検索 わたしのネット ロゴ

【一人暮らし向け】おすすめのインターネットを解説!料金・評判・速度を徹底比較!

一人暮らし インターネット

安いインターネット回線を選ぶ場合は、キャッシュバック額や月額料金だけでなく、初期費用やスマホとのセット割もチェックした上で決めることが大切です。

今回は料金重視の人に向けて、インターネットが安いオススメの回線を紹介していきます。

結論から申し上げると、安いインターネット回線でオススメは以下のとおりです。

那比光太(なびこうた)
こうた
実際、毎月どれくらいの料金がかかるのか、相場も解説していくよ。
那比得子(なびとくこ)
とくこ
料金だけじゃなく、インターネット選びで注目してほしい5つのポイントも紹介するからチェックしてね!

この記事を参考にあなたにとってコストパフォーマンスがよく、最適なインターネット回線を見つけてくださいね。

※2021年10月時点の情報です

まずはインターネット回線の相場をチェック!

インターネットへの接続手段

インターネット回線は、大きく分けると以下の3タイプに分類できます。

インターネットの種類

それぞれの料金の目安や、持ち運びと速度の安定性、工事の可否を簡単にまとめました。

3つのインターネット料金

まずはそれぞれのインターネット回線の料金相場や特徴などをチェックし、自分にあったサービスを選びましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた
それぞれオススメできる人も紹介するから、安さだけじゃなくインターネットを使う用途や場所によって検討してみてね!

光回線の相場料金

光回線がつながる仕組み

【光回線の料金相場】
戸建て:5,000円前後
マンション:3,800円前後

光回線とは、電柱から光ファイバーを自宅に引いて接続する方式のインターネット回線です。

まずは光回線がどんな人にオススメなのか、以下にまとめました。

  • 現在考えられる中でもっとも速い回線速度を求める人
  • 自宅から接続する機会が多い人
  • 容量制限なしで好きなだけ通信したい人
  • オンラインゲームなどを多用していて、安定した回線を求める人

光回線の最大の強みは、安定した高速通信を利用できるところです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

光回線は容量無制限なので、高画質動画や大容量ファイルのダウンロード・アップロードも、定額の月額料金でたっぷり楽しめるわよ!

那比光太(なびこうた)
こうた

オンラインゲームなどをよく利用する人は、高速の光回線を利用すると快適にプレイできるね!

光回線は、マンションタイプと戸建てタイプで料金が異なっており、料金はマンションタイプのほうが安いです。

光回線の相場は、戸建ての場合5,000円前後、マンションの場合3,500~4,500円の間です。

平均すると、戸建てとマンションでは月額1,000円程度の差があることがおわかりいただけるでしょう。

また、光回線を選ぶ際は、ご自身の利用しているスマホとのセット割が使えるかどうかを見極めることが大切です。

なぜなら、セット割を適用すると、毎月のスマホ代が1台につき最大1,100円安くなるからです。

今回はスマホとのセット割にあわせた以下の回線をオススメしています。

光回線の料金比較をみる
 

※このボタンから解説へジャンプ

ポケットWiFiの料金相場

ポケットWi-Fiとは

【ポケットWiFiの料金相場】
3,500円前後

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は、外出先に持ち運んで利用できるタイプのインターネット回線です。

携帯していると外出先でもインターネットを楽しめるので、電車やバスの移動中に動画を見ることが多い方など、自宅よりも屋外でインターネットを利用する機会が多い方に適しています

ポケットWiFiは、以下のような方にピッタリな回線といえるでしょう。

  • 屋外でインターネットを利用することが多い人
  • 自宅に固定回線を引けない人
  • 海外に旅行や出張をする機会が多い人
  • 月額料金をなるべく安くしたい人

ポケットWiFiの平均相場は3,500円前後ですが、1か月のデータ容量で月額料金は大きく変わります。

那比光太(なびこうた)
こうた
たくさんインターネットをしたい人は無制限プランでもっとも安く契約できるところを、あまりデータ容量がいらない人は小容量プランで最安値のポケットWiFiを選ぶとお得だよ!

