閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

光回線に関して

更新

光回線とは何?メリット・デメリットから選び方・比較・評判まで紹介!

数あるインターネット回線の中でも、最も高速に通信を行うことができる光回線。

しかし、「光回線の名前はよく聞くけど、実は何なのかよく分かっていない…」という方も案外多いのではないでしょうか。

この記事では、光回線とは何かをはじめ、光回線のメリット・デメリットや、光回線を利用する際に契約するサービスの選び方についてご紹介していきます。

光回線とは?特徴とサービス内容を紹介

そもそも光回線とは、みなさんのスマホやパソコンでインターネットを利用するために必要な回線サービスの一種です。

光ファイバーと呼ばれるケーブルの中を、実際に光が反射して通信を行う仕組みになっていることから「光回線」と名付けられました。

インターネットに接続するための回線には、光回線以外にもいくつかのサービスがありますが、その中でも光回線は最もスピードが速く、快適にインターネットを利用できるところが大きな特徴です。

光回線と光コラボレーションの違い

光回線とセットでよく耳にするワードのひとつ・光コラボレーションも、その中身は光回線で、違いはサービスを提供している事業者にあります。

<光回線と光コラボレーションの違い一覧>
フレッツ光
光コラボレーション
サービスの提供元
(契約の管理)
フレッツ光
各光コラボ事業者
利用する回線
NTTフレッツ回線
プロバイダの契約
別途必要
光コラボを通して契約できる
スマホとのセット割
なし
光コラボによっては実施

つまり、フレッツ光も光コラボレーションも使う回線自体は同じですが、料金やオプションサービスは事業者ごとに異なり、光コラボレーションのほうがフレッツ光よりもお得となっています。

光回線・ADSL回線・ケーブル回線の違い

インターネットに接続するための回線サービスには、光回線のほかにもADSL回線・ケーブル回線があり、それぞれの特徴は次の通りです。

回線の種類
料金
通信速度
光回線
光ファイバー
高い
速い
ADSL回線
VDSL回線
電話回線
安い
遅い
ケーブル回線
テレビ回線
高い
遅い

3つの中で最も料金が安いのはADSL回線ですが、その分通信速度が遅く、接続も不安定になりやすいところが大きなデメリット。

ケーブル回線も光回線に比べるとやはり通信速度が遅く、料金も高めに設定されています。

ADSL回線・ケーブル回線は徐々に縮小し光回線へ切り替わっている

上記の比較からも分かるように、3つのインターネット回線のうちADSL回線・ケーブル回線の利用者は年々減少しており、現在は光回線がインターネットサービスの主流となっています。

光回線が登場するより前の1990年代には、ADSL回線・ケーブル回線がインターネット回線のメインとなっていましたが、これから新しく回線を契約するみなさんには光回線が最もおすすめです。

光回線のオプションサービス1:ひかり電話

光回線では、インターネット回線を利用した固定電話サービス・ひかり電話にオプションで加入することができます。

ひかり電話は、従来のアナログ回線による固定電話と比べて料金がリーズナブルで、NTTの電話加入権も必要ないため、気軽に使い始められるところがメリットのひとつです。

現在お使いの電話番号をそのまま引き継げるケースも多いため、光回線に乗り換えた際にはぜひ利用を検討してみましょう。

光回線のオプションサービス2:ひかりテレビ

ひかりテレビも光回線のオプションサービスで、インターネット回線を通して放送の電波を受信するため、アンテナの設置や工事なしでテレビを視聴できるところが嬉しいポイントです。

地上波やBS放送はもちろん、契約するプランによって多数の専門チャンネルを楽しむこともでき、テレビ好きのみなさんにとっては見逃せないサービスのひとつとなっています。

光回線を利用する4つのメリット

ここまでご紹介してきた特徴も含めて、光回線には次の4つのメリットがあります。

  • 通信速度が速い・安定している
  • 電話・テレビなどのオプションサービスを安価で利用できる
  • 料金・割引キャンペーンが豊富
  • スマホとのセット割が利用できる場合がある

