閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

初心者でもインターネット契約で損しない!契約の流れ・注意点まとめ

インターネットを契約するなら知っておきたい5つのこと

インターネットを契約したいけれど、用語・おすすめのインターネット回線・インターネットの選び方がわからず、困っていませんか?

この記事では、インターネット契約の流れや評判も含めた選び方、そして解約方法についても合わせて解説するので、参考にしてくださいね。 

これからインターネットを契約するという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

インターネットを契約するときに押さえておきたい用語

インターネットを契約する場合、プロバイダ・光回線・ADSL…など、普段目にしない用語が多々出現します。

まずはインターネットに関する用語をチェックして、目的に合ったインターネット契約を行いましょう。

インターネットプロバイダとは

インターネットプロバイダとは、インターネット回線とPCやスマホなどの端末をインターネットに接続するために必要な役割を果たします。

インターネットプロバイダと光回線は、セットで契約できるものと個別に契約するものがあります。

たとえばフレッツ光は別途プロバイダを契約しなければ使えませんが、auひかりやNURO光は契約が1つにまとまっていて、プロバイダの月額料金が追加でかかることもありません。

光回線とは

光回線とは、光ファイバーのケーブルを使ってインターネット通信を行うサービスです。

ADSLなど、光回線が普及する前の段階では電話回線が使われていましたが、光回線の提供開始により、通信速度は上下最大1Gbps以上が実現でき、非常に高速となりました。

光回線と光コラボの違い

光コラボ(光コラボレーション)とは、フレッツ光で使われているNTTの光回線と特定のプロバイダがセットになり、特典などが追加されたものです。

フレッツ光は回線と別にプロバイダも契約しないとインターネットを使えませんが、光コラボなら光回線とプロバイダ契約を同時に行い、ひとつにまとめることができます。

なお、フレッツ光は後からプロバイダを自由に変更できますが、光コラボは途中でプロバイダを変更できません。

Wi-Fi・無線LANとは

Wi-Fi・無線LANとは、LANケーブルを使わずに電波を飛ばしてインターネットを使うサービスです。

なお、自宅の光回線を使ってスマートフォンやタブレットでインターネットをするなら、無線LANルーターを用意する必要があります。

WiMAXやSoftBank Airなどのモバイル回線サービスは、標準でルーターがWi-Fiに対応しているので、設備を導入すればすぐにWi-Fiを利用できますよ。

インターネットを契約するときの回線の選び方

インターネットを契約するときは、回線の選び方が大事です。

速度の速さや料金の安さなど、さまざまな項目をチェックして、自分にピッタリの選択肢を選びましょう。

ここからは、インターネットを契約するときの回線の選び方を解説するので、これから契約予定の方は参考にしてくださいね。

インターネット契約は光回線で行うべき

選ぶべきインターネット契約は、光回線です。

インターネットの回線の種類には、主に以下の3つが挙げられます。

ADSL・VDSL
電話回線を用いてインターネットに接続する回線
(ADSLとVDSLの違いは利用する電気信号の周波)
光回線
光ファイバーを通じてインターネットに接続する回線
ケーブル回線
ケーブルテレビの回線を通じてインターネットに接続する回線

インターネット回線の中でも、通信速度が安定して速いのは、光回線です。

光回線は電話回線やケーブル回線を利用するより、最大1Gbps以上の高速通信に対応しています。

また、ADSL・VDSL・ケーブル回線は、いずれも従来のインターネット接続方法であることから、近年サービスが縮小していますよ。

自分の住所はインターネット回線のエリア内か

インターネットを契約する際は、契約予定の回線における提供エリアに、自宅が含まれているかしっかり確認しましょう。

関東・関西・東海でのみ契約できるNURO光など、インターネット回線の中には提供エリアが限られるものがあります。

また、フレッツ光やauひかりなど、日本全国で展開されているものでも、特定の住所・建物では契約できないケースがしばしばあります。

エリア内であることを確認したうえで、契約手続きを行いましょう。

月額料金が安いか(プロバイダ料金込みになっているか)

光回線は毎月料金を支払って使うので、月額料金の安さも重要です。

注意したいのはプロバイダ料金の支払いです。

たとえばフレッツ光だと、光回線の月額料金のほかにプロバイダ料金が別途500~1,000円必要となり割高ですが、他社では光回線の月額料金にプロバイダ料金が含まれており、月額料金がおトクとなるケースがあります。