今回は無制限プランと小容量プランで最安値のポケットWiFi2社を紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

モバイル回線の料金比較をみる
 

※このボタンから解説へジャンプ

ホームルーターの料金相場

ホームルーター3機種

【ホームルーターの料金相場】
3,500円前後

ホームルーターは工事不要でコンセントに挿せばインターネットに接続できる、据え置きするタイプのモバイル端末です。

ホームルーターは、以下のような人に向いています。

  • 自宅からインターネット回線を利用したい人
  • 光回線の工事ができなかった人
  • ポケットWiFiよりも通信速度や安定性の高い回線を選びたい人
  • 容量無制限で通信したい人

ホームルーターは据え置き型で大きなアンテナを内蔵しているので速度が安定しており、複数台の通信機器を同時接続できるので、工事不可などの問題で光回線を引けなかった人も安心です。

一方、ポケットWiFiはデータ容量に制限があったり、通信速度も光回線やホームルーターに比べると安定しにくかったりと、とにかく持ち運びを重視する人にオススメできるサービスです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ホームルーターは工事不要だけどファミリーや大人数でシェアできるから、光回線とポケットWiFiの中間的な存在なのね!

ホームルーターは現在、WiMAXとソフトバンクAirの二択しかありませんが、それぞれ契約できるプロバイダや窓口はいくつもあり、どこから申込めば安いのかしっかり比較する必要があります。

今回はホームルーターの窓口を比較して、以下の2社をオススメしていますよ。

モバイル回線の料金比較をみる
※このボタンから解説へジャンプ

【光回線20社比較】スマホとのセット割にあわせた安い5選

安い光回線を見極めるために、まずは最新事業者20社の料金やキャンペーン、セット割などを一挙比較しましょう!

那比光太(なびこうた)
こうた
いつも思うんだけど、月額料金が安い!と思ってもキャッシュバックがなかったり、逆にそんなに安くないけど高額の現金がもらえたりキャンペーンがバラバラだから、どこが本当にお得かわかりにくいんだよね…
那比得子(なびとくこ)
とくこ
本当に安いのがどこか調べるには、契約期間内で支払うトータルの料金=「実質料金」をチェックすると一番わかりやすいわよ!

実質料金は契約期間内に支払う月額料金と開通工事費などの初期費用を足して、キャッシュバックや料金割引で受けられる特典額を引くので、総額いくら支払うのかが確認できますよ。

【光回線の実質月額料金】
月額料金(光電話含む)×37カ月-初期費用(事務手数料+開通工事費)-特典額(キャッシュバック・工事費割引など)÷37か月

では早速、光回線の比較表をみながら、お使いのスマホキャリアとのセット割が利用できる事業者で1番実質料金が安いのはどこかチェックしてくださいね。

【光回線】20社比較一覧
戸建て実質料金※1 マンション実質料金※1 エリア 戸建て月額料金※1 マンション月額料金※1 平均速度※2 工事費無料 セット割 キャッシュバック
auひかり
4,319円
3,039円
関西・東海・
沖縄県以外
5,390円〜
4,180円
367.03Mbps
au
60,000円
NURO光
4,592円
2,037円~
北海道・関東・東海
関西・中国・九州
5,200円
2,090円~
461.87Mbps
Softbank
45,000円
ソフトバンク光
6,067円
4,527円
全国
5,720円
4,180円
272.34Mbps
(他社からの乗換限定)
SoftBank
Y!mobile
37,000円
So-net光プラス
4,665円
3,488円
全国
6,138円
4,928円
274.96Mbps
au
70,000円キャッシュバック
BIGLOBE光
5,203円
4,103円
全国
5,478円
4,186円
227.38Mbps
au
BIGLOBE SIM
33,000円
コミュファ光
4,321円
3,173円
東海
3,980円~
3,380円~
512.19Mbps
au
最大35,000円
OCN光
5,334円
4,284円
全国
5,610円
3,960円
238.79Mbps
OCNモバイルONE
最大35,000円
ぷらら光
5,408円
4,625円
全国
5,280円
4,400円
217.54Mbps
ひかりTV
35,000円
@nifty光
5,339円
4,034円
全国
5,720円
4,378円
177.29Mbps
au
30,000円
楽天ひかり
5,671円
4,479円
全国
3,080円~
1,980円~
189.06Mbps
ドコモ光
5,806円
※3
4,486円
※3
全国
5,720円
4,400円
229.16Mbps
docomo
20,000円
enひかり
5,720円
4,620円
全国
4,620円
3,520円
300.44Mbps
UQ mobile
eo光
4,843円
3,832円
関西
3,248円~
3,326円~
415.29Mbps
au
最大10,000円
hi-hoひかり
5,713円
4,558円
全国
4,895円
3,575円
66.52Mbps
エキサイト光
5,377円
4,277円
全国
4,796円
3,696円
177.14Mbps
DTI光
5,877円
4,548円
全国
5,280円
3,960円
223.8Mbps
au
DTI SIM
最大19,000円
DMM光
5,913円
4,769円
全国
5,302円
4,158円
287.74Mbps
フレッツ光
(西日本)
6,885円
※4
5,425円
※4
全国
5,830円
4,235円
228.08Mbps
Broad光
6,981円
5,771円
全国
5,698円
4,488円
37.6Mbps
フレッツ光
(東日本)
7,394円
※4
5,378円
※4
全国
6,270円
4,345円
228.08Mbps

