でも、年間に換算すると6,000円と、けして少なくはない出費ですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
安く光回線を利用するためにも、契約前にキャッシュバックの適用条件をしっかり確認しておこう!

5.ルーターはレンタルより購入がオススメ

無線LANルーター

無線LAN接続には必須のWiFiルーター。

光回線からレンタルすることもできますが、実は長い目で見ると市販で購入したほうがお得になります。

例えば、フレッツ光のルーターレンタル料金は月額750円です。(無線LAN機能アリの場合)

1年間で考えると、約9,000円の料金が発生してしまいますよ。

しかし、一般家庭向けのルーターであれば、平均5,000円程度で購入できてしまいますよ!

また、申し込み窓口によっては、ルーターの無料レンタルやプレゼントを実施しています。

那比光太(なびこうた)
こうた
例えば、ドコモ光をGMOとくとくBB経由で契約すれば、無料でルーターのレンタルができるね。

以上から、光回線を安く利用するためには、ルーターを市販で購入または無料レンタルすることをおすすめします。

6.マンション住まいなら「ホームルーター」も検討しよう

ホームルーター3機種

マンションにお住まいなら、光回線だけではなくホームルーターの利用も検討してみましょう。

マンションに光回線を導入するには、まず大家さん許可が必要になるほか、マンション全体の光回線を乗り換えるなら、他の住民の同意も必要など、乗り換えまでのハードルが高い傾向にあります。

そこで、マンションにお住まいなら、コンセントに差し込むだけでインターネット環境が作れる「ホームルーター」がオススメです。

ホームルーターの月額料金は平均3,500円ですので、マンションの平均料金(3,800円)とほぼ同額であるほか、工事不要でインターネット回線を作ることができますよ!

ホームルーターについて
詳しい解説はこちら

光回線は安さ以外にも「速さ」を重視しよう!

通信速度に関する画像

光回線をお得に使うにあたっては、安さだけでなく通信速度も重視しましょう!

たとえ料金が安かったとしても、読み込みが遅くストレスが溜まるような光回線だと、結果的には損です。

特に光回線はプランの料金が安ければ安いほど、最大通信速度が低い傾向にあるのでご注意ください。
(最大数十〜数百Mbps程度)

IPv6接続が使えるかどうかも重視しよう

もう一つ重視したいのは、回線の混雑を避けて通信できる「IPv6」が使えるかどうかです。

IPv6が速い理由

「IPv6」に非対応だと速度を改善できないので、万が一回線が混み合えば動画再生やネットサーフィンなどの読み込み時間が長くなり、ストレスが溜まってしまいます。

光回線を契約するときは「料金」「速度」「実測」を重視しよう!

そして光回線は「理論上」の速度だけでなく、「実測」も重要です。

例え理論上の最高速度が1Gbpsでも、実際に出るのが0.5Mbpsや1Mbpsだったらなんの意味もありませんよね。

次の項目では、各光回線の実速度の平均も料金と合わせて比較しますので、参考にしてくださいね!

【戸建て・マンション別】光回線20社の料金・速度を比較!安くて速い回線はココだ!

それでは、安い光回線は一体どこなのでしょうか?

今回は、特に人気の光回線20社における、下記の6点を比較して一覧にしてみました!

  1. 月額基本料金
  2. 平均速度
  3. 工事費無料
  4. キャンペーン
  5. セット割引
  6. キャッシュバック
  7. 3年間の実質費用

戸建てとマンションタイプ別に解説していますので、戸建て住宅にお住まいの方はコチラから、マンションタイプにお住まいの方はコチラから比較結果をチェックしてくださいね!

【戸建て】安くて速い光回線は?月額料金を比較!

