閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

インターネットをお得に契約する方法は?おすすめ回線や申し込みの流れをチェック!

インターネット 契約

インターネットを契約したいけれど、何をすればいいのかよくわからない、どうやって選べばいいかよくわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、インターネットをお得に選ぶポイントや、申し込み・解約の流れなどを紹介していきます。

インターネットの契約を検討している方は、チェックしてみてくださいね。

インターネットを契約するならまず覚えておきたい3つのキーワード

インターネットの契約で最初につまずくのが、用語がわからないという点ではないでしょうか。

そこで、インターネットを契約するなら押さえておきたい以下の3つのキーワードについて次の見出しから徹底解説していきます。

そんなに難しい内容ではありませんので、インターネット初心者の方もチェックしてみてくださいね。

  • 光回線・光コラボレーション
  • プロバイダ
  • Wi-Fi(無線LAN)

その1:光回線・光コラボ

光回線とは、光ファイバーのケーブルを使って通信を行うための、インターネットのインフラ部分です。

インターネットが登場したころは電話回線が主流でしたが、現在は光回線がほぼ全国を網羅しており、普及率も60%程度となっています。

様々なコンテンツが溢れる現在のインターネットは、光回線の高速さでないと満足に利用できない場合もあります。

お住まいの地域で光回線が来ているのであれば、間違いなく光回線を選んだほうがいいでしょう。

光回線と光コラボの違いとは?

光コラボ(光コラボレーション)とは、フレッツ光で使われているNTTの光回線を、他の回線事業者が借りてインターネットを提供する形態のサービスです。

代表的な光コラボは、例えば以下の回線です。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光

等々

光コラボの最大の特徴は、フレッツ光よりも料金が安いことです。

また、キャッシュバックや割引などの特典も豊富なので、より安くインターネットを利用したいのであれば、光コラボは選択肢に入れておくべきですね。

その2:プロバイダ

インターネットにおける「プロバイダ」とは、光回線というインフラを利用者一人一人が利用できるようにするための仕組みです。

ざっくり言うと、利用者がインターネットを利用するための「通行許可」を発行するところです。

代表的なプロバイダは、例えば以下のようなものがあります。

等々

インターネットを利用するためには、先の見出しで挙げた光回線の契約と併せて、プロバイダの契約も行う必要があります。

契約の手間を少なくしたいのであれば、NURO光やソフトバンク光など、プロバイダの契約を一緒に行ってくれる回線もありますよ。

ただし、プロバイダの契約が一体となっている回線の場合は、プロバイダの選択肢が限られることがデメリットであることを覚えておきましょう。

その3:Wi-Fi(無線LAN)

Wi-Fi・無線LANとは、LANケーブルを使わずに電波(Wi-Fi/無線)を飛ばしてインターネットを利用することを指します。

Wi-Fiでインターネットを行う方法は、主に以下の2パターンです。

  1. 自宅の固定回線から無線LANルーターを利用する方法
  2. WiMAXやSoftBank Airなどのモバイルインターネットサービスを利用する方法

いずれの場合も無線LANを利用するための機器が別途必要になります。

しかし、スマートフォンやタブレットを自宅で快適に使いたいのであればWi-Fi環境はほぼ必須ですので、導入を検討してみましょう。

インターネットをお得に契約したい!5つのステップで安い回線を選ぼう

インターネットを契約するにあたってまず気になるのは、いかにお得に契約するかということではないでしょうか。

しかしいくら安くても、不満が残るサービス内容だと困りますよね。

そこで本章では、インターネットをよりお得に、賢く契約するための5つのステップを紹介していきますね。

  1. 希望する条件を洗い出す
  2. 月額料金や初期費用をチェック
  3. キャンペーン内容をチェック
  4. 利用したいオプションをチェック
  5. 自分の住所で利用できるかをチェック

