閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

27社のインターネット回線を比較!自分に合った安い回線を選ぶコツ!

インターネット 安い-アイキャッチ

2019年11月現在、インターネット回線は、主に以下の4種類に分けられます。

<代表的なインターネット回線4種類>
どんな人におすすめ?
自宅で使える
固定回線
光回線
ケーブル回線など
自宅でオンラインゲームや
動画再生を制限なく、
安定した通信環境で快適に楽しみたい方
自宅で使う
モバイル回線
ホームルーター
自宅でネットを使うことが多い方
引っ越しが多い方
ネット回線の開通工事ができない方
外で使う
モバイル回線
モバイルルーター
外出先でネットを使うことが多い方
引っ越しが多い方
ネット回線の開通工事ができない方
スマートフォンの
モバイル回線
スマホでのモバイル通信
テザリング
スマートフォンで
大容量プランなどを契約している人
(しかし、割高になるケースも多い)

この記事で比較を行ったところ、最安のインターネット回線は次の結果となりました。

★最安の光回線
NURO光の申込・詳細チェック
NURO光公式サイト:https://www.nuro.jp/
★最安のルーター
GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細チェック
GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/
※3年間ずっと割引!月額2,170円~

しかし、スマホのセット割引や通信量などをチェックしていくと、タイプ別におすすめのインターネット回線は変わってきますよ!

この記事では、自分にピッタリな安いインターネット回線を選ぶコツや、インターネット回線の料金比較結果を解説していきます。

安いインターネット回線を探している方や、今よりインターネット料金を安くしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

(目次)この記事でわかること

まず知っておきたい「インターネット回線の違い」

自宅でインターネット環境を構築する方法として、主に次の4つが挙げられます。

ネット回線の種類
インターネットへの接続手段

※各解説のページへスクロールします

それぞれ通信速度や接続方法などが違うため、「どんな人におすすめか」も変わってきますよ。

次の項目から詳しくチェックしていきましょう!

固定回線

光回線に関する画像
固定回線とは、外から自宅まで、直接光ファイバーなどのケーブルを引き込むタイプのインターネット回線です。

例:フレッツ光・ソフトバンク光・ドコモ光・auひかり・NURO光

固定回線はモバイル回線と比較して、次のメリットがありますよ。

  • 直接回線を引き込む分、接続が安定している・通信速度が速い
  • 基本的に厳しい速度制限もない(3日10GBなどの上限がない)
  • Ping値もモバイル回線より安定している
那比光太(なびこうた)
こうた
安定した通信速度を求める人は、固定回線を契約したいところだね。

以上を踏まえると、固定回線の契約は次に当てはまる方におすすめです!

  • 自宅でネット回線の開通工事ができる人
  • 複数の機器をネットに接続する予定の人
  • オンラインゲームや動画のダウンロードなど、安定した回線を求めている人
固定回線の料金比較はコチラへジャンプ!

ホームルーターとモバイルルーター

ホームルーター3機種
ホームルーターやモバイルルーターは、外から飛んできたモバイル回線をルーターで受信することで、工事不要のインターネット環境を構築できる点が特徴です。

ホームルーターはコンセント接続式なので自宅のみで使えます。

機器の性能が高く、自宅の広い範囲に電波を飛ばせたり、たくさんの機器を同時にインターネット接続できますよ。

例:WiMAX HOME L02、SoftBank Air

一方で、モバイルルーターはバッテリー式なので、自宅でも外出先でもネット回線を作ることができます。

ですので、モバイルルーターは外出時間が長い人におすすめです。

例:PocketWiFi、WiMAX、どんなときもWiFi

以上から、モバイルルーターやホームルーターは、次に当てはまる方におすすめですよ!

  • マンションや賃貸住まいなど、ネット回線の開通工事ができない人
  • 1人暮らしの方
  • 2年以内に引っ越しの予定がある方
  • 主なインターネットの利用目的が「ネットサーフィン」の方
    (オンラインゲームなど、通信の安定性を重視する方は「固定回線」の方がおすすめ)
モバイルルーター・ホームルーターの料金比較はコチラへジャンプ!

スマホのモバイル通信やテザリング

スマホ
スマートフォンのモバイル通信やテザリングは、モバイル回線を受信して、工事不要でネット通信を行う方法です。

「テザリング」機能を利用すれば、パソコンやゲーム機など他の機器もネットに接続できます。

那比光太(なびこうた)
こうた
スマホ以外にネット回線がないなら、活用してみても良いね!

一方で、テザリングは基本的に、1か月で使えるギガ数が決まっているため、自由に動画を見たりアプリをダウンロードしたりするのは難しくなります。
(例:ドコモの「ギガライト」は最大7GB)

容量を追加で購入しても1ギガにつき1,000円など、追加料金が発生する可能性もありますので、割高になってしまう可能性もありますよ。

以上から、テザリングがおすすめなのは次に当てはまる方だといえます!

  • マンションや賃貸住まいなどネット回線の開通工事ができない人
  • ネットへの接続台数が少ない人
  • 大容量プランを契約している人

インターネット回線4つの平均料金を比較!

つづいて、前項でご紹介した4つのインターネット回線の「平均料金を比較」していきましょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
事前に平均料金を知っておくことで、高額すぎるインターネット回線の契約を防止できるわね!

