閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

auひかりに関して

【完全版】auひかりとは?料金、契約、キャンペーンなどのまとめ

auひかりの利用を検討している方は多いですよね。
料金が安く評判が良いインターネット回線なのでおすすめの光回線の一つです。

しかし、auひかりが他の光回線とどう違うのか、どれだけ安いのかなど不明点もあるのではないでしょうか。

ここでは、今更聞けないauひかりについて、どんな回線か、料金や契約、キャンペーンに至るまでとことんご紹介します。

auひかりのサービス提供エリア

最初にauひかりのサービス提供エリアについてです。
当然ながらエリア外にお住いの場合には、auひかりのサービスを受けることはできません。全国のサービス提供エリアについて見ていきましょう。

< auひかりサービス提供エリア >

地域auひかりホームauひかりマンション
北海道北海道北海道
東北青森、岩手、宮城、山形、福島青森、岩手、宮城、山形、福島
北関東栃木、群馬、茨城栃木、群馬、茨城
首都圏埼玉、千葉、東京、神奈川埼玉、千葉、東京、神奈川
甲信越山梨、長野、新潟山梨、長野、新潟
北陸富山、石川、福井富山、石川、福井
東海静岡、岐阜、愛知、三重
近畿滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山
山陰・山陽鳥取、島根、岡山、広島、山口鳥取、島根、岡山、広島、山口
四国徳島、香川、愛媛、高知徳島、香川、愛媛、高知
九州福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島
沖縄

申し込み前には必ずエリア確認をしよう

auひかりを申し込む前に契約できるエリアに住んでいるかどうか提供エリアの確認をしましょう。

提供エリア外だった場合には、auひかりの申し込みを行うことができません。ただし、エリアは順次拡大してきています。そのため、現在エリア外でも諦めずにこまめにチェックすることでエリアになっている可能性もあるでしょう。

関西・東海エリアではauひかりのホームタイプは提供していない

エリアの表でもわかるように、auひかりのホームタイプは関西・東海エリアでは提供されていません

これは、auひかりと同様にKDDIが提供しているeoひかり(関西)やコミュファ光(東海)と競合するからと考えられています。しかし、この先ずっと関西・東海地域がエリア外とはアナウンスされてはいません。

そのため、将来的にはエリアになる可能性も0ではないでしょう。
しかし、近い将来に関西・東海エリアにエリアを拡大する予定も発表はされていません。
残念ながらエリア外にお住まいの場合は、auひかりではなく他の光回線を利用しましょう。

沖縄県ではauひかりちゅらが提供されている

ホームタイプもマンションタイプも提供されていない沖縄県ですが、実は「auひかりちゅら」というサービスを提供しています。

沖縄セルラーという会社が提供しているauひかりサービスです。
基本的には電話サービスやテレビサービスなどauひかりと同様のサービスが提供されています。auスマートバリューの割引も対象です。

auひかりの料金体系

次にチェックするべきはauひかりの料金ですよね。
他の光回線と比較して料金が安いのかも気になるところ。

代表的な光回線であるNTTのフレッツ光と比較しながら料金をチェックしていきましょう

auひかりホーム(戸建て)の料金プラン

auひかりの料金には、ネットだけのプラン、ネットと電話のプラン、テレビを利用するプランなどに分かれています。

ネットだけの月額料金を見てみると、auひかりが5,100円でフレッツ光が5,200円です。基本料金は少しだけauひかりの方が安い結果になりました。

では、なぜauひかりは安いと評判なのでしょうか。実は、auひかりの料金はプロバイダー料金が込みの料金体系です。

対して、フレッツ光は基本料金の他にプロバイダー料金がかかる結果に。つまりフレッツ光はインターネットの基本料金5,200円の他に別途プロバイダー料金(500円〜1,500円程度)が加算されるということです。

また、スマホや携帯とのセット割であるauスマートバリューの適用も安いと言われていわれる理由です。

割引については後ほどご紹介します。auひかりのホームタイプの料金プランを見てみましょう。

サービスauひかりホーム月額料金(税抜)
1年目2年目3年目
ネット5,100円5,000円4,900円
ネット+電話5,600円5,500円5,400円
ネット+テレビ5,600円〜5,500円〜5,400円〜
ネット+電話+テレビ6,100円〜6,000円〜 5,900円〜