速度や料金などの、希望の条件を書き出してみよう

インターネットを契約するにあたり、まずはどんな回線がいいかを明確にします。

「とにかく安い料金で」「速度が速い回線がいい」など、思いついた条件をメモなどに書き出してみましょう。

なお、速度については、迷ったらとりあえず1Gbpsの回線やプランを選んでおけば間違いはないでしょう。

まずは月額料金をチェック

光回線は毎月料金が発生するので、月額料金の安さも重要な選定ポイントです。

ここで注意しておきたいのが、プロバイダの料金が月額料金に含まれているかどうかです。

たとえばフレッツ光だと、光回線の月額料金に加えて、プロバイダの料金が500~1,000円発生します。

しかし他社だと、光回線の月額料金にプロバイダ料金が含まれているため、月額料金がお得となる場合もありますよ。

お得に契約したいのであれば、検討中の光回線の月額料金にプロバイダ料金が含まれているかどうかを確認してくださいね。

キャンペーンでさらに安くできるかどうかをチェック

インターネットを契約する際は、キャンペーンが用意されている回線を選ぶといいでしょう。

乗り換え費用を負担してくれたり、キャッシュバックがもらえたりと、インターネットの契約にかかる出費を押さえることができますよ。

なお、各回線の公式窓口だけでなく、各光回線の販売代理店でもキャンペーンが執り行われています。

代理店のキャンペーンは公式のキャンペーンよりもお得な場合も多いので、より安く契約したいという方にはおすすめですよ。

スマホとのセット割は必ずチェックしよう

インターネット回線は、提携する携帯電話会社の携帯電話とセットで契約することで、携帯電話の料金が割引されるというメリットがあります。

各光回線の対象携帯電話会社は以下の表のとおりです。

携帯キャリア セット割を実施する回線
au auひかり・So-net光・BIGLOBE光・nifty光
ソフトバンク ソフトバンク光・NURO光
ドコモ ドコモ光
ワイモバイル ソフトバンク光
OCNモバイル ONE OCN光

なお、フレッツ光にはセット割の対象となる携帯キャリアはありませんのでご注意ください。

詳しくは、以下の記事でも紹介していますのでチェックしてみてくださいね。

お得で便利なオプションの有無もチェック

インターネットの契約と併せて、「光電話を使いたい」「無線LANが利用できるオプションがついていた方がいい」など、オプションの契約を検討する場合もあるでしょう。

検討中の光回線に、希望するオプションが付随しているか、料金は許容範囲か、などもあわせてチェックしておきましょう。

自分の住所で利用できる?エリア確認も忘れずに!

インターネットを契約する際は、提供エリアに自分の住所が含まれているかどうかを必ず確認しましょう。

関東・関西・東海でのみ契約できるNURO光など、インターネット回線の中には提供エリアが限られるものがあります。

また、フレッツ光やauひかりなど、日本全国で展開されているものでも、特定の住所・建物では契約できないケースがあります。

エリア内であることを確認したうえで、契約の手続きを行いましょう。

インターネットの回線5つを表で比較!おすすめの回線は?

インターネットの選び方を前章までで説明してきたところで、ではどのような回線があるのかを紹介していきましょう。

特に有名どころである5つの回線の料金や速度、キャンペーンを表でまとめてみました。

回線事業者 月額基本料金
(戸建て)
月額基本料金
(マンション)
プロバイダ料金 最大速度 キャンペーン
フレッツ光 東日本 5,700円 3,350円 約700円~約1,500円 1Gbps 月額料金割引(公式)
西日本 5,400円 3,700円
auひかり 5,100円 4,050円 月額料金込み 1Gbps・5Gbps・10Gbps ・現金最大50,000円キャッシュバック(代理店限定)
・工事費実質無料 (公式)
・他社光回線違約金の相当額還元(公式)
・月額料金最大600円割引(公式)
・auスマートバリューの適用(公式)
NURO光 4,743円 1,900円~2,500円 月額料金込み 2Gbps ・現金最大30,000円キャッシュバック(公式)
・工事費実質無料(公式)
・おうち割光セットの適用(公式)
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 月額料金込み 1Gbps ・最大33,000円キャッシュバック(代理店限定)
・月額料金6か月分キャッシュバック(代理店限定)
・工事費実質無料(公式)
・他社違約金・撤去工事費など100,000円まで還元(公式)
・おうち割光セットの適用(公式)
ドコモ光 5,200円 4,000円 月額料金込み 1Gbps ・現金最大25,000円キャッシュバック(代理店限定)
・dポイント20,000ptプレゼント(公式)
・ドコモ携帯とのセット割(公式)

※2019年2月ー当社調べ

上記の表を踏まえ、各回線の特徴を以下にまとめてみました。

  • フレッツ光:光回線の総本山。料金は高めで特典も少ない
  • auひかり:高速なインターネットが全国で利用できる
  • NURO光:料金が安く、速度も高速
  • ソフトバンク光:キャッシュバックや割引などのキャンペーンが豊富
  • ドコモ光:ドコモの携帯ユーザーにうれしい特典が豊富