家・戸建ての画像

<【戸建てタイプ】光回線20社の料金・キャンペーン比較表>
月額基本料金
平均速度※8
工事費無料
キャンペーン
セット割引
キャッシュバック
3年間の実質費用※1
auひかり
5,100円~
222.62Mbps
au
60,000円
141,000円※3
NURO光
4,743円
279.82Mbps
Softbank
35,000円
156,748円※5
So-net光プラス
5,700円
210.82Mbps
au
158,280円
eo光
5,048円
205.52Mbps
au
10,000円
162,718円
楽天ひかり
4,800円
95.32Mbps
楽天モバイル
19,000円
172,600円
ソフトバンク光
5,200円
185.97Mbps
Softbank
Y!mobile
35,000円
173,200円
ぷらら光
4,800円
173.36Mbps

18,000円
ひかりTV
35,000円
173,800円
BIGLOBE光
4,980円
152.11Mbps
au
BIGLOBE SIM
25,000円
175,280円
@スマート光
4,300円
44.57Mbps

※期間限定
175,800円
@nifty光
5,200円~
149.53Mbps

18,000円
au
30,100円
177,100円
ドコモ光
5,200円
160.22Mbps
docomo
15,000円
183,200円
コミュファ光
5,550円
314.06Mbps
au
30,000円
184,400円※4
DTI光
4,800円~
219.43Mbps
au
DTI SIM
19,000円
190,600円
enひかり
4,300円
177.62Mbps

15,000円
UQ mobile
190,800円
Marubeni光
5,230円
55.86Mbps

19,000円
192,000円
エキサイト光
4,360円
133.47Mbps

19,000円
194,960円
OCN光
5,100円
152.43Mbps

18,000円
OCNモバイル
10,000円
212,600円
Broad光
5,180円
60.22Mbps

24,000円
231,480円
フレッツ光
(東日本)
6,800円※6
158.9Mbps

18,000円
259,800円※6
フレッツ光
(西日本)
6,500円※6

18,000円
5,000円
197,520円※6

※1:すべて1ギガプラン(NUROは2ギガプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算しています
※2:関西・東海はマンションのみ提供
※3:au one netで「口座振替・クレジットカード割引」を適用させた場合
※4:auスマートバリューを適用しない場合のみ、ギガデビュー割で-32,160円で3年間の実質料金は「152,240円」
※5:関東の場合。東海・関西・九州のひかり電話利用料は300円なので、3年間の実質料金は「149,548」円
※6:プロバイダ料金の例として、OCNの「1,100円」を加算しています。プロバイダの平均料金は、500円~1,200円ほどです。
※7:2019年11月現在のデータです
※8:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています

各社を比べてみると、表から次のことがわかりました。

  • 最も月額基本料金が最安の光回線:NURO光
  • 3年間の実質料金が最安の光回線:auひかり
  • キャッシュバックが最も高額の光回線:auひかり
那比光太(なびこうた)
こうた
ストップ!!
ここで表の「セット割引」にも注目すると、状況は一変するよ!

表の「セット割引」の項目を見ると、各光回線で、セット割引が適用できるスマホ会社が変わることがわかります。

そこで改めて、料金・速度・そしてセット割を考慮すると、次の回線がおすすめになりますよ。

【マンション】安くて速い光回線は?月額料金を比較!

マンションの画像

一戸建てにお住まいの方はコチラ
※戸建てタイプの最安光回線比較の項目へジャンプします。


光回線のマンションタイプにおける利用料金・平均速度・特典を、比較表で一覧にしてみました。

<【マンションタイプ】光回線20社比較一覧表>
月額基本料金
平均速度※8
工事費無料
キャンペーン
セット割引
キャッシュ
バック
3年間の
実質費用※1
auひかり
4,050円※3
222.62Mbps
au
60,000円
106,800円
NURO光
1,900円~※4
279.82Mbps
Softbank
10,000円
119,400円
ソフトバンク光
3,800円
185.97Mbps
Softbank
Y!mobile
35,000円
122,800円
ぷらら光
3,600円
173.36Mbps

15,000円
ひかりTV
35,000円
127,600円
eo光
3,524円
205.52Mbps
au
5,000円
128,160円
So-net光プラス
4,480円
210.82Mbps
au
128,280円
@nifty光
3,980円
149.53Mbps

