閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

2019年最新!全10社を徹底比較|あなたにオススメのポケットWi-Fi!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

2019年最新!全10社を徹底比較|あなたにオススメのポケットWi-Fi!

外出先でもWi-Fiで気軽にインターネットができるポケットWi-Fiをお探しですね。

ポケットWi-Fiはさまざまな会社がサービスを提供しており、料金プランや端末なども契約先によって違うのでどこで申し込むべきか迷ってしまいますよね。

2019年7月現在、ポケットWi-Fi10社を比較した結果、WiMAXのプロバイダ・JPWiMAXかGMOとくとくBBでW06を契約するのがもっともオススメです。

ただし、ポケットWi-Fiを選ぶポイントで何を重視するかは人によって変わりますので、どのポケットWi-Fiを契約するか迷っている方に向けて、エリア・速度・プラン・料金ごとのオススメ契約先を紹介します。

ポケットWi-Fiを国内や海外でレンタルしたい方に向けて、オススメのレンタル会社も紹介していますので、参考にしてくださいね。

もし、自宅を中心にインターネットをしたい方は、据え置き型のWi-FiホームルーターとポケットWi-Fiの違いや各社比較を行った記事をご覧ください。

ポケットWi-Fi人気5種を解説!あなたにオススメなのはどれ?

ポケットWi-Fi(Pocket WiFi)とはワイモバイルが商標登録をしたモバイルWi-Fiルーターの名称です。

しかし、一般的にはモバイルWi-Fiルーター全般を指してポケットWi-Fiと呼ばれることも多いので、記事の中でもモバイルWi-FiルーターすべてをポケットWi-Fiと呼んでいます。

2019年7月時点で、人気のポケットWi-Fiを挙げるなら、以下の5種類にわかれます。

ポケットWi-Fiは機器本体で電波を受信し、通信端末とWi-Fi接続してインターネットができます。

ポケットWi-Fiは提供する会社によって、利用する電波や提供エリアも違いますよ。

WiMAX・Pocket WiFi・ネクストモバイル・ドコモWi-Fiステーション・どんなときもWiFiについて、それぞれの特徴やメリット・デメリットなどを簡単にまとめましたので、チェックしてみましょう。

種類 特徴 メリット デメリット
WiMAX WiMAX2+回線、auLTE回線を利用 ・無制限プランがある
・高速通信可能エリアが広い
・地下や障害物の多い場所はつながりにくい
Pocket WiFi ソフトバンクLTE回線を利用 ・無制限プランがある
・地下や障害物の多い場所はつながりにくい
・無制限プランが利用できるのは都市部のみ
ネクストモバイル ・他社に比べて料金が安い ・他社に比べて最大通信速度は遅い
・無制限プランがない
どんなときもWiFi 3大携帯電話キャリアのLTE回線を自動的に選んで利用 ・無制限プランがある
・携帯電話がつながる場所ならどこでもつながる
・他社に比べて最大通信速度は遅い
Wi-Fiステーション ドコモLTE回線を利用 ・無制限プランがある
・ポケットWi-Fi最速の最大通信速度
・高速通信可能エリアが広い
・他社に比べて料金が高い

※無制限プランでも速度制限がかかる場合があります。

ご自分にとって重視するポイントは何か考えながら、どのポケットWi-Fiを選ぶか検討しましょう。

5種類のポケットWi-Fiを契約できる10社を徹底比較!

ポケットWi-Fi各社では、提供エリアはもちろん、月額料金や契約できるプラン、キャンペーン内容などに差があります。

2019年7月時点に、5種類のポケットWi-Fiを契約できる10社を当社が独自に比較した結果を見てみましょう。

モバイルルーターの種類 契約先 提供エリア 最大通信速度 料金 キャンペーン
WiMAX UQWiMAX
最大1.2Gbps 7GB=3,696円
無制限=4,380円
・キャッシュバック
・月額料金割引
GMOとくとくBB WiMAX 7GB=3,609円
無制限=4,263円
・キャッシュバック
・月額料金割引
・端末無料
JPWiMAX 無制限=4,100円 ・キャッシュバック
・月額料金割引
・端末無料
Broad WiMAX 7GB=3,326円
無制限=4,011円
・キャッシュバック
・月額料金割引
・端末無料
au WiMAX 7GB=3,696円
無制限=4,380円
・月額料金割引
Pocket WiFi ワイモバイル
最大972Mbps 7GB=3,696円
無制限=4,380円
・月額料金割引
ソフトバンク 7GB=3,696円 ・月額料金割引
ネクストモバイル グッド・ラック
最大150Mbps 20GB=2,760円
30GB・50GB=3,490円~
・端末無料
どんなときもWiFi グッド・ラック
最大150Mbps 無制限=4,410円 ・月額料金割引
Wi-Fiステーション ドコモ
最大1.288Gbps 1GB=2,980円~
無制限=6,980円
・月額料金割引

キャンペーン面ではWiMAXのプロバイダが充実しており、エリア面では携帯電話キャリアとしても大手のドコモが提供するWi-Fiステーションや、3大キャリアのLTE回線が利用できるどんなときもWiFiがオススメです。

ポケットWi-Fiの月額料金は、契約するプランやデータ量の上限によって変化します。

ただし、どのポケットWi-Fiがオススメかは、無制限プランかもしくはデータ量定額プランが必要か、予算はいくらか、速度の速さを重視するかエリアの広さを重視するかなど、契約する人が求めていることによって変わります。

ポケットWi-Fiを選ぶポイントについては、のちほどポケットWi-Fiを選ぶポイント4つの項目で紹介します。

ポケットWi-Fiで総合的にオススメなのはWiMAX

ポケットWi-Fiを総合的に比較した結果、もっともオススメできるのはWiMAXです。

WiMAXをオススメしたいポイントは、以下の5つです。

  • 提供エリアが広い
  • 通信速度が速い
  • 速度制限がゆるい
  • 無制限プランがある
  • 申込むプロバイダによっては安くポケットWi-Fiを利用できたり、キャッシュバックが受け取れたりする