まずは、4つのインターネット回線の「基本料金」に当たる部分を比較してみましょう。

<4つのインターネット回線の【平均基本料金】>
戸建て
マンション
無制限通信
固定回線
5,100円前後
3,800円前後
モバイルルーター
3,500円前後
ホームルーター
3,500円前後
スマホのモバイル通信スマホのテザリング
テザリング料金:500円∔データ通信料金3,000円~6,000円

※無制限通信の可否は、契約する窓口や契約プランによって変わる場合があります。

固定回線、とくに戸建住宅向けの場合は、モバイルルーターやホームルーターと比べると基本料金の設定が高めであることがわかります。

なお、スマートフォン回線におけるテザリング通信は、基本的に無制限プランでの契約ができません。

スマホのモバイル通信やテザリングは料金が割高になる場合も…

「テザリング」機能を使えば、スマートフォンで契約しているパケットをパソコンやタブレットなどでも使えます。

しかし、テザリングは料金が割高になる場合もあるので注意が必要です。

スマホでの通信量が多くなる関係上、多めの容量のプラン(20GB、30GBなど)を契約しなければいけないため、月々のスマホ代もアップしてしまいます。

さらに通信制限にかかったら、テザリング以外での通信も含めて速度は128kbpsに制限されてしまう注意点も…。

那比光太(なびこうた)
こうた
128kbpsは、メールやSNSでも読み込みが長いくらい遅いよ~!

パケットを追加購入すれば速度を戻せますが、1GB1,000円程度と高額です。

さらに、スマホのバッテリー消費が激しくなり、充電がすぐに無くなったり、バッテリーの劣化により製品寿命が短くなりやすいことにも気をつけなければいけません。

以上のことから、たくさん通信するなら別途固定回線やモバイルルーター、ホームルーターといったサービスを契約したほうが結果的にはお得と考えられますよ。

光回線への乗り換えで「パケット代が節約できた」という声も

わたしのネット独自調査で「1か月のインターネット料金」を調査したところ、「光回線へ乗り換えた結果、スマホ代を節約できた」という回答がありました。

ユーザー①の画像
ドコモ光利用者
家族が自分以外妻名義でドコモのスマホユーザーなので、その分お得になった。
ユーザー③
ドコモ光利用者
バラバラだった携帯電話と回線を一つにまとめたお陰でdポイントカードも金色になりました。
d払いやクレジット機能などでdポイントも前より貯まりやすくなったと思います。
1年に1度、選べる商品券のカタログも送られてくるし、ドコモ光を契約したことによって我が家はかなり恩恵を受けていると思います。
ユーザー②
eo光利用者
auの携帯を使っているので、スマホ代を節約できて助かります。
ユーザー④
ソフトバンク光利用者
家族3人がワイモバイルに乗り換えたとき、ソフトバンク光をおすすめされました。
格安スマホでもセット割が使えるとは思っていなかったのでありがたいです。
フレッツ光のころよりも、スマホ代だけではなく月額料金も安くなったので大変満足しています。

光回線やモバイルルーター・ホームルーターは、スマホとのセット割を実施しているケースも多いほか、スマホを無線通信に接続すれば、パケット量を抑えることもできます!

特に家族全員のスマホ代の高さに悩んでいる方には、光回線・モバイルルーター・ホームルーターの契約がおすすめです。

【アンケート結果】1か月のインターネット料金を調査!平均何円?

「他のインターネット利用者は毎月どれぐらいネット料金を支払っているの?」と、気になりませんか?

今回、インターネット回線を使っている60名の方にアンケートを行い、「ネットユーザーの毎月のネット料金」を平均で算出してみました。

<4つのインターネット回線の【支払い料金の平均】>
戸建て
マンション
無制限通信
固定回線
4,846円
4,266円
モバイルルーター
4,255円
ホームルーター
6,857円
スマホのモバイル通信スマホのテザリング
4,750円

※無制限通信の可否は、契約する窓口や契約プランによって変わる場合があります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ホームルーター以外、平均して4,000円台みたいだけど…。

全体的に見ると、前述した基本料金の平均額より高めの結果でした。

特にホームルーターは、2年間の割引期間が終了していたり、不要な有料オプションを契約していた結果、割高な支払額になってしまっているケースが多く見受けられました。

那比光太(なびこうた)
こうた
特に不要なオプションの契約には気を付けたいところだね…!
次の項目から、各回線の比較と併せて、安いインターネット回線を選ぶコツも紹介するよ!
  • 固定回線の料金比較はコチラへジャンプ!
  • モバイルルーター・ホームルーターの料金比較はコチラへジャンプ!

安い光回線は?戸建て・マンション別に20社のインターネット料金を比較!

光回線は光ファイバーの回線を、屋外から自宅に引き込む仕組みのインターネット回線です。

光回線を契約する場合、まずは以下の4つのポイントをチェックしましょう。

①最大1Gbpsのプランを契約できる?
光回線は通信速度が速く、NURO光は最大2Gbps、その他は基本的に1Gbpsで通信できます。
ただし一部のマンションなど、1Gbps以下のプランしか契約できないケースもあるのでご注意ください。
(例:eo光のVDSLプランは100Mbps)
②月額料金は平均より安い?
前項でご紹介した通り、光回線の基本料金は戸建住宅で平均5,100円、マンションでは平均3,800円程度です。
平均料金と比較して安ければ、お得な光回線と考えられますよ。
③割引・キャンペーンは充実している?
光回線には、様々な料金をお得にできる割引・キャンペーンがあります。
特に以下の3つの割引・キャンペーンはお得度が高いので、契約前に利用できるかチェックしてみましょう!

