検索 わたしのネット ロゴ

光回線とWiFiを比較!どちらがどんな人にオススメ?光回線でWiFiにつなげる方法は?

光回線とモバイルWi-Fiルーターどちらを契約すべき?両者の違い!

光回線とモバイルWiFi、どちらを契約すべきかはインターネットの「使い方」によって変わります。

光回線がオススメ ・自宅で頻繁にインターネットを利用する人
・速度が安定したインターネットがいい人
モバイルWiFiがオススメ ・外出が多く外でも頻繁にインターネットを利用する人
・安さを求める人
・工事をしたくない(できない)人
・速度が多少不安定でも気にならない人

また、光回線でWiFiを使う場合の手順は大まかに言うと以下のとおりです。

  1. ONUとWiFiルーターを接続する
  2. WiFiルーターに記載のSSIDとパスワードをスマホ・PCなどの端末に入力する
  3. インターネットにつながることを確認する

本記事では、光回線とモバイルWiFiを比較し、どちらがどんな人にオススメかを解説します。

また、光回線をWiFiで使う場合の流れやオススメのルーターも紹介しますよ。

光回線とモバイルWiFiを徹底比較!オススメなのはどちら?

インターネット回線を決めるうえで、光回線とモバイルWiFi、どっちがいいんだろう?と考える方は少なくありません。

那比光太(なびこうた)
こうた

そこで、光回線とモバイルWiFiを比較してみたよ!

光回線 モバイルWiFi
料金 約4,000~6,000円 約2,000~5,000円
エリア 日本中ほぼ網羅
※回線によってエリアの広さが違う
日本中ほぼ網羅
※郊外は電波が入りにくい場合も
速度 最大1Gbps~10Gbps 最大150Mbps~最大1.2Gbps
通信量 無制限 通信制限、速度制限が起こる場合あり
工事 必要 不要
工事費用 0円~40,000円 0円
キャッシュバック 最大60,000円 最大31,000円
特徴 ・安定した速度が出やすい
・電柱から線を引く工事が必要
・自宅以外で使うことができない
・持ち運びができる
・通信制限がある
・光回線より安定性にかける
向いている人 自宅で安定した速度のインターネットを楽しみたい人 外出先でも持ち運んでインターネットを使いたい人
主なオススメ回線 auひかり
NURO光
ドコモ光
THE WiFi
WiMAX
ネクストモバイル

※2020年10月時点の調査

まとめると、光回線とモバイルWiFiは、それぞれ以下のような方に向いています。

◆光回線がオススメな人

  • 自宅で頻繁にインターネットを利用する人
  • 速度が安定したインターネットがいい人

◆モバイルWiFiがオススメな人

  • 外出が多く外でも頻繁にインターネットを利用する人
  • 安さを求める人
  • 工事をしたくない(できない)人
  • 速度が多少不安定でも気にならない人

光回線を申し込むならオススメの3つの回線

光回線か、モバイルWiFiかを決めたところで、次はどの回線、またはどのプロバイダと契約すればいいのか迷いますよね。

実際、光回線もモバイルWiFiも両方20社以上の選択肢があり、すべてを比較・吟味して決めるのは難しいという方も多いでしょう。

そこで、当サイトのオススメを光回線を3つ紹介します!

  • ソフトバンクスマホユーザーなら:NURO光
  • ドコモスマホユーザーなら:ドコモ光
  • auスマホユーザーなら:auひかり

光回線20社を比較した結果について
詳しい解説はこちら

ソフトバンクユーザーで速度重視ならNURO光

ソフトバンクのスマホをお使いなら、オススメは速度が速く、月額料金が安いNURO光です。

ソフトバンクのスマホとのセット割「おうち割 光セット」で、スマホの料金が最大1,000円の割引になります。

NURO光
月額料金 戸建:4,743円
マンション:1,900円~
速度 最大2Gbps
(6GB・10GBプランもあり)
エリア 関東・関西・東海・九州・北海道の一部
セット割 ソフトバンク
セット割割引額 500円~1,000円
工事費 39,900円
(実質無料)
キャンペーン ・45,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
・リモート/訪問サポート1回無料
3年間の
実質料金
156,748円

※金額は税抜

NURO光は、下り最大2Gbpsの高速回線を標準で使えるのが大きな魅力です。

さらに、月額料金が安いうえに、公式特設サイト経由で45,000円のキャッシュバックがもらえるので、金銭面でもメリットが大きいです!