※1:価格は税込、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、マンションは16契約以上、プロバイダ一体型、実質料金は光回線+光電話込みの料金で3年間分を計算
※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています
※3:タイプAの料金を記載
※4:プロバイダSo-netの料金含む

結論、スマホとのセット割にあわせたオススメの契約先は、以下のとおりです。

戸建てで実質料金がもっとも安いのはauひかりで、マンションの場合はNURO光が最安値です。

ただし、auひかりもNURO光も提供エリアが限定されているので、エリア外だった場合は日本全国で契約可能な光コラボ事業者でセット割が適用されるソフトバンク光So-net光プラスを検討しましょう。

実質料金ではドコモ光はあまり安くないですが、唯一ドコモとのセット割が適用できるので、毎月スマホ1台あたり1,100円の割引が受けられれば最安のauひかりよりも通信費が安くなる可能性がありますよ。

格安スマホユーザーに向けたオススメの回線も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

auユーザーなら「auひかり」


auスマホをお使いなら、まずは実質料金が安いauひかりを選びましょう

【auひかりの概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア ■以下の府県を除くエリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
福井県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県
沖縄県
沖縄県以外
セット割 au(最大1,100円割引/月)
最大速度 1Gbps~10Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 41,250円 33,000円
月額料金 1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円
キャンペーン内容 ・最大60,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・auひかり新スタートサポート上乗せキャッシュバック
3年実質総額 155,490円 109,400円
3年実質月額 4,319円 3,039円

※すべて税込

auひかりの契約窓口としては、フルコミットがオススメです。

フルコミットでは最大60,000円という高額キャッシュバックを、オプション不要で最短翌月末に受け取れます

また、契約時の電話で口座番号を伝えるだけでキャッシュバックを申請できますので、手続きもカンタンです。

auひかり×フルコミットの
詳細はコチラから

auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」

So-net光プラス-公式

auひかりは対応エリアが限られていますので、対応エリア外にお住まいのauスマホユーザーには、auひかりと同じauのセット割を使えるSo-net光プラスがオススメです。

So-net光プラスの概要を以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

【So-net光プラスの概要】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア 日本全国
セット割 au(最大1,100円割引/月)
最大速度 1Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金 6,138円 4,928円
キャンペーン内容 ・70,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・WiFiルーター無料
・セキュリティソフト無料
・訪問設定サポート無料
3年実質総額 167,930円 125,580円
3年実質月額 4,665円 3,488円

※すべて税込

So-net光プラスを申し込むときのオススメの窓口は、特典が非常に豊富なSo-net公式です。

70,000円の高額キャッシュバックが受けられるほか、v6プラスルーターやセキュリティソフト、訪問設定までが無料です。

契約後の設定が不安な方でも、心配なく契約できますので、ぜひ活用しましょう。

So-net光プラス×So-net公式の
詳細はコチラから

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

NURO光は標準プランが2Gbpsと最速の光回線で、ソフトバンクとのセット割を使えます

セット割を適用すると、以下の表でご紹介する月額料金とは別に、ご自身とご家族のソフトバンクスマホ1台につき月額最大1,100円が割引されますよ。

【NURO光の概要】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県
岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府
滋賀県、奈良県、広島県、岡山県、福岡県
佐賀県
セット割 ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
最大速度 2Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 44,000円
月額料金 5,200円 2,090円~2,750円
キャンペーン内容 ・45,000円キャッシュバック
・基本工事費実質無料
・設定サポート1回無料
3年実質総額 165,300円 73,340~97,100円
3年実質月額 4,592円 2,037~2,697円

