検索 わたしのネット ロゴ

【一人暮らし向け】おすすめのインターネットを解説!料金・評判・速度を徹底比較!

一人暮らし インターネット

一人暮らしでインターネットの契約を考えているなら、まずはお住まいの物件でどのインターネット回線が利用できるのかを確認しましょう。

専用の回線を物件内に引き込む光回線は開通工事が必要なので、インターネット対応物件であるか、開通工事は可能か、大家さんや管理会社に確認しなくてはいけません。

光回線の工事ができない物件や、自宅以外でもインターネットをしたいならポケットWiFiやホームルーターがオススメです。

今回は一人暮らしの方がインターネットをするための3つの選択肢と、それぞれのメリットや注意点、オススメできる人を解説しますよ。

また、一人暮らし向けのインターネット回線15社を総合比較し、モバイル回線と光回線でお得に契約できる窓口を紹介します。

インターネットの契約が初めてという方でも、この記事を読めばご自身の状況にあった回線を簡単に見つけられるので、ぜひ参考にしてくださいね。

【結論】一人暮らしの人にぴったりなインターネット回線はこれだ!

結論として、一人暮らしにオススメのインターネット回線は以下の7社です。

<モバイル回線のオススメ2選!>

  • ポケットWiFi・ホームルーターどちらもオススメ!Broad WiMAX
  • ホームルーターで最安値!モバレコAir

<光回線のオススメ5選!>

まずは、一人暮らし向けのインターネット回線全15社の料金やキャンペーン、速度などを一挙比較してみましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた
光回線の料金は一人暮らしの人に多い集合住宅向けのプランを記載しているよ!
那比得子(なびとくこ)
とくこ
インターネットを比較するときは、月額料金だけでなく初期費用やキャッシュバックの割引額を差し引いた「実質料金」にも注目してね。
一人暮らし向けのインターネット比較!
種類 事業者 3年間の実質

月額料金
データ量 セット割 キャッシュバック 平均速度
光回線 NURO光
1,926円
※1
無制限
ソフトバンク
25,000円
下り:397.08Mbps
上り: 396.6Mbps
ポケットWiFi ゼウスWiFi
2,267円
20GB
下り:15.41Mbps
上り:12.38Mbps
ポケットWiFi Ex Wi-Fi
3,037円
50GB
データなし
光回線 auひかり
※2
3,070円
無制限
au
最大60,000円
下り:325.89Mbps
上り:304.77Mbps
光回線
ソフトバンク光
3,448円
無制限
ソフトバンク
・ワイモバイル
最大46,000円
下り:214.91Mbps
上り:165.59Mbps
ポケットWiFi Mugen WiFi
3,537円
100GB
10,000円
下り:16.64Mbps
上り:9.77Mbps
ホームルーター モバレコAir
3,820円
無制限
ソフトバンク
・ワイモバイル
17,000円
下り:31.9Mbps
上り:4.33Mbps
ホームルーター・
ポケットWiFi
Broad WiMAX
3,875円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
5,000円<
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
ホームルーター・
ポケットWiFi
GMOとくとくBB
WiMAX

※3
3,939円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
最大32,500円
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
光回線
So-net光
プラス
3,992円
無制限
au
下り:222.31Mbps
上り:186.73Mbps
光回線 BIGLOBE光
4,073円
無制限
au
・BIGLOBEモバイル
最大30,000円
下り:202.38Mbps
上り:176.74Mbps
光回線
ドコモ光
※4
4,365円
無制限
ドコモ
最大20,000円
下り:198.86Mbps
上り:176.72Mbps
ホームルーター・
ポケットWiFi
UQWiMAX
4,803円
無制限
(速度制限あり)
au
・UQモバイル
下り:37.76Mbps
上り:5.35Mbps
(※W06)
光回線
フレッツ光
東日本

※5
5,268円
無制限
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps
光回線 フレッツ光
西日本

※5
5,488円
無制限
下り:203.49Mbps
上り:186.46Mbps

※価格は税込、新規契約の場合、実質料金=月額料金×37か月+初期費用―キャッシュバック額÷37か月、
平均速度はみんなのネット回線速度調べ
※1:利用者が10人以上の場合
※2:v16プランの場合
※3:端末はWX06の場合
※4:タイプAの場合
※5:プロバイダはSo-net、マンションは16契約の場合

那比光太(なびこうた)
こうた
1番安くインターネットを契約できるのは、光回線のNURO光なんだね!
那比得子(なびとくこ)
とくこ
でも、光回線は住んでいる物件によっては契約できないこともあるみたい!