特に注目なのはスマホとのセット割で、スマホのキャリアと契約する光回線の組み合わせによっては、スマホの月額料金から大幅な割引を受けられることもあるため、回線選びの際には要チェックですよ。

光回線を利用する2つのデメリット・注意点

一方、光回線の利用には以下の注意点もあります。

  • 工事が必要になる場合がある
  • 契約期間内の解約で解約違約金が発生する

まず、光回線を利用するためには自宅の室内まで回線を引き込むための工事が必要です。

マンションなどの集合住宅で、すでに回線の準備が整っている場合は工事が不要なケースもありますが、基本的には工事を行って初めて光回線が開通するという流れになるため、スケジュールには余裕を持って申し込みましょう。

また、光回線は原則として2年~3年単位の継続契約となっており、契約期間の途中で解約すると違約金が発生してしまいます。

これを避けるための方法はいくつかありますが、違約金なしで解約を行うことができるタイミング=更新月に手続きするのが最も一般的です。

光回線の選び方|光回線を選ぶときに注意したいチェックポイント6つ

それでは、光回線を契約する際は、何を基準に選べば良いのでしょうか?

次の項目から、各サービスを比較する上で押さえておきたいポイントを詳しくご紹介していきます。

光回線の選び方1:利用可能エリア内か

光回線はサービスごとに提供エリアが異なり、そもそも自宅がエリア外の場合は契約を行うことができません。

利用可能エリアは各回線の公式サイトで検索することができますので、必ず事前に確認しておきましょう。

光回線の選び方2:月額料金は高すぎないか

光回線の月額料金が、納得できる金額かどうかも大切なポイントです。

【戸建てタイプ】
月額基本料金
【マンションタイプ】
月額基本料金
フレッツ光(NTT東日本)
5,100円
+別途プロバイダ料金が必要
3,350円~
+別途プロバイダ料金が必要
フレッツ光(NTT西日本)
4,800円
+別途プロバイダ料金が必要
3,700円~
+別途プロバイダ料金が必要
auひかり
5,100円
3,800円
ソフトバンク光
5,200円
3,800円
ドコモ光
5,200~5,400円
(契約プロバイダで料金プランが変動)
4,000~4,200円
(契約プロバイダで料金プランが変動)
So-net光
4,500円
(31か月目以降は5,200円)
3,400円
(31か月目以降は4,100円)
OCN光
5,100円
3,600円
NURO光
4,743円
1,900~2,500円
ビッグローブ光
4,980円
3,980円
コミュファ光
3,940円
(光電話基本料も含む)
5,500円+通話料

表から、戸建てタイプの月額基本料金の相場は5,000円前後、マンションタイプの月額基本料金の相場は3,800円前後だといえます。

光回線の選び方3:契約しているスマホとのセット割が利用できるか

光回線によってはスマホとのセット割が利用できるケースもあり、対応するキャリアは回線ごとに異なります。

セット割を適用できればスマホ1台あたり1,000~2,000円ほど料金が安くなることもあるため、セット割が利用できるかどうかを最優先で考えるのもおすすめです。

キャリア
セット割が適用される光回線
docomo
ドコモ光
SoftBank
ソフトバンク光・NURO光
au
auひかり・コミュファ光・So-net光・@nifty光・ビッグローブ光・WiMAXなど
ワイモバイル
ソフトバンク光
BIGLOBEモバイル
ビッグローブ光
OCN光
BIGLOBEモバイル

光回線の選び方4:割引・キャッシュバックキャンペーンが豊富か

セット割以外にも、毎月の利用料金が安くなる割引サービスや、新規契約時に高額なキャッシュバックキャンペーンが用意されている回線は、その分他社よりもお得に契約することができます。