※すべて税込

NURO光を申し込む際のオススメの窓口は、公式特設サイトです。

45,000円の高額キャッシュバックで実質料金が大きく下がり、設定サポート1回無料、基本工事費実質無料といった特典も受けられます。

また、マンションタイプは「NURO光 for マンション」となり、設備導入済みの集合住宅のみで契約可能となる点に注意しましょう。

ただし、大家から開通工事の許可が取れた場合は、戸建てと同一料金の「NURO光 G2T(通常プラン)」を個別契約することも可能です。

NURO光は対象エリアが限定されているので、まずはご自身が提供エリア内かどうかを確認してみてくださいね。

NURO光×公式特設サイトの
詳細はコチラから

NURO光がエリア外の場合は「ソフトバンク光」

ソフトバンク光_NEXT

ソフトバンク光も、ソフトバンクのセット割を適用できる光回線です。

NURO光の対象エリアから外れているソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光を検討しましょう。

【ソフトバンク光の概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア 日本全国
セット割 ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
最大速度 1Gbps~10Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 26,400円
月額料金
5,720円
4,180円
キャンペーン内容 ・最大37,000円キャッシュバック
・他社回線からの乗りかえで工事費実質無料
・違約金負担最大100,000円キャッシュバック
2年実質総額 143,180円 106,220円
2年実質月額 5,966円 4,426円

※すべて税込

ソフトバンク光を契約する際は、NEXTから申し込みを行いましょう

最大37,000円のキャッシュバックを受け取れるため大変お得です。

また、現金キャッシュバックを「Nintendo Switchプレゼント」の特典に切り替えることも可能です。

他社回線からの乗りかえでソフトバンク光を契約する場合は、工事費が実質無料になるほか、最大100,000円まで違約金負担キャッシュバックが受けられるのも見逃せませんね。

ソフトバンク光×NEXTの
詳細はコチラから

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

GMOとくとくBBトップ
ドコモ光は、ドコモのセット割を適用できる唯一の光回線ですので、ドコモユーザーにとくにオススメです。

まずは概要をまとめましたので、チェックしてみましょう。

【ドコモ光の概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア 日本全国
セット割 ドコモ(最大1,100円割引/月)
最大速度 1Gbps~10Gbps
契約事務手数料 3,300円
工事費 19,800円 16,500円
月額料金
5,720円~
4,400円
キャンペーン内容 ・20,000円キャッシュバック
・dポイント2,000ptプレゼント
・高性能WiFiルーター無料
2年実質総額 133,780円 102,100円
2年実質月額 5,574円 4,254円

※すべて税込

ドコモ光を申し込むならイチオシの窓口はGMOとくとくBBです。

有料オプションの加入など適用条件もなしに最大20,000円のキャッシュバックが受け取れるほか、高性能のWiFiルーターも無料でレンタルできます。

GMOとくとくBBはフレッツ光や他社光コラボの契約者と回線を共有するドコモ光の速度を、v6プラスという最新技術で快適に保ち、高速通信ができると評判がいいプロバイダです。

お得なキャンペーンと快適な速度、どちらも手に入れたいならぜひGMOとくとくBBをチェックしてくださいね。

ドコモ光×GMOとくとくBBの
詳細はコチラから

格安スマホユーザーにオススメの光回線3社

ここまでにご紹介したセット割は大手3大キャリアのサービスでスマホ1台あたり最大1,100円もの割引きが受けられますが、格安SIMスマホのセット割は数百円程度なので、セット割を重視してもあまりメリットがありません

そのため、格安スマホユーザーには、以下の3社がオススメです。

  • auひかり
  • NURO光
  • So-net光プラス

上記3社はセット割が適用されなくても実質料金が安いので、少ない割引額目当てに格安スマホとセット割が利用できる事業者を選ぶよりお得ですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
3社の実質料金は安い順に、以下のとおり!
3年間の実質料金
(戸建て)
3年間の実質料金
(マンション)
エリア
auひかり
4,319円
3,039円
関西・東海・
沖縄県以外
NURO光
4,592円
2,037~2,697円
北海道・関東・東海
関西・中国・九州
So-net光プラス
4,665円
3,488円
全国

※すべて税込

まずは戸建てならauひかりを、マンションならNURO光を検討しましょう。

それぞれ最安値で契約できるうえに、独自回線を使っているので速度も速く、快適な接続が可能です。

ただし、auひかりもNURO光も提供エリアが限られているので、エリア外ならSo-net 光プラスがオススメですよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
So-net光プラスなら、全国で契約できるわよ!