  • 工事費無料キャンペーン
  • キャッシュバックキャンペーン
  • 他社解約違約金のキャッシュバックキャンペーン
スマホなどのセット割引はあるか
ドコモ光はドコモ、auひかりはauなど、対応するスマートフォンとのセット割引を提供している光回線もあります。
セット割を使える光回線を選べば、月々のスマートフォン料金が下がるので、結果的に出費を大幅に抑えられますよ。

それでは、ここまでの解説を踏まえて、まずは戸建てタイプの光回線を比較してみましょう。

<【戸建てタイプ】光回線20社の料金・キャンペーン比較表>
月額基本料金
平均速度※8
工事費無料
キャンペーン
セット割引
キャッシュバック
3年間の実質費用※1
auひかり
5,100円~
222.62Mbps
au
60,000円
141,000円※3
NURO光
4,743円
279.82Mbps
Softbank
33,000円
156,748円※5
So-net光プラス
5,700円
210.82Mbps
au
158,280円
BIGLOBE光
4,980円
152.11Mbps
au
BIGLOBE SIM
39,000円
158,280円
eo光
5,048円
205.52Mbps
au
10,000円
162,718円
楽天ひかり
4,800円
95.32Mbps
楽天モバイル
19,000円
172,600円
ソフトバンク光
5,200円
185.97Mbps
Softbank
Y!mobile
35,000円
173,200円
ぷらら光
4,800円
173.36Mbps

18,000円
ひかりTV
35,000円
173,800円
@スマート光
4,300円
44.57Mbps

※期間限定
175,800円
@nifty光
5,200円~
149.53Mbps

18,000円
au
30,100円
177,100円
ドコモ光
5,200円
160.22Mbps
docomo
最大20,000円
183,200円
コミュファ光
5,550円
314.06Mbps
au
30,000円
184,400円※4
DTI光
4,800円~
219.43Mbps
au
DTI SIM
19,000円
190,600円
enひかり
4,300円
177.62Mbps

15,000円
UQ mobile
190,800円
Marubeni光
5,230円
55.86Mbps

19,000円
192,000円
excite光
4,360円
133.47Mbps

19,000円
194,960円
OCN光
5,100円
152.43Mbps

18,000円
OCNモバイルONE
10,000円
212,600円
Broad光
5,180円
60.22Mbps

24,000円
231,480円
フレッツ光(東日本)
6,800円※6
158.9Mbps

18,000円
259,800円※6
フレッツ光(西日本)
6,500円※6

18,000円
5,000円
197,520円※6

※1:すべて1ギガプラン(NUROは2ギガプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算しています
※2:関西・東海はマンションのみ提供
※3:au one netで「口座振替・クレジットカード割引」を適用させた場合
※4:auスマートバリューを適用しない場合のみ、ギガデビュー割で-32,160円で3年間の実質料金は「152,240円」
※5:関東の場合。東海・関西・九州のひかり電話利用料は300円なので、3年間の実質料金は「149,548」円
※6:プロバイダ料金の例として、OCNの「1,100円」を加算しています。プロバイダの平均料金は、500円~1,200円ほどです。
※7:2019年11月現在のデータです
※8:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています

続いて、マンションの光回線の比較表は次のとおりです。

<【マンションタイプ】光回線20社比較一覧表>
月額基本料金
平均速度※8
工事費無料
キャンペーン
セット割引
キャッシュ
バック
3年間の
実質費用※1
auひかり
4,050円※3
222.62Mbps
au
60,000円
106,800円
NURO光
1,900円~※4
279.82Mbps
Softbank
10,000円
119,400円
ソフトバンク光
3,800円
185.97Mbps
Softbank
Y!mobile
35,000円
122,800円
BIGLOBE光
3,980円
152.11Mbps
au
BIGLOBE SIM
39,000円
122,280円
ぷらら光
3,600円
173.36Mbps

15,000円
ひかりTV
35,000円
127,600円
eo光
3,524円
205.52Mbps
au
5,000円
128,160円
So-net光プラス
4,480円
210.82Mbps
au
128,280円
@nifty光
3,980円
149.53Mbps

15,000円
au
30,100円
132,680円
@スマート光
3,300円
44.57Mbps

※期間限定
139,800円
ドコモ光
4,000円※5
160.22Mbps
docomo
15,000円
140,000円
DTI光
3,600円
219.43Mbps
au
DTI SIM
19,000円
144,400円
excite光
3,360円
133.47Mbps

15,000円
154,960円
OCN光
3,600円
152.43Mbps

18,000円
OCNモバイルONE
10,000円
158,600円
コミュファ光
5,500円※6
314.06Mbps
au
30,000円
184,400円
Marubeni光
3,880円
55.86Mbps

19,000円
143,400円
フレッツ光(西日本)
4,600円~
※4※7
158.9Mbps

15,800円
5,000円
166,400円※7
Broad光
4,080円
60.22Mbps

24,000円
191,880円
フレッツ光(東日本)
4,750円~
※4※7
158.9Mbps

15,000円
5,000円
203,200円※7
enひかり
3,300円
177.62Mbps

15,000円
UQ mobile
154,800円
楽天ひかり
3,800円
95.32Mbps
楽天モバイル
136,600円

※1:すべて1ギガプラン(NUROは2ギガプラン)、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算しています
※2:関西・東海はマンションのみ提供
※3:「マンションギガプラン」au one netで「口座振替・クレジットカード割引」を適用させた場合
※4:入居者人数によって月額料金が変動します
※5:タイプAの料金を記載しています
※6:auスマートバリューを適用しない場合のみ、ギガデビュー割で-32,160円で3年間の実質料金は「152,240円」
※7:プロバイダ料金込みの金額で計算しています。今回はOCN(ひと月900円)で算出。
※8:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています

比較した結果、戸建てタイプ・マンションとも3年間利用した場合の料金がお得になるのはauひかりでした。

しかし、だからといって「auひかりを契約すれば、必ずお得に契約できる」というわけではありません!

先ほどご紹介したスマートフォンとの「セット割」も含めると、各社の「3年間の実質料金」が更に割引されます。

「月額料金の安さ」と「セット割」両方を踏まえると、お得になるのは次の光回線でした。

【戸建て・マンションの月額料金最安値!】「NURO光」

NURO光のロゴ
NURO光は下り最大2Gbps・上り最大1Gbps対応の光回線で、通信速度・月額料金の安さともに好評の光回線です。

特に最大通信速度の速さと月額料金の安さは、今回比較した中でも一番優秀でした!

