閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光から光コラボへの転用は本当にお得?メリット・デメリットのすべてを徹底検証

2015年2月1日(日)に提供が開始された「光コラボ」、CMや広告などで「ソフトバンク光」「ドコモ光」などとすっかりおなじみになりましたね。

今までNTTがフレッツ光のインターネット回線を直接お客様に販売していたものを、NTTが事業者にインターネット回線を卸して、事業者がお客様に販売できるようになったんですね。

この事業者を光コラボレーション事業者と呼ぶのですが、ソフトバンク、ドコモ、OCN、So-net等があります。

家電量販店や携帯ショップで店員さんから「スマホと一緒にソフトバンク光に入りませんか?」「ドコモ光でインターネットを始めませんか?」などの勧誘を受けたことが一度はあると思います。

「光コラボ」の特徴は、NTTのフレッツひかりの光回線を利用するため、品質はフレッツ光のままです。

さらに、光コラボレーション事業者がそれぞれ特色を打ち出した携帯料金の割引キャンペーン、プロバイダ料金の割引が受けられる特典などを行っており、フレッツ光よりもかなりお得にインターネット回線を利用できます。

このため現在フレッツ光から「光コラボ」に乗り換える人が多くなってきています。

【参考】あたながソフトバンク光を使うなら月額はいくらになる?【ソフトバンク光の料金シミュレーション】

このフレッツ光から「光コラボ」への乗り換えを「転用」と呼びます。一見、メリットしか無いように感じる光コラボへの「転用」ですが、実は意外な落とし穴やデメリットも存在します。

今回は、フレッツ光から「光コラボ」への「転用」をお考えの方は必見!

転用の際のメリット・デメリットから、具体的に転用ってどうやるの?という転用の方法、転用するなら検討したいオススメの光コラボまで「転用」のすべてを徹底検証しました。

そもそもフレッツ光からの「転用」って何?

転用とはフレッツ光から、光コラボへインターネットを切り替えることです。

転用の場合は「お客様ID」と「ひかり電話番号」はそのまま引き継げます。

また、通常インターネットの開通には光回線を引くための工事が必要になるのですが、フレッツ光の回線サービスをそのまま使用するので、光コラボへの切り替えの際の回線設置工事は必要が無く、開通のための工事費用がかかりません。

もちろん回線速度・品質はそのままです。(ただ事務手数料が各事業者で発生します。)

主要光コラボレーション事業者別 事務手数料
事業者名
事務手数料
 ソフトバンク光 3,000円
 ドコモ光 3,000円
 OCN 3,000円
 So-net 1,800円

光コラボは、NTT回線のフレッツ光などの提供を受けた光コラボレーション事業者が光回線に独自のサービス・キャンペーン(スマホとセットで割引など)を加えたりすることで、光回線自体の利用料金から割引特典まで自由に設定できるようになっています。

ただし転用と同時に光アクセスサービスのタイプ変更・移転などが発生する場合には、お客様ID、ひかり電話番号の変更や工事が発生する場合があります。

【注目】フレッツ光からの転用で人気1位!はじめてでも安心「SoftBank 光」

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光なら月額2,800円~プロバイダ込みでおトク!ソフトバンクケータイをお持ちなら、おうち割