那比光太(なびこうた)
こうた

NURO光がエリア外だった場合は、同じようにおうち割が適用できるソフトバンク光もオススメだよ!

速度と安さ、どちらも譲れない人
最大2Gbpsの高速回線のNURO光

NURO光の情報をチェック:https://www.nuro.jp/

NURO光がエリア外なら
全国区で使えるソフトバンク光!

ソフトバンク光の情報をチェック:https://softbank-hikaricollabo.com/

ソフトバンク光はオプションパックで無線LANがお得に!

おうち割を適用する際には、適用条件として特定のオプションを契約する必要があります。

オプション名 月額料金
ソフトバンク光 オプションパック
(光BBユニットレンタル+
Wi-Fiマルチパック
BBフォン・ホワイト光電話・光電話(N)のいずれかひとつ
500円
NURO光 光電話 北海道・関東:500円
東海・関西・九州:300円

※金額は税抜

ソフトバンク光の場合、BBユニットとWiFiマルチパック、そして光電話が500円で利用できるオプションパックを契約する必要があります。

Wi-Fiマルチパックがあれば無線LAN環境を整備できますので、おうち割の割引ができるうえに無線LANも使えてうれしいですよね。

ちなみに、NURO光の場合は、WiFiルーターが無料でレンタルされますので、特に何もしなくても無線LANの環境を整備できます。

ソフトバンクのおうち割について
詳しい解説はこちら

ドコモユーザーならドコモ光

ドコモスマホのユーザーであれば、スマホ割引が利くのはドコモ光です。

ドコモ光
月額料金 戸建:5,200円
マンション:4,000円
※いずれもタイプAの場合
速度 最大1Gbps
※2020年3月より10ギガプラン受付開始
エリア 全国
セット割 ドコモ
セット割割引額 0円~1,000円
工事費 戸建て:19,800円
マンション:16,800円
(新規契約で無料)
キャンペーン ・20,000円のキャッシュバック
・ドコモポイント最大2,000ptプレゼント
3年間の
実質料金
183,200円

※金額は税抜

ドコモスマホとセットでお得なドコモ光
20,000円のキャッシュバックがもらえる

ドコモ光の情報をチェック:https://gmobb.jp/lp/docomohikari_gentei

無線ルーターを無料レンタルできるプロバイダを選ぼう


引用:GMOとくとくBB公式サイト

ドコモ光でWi-Fiをお得に使いたいなら、無線LANルーターを無料レンタルしているプロバイダを選ぶのがオススメです。

例えば、GMOとくとくBBであれば、v6プラスという最新規格対応の無線LANルーターを無料レンタルできます。

しかも、設定済みの状態で送付されてくるので、設定の手間いらずで使えますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

ドコモ光でWi-Fiをお得に使いたいなら、無線LANルーターを無料でレンタルできるプロバイダを探してみよう!

auスマホユーザーで速度を求めるならauひかり

auスマホユーザーなら最初に検討しておきたいのがauひかりです。

auひかり
月額料金 戸建:5,100円~
マンション:3,400円~
速度 最大1Gbps
(5GB・10GBプランもあり)
エリア 全国(東海・関西はエリア外)
セット割 au
セット割割引額 0円~1,000円
工事費 戸建て:37,500円
マンション:30,000円
(実質無料)
キャンペーン ・最大60,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
・他社からの違約金を30,000円まで負担
3年間の
実質料金
141,000円

※金額は税抜

auひかりは、KDDIが敷設した独自の回線を使っており、利用者が少なく混雑しにくいという特徴があります。

また、最新規格であるIPv6に標準対応しており、高速で混雑が少ないインターネットを楽しむことができます。

さらに3年間の実質料金が主要光回線のなかでも最安クラスという点も見逃せません!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

auひかりを申し込むなら、最大60,000円のキャッシュバックを開通から最短翌月にもらえる、フルコミットがオススメよ!