15,000円
au
30,100円
132,680円
BIGLOBE光
3,980円
152.11Mbps
au
BIGLOBE SIM
25,000円
139,280円
@スマート光
3,300円
44.57Mbps

※期間限定
139,800円
ドコモ光
4,000円※5
160.22Mbps
docomo
15,000円
140,000円
DTI光
3,600円
219.43Mbps
au
DTI SIM
19,000円
144,400円
エキサイト光
3,360円
133.47Mbps

15,000円
154,960円
OCN光
3,600円
152.43Mbps

18,000円
OCNモバイル
10,000円
158,600円
コミュファ光
5,500円※6
314.06Mbps
au
30,000円
184,400円
Marubeni光
3,880円
55.86Mbps

19,000円
143,400円
フレッツ光
(西日本)
4,600円~
※4※7
158.9Mbps

15,800円
5,000円
166,400円※7
Broad光
4,080円
60.22Mbps

24,000円
191,880円
フレッツ光
(東日本)
4,750円~
※4※7
158.9Mbps

15,000円
5,000円
203,200円※7
enひかり
3,300円
177.62Mbps

15,000円
UQ mobile
154,800円
楽天ひかり
3,800円
95.32Mbps
楽天モバイル
136,600円

※1:すべて1ギガプラン(NUROは2ギガプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算しています
※2:関西・東海はマンションのみ提供
※3:「マンションギガプラン」au one netで「口座振替・クレジットカード割引」を適用させた場合
※4:入居者人数によって月額料金が変動します
※5:タイプAの料金を記載しています
※6:auスマートバリューを適用しない場合のみ、ギガデビュー割で-32,160円で3年間の実質料金は「152,240円」
※7:プロバイダ料金込みの金額で計算しています。今回はOCN(ひと月900円)で算出。
※8:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています

比較した結果、表から次の3つがわかります。

  • 最も月額基本料金が最安の光回線:NURO光
  • 3年間の実質料金が最安の光回線:auひかり
  • キャッシュバックが最も高額の光回線:auひかり
那比光太(なびこうた)
こうた
ストップ!!
ここで表の「セット割引」にも注目すると、状況は一変するよ!

表の「セット割引」の項目を見ると、各光回線で、セット割引が適用できるスマホ会社が変わることがわかります。

そこで改めて、料金・速度・そしてセット割を考慮すると、次の回線がおすすめになりますよ。

※各回線の基本情報までジャンプします

全光回線の中で最安&最速!Softbankユーザーなら「NURO光」

※NURO光は関東・関西・東海・九州の一部地域限定の光回線です。
NURO光がエリア外の方は、次に紹介するソフトバンク光をチェックしてください!

NURO光のロゴ

NURO光は下り最大2Gbps・上り最大1Gbps対応の光回線で、通信速度・月額料金の安さともに好評の光回線です。

<NURO光の基本情報>
月額料金
(戸建て)
4,743円
月額料金
(マンション)
1,900円~
最大通信速度
上り:1Gbps
下り:2Gbps
※プランによっては
上下最大6Gbps/10Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:263.36Mbps
下り:279.89Mbps
キャッシュバック
戸建:35,000円
マンション:10,000円
適用できるセット割
ソフトバンク
こんな人にオススメ!
  • とにかく通信速度を重視したい人
  • ソフトバンクのスマホを利用している人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月15日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

NURO光は、通常プランの通信速度が他社より圧倒的に速い下り2Gbpsで、月額料金も安いため、コストパフォーマンスが高いのが魅力ですね。

ただし利用できるエリアは下記のとおりに限られているため、契約前にエリア確認が必須となります。

関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀
NURO光の詳しいエリア確認はコチラ

また、NURO光はただ月額料金が安いだけでなく、戸建て・マンションとも公式のキャッシュバックキャンペーンを実施しているメリットがあります。

戸建住宅なら公式特設サイトからの申込みで35,000円キャッシュバック。

マンションは公式ページから申し込めばもれなく10,000円のキャッシュバックを受け取れますよ!