なお、NURO光は北海道・関東・関西・東海・九州の一部地域限定の光回線です。
NURO光がエリア外の方は、下記の回線をチェックしてくださいね。

<NURO光の基本情報>
月額料金(戸建て)
4,743円
月額料金(マンション)
1,900円~
キャッシュバック
戸建:45,000円
マンション:10,000円
適用できるセット割
ソフトバンク
こんな人にオススメ!
  • とにかく通信速度を重視したい人
  • ソフトバンクのスマホを利用している人

NURO光は、通常プランの通信速度が他社より圧倒的に速い下り2Gbpsで、月額料金も安いため、コストパフォーマンスが高いのが魅力ですね。

ただし利用できるエリアは下記のとおりに限られているため、契約前にエリア確認が必須となります。

関東:東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海:愛知、静岡、岐阜、三重
関西:大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州:福岡、佐賀

また、NURO光はただ月額料金が安いだけでなく、戸建て・マンションとも公式のキャッシュバックキャンペーンを実施しているメリットがあります。

戸建住宅なら公式サイトからの申込みで45,000円、マンションは10,000円のキャッシュバックを受け取れますよ。

  • NURO光「戸建てタイプ」の詳しい解説記事はコチラ
  • NURO光「マンションタイプ」の詳しい解説記事はコチラ
NURO光の申込・詳細チェック
NURO光公式サイト:https://www.nuro.jp/
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

【3年間の実質料金が最安値!】auユーザーなら「auひかり」

インターネットサービスauひかりの料金・キャッシュバック・速度を解説!
auひかりは、auが展開する独自の光回線サービスです。

<auひかりの基本情報>
月額料金
(戸建て)
4,900~5,100円
(ずっとギガ得プラン)
月額料金
(マンション)
4,050円(ギガ)
最大速度と
平均速度
最大1Gbps/全国平均221.01Mbps
キャッシュバック
最大60,000円キャッシュバック
適用できる
セット割
au
こんな人にオススメ!
  • キャッシュバックで実質料金を下げたい人
  • auユーザーの人

※2019年11月現在のデータです。
※平均速度は2019年11月12日現在、みんなのネット回線速度に投稿された平均値を記載しています。

auひかりを契約する最大のメリットは、ずばりキャッシュバック額の高額さです!

auひかりのキャッシュバック額は、今回比較した20回線の中で、戸建・マンションともに最高額でした。

<auひかりのキャッシュバック額>
auひかりのみ契約した場合
50,000円キャッシュバック
auひかり
+ひかり電話を契約した場合
60,000円キャッシュバック
振り込み時期
最短で開通月の翌月
受け取り方法
指定した口座に自動振り込み

なお、60,000円キャッシュバックは特設サイトからの申し込み限定ですので注意してくださいね。
※公式サイトから申し込みを行った場合、60,000円キャッシュバックは対象外になります。

また、あわせてauひかり電話を契約すると、毎月最大2,000円(税抜)×10回線まで、auスマホ料金が割引されますよ!

さらに、auひかりは他社と回線を共有していないため、通信速度もNURO光に次いで高速でした。

安さ・速度ともに優秀なauひかりは、NURO光と同じく「コスパが高い光回線」といえますね。

auひかりの申込・詳細チェック
最大60,000円特典:https://au-hikarinet.com/
※auひかり正規販売代理店
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

ソフトバンクユーザーなら「ソフトバンク光」

ソフトバンク光のロゴ
ソフトバンク光は上下最大1Gbps対応で、フレッツ光の光回線を借り受けているサービスです。

<ソフトバンク光の基本情報>
月額料金(戸建て)
5,200円
月額料金(マンション)
3,800円
キャッシュバック
最大33,000円キャッシュバック
適用できるセット割
ソフトバンク、ワイモバイル
こんな人にオススメ!
  • ソフトバンクやワイモバイルユーザーの人
  • 乗り換えコストを抑えたい人

ソフトバンク光の魅力は、ソフトバンクスマホとワイモバイルのセット割が利用できることです。

月額500円(税抜)~のオプション契約を条件に、ソフトバンクスマートフォン料金は毎月最大1,000円(税抜)×10回線割引されますよ!

さらに、回線速度を改善するIPv6接続自体の利用料は無料であることから、NURO光がエリア外だったソフトバンクユーザーには、ソフトバンク光が最適の選択肢と言えます。

なお、Y!mobileとのセット割引はNURO光だと対応していません。

NURO光のエリア内でも、ワイモバイルの料金を下げたい場合はソフトバンク光がオススメです。

また、ソフトバンク光は代理店限定で33,000円キャッシュバックをもらえたり、他社から乗り換える場合違約金最大10万円キャッシュバックをしてくれます。

とくに乗り換え費用を負担してくれるのはお得なので、現在他社固定回線やモバイル回線を使っている方は、ソフトバンクユーザーでなくても要検討ですね。

ソフトバンク光の申込・詳細チェック
最大33,000円特典:https://softbank-hikaricollabo.com/
※ソフトバンク光正規販売代理店
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

ドコモ光のロゴ (1)
ドコモ光は、唯一ドコモのスマートフォンとセット割ができる光回線です。

<ドコモ光の基本情報>
月額料金(戸建て)
5,200円
月額料金(マンション)
4,000円
キャッシュバック
代理店サイトからの申し込みで、15,000円キャッシュバック
公式キャンペーンでdポイント最大10,000ポイントプレゼント
適用できるセット割
ドコモ
こんな人にオススメ!
ドコモユーザーの人

※タイプAに含まれるプロバイダを選んだ際の料金を表示しています。

ドコモスマホとのセット割は他の光回線だと受けられないので、ドコモユーザーがまず検討すべきはドコモ光です。

ドコモ光では、dポイント5,000ptの進呈など、ドコモユーザーに嬉しい特典が展開されていますよ!