複数社で月額料金を比較しつつ、月額料金がプロバイダ料金込みで安くなっているか確認してから申込みましょう。

割引・キャッシュバックキャンペーンが豊富でおトクか

インターネットを契約する際は、割引やキャッシュバックのキャンペーンがたくさん展開されているものを選ぶのがおトクです。

乗り換え費用の還元や申し込みによるキャッシュバックなど、各社が積極的にキャンペーンを展開していますよ。

なお、公式サイト以外にも申し込み方法があり、代理店独自キャンペーンが適用される代理店からの申し込みは還元額が大きいためおトクです。

スマホとセット割が適用できるインターネット回線を契約する

スマホとのセット割に対応するインターネット回線なら、スマホ代と合わせて通信費用を削減できるのでおトクです。

各キャリアにおけるおすすめのセット割対応回線を紹介するので、参考にしてくださいね。

auユーザーが契約すべきはauひかり・コミュファ光

auユーザーにおすすめなのは、auひかりとコミュファ光です。

月額料金は、以下の表にまとめた通りで、どちらもプロバイダ料金が含まれています。

auひかり コミュファ光
戸建住宅月額料金(税抜)
4,900~5,100円(ずっとギガ得プラン)
5,250円
集合住宅月額料金(税抜)
4,050円(マンションギガ)
5,250円

光電話(auひかりは月額500円、コミュファ光は300円)の契約でauスマートバリューが適用され、auスマホ10回線までが毎月最大2,000円割引になります。

またauひかりやコミュファ光は独自回線が使われているため、通信速度が速く安定しているのも魅力となっています。

なお、auひかりは全国的に利用できる光回線であるものの、コミュファ光は東海地方限定なので、エリア外の方は契約できないことに注意しましょう。

以下の関連記事でコミュファ光、auひかりの料金や他社との比較をそれぞれ行っているので、合わせて参考にしてくださいね。

ソフトバンクユーザーが契約すべきはソフトバンク光・NURO光

ソフトバンクユーザーにおすすめなのは、関東・東海・関西ならNURO光、その他のエリアならソフトバンク光です。

どちらもプロバイダ料金込みで展開されていて、月額料金は以下のとおりです。

ソフトバンク光 NURO光
戸建住宅月額料金(税抜)
5,200円
4,743円
集合住宅月額料金(税抜)
3,800円
1,900~2,500円(for マンション)

ソフトバンク光はフレッツ光回線を用いている光コラボで上下最大1Gbps対応です。

また、NURO光は独立回線で下り最大2Gbps・上り最大1Gbps対応と、通信速度に定評があります。

なお、ソフトバンク光は全国的に利用できますが、NURO光は関東・関西・東海地方限定なのでご注意ください。

ソフトバンク光とNURO光は、おうち割光セット適用でソフトバンクスマホ10回線までが毎月最大1,000円割引になります。

以下の記事ではそれぞれNURO光とソフトバンク光について解説しているので、興味を持った方はチェックしてみてくださいね。

ドコモユーザーが契約すべきはドコモ光

ドコモユーザーは、全国で契約できる光コラボのサービス・ドコモ光を選びましょう。

ドコモ光の月額料金は以下の通りで、選ぶプロバイダによってタイプAとタイプBに分かれます。

タイプA
タイプB
戸建住宅月額料金(税抜)
5,200円
5,400円
集合住宅月額料金(税抜)
4,000円
4,200円

ドコモユーザーは、ドコモ光とのセット割適用で、スマホ代が100~3,500円(税抜)安くなります。

家族のスマホ代も、シェアパックにセット割を適用することで下げられますよ。

以下の記事ではドコモ光の料金プランを解説しているので、参考にしてくださいね。

NTTフレッツ光はセット割がない!

NTTのフレッツ光には、スマホとのセット割がありません。

フレッツ光ユーザーでスマホ代を下げたい方は、以下にまとめたセット割対応の光コラボへ転用で乗り換えがおすすめです。

  • ドコモ:ドコモ光
  • au:So-net光、ビッグローブ光、@nifty
  • ソフトバンク:ソフトバンク光

転用で乗り換えれば工事費がかからないので、おトクにセット割対応の光コラボに移行できますよ。

【戸建てタイプ】インターネット契約の流れ

戸建住宅におけるインターネット契約の流れは、以下のとおりです。

  1. 希望する契約先の申し込みサイトを開く
  2. 必要事項を入力して申し込む
  3. 後日届いた連絡内で、工事日などを決める
  4. 工事日に立会で工事が行われ、宅内にONUなどが設置される
  5. ONUにルーターやパソコンを接続、プロバイダの書類を元に接続設定を行う