So-net光プラスはキャッシュバックこそありませんが、毎月の料金が大幅割引され、高額キャッシュバックが受けられる他社回線と肩を並べるほど実質料金も抑えられています。

充実したサポートも1年間無料で受けられるので、トータルで満足のいく光回線を選びたいなら、オススメですよ。

【モバイル回線16社比較】ポケットWiFi・ホームルーターで安い3選

毎月のインターネット料金をさらに抑えるなら、実質月額が安いモバイル回線の契約も検討しましょう。

ポケットWiFiやホームルーターといったモバイル回線は、工事不要なうえ、低容量なら月額料金を大幅に安くできます。

中でもポケットWiFiは外出先で使えるため、移動時間中もネットを利用したい方には最適な選択肢です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ポケットWiFiとホームルーターどちらが向いているかは、それぞれのメリットをみて決めてね。

ポケットWiFiのメリット

  • 工事をせずすぐに使える
  • 手軽に持ち運んで利用できる
  • データ容量にあわせて契約できるよりも月額料金が安い

ホームルーターのメリット

  • コンセントに挿すだけで利用できる
  • 無制限で利用できる
  • ポケットWiFiより安定した速度で通信できる

自宅以外でもインターネットをしたいならポケットWiFiを、自宅メインで速度を重視したいならホームルーターを選ぶといいですね。

では、モバイル回線16社の実質料金や速度を比較してみましょう。

モバイル回線は1か月に利用できるデータ容量によって月額料金が変わるので、あわせてチェックしてくださいね。

【モバイル回線】16社比較一覧
種類 契約先 データ量 実質月額料金
(3年)※1
月額料金 速度制限 平均速度
※2
ポケットWiFi ゼウスWiFi
(縛りあり)
20GB
2,138円
0〜3ヶ月目:980円
4ヶ月目以降:2,178円
20GB以上
19.43Mbps
ポケットWiFi Ex Wi-Fi
50GB
3,037円
2,948円
50GB以上

(データなし)
縛りなしWiFi
(縛りあり)
実質60GB
3,169円
3,080円
1日で
2GBまで
21.36Mbps
ポケットWiFi THE WiFi
110GB
3,474円
0〜3ヶ月目:0円
4ヶ月目以降:3,828円
110GB以上
12.91Mbps
ポケットWiFi MUGEN WiFi
100GB
3,442円
3,718円
100GB以上
17.98Mbps
どこよりもWiFi
(縛りあり)
100GB
3,489円
3,400円
100GB以上
16.41Mbps
ホームルーター モバレコAir
無制限
3,777円
0~1か月目:2,167円
2か月目~23か月目:3,679円
24か月目~:5,368円
41.89Mbps
ポケットWiFi・
ホームルーター
Broad WiMAX
実質無制限※3
3,876円
0~1か月目:2,999円
2か月目~24か月目:3,753円
25か月目~:4,413円
3日で10GB
以上
38.44Mbps
DTI
WiMAX
実質無制限※3
3,967円
0~1か月目:0円
2か月目:2,849円
3か月目~:4,136円
GMOとくとくBB
WiMAX

(CB)
実質無制限※3
3,908円
0~2か月目:3,969円
3か月目~:4,688円
カシモ
WiMAX
実質無制限※3
3,994円
0か月目:1,518円
1か月目~:3,971円
So-net
WiMAX
実質無制限※3
4,414円
0か月目:0円
1~12か月目:3,700円
13か月目~:4,817円
Tikiモバイル
WiMAX
実質無制限※3
4,401円
4,389円
BIGLOBE WiMAX
実質無制限※3
4,460円
0か月目:0円
1か月目~:4,378円
UQWiMAX
実質無制限※3
4,803円
4,268円
ポケットWiFi hi-ho Let’s
WiFi
実質210GB
4,259円
0~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
1日で7GBまで
8.27Mbps

※1:実質料金=事務手数料+月額料金×37か月分―キャッシュバック額÷37か月
※2:みんなのネット回線速度調べ
※3:速度制限あり

モバイル回線では速度の速さやデータ容量によって、以下の3社がオススメです。

ポケットWiFiもホームルーターも契約先に迷ったら、まずは速度も料金面も優れているBroad WiMAXを検討しましょう。

Broad WiMAXは実質料金こそ、ポケットWiFi最安値のゼウスWiFiやホームルーター最安値のモバレコAirに劣りますが、実測速度は他社モバイル回線より速く、安定して利用できます。

また、ポケットWiFiであまりインターネットをしないなら、月間データ容量が20GBまでで月額2,178円のゼウスWiFiがオススメです。

ホームルーターを料金重視で選びたいなら、最安値のモバレコAirもチェックしましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた
モバイル回線でオススメの3社をくわしく解説するよ!
【2021年9月追記】
現在、以下のプロバイダについて、WiMAX2+(ギガ放題プラン)が新規受付終了、または端末在庫なしとなっています。