So-net公式特設サイトをみる

マンションでのNURO光契約について
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がお得

ソフトバンク光のロゴ

ソフトバンク光は上下最大1Gbps対応で、フレッツ光の光回線を借り受けているサービスです。

<ソフトバンク光の基本情報>
月額料金
(戸建て)
5,200円
月額料金
(マンション)
3,800円
最大通信速度
上下1Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:138.54Mbps
下り:186.0Mbps
キャッシュバック
最大33,000円
適用できるセット割
ソフトバンク
ワイモバイル
こんな人にオススメ!
  • ソフトバンクやワイモバイルユーザーの人
  • 乗り換えコストを抑えたい人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月◎日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

ソフトバンク光の魅力は、ソフトバンクスマホとワイモバイルのセット割が利用できることです。

月額500円(税抜)~のオプション契約を条件に、ソフトバンクスマートフォン料金は毎月最大1,000円(税抜)×10回線割引されますよ!

さらに、回線速度を改善するIPv6接続自体の利用料は無料であることから、NURO光がエリア外だったソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光が最適の選択肢と言えます。

なお、Y!mobileとのセット割引はNURO光だと対応していません。

NURO光のエリア内でも、ワイモバイルの料金を下げたい場合はソフトバンク光がオススメです。

また、ソフトバンク光は代理店限定で35,000円キャッシュバックをもらえたり、他社から乗り換える場合違約金最大10万円キャッシュバックをしてくれます。

とくに乗り換え費用を負担してくれるのはお得なので、現在他社固定回線やモバイル回線を使っている方は、ソフトバンクユーザーでなくても要検討ですね。

\最短2ヵ月後35,000円キャッシュバック/
ソフトバンク光のキャンペーンをみる
※代理店NEXTの特典をチェック

ソフトバンク光について
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

auユーザーなら「auひかり」がおすすめ

※関西・東海ではauひかりの戸建てタイプを契約できません。
関西・東海にお住まいの方は、auスマートバリューを使える次の光回線がオススメです!

  • 東海エリアなら:コミュファ光
  • 関西エリアなら:eo光
    ※各回線の基本情報の項目へジャンプします

また、沖縄県にお住まいの方は、「So-net光またはauひかりちゅら」の項目をチェックしてくださいね。

auひかりに関する画像

auひかりは、auが展開する独自の光回線サービスです。

<auひかりの基本情報>
月額料金
(戸建て)
4,900~5,100円
(ずっとギガ得プラン)
月額料金
(マンション)
4,050円(ギガ)
最大通信速度
上下最大1Gbps
※プランによっては
最大5Gbps/10Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:181.52Mbps
下り:222.4Mbps
キャッシュバック
最大60,000円
適用できる
セット割
au
こんな人にオススメ!
  • キャッシュバックで実質料金を下げたい人
  • auユーザーの人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月◎日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

auひかりを契約する最大のメリットは、ずばりキャッシュバック額の高額さです!

auひかりのキャッシュバック額は、今回比較した20回線の中で、戸建・マンションともに最高額でした。

<フルコミットのauひかりキャッシュバック額>
auひかりのみ契約した場合
50,000円
キャッシュバック
auひかり+ひかり電話を契約した場合
60,000円
キャッシュバック
振り込み時期
最短で開通月の翌月
受け取り方法
指定した口座に自動振り込み

なお、60,000円キャッシュバックは特設サイトからの申し込み限定ですので注意してくださいね。
※公式サイトから申し込みを行った場合、60,000円キャッシュバックは対象外になります。

また、あわせてauひかり電話を契約すると、毎月最大2,000円(税抜)×10回線まで、auスマホ料金が割引されますよ!