WiMAXはWiMAX2+回線とauの携帯電話にも使われるauLTE回線を使って、スマホやパソコンとWi-Fi接続ができます。

WiMAX2+回線はUQWiMAXが提供していますが、47都道府県の県庁所在地はもちろん、多くの場所で利用可能で、現在もエリアは拡大し続けています。

WiMAX2+回線とauLTE回線を利用するハイスピードエリアモードを使い、WiMAXの最新機種W06で有線接続をした際の最大通信速度は、フレッツ光などの光回線を超える1.2Gbpsです。

また、WiMAXは1か月のデータ利用量が無制限の「ギガ放題プラン」を契約できるので、ポケットWi-Fiで複数台の機器を接続したい方や、固定回線代わりに使いたい方にもオススメです。

WiMAXのギガ放題には一定のデータ利用量に到達すると速度が低下する速度制限があります。

しかし、WiMAXの速度制限は3日間で10GB以上という大容量のデータ通信を行った後に、約8時間、おおむね1Mbpsの速度に制限されるという比較的ゆるい内容なので、不便を強いられることが少ないです。

速度制限については、のちほどデータ通信量・速度制限で選ぶの項目でさらにくわしく解説します。

ちなみに、WiMAXは利用する電波や端末を提供しているのはUQWiMAXですが、契約先はUQWiMAX以外にも数多くのプロバイダを選べます。

WiMAXはプロバイダごとに実施しているキャンペーンや月額料金が変わりますよ。

ポケットWi-Fiの契約先を検討するときには、各プロバイダのキャンペーン内容も確認しておきましょう。

WiMAXの無制限プラン最安値!JPWiMAXでの契約がオススメ

WiMAXで無制限プランを契約するなら、最安値で利用できるJPWiMAXがオススメです。

JPWiMAXがオススメな理由は、以下の3つです。

  • 月額料金割引とAmazonギフト券によるキャッシュバックキャンペーンを実施中
  • 無制限プランの実質価格がもっとも安い
  • 最新機種が無料

2019年7月時点でJPWiMAXでは、月額料金の大幅割引キャンペーンと、Amazonギフト券最大11,000円分のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

JPWiMAXを契約すれば、月額料金割引とキャッシュバックキャンペーンの両方を受け取れます。

WiMAX主要プロバイダで受けられる料金割引や、キャッシュバックキャンペーンを加味した実質価格を比較して、JPWiMAXの料金を確認してみましょう。

【比較条件】
契約内容:ギガ放題3年
機種:W06(周辺機器なし)

月額料金 契約事務手数料 端末代金 キャッシュバック 3年間実質料金
JPWiMAX 3,500円 3,000円 0円 11,000円 123,100円
GMOとくとくBB (CB) 4,263円 32,000円 123,160円
GMOとくとくBB (割引) 3,480円
125,660円
DTI WiMAX 3,760円 129,670円
Broad WiMAX 3,411円 131,626円

※価格は税抜
(2019年7月当社調べ)

JPWiMAXを3年間、ギガ放題で利用した結果、実質月額料金は3,419円です。

最新機種もJPWiMAXは無料で利用できるので、ギガ放題をWiMAXで契約したい方は、JPWiMAXを検討しましょう。

JPWiMAXについては、JPWiMAXのメリットとデメリットを説明した記事も参考にしてくださいね。

ただし、JPWiMAXでは無制限プランしか契約できません。

ポケットWi-Fiの無制限プランについては、のちほど無制限プランのポケットWi-Fiがオススメな人で解説します。

JPWiMAXのキャンペーンをみる

キャッシュバック狙いならGMOとくとくBB WiMAXもオススメ

ポケットWi-Fiの契約でキャッシュバックが受け取りたいなら、GMOとくとくBB WiMAXもオススメです。

GMOとくとくBB WiMAXのオススメポイントは以下の3つです。

  • 月額料金割引かキャッシュバックキャンペーンを選べる
  • WiMAXプロバイダの中でも高額キャッシュバックを実施
  • 最新機種が無料

GMOとくとくBBでキャッシュバックキャンペーンと、月額料金の大幅割引キャンペーンが選べます。

実質価格ではJPWiMAXが最安値ですが、キャッシュバックはAmazonギフトによる還元で、現金ではありません。

現金による高額キャッシュバックを受け取りたい方は、GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックキャンペーンを選びましょう。

WiMAXプロバイダで受けられるキャッシュバックについては、WiMAXプロバイダの高額キャッシュバックランキングをまとめた記事も読んでくださいね。

♦32,000円キャッシュバック実施中♦

GMOとくとくBBのキャッシュバック詳細を見る

※このボタンからお得な特典をチェック

また、無制限プランでなくても十分という方は、GMOとくとくBB WiMAXで月に7GBまでデータ通信ができる7GBプランを月額料金割引キャンペーンで契約しましょう。

GMOとくとくBB WiMAXで7GBプランを契約すれば、契約から2か月目までは2,170円、3か月目~36か月目までは2,690円の低価格でポケットWi-Fiを利用できますよ。

ポケットWi-Fiのデータ量定額プランについては、のちほどデータ量定額プランのポケットWi-Fiがオススメな人で解説します。

GMOとくとくBB WiMAXについては、GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーン内容と適用条件などを説明した記事もご覧ください。

♦月額料金大幅割引実施中♦

GMOとくとくBB WiMAXの月額料金割引キャンペーンを見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ポケットWi-Fiを選ぶポイント4つ

ポケットWi-Fiはどこで契約するのがオススメかは、契約する人がどこでどのようにインターネットを利用したいかによって左右されます。

ポケットWi-Fiを選ぶときには、以下の4つのポイントに注目して検討しましょう。

4つのポイントは選ぶポケットWi-Fiによっても、違いがあります。

それぞれのポイントについて、くわしく解説していきましょう。

また、ポケットWi-Fiと据え置き型のホームルーター、光回線の中で、どれが一番オススメか迷っている方は、自分がインターネットをどのように使うかによって検討すべきです。

