閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

マンションでの光回線利用は要注意!知っておくべき4つのこと

マンション 光回線

主要な光回線事業社の契約はほぼすべてが一戸建ての世帯か?集合住宅の世帯か?の2種類に大別され、契約プランが決定されます。

一般的に一戸建てプランはホームタイプ、ファミリータイプ、などと呼ばれ、集合住宅のプランはマンションタイプと呼ばれます。

この記事は光回線の契約の際の、マンションやアパートの集合住宅を対象とした契約に関して解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

①種類(マンションで光回線をつなぐ時の利用タイプ)

集合住宅で、自分の部屋に光回線を設置するにはその集合住宅の「棟内共有スペース」という設備を使います。野外の光ファイバーを棟内共有スペースに繋ぎ、そこから各部屋に回線を繋いで各部屋にインターネット接続のためのモデムを設置します。

棟内共有スペースにはいくつかの規格(配線方式)があり、古い規格の棟内共有スペースの場合は光回線本来の最速1Gbpsの回線品質が発揮されません

現在、集合住宅の光回線接続のための配線方式には以下があります。

  • 光配線方式(従来の光回線と同じ品質)
  • VDSL方式(共有スペースから各部屋までの回線はアナログのため通信速度が遅い)
  • LAN配線方式(マンション単位で契約しているため利用料金が家賃に含まれる)

現在最も普及しているのはVDSL方式です。このため多くの場合、集合住宅での光回線利用は一戸建てでの契約と比べる通信速度が遅い傾向があります。

自分の集合住宅がどのタイプなのかは管理会社に問い合わせれば確認できます。

マンションによっては光回線が決まっている場合がある

上記で集合住宅の棟内共有スペースの配線方式について解説しましたが、その内の一つの「LAN配線方式」はマンション自体がすでに光回線を契約して各部屋に設置しています。そのためLAN配線方式の集合住宅は個人で契約せずにネット利用ができる状態です。

ネットの月額料金は家賃や管理費に含まれることです。この場合は、個人で別の光回線を契約することはできません。

集合住宅の規模によって料金が変わる場合があります

例えばNTTのフレッツ光は集合住宅の規模(部屋数)によって以下の3つのプランに分けられます。

  • プラン1(16契約以上見込める規模)
  • プラン2(8契約以上見込める規模)
  • ミニ(4契約以上見込める規模)

基本的に規模が大きく、部屋数が多い集合住宅のほうが料金は安くなります。いくつかの光回線事業社はマンションタイプに上記のような、規模による大別をし、同じマンションタイプでも規模によって料金が異なる料金設定を実施しています。

SoftBank Air WiFi

SoftBank Airなら工事不要で簡単にインターネット!

工事不要で簡単にインターネット!月額実質1,300円~!他社違約金負担!スマホ料金も安くなる!さらに最大80,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

②光回線の料金はいくらかかるのか?

マンション、アパートなどの集合住宅で光回線を利用する場合はどのくらいの料金がかかるのかを解説します。

マンションプランの月額料金平均は?

マンションタイプの場合は一戸建てのホームタイプよりも利用料金は安くなる傾向です。

光回線の主要な存在である「フレッツ光」、「auひかり」、「ソフトバンク光」の料金は以下のようになっています。

マンションプランの月額料金平均
回線名
月額料金
フレッツ光(NTT東日本)
2,850~3,850円
フレッツ光(NTT西日本)
2,530~3,420円
auひかり
4,300円(プロバイダ込み)
ソフトバンク光
3,800円(プロバイダ込み、2年契約)

auひかりとソフトバンク光の月額料金はプロバイダ料金込みですが、フレッツ光は別途でプロバイダ料金が必要です。

auひかりもソフトバンク光もマンションの規模に限らず料金は一律という料金体系です。プロバイダ料金も込みなのでわかりやすい料金設定ですね。

上記の料金を平均すると、マンションでの光回線はおよそ4,000円(プロバイダ料金込み)くらいで利用できる、と考えてOKでしょう。フレッツ光で規模の小さい(部屋数が少ない)集合住宅の場合は割高になる可能性があります。