さらに、auひかりは他社と回線を共有していないため、通信速度もNURO光に次いで高速でした。

安さ・速度ともに優秀なauひかりは、NURO光と同じく「コスパが高い光回線」といえますね。

\最短翌月末振込!最大60,000円キャッシュバック/
auひかりのキャンペーンをみる
※代理店フルコミットの特典をチェック

auひかりについて
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

東海エリアのauユーザーは「コミュファ光」がおすすめ

コミュファ光

コミュファ光とは、東海地域限定でサービスを展開する光回線です。

<コミュファ光の基本情報>
月額料金
(戸建て)
5,500円
(光回線+光電話の料金を含む)
月額料金
(マンション)
最大通信速度
上下1Gbps
※プランによっては
最大5Gbps/10Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:221.39Mbps
下り:315.0Mbps
キャッシュバック
公式から:
最大65,000円
代理店限定:
30,000円
適用できるセット割
au
こんな人にオススメ!
  • キャッシュバックを重視したい人
  • 東海エリアにお住まいでauユーザーの人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月15日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

コミュファ光は2019年11月15日現在の通信速度の平均が、他社と比べて最速の315Mbpsでした。

しかし、コミュファ光の魅力は通信速度だけではありません!

コミュファ光はキャッシュバックの高額さにも魅力があります。

<コミュファ光 キャッシュバックの仕組み>
キャッシュバック額
必要オプション
正規代理店NEXT
限定キャッシュバック
最大30,000円

いずれかの契約

  • 光電話付加サービス割引パックPlus
  • コミュファ光ビデオ(U-NEXT)
  • コミュファ光くらしサポート
    (自転車&おうちパック)
乗り換え
キャンペーン
※公式の違約金キャッシュバック
最大40,000円
10Gプラン申し込みなら
∔10,000円
オプション
キャッシュバック
(公式)
最大15,000円

下記すべての契約

  • 光電話付加サービス割引パックPlus
  • コミュファ光ビデオ(U-NEXT)
  • コミュファ光くらしサポート
    (自転車&おうちパック)

※2019年11月現在のデータです。

最大合計85,000円(10Gプランなら95,000円)もの還元を受けられるのは非常に魅力的ですね!

さらに、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」ももれなく適用可能ですよ。

また、コミュファ光を申し込むなら、独自のキャッシュバックを実施していて受け取り期間も最短3か月の「株式会社NEXT」がオススメですよ。

\最短2ヵ月後!最大30,000円キャッシュバック/
コミュファ光のキャンペーンをみる
※代理店NEXTの特典をチェック

コミュファ光について
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

関西エリアのauユーザーは「eo光」がおすすめ

eo光

eo光は、関西エリア限定で展開する電力系の光回線です。

<eo光の基本情報>
月額料金
(戸建て)
5,048円
月額料金
(マンション)
3,425円
最大通信速度
上下1Gbps
※プランによっては
最大5Gbps/10Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:163.95Mbps
下り:206.61Mbps
キャッシュバック
戸建住宅:10,000円(商品券)
マンション:3,000円(商品券)
適用できるセット割
au
こんな人にオススメ!
関西エリアにお住まいで
auユーザーの人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月15日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

eo光は他社と回線を共有しない光回線であるほか、関西地域限定のサービスのため、回線が混雑しにくいという特徴があります。

通信速度ランキングでも、2019年11月現在で20社中7位という好成績ですよ!

また、eo光ではホームタイプ・メゾンタイプで10,000円分の商品券のキャッシュバックを実施しています。(マンションタイプの場合は3,000円分の商品券)

工事費無料キャンペーンや、月額料金の大幅割引を実施しているなど、eo光は速度だけでなくキャンペーンも充実しています。

\新規申し込みで10,000円キャッシュバック/
eo光のキャンペーン詳細をみる

eo光について
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

沖縄エリアのauユーザーは「So-net光」または「auひかりちゅら」がおすすめ

沖縄エリア在住の方は、まずSo-net光の利用を検討してみてください。

そして、So-net光がエリア外だった場合には、auひかりちゅらがオススメです。

<So-net光プラスとauひかりちゅらの基本情報>
So-net光
auひかりちゅら
月額料金
(戸建て)
5,700円
6,300円
月額料金
(マンション)
4,480円
4,680円
最大通信速度
上下1Gbps
上下1Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:212.03Mbps
下り:181.67Mbps
上り:196.39Mbps
下り:234.55Mbps
キャッシュバック
なし
(代わりに長期の月額料金割引)
最大55,000円
適用できるセット割
au
au
こんな人にオススメ!
沖縄にお住まいで、
長期の月額料金の安さを重視する人
沖縄にお住まいで、
通信速度を重視する人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月15日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

So-net光プラスは長期割引キャンペーンが魅力で、3年間の実質料金の安さも20回線中戸建て・3位、マンション・6位でした。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
So-net光プラスはキャッシュバックがないから一見他社の方が安いように見えるけど…。
月額料金が安いから、他社と比べてもかなりお得な選択肢ね!