今回は自分にあったインターネットを契約するポイントを解説していくので、安い回線を知った上で実際にどれが利用できるのか、自分にあっているのかを考えながら読んでみてくださいね。

一人暮らしのインターネットは主に3種類

インターネットへの接続手段

一人暮らしの方がインターネットを契約するなら、主に3つの選択肢があります。

それぞれの違いを簡単に一覧表で比較してみましょう。

3つのインターネット料金

それぞれの違いをさらにくわしく解説していく前に、まず理解しておきたいこととして、物件によって契約できるインターネットが決まっていることがあるという点があります。

光回線はお住まいのアパートやマンションによっては、導入できなかったり、契約できる事業者が決まっていたりすることがありますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
光回線も選択肢に入れてインターネット契約を考えているなら、まずは大家さんや管理会社にインターネットの対応状況を問合せよう!

まずは以下のフローチャートを参考に、自分が契約できるインターネット回線を確認しておきましょう。

結論から言うと、一人暮らしの場合ほとんどの人がポケットWiFiを契約すると無駄なくインターネット環境を整えられます。

ポケットWiFiでインターネットを接続するためには端末さえあればいいので、面倒な工事も不要で、大家さんや管理会社に工事の許可をもらう手間も省けますよ。

また、ポケットWiFiは持ち運びが可能なので、自宅にいないとき以外でもインターネットができて便利ですよ。

とはいえ、大容量のデータ通信や、オンラインゲームユーザーなど高速通信を求める方には、光回線や大きなアンテナを内蔵した据え置き型のホームルーターの方が向いていますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
3つのインターネット回線について、さらにくわしくメリットや注意点を解説していくね!

また、あまりインターネットを使う頻度が少ないという方は、お持ちのスマホをパソコンやタブレットにつなぐ「テザリング」でも十分かもしれません。

テザリングのメリットや注意点もあわせて紹介するので、自身のネット利用状況と照らし合わせ、最善の方法を選びましょう。

高速通信を求めるなら光回線

マンションやアパートで一人暮らしをはじめる方は、まず不動産会社に問い合わせて物件がインターネット対応かを確かめましょう。

インターネット対応物件だった場合は、すでに共有部分や各戸まで光回線が配線されているので工事費が抑えられたり、申込後すぐにインターネットが使えたりします。

また、マンションによっては「インターネット完備」を売りにしている物件もあり、工事も不要でインターネット料金も請求されない「無料インターネット回線」が使える場合もありますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
無料でインターネットが使えたり、すでに設備が導入済みの物件だったら光回線がすぐにつながるわね。まずは要確認ね!

結論として、光回線はこのような人にオススメです。

  • 光回線導入済みや工事可能な物件にお住まいの人
  • 戸数の少ないアパートや集合住宅に住んでいる人
  • 安定した高速通信を重視したい人
  • オンラインゲームのように大容量のデータ通信を頻繁に行う人
  • 自宅だけでインターネットを利用する人

まずは一人暮らしする物件のインターネット対応状況について、不動産会社に確認をしておきましょう。

光回線のメリット

光回線の大きなメリットは、高速通信が安定して利用できることです。

突然通信が途絶えたり、ほかの電波から干渉を受けたりすることがありませんので、ゲームなどでも安心して利用ができます。

どれだけ大きなデータ通信をしても光回線は定額制で追加料金も発生しないので、好きなだけインターネット通信を楽しむことができるのはうれしいですね。

また、物件によっては、不動産会社が指定する回線なら月額0円でインターネットが利用できる場合もあります。

那比光太(なびこうた)
こうた
Twitter上にも、無料インターネットが使える物件に住んでいる人の口コミがあったよ。

3年住んではじめて、マンションがインターネット無料物件だと知った人がいました。

せっかく無料で使えるのに知らないのはもったいないので、契約内容の確認は必要ですね。

新たに無料のインターネット回線が物件に導入されると知って、通信費が節約できると喜んでいる人もいます。

とにかく安くインターネットを利用したい方は、インターネット無料の物件を選んでくださいね。

オススメの光回線をみる
※クリックすると解説にジャンプします

光回線の注意点

最近のアパートやマンションは光回線がすでに導入済みの「インターネット対応」物件が多いですが、古い物件や格安物件ではインターネットの設備が入っていないこともあります。

その場合、新たに光回線の開通工事をしなくてはいけませんが、工事は大家さんや管理会社の許可がなければ着工できず、工事費も必要なので、ネット開通までのハードルは高くなります。

Twitter上でもインターネットの工事に関して、マンションの壁に穴を開けられない、大家さんの許可が得られないなどの声があがっています。

また、インターネット工事の許可が大家さんなどから得られたとしても、立地条件によってはインターネット工事ができない場合もありますよ。

ネット回線の設備が整っていない、またはできない物件の場合は、工事の必要がないポケットWiFiも検討してみましょう。

ちなみに、光回線の契約後に開通工事が必要な場合は通常2週間~1か月後に工事が行われるため、すぐにインターネットを利用できません。

さらに、冬から春先にかけての引っ越しシーズンは開通工事の申し込みもピークとなり、この期間に申請をすると工事開始まで2ヶ月以上も待たなければならないこともあるので注意しましょう。