しかし、おすすめの回線が結局どれかというのは、あなたのインターネットの利用状況やお住まいの地域、携帯電話などの既に利用中のサービスに応じて変わってきます。

上記だけでは決め手に欠けるという場合は、実際の口コミを参考にするのもひとつの手です。

次の章からは、インターネット契約に関する口コミをチェックし、あなたに合った回線がどれかを絞っていきましょう。

インターネット契約に関する口コミをチェック【2019年最新】

インターネット契約をするにあたり、回線ごとの評判が気になりますよね。

速度・料金・エリアなど、各回線のさまざまな評判をTwitterで調べてみた結果を見てみましょう。

NURO光は速度も安さも満足の様子

NURO光の口コミを、2019年2月1日~15日までの半月ほどの期間で調査してみました。

その結果、NURO光の速度を決め手として「NURO光を検討したい」、「申し込んだ」、という方のツイートが多く見られました。

以下のツイートでは、約900Mbpsという高速が出ていることを証明してくれています。


※2019年2月 Twitter調べ

一方、NURO光のデメリットは、利用エリアが狭いことです。

現在関東・関西・東海エリアでしか利用できず、該当エリアであっても利用可能エリア外であるケースもあります。


※2019年2月 Twitter調べ

上記の呟きのように、NURO光が気になるけれど、利用可能エリア外のためあきらめざるを得ない、という方もいらっしゃいました。

ソフトバンク光はキャッシュバックや特典がお得

ソフトバンク光の口コミを、2019年2月1日~15日までの半月ほどの期間で調査してみました。

ソフトバンク光の特徴はキャッシュバックや違約金負担などのキャンペーンの手厚さですが、それを決め手として選ぶ方も多かったです。


※2019年2月 Twitter調べ


※2019年2月 Twitter調べ

ソフトバンク光は違約金をなんと100,000円まで負担してくれます。

乗り換え費用はまとまった金額になりやすいので、少しでも抑えられるのはうれしいですよね。


※2019年2月 Twitter調べ

一方、ソフトバンク光の評判で目立ったのが、サポート品質についての不満でした。

ソフトバンク光のサポート体制がなかなか整わない現状がうかがえます。

auひかりは料金・速度ともに評価が高い

auひかりの口コミを、2019年2月1日~15日までの半月ほどの期間で調査してみました。

auひかりはキャンペーンによる料金面のメリットはもちろん、速度の面でも評価が高い回線です。

auひかりをおすすめする方の多くが、以下のように「auの携帯を利用しているならauひかり」であるとツイートしています。


※2019年2月 Twitter調べ

では、実際にauひかりに乗り換えてみた方のツイートを見てみましょう。


※2019年2月 Twitter調べ

こちらの方は、速度も向上し、月額料金が安くなったり、キャッシュバック(CBと記載)がもらえたりと、金額面でも得した様子です。

auひかりの速度については不満の声もちらほら聞かれましたが、多くの方が安定した速度に満足しているようでした。

ドコモ光はGMOとくとくBBとの相性がいい

ドコモ光の口コミを、2019年2月1日~15日までの半月ほどの期間で調査してみました。

ドコモ光の速度は賛否両論なものの、ドコモの携帯とのセット割が利くことを理由に乗り換えしている方が多く見られました。


※2019年2月 Twitter調べ

ドコモ光は光コラボなので混雑して遅くなる可能性もあるのですが、こちらの方は、速度については満足している様子ですね。


※2019年2月 Twitter調べ

ドコモ光を契約するなら、プロバイダにGMOとくとくBBを選ぶと、無料で無線LANルーターのレンタルができてお得です!

ドコモ光のプロバイダで迷っているようなら、検討してみてはいかがでしょうか。

その他気になる回線の口コミもチェック!

ここまでで紹介した回線以外にも、当社おすすめの回線がいくつかありますので、ピックアップしてみましょう。


※2019年2月 Twitter調べ

eo光は、関西地方限定の光回線です。

料金が安い、速度も速いと評判がかなり高いので、関西にお住まいの方はぜひ選択肢に入れてみてくださいね。

コミュファ光は、東海地方では人気の回線です。

安いと評判で、auユーザーにとってもお得になるようですね。

【戸建ての場合】インターネット契約の流れ

戸建住宅におけるインターネット契約の流れは、以下のとおりです。

  1. 希望する契約先の申し込みサイトを開く
  2. 必要事項を入力して申し込む
  3. 後日折り返し連絡があるので、工事日などを調整する
  4. 工事日に立会で工事が行われ、宅内にONUなどが設置される
  5. ONUにルーターやパソコンを接続、プロバイダの書類を元に接続設定を行う

なお、接続設定が難しい場合は、契約するプロバイダや光回線業者によってキャンペーンでサポートを無料~割安で受けられることもありますよ。

以下の関連記事で手続きの流れを説明しているので、あわせてご覧くださいね。

戸建てでインターネット回線の契約に必要なもの・費用

インターネットの契約に必要なものは、以下のとおりです。

  • 初期費用:800~3,000円(税抜)程度
  • 回線工事費:10,000~40,000円(税抜)程度
  • 住所や氏名などの情報
  • クレジットカード、口座振替などの料金の支払い方法の情報
  • 初月の月額料金(初月無料でない場合)