プロバイダ料金

昨今は上記で解説したようなauひかりやソフトバンク光のようにプロバイダ料金が込みの料金設定の光回線契約が多く、わかりやすい料金表示が増えています。しかしフレッツ光は現在でも回線料金とプロバイダ料金を別々に案内しています。

auひかりやソフトバンク光は候補の中からどのプロバイダ意を選んでも料金は一律、という仕組みです。

例えばフレッツ光(NTT東日本)の場合は10種類のプロバイダから選ぶことになり、それぞれのプロバイダ料金は以下です。

  • @nifty 950円
  • Asahi Net 700円
  • BB.excite 500円
  • BIGLOBE 900円
  • DTI 680円
  • hi-ha 890円
  • OCN 900円
  • plala 800円
  • So-net 900円
  • wakwak 800円

上記のように安ければ500円、高くても1,000円を超えることはありません。このため光回線のプロバイダ料金はおおむね500~1,000円程度、と考えればOKです。

【関連記事】コミュファ光とSo-netの相性はどう?So-net光との違いは?
【関連記事】フレッツ光のプロバイダに関して

主にマンションタイプで選ばれている3回線

昨今ではマンションタイプの場合、「フレッツ光」、「auひかり」、「ソフトバンク光」の3回線がよく選ばれる人気の光回線キャリアです。

auひかりとソフトバンク光は携帯電話キャリアでもあるため、それぞれの携帯電話契約を同時にするとセット割が適用され、携帯電話料金に割引を受けることができます。

フレッツ光は光回線のなかでも老舗の存在で主にマンションタイプで選ばれている回線であり、ユーザー数は現在でもトップクラスです。

フレッツ光は集合住宅の規模によって料金が変わります。フレッツ光は規模の大きい集合住宅の場合に割安に設定されているためおすすめです。

フレッツ光については、以下の窓口から相談することができます。

フレッツ光の相談窓口

③光回線の速度は?

光回線は最大で1Gbpsの高速通信が可能なことが最大のウリです(NURO光のみ、2Gbps)。しかしこの1Gbpsの速度はあくまでベストエフォート(理論値)です。

実際は同じ回線を多くのユーザーが共有することになり、回線の混雑は避けられません。実際問題として100~200Mbpsくらいの速度が出れば十分速く、快適なインターネット環境といえます。

VDSL方式の場合

上記でも解説しましたが、集合住宅の場合は棟内共有スペースから各部屋に回線を繋ぐ方式をとっており、現在、最も普及している配線方式がVDSL方式です。

VDSL方式は古い規格で、棟内共有スペースから各部屋まではアナログ回線で繋ぐ形です。そのため光回線本来の通信速度は出ず、最大でも100Mbps程度の速度しか出ません。

マンションでよくある問題・注意点

マンション、アパートのような集合住宅はその建物に設置された棟内共有スペースによってインターネット回線の規格が決まります。棟内共有スペースの規格が古いと光回線の契約をしても、光本来のパフォーマンスを発揮できないケースが多々あります。

これは個人の努力でどうにかなる問題でもないため、引っ越しの時は引っ越し先のインターネット環境がどうなっているかを事前に確認することが大切です。

NURO光速度訴求バナー

NURO光は最大2Gbpsで超高速!

NURO光は最大2Gbpsで超高速!月額4,743円で最新無線LANもコミコミの料金。この窓口からの申し込みで最大80,000円のキャッシュバックキャンペーン・・・詳しく見る

④マンションでの光回線の工事について

光回線は新規契約をすると自宅内にモデムを設置するための工事が必要です。これは一戸建てでも集合住宅でも同じです。

工事できない場合がある

集合住宅の場合の工事とは棟内共有スペースから各部屋まで配線を繋ぐ工事です。もしも集合住宅の中に棟内共有スペースの設備がない場合は、その集合住宅は光回線の設置が不可能ということです。

基本的に棟内共有スペースがあるということは、その集合住宅はインターネット対応しているということなので工事はできるはずです。

ごく稀に、部屋の位置によって構造上、どうしても工事ができない、という例外の部屋がある場合もあり得ます。その場合は、その部屋のみ、工事が不可能でインターネット契約も無理、ということです。

こういった例はかなりレアなケースですが、万一も考え、引っ越しの際は必ず引っ越し先の部屋が光回線の契約が可能かどうかを確認しましょう。

SoftBank Air WiFi

SoftBank Airなら工事不要で簡単にインターネット!

工事不要で簡単にインターネット!月額実質1,300円~!他社違約金負担!スマホ料金も安くなる!さらに最大80,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

工事費の平均は?