また、物件によって契約しているインターネット会社があり、全ての回線業者に対応していない場合もあるので注意してくださいね。

以下の方のようにインターネット回線を管理会社が一括で契約している場合は、ほかの回線が導入できないことも多いです。

物件に導入済みの回線以外の光回線を契約したかった人も、許可が下りずに断念することになったようです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
光回線が利用できる物件でも、好きな事業者をどこでも選べるわけじゃないのね…。

また、マンションやアパートのように大人数で1つの回線をシェアする場合、使用人数が増えるにつれて通信速度が遅くなる注意点もあります。

さらに、アパートやマンションなどの場合は物件によって配線方式が限られてくるため、光回線より最大通信速度が遅いLAN方式やVDSL方式になる場合もありますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
光回線は導入やどの回線になるかなどまずは要確認!が基本だね。

工事不可で持ち運びたいならポケットWiFi

ポケットWiFiは光回線のように開通工事はいらず、ポケットサイズの小型ルーターで専用の電波を受信してインターネットをつなげてくれます。

那比光太(なびこうた)
こうた
仕組み的にはスマホをイメージするとわかりやすいかも!スマホも契約しているキャリアの電波を受信してインターネットができるのと、同じ理屈だよ。

受信した電波はポケットWiFiからさまざまな接続機器に飛ばすことができるので、パソコンやスマホをつないで自由にインターネット通信を楽しむことができます。

ポケットWiFiは主に、以下のような人にオススメですよ。

  • 家でも外でもインターネットを使いたい人
  • 光回線の工事ができない人
  • 月額料金を安くおさえたい人
  • 接続台数が少ない人

物件が工事不可だったり、壁に穴が開けられない場合でも、工事不要のポケットWiFiは強い味方となってくれますね。

ポケットWiFiのメリット

ポケットWiFiは、開通工事の必要がなく、端末があればすぐにネット通信を開始できます。

月額料金も2,000~4,000円台と安く利用できるので、一人暮らしをする方にはイチオシの接続方法です。

ポケットWiFiは小型で持ち運びができるので、自宅でも外出先でも好きな場所でインターネットを楽しむことができます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
一人暮らしで自宅にいる時間が少ない人も、持ち運びできるポケットWiFiは重宝するわね!

光回線の場合、引越しすると新居でまた開通工事をしなくてはいけなかったり、同じ契約先を継続利用できなかったりするケースもあります。

その場合、新居での開通工事費や解約金などが必要となってしまうので、頻繁に引っ越しをする方も光回線ではなく持ち運びができるポケットWiFiの契約をオススメします。

オススメのポケットWiFiをみる
※クリックすると解説にジャンプします

ポケットWiFiの注意点

ポケットWiFiは、契約プランによっては毎月使用できるデータ量に制限があります。

データ量の制限を超えてしまうと通信制限がかかってしまい、プランによってはネット通信がまったく利用できないレベルにまで速度が遅くなってしまうので注意が必要です。

ただし、WiMAXではギガ放題などの通信量無制限プランなども用意されていますので、大容量のデータ通信を行いたい方は使い放題のプランを選びましょう。

また、ポケットWiFiの対象エリアは現在も拡大中なので、利用する回線によっては山間部や地方が通信エリア対象外となる場合もあります。

工事不可で自宅メインならホームルーター

ホームルーターは自宅のみでの利用ですが、ポケットWiFiよりもさらに強い電波を受信でき、複数台の機器をつなげても安定して接続ができます。

ホームルーターも利用する住所を変更する旨、契約会社に連絡するだけで、引越し後も継続して利用できますよ。

ホームルーターは以下のような人にオススメです。

  • 自宅メインでインターネットを使いたい人
  • 光回線の工事ができない人
  • データ容量無制限のプランを契約したい人
  • 安定した速度で利用したい人

ホームルーターのメリット

ホームルーターもポケットWiFiと同じく無線の電波を端末で受信してインターネットをするので、開通工事の必要がありません。

ポケットWiFiより優れている点として、大型のアンテナを内蔵しているので、より安定した速度で接続ができますよ。

また、ホームルーターは現在、WiMAXとソフトバンクAir(モバレコAir)の2種類しか販売されていませんが、どちらも1か月のデータ容量が無制限のプランで契約できます。