そのため上記2社については、新しい通信規格である5Gプラン(ギガ放題プラスプラン)を検討するのをおすすめしますよ。

ポケットWiFi・ホームルーターどちらもコスパがよい「WiMAX」

Broad WiMAX

WiMAXでは、自宅メインで使える「ホームルーター」と、外出先でも使える「ポケットWiFi」、どちらとも提供しています。

他社モバイル回線に比べて「WiMAX」は、以下の特徴が挙げられます。

  • 独自回線で速度が速く安定しやすい
  • auやUQモバイルとのセット割を適用できる
  • データ容量無制限のプランがある
  • ゆるい速度制限がある

WiMAXが契約できるプロバイダはいくつかありますが、提供エリアや通信速度、端末はどこから申込んでも変わりません。

しかし、月額料金やキャンペーンはプロバイダによって違うので、WiMAXを選ぶなら、実質料金が安くキャッシュバックの受取時期も早い「Broad WiMAXから申込みましょう。

Broad WiMAXは月額料金の大幅割引が自動適用されるだけでなく、5,000円キャッシュバックや違約金補填、条件を満たせばいつでも無料解約できるなど、サポート面も充実しています。

【Broad WiMAXの基本情報】
データ容量
実質無制限
速度制限の条件
・3日間に10GB以上
・10GB以上通信した翌日18時~26時まで約8時間制限がかかる
・制限中の速度はおおむね1Mbps
月額料金
(税込)
0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
キャッシュバック
5,000円
適用できるセット割
au・UQモバイル
その他キャンペーン
・端末代金無料
・初期費用無料
・他社解約違約金最大19,000円補填
・いつでも解約サポート

月額料金の大幅割引が2年間続くため、最初の2か月は2,999円と無制限プランでを安く利用できます。

また、半年後には5,000円のキャッシュバックも受けられるため、お得ですよ!

【Broad WiMAXのキャッシュバック内容】
オプションなし
5,000円キャッシュバック
振り込み時期
申し込みから6か月後
申請方法
  1. 申し込み後に手続き用のメールから申請を行う
  2. 申し込みから6か月後にキャッシュバックが振り込まれる

Broad WiMAXはスマホとセット割が適用さるため、auユーザーなら毎月最大1,100円、UQモバイルユーザーなら最大550円もスマホ代が安くなりますよ

ただし、WiMAXは無制限プランを契約しても、直近3日間で10GBを消費すると夕方から深夜までの約8時間だけ最大1Mbpsに速度制限されます。

とはいえ、他社ポケットWiFiの速度制限は月末まで最大128kbpsとなるため、WiMAXの制限内容は比較的ゆるめといえるでしょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

Broad WiMAXの詳細はコチラから

ポケットWiFi最安値なら「ゼウスWiFi」

ゼウスWiFiは、20GB・40GB・100GBと自分の利用量にあわせてプランを選べ、20GBの小容量プランならポケットWiFi最安値で契約できます。

また、ゼウスWiFiはクラウドSIMを使ったポケットWiFiなので、WiMAXと違い、以下の特徴がありますよ。

  • ソフトバンク・au・ドコモのLTE回線を切り替えて利用できる
  • 海外でも利用可能
  • データ容量が選べて小容量プランなら安い
  • データ上限を超えると月末まで厳しい速度制限がかかる
【ゼウスWiFiの基本情報】
データ容量
20GB
速度制限の条件
・1か月に20GB以上通信
・月末まで速度制限がかかる
・制限中の速度は最大128Kbps
月額料金
(税込)
【2年契約】
0〜3ヶ月目:980円
4ヶ月目以降:2,178円
【契約期間なし】
2,618円
キャッシュバック
適用できるセット割
その他のキャンペーン
端末代金無料

ゼウスWiFiの20GBプランは、2年定期なら3ヶ月目まで980円、4ヶ月以降も2,178円と安い点が魅力です。

また、料金が少し高くなってもよいなら定期契約なしプランも選べるので、短期利用者も使いやすいポケットWiFiといえますね!

那比光太(なびこうた)
こうた
ちなみに、2年契約プランも25か月目以降はいつでも無料解約できるよ!