以下のポイントに当てはまる場合は、ポケットWi-Fiの契約がオススメですよ。

  • 主に外出時にスマホやタブレットなどで動画視聴やゲームをしたい方
  • 接続する通信機器の台数が少ない方
  • スマホの通信制限がかかりやすい方

ただし、自宅でインターネットをするのが主な方や、複数台の通信機器、または家族と同時にインターネット接続をしたい方は、より安定して通信ができるホームルーターや光回線がオススメです。

速度制限などを気にせずにインターネットを楽しみたい方は光回線を、自宅で回線工事ができない方や初期費用・維持費を抑えてインターネットを利用したい方はホームルーターを選びましょう。

Wi-Fiルーターと固定回線、どちらがあなたにとってオススメかは、WiMAXと光回線の料金や速度、使い勝手など徹底比較した記事も参考にしてくださいね。

ポケットWi-Fiは一人暮らしのインターネットとしてもオススメ

ポケットWi-Fiは、一人暮らしのインターネット回線としてもオススメです。

アパートなどにお住まいでも、固定回線のように初期工事も不要ですし、外出が多い人なら不在の自宅にインターネットを引くより、ポケットWi-Fiを持ち運んだほうがより便利に使えますよ。

ポケットWi-Fiが一人暮らしのインターネットにオススメな理由は、一人暮らしでモバイルWi-Fiルーターを契約するメリットや、ほかの選択肢を紹介した記事で解説しています。

ポケットWi-Fiは格安SIMとの併用がオススメ

最近、スマートフォンに格安SIMをいれた格安スマホの人気が高まっています。

しかし、格安スマホはキャリアスマホに比べて速度が遅くなりやすいというデメリットがあります。

もし、格安スマホを利用して快適なインターネット生活を送りたいなら、ポケットWi-Fiを併用することをオススメします。

ポケットWi-Fiを利用することで通信速度がポケットWi-Fiの速度に変わるので、インターネットをより快適に楽しめるようになります。

料金的なメリットもありますので、格安SIMを使いたい方はぜひ、ポケットWi-Fiと併用を検討してくださいね。

くわしくは、WiMAXと格安SIMの併用で通信料が大幅に節約できる理由を説明した記事を読んでくださいね。

ポイント1.エリアの広さで選ぶ

ポケットWi-Fi各社の提供エリアの広さも、重要なポイントです。

移動しながら利用することが多いポケットWi-Fiは、広い範囲で安定してインターネットがつながりやすい会社がオススメですよ。

ポケットWi-Fi各社では主に2種類の回線を使って、インターネット接続サービスを提供しています。

通信方式 ポケットWi-Fiの種類
WiMAX回線 WiMAX
LTE回線 ・WiMAX
・Pocket WiFi
・ネクストモバイル
・ドコモWi-Fiステーション
・どんなときもWiFi
・SIMフリーモバイルルーター

ポケットWi-Fiは通信方式によって、利用できる提供エリアも違います。

WiMAXが利用するWiMAX回線は、UQWiMAXが設置する基地局から電波を発信し、提供エリア内でのみ受信してポケットWi-Fiが利用できます。

WiMAXは高速通信ができるWiMAX+2エリアの拡大に力を入れており、比較的地方へ行ってもつながることが多いですよ。

しかし、WiMAXのWiMAX回線は直線の電波なので、障害物に弱いという特徴があります。

WiMAXではWiMAX回線のほかに、auのLTE回線でも通信ができますよ。

LTE回線は携帯電話キャリアで使用する電波と基本的には同じもので、ポケットWi-Fi各社によって利用するキャリアのLTE回線は違いますが、提供エリアは携帯電話の提供エリアとほぼ同じです。

LTE通信方式を採用しているポケットWi-Fiは、WiMAX回線より電波が障害物などに強く、比較的地下や建物内でもつながりやすい特徴があります。

ただし、ワイモバイルのPocket WiFiは無制限プランが利用できるアドバンスプラスモードエリアが、各都道府県の都市部に限られています。

ポケットWi-Fi各社の通常速度で利用できるエリアと、高速通信ができるエリアを比較してみましょう。

モバイル ルーター の種類 エリア検索サイト LTE回線 提供エリア 高速通信 可能エリア 特徴
WiMAX WiMAX提供エリア検索
・高速通信可能エリアは各都道府県の市町をほぼ網羅
・ 山や海側など、エリア外の可能性あり。
Pocket WiFi PocketWiFi提供エリア検索
・高速通信可能エリアは各都道府県の中心部のみ
・ 山や海側など、エリア外の可能性あり
ネクストモバイル ネクストモバイル提供エリア検索
山間部と一部海沿い以外、ほぼ提供エリア内
どんなときもWiFi 提供エリアは各キャリア公表のLTEエリア
各キャリアのLTE回線提供エリアで利用可能
ドコモWi-Fiステーション ドコモ提供エリア検索
・高速通信可能エリアは各都道府県の市町をほぼ網羅
・山や海側でも主要道路沿いなどはつながりやすい

携帯電話キャリアとしても大手であるドコモをはじめ、ソフトバンク、auのLTE回線を場所によって自動的に選び、インターネットを接続するどんなときもWi-Fiは、日本全国ほとんどの場所で利用できるので、とくにオススメです。