割引・キャンペーンの内容は回線によって大きな差が出るポイントでもあるので、比較の際には特に注目していきましょう。

光回線の選び方5:契約するプロバイダはIPv6接続に対応しているか

光回線でインターネットに接続するためには、回線のほかにプロバイダとも契約が必要です。

そしてプロバイダ選びの際、IPv6接続対応のプロバイダを選ぶことで、一般的に回線が混雑しやすいと言われている夜間などの時間帯でも、サクサク快適に通信を行えるようになります。

回線によってはプロバイダが固定で、自分では選ぶことができないケースもありますが、いずれにせよ対応しているプロバイダがIPv6接続に対応しているかどうかをしっかりチェックしましょう。

光回線の選び方6:口コミ評判は悪くないか

光回線の契約前には、ひと通り口コミに目を通しておくことも必要不可欠。

良い評判と悪い評判の内容をそれぞれ確認した結果、あまりに悪い評判ばかりが目立つ回線は申し込みを考え直したほうが良い場合もありますよ。

【2018年版】人気の光回線を比較!どんな人にどの回線がおすすめ?

ここからは特におすすめの光回線を、それぞれの特徴ごとにピックアップしてご紹介していきます。

月額料金
(戸建て)
月額料金
(マンション)
回線の種類
エリア
セット割
割引・キャッシュバックキャンペーン
フレッツ光
東日本:5,700円~
西日本:5,400円
※別途プロバイダ料金必要
東日本:3,350円~4,350円
西日本:3,200円~3,950円円
※別途プロバイダ料金必要
光回線
全国
なし
  • 法人契約のみ・現金最大70,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 月額料金割引(公式)
NURO光
4743円~
1,900円~
光回線
関東・関西・東海
ソフトバンク
  • 現金最大80,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料(公式)
  • 月額料金大幅値引(公式)
  • おうち割光セットの適用(公式)
コミュファ光
5,550円~+通話料
5,550円+通話料
光回線
東海
au
  • 現金最大120,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • ギガデビュー割で月額料金割引(公式)
  • 紹介特典で商品券1万円分プレゼント(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)
auひかり
4,953円~
3,800円~
光回線
全国
au
  • 現金最大106,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 学割キャンペーン(申込者が学生の場合5,000円キャッシュバック)(代理店限定)
  • 新規申し込みと掃除に引っ越しの場合5,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料 (公式)
  • 他社光回線違約金の相当額還元(公式)
  • 月額料金最大600円割引(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)
ソフトバンク光
5,200円~
3,800円~
光コラボ
フレッツ光と同じ
ソフトバンク
ワイモバイル
  • 現金最大80,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 12か月間月額料金2,000円割引(代理店限定)
  • 工事費実質無料(公式)
  • 他社違約金・撤去工事費など相当額還元(公式)
  • おうち割光セットの適用(公式)
ドコモ光
5,200円~
4,000円~
ドコモ
  • 現金最大25,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • dポイント20,000ptプレゼント(公式)
  • 他社携帯電話違約金相当額還元(公式)
  • ドコモ光パックの適用(公式)
  • 初期工事費無料キャンペーン
So-net光
5,700円~
3,400円~
au
  • 現金最大35,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 月額料金値引(公式)
  • Amazonギフト券2万円分プレゼント
  • セキュリティオプション最大12か月無料
  • auスマートバリューの適用(公式)
OCN光
6,200円~
4,700円~
OCNモバイル
  • 月額料金割引(公式)
  • OCNモバイル割の適用(公式)

表から、回線ごとの主な違いは月額料金・通信速度・キャンペーン内容であることがわかります。

あなたがどの項目を重視したいかによって、おすすめの回線も変わってきますよ。

それでは、次の項目から詳しく見ていきましょう。

速度重視の人にはNURO光がおすすめ

「とにかく通信速度の速さにこだわりたい!」という方に最もおすすめなのは、最大2Gbpsの高速通信が特徴のNURO光。

光回線の標準的な通信速度は最大でも1Gbpsのため、NURO光の速度は他社の2倍を誇ります。

それでいて月額料金も非常にリーズナブルで、以下のようにお得なキャンペーンも目白押し。

  • 現金最大80,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料(公式)
  • 月額料金大幅値引(公式)
  • おうち割光セットの適用(公式)

「おうち割光セット」はソフトバンクのセット割なので、スマホがソフトバンクのみなさんはさらに必見です。

NURO光速度訴求バナー

NURO光は最大2Gbpsで超高速!