光回線が導入できない物件にお住まいの方で、速度も重視しながらたっぷりとインターネットしたい人にはホームルーターはもってこいですね。

オススメのホームルーターをみる
※クリックすると解説にジャンプします

ホームルーターの注意点

ポケットWiFiに比べると実測速度が速いホームルーターですが、それでも有線接続の光回線に比べると速度は劣ります。

ポケットWiFiもホームルーターも契約でき、モバイル回線では最速のWiMAXと、光回線のフレッツ光で実測速度を比較してみました。

種類 平均速度
(下り)
平均速度
(上り)
ポケットWiFi
Broad WiMAX
※W06)
37.76Mbps
5.35Mbps
ホームルーター
Broad WiMAX
※HOME02)
45.85Mbps
8.02Mbps
光回線
フレッツ光
203.49Mbps
186.46Mbps

※平均速度はみんなのネット回線速度調べ

那比得子(なびとくこ)
とくこ
速度はやっぱり光回線が群を抜いているのね…。

インターネットでオンラインゲームや4Kなどの高画質動画を快適に楽しみたいなら、下り50~100Mbps以上の高速通信が利用できると安心です。

50Mbps以下の場合、インターネット閲覧やYouTubeなどでの動画視聴であれば問題なく利用できますが、オンラインゲームやデータ量の大きいコンテンツをダウンロードする場合、途中で動きが止まったり通信が切れてしまったりすることもあります。

自分にとってホームルーターやポケットWiFiの速度で十分かよく考えたうえで選ぶと、利用後にストレスを感じることはありませんよ。

また、ホームルーターは基本的に無制限のプランが利用できますが、たとえばWiMAXなら3日間に10GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかります。

ソフトバンクAirやモバレコAirは速度制限なしの完全無制限ですが、実際には夜間など回線が混みあいやすい時間帯には速度制限がかかり速度が低下しやすいのが難点です。

那比光太(なびこうた)
こうた
高速通信や大容量のデータ通信を求めるなら、光回線を選んだほうがいいね。でも、一人暮らしだからそんなに大量のデータ通信はしない人ならホームルーターはちょうどいいかも!

インターネットをあまりしないならスマホのテザリングも検討しよう

スマートフォンのデザリングとは、お手持ちのスマホが無線ルーターとなり、さまざまな接続機器へ電波を飛ばす接続方法です。

専用ルーターを準備する必要がなく、スマホさえあればすぐにインターネットを利用できますよ。

テザリングをオススメできるのは、以下のような人です。

  • ほとんどインターネットを利用しないライトユーザー
  • スマホの大容量プランを契約している人
  • インターネットの使用料をできるだけおさえたい人
那比得子(なびとくこ)
とくこ
インターネットをあまりしないなら、テザリングを利用すれば別途光回線やポケットWiFiを契約せずに済むわね!

また、ポケットWiFiを持ち運ぶと単純に荷物が増えますが、スマホ1つで身軽にインターネットがつなげられるのは便利ですよね。

スマホのテザリングのメリット

デザリングはスマホをルーターとして利用するので、ルーターとしての月額料金は0円です。

光回線やポケットWiFiを契約した場合、月額3,000~4,000円の利用料が必要となるので、デザリング機能を利用すれば、単純に年間30,000円以上を節約できます。

インターネットの利用料をできるだけおさえたいという方にはオススメの接続方法です。

また、光回線やモバイル回線は提供エリアが限られていることもありますが、スマホのテザリングは契約している携帯電話会社の提供エリアでならどこもでも接続できるので、エリア面での心配はあまりありません。

スマホのテザリングの注意点

スマホをテザリングした場合、キャリアによってスマホの料金にテザリングのオプション料金が追加されます。

キャリア別テザリング料金
キャリア テザリング利用料
ドコモ
無料
au
基本無料
タブレットプラン20は550円/月
ソフトバンク
0~550円/月

※価格は税込

大手キャリアでは、au・ソフトバンクで月額550円のテザリング利用料がかかります。

しかも、テザリングを行うとスマホのバッテリー消費が激しくなり、スマホのデータ通信量の上限も大容量プランを契約していない限りすぐオーバーしてしまうので長時間の利用はオススメできません。

緊急時やめったにインターネットを利用しない方以外はテザリングを使用するメリットはあまりありませんよ。

自宅以外でネット通信を頻繁に行う方は、ポケットWiFiを選ぶようにしましょう。

一人暮らしにオススメのモバイル回線2選

工事が必要な光回線ではなく、持ち運びや急な引っ越しのときにも便利なモバイル回線を利用したいという方には、以下の2社をオススメします!