※テレビサービスは契約チャネル数などに応じて、料金プランが異なってきます。

auひかりマンション(集合住宅)の料金プラン

次に集合住宅のauひかりマンションの料金プランを見ていきましょう。
お得プランAで16契約以上の場合です。

同様にフレッツ光の16契約以上の場合の月額料金はネットだけで2,950円です。
この料金にプロバイダー料金がかかると考えてください。

サービスauひかりマンション月額料金(税抜)
ネット3,800円
ネット+電話4,300円
ネット+テレビ4,300円〜
ネット+電話+テレビ4,800円〜

※テレビサービスは契約チャネル数などに応じて、料金プランが異なってきます。

auスマホ・携帯とのセット割「auスマートバリュー」

auひかりの魅力の一つにセット割のauスマートバリューがあります。この割引サービスはauひかりと一緒にauのスマホや携帯電話、タブレットなどを利用している場合に、携帯料金から割引されるサービスです。

1回線につき、月額最大2,000円の割引に。
家族で最大10回線まで同時に割引されるので、お得な割り引きになっています。

もしも4人家族なら毎月8,000円も割引になる可能性があるのです。
auの携帯・スマホを利用しているなら、auひかりは最もお得な光回線になることでしょう。

契約中プラン割引額(税抜)
auピタットプランシンプル(1GBまで)なし
スーパーカケホ・カケホ・シンプル(2GBまで)500円
スーパーカケホ・カケホ・シンプル(20GBまで)1,000円
auフラットプラン20/301,000円
データ定額302,000円
データ定額5/20
データ定額5(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
1,410円(最大2年間)
934円(3年目以降)
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付き)
934円
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
934円(最大2年間)
500円(3年目以降)
カケホ(3Gケータイ・データ付き)934円
LTEフラット for Tab/Tab(L)
LTEフラット for Tab(i)
LTEフラット for DATA(m)
1,410円(最大2年間)
934円(3年目以降)

auスマートバリューの適用条件

しかし、お得に感じられるauスマートバリューですが、適用されるためには条件があります。最初に、auひかり(ネット)+auひかり電話サービスの契約が必須条件です。

次にauが指定するモバイルデータプランの契約が必要です。

対象端末は、auスマートフォン、auケータイ、4G LTE タブレット、4G LTE 対応PCで、上記表中のプランを契約していることが条件です。

そして大事なことは、auひかりと対象端末の契約者が同一住所に住んでいること
同一住所に住んでいれば家族の回線も10回線まで割引対象です。

ただし、端末の契約者が50歳以上の場合には、auひかりの契約者が別住所でも割引対象です。

他にも、auスマートポートの契約でもauスマートバリューを適用ができます。

auスマートポートとは、ホームタイプのWi-Fiルーターのこと。auひかりの契約をしなくても、コンセントに挿すだけでインターネットに接続できて宅内にインターネット環境を構築することができます。

auひかりの契約にかかる初期費用

auひかりを利用するためにかかる初期費用についてはどうでしょうか。月額料金は比較的に安価であることがわかりましたが、初期費用が高額では、auひかりの契約をためらってしまうかもしれません。見ていきましょう。