auひかりのオススメポイント

auひかり フルコミット

最大下り速度

1Gbps

実質平均速度

181.38Mbps

月額料金
1~24か月目:3,800円~
初期費用
事務手数料:3,000円
速くて安い回線を求める人へ
混雑が少ない高速回線で快適なauひかり

auひかりの情報をチェック:https:// acdg.au-hikarinet.com

また、auひかりがエリア外だった場合は、それぞれのお住まいにあわせて以下の回線をチェックしてみましょう!

auスマートバリューを適用すれば無線LANオプションが無料!

auスマートバリューとは、auスマホと対象回線とのセットでauスマホの料金が割引になるサービスです。

auスマートバリューを適用すれば、月額500円がかかるauひかりの無線LANオプションを無料で使うことができてお得ですよ!

割引対象となるauスマホのプランと割引額は以下のとおりです。

プラン 割引額
スマホ ・新auピタットプランN(~1GB)
・auピタットプラン(s)(~1GB)
0円
・新auピタットプランN(1GB~7GB)
・auピタットプランN(s)(1GB~2GB)
500円
・auピタットプランN(s)(2GB~20GB)
・新auピタットプランN(1GB~7GB)
・auピタットプランN(s)(1GB~2GB)
・auピタットプランN(s)(2GB~20GB)
1,000円
ケータイ カケホ(3Gケータイ) 934円
タブレット タブレットプラン20 1,000円

※金額はすべて税抜
※受付終了プランは記載しておりません

また、Wi-Fiをできるだけお得に使いたいという希望があるならば、プロバイダで無線LANルーターを無料レンタルしているところを選ぶといいでしょう。

モバイルWifiを申し込むならオススメの3つの回線

モバイルWiFiの方が向いていると思った方も、「では、どこからどのWiFiを申し込んだらいいの?」と疑問をお持ちの方も多いかと思います。

そこで、当サイトのオススメは以下3つです。

  • データ無制限なら:THE WiFi
  • 速度と安さのバランスで選ぶなら:WiMAX(GMOとくとくBB)
  • とにかく安さ重視なら:Next mobile

ポケットWiFiを比較した結果について
詳しい解説はこちら

データ無制限ならTHE WiFi

今注目なのが、完全データ無制限のWiFiです。

速度は150Mbpsと、WiMAXよりも速度は遅めですが、それでも速度制限がなく完全にデータ無制限な点に魅力を感じる方は多いことでしょう。

ただし、データ無制限WiFiは、昨今の国内情勢もあり、出荷が停止していたり、遅延が発生していたりするケースが多いです。

2020年10月、遅延が発生しておらず、出荷も停止していない、なおかつ費用が安いのがTHE WiFiです。

キャッシュバックなどのキャンペーンはないものの、月額料金自体が安いので、データ無制限WiFiのなかでも実質料金は安い方です。

THE WiFi
月額料金 3,480円
速度 最大150Mbps
キャンペーン
3年間の
実質料金
128,280円

※金額は税抜

完全データ無制限なら
THE WiFiの情報をチェック:https://www.smamoba.jp/

速度とコスト重視ならWiMAX

WiMAXの特徴は以下のとおりです。

  • 他のポケットWi-Fiに比べて高速
  • 無制限プランでも、3日で10GB消費すると速度制限がかかる
  • うまく窓口を選べば、費用が安く済む

WiMAXの場合、窓口によって変動するのは料金だけで、速度やサービス内容はどの窓口を選んでも同じです。
できるだけ安い費用でWiMAXを契約したいならオススメはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
GMOとくとくBB
(月額料金割引)
月額料金 ・1~2ヶ月目:3,609円
・3~24ヶ月目:4,263円
・25ヶ月目以降:4,263円
・1~2ヶ月:2,590円
・3~24ヶ月:3,344円
・25~36ヶ月:4,263円
キャンペーン 最大31,000円 3,000円
3年間の
実質料金
122,897円 125,641円

※金額は税抜
※2020年10月時点の情報

GMOとくとくBBには、キャッシュバックで還元されるプランと月額料金から割引されるプランがあります。

月額料金の積算からキャッシュバックや割引分を引いた実質料金が安くなるのは、「キャッシュバック」の方です。

しかし、キャッシュバックには別途手続きが必要で、手続きも少々複雑です。

そのような手間をかけたくないという場合は、少々実質料金は高くなりますが「月額料金割引」プランを選ぶといいでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

どっちを申し込む場合でも、詳細は以下のリンクをクリックしてチェックしてみよう!