ゼウスWiFiの詳細はコチラから

ホームルーター最安値なら「モバレコAir」

モバレコエアー

ホームルーター最安値で契約するなら、ソフトバンクAirのアライアンスモデルであるモバレコAirから申込むのがオススメです。

ソフトバンクAirはソフトバンクの提供するホームルーターですが、モバレコAirから契約すれば、本家とまったく同じ製品・回線を格安で利用できます

【モバレコエアーの基本情報】
データ容量
無制限
速度制限の条件
なし
(夜間や回線が混雑する時間帯は
速度が低下する可能性あり)
月額料金
(税込)
0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
キャッシュバック
17,000円
適用できるセット割
ソフトバンク・ワイモバイル
その他のキャンペーン
・端末代金実質無料
・他社解約違約金最大100,000円補填

モバレコAirは、月額料金割引と17,000円キャッシュバックが受けられるため、ホームルーターの中では実質料金がもっとも安くなります。

【モバレコAirのキャッシュバック内容】
オプションなし
17,000円キャッシュバック
振り込み時期
最短翌月末
申請方法
メールから申請

もちろん、ソフトバンク公式キャンペーンの「他社解約違約金負担」や、ソフトバンク・ワイモバイルスマホとの「おうち割光セット」も適用されるため、お得ですよ!

モバレコAirの詳細はコチラから

安いだけじゃない!インターネット選びで注目したい5つのポイント

インターネット回線を選択するときには、月額料金の安さだけでインターネット回線を選ぶべきではありあません。

インターネット回線を契約する際にチェックしてほしいポイントは、以下の5点です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
それぞれのポイントをしっかり確認すれば、契約後に後悔することもないわよ!

自分にあったインターネット回線を選ぶのに迷ってしまった方はこちらのツールを参考にしてみるのもいいですよ。

①セット割が適用できるか

通信費を安く抑えたいなら、インターネット回線は使用中のスマホキャリアにあわせて選びましょう。

契約先によってはスマホとのセット割が利用でき、スマホ代が毎月1台あたり最大1,100円割引されるからです。

3大携帯電話キャリアごとのセット割対応状況は、以下のとおりです。

キャリア セット割対応回線 1台あたりの割引額
ドコモ ドコモ光 550~1,100円
ソフトバンク ・NURO光
・ソフトバンク光
・ソフトバンクAir
・モバレコAir
1,100円
au ・auひかり
・So-net光プラス
・BIGLOBE光
・コミュファ光
・eo光
・WiMAX
550~1,100円

※すべて税込

たとえばドコモスマホを家族4人で使っている場合、ドコモ光を選ぶと月額最大4,400円がスマホ代から割り引かれますが、ドコモ光以外の回線を選ぶとセット割が適用されません。

そのため、スマホキャリアとのセット割が可能な回線に決めるというのが、光回線選びの鉄則といえます。

那比光太(なびこうた)
こうた

安くなるのはあくまでもスマホ代で、光回線の月額料金が安くなるわけではないから気を付けようね。

②申し込みたい回線の最安窓口はどこか

同じ回線を選ぶ場合でも、契約する窓口によってキャンペーンの内容が異なるため、実質料金に差が出ます。

そのため、キャンペーン内容を反映した「実質料金」での比較が必要ですよ。

ここでは、auひかりの戸建てプランを「フルコミット」から契約して、3年間使用した場合を例に実質金額の計算方法を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

支払う金額
月額料金 1~11ヶ月 5,610円
12~23ヶ月 5,500円
24~36ヶ月 5,390円
合計 262,130円
初期費用 契約事務手数料 3,300円
工事費用 41,250円
必須オプション 光電話(3年間) 19,800円
割引かれる金額
キャッシュバック 60,000円 合計 101,250円
工事費実質無料 41,250円
支払う金額-割引かれる金額=実質料金
実質料金÷37=実質月額料金
実質料金:155,270円
実質月額料金:4,313円
那比得子(なびとくこ)
とくこ
今回は全36社のインターネット回線を実質料金で比較したから、参考にしてね!

③通信速度は速いか

少しでも速く安定したインターネット通信をするためには、最低限の速度を確保できる回線であることを確認しましょう。

最大速度とされている1Gbpsや2Gbpsという数字は、そのまま実際の速度として出ることはありません。

そのため、速度を比較する際には、実測値を調べる必要がありますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
実測値は、Twitterの口コミや「みんそく」の数値を参考にするといいよ!