NURO光は最大2Gbpsで超高速!月額4,743円で最新無線LANもコミコミの料金。この窓口からの申し込みで最大80,000円のキャッシュバックキャンペーン・・・詳しく見る

注意!NURO光はエリアが限られている

速度面・料金面でも魅力が満載のNURO光ですが、唯一のデメリットは提供エリアが関東・関西・東海地方に限られていること。

それ以外の地域にお住まいの方は残念ながら契約することができないため、「私の家は大丈夫かな?」と気になる方は、ぜひ次の記事を参考にエリアを確認してみてください。

料金・割引・速度とバランスよく契約したいならauひかり

提供エリアが全国に広がっていて、なおかつ料金・速度・キャンペーンのお得感で他社をリードしているのが、auひかりです。

auひかりの最大通信速度は他社と同じ1Gbpsですが、フレッツ光や光コラボとは回線を共有していない独自回線のため、全体的に利用者が少ない分回線も混雑しにくく、スムーズに接続できるところが特徴のひとつとなっています。

  • 最短翌日に最大52,000円キャッシュバック(有料オプションなどの契約は一切不要)(代理店限定)
  • 学割キャンペーン(申込者が学生の場合5,000円キャッシュバック)(代理店限定)
  • 新規申し込みと掃除に引っ越しの場合5,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 工事費実質無料 (公式)
  • 他社光回線違約金の相当額還元(公式)
  • 月額料金最大600円割引(公式)
  • auスマートバリューの適用(公式)

auひかりは、利用できるキャンペーンの数も多いので、お得にインターネットを契約したい方には特に注目の光回線でしょう。

auひかりの契約で最短翌月に最大52,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

auひかりを開通後の翌月に52,000円キャッシュバック! 有料オプションに加入なし!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光

現在お使いのスマホがソフトバンク・NURO光のエリア外にお住まい・現在フレッツ光を利用しているという方には、ソフトバンク光を選ぶのが最もおすすめです。

ソフトバンク光なら全国で「おうち割光セット」を適用することができ、インターネット回線の契約1本あたり、スマホ10台までそれぞれ最大1,000円も月額料金が安くなります。

4人家族なら1,000円×4人分で最大4,000円が月々の支払いから割り引かれるので、家族にソフトバンクユーザーが多ければ多いほどお得になるというわけですね。

気になるキャンペーンもしっかり充実していますよ。

  • 現金最大80,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • 12か月間月額料金2,000円割引(代理店限定)
  • 工事費実質無料(公式)
  • 他社違約金・撤去工事費など相当額還元(公式)
  • おうち割光セットの適用(公式)

ソフトバンク光なら最短2か月後に最大30,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

ソフトバンク光もSoftBank airでも開通月から最短2か月後に現金30,000円キャッシュバック! フレッツ光からの乗り換えでも11,000キャッシュバック!有料オプション加入なし!・・・詳しく見る

ドコモユーザーならドコモ光

家族にドコモユーザーが多い場合は、ドコモのスマホとのセット割「ドコモ光パック」を適用できるドコモ光が最もお得です。

他社に比べると割引額は控えめで、キャンペーン内容にもあまり高額なキャッシュバックはありません。

しかし、ドコモとのセット割が利用できる光回線はドコモ光のみとなっているほか、ドコモユーザーには1pt=約1円のポイントが付与されるなど、ドコモユーザーにとってお得なキャンペーンが豊富ですよ。

  • 現金最大25,000円キャッシュバック(代理店限定)
  • dポイント20,000ptプレゼント(公式)
  • 他社携帯電話違約金相当額還元(公式)
  • ドコモ光パックの適用(公式)