初月に請求される登録料

初月に光回線の登録料が3,000円発生します。電話サービスやテレビサービスも回線と同時に申し込むなら3,000円の登録料に含まれるので安心してください。

ただし、追加で後から電話やテレビを申し込むなら別途それぞれ800円の登録料がかかります。注意したいポイントですね。

後から利用することがわかっているならauひかりと同時に申し込む方が初期費用はお得です。

開通工事費

もう一つ初期費用でかかるものが工事費です。auひかりの工事費は一括払いと分割払いから選ぶことができます。

auひかりの初期工事費用は実質無料だと聞いたことはありませんか?実は初期工事費用の分割払い相当分が月額料金から割り引かれる割引特典があるのです。

ネットと電話を一緒に申し込むことで利用できます。

ただし、初期費用相当額を月額利用料から割引される特典を利用中に途中解約を行った場合には、残債を一括で支払わなくてはいけません。

初期工事費用(一括払い)初期工事費用(分割払い)
auひかりホーム37,500円625円×60回
auひかりマンション30,000円1,250円×24回

※工事日が土日の場合には別途3,000円の追加料金が発生します。

auひかりのオプションサービス

auひかりには回線と同時に申し込んでおきたい便利なオプションサービスが充実しています。見ていきましょう。

無線LANルーターのレンタルサービス

auひかりと同時に必要なものがルーターですよね。無線機能付きのルーターがあれば煩雑な配線に悩むことなくインターネットを利用できます。

オプションサービスで500円/月でレンタルできるオプションサービスが便利。

auスマートバリューに加入することで無線LANルーターのレンタルサービスが永年無料に
便利なオプションなので是非加入しておきたいですよね。

固定電話サービスのauひかり電話

auひかり電話のサービスもauひかりと同時に申し込むべきサービスといえるでしょう。

なぜなら、電話サービスを申し込むことで、auスマートバリューが適用できたり、初期費用無料サービス、無線ルーターレンタル無料などの各種割引特典を受けられるからです。

auひかり電話のオプションは500円/月ですが、それ以上のお得な割引特典が受けられるため、申し込むようにしましょう。

auひかり電話とは、固定電話サービスのこと。8円/3分と格安料金で通話ができることが特徴です。プッシュ回線付きの固定電話をお持ちなら、電話番号を引き継いでauひかり電話に変えられます。

もちろん固定電話回線を持っていなくても大丈夫。auひかりの光回線を経由して音声通話サービスを受けられます。

豊富なチャンネルが見放題なauひかりテレビサービス

auひかりテレビサービスも見逃せないオプションです。「チャンネル」と「ビデオパス」の2つのサービスがあります。
チャンネルでは、スポーツやドラマなど好きなチャンネルを契約していつでもチャンネルを楽しめるオプションです。

ビデオパスでは、レンタルビデオのようにいつでも好きな映画やドラマを楽しめるサービス。二つの組み合わせで楽しみ方は無限に広がるでしょう。

チャンネルでは43ものチャンネルが見放題のプラチナセレクトバックがおすすめです。1,980円/月のサービスが新規加入で最大2ヶ月間無料になるキャンペーンを実施中。

ただし、auテレビサービスを利用するためには別途有料のセットトップボックスのレンタルが必要です。料金は500円/月になっています。

また、auひかりテレビサービスでは地デジやBSの放送は見られないため、ご注意ください。地デジを見るためには、地デジのアンテナ敷設やケービルテレビとの契約などが必要です。

auひかりの通信速度は最大1Gbps!更に高速なプランも登場

auひかりの速度は他社の光回線の最大速度と同様に最大1Gbpsです。しかし、さらに高速なプランも登場していて、注目を浴びています。

世界最速!auひかりホームX・Vが提供開始

世界最速といわれるauひかりホームX・Vが2018年3月1日にいよいよ登場しました。
それぞれ最大通信速度は10Gbps(X)、5Gbps(V)となっています。

新規申し込みはもちろん、すでにauひかりを利用中のユーザーでも機器の交換で世界最速のインターネット通信が利用可能です。

まだ提供エリアは関東の一部の地域(東京、神奈川、埼玉、千葉の一部の地域)ですが、今後のエリア拡大に期待が持てますね。

auひかりで契約できるプロバイダは7社

auひかりで契約できるプロバイダーは全部で7社です。お好みでプロバイダーを選べることも魅力の一つ。月額料金設定はプロバイダー込みの料金なので、どのプロバイダーを選んでも回線速度や料金に変動はありません。

< auひかりで契約可能なプロバイダ >

  • @nifty
  • @TCOM
  • AsahiNet
  • au one net
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

プロバイダで行っているキャッシュバックキャンペーンに大きな違いがある

通信速度や料金に違いがなかったとしても、プロバイダーごとにキャッシュバックやキャンペーンの内容には違いがあります。お好みのキャンペーンサイトを見つけて申し込むことがおすすめ。