キャッシュバックと
速度重視の人
月額料金も長期にわたって安く、キャッシュバックキャンペーンも充実しているGMOとくとくWiMAXがおすすめ

GMOとくとくWiMAX(キャッシュバック)の公式情報をチェック:https://gmobb.jp/
GMOとくとくWiMAX(月額料金割引)の公式情報をチェック:https://gmobb.jp/

とにかく安さを求めるならNext mobile

データ量が無制限じゃなくてもいい、とにかく安く使いたいという方もいらっしゃるかもしれません。

そんなあなたにオススメなのは、Next mobileです。

データ無制限プランはないものの、3年間の実質料金は100,000円を切っており、とても安い費用で利用できることが特徴です。

無制限プランじゃなくてもいいから、とにかく安い料金がイイ!という方にオススメですよ。

Next mobile
月額料金 20ギガプラン:2,400円
30ギガプラン:2,700円
速度 最大150Mbps
キャンペーン 端末無料
3年間の
実質料金
97,200円
※30ギガプランの場合

※金額は税抜

安いモバイルWiFiをお求めなら
Next Mobileの情報をチェック:https:// next-mobile.jp

光回線とWiFiの違いって何?

光回線とモバイルWiFiでどのような違いがあるのかを以下の表にまとめてみました。

光回線 モバイルWiFi
役割 光ファイバーと変換用機器(ONU)で安定した速度のインターネットを提供する 基地局からの電波を受信してインターネットに接続する
回線例 auひかり
NURO光
ドコモ光
THE WiFi
WiMAX
ネクストモバイル

光回線とは?

光回線でインターネットが
使えるようになる仕組み
光回線がつながる仕組み

  1. プロバイダがインターネットと接続する役割をもつ。
  2. 光回線が自宅とプロバイダ(自宅)を結びつける役割をもつ。
  3. プロバイダと光回線をそれぞれ契約して、自宅でインターネットが使えるようになる

光回線とは、光ファイバーを利用してインターネットに接続す固定の通信回線のことです。

各家庭で利用するときは、NTTのフレッツ光やauひかりなどの光回線業者に契約し、回線を自宅に引きこむ開通工事を行います。

モバイルWiFiとWiFiって違うの?

そもそも、モバイルWiFiと単なるWiFiって違うの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、両者の違いを以下の表にまとめてみました。

役割 機器例
モバイルWiFi インターネットに接続する役割を持つもので、モバイルルーターを介してインターネットをする ・WiMAX
・Next Mobile
WiFi それ自体にはインターネットを接続する役割はない、光回線をルータという機器で無線で利用できるようにする
または電波を受信して通信をする機械の総称
・無線LANルーター
・無線LANアクセスポイント
・公共施設のフリーWiFi

端的に言うと、モバイルWiFiは「それ自体がインターネットにつながる仕組みを持つもの」です。

WiMAXなどの、電波を受信してインターネットに接続する仕組みを持つ機器を利用している場合は、「モバイルWiFi」、「モバイルルーター」と呼ばれることが多いです。

一方、単にWiFiと呼ばれるものが「モバイルWiFi」のことを指すことはほとんどありません。

単にWiFiと呼ばれている場合は、光回線などのインターネット回線に無線LANルーターなどの機器を挟んで、無線で利用できるようにする仕組みのことを指す場合が多いです。