<モバイル回線のオススメ2選!>

  • ポケットWiFi・ホームルーターどちらもオススメ!Broad WiMAX
  • ホームルーターで最安値!モバレコAir

ポケットWiFiやホームルーターで契約先に迷ったら、WiMAXを選ぶことをオススメします。

記事の冒頭で他社ポケットWiFiやホームルーターと比較したとおり、WiMAXはモバイル回線ではもっとも安定した速度でインターネットができるので、快適に利用できます。

那比光太(なびこうた)
こうた
光回線じゃなくモバイル回線を選ぶ人の不安は「ちゃんとインターネットができるか」だと思うから、安定して使えるのは大事だね!

また、WiMAXは無制限プランも契約でき、料金やキャンペーン面にも力を入れているので、速度や料金のバランスがいいですよ。

ホームルーターに関しては、さらに安く契約したいならソフトバンクから出ているソフトバンクAirのアライアンスモデル・モバレコAirがオススメです。

モバレコAirは独自の月額料金割引やキャッシュバックを実施しているので、WiMAXを含めたホームルーター全体で比べても、最安値で利用できますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
2つのモバイル回線を、さらにくわしくチェックしていこう!

ポケットWiFi・ホームルーターどちらもオススメ!WiMAX

WiMAXの契約プランは、月7GBまで利用できる「通常プラン」と、月間通信量に制限がない「ギガ放題プラン」の2種類があります。

Broad WiMAX
引用:Broad WiMAX

ギガ放題プランでは、1か月に使用できるデータ量が無制限です。

一人暮らしで光回線の代わりにポケットWiFiを使いたい方や、YouTubeの高画質動画、オンラインゲームなど、大きなデータ通信を頻繁に利用する方にはギガ放題プランがオススメですよ。

ただし、3日間で10GBを利用すると、翌日18時から翌々日2時まで速度制限がかかる点には注意が必要です。

ギガ放題については、こちらの記事でくわしく説明しています。

WiMAXなら「Broad WiMAX」がオススメ

WiMAXはさまざまなプロバイダから契約できますが、最安値で契約できるのはBroad WiMAXです。

WiMAXは契約するプロバイダによって、利用する回線や速度、端末などは変わりませんが、月額料金やキャンペーンは大きく異なります。

那比光太(なびこうた)
こうた
WiMAXのプロバイダは料金やキャンペーンを重視して選ぶのがポイントだよ!

Broad WiMAXは2年間、月額料金からの大幅割引キャンペーンが受けられ、さらに申込みから半年後に5,000円キャッシュバックがもらえるので、実質料金が安いですよ。

Broad WiMAXの特徴をチェックしておきましょう。

Broad WiMAXの特徴

最大下り速度

1.2Gbps

実質平均速度

37.76Mbps

月額料金
1~2か月目:2,849円
3~24か月目:3,678円
25か月目~:4,689円
初期費用
[事務手数料]3,300円
[初期費用]20,740円
クレジットカード払いで無料

※価格は税込、実測速度はみんなのネット回線速度 より

Broad WiMAXはギガ放題プランでも最初の2か月は2,849円で利用でき、その後も24か月目まで3,678円で使えます。

また、auやUQモバイルのスマホをお使いの方はセット割も利用できるので、さらにお得ですよ。

他社ポケットWiFiやWiMAXのプロバイダではクレジットカードがなければ契約できない会社も多いですが、Broad WiMAXは口座振替にも対応しています。

料金と速度、どちらも重視してポケットWiFiやホームルーターを契約したいならBroad WiMAXの申し込みを検討してみてくださいね。

Broad WiMAXの申込・詳細チェック
Broad WiMAXの公式サイトはこちら

ホームルーター最安値!モバレコAir

モバレコエアー

ホームルーターを料金重視で選びたいなら、モバレコAirがオススメです。

モバレコAirの特徴

モバレコエアー

最大下り速度

962Mbps

実質平均速度

31.9Mbps

月額料金
1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目以降:5,368円
初期費用
[事務手数料]3,300円
[端末代金]購入:59,400円
実質無料
レンタル:539円

※価格は税込、実測速度はみんなのネット回線速度 より

モバレコAirは回線品質や端末はソフトバンクAirとまったく変わりはないのに、独自の割引キャンペーンを実施しているのでより安く契約できますよ。


引用:モバレコAir

さらに、利用開始の最短翌月末には17,000円キャッシュバックが受け取れるのもうれしいですね。

ただし、実測速度に関してはWiMAXより遅くなるのが注意点です。

とにかく料金を抑えてホームルーターを契約したい方は、モバレコAirをチェックしてみてくださいね。

モバレコAirの申込・詳細チェック
モバレコAirの公式サイトはこちら

一人暮らしにオススメの光回線5選

光回線はまずお住まいの物件に導入済みの回線があるか確認し、すでに設備がある場合は基本的に対応している事業者を契約するのがオススメです。

那比光太(なびこうた)
こうた
すでに物件の共有部分や各戸まで光回線がきていれば、開通工事の手間や費用も抑えられるよ!