一方、auひかりちゅらはSo-net光プラスより通信速度が速いこと、そして最大55,000円の高額キャッシュバックが魅力です。

ただし、キャッシュバックの適用には以下の3つのオプション加入が必要なので注意が必要ですよ。

  • auスマートバリュー(光電話とauスマホの契約が必要)
  • セットトップボックスレンタル(月額500円、TVサービスの視聴に必要な機器)
  • しま割(戸建て3年・マンション2年の定期契約)への加入

auひかりちゅら キャンペーン適用条件

引用:auひかりちゅら

以上から、沖縄で料金の安い光回線を選ぶならまずSo-net光プラス、エリア外だった場合はauひかりちゅらを選び、auスマホとセットで使うのがおすすめですよ!

So-net光プラスについて
詳しい解説はこちら

auひかりちゅらについて
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

ドコモ光のロゴ (1)

ドコモ光は、唯一ドコモのスマートフォンとセット割ができる光回線です。

<ドコモ光の基本情報>
月額料金
(戸建て)
5,200円
月額料金
(マンション)
4,000円
キャッシュバック
代理店サイトからの申し込み:
15,000円
公式キャンペーン:
dポイント最大10,000pt
プレゼント
適用できるセット割
ドコモ
こんな人にオススメ!
ドコモユーザーの人

※タイプAに含まれるプロバイダを選んだ際の料金を表示しています。

ドコモスマホとのセット割は他の光回線だと受けられないので、ドコモユーザーがまず検討すべきはドコモ光です。

ドコモ光では、dポイント10,000ptの進呈など、ドコモユーザーに嬉しい特典が展開されていますよ!

工事費無料キャンペーンもしっかり実施されているほか、プロバイダを自由に選択できる点も他の光コラボではあまり見ない嬉しいポイントです。

さらに、ドコモ光は正規代理店からの申し込みで、15,000円のキャッシュバックを適用できますよ!

ドコモ光のおすすめプロバイダ

GMOとくとくBB

以下の3つの条件を満たしていることから、ドコモ光のオススメプロバイダは「GMOとくとくBB」です!

  1. タイプAに属している
  2. v6プラス接続に対応している
  3. Wi-Fiルーターの無料レンタルができる

GMOとくとくBBは、レンタルサーバーなどの様々なインターネット系サービスを手がける、大手のインターネットプロバイダです。

GMOとくとくBBによる「Wi-Fiルーターは無料レンタル」は、無料レンタルできるだけでなく、37カ月以上の継続利用で返却が不要になるメリットがありますよ。

3年以上ドコモ光を使い続ければ、ルーターが無料でもらえて、その後もずっと使い続けられるのは嬉しいですね。

また、GMOとくとくBBのもうひとつのメリットとして、最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンが挙げられます!

\最大15,000円キャッシュバック/

ドコモ光のキャンペーンをみる


※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

さらに詳しくドコモ光のキャンペーン情報を知りたい方は、次の「ドコモ光のキャンペーン比較」に関する記事をチェックしてみてくださいね。

ドコモ光のキャンペーンについて
詳しい解説はこちら

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

光テレビ目当てで光回線を契約するなら「ぷらら光」がおすすめ

ぷららのロゴ

ぷらら光は、ひかりTVの大本である「ぷらら」が提供する光回線です。

<ぷらら光の基本情報>
月額料金
(戸建て)
4,800円
月額料金
(マンション)
3,600円
最大通信速度
上下1Gbps
平均通信速度
(実測の平均)
上り:173.36Mbps
下り:134.45Mbps
キャッシュバック
ぷらら光のみ:
35,000円
ひかりTV同時申し込み:
20,000円
適用できるセット割
ひかりTV
こんな人にオススメ!
ひかりTVの契約を前提に
光回線の申し込みを考えている人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月15日現在、みんなのネット回線速度に投稿されたら平均値を記載しています。

