閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

インターネットを安く使いたい!一番安いサービスの選び方

知らなきゃ損!?3つの”安いインターネット回線の見分け方”!

現代社会において、インターネットは私たちの生活に必要不可欠なものですよね。インターネットの利用料も、固定費の代表的なものになりました。当然、毎月かかってくる費用ですから、インターネットできる限り安く利用したいですよね。

しかし、インターネットサービスは料金体系が非常に複雑で、スマホとのセット割引や、キャンペーンの充実度なども考慮しなければなりません。本当に一番安いサービスがどれなのか分からずに困っている方も多いでしょう。

そこで今回は、インターネットやスマホの利用状況別に、一番安いサービスを選ぶ方法を解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

インターネットの料金内訳

インターネットの料金は単に回線使用料だけで無く、プロバイダ契約料などを含めてトータルで考えましょう。

ここでは、インターネットの料金内訳について説明します。

回線利用料

インターネットを利用するためには、回線契約と、次に解説するプロバイダ契約の2つが必要です。

回線契約は言葉通り、光回線などのインターネット回線を利用するためにかかる料金です。

一戸建ての場合は、建物に対して専用の線を引くことになるのに対し、マンションの場合は、1本の回線を複数の世帯で分けて使用するので、割安になる傾向があります。

目安の料金は下記のとおりです。

<回線利用料の目安>

  • 戸建:5,000~5,500円前後
  • マンション:3,000~4,000円前後

 

プロバイダ契約料

回線契約が回線を利用する権利を得られるのに対し、プロバイダ契約とは、回線を利用してインターネットに接続できるようにしてもらうための契約です。

このプロバイダには非常に多くの業者が存在しており、どのプロバイダを選ぶかによってもプロバイダ契約料は変わってきます。

また、最近では、回線契約とプロバイダ契約がセットになったインターネットサービスが増えており、必ずしも別途プロバイダ契約をしなくてもよい場合もあります。

プロバイダ契約料の相場は、1,000円前後です。

初期費用

インターネットサービスの利用開始にあたり、契約を行うための手数料や、回線を引き込むための工事費が初期費用としてかかってきます。

費用の相場は下記のとおりです。

 

<契約事務手数料>
2,000~3,000円程度

<初期工事費用>
15,000~40,000円程度

工事費用は一括、もしくは分割で支払う形です。分割の回数にも違いがあるもの、支払回数で割った金額が、月額料金に上乗せされるのが一般的でしょう。

その際に月割料金と同額が割引され、一定期間使い続ければ工事費用が実質無料になるというキャンペーンを行っているサービスも少なくありません。

なお、ポケットWi-Fiなどのモバイル回線は、回線を引き込む必要がありませんので、基本工事費は不要となっています。

乗り換え費用

現在、何かしらのインターネットサービスを利用している場合には、乗り換えにあたって費用が発生する可能性があります。

主な乗り換え費用としては、下記のようなものが挙げられます

・解約金(違約金)

インターネットサービスは、2年間など、一定期間の契約となっていることが一般的です。契約満了の月が解約月と呼ばれ、解約月以外に解約を行うと、10,000円前後の違約金が発生します。

・工事費残債

工事費を分割で支払っており、残債がある場合には、解約時に一括で支払う必要あります。月々割引を受けて実質無料になるタイプのサービスの場合、残債が自費負担となるので注意しましょう。

安いインターネットサービスを選ぶポイント

安いインターネットサービスを選ぶポイントとして、スマホとのセット割、月額料金の安さ、キャンペーンやキャッシュバックがお得かどうかという3つのポイントあります。

スマホとのセット割が使えるか

固定回線は対応するキャリアのスマホとセットで利用することで、割引を受けてお得に使うのが主流になっています。

主要キャリアのスマホセット割をご紹介します。

おうち割光セット

おうち割光セットは、ソフトバンク契約の家族端末1回線につき月額最大1,000円割引されるサービスです。ソフトバンク光やNURO光といったインターネットサービスが対象です。

ドコモ光セット割

ドコモ光セット割は、ドコモと契約しているペア回線から月額最大3,500円が割引されるというものです。ドコモとセット割引きになるサービスはドコモ光のみです。

auスマートバリュー

auスマートバリューは、au契約の家族端末1回線につき月額最大2,000円の割引を受けられるサービスです。auひかりを始め、So-net光やビッグローブ光、コミュファ光などが対象です。

月額料金が安いか

月額料金が安いかどうかという点も重要なポイントです。

なるべく同じ条件で比較するため、光回線で最も主流な、回線速度1Gbpsのサービスの料金を一覧表にしてみました。

戸建て版と集合住宅(マンション)版がありますので、ご覧ください。

<インターネット回線の月額料金・戸建て版>

回線名回線速度(最大)月額利用料金
(プロバイダ料込み)
NURO光 (関東・関西・東海地方のみ)2Gbps(※)4,743円
auひかり1Gbps4,900円~5,100円
ソフトバンク光1Gbps5,200円
ドコモ光1Gbps5,200円
フレッツ光(西日本)(プロバイダによって変動)1Gbps4,300円+500円~1,200円
フレッツ光(東日本)(プロバイダによって変動)1Gbps4,600円+500円~1,200円

(※ NURO光は1Gbpsのプラン無し)

戸建ての月額料金は、若干の差はあるものの、おおむね5,000円前後で大差無い結果となっています。スマホとのセット割やキャッシュバック・キャンペーンで、インターネット回線を選ぶのが良いですね。

<インターネット回線の月額料金・集合住宅(マンション)版>

回線名回線速度(最大)月額利用料金
(プロバイダ料込み)
NURO光(関東・関西・東海地方のみ)2Gbps(※)1,900~2,500円
(契約数によって変動)
auひかり1Gbps3,800円
ソフトバンク光1Gbps3,800円
ドコモ光1Gbps4,000円
フレッツ光(西日本)(プロバイダによって変動)1Gbps3,350~4,450円
(プロバイダ・戸数によって変動)
フレッツ光(東日本)(プロバイダによって変動)1Gbps3,450~4,900円
(プロバイダ・戸数によって変動)

(※ NURO光は1Gbpsのプラン無し)

集合住宅(マンション)については、NURO光が圧倒的に安いです。

ただし、NURO光のマンションタイプNURO光 for マンションは、建物が8階建て以上かつ、マンション内での契約者数が4人以上という条件があるので、ハードルはかなり高めといえます。

そう考えると、やはり4,000円前後が相場で大きな差はないため、スマホとのセット割や、キャンペーン・キャッシュバック重視で選ぶのがおすすめです。

お得なキャンペーン・キャッシュバックがもらえるか

安いインターネットサービスを選ぶポイントとしては、お得なキャンペーン・キャッシュバックを行っているかどうかも外せません。

たとえば、回線を貸し出すことに方向転換したフレッツ光は、新規獲得に力を入れていないため、キャッシュバックやお得なキャンペーンはほとんどありません。

一方で、光コラボやauひかり、NURO光といった後続のサービスは新規の申し込みを増やすため、さまざまなキャンペーンを行っています。

上手に活用すれば、インターネットを非常にお得に利用できます。

一番安いインターネットサービスを選ぶ方法

重視すべきポイントが分かったところで、具体的なインターネットの選び方を見ていきましょう。

①スマホとセット割が使えるインターネットサービスを選ぶ

まず外すことができないのが、スマホとのセット割引です。

インターネットの月額利用料金は数百円しか差がありませんが、たとえばソフトバンク光であれば、ソフトバンクスマホが1台あたり1,000円も安くなります。

4人家族で全員ソフトバンクスマホであれば、月々の通信費を4,000円も抑えることができるので、スマホとのセット割ができるかどうかは、最も重要なポイントといえるでしょう。

②キャッシュバック・キャンペーンが一番お得な窓口を選ぶ

次に、セット割が使えるものの中から、最もキャッシュバック・キャンペーンがお得な窓口を選びましょう。この時に重要なのが、同じサービスであっても、申込窓口によってキャンペーン内容は異なるという点です。

ほとんどのインターネットサービスは、どこから申し込んでも公式キャンペーンは適用されますが、代理店からの申し込みであれば、さらに代理店独自のキャッシュバックなどが上乗せされ、サービスによっては受け取れる金額に、数万円も差が生まれる場合もあるのです。

スマホ別おすすめインターネットサービスと申込窓口

それでは、具体的にどのサービスを選び、どの窓口から申し込めばいいのかを、利用しているスマホのキャリア別に紹介していきます。

ソフトバンクスマホユーザーの場合

ソフトバンクスマホユーザーの場合は、NURO光が最もおすすめです。基本料金が安い上にインターネットは2Gbpsと高速、さらに、おうち割光セットでスマホ料金も安くできます。

ただし、NURO光は、関東・関西・東海地方の地域限定としてサービスが提供されていますので、別の地域にお住まいの場合には、利用できません。そんな場合には、日本全国、ほぼどこでも利用できるソフトバンク光がおすすめです。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモスマホユーザーの場合

ドコモスマホユーザーの場合は、ドコモ光セット割の関係上、ドコモ光の一択でしょう。

ただし、ドコモ光は26社あるプロバイダのうち、ごく一部のプロバイダを選ばなければ、キャッシュバックをもらうことができません。

しかし、こちらの代理店から申し込みを行えば、どのプロバイダであっても最大15,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

割引額次第では他社回線の方が安い場合も

ドコモ光は、キャッシュバック金額が低いため、単身利用などでスマホとの割引額が低い場合には、高額キャッシュバックをもらえるサービスを選んだ方が、総額でお得になる場合も出てきます。

たとえば上述のソフトバンク光の場合、最大で80,000円のキャッシュバックをもらえるので、ドコモ光との差額は65,000円です。

2年契約として24分割しても、月々約2,700円安くなる計算ですので、セット割が適用されなくても、ソフトバンク光の方がお得というわけですね。

auスマホユーザーの場合

auスマホユーザーの場合は、auスマートバリューが使えるauひかりが第一候補です。

回線速度も1Gbpsと申し分なく、フレッツ回線ではなく、独自回線を利用したサービスなので、回線が混雑しにくいというメリットも。

またauひかりは新規獲得に力を入れているため、キャッシュバックも高額となっています。

ただし、auひかりはNURO光と同じく、全国で提供しているわけではないので、使えない方もいらっしゃるでしょう。その様な場合には、auスマートバリューが使える光コラボの、So-net光がおすすめです。

おすすめ窓口最大135,500円還元!
株式会社25
スマホ料金
最大2,000円割引き!
超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
工事費が実質無料・乗換えで違約金還元!
さらに、最大135,500円大幅還元キャンペーン実施中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

安いインターネットのまとめ

より安くインターネットを利用するには、スマホとのセット割やキャッシュバックなども含めてトータルで考える事が重要です。

  • ソフトバンクユーザーは、NURO光かソフトバンク光
  • ドコモユーザーはドコモ光 ※ただし、単身でセット割が少ない場合は、auひかりやソフトバンク光も検討
  • auユーザーは、auひかり、もしくはSo-net光

これらを押さえながら、この記事で紹介したおすすめ窓口で申し込めば、最も安くインターネットを利用ができまするでしょう。

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事