公共施設などに設置されているフリーWiFiも、WiFiの一種とされています。

光回線をWiFiで利用する方法を徹底解説

光回線をWiFiで利用するためには、無線LANルーターをONUに接続するという方法が一番メジャーです。

  • 光回線の無線LANオプションを利用する場合
  • プロバイダのWifiルーター込みで契約した場合
  • 市販のWifiルーターを利用する場合

光回線の無線LANオプションを利用する場合

光回線の無線LANオプションを利用する場合は、専用の無線LAN内蔵機器がレンタルされることが多いです。

あるいは、無線LANカードと呼ばれる小さなカードを専用の機器に挿し、無線LAN化する場合もあります。

設定の流れは以下のとおりです。

  1. ONUと無線LAN内蔵機器をLANケーブルで接続する
  2. 無線LAN内蔵機器の電源を投入する
  3. 無線LAN内蔵機器に記載のSSIDとパスワードをパソコンやスマホに設定する

もしわからないことがあっても光回線のサポートに聞けばいいので、設定に不安のある方でも安心ですね。

プロバイダのWifiルーター込みで契約した場合

光回線のプロバイダによっては、無線LANルーターを無料でレンタルしてくれる場合もあります。

ルーターは既に設定済みですので、難しい設定が不要でそのままWiFiが利用できるのがうれしいですよね。

流れは、光回線で無線LANオプションを利用する場合と大体同じです。

  1. ONUとレンタルルーターをLANケーブルで接続する
  2. レンタルルーターの電源を投入する
  3. レンタルルーターに記載のSSIDとパスワードをパソコンやスマホに設定する

市販のWifiルーターを利用する場合

市販のWiFiルーターを利用する場合は、家電量販店などで機器を選定して自分でいろいろ設定する必要があり、よくわからない、面倒と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかし、最近の市販WiFiルーターは簡単に設定できるように作られていますので、上記無線LANオプションやレンタルルーター同様の流れでWiFiを使うことができ、とても簡単です。

さらに、市販ルーターは一度購入すれば月額料金が発生しませんので、使い続ければ使い続けるほどお得です。

契約中の光回線で無線LANオプションが有料になる場合で、ずっと使い続ける想定の場合は、市販のルーターを購入してしまった方がお得な場合もありますよ。

  1. ONUと市販ルーターをLANケーブルで接続する
  2. 市販ルーターの電源を投入する
  3. 市販ルーターに記載のSSIDとパスワードをパソコンやスマホに設定する

もしわからないことがあった場合や、もっといろいろな設定を行いたい場合には、メーカーのマニュアルを参照してくださいね。

市販のルーターのオススメは?

もし市販のルーターを購入する場合は、以下の点に気をつけて購入するといいでしょう。

  • 戸建て〇階、マンション〇LDKなど、住居形態に適したものを選ぶ
  • 高速に通信できる最新規格「IEEE802.11ac」に対応しているものを選ぶ

5,000円~7,000円の価格帯で購入できる、オススメの無線LANルーターは以下のとおりです。

どんな場所向きか 戸建て3階建て
マンション4LDK
ワンルーム
メーカー Elecom Buffalo
製品名 WRC-1167GS2-B WCR-1166DS
画像
価格(税抜) 5,760円 5,000円
準拠規格
(最大転送速度)
IEEE 802.11ac / IEEE802.11n / IEEE 802.11a / IEEE 802.11b / IEEE 802.11g IEEE802.11ac / IEEE802.11n / IEEE802.11a/g / IEEE802.11b
最大速度 867Mbps 866Mbps
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
142×40×185mm 50×110×109mm
質量 約350g 約139g
その他機能 ・有線ポートギガ対応
・ペアレンタルコントロール
・ゲストWiFi
・ビームフォーミング※
・ビームフォーミング

※子機の位置を見分けて集中的に電波を届かせる機能

まとめ

光回線とモバイルWiFi、どちらを契約すべきかはインターネットの「使い方」によって変わります。

オススメの人 オススメ光回線
光回線がオススメ ・自宅で頻繁にインターネットを利用する人
・速度が安定したインターネットがいい人
auひかり
NURO光
ドコモ光
モバイルWiFiがオススメ ・外出が多く外でも頻繁にインターネットを利用する人
・安さを求める人
・工事をしたくない(できない)人
・速度が多少不安定でも気にならない人
THE WiFi
WiMAX
ネクストモバイル

あなたが求めるものに応じて、光回線とモバイルWiFiのどちらが向いているか、どの回線を選ぶかをじっくり吟味してくださいね。