どんなときもWi-Fiについては、のちほど提供エリアの広さならどんなときもWiFiがオススメ!で紹介します。

郊外でも高速で通信をしたい方は、WiMAXの提供エリアを調べてみましょう。

また、基本的に都市部近郊でしか移動しない方は、ワイモバイルも検討してみましょう。

ポイント2.回線速度で選ぶ

ポケットWi-Fiは利用する回線によって最大通信速度も異なります。

ポケットWi-Fi各社の最大通信速度も比較してみましょう。

電波の種類 最大通信速度
(高速通信
エリア・下り)
最大通信速度
(高速通信
エリア・上り)
WiMAX
(W06)
WiMAX・
WiMAX+2・
auのLTE
最大1200Mbps
※ハイパフォーマンスモード、4×4MIMO設定オンの利用、有線接続時
最大75Mbps
Pocket WiFi
(801HW)
ソフトバンク
Hybrid4G LTE
4GLTE
最大972Mbps
※有線接続時
最大37.5Mbps
ネクストモバイル
(FS030W)
ソフトバンク
4G LTE
3G
最大150Mbps 最大50Mbps
どんなときもWiFi
(D1)
ソフトバンク
4G LTE
3G
最大150Mbps 最大50Mbps
ドコモWi-Fiステーション
(HW-01L)
ドコモLTE
PREMIAM 4G
3G
最大1288Mbps 最大131.3Mbps

下り速度、上り速度ともに、ポケットWi-Fiでもっとも速いのはドコモWi-Fiステーションです。

また、速度に関しては、ドコモWi-Fiステーションの最新機種・HW-01Lが2019年3月に発売されるまで、WiMAXがポケットWi-Fiでは最速でした。

WiMAXのW06も最大通信速度下り1200Mbps、下り75Mbpsと負けてはいませんよ。

ただし、上記の表に記載した最大通信速度はポケットWi-Fi各社の最新機種の場合です。

ポケットWi-Fiの速度は利用する機種によっても大きく変わります。

ポケットWi-Fi各社のオススメ最新機種についてはポケットWi-Fi各社のオススメ最新機種を紹介で紹介しています。

また、最大通信速度はベストエフォート制での数値で、必ずしも最大値でインターネットが利用できるわけではありません。

実際の速度はユーザーの口コミや、速度測定した結果が参考になりますよ。

ポケットWi-Fiをはじめ、インターネット回線の速度を簡単に測定できるサイト「みんなのネット回線速度」では、ポケットWi-Fi各社のユーザーが測定した平均速度がチェックできますよ。

2019年7月17日現在、ポケットWi-Fi各社の平均速度は以下のとおりです。

WiMAXからみてみましょう。

WiMAXの平均速度
引用:みんなのネット回線速度

レポート件数からWiMAXのW06を使っているユーザーが、非常に多いことがわかります。

PocketWiFiは最新機種ではなく、ひとつ前の603HWの平均速度が残っていました。

Pocket WiFiの平均速度
引用:みんなのネット回線速度

WiMAXもPocketWiFiも下り速度は20Mbps台と、あまり差がないようです。

PocketWiFiと同じソフトバンク回線を使うネクストモバイルの平均速度は、こちらです。

NEXTモバイルの平均速度
引用:みんなのネット回線速度

ネクストモバイルの最大通信速度は150Mbpsですが、最大通信速度1.2GbpsのWiMAXや最大972MbpsのPocketWiFiよりも下り速度が速いという結果になっています。

3大携帯電話キャリアの回線を使うどんなときもWiFiをみてみましょう。

どんなときもWi-Fiの平均速度
引用:みんなのネット回線速度

どんなときもWiFiも下り速度の平均は20Mbps台と安定していますね。

最後にドコモのWi-Fiステーションの平均速度をみてみましょう。

Wi-Fiステーションの平均速度
引用:みんなのネット回線速度

やはり、ドコモ回線は速度が安定しているようです。

ドコモWi-Fiステーションの速度に関しては、ポケットWi-Fi最高速度はドコモWi-Fiステーションでくわしく紹介します。

ポイント3.データ通信量・速度制限で選ぶ

ポケットWi-Fiでは基本的に、2つのプランが選べます。

  • 1か月間データ使い放題の「無制限プラン」
  • 1か月のデータ上限が決まっている「データ量定額プラン」

ただし、ポケットWi-Fiの提供会社によってはデータ量定額プランしかない会社や、無制限プランも選べる会社などさまざまです。

ポケットWi-Fi各社で契約できるプランや、プランの特徴を一覧表で確認しておきましょう。

データ量定額プラン 無制限プラン
月額料金 3,000円前後 4,000円~ 6,000円
データ量 ・WiMAX
・Pocket WiFi
~7GB 無制限
(速度制限あり)
ドコモWi-Fiステーション
どんなときもWiFi
無制限
ネクストモバイル 20GB~50GB
特長 ・1か月間のデータ通信量を超えた場合は月末まで128Kbpsの低速状態になる ・1か月間基本的にデータ通信量が無制限
・どんなときもWi-Fi以外は条件によって速度制限あり

ネクストモバイル以外は、1か月のデータ利用量が無制限のプランを契約できます。

ただし、どんなときもWiFi以外は無制限プランといえども、一定のデータ利用量を超えると速度制限がかかりますよ。

WiMAX・Pocket WiFi・ドコモWi-Fiステーションの速度制限について、それぞれの条件や制限期間、制限後の速度を比較してみましょう。

速度制限がかかる条件 制限後の速度 制限期間
WiMAX 3日間で10GB以上通信 おおむね1Mbps 条件を満たした翌日18時~翌々日2時ごろまでの約8時間
Pocket WiFi 条件を満たした翌日18時~翌々日1時ごろまでの約7時間
ドコモWi-Fiステーション 1か月で30GB以上通信 月末まで