【ドコモ光】最大15,000円キャッシュバック+dポイント10,000円相当プレゼント

キャッシュバック

2019年5月6日まで初期工事費無料キャンペーンを実施中!初期費用をおさえてドコモ光をはじめよう!・・・詳しく見る

光回線の申し込みから開通までの流れ

回線によって違いはあるものの、光回線の申し込みは、大抵が次の流れで手続きを進めていきます。

  1. 回線・プロバイダに申し込みを行う
  2. 受付後にかかってくる電話で、工事日の日程を調整する
  3. 開通工事に立ち会う
  4. プロバイダから送られてきた書類をもとに、自分で接続設定を行う

ちなみに、現在お使いの光回線がフレッツ光で、光コラボに転用する場合は、通常の乗り換えとは異なり開通工事が必要ありません。

詳しくはこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

マンションでおすすめの光回線

マンションでは、月額1,900円~という破格の安さで最大2Gbpsの高速通信を利用できるNURO光が最もおすすめです。

なお、お住まいのマンションがまだNURO光に対応していない建物の場合、導入には大家さんの許可が必要になります。

導入を許可してもらえないケースも多いため、基本的には現在マンションに設置済みの光回線をそのまま契約したほうがスムーズでしょう。

もしくは、WiMAXやSoftBankAirといったモバイル回線サービスなら、工事不要ですぐに使い始めることができます。

ぜひあわせて検討してみてください。

光回線によっては利用可能エリアが違う!エリア確認方法

光回線は、それぞれの回線によって対応しているエリアが異なります。

どの回線も公式サイトにエリアチェックツールが用意されていますので、申し込みの前に必ず自宅がエリア内かどうか確認しましょう。

光回線の工事内容

光回線の工事内容は、次のとおりです。

自宅の近くまで来ている光ファイバーを建物のそばの電柱などに固定する
固定した光ファイバーを自宅の部屋まで引き込む
引き込んだ光ファイバーを回線終端装置(ONU)に接続する

※マンションの場合や自宅の構造上、工事内容が変わる場合があります

また、部屋まで光ファイバーを引き込む際、壁に穴を開ける場合がありますが、撤去工事の際、元通りに埋めてもらえるケースもあるため、必要に応じて相談してみましょう。

光回線の開通までの期間は約1か月

光回線の申し込みから開通までには、一般的に約1か月ほどの期間が必要です。

ただし、工事内容や申し込みの混雑具合によっては多少前後することもあります。

たとえば、すでに光回線を設置済みのマンションで工事が不要の場合はさらに短く、逆に2~4月の新生活シーズンで光回線の申し込みが混雑する場合はさらに長くなる可能性もありますよ。

光回線の接続設定方法

インターネットに接続するパソコンが1台のみの場合は、次の手順で簡単に設定を行うことができます。

  1. 回線終端装置(ONU)とパソコンをLANケーブルで接続する
  2. パソコンでネットワークの設定画面を開き、プロバイダから送付されたユーザーIDとパスワードを入力する

パソコンが2台以上、またはスマホなどを無線接続したい場合には、無線LAN対応のルーターが必要です。

ルーターの付属CDをパソコンで読み込むと、自動的に設定ウィザードが起動しますので、画面の指示に従って設定を進めてください。

光回線の接続には終端装置(モデム・ONU)が必要

先ほどの手順にも登場した回線終端装置(ONU)は、購入することもできますが、契約した光回線からレンタルすることも可能です。

ONUによってはIPv6接続に対応していないこともありますので、IPv6接続できるプロバイダと契約した場合は、ONUもIPv6対応のものを選ぶようにしましょう。

光回線の速度を口コミから調査!実測が一番好評なのは「NURO光」「auひかり」

インターネットを利用する際、気になるのが通信速度ですよね。

光回線利用者からの口コミで、特に速度について評判が良いのは「NURO光」と「auひかり」の2社です。

この2つはどちらも他社とは回線を共有していないので、各ユーザーが余裕を持って回線を使用することができ、混雑しやすい時間帯でも速度が落ちることなく快適にインターネットを楽しむことができます。