工事費無料キャンペーンもしっかり実施されているほか、プロバイダを自由に選択できる点も他の光コラボではあまり見ない嬉しいポイントです。

さらに、ドコモ光はGMOとくとくBB公式サイトからの申し込みで、次のキャンペーンを適用できますよ!

ドコモ光の申込・詳細チェック
GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

ひかりTVを契約するなら「ぷらら光」

ぷらら光メイトwithフレッツのまとめ|ぷらら光との違いや料金・速度など
ぷらら光は、ひかりTVを使う予定があり、光回線と合わせてお得に使いたい人に最適です。

<ぷらら光の基本情報>
月額料金(戸建て)
4,800円
月額料金(マンション)
3,600円
キャッシュバック
公式サイトからの申し込みで、35,000円キャッシュバック+ひかりTV申し込みで20,000円キャッシュバック
適用できるセット割
ひかりTV
こんな人にオススメ!
ひかりTVで、映画やドラマなどのコンテンツを楽しみたい人

ぷらら光のセット割は、スマートフォンでなくひかりTVに対応しています。

ひかりTVとは、光ファイバーと専用のチューナーを使って放送を受信し、映画やドラマ、スポーツ中継、アニメなどの専門チャンネルを楽しめるサービスです。

那比光太(なびこうた)
こうた
さらにひかりTVは動画配信も行っていて、対象プランを契約すれば見放題の動画コンテンツを自由に楽しむこともできるよ!

ぷらら光とひかりTVをセットで契約すると、月額600円(税抜)の割引を受けられます。

ひかりTVは2年契約をすると元々1,000円(税抜)の月額割引を受けられますが、ぷらら光とのセット割を併用すれば、合計1,600円(税抜)お得に利用できるんです!

例:通常月額2,500円のテレビおすすめプランは、900円で利用可能

さらに、ぷらら光はキャッシュバックキャンペーンを実施しており、条件を満たせば最大55,000円のキャッシュバックまでもらえます。

<ぷらら光のキャッシュバック早見表>
キャッシュバック額
ぷらら光
+ひかりTVの新規契約
55,000円
(ぷらら光契約分35,000円+
ひかりTV契約分20,000円)
フレッツ光からぷらら光への転用
または
他社光コラボからぷらら光への事業者変更
+ひかりTV申し込み
30,000円
(ぷらら光契約分10,000円+
ひかりTV契約分20,000円)

※2019年11月現在のデータです

キャッシュバック受け取りまでの流れはつぎのとおりです。

  1. ぷらら光の契約を10か月以上継続する
  2. ぷららのメールアドレスに振込口座確認メールが届く
  3. 口座を指定する
  4. 指定口座に振り込み

なお、今回ご紹介したキャッシュバックは公式サイト限定です。

詳しくはぷらら光の公式サイトをチェックしてみてくださいね!

ぷらら光の申込・詳細チェック
NTTぷらら公式:https://www.plala.or.jp/
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

【ホームルーター・モバイルルーター】全7社のインターネット料金を比較!

ホームルーターとモバイルルーターは、どちらもモバイル回線を使っているインターネット回線です。

エリア内でルーターの電源を入れれば、すぐにインターネット環境が整いますよ。

ホームルーターとモバイルルーターを選ぶポイントは、以下のとおりです。

①自宅で使う?外出先で使う?
ホームルーターはコンセント接続式なので、自宅でのみ使う予定ならホームルーターを選びましょう。
外出先でも通信したい場合は、バッテリー内蔵で外でも通信できるモバイルルーターを選べばOKです。
②無制限通信はできる?
ホームルーターやモバイルルーターには複数の料金プランがあり、月○○GBという上限があるものもあれば、無制限通信ができるものもあります。
通信制限がかかると、月末まで低速になってしまうのでご注意ください。
たくさん通信するなら無制限通信対応のプランがおすすめですが、無制限プランでも「3日間10GB以上の利用で1Mbpsに制限」といったケースもあるため、サービス内容はよく確認しましょう。
③月額料金は平均よりも安い?
記事の冒頭で紹介したとおり、モバイルルーター・ホームルーターとも平均料金は3,500円ほどです。
平均料金より安ければお得、高いとやや高めと考えられます。
④割引・キャンペーンは充実している?
ホームルーターやモバイルルーターを契約する場合、特にお得になるのは次のキャンペーンです。

  • 端末代金無料キャンペーン
  • キャッシュバックキャンペーン

端末代金が無料になれば支払額を数千円~数万円抑えられますし、キャッシュバックがあれば実質の負担額が大幅に下がりますよ。

⑤スマホなどのセット割引はある?
例えば、SoftBank Airならソフトバンクのスマホと、WiMAXの中にはauやUQ mobileとのセット割に対応するものがあります。
セット割が使えるモバイルルーター・ホームルーターを選べば、月々の負担を抑えられますよ。

ここまでの解説を踏まえて、まずはモバイルルーターの月額料金を比較してみましょう。

<モバイルルーター6社の月額料金比較表>
月額基本料金
平均
ダウンロード速度
使い放題プラン
(通信制限)
端末代金
キャッシュバック
セット割引
NEXT mobile
1~24か月目:3,100円
25か月目以降:3,600円
21.75Mbps
あり
無料
なし
なし
どんなときもWiFi
初月:3,480円の日割り料金
1~24ヶ月:3,480円/月
25ヶ月目以降:3,980円/月
24.26Mbps
あり
レンタル料金
無料
なし
なし
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
/center>
1~2か月目:2,170円
3~36か月目:2,690円
37か月目以降:3,609円
30.83Mbps
あり
(※3日間で
10GB制限あり)
無料
2,000円
au
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
1~2か月目:3,609円
3~24か月目:4,263円
25か月目以降:4,263円
30.83Mbps
あり
(※3日間で
10GB制限あり)
無料
最大34,800円
(※契約機種により異なる)
au
Broad WiMAX
1~2か月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
30.82Mbps
あり
(※3日間で
10GB制限あり)
無料
最大19,000円
(※他社解約違約金のみ)
au
Pocket WiFi(Y!mobile)
3,696円
(アドバンスオプション契約時4,380円)
25.09Mbps
なし
(※アドバンスオプション契約で
無制限通信可能。
3日間で10GB制限あり。)
無料
なし
なし