おおむね1Mbpsの速度は、YouTubeの標準画質で動画をしたり、インターネット検索をしたりするくらいは問題なくできる程度です。

ただし、大容量のゲームソフトや動画のダウンロード、テレビ会議や動画配信は難しいので注意しましょう。

また、データ定額量プランも契約したデータ通信量を超えると月末まで最大128Kbpsの速度制限がかかります。

128KbpsはLINEや画像のないインターネットページの表示くらいは可能ですが、ゲームや動画視聴などは難しい速度です。

契約するプランは、自分のインターネットの使い方を考えて決めましょう。

WiMAXの無制限プランについてはWiMAX各プロバイダのギガ放題の料金などを紹介した記事をご覧ください。

PocketWiFiはデータ量定額プランにアドバンスオプションをつけることで、無制限プランが利用できます。

PocketWiFiのアドバンスオプションについては、ワイモバイルのPocketWiFiについてくわしく解説した記事を確認してください。

無制限プランのポケットWi-Fiがオススメな人

ポケットWi-Fiで無制限プランの契約がオススメなのは、こんな人です。

  • スマホなどで動画やオンラインゲームを頻繁にする人
  • 複数の通信機器を接続したい人
  • 外出先でも家でもポケットWi-Fiでインターネットをしたい人
  • 家族と共有して使いたい人
  • 月末まで低速状態になる速度制限は避けたい人

ポケットWi-Fiで無制限プランを利用すれば、動画やゲームを楽しみたい方でもデータ量を気にすることなく行えます。

また、スマホ以外にもノートパソコンやタブレットを接続する場合や、自分以外にもポケットWi-Fiに接続してインターネットをする人がいる場合も、大容量のデータ通信にも対応できる無制限プランを選びましょう。

無制限プランの速度制限はかかる条件もデータ量定額プランと比べて、やさしいものでしたね。

速度制限がかかっても、携帯電話やデータ量定額プランの通信制限とは違い、インターネット検索やYouTubeは画素数を落とせば問題なく利用できる速度なので安心です。

無制限プランが契約できるポケットWi-Fiについては、モバイルWi-Fiルーターの無制限プランを比較した記事をご覧ください。

データ量定額プランのポケットWi-Fiがオススメな人

ポケットWi-Fiでデータ量定額プランを選んだほうがいいのは、こんな人です。

  • 自宅には固定回線などがあり、外出先でのみポケットWi-Fiを使いたい人
  • 仕事用など外出先でタブレットやパソコンをたまに使いたい人
  • 接続する機器はスマホなど基本的に1台だけ
  • できるだけ安くポケットWi-Fiを契約したい人

データ通信量は月に7GB以下が目安のライトユーザーは、無制限プランよりも月額料金を抑えて契約できるデータ量定額プランを契約しましょう。

ただし、無制限プランでは受けられるキャンペーンがデータ量定額プランでは受けられない場合もあります。

料金の安さを重視してデータ量定額プランを選ぶなら、月額料金だけで判断せず、キャンペーンを含めた実質価格で判断しましょう。

また、データ量定額プランは契約したデータ量の上限を超えると、最大128Kbpsの速度に制限され、月が変わるまでほとんど使用できません。

データ量定額プランを契約して頻繁に速度制限がかかってしまう人は、無制限プランに変更しましょう。

WiMAXの速度制限については、WiMAXで気をつけたい3つの速度制限の条件や期間、回避方法を解説した記事をご覧ください。

ポイント4.実質価格で選ぶ

ポケットWi-Fiを料金で比較する際には、基本料金だけでなく、キャッシュバックや月額料金割引のキャンペーンを加味した実質価格で検討すべきです。

5つのポケットWi-Fiを実質価格で比較した一覧表をご覧ください。

初期費用 割引キャンペーン適用後の料金 キャッシュバック額 3年間利用した場合の実質価格
WiMAX
(GMOとくとくBB CB)
事務手数料=3,000円
端末代金=0円
7GB=3,609円
無制限=3,609円~4,263円
37,100円
※W05契約時
7GB=95,824円
無制限=112,060円
Pocket WiFi 事務手数料=3,000円
端末代金=37,800円
※801HW購入時
7GB=3,696円
無制限=4,380円
0円 7GB=173,856円
無制限=198,480円
ネクストモバイル 事務手数料=3,000円
端末代金=0円
20GB=2,760円~3,695円
30GB=3,490円~3,695円
50GB=3,490円~5,815円
0円 20GB=113,580円
30GB=131,100円
50GB=173,220円
どんなときもWiFi 事務手数料=3,000円
端末代金=0円
無制限=3,480円~3,980円
※口座振替選択時
0円 無制限=134,280円
ドコモWi-Fi 事務手数料=3,000円
端末代金=23,400円
※HW-01L購入時
1GB=2,980円~5,980円
無制限=4,980円~6,980円
0円 1GB=133,680円~
7GB=241,680円
無制限=265,680円

※価格は税抜
(2019年7月当社調べ)

実質価格を比較すると、WiMAXは高額キャッシュバックキャンペーンを実施しているプロバイダもあり、端末代金も無料の場合があるので、もっとも安いです。

また、データ量定額プランで契約するなら、毎月20GBの大容量通信ができるのに料金が安いネクストモバイルがオススメですよ。

料金の安さを重視してポケットWi-Fiを探している方は、安く利用できるWi-Fiサービスをまとめた記事 をご覧ください。

【ポイント別】あなたにオススメのポケットWi-Fiはこれ!

あなたがポケットWi-Fiを選ぶうえでもっとも重視したいポイントは、何でしたか?

ポイント別にオススメしたいポケットWi-Fiをまとめましたので、参考にしてくださいね。

各ポケットWi-Fiのオススメポイントやメリットを、くわしく調べていきましょう。

提供エリアの広さならどんなときもWiFiがオススメ!

どんなときもWiFiはドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を自動判別して、よりつながりやすい電波を利用し、Wi-Fi接続します。

現在、各キャリアの携帯電話は日本全国ほとんどの場所でつながるので、提供エリアの網羅率ではどんなときもWi-Fiが強いと言えるでしょう。

どんなときもWiFiエリアのイメージ
引用:どんなときもWiFiの秘密

さらにどんなときもWiFiはそのまま国外へ持ち運んでも、世界107か国で日本と変わらずインターネットができます。

どんなときもWiFiを世界各国で実際に使い、速度測定した結果もご覧ください。

国内外問わず旅行や出張が多い方にもぴったりのポケットWi-Fiですね。

どんなときもWiFiは速度制限なしの無制限プランのみを提供しています。

月額料金はクレジットカード払いと口座振替払いで変わります。

クレジットカード払い 口座振替払い
利用開始月 3,480円
※日割り計算
3,980円
※日割り計算
1か月目~
24か月目
3,480円 3,980円
25か月目以降 3,980円 4,410円

※2年割適用時の価格
※価格は税抜

口座振替払いにはさらに毎月200円の手数料もかかりますので、可能であればクレジットカード払いを選択しましょう。

どんなときもWiFiについては、どんなときもWiFiの料金やエリア、速度、契約の注意点に至るまで、くわしく説明した記事を参考にしてくださいね。

♦月額料金割引実施中♦
どんなときもWiFiの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

ポケットWi-Fi最高速度はドコモWi-Fiステーション

ポケットWi-Fiの速度を比較した結果、画像やデータをダウンロードするための下り速度は、ドコモのWi-FiステーションがポケットWi-Fiでは最速の最大1288Mbpsです。

ドコモWi-Fi STATION 速度についてのイメージ
引用:ドコモ Wi-Fi STATION HW-01L

SNSなどのアップロードや、画像を送信するための上り速度も、Wi-Fiステーションがもっとも速く、最大131.3Mbpsですよ。

携帯電話キャリアとしても長い歴史を持つドコモ回線は、エリアの広さにも自信があります。

日本国内をほぼ網羅しているドコモ回線のWi-Fiステーションは、ほかのポケットWi-Fiでは自宅が圏外だったという方にもオススメですよ。

高速通信可能なエリアも随時拡大を続けており、たとえば以下の地域で2019年12月までに、最大通信速度1.2Gbpsが可能になる予定です。


引用:ドコモ サービスエリアマップ

Wi-Fiステーションの提供エリアは、ドコモの公式サイト内サービスエリア検索で調べられますので、お住まいの住所を入力して調べてみましょう。

ただし、ドコモのWi-Fiステーションは他社ポケットWi-Fiと比べて料金が高いデメリットがあります。

ドコモのWi-Fiステーションを利用する際に契約する料金プランは、以下のとおりです。

ギガホ
(無制限プラン)
ギガホライト
(~7GBまでの定額プラン)
利用できるデータ量 30GB
※超過後は最大1Gbpsで通信可能
1~7GB
月額料金 6,980円 ~1GB=2,980円
~3GB=3,980円
~7GB=5,980円
※利用データ量に応じて変動あり

※価格は税抜

月々3GBまでにデータ利用量を抑えられるライトユーザーなら、他社ポケットWi-Fiのデータ量定額プランと比べてもあまり変わらない料金で高速通信ができますので、Wi-Fiステーションの利用はオススメです。

料金の安さよりも安定した通信速度を望む方も、ドコモのWi-Fiステーションは安心して利用できるポケットWi-Fiといえますよ。

また、ドコモ光を利用中の方なら、Wi-Fiステーションとのドコモ光セット割も適用されます。

無制限プランならWiMAXがオススメ!

無制限プランでポケットWi-Fiを契約したいなら、WiMAXがオススメです。

WiMAXは提供エリア内であれば、全国のほぼ全域で無制限プランでの利用が可能です。

また、WiMAXの無制限プランの速度制限は3日間で10GB以上通信したら、夜から深夜にかけて約8時間、おおむね1Mbpsの速度になる程度なので、基本的には快適にインターネットが使い続けられますよ。

ポケットWi-FiでWiMAXを選ぶメリットについては、WiMAXがオススメな人や、他社ポケットWi-Fiとの比較を行った記事も参考にしてくださいね。


\キャッシュバックキャンペーン実施中/


※このボタンからお得な特典をチェック

データ量定額プランならNEXTモバイル

ネクストモバイルはソフトバンクのLTE回線を使うポケットWi-Fiです。

ネクストモバイルに無制限プランはありませんが、大容量のデータ量定額プランが低料金で契約できます。

ネクストモバイルの月額料金をみてみましょう。

契約プラン 20GBプラン 30GBプラン 50GBプラン
月間データ量 20GB 30GB 50GB
月額利用料(割引前) 3,695円 3,695円 5,815円
月額利用料(割引適用時) 1か月~24か月目:2,760円 1か月~24か月目:3,490円 1か月~12か月目:3,490円
13か月~24か月目: 4,880円

UQWiMAXで7GB上限の通常プランが3,696円なのに比べ、ネクストモバイルでは割引前の通常料金でも20GBが3,695円と格安です。

しかも、端末代金が無料になるキャンペーンも実施していますので、とことん価格を抑えてポケットWi-Fiを契約できます。

ネクストモバイルについては、ネクストモバイルの速度や料金、評判などをくわしく紹介した記事もあわせて読んでくださいね。

♦大容量データ定額プランが安い!♦

ネクストモバイルの料金をみる

※このボタンからお得な特典をチェック

ポケットWi-Fi各社のオススメ最新機種を紹介

ポケットWi-Fiは利用する機種によっても、通信速度やつながりやすさは変わります。

契約の際は、ポケットWi-Fi各社の主要機種のスペックを確認しておきましょう。

種類 機種 最高速度 接続可能台数
(Wi-Fiのみ)
連続通信時間 連続待受時間
WiMAX W06 下り最大1.2GMbps
※USB接続、ハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンで利用時
16台 約 9.0時間 約800時間
W05 下り最大758Mbps 10台 約 9.0時間 約850時間
WX05 下り最大440Mbps 10台 約11.5時間 約700時間
ワイモバイル 801HW 下り最大972Mbps
※USB接続時
16台 約10時間 約900時間
ネクストモバイル FS030W 下り最大150Mbps 15台 約20時間 約600時間
どんなときもWiFi D1 下り最大150Mbps 5台 約12時間 非公開
ドコモ HW-01L 下り最大1.288GMbps 16台 約11時間 約980時間