なお、接続設定が難しい場合は、契約するプロバイダや光回線業者によってキャンペーンでサポートを無料~割安で受けられることもありますよ。

以下の関連記事で手続きの流れを説明しているので、合わせてご覧ください。

インターネット回線の契約に必要なもの・費用

インターネットの契約に必要なものは、以下のとおりです。

  • 初期費用800~3,000円(税抜)程度
  • 回線工事費10,000~40,000円(税抜)程度
  • 住所や氏名などの情報
  • クレジットカード、口座振替などの支払い方法
  • 初月の月額料金(初月無料でない場合)

必要なものを用意して、手続きを開始しましょう。

なお、契約先によっては必要となる書類が違う場合もあるため、必ず申し込み時に公式サイト等でも必要なものを確認してくださいね。

【マンションタイプ】インターネット契約の流れ

マンションにおけるインターネット契約の流れは、以下のとおりです。

  1. 希望するインターネット回線の公式サイトや代理店サイトを開く
  2. 指示に従い、申込み手続きをする
  3. 電話などで工事日の調整が行われる
  4. 指定日に立ち会いで工事が行われる
  5. ONUにルーターやパソコンを接続、プロバイダの書類などを元に接続設定をして完了

基本的に契約の流れは戸建住宅と変わりませんが、建物によっては立ち会いの工事が不要で、2,000円程度など安価な費用でインターネットを利用開始できるケースもあります。

マンション・賃貸の方は大家の許可を得てインターネット契約をしよう

マンションや賃貸の物件でインターネットを契約する場合は、大家さんの許可を得てから契約を申し込むようにしましょう。

もしも事前に許可を得ていないと、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もあります。

マンション・賃貸でインターネットを個別契約する方法

マンションや賃貸では、大家さんの許可を得れば、自室だけに戸建てタイプの光回線を引ける場合もあります。

戸建てタイプなら他の部屋と回線設備を共有しないので、マンションタイプよりも高速で通信できるケースもありますよ。

ただし、7階建て以上の高層になると戸建てタイプが引き込めない場合もあるので注意しましょう。

マンションや賃貸で戸建てタイプのインターネット回線を契約する場合、契約の流れは戸建タイプと同じになります。

マンションに光回線が導入されていないなら工事が別途必要

マンションに光回線が導入されていない場合は、建物に設備導入をする工事が別途必要となります。

時間がかかる可能性もあるので、ご注意ください。

【2018年版】インターネット契約に関する口コミ評判まとめ

インターネット契約をするにあたり、回線ごとの評判が気になりますよね。

速度や料金などに関連するさまざまな評判を調べてみたので、ご覧ください。

通信速度で好評なインターネット回線は「NURO光・auひかり」

NURO光やauひかりはフレッツ光などの他社と回線を共有しておらず、10Gbpsのプランも提供していることから、通信速度を重視する方から好評です。

auひかりで快適に通信できていることが説明されています。

auひかりで下り600Mbps以上の高速通信ができていることがわかりますね。

NURO光へ乗り換えたことで圧倒的に速度が速くなったと驚きの声が上がっています。

他社からNURO光へ乗り換えた結果、驚異的な速度の向上に喜んでいることがわかりますね。

料金面で好評なインターネット回線は「セット割が適用される回線」

料金面で利用者から好評なのは、スマホとのセット割対応の回線です。

ドコモ光へ乗り換えたことで、スマホ代割引が追加され、固定出費が330円安くなったことが語られています。

auスマートバリューの利用で料金が下がったと喜びの声が上がっていますね。

料金を抑えたい方は、セット割対応の光回線を利用しましょう。

2chで高評価のインターネット回線

2chでの、インターネット契約に関する口コミ評判は次のとおりです。

185名無しさんに接続中…2018/02/01(木) 15:45:10.77ID:kL619Z1O
「ビッグローブ光、@nifty光、So-net光、GMOとくとくBB 」の4つが気になってるんですが
回線の評判とかみるとどれにも遅い速いの意見が同じくらいあり似たり寄ったりで
いまいち決め手にかけるんですがここら辺を利用したことがある方や情報知ってる方は
結局どこがおすすめなんでしょうか? プロのみなさんの知識を参考にしたいと思います
後押しなどあればよろしくお願いします。

186名無しさんに接続中…2018/02/01(木) 21:35:51.47ID:o6xNBsYg
NURO光その後AU光
引用:結局どのプロバイダーが一番いいの?