2021年8月現在の光回線のランキングは以下のとおりです。

【光回線の実測値ランキング】
回線 実測値
コミュファ光 513.99Mbps
NURO光 462.01Mbps
スターキャット光 427.92Mbps
eo光 414.18Mbps
auひかり 368.12Mbps

この表からもわかるとおり、ランキング上位は地域限定で利用者が少ない回線が占める結果となりました。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
モバイル回線だと、独自のWiMAX2+回線が使えるWiMAXが最速よ!

ただし、無線の電波を端末で受信して通信するポケットWiFiやホームルーターは、有線の回線を自宅に引き込む光回線に比べて速度が遅くなります。

オンラインゲームユーザーや4K以上の高画質動画を視聴したい方は、高速の光回線を選んだほうが快適にインターネットを楽しめますよ。

④速度制限についても確認しよう

光回線には速度制限がないため、完全無制限でインターネットを利用できます。

しかし、モバイルWiFiやホームルーターなどのモバイル回線は、指定期間内にデータ容量を使い切ると速度制限にかかります。

制限内容はさまざまですが、制限速度が128kbpsのタイプは制限にかかるとWebサイトの閲覧も困難になってしまうため、要注意です。

また、月間データ容量無制限のWiMAXも3日で10GBを使い切ると翌日から夜間のみ最大1Mbpsに制限されるので、モバイル回線を契約する方は速度制限の条件も確認しておきましょう。

⑤乗り換える場合は違約金が補填されるか

現在契約中の回線から別回線への乗り換えを検討している人は、乗り換え先で違約金補填されるかどうかもチェックしておきましょう。

乗り換え時に高額な違約金が発生してしまう人は、料金の安い回線に乗り換えてもメリットをフルで得られません。

そのため、別回線への乗り換えを検討している人は、以下のような回線へ乗り換えましょう。

  • 違約金補填キャンペーンを実施している回線
  • 違約金をまかなえるほどの高額キャッシュバックを提供している回線

今回紹介した回線の中では、以下の場所で違約金負担キャンペーンを実施していますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
違約金負担キャンペーンが実施されていない事業者でも、キャッシュバックがもらえるなら乗りかえ費用を補填できるから、あわせてチェックしてね!

安いインターネット回線を選ぶときによくある質問

質問 ハテナ

最後に、安いインターネット回線を選ぶ際に多い質問をまとめました。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
疑問を解消して納得した上でインターネット回線を選んでね!

2021年の安いインターネット回線はどこ?

今回、光回線20社とモバイル回線16社を比較した結果、安いインターネット回線は以下のとおりとなりました。

各回線の概要はリンク先の記事内で解説していますので、リンクをタップして詳細をご覧ください。

インターネット料金の相場は?

インターネット料金の相場は、回線の種類によって異なります。

目安となるのは以下の金額です。

【インターネット回線比較】
種類 月額料金の相場 速度 工事の有無 持ち運び
光回線 戸建て:5,100円前後
マンション:3,800円前後
1Gbps~10Gbps 有り NG
ホームルーター 3,500円前後 1Gbps 無し NG
ポケットWiFi 3,500円前後 150Mbps~1.2Gbps 無し OK

光回線はお住まいのタイプが戸建てかマンションかによって、料金は変わります。

また、ポケットWiFiに関しては契約するデータ容量によっても料金が異なっており、20GB程度なら2,000円台、100GBを超えると3,500円前後が目安ですよ。

インターネットを安くするためにテザリングってアリ?

テザリングはスマホがあれば場所を問わずパソコンなどの周辺機器をネットに接続できますが、以下の注意点があるため、緊急時以外の使用はおすすめしません。

  • スマホの電池消耗が激しくなる
  • 大容量のデータ通信で、スマホに速度制限がかかる場合がある
  • 利用頻度によっては、別のインターネット回線を契約したほうが安くなるケースもある

テザリングはスマホのデータを消費してネット通信をおこなうため、大容量データ通信をすると、そのぶんスマホのギガ数が減ってしまいます。

ギガ数を使い切るとスマホが速度制限にかかってしまうので、スマホの契約プランが無制限でない限りは、ポケットWiFiなど別途インターネット回線を契約したほうがいいでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた
月に数回パソコンのメールチェックをするレベルなら、テザリングでも問題ないよ!

まとめ

インターネット料金は契約する回線の種類や容量によって変動しますが、目安となる金額は以下のとおりです。

今回は、光回線20社とモバイル回線16社を比較し、以下の窓口をオススメしました。

安いインターネット回線を選ぶ際は、以下のポイントに注目しながら検討すると失敗しませんよ。

実質料金や速度などもしっかり確認したうえで、お得で快適なインターネット回線を選択してくださいね。