ポケットWi-Fiは端末本体で電波を受信して通信するので、たとえばWiMAXでも、通信速度は機種によっても異なりますよ。

では、2019年に発売されたポケットWi-Fiの最新機種をさらにくわしく紹介しましょう。

WiMAXの最新機種はW06

WiMAXを契約するなら、2019年1月に発売された最新機種・W06がオススメです。

WiMAX最新機種W06
引用:UQWiMAX W06

WiMAX最速のW06はUSBでの有線接続と、WiMAX2+回線とauLTE回線を使うハイパフォーマンスモード、4×4MIMO設定の利用時に下り速度1.2Gbpsで通信できます。


引用:UQWiMAX W06

Wi-Fiでの接続時でも下り速度最大867Mbpsでインターネットができますよ。

また、高性能ハイモードアンテナを搭載しており、WiMAX2+の電波がつながりにくい場所でもしっかりと受信します。

Wi-Fi TXビームフォーミングも搭載し、Wi-Fi電波の受信速度もW05と比べると約20%向上していますよ。

W06の端末価格はUQWiMAXで購入すると3,800円ですが、WiMAXのプロバイダでは無料で手に入れられる場合もありますので、各社のキャンペーンをチェックしておきましょう。

WiMAXのプロバイダのキャンペーンについては、WiMAXのオススメプロバイダ5選とキャンペーン内容について解説した記事をご覧ください。

ワイモバイルの最新機種は801HW

ワイモバイルのPocketWiFiの最新機種は、2019年3月発売の801HWです。

Pocket WiFi 801HW
引用:ワイモバイル 801HW

801HWはキャリアアグリゲーションや4×4MIMOなどの最新技術により、他社ポケットWi-Fiの最新機種に負けないくらいの高速通信ができます。

Pocket WiFi 801HW 速度スペック
引用:ワイモバイル 801HW

また、現在主流の4GLTEをさらに進化させた5Gの有力技術「Massive MIMO」に対応し、駅や繁華街など利用者が多いエリアで電波が混雑している場合でも、スムーズにインターネットに接続できますよ。

都市部にお住まいの方には、PocketWiFiの801HWがオススメです。

801HWはワイモバイルのショップやワイモバイル オンラインショップで購入します。

801HWの購入価格は37,800円(税抜)で、一括払いか36回払いが選べます。

ドコモの最新機種はHW-01L

ドコモのWi-Fiステーションで最新機種を選ぶなら、2019年3月に発売されたHW-01Lがオススメです。

ドコモWi-Fi STATION HW-01L
引用:ドコモ Wi-Fi STATION HW-01L

国内のポケットWi-Fi最速となる「ギガ越え」の通信速度を楽しみたい方は、HW-01Lを購入しましょう。

ドコモの最新技術によりPREMIUM 4Gで通信することで、モバイルWi-Fiルーターとしても安定した接続を可能にしています。

また、面倒な設定も簡単に行える機能を搭載しており、QRコードを読み込むだけでスマホやタブレットと接続できたり、「Wi-Fi設定お引越し機能」で現在使用中のルーターの接続設定をHW-01Lに引き継げたりするので、機器の設定は必要ありません。

もし、おうちに光回線があるなら、HW-01LをクレードルでONUと接続することで、無線LANルーターとしても使え、データ容量を消費せずにおうちの中でWi-Fi接続ができますよ。

ドコモのHW-01Lはドコモショップやドコモオンラインショップで一括、もしくは分割払いで購入でき、価格は23,400円(税抜)です。

ちなみに、ドコモのWi-Fiステーションは2019年秋にも、大容量バッテリーを搭載したSH-05Lの発売も予定していますよ。

機種代金無料のポケットWi-Fは?

ポケットWi-Fi各社では端末代金を無料にするキャンペーンを行っている会社もあります。

端末代金無料キャンペーンを実施している会社は、以下のとおりです。

◆WiMAX

  • GMOとくとくBB WiMAX
  • JPWiMAX
  • Broad WiMAX
  • So-net WiMAX
  • カシモ WiMAXなど

◆ネクストモバイル
◆どんなときもWi-Fi

端末代金は本来、分割払いにして月額料金に組み込むことが多いので、本体が無料ならその分、料金を抑えられますね。

ポケットWi-Fiの申し込み手順

ポケットWi-Fiの申し込み手順は契約する回線によって変わりますが、大まかには共通して以下の流れで手続きをします。

  1. 契約するポケットWi-Fiへ電話かインターネットから申込む
  2. ポケットWi-Fi端末が契約者住所へ届く
  3. スマホやパソコンとWi-Fi設定をする
  4. 利用開始

ポケットWi-Fiの申込みには、契約者の氏名や住所などの情報と、支払い手続きに必要なクレジットカード情報、口座振替に対応している会社なら口座番号が必要です。

WiMAXのくわしい申込み方法については、WiMAXを申込む手順や窓口を紹介した記事を参考にしてください。

ワイモバイルのポケットWi-FiはポケットWi-Fiを申込む3つの窓口について解説した記事をご覧ください。

ポケットWi-Fiはレンタルと購入どちらがオススメ?