もし、光回線の契約先を自由に決められるのであれば、お使いのスマホのセット割にあわせて選びましょう。

一人暮らしの方にオススメしたい光回線は、スマホのセット割ごとに以下の5社です。

<光回線のオススメ5選!>

那比得子(なびとくこ)
とくこ
インターネット回線の総合比較表でも、実質料金が安かったり、お得なキャンペーンが受けられたりした会社をピックアップしたわよ!
那比光太(なびこうた)
こうた
さらにくわしく料金やセット割の内容をチェックしてみよう!

ドコモユーザーなら!ドコモ光

ドコモ光 GMOとくとくBB
ドコモのスマホとセット割が適用されるのは、ドコモ光だけです。

ドコモ光はドコモユーザーへの特典が厚いので、現在ドコモのスマホや携帯電話を契約している人にはオススメできる光回線ですよ。

ドコモ光の特徴

GMOとくとくBBトップ

最大下り速度

1Gbps

実質平均速度

238.98Mbps

月額料金
戸建て マンション
5,720円~ 4,400円~
初期費用
[事務手数料]3,300円
[開通工事費]戸建て:19,800円→無料
マンション:16,500円→無料

※価格は税込、実測速度はみんなのネット回線速度 より

ドコモユーザー限定の特典としてプレゼントされるdポイントは、携帯料金の支払いに使えるだけでなく、マクドナルドやローソンといった全国30,000店のdポイント加盟店で利用できるので、大変お得です。

さらに、ドコモ光セット割が適用されると、ドコモのスマホからギガホプランなら1台あたり最大1,100円、パケットパックなら家族全体で最大3,850円が毎月割り引かれます。

ドコモ光は全24社の提携プロバイダから好きな会社を選んで申込めますが、GMOとくとくBBのプロバイダ窓口からなら、ドコモ光の申込みだけで20,000円のキャッシュバックがもらえますよ。

GMOとくとくBBのキャッシュバックは有料オプションの加入もいらず、開通から5か月後に受け取れるので、ぜひお得にドコモ光を契約してくださいね。

ドコモ光の申込・詳細チェック
20,000円特典:GMOとくとくBBプロバイダ窓口はこちら

ソフトバンクユーザーならNURO光

ソフトバンクユーザーならまずはおうち割光セットに対応しており、光回線の中でも高速通信が期待できるNURO光を検討してみましょう。

NURO光は独自の回線を使い、下り最大2Gbpsと他社光回線よりも圧倒的な速さを誇ります。

料金の安さやキャンペーンの充実度も優れているので、特徴を確認してくださいね。

NURO光の特徴

NURO光トップページ

最大下り速度

2Gbps

実質平均速度

373.71Mbps

月額料金・キャッシュバック
NURO光forマンション 戸建て・マンションミニ
月額:2,090円~2,750円
キャッシュバック額:25,000円
月額:5,217円
キャッシュバック額:45,000円
初期費用
[事務手数料]3,300円
[開通工事費]44,000円→実質無料

※価格は税込、実測速度はみんなのネット回線速度 より

NURO光には集合住宅向けのプランが2つあります。

NURO光forマンション
・月額料金は物件内の契約者数によって2,090円~2,750円
・キャッシュバック額は25,000円
[契約条件]

  • NURO光の設備が導入済み物件である
  • 同じ物件内で4世帯以上がNURO光を契約する
  • 大家や管理会社の承諾が得られている
  • NURO光マンションミニ
    ・月額料金は戸建てタイプと同じ5,217円
    ・45,000円のキャッシュバックが開通から最短で2か月後にもらえる
    [契約条件]

  • NURO光の設備が未導入
  • 大家や管理会社の承諾が得られている
  • NURO光がすでに導入されている大規模マンションに限られますが、NURO光forマンションが契約できる物件なら月額2,090円~とインターネット回線全体でも最安値で利用できます。

    NURO光はNUROひかり電話(月額550円)との同時加入でソフトバンクスマホとのおうち割光セットが利用できるので、毎月1台あたり1,100円が割引されますよ。

    NURO光がもっともお得に契約できる窓口は公式特設キャッシュバック窓口で、有料オプションなしで45,000円のキャッシュバックが受けられますよ。

    NURO光の申込・詳細チェック
    45,000円特典:公式特設キャッシュバック窓口はこちら

    ただし、NURO光は契約できるエリアが以下の地域に限られます。

    • 【北海道】
    • 【関東】東京都、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、神奈川県
    • 【関西】兵庫県、京都府、滋賀県、大阪府、奈良県
    • 【東海】愛知県、岐阜県、三重県、静岡県
    • 【九州】福岡県、佐賀県