※2019年11月12日時点のデータです。
※平均速度は2019年11月12日現在、みんなのネット回線速度に投稿された平均値を記載しています。

GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細チェック
GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/
※1月限定34,500円キャッシュバック

続いて、ホームルーターの料金比較結果が以下のとおりです。

<ホームルーター5社の月額料金比較表>
月額基本料金
平均
ダウンロード速度
使い放題プラン
(通信制限)
端末代金
キャッシュバック
セット割引
SoftBank Air(モバレコエアー)
1~2ヶ月目:1,970円
3~24ヶ月目:3,344円
25ヶ月目以降:4,880円
25.46Mbps
あり
無料
28,000円
SoftBank
NEXT mobile
1~24か月目:3,100円
25か月目以降:3,600円
21.75Mbps
あり
無料
なし
なし
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
1~2か月目:2,170円
3~36か月目:2,690円
37か月目以降:3,609円
30.83Mbps
あり
(※3日間で
10GB制限あり)
無料
2,000円
au
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
1~2か月目:3,609円
3~24か月目:4,263円
25か月目以降:4,263円
30.83Mbps
あり
(※3日間で
10GB制限あり)
無料
最大34,800円
(※契約機種により異なる)
au
Broad WiMAX
1~2か月目:2,726円
3~24カ月目:3,411円
25か月目以降:4,011円
30.82Mbps
あり
(※3日間で
10GB制限あり)
無料
最大19,000円
(※他社解約違約金のみ)
au

※2019年11月12日時点のデータです。
※平均速度は2019年11月12日現在、みんなのネット回線速度に投稿された平均値を記載しています。

モバレコエアーの申込・詳細チェック
モバレコ公式:https://air-mobareco.jp/
SoftBank Airのアライアンスモデル
那比得子(なびとくこ)
とくこ
自分が重視するポイントをもとに契約先を選んでね!

次の項目から、各モバイルルーター・ホームルーターの申込窓口について詳しく解説していきます。

【月額料金が最安】GMOとくとくWiMAXの「月額料金大幅割引キャンペーン」

GMOとくとくBBの料金割引キャンペーン
GMOとくとくWiMAXは、大手インターネットプロバイダであるGMOとくとくBBが提供するWiMAXのサービスです。

「月額料金大幅割引キャンペーン」では月々の支払額を抑えられるので、出費自体を直接節約したい人に最適ですよ。

<GMOとくとくWiMAXの基本情報>
月額料金
~2ヶ月目2,170円
3~36ヶ月目3,480円
37ヶ月目~4,263円
キャッシュバック
2,000円
適用できるセット割
au
UQ mobile
こんな人にオススメ!
月々の支払額を直接抑えたい人

GMOとくとくWiMAXのギガ放題プランは月間の通信量上限がなく、下り最大1.2Gbpsの高速で通信可能です。
(W06選択時、ハイスピードプラスエリアモード+ハイパフォーマンスモード+4×4MIMO+USB接続時)

ただし3日間に10GB以上通信した場合は、翌日18時~翌々日2時までの速度が1Mbpsに制限されることにご注意ください。(2時~18時は制限なし)

そしてGMOとくとくWiMAXの月額割引キャンペーンでは、月額料金を3年間最大3,480円(税抜)まで抑えられるだけでなく、2000円キャッシュバックももらえます!

キャッシュバックは次の手順で受け取ることができますよ。

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、GMOとくとくBBの「基本メールアドレス」へメールが届く
  2. 届いたメールから振込先口座を指定する
    (メール送信日の翌月末までに回答が必要です)
  3. 翌月末営業日にキャッシュバックが振り込まれる

さらにGMOとくとくWiMAXは、「auスマートバリューmine」や「ギガMAX月割」にも対応。

auスマートフォン料金が毎月最大1,000円(税抜)引きUQ mobileは300円(税抜)引きになります。

auやUQのスマホをお使いの方は、セット割を活用してスマホ代の節約もできますよ!

GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細チェック
GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/
※3年間ずっと割引!月額2,170円~
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

【キャッシュバックが最高額】GMOとくとくWiMAXの「キャッシュバックキャンペーン」

WiMAXならGMOとくとくBB - 高額キャッシュバックキャンペーン
GMOとくとくWiMAXは、大手インターネットプロバイダ・GMOとくとくBBが提供するWiMAXのサービスです。

前項では月額割引のキャンペーンを紹介しましたが、GMOとくとくBBでは高額キャッシュバックのキャンペーンも展開していますよ!

<GMOとくとくWiMAXの基本情報>
月額料金
~3ヶ月目3,609円
4ヶ月目~4,263円
キャッシュバック
最大34,800円
(※2020年3月現在)
適用できるセット割
au、UQ mobile
こんな人にオススメ!
キャッシュバックで後から高額還元を受けたい人

2020年3月現在では、最大34,800円の高額なキャッシュバックをもらえます!