ポケットWi-Fiには基本的に契約期間が定められており、契約期間内の解約では違約金が発生するので注意が必要です。

旅行中や出張中、1年以内の利用など、短期間だけポケットWi-Fiを契約したい方は、レンタルをオススメします。

ポケットWi-Fiがレンタルできるオススメの会社を、国内向け・海外向けで紹介しましょう。

国内で利用するポケットWi-Fiのレンタルは楽天かYahoo!がオススメ

国内でレンタルする場合の、ポケットWi-Fiレンタル各社の料金を一覧表で比較してみましょう。

会社名 送料・その他費用 2泊3日 4泊5日 6泊7日
(一週間)
9泊10日 13泊14日
(二週間)
30泊31日
(一ヶ月間)
89泊90日
(三ヶ月間)
縛りなしWiFi 送料無料
返却時の送料は別途必要
3300円 9900円
FujiWiFi 送料:500円
返却時の送料は別途必要
※別途初期費用:2000円
3200円 9600円
楽天市場 往復送料無料 1800円 2800円 3400円 3800円 5400円 14000円
Yahoo!ショッピング 往復送料無料 1800円 2800円 3400円 3800円 5400円 14000円
e-ca 送料:540円
返却時の送料は別途必要
1620円 2700円 3780円 5400円 7560円 7560円 22140円
DMM 往復送料無料 3290円 3840円 4660円 5760円 5300円 10460円
Wi-Fiレンタルどっとこむ 受取手数料:500円
返送送料:500円
2220円 3060円 3900円 5160円 6420円 6420円 18840円
ワイマックスレンタル.com 往復送料:890~990円 1990円 3980円 6990円 20970円
WiFiレンタルJP 往復送料:990円 2250円 4500円 5570円 6990円 20950円
WiFiRentalJapan 往復送料
関東:990円
関東以外:1080円
3360円 4800円 6720円 7200円 21600円
Wi-Fiレンタル屋さん 往復送料:1080円 1650円 2750円 3850円 5500円 7700円 8250円 20500円

※1:2019年3月時点の情報です。申し込みの前には各サイトで正確な情報を確認することをオススメします。
※2:記載のレンタル日数は業者によって多少前後することがあります。
※3:離島や一部地域によっては記載されている送料と異なることがあります。

ポケットWi-Fiを1週間ほどレンタルするなら、楽天市場やYahoo!ショッピングが2,800円ともっとも安く利用できます。

単身赴任などで長期的に利用する場合は、縛りなしWiFiがオススメですよ。

★縛りなしWiFiのキャンペーンを詳しくみる★

海外で利用するポケットWi-FiのレンタルはWi-Ho!がオススメ!長期はグローバルWiFi

海外へ行く際にレンタルできるポケットWi-Fiを提供している会社もあります。

海外向けポケットWi-Fiのレンタル会社を、一覧表で比較してみましょう。

ちなみに、一覧表に記載の金額は、アメリカへ渡航した場合に4GLTEで通信できるプランを契約した場合です。

会社名 送料・その他費用 1日 7日
(一週間)
30日
(一ヶ月間)
イモトのWiFi 空港での受取手数料:500円
宅配での受取手数料:500円
返却時の送料は別途必要
1,580円(500MB/日) 11,060円(500MB/日) 28,000円(500MB/日)
グローバルWiFi 空港での受取手数料:500円
宅配での受取手数料:500円
返却時の送料は別途必要
1,470円(600MB/日) 10,290円(600MB/日) 18,000円(300MB/日)
Wi-Ho! 空港での受取手数料:0円
宅配での受取手数料:0円
※3,000円以上利用の場合
空港での返却:0円
※空港以外で返却の場合、送料は別途必要
1,050円(500MB/日) 7,350円(500MB/日) 31,500円(500MB/日)
JALABC 空港での受取手数料:0円
宅配での受取手数料:750円
空港での返却:0円
※空港以外で返却の場合、送料は別途必要
1,250円(無制限/日) 8,750円(無制限/日) 37,500円(無制限/日)

※1:2019年7月時点の情報です。申し込みの前には各サイトで正確な情報を確認することをオススメします。
※2:記載のレンタル日数は業者によって多少前後することがあります。
※3:離島や一部地域によっては記載されている送料と異なることがあります。

海外向けのポケットWi-Fiレンタル会社を比較した結果、一週間前後の短期間で利用するなら、Wi-Ho!が安く契約できてオススメです。

ただし、長期利用割引はないので、1か月以上利用するなら、1か月18,000円で契約できるグローバルWiFiを検討しましょう。

レンタルでオススメのポケットWi-Fiは、ポケットWi-Fiのレンタルを国内・海外別に比較した記事で詳しく紹介しています。


\オススメのレンタルポケットWi-Fi/


※このボタンからお得な特典をチェック

UQWiMAXは15日間無料でお試しレンタルできる「Try WiMAX」実施中

ポケットWi-Fiは提供エリアによって、速度やつながりやすさなどが変わります。

自宅やよく行く場所で快適に利用できるか不安な方は、UQWiMAXの無料レンタルサービス「Try WiMAX」を利用してみましょう。

Try WiMAXは、WiMAXの対応エリアや実際の使用感を確かめるために、無料で15日間WiMAXがレンタルできるキャンペーンです。

下記の条件に当てはまる方は、簡単な手続きをするだけでWiMAXが無料でレンタルできます。

  • 日本在住の20歳以上
  • 本人名義のクレジットカードが登録可能
  • 過去90日間にTry WiMAXを利用していない
  • 過去に端末の未返却履歴がない
  • 利用規約に同意できる

WiMAXの受取や返却にかかる送料も無料ですので、WiMAXの契約を迷っている人は、Try WiMAXを試してみましょう。

Try WiMAXのお申し込みはコチラ

TryWiMAXについては、ポケットWi-Fiはお試しできる?Try WiMAXの解説と注意点もあわせて読んでくださいね。

まとめ

モバイルWi-Fiルーターを総称したポケットWi-Fiは、WiMAXが総合的にオススメできます。

WiMAXはプロバイダによって実施しているキャンペーンが違いますが、キャッシュバックが受けられたり、月額料金の大幅割引や機種代金が無料だったりと特典が豊富です。

また、エリア面や速度面に関しても、他社ポケットWi-Fiと同等、もしくは優れているといえます。

そのほか、重視したいポイントによって、以下のポケットWi-Fiがオススメですよ。

ポケットWi-Fiの機種を選ぶ際には、最新機種の購入をオススメします。

ポケットWi-Fiには国内・海外向けにレンタルできる会社もあります。

利用目的や頻度に応じて、ご自分にぴったりのポケットWi-Fiを見つけてくださいね。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」