ひかりTVの契約を検討している人がぷらら光を契約するメリットは、キャッシュバックとひかりTVセット割の存在です。

ひかりTVとぷらら光をセットで申し込めば、なんと最大55,000円のキャッシュバックを受けられます。

<ぷらら光のキャッシュバック早見表>
キャッシュバック額
ぷらら光
+ひかりTVの新規契約
55,000円
(ぷらら光契約分35,000円+
ひかりTV契約分20,000円)
フレッツ光からぷらら光への転用
または
他社光コラボからぷらら光への事業者変更
+ひかりTV申し込み
30,000円
(ぷらら光契約分10,000円+
ひかりTV契約分20,000円)

※2019年11月現在のデータです

さらにぷらら光とひかりTVをセットで契約すれば、600円(税抜)の月額割引が適用。

ひかりTV2年契約時の「にねん割」による1,000円(税抜)割引を合わせると、月々900円(税抜)など安価なコストでひかりTVを楽しめますよ。

\ひかりTV契約者がトクする!/
ぷらら光のキャンペーン情報を見る
※こちらから料金をチェック

コチラから次の「光回線の申し込みの流れ」にジャンプできます!

格安スマホを利用中なら「地域の光回線」を契約しよう

格安スマホを利用している方は、まずは料金が最安で高速通信が可能なNURO光を検討してみましょう。

とはいえ、NURO光はエリアが限定されているため、利用できないケースもあります。

<NURO光の利用可能エリア一覧>
関東
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
関西
愛知、静岡、岐阜、三重
東海
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州
福岡、佐賀

NURO光がエリア外なら、「auひかり」または、地域別に展開されている光回線がおすすめとなります。

東海・長野
コミュファ光
コミュファ光について詳しい解説はコチラ
関西
eo光
eo光について詳しい解説はコチラ
四国
ピカラ光
ピカラ光について詳しい解説はコチラ
中国
メガ・エッグ光
九州
BBIQ光
沖縄
auひかりちゅら
auひかりちゅらについて詳しい解説はコチラ

※auひかりちゅらのみ、電力会社ではない地元企業「沖縄セルラー電話株式会社」が運営する光回線です。

那比光太(なびこうた)
こうた
地域の光回線ならエリア外の可能性も低いし、回線が混雑しにくく通信速度が速い傾向にあるよ!

光回線の申し込みから開通までの流れ

新規申し込み

光回線の申し込みから開通までの流れをチェックしてみましょう。

回線によって多少の違いはありますが、基本的な流れは下記の通りです。

  1. 光回線の新規申し込みを行う
  2. 工事予定日について打ち合わせの電話を行う
  3. 光回線の開通工事を実施する
  4. 自分で接続設定を行う
  5. 開通完了

なお、申し込みから開通までにかかる期間は約1ヶ月です。

しかし引越しシーズン(3月~5月)は工事の予約が殺到するため、1ヶ月以上の余裕を見た方がいいでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた
ちなみに、NURO光は線工事が2回必要だから、申し込みから開通まで約2か月かかるよ!

月額料金だけじゃない!契約前に知っておきたい光回線の料金

お金に関する画像

光回線を利用することで必要になる料金は月額料金だけではありません。

それぞれの料金について、次の項目から詳しくチェックしていきましょう!