    もし、NURO光が契約できない物件やそもそも提供エリア内でなかったときは、同じくソフトバンクスマホとのセット割が利用できるソフトバンク光を検討しましょう。

    ソフトバンクユーザーでNURO光エリア外ならソフトバンク光


    NURO光が契約できなかったソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光がオススメです。

    ソフトバンク光は日本全国で展開するフレッツ光の光回線を使う光コラボなので、広いエリアで契約できますよ。

    ソフトバンク光の料金と、実施中のキャンペーンをみてみましょう。

    ソフトバンク光の特徴

    最大下り速度

    1Gbps

    実質平均速度

    213.68Mbps

    月額料金
    戸建て マンション
    5,720円 4,180円
    初期費用
    [事務手数料]3,300円
    [開通工事費]26,400円→実質無料

    ※価格は税込、実測速度はみんなのネット回線速度 より

    ソフトバンク光とオプションパック(月額550円)に加入すると、「おうち割光セット」が適用されソフトバンクスマホの月額料金が1,100円引きされますが、さらにワイモバイルもセット割に対応しており1台あたり550円割引が受けられます。

    那比得子(なびとくこ)
    とくこ
    NURO光はソフトバンクとだけセット割に対応しているから、ソフトバンク光はワイモバイルもセット割になるのはうれしいわね!

    おうち割光セットは、離れて暮らす家族がソフトバンク・ワイモバイルユーザーでも適用されますので、うまく活用すれば大幅に通信費を抑えられます。

    さらに、ソフトバンク光の代理店NEXTから申込めば、最大46,000円のキャッシュバックが最短で2ヶ月後にもらえますよ。

    ソフトバンク光の申込・詳細チェック
    最大46,000円特典:ソフトバンク光正規販売代理店NEXTはこちら

    auユーザーなら!auひかり


    auユーザーで一人暮らしの方にオススメなのが、auひかりです。

    auひかりは基本的に集合住宅はKDDIが敷設した独自の光回線が導入済みの物件でしか契約できませんが、もしお住まいのアパートやマンションがauひかり対応物件ならそのまま利用して損はありません!

    auひかりの料金と、実施中のキャンペーンなどをチェックしてみましょう。

    auひかりのオススメポイント

    auひかり フルコミット

    最大下り速度

    1Gbps

    実質平均速度

    181.38Mbps

    月額料金
    戸建て マンション
    5,390円~ 4,180円~
    初期費用
    [事務手数料]3,300円
    [開通工事費]戸建て:41,250円→実質無料
    マンション:33,000円→実質無料

    ※価格は税込

    auひかりは、一人暮らしの方に多い集合住宅タイプを契約した場合、契約期間を定めないプランを選べば解約違約金が発生しないというメリットがあります。

    契約期間が2年のプランと契約期間がないプランは月額料金も変わらないので、引越す可能性がある方は安心ですね。

    また、auユーザーがauひかりとひかり電話(月額550円)を即日同時に申し込むと「auスマートバリュー」が適用され、スマホや携帯電話の料金が最大1,100円割引されます。

    auひかりの代理店フルコミットからの契約なら、最大60,000円のキャッシュバックがもらえるのも見逃せないポイントですよ。

    auひかりの申込・詳細チェック
    最大60,000円特典:auひかり正規販売代理店フルコミットはこちら

    ただし、auひかりは集合住宅の場合、基本的に導入済み物件しか対応しておらず、戸建ては関西・東海・沖縄県が提供エリア外です。

    auひかりがエリア外だった場合は、光コラボのSo-net光プラスがオススメですよ。

    auユーザーでauひかりエリア外ならSo-net光プラス

    auひかりが提供エリア外だった場合は、auスマートバリュー対応の光コラボを検討しましょう。

    auスマートバリュー対応の光コラボの中ではSo-net光プラスが最安値で契約できますよ。

    So-net光プラスの特徴

    So-net光公式 トップ

    最大下り速度

    1Gbps

    実質平均速度

    273.43Mbps

    月額料金
    戸建て マンション
    1~2年目:3,828円
    3年目~:6,138円
    1~2年目:2,728円
    3年目~:4,928円
    初期費用
    [事務手数料]3,300円
    [開通工事費]26,400円→実質無料

    ※価格は税込、実測速度はみんなのネット回線速度 より

    So-net光プラスはキャッシュバックがありませんが、月額料金の大幅割引キャンペーンが2年間ずっと続くので、契約期間内のトータル支払料金が抑えられます。

    引用:So-net光プラス

    高性能の無線LANルーターやセキュリティソフトなども無料で利用できるので、お得に光回線を契約したい方はぜひチェックしてくださいね。

    ちなみに、月額料金の大幅割引キャンペーンや無線LANルーター無料レンタルは下記の公式サイトから申し込んだ場合のみ適用されるので注意しましょう。。

    auひかりの申込・詳細チェック
    最大55,440円分割引:So-net光プラス公式サイトはこちら

    一人暮らしのインターネットに関するよくある質問

    那比得子(なびとくこ)
    とくこ
    最後に一人暮らしで、インターネットを契約する際に気になる質問に答えていくわよ!
    那比光太(なびこうた)
    こうた
    しっかり理解して、自分にぴったりのインターネット回線を見つけてね!