必要なものを用意して、手続きを開始しましょう。

なお、契約先によっては必要となる書類が違う場合もあるため、必ず申し込み時に公式サイト等でも必要なものを確認してくださいね。

【マンション・アパートの場合】インターネット契約の流れ

マンションにおけるインターネット契約の流れは、以下のとおりです。

  1. 希望するインターネット回線の公式サイトや代理店サイトを開く
  2. 指示に従い、申し込み手続きをする
  3. 電話などで工事日の調整が行われる
  4. 指定日に立ち会いで工事が行われる
  5. ONUにルーターやパソコンを接続、プロバイダの書類などを元に接続設定をして完了

基本的に契約の流れは戸建住宅と変わりませんが、建物によっては立ち会いの工事が不要です。

また、工事が不要となった場合は、戸建住宅よりも安価な費用でインターネットを利用開始できるケースもありますよ。

マンションや賃貸で契約する場合は事前に管理者の許可を得るべし

マンションや賃貸の物件でインターネットを契約する場合は、大家さんや管理会社などの許可を得てから契約するようにしましょう。

マンションによってはすでに回線が入っている場合もありますので、契約の際にインターネットを使いたい場合はどうすればいいかを確認しておくといいですね。

マンションの状況を知らないまま事前に許可を得ずに契約してしまうと、思わぬトラブルに発展してしまう可能性もありますので注意してくださいね。

場合によっては個別に戸建てタイプの回線を引ける場合も

マンションや賃貸では、大家さんや管理会社の許可を得れば、自室だけに戸建てタイプの光回線を引ける場合もあります

マンションで戸建てタイプを使うメリットは、他の部屋と回線設備を共有しないので、マンションタイプよりも高速の通信が期待できることです。

ただし、5階建て以上の高層になると戸建てタイプが引き込めない場合もあるので注意しましょう。

上記の場合、契約の流れは戸建タイプと同じとなり、工事も別途必要となることに注意してくださいね。

自分が契約している回線がわからない!簡単な確認方法

契約中のプロバイダやインターネット回線がわからない時は、まずは契約書をチェックしてみましょう。

契約書には契約中の回線やプロバイダなどの契約内容が記載されていますので、一目で確認することができますよ。

また、クレジットカードや口座引き落としで料金を支払っているなら、利用明細をチェックすることで、契約先のインターネット回線やプロバイダも同時に判断できます。

さらに、もう少し手軽に確認したいという場合は、プロバイダー確認君というサイトを利用すれば、即座にプロバイダがわかりますのでチェックしてみてくださいね。

インターネット契約の解約をできるだけ損せずに行う方法

インターネット契約の解約は基本的に、以下の流れで行われます。

  1. 専用窓口へ電話などで解約の申し出をする
  2. 宅内に設置された機器や、配線などを必要に応じて撤去する

手続きの流れは若干異なる場合もありますが、全て電話窓口などで詳しく説明してもらえるので、とくに心配する必要はないでしょう。

以下の記事で解約方法について詳しく解説しているので、参考にしてくださいね。

注意!インターネット契約の解約で解約金が発生

インターネットを解約する際は、タイミングによって以下の料金が発生する可能性があります。

  1. インターネットの解約違約金
  2. 解約月の月額料金
  3. 各種オプションの違約金
  4. プロバイダの違約金
  5. 撤去工事費

契約期間を満了する前に解約すると、解約違約金や撤去工事費などの費用が発生します。

金額にして数千円~数万円と、手痛い出費になってしまうので、できるだけ発生させないように気をつけたいですね。

インターネットの解約金を抑える方法

インターネットの解約で発生する費用を押さえたいのであれば、以下の対策が有効ですよ。

  • 契約更新月に解約する
  • 違約金を負担してくれる回線に乗り換える
  • 解約月の月額料金が日割りになる回線を選ぶ

インターネットの契約はキャンセルできる!方法や条件は?

インターネットを契約したものの、「やっぱり契約はやめたい」と思うこともあるでしょう。

そんなときは、契約書を受け取った日を1日目として8日以内に申し出ることで、初期契約解除制度を利用してキャンセルを行うことができます。

工事がまだ行われていなかった場合は、工事費用が発生することもありませんので安心です。

以下の記事では、ソフトバンク光を例に、契約後のキャンセルについて説明しておりますので読んでみてくださいね。

まとめ

インターネットは、高速で安定していて、なおかつ月額料金が安い光回線の契約がおすすめです。

プロバイダ料金が含まれる会社と別途必要な会社があるので、プロバイダ料金込みで月額料金が安いサービスを利用しましょう。

また、お使いの携帯電話とのセット割を適用できる光回線を選べば、携帯料金の割引も利くようになってさらにお得になりますよ。

あなたがインターネットに求めるものをまずは把握し、それに適した回線を選べるといいですね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る