キャッシュバックキャンペーンは、後から欲しい物を買ったり、月額料金の支払いに充てたりと自由に活用したい人におすすめですよ。

キャッシュバックは次の手順で受け取ることができますよ。

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、GMOとくとくBBの「基本メールアドレス」へメールが届く
  2. 届いたメールから振込先口座を指定する
    (メール送信日の翌月末までに回答が必要です)
  3. 翌月末営業日にキャッシュバックが振り込まれる

なお、キャッシュバックキャンペーンを選択しても、3か月間の月額料金は割引価格の「3,609円(税抜)」で利用できます。

その後は料金が固定で、4年目以降も変動はありません。

さらにGMOとくとくWiMAXは、キャッシュバックキャンペーンでももちろん、auスマートバリューmineやギガMAX月割にも対応。

auスマートフォンは毎月最大1,000円(税抜)、UQ mobileは300円(税抜)割引になるので、活用してスマホ代を節約してみてはどうでしょうか。

GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細チェック
GMOとくとくBB公式:https://gmobb.jp/
※1月限定34,500円キャッシュバック
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

【モバイルルーターで速度制限なし】NEXT mobile

NEXT mobileは、モバイルルーターの中でも数少ない、厳しい速度制限が存在しないサービスです。

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信」や違法ダウンロードのような不正利用をしない限り、速度を制限されることはありません。

<NEXT mobileの基本情報>
月額料金
  • 1~24か月目:3,100円
  • 25か月目以降:3,600円
キャッシュバック
なし
適用できるセット割
なし
こんな人にオススメ!
制限無しで快適に通信したい人

NEXT mobileはWiMAX等のサービスと違って、「3日間での通信制限」といった数日・1ヶ月単位での高速通信量上限がありません。

ですので、毎日制限を気にせず自由に通信したい人に最適ですよ。

ただし通信速度は下り最大150Mbpsとなっていて、WiMAXの下り最大1.2Gbps(W06)などに比べると遅めであることにご注意ください。

なお、NEXT mobileは2019年11月に大幅にプラン改定があり、今回ご紹介した「使い放題プラン」が他社よりも安価な価格で提供され始めました。

通信制限を気にせずモバイルルーターやホームルーターを契約したい方は、この機会にNEXT mobileを契約してみてはいかがでしょうか?

NEXT mobileの申込・詳細チェック
NEXT mobile公式:https://next-mobile.jp/
※完全使い放題&無制限
次の「インターネットの契約に必要な料金」まではコチラからジャンプ

【ホームルーターで速度制限なし)SoftBank Air

ソフトバンクAir
SoftBank Airはソフトバンクが展開するホームルーターサービスです。

SoftBank Airは「3日○○GB」「1ヶ月○○GB」といった制限がなく、自由に通信できます。

そのため、自宅で固定回線代わりにしてインターネットを楽しみたい人におすすめですよ。

<SoftBank Airの基本情報>
月額料金
1~2ヶ月目:1,970円
3~24ヶ月目:3,344円
25ヶ月目以降:4,880円
(モバレコAirの場合)
キャッシュバック
28,000円
適用できるセット割
ソフトバンク
こんな人にオススメ!
ソフトバンクユーザーの人、自宅で自由に通信したい人

Softbankはホームルーターであるため持ち運びによる外での通信はできませんが、自宅内で広い範囲に電波を飛ばし、快適にインターネットを使えますよ。

さらに、SoftBank Airでは、届いたメールから手続きを行うことで、28,000円キャッシュバックを実施しています!

キャッシュバックは最短翌月末振り込みで、有料オプションの契約不要なところが嬉しいポイントです。

また、ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」で、スマートフォン料金を毎月最大1,000円(税抜)×10回線割引にしてもらうこともできますよ。

モバレコエアーの申込・詳細チェック
モバレコ公式:https://air-mobareco.jp/
SoftBank Airのアライアンスモデル

SoftBank Airについて
詳しい解説はこちら

月額料金だけじゃない!インターネット契約に必要な料金一覧

料金に関する画像
インターネット回線の契約には、月額料金以外にも様々な料金が必要です。

<インターネットの利用で必要な料金一覧>
光回線
初期工事費用
契約手数料
ルーター代
プロバイダー料金
セキュリティー費用
ホームルーター
モバイルルーター
端末代金

光回線やホームルーター・モバイルルーターにおける各料金を解説するので、チェックしておいてくださいね。

光回線の契約でかかる料金はコチラへジャンプ!
ホームルーター・モバイルルーターの契約でかかる料金はコチラへジャンプ!

光回線の契約で必要な料金

光回線の契約でかかる料金は主に、以下のとおりです。

それぞれの平均的な費用を解説するので、自分の場合いくらかかるかも合わせて計算してみてください。

初期工事費用

光回線は自宅内に回線設備を引き込まなければ使えません。

そのため、契約時に初期工事費用がかかります。

<契約手数料の概要>
必要性
必須
いつ発生する?
契約申込時
平均何円?
700円~3,000円
フレッツ光は800円

工事費は高額ですが、NURO光やauひかりなど、中にはキャンペーンで負担を抑えられるものもあります。

ただし「月額割引」で工事費を相殺するキャンペーンの場合、工事費完済前に解約すると残債をまとめて支払わなければならないのでご注意ください。

契約手数料

インターネット回線を契約する際は、初月に契約手数料がかかります。

<契約手数料の概要>
必要性
必須
いつ発生する?
契約申込時
平均何円?
700円~3,000円
フレッツ光は800円

基本的に3,000円程度の費用がかかるので、忘れずに用意しておきましょう。

ルーター代

光回線で複数の機器をまとめてインターネットに繋げたり、Wi-Fiで無線接続するには、ルーターの用意が必要です。

ルーターは光回線や契約したプロバイダからレンタルできたり、自分で購入することで用意できます。

<無線LANルーターの概要>
必要性
任意
(しかし、ないと無線LANを利用できない)
いつ発生する?
レンタルなら毎月
購入なら購入時
平均何円?
レンタルなら毎月300円程度
自分で購入するなら5,000~10,000円