357名無しさんに接続中…2018/05/30(水) 09:16:18.05ID:r4YwIEwS
コラボは本当におすすめしない。
わずかな安さの代償として遅い可能性が高く、
転用からの戻しもできない悪魔のサービス
引用:結局どのプロバイダーが一番いいの?

98 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14(火) 20:43:04.557 ID:50yIMM4o0Pi.net
光でもおすすめ教えてくれよ
106 :以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2017/03/14(火) 20:45:17.546 ID:SEuNfZWHpPi.net
>>98
モバイルとセット割きく奴が無難だろう
引用:光回線の営業してるけど質問ある?

2chでも、速度重視ならNURO光やauひかり、安さならスマホとのセット割に対応する選択肢がおすすめであるという指摘がなされていますね。

自分が契約しているプロバイダ・インターネット回線がわからない!簡単な確認方法

契約中のプロバイダやインターネット回線がわからない時は、プロバイダー確認君というサイトを開けば、即座にプロバイダがわかりますよ。

また、クレジットカードや口座引き落としで料金を支払っているなら、利用明細をチェックすれば会社名がわかるので、契約先のインターネット回線やプロバイダも同時に判断できます。

損しない!インターネット契約の解約方法

インターネット契約の解約は基本的に、以下の流れで行われます。

  1. 専用窓口へ電話などで問い合わせる
  2. 宅内に設置された機器や、配線などを必要に応じて撤去する

手続きの流れは若干異なる場合もありますが、全て電話窓口などで詳しく説明してもらえるので、とくに心配する必要はないでしょう。

以下の記事で解約方法について詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。

注意!インターネット契約の解約で解約金が発生

インターネットを解約する際は、タイミングによって以下の料金が発生する可能性があります。

  • インターネットの解約違約金
  • 解約月の月額料金
  • 各種オプションの違約金
  • プロバイダの違約金

契約期間を満了する前に解約すると解約違約金がかかり、数千円~数万円の負担になってしまうので、できるだけ発生させないように気をつけたいですね。

インターネットの解約金を抑える方法

インターネットの解約金を抑えるにあたり注意したいのは、以下の3点です。

  • 契約更新月に合わせて解約すれば、解約金はかからない
  • 乗り換え費用を負担してくれる他社回線に乗り換えれば、解約金は実質0円に
  • 解約金をさらに抑えるなら、解約月の月額料金が日割りになる会社の契約がおすすめ

それぞれ解説するので、ご覧ください。

ポイント1:契約更新月に解約する

インターネット回線は、契約更新月なら無料で解約できます。

契約先が2年契約なら2年後、3年契約なら3年後に契約更新月が訪れるので、契約更新月に合わせて解約しましょう。

ポイント2:インターネットを乗り換えるなら「他社解約違約金負担」を重視

他社解約違約金負担キャンペーンを実施している他社へ乗り換えるなら、解約金を抑えて乗る替えができます。

各社のキャンペーンをチェックして、おトクな窓口から申し込み、キャッシュバックで解約費用を0にしましょう。

ポイント3:月額料金が日割りされるかどうかを確認する

回線によって解約月の月額料金が日割りだったり、満額請求だったりと対応がバラバラです。

これから契約するインターネット回線を安く解約したい方は、解約月の月額料金が日割りの会社を選べば、解約可能な月に自由なタイミングで解約手続きを行えますよ。

インターネットの契約はクーリングオフが可能!条件と方法とは

インターネットを契約したものの、「やっぱり契約はやめたい」と思ったら、初期契約解除制度を利用して無条件でクーリングオフができます。

契約書を受け取った日を1日目として8日以内に、解約を希望する書面を郵送しましょう。

以下の記事でソフトバンク光を例に初期契約解除制度を解説しているので、ご覧ください。

まとめ

インターネットは、高速で安定していて、なおかつ月額料金が安い光回線の契約がおすすめです。

プロバイダ料金が含まれる会社と別途必要な会社があるので、プロバイダ料金込みで月額料金が安いサービスを利用しましょう。

また、スマホとのセット割を適用できる光回線の契約で、さらに毎月の通信費用を抑えることもできます。

また速度を重視するなら、独自回線利用で速度の評判が良いauひかりやNURO光を選ぶのがおすすめですよ。

戸建住宅・マンションともに、インターネットは公式サイトや代理店から申し込めば工事が行われ、利用開始となります。

マンションや賃貸の場合は事前に許可を得てから申し込むように、気をつけましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る