高額キャッシュバックを受けられるプロバイダーはBIGLOBEとSo-netです。申し込む窓口によっては最大70,000円のキャッシュバックを受け取れるチャンスも。

キャッシュバックを多くもらいたいユーザーはいずれかのプロバイダーで申し込むといいでしょう。

プロバイダー名最大キャッシュバック金額
@nifty20,000円
@TCOMなし
AsahiNetなし
au one net10,000円
BIGLOBE70,000円
DTI38,000円
So-net70,000円

auひかりのキャンペーンは豪華でお得!

auひかりで注目するべきはそのキャンペーンの豪華さです。

高額キャッシュバックはもちろん、各種割引特典の多さには目を見張るものがあります。豪華なキャンペーンも申込窓口によって異なるため、上手に申込窓口を選びましょう。

乗り換え時の他社違約金を負担してくれるauひかりスタートサポート

他社の光回線からauひかりに乗り換えを行う場合に適用される「auスタートサポート」では他社の解約違約金相当額を負担してくれます。

auひかりに乗り換える際には、ぜひこのキャンペーンを使って賢く乗り換えましょう。

代理店からの申し込みで月額割引もついたauひかりスタートサポートプラスを受けられる

auスタートサポートの中でも代理店経由で申し込むことで、さらにお得な特典がついたauスタートサポートプラスのサービスを受けられることも。

通常のauスタートサポートと同様に、他社違約金相当額として最大30,000円還元に加えて、月額料金最大12か月間600円割引のサービスも受けられることが特徴です。

さらには電話オプションパックEXが12か月間無料になるサービスも付帯しています。期間限定で1万円ほどのキャッシュバックが付いていることもあるため注目です。

初期工事費用/月額費用割引サービス

auひかりの初期工事費用が実質無料になる月額費用割引サービスは見逃せません。高額な光回線の工事費用が実質無料になるなら今すぐにでも回線工事を行いたい方もいることでしょう。

ただし、途中解約の際には残債が発生するので注意が必要です。

申し込む代理店やプロバイダによっては更にキャッシュバックをもらえることも!

申し込む窓口によっては、さらにキャッシュバックがもらえるケースがあります。代理店経由なら、公式特典やキャッシュバック、さらにはプロバイダーのキャッシュバックの他に独自のキャッシュバックを受け取れるケースがあります。

ただし、代理店によってキャッシュバックの有無も金額も異なります。お得なキャッシュバックをもらえる代理店を探すことが重要です。

auひかりの申し込み手続きと手順

ではauひかりの豊富な魅力を理解できたなら、実際の申し込み手続きについて知りたいですよね。面倒な手続きはありません。

STEP1.auひかりを申し込む

まずはお得な特典などが気に入った窓口からauひかりを申し込みます。申込窓口はKDDIに直接電話で申し込む方法や、auのホームページから申し込む方法、プロバイダー経由で申し込む方法、auショップ、家電量販店など複数の方法があります。

中でも特典やキャンペーンが豊富な代理店経由がおすすめです。

申し込み手続きを行ったなら、折り返し、窓口担当者から連絡が入ります。メールのケースや電話のケースがあることでしょう。その電話で工事日の調整を行います。

STEP2.工事日を相談し回線工事に立ち会う

工事日には立ち合いの元、屋外工事と宅内工事を実施します。
工事時間はおおよそ1時間と見ておけばいいでしょう。工事では光コンセントを取り付け、ONU(光回線終端装置)などの設置を行います。

STEP3.auひかりが開通する

工事が終了したなら、auひかりが開通した状態です。パソコンなどをつなげたなら早速auひかりが使えます。

ただし、パソコンの設定やネットワークへの接続作業はユーザーの仕事。設定に自信がない場合には、「安心トータルサポート」や「かかりつけ設定サポート」のオプションサービスが用意されているため、使ってみると安心です。

実際に使っている人のauひかりの評判は?