中でもNURO光は戸建て・マンションともに実測スピードの速さが話題です。

auひかりも戸建てはかなり評判が良く、マンションタイプの場合少し見劣りしてしまうケースもありますが、おおむね好評です。

光コラボはv6プラス接続・IPv6接続で通信速度の改善ができる

光コラボは、フレッツ光や同じ光コラボの他社と回線を共有しているため、利用が集中しがちな夜間などには速度が落ちやすい傾向があります。

しかし、IPv6接続・v6プラス接続という新しい通信方式に切り替えることで、速度の低下を改善できますよ。

ソフトバンク光・ドコモ光といった光コラボの契約を検討しているみなさんは、ぜひ覚えておいてくださいね。

光回線が遅い・繋がらない!原因と対処法

その他、光回線が遅くてイライラする、急に繋がらなくなったというようなトラブルが発生したときには、次の対処法も試してみてください。

原因
対処法
通信機器に問題がある
パソコン・スマホ・ルーター・ONUなどの機器を1つずつ順番に再起動する
接続設定が間違っている
ネットワーク設定を見直す(無線で接続している場合はWi-Fiが有効になっているかどうかもあわせて確認)
LANケーブルが中で断線している
LANケーブルを交換する
セキュリティソフトが通信を遮断している
一旦セキュリティソフトを無効にしてみる
回線側で通信障害が発生している
回線の公式サイトから障害情報を確認する

光回線の月額料金が高い!原因と対処法

光回線を契約後、「思ったよりも料金が高い」と感じるときには、以下の方法で今よりも月々の支払いを安く抑えることができます。

  • 料金明細を確認し、不要なオプションを解約する
  • 二段階定額プランを利用中の場合は、使い放題プランに切り替える
  • フレッツ光を利用中の場合は、光コラボに乗り換える

特にフレッツ光は回線の料金にプロバイダ代が含まれておらず、他社に比べて割高になりがちです。

同じ回線でも光コラボなら、よりリーズナブルな料金でフレッツ光回線を使用することができます。

フレッツ光から光コラボへの転用の場合、基本的に工事も不要ですぐに乗り換えることができるので、月額料金の高さにお悩みの方はぜひ転用を検討してみてください。

光回線を乗り換え・解約する方法

1度光回線を契約してから別の回線に乗り換えるときには、以下の流れで手続きを進めていきます。

  1. 乗り換え先の回線に申し込みを行う
  2. 契約中のプロバイダと光回線を解約する
  3. 解約する回線でレンタルしていた機器を返却する

インターネットが使えない期間を発生させないためにも、解約は乗り換え先の回線が利用できるタイミングに合わせて行いましょう。

光回線の乗り換え・解約で発生する費用

光回線を解約する際には、契約内容によって以下の費用が発生します。

  • 光回線の解約違約金
  • プロバイダの解約違約金
  • オプションの解約違約金
  • 解約月の月額料金

解約前に問い合わせを行い、どれくらいの解約費用が発生するのか確認しておきましょう。

光回線の解約違約金を抑える方法

解約違約金は金額が膨らみやすいですが、次の方法を使えば解約違約金の負担を大幅に抑えられますよ。

  • 契約の更新月に解約する
  • 他社でかかった解約違約金を負担してくれる回線に乗り換える

他社の解約違約金を負担してくれる回線にはauひかりソフトバンク光などがあり、これらの光回線を利用すれば、更新月を待たなくても好きなタイミングで乗り換えを行えるところが嬉しいポイントです。

まとめ

光回線は、従来のADSL回線・ケーブル回線に代わって、現在主流となっているインターネット回線です。

高速で安定した通信を行うことができ、光コラボや割引・キャンペーンの多い回線を利用することで、月額料金も安く抑えることができます。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひみなさんも自分に合った光回線で快適にインターネットを楽しんでみてくださいね。

フレッツ光の光回線に関する新しい記事一覧