    一人暮らしのインターネットでオススメのモバイル回線は?

    光回線のように開通工事なども不要で、外でも自由に持ち運びできるポケットWiFiや引越しが多い方でも安心のホームルーターなら以下の2社がオススメです。

    <モバイル回線のオススメ2選!>

    • ポケットWiFi・ホームルーターどちらもオススメ!Broad WiMAX
    • ホームルーターで最安値!モバレコAir
    那比光太(なびこうた)
    こうた
    速度重視ならWiMAXで最安値のBroad WiMAXがオススメだよ!モバイル回線でもっとも安定して利用できるのがメリットだね!
    那比得子(なびとくこ)
    とくこ
    ホームルーター最安値ならモバレコAirがオススメよ!最短翌月に17,000円がキャッシュバックされるのもうれしいわね

    一人暮らしのインターネットでオススメの光回線は?

    光回線が契約できる物件にお住まいなら、セット割にあわせて以下の5社がオススメです。

    <光回線のオススメ5選!>

    ドコモのスマホをお使いの方は、ドコモ光でのみセット割が適用されます。

    ソフトバンクやauは独自の回線を使った独立回線と全国広い範囲で契約できる光コラボ、どちらにもセット割を適用できる光回線があるので、まずは高速通信ができる独立回線を導入できないか検討しましょう。

    インターネット完備や対応物件は何が違う?

    一人暮らしでお住まいのアパートやマンションで光回線を契約したい場合は、まず大家さんや管理会社にインターネット環境を確認しなくてはいけません。

    また、これから一人暮らしの物件を探す場合は、契約条件に「インターネット完備」や「インターネット対応」などが記載されていることもありますよ。

    那比光太(なびこうた)
    こうた
    インターネット完備やインターネット対応って、なにが違うの?

    「インターネット完備」の物件は大家さんや管理会社が一括してインターネット契約を結んでおり、基本的に無料で利用できます。

    一方、「インターネット対応」は光回線などの設備が物件内にすでにあり、入居者がある程度契約先を選べますが、利用料金や工事費は契約者持ちです。

    那比得子(なびとくこ)
    とくこ
    無料のインターネット回線の場合は自分で契約先を選べないから、速度が遅かったり不満があったりしても他社に乗りかえられないという注意点があるわよ。コストがかかっても満足いく光回線を契約したいなら、インターネット対応物件を選ぶといいわね。

    モバイル回線の契約方法は?

    モバイル回線の契約は開通工事が不要なので、利用開始までが簡単です。

    1. モバイル回線の申込窓口で契約手続きをする
    2. 端末が到着する
    3. 設定をして利用開始

    モバイル回線はポケットWiFiやホームルーターの端末が自宅に届けば、簡単な設定をしてすぐにインターネットが使えるので便利ですね。

    契約先によっては最短で当日に端末を発送してくれるところもあるので、早くインターネット環境を整えたい方は申込時に確認しましょう。

    光回線の契約方法は?

    光回線を契約すると開通工事が行われるまで、マンションで約2週間、戸建てなら1~2か月ほどかかります。

    1. 光回線の申込窓口で契約手続きをする
    2. 工事担当者から工事日の連絡がある
    3. 開通工事の実施
    4. 設定をして利用開始

    集合住宅や賃貸物件にお住まいの方は、光回線の申込み前に開通工事の許可を大家さんや管理会社から取っておくことを忘れないでくださいね。

    まとめ

    一人暮らしの方のインターネット回線は、3つの選択肢がありました。

    一人暮らしの方に特にオススメなのが、工事不要で気軽に利用できるポケットWiFiやホームルーターです。

    また、高速通信や大容量のデータ通信が必要な方は、光回線を契約しましょう。

    那比光太(なびこうた)
    こうた
    今回はインターネット回線15社を比較して、以下のオススメ窓口を解説したよ!

    <モバイル回線のオススメ2選!>

    • ポケットWiFi・ホームルーターどちらもオススメ!Broad WiMAX
    • ホームルーターで最安値!モバレコAir

    <光回線のオススメ5選!>

    今回の記事を参考に、自分に必要なデータ容量や重視するポイントにあった満足いくインターネット回線を契約してくださいね。