auひかりの安さや速度、サポートなどの実際のユーザーの声も気ですよね。
SNSから実際に利用しているユーザーの声を拾ってみました。ご紹介します。

料金についての評判

auひかりは安いという評判が多く見られました。しかし、エリア外で諦めているユーザーもいるようです。

回線速度についての評判

独自回線のため、混雑が少なく早いという口コミがありました。また、新しくサービスが提供された10Gbpsの速度の評判も上々のようです。

「サポートセンターに繋がらない・・・」

auひかりのサポートセンターは繋がりにくいと一時期評判でしたが、昨今ではあまりそのような口コミは見当たりません。むしろサポートセンターの対応が良好の口コミが多数ありました。

勧誘電話がしつこいとの声も

一方で、auひかりの勧誘電話がしつこいという口コミは多数あります。auひかりを装った電話などもあるようなので注意した方がいいですよね。

auひかりの問い合わせ窓口

auひかりの問い合わせ窓口についてご紹介していきましょう。契約後にお困りごとがあった場合には、便利に利用していくべき窓口です。

困ったことがあったらKDDIカスタマーセンターに問い合わせよう

auひかり全般に関するお問い合わせは、KDDIのカスタマーセンターに問い合わせを行います。年中無休で受付時間は9:00から20:00です。

  • au携帯電話から:157
  • 一般電話から :0077-7-111

その他、My auからの問い合わせやファックス、メールでのお問い合わせにも対応しています。混雑することが予想される場合には、予約でのお問い合わせも可能です。

インターネットの接続などに関しては契約しているプロバイダに問い合わせ

インターネットの接続に関する部分は契約しているプロバイダーに問い合わせた方がスムーズに解決できます。

もちろん、KDDIカスタマーセンターでも切り分け後、プロバイダーに回してくれるケースもあるでしょう。しかし、自分で切り分けができるならプロバイダーに直接確認した方が早い対応が期待できます。

auひかりの解約方法と違約金

最後に注意するべきauひかりの解約方法と違約金についてです。
最初に理解した上で契約をしておくと後から安心です。

auひかりの解約手順

auひかりの解約の場合には、KDDI のカスタマーセンターへの電話連絡でも解約は可能です。

しかし、この方法では、別途プロバイダーへの連絡も必要になってしまいます。簡単な解約手順について見ていきましょう。

STEP1.契約しているプロバイダに解約の連絡をする

auひかりの解約の場合には、契約しているプロバイダーに連絡する必要があります。プロバイダーで解約手続きができるため、他への連絡は不要です。

ただし、auひかり電話の解約には、KDDIのお客様センターへ電話で解約の申し入れをする必要があります。auひかりのテレビサービスでチャンネルの解約の場合には、auひかりテレビの画面上からも手続きが可能です。

auひかりテレビ自体の解約の場合には、プロバイダーの会員ページなどから操作ができます。不明点はプロバイダーの窓口に問い合わせてくださいね。

STEP2.レンタルしている機器を返却する

次に解約手続きを申し込んだなら、レンタルしているルーターなどの機材を返却する必要があります。機器を無事に返却したなら解約の完了です。

ケースによってはその他に撤去工事が入る場合もあります。お住いの住宅タイプによってまちまちになるでしょう。

auひかりの解約で発生する違約金

契約期間中での解約の場合の解約違約金についても知っておきましょう。

契約更新月以外での解約では違約金が発生してしまいます。注意したいポイントですよね。

違約金の他に初期工事費用を分割払いにしていたなら別途残債を一括で支払わなければいけません。

プラン名契約解除料(税抜)
ホームずっとギガ得プラン(3年契約)15,000円
ホームギガ得プラン(2年契約)9,500円
マンションお得Aプラン7,000円

auひかりのオプションの解約方法

auひかりのオプションについての解約はMy auのページから解約ができます。

その他KDDIのカスタマーセンターに電話をかけることで解約が可能です。不明点は問い合わせてみるといいでしょう。

まとめ

auひかりについての概要についてご紹介しました。auのスマホや携帯を利用しているユーザーにはお得になるのがauひかりです。

新しく登場した世界最速のプランは料金も比較的に安いので、通信速度を重視している方はこれを機会に検討してみるといいでしょう。

契約には、お得なキャンペーンが豊富なネットの代理店がおすすめです。

auひかりの新しい記事一覧