1.初期工事費用

光回線は自宅内に回線設備を引き込まなければ使えません。

そのため、契約時に初期工事費用がかかります。

<工事費無料キャンペーンの概要>
必要性
キャンペーンが行われていれば無料
いつ発生する?
申込時、分割払いでは完済まで毎月発生
平均何円?
約30,000円
(安ければ10,000円台、高いと40,000円前後)

工事費は高額ですが、NURO光やauひかりなど、中にはキャンペーンで負担を抑えられるものもあります。

ただし「月額割引」で工事費を相殺するキャンペーンの場合、工事費完済前に解約すると残債をまとめて支払わなければならないのでご注意ください。

2.契約手数料

インターネット回線を契約する際は、初月に契約手数料がかかります。

<契約手数料の概要>
必要性
必須
いつ発生する?
契約申込時
平均何円?
700円~3,000円
フレッツ光は800円

基本的に3,000円程度の費用がかかるので、忘れずに用意しておきましょう。

3.ルーター代

光回線で複数の機器をまとめてインターネットに繋げたり、Wi-Fiで無線接続するには、ルーターの用意が必要です。

ルーターは光回線や契約したプロバイダからレンタルできたり、自分で購入することで用意できます。

<無線LANルーターの概要>
必要性
任意
(しかし、ないと無線LANを利用できない)
いつ発生する?
レンタルなら毎月
購入なら購入時
平均何円?
レンタルなら毎月300円程度
自分で購入するなら5,000~10,000円

ルーターは、NURO光やドコモ光(プロバイダをGMOとくとくBBにした場合)など、無料でレンタルできる光回線もあります。

なお、無料レンタルができない場合、長期間光回線を使うなら、自分で購入したほうが費用を安く抑えられますよ。

4.プロバイダ料金

光回線は、「インターネットプロバイダ」を契約しなければ、インターネットを利用できません。

ドコモ光などの「光コラボレーション」や、auひかり、NURO光などの光回線サービスは元々月額料金にプロバイダ料金が含まれています。

しかし、フレッツ光では別途契約・支払いが必要です。

<プロバイダ料金の概要>
必要性
フレッツ光では必須
(他社回線は基本的に、月額料金に含まれるため不要)
いつ発生する?
毎月
平均何円?
1,000円

フレッツ光を契約する方は、プロバイダの契約と料金の支払いを忘れないようご注意くださいね。

5.セキュリティー費用

インターネット上には、有害なウイルスや詐欺サイトなどが存在します。

パソコンに搭載されている標準のセキュリティサービスだけだと対策が万全とは言い難いです。

そこで、トラブルをしっかり防ぎたい場合は、プロバイダや光回線で提供されているセキュリティサービスを申し込みましょう。

<セキュリティ対策費の概要>
必要性
ウイルス対策をしっかり行いたい場合は要検討
いつ発生する?
毎月
平均何円?
500円

なお、無料のセキュリティ対策ソフトや、市販のソフトもあります。

希望に合わせて利用先を選んでくださいね。

那比光太(なびこうた)
こうた
ちなみにSo-net光なら、高性能セキュリティソフト「S-SAFE」が無料だよ!

まとめ

2019年11月に独自調査をした結果、人気の光回線20社で一番料金が安いのは、戸建て・マンションともにNURO光でした。

さらにNURO光の平均通信速度ランキングは20社中2位であるほか、キャッシュバック・工事費無料などのキャンペーンも充実しています。

しかし、NURO光はエリアが限られる光回線です。(関東・関西・東海・九州の一部エリアのみ)

また、スマホのセット割引もソフトバンク光のみに限られます。

以上から、光回線を安さ重視で契約するなら、次の回線がおすすめです!

  1. Softbankユーザーなら「NURO光」
    NURO光の詳細までジャンプする
  2. auユーザーなら「auひかり」
    auひかりの詳細までジャンプする
  3. ドコモユーザーなら「ドコモ光」
    ドコモ光の詳細までジャンプする
  4. 光テレビ目当てで光回線を契約するなら「ぷらら光」
    ぷらら光の詳細までジャンプする
  5. 格安スマホを利用中なら「地域の光回線」
    各地域の光回線解説までジャンプする

この記事を参考に、自分にとって一番安い光回線を申し込んでくださいね。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

光回線窓口ランキング 2019年11月28日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新