ルーターは、NURO光やドコモ光(プロバイダをGMOとくとくBBにした場合)など、無料でレンタルできる光回線もあります。

なお、無料レンタルができない場合、長期間光回線を使うなら、自分で購入したほうが費用を安く抑えられますよ。

プロバイダ料金

光回線は、「インターネットプロバイダ」を契約しなければ、インターネットを利用できません。

ドコモ光などの「光コラボレーション」や、auひかり、NURO光などの光回線サービスは元々月額料金にプロバイダ料金が含まれています。

しかし、フレッツ光では別途契約・支払いが必要です。

<プロバイダ料金の概要>
必要性
フレッツ光では必須
(他社回線は基本的に、月額料金に含まれるため不要)
いつ発生する?
毎月
平均何円?
1,000円

フレッツ光を契約する方は、プロバイダの契約と料金の支払いを忘れないようご注意くださいね。

セキュリティ費用

インターネット上には、有害なウイルスや詐欺サイトなどが存在します。

パソコンに搭載されている標準のセキュリティサービスだけだと対策が万全とは言い難いです。

そこで、トラブルをしっかり防ぎたい場合は、プロバイダや光回線で提供されているセキュリティサービスを申し込みましょう。

<セキュリティ対策費の概要>
必要性
ウイルス対策をしっかり行いたい場合は要検討
いつ発生する?
毎月
平均何円?
500円

なお無料のセキュリティ対策ソフトや、市販のソフトもあります。

希望に合わせて利用先を選んでくださいね。

那比光太(なびこうた)
こうた
ちなみにSo-net光なら、高性能セキュリティソフト「S-SAFE」が無料だよ!

ホームルーター・モバイルルーターの契約で必要な料金

ホームルーターやモバイルルーターを契約する際は、契約手数料3,000円(税抜)程度に加えて通信に使う端末代が発生する場合があることにご注意ください。

なお、GMOとくとくWiMAXやどんなときもWiFiなど「端末代無料キャンペーン」を実施している窓口から契約すれば、端末料金は必要ありません。

しかし、端末代無料キャンペーンを実施していなければ、約15,000円~30,000円ほどの端末代を請求される場合がありますよ。
例:UQ WiMAXでは端末代が15,000円(税抜)に設定されています。

料金の安いインターネット回線を契約する際に注意したいポイント

料金が安いインターネット回線を使いたい場合は、次の4つのポイントを抑えておく必要があります。

それぞれ解説するので、覚えておいてよりお得な選択肢を選びましょう。

1.固定回線を契約する際は「回線の違い」を重視しよう!

固定回線は光回線だけでなく、他にも様々な種類があります。

<固定回線4つの違い>
特徴
光回線
光ファイバーを使用、1Gbpsなど高速
VDSL
1本の光ファイバーをマンションなど、各部屋で分け合う方式。
利用者が多いほど速度が低下。
ADSL
電話回線を使用、最大50Mbpsで遅め
ケーブルテレビの
インターネット回線
ケーブルテレビの回線を使用
下り320Mbps(J:COM)など申込先によって速度はバラバラ

建物によっては希望の光回線を利用できず、地元のケーブルテレビ回線やADSLしか契約できない場合もあります。

万が一自宅で光回線を使えない場合は、工事不要でインターネット環境を整えられる=建物が固定回線に非対応でも利用できる「ホームルーター」や「モバイルルーター」をご検討ください。

2.キャンペーン適用条件はしっかり確認しておこう

インターネットの申し込みキャンペーンには、「オプションを契約」「○ヶ月間の継続利用」などの適用条件が設けられている場合があります。

条件をよく読んで、自分にとって不利な条件がないか、よく確認しておきましょう。

3.月額料金割引は何か月まで適用されている?

インターネット回線の月額割引は期限があり、一定期間を過ぎると終了してしまうケースが多いです。

例えばGMOとくとくWiMAX(キャッシュバックキャンペーン)では最大3ヶ月間の月額割引があり、4ヶ月目からは料金が上がります。

割引の適用期間をしっかりチェックしつつ、サービスを選択してくださいね。

4.賃貸やひとり暮らしならホームルーターがおすすめ

SoftBank Air
賃貸物件に住んでいたり、大学進学などでひとり暮らしをしている方は、ホームルーターも要検討です!

ひとり暮らしで昼間に家にいる時間が少ない場合、立ち会いでの開通工事のためにスケジュールを空けるのは難しいのではないでしょうか?

また転勤などを理由に引っ越しが多い、間近に控えているなら、せっかく固定回線を契約しても、すぐに違約金の支払いが必要になる難点も…。

さらに賃貸物件の場合、大家さんの都合で光回線の導入を断られてしまうケースもありますよね。

ホームルーターなら工事不要なのでルーターが届けばすぐに利用可能です!

また、引越し先でもコンセントに接続すれば、インターネット環境が即座に整いますよ!

ホームルーターについて
詳しい解説はこちら

まとめ

インターネット回線には、光回線とモバイル回線、そしてスマートフォンを使ったモバイル通信・テザリングといった選択肢があります。

<代表的なインターネット回線4種類>
どんな人におすすめ?
自宅で使える
固定回線
光回線
ケーブル回線など
自宅でオンラインゲームや
動画再生を制限なく、
安定した通信環境で快適に楽しみたい方
自宅で使う
モバイル回線
ホームルーター
自宅でネットを使うことが多い方
引っ越しが多い方
ネット回線の開通工事ができない方
外で使う
モバイル回線
モバイルルーター
外出先でネットを使うことが多い方
引っ越しが多い方
ネット回線の開通工事ができない方
スマートフォンの
モバイル回線
スマホでのモバイル通信
テザリング
スマートフォンで
大容量プランなどを契約している人
(しかし、割高になるケースも多い)

まずは自分にとってどのインターネット回線がお得になるかをチェックしてみましょう!

そして、今回比較した結果、タイプ別の「安いインターネット回線」は次のとおりの結果でした。

タイプ別の安い固定回線
タイプ別の
安いホームルーター・モバイルルーター

今回の解説した「安いインターネット回線を契約する注意点」もふまえて、自分にとって一番お得になるネット回線を契約してくださいね!

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。