光回線は一戸建てでも集合住宅でも工事が必要になり、工事費は決して安い額ではありません。

集合住宅で人気の3回線(フレッツ光、auひかり、ソフトバンク光)のそれぞれの工事費は以下です。

人気の3回線の工事費
回線名
工事費
フレッツ光(NTT東西共通)
15,800円
auひかり
33,000円
ソフトバンク光
24,000円

工事費は結構高額であり、基本的に分割払いで月々の利用料金に合算して数百円ずつ払っていく形をとります。2018年2月現在、auひかりのマンションタイプは工事費が無料になる公式キャンペーンを実施しています。

auひかりなら初期工事費が実質無料!更にキャッシュバックも!

初期工事費

10ギガで超速!違約金還元!スマホ料金割引き!さらに最大87,200円還元!・・・詳しく見る

またソフトバンク光は光コラボレーションの回線でフレッツ光と同じ回線を使っているため、フレッツ光からの乗り換えの場合は工事費が発生しません

【おすすめ】フレッツ光から光コラボへ転用はお得?メリット・デメリットを調査!

ソフトバンク光乗り換え新規キャンペーン

ソフトバンク光なら工事費実質無料!

最大24,000円分の選べる特典で工事費が実質無料!
あんしん乗り換えキャンペーンで他社違約金負担も。
さらに合計最大194,000円の還元・・・詳しく見る

まずはマンション・アパートのオーナーに確認

集合住宅での光回線契約は、その集合住宅がインターネットに対応しているとしても工事によって壁に穴を開けることに変わりはありません。

後々にトラブルにならないためにもインターネット契約をする際は管理人や管理会社にあらかじめ相談することが基本と考えるべきです。

おすすめの光回線は?

集合住宅に住んでいる場合は一人暮らしの場合が多いと思います。

一人暮らしの場合は携帯電話もインターネットもすべて自分で契約することになるため、携帯電話キャリアの光回線を選び、携帯電話と併せて契約するセット割を適用させることがおすすめです。

セット割を適用させれば携帯電話料金に割引が適用されるため、トータルでお得です。

上記で人気の3回線を紹介しましたが、料金が安く、スマホとの割引も適用することができるソフトバンク光は集合住宅で最も適しており、おすすめの存在といえます。

【関連記事】ソフトバンク光の料金体系をわかりやすく解説!他社と比較や割引は?

ソフトバンク光の申し込みは以下のサイトから行うのがおすすめです。

こちらの代理店LifeBankからソフトバンク光を申し込むことで、最大194,000円もの超高額還元キャンペーンを受けることができるのです。

最大194,000円もの超高額還元キャンペーンを受けてお得にソフトバンク光を契約したい方は、ぜひ以下のサイトをご覧になってくださいね。

おすすめ窓口合計最大194,000円
還元キャンペーン!
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
さらに合計最大194,000円還元キャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

申込み前の注意点

光回線はほとんどの場合が年単位での契約となり、契約更新月以外に解約すると解約違約金が発生します。

マンション、アパートに住む場合は2年で更新という場合が多く、更新に合わせて引っ越すという人も多いと思います。光回線契約はほとんどが2年以上の契約となるため、引っ越しで解約金が発生することもあらかじめ想定しておきましょう。

たとえ解約金が発生したとしても、他社回線に乗換えることで違約金を負担してくれる光回線もあるので、そちらについてもあわせてチェックしてみてください。

違約金0円

ソフトバンク光│他社違約金を全額還元

他社からの乗り換えで違約金が全額還元
更に合計最大194,000円還元キャンペーン中!・・・詳しく見る

まとめ

光回線は一戸建てでの契約と集合住宅での契約に大別され、集合住宅での契約は「マンションプラン」と呼ばれる場合が多く、基本的に一戸建てより集合住宅のほうが利用料金は割安です。

集合住宅はインターネット設置のための設備が古い場合もあり、光回線本来のパフォーマンスが発揮されない場合もあります。しかしそのような場合でも個人で解決できる問題ではありません。

このため引っ越し先の集合住宅のインターネット設備がどうなっているのかを事前に確認しましょう。集合住宅の場合は新規既契約すると工事が必要になるため、事前に管理人や管理会社に報告することが基本です。

集合住宅で独り暮らしの場合はソフトバンク光を選び、併せてソフトバンクの携帯電話を契約することでセット割(おうち割 光セット)のサービスが適用され、トータルの料金が割安になるためおすすめです。

光回線は代理店を経由して申し込むと代理店独自の特典としてキャッシュバック特典などがもらえるため、公式から申しむよりもお得な場合が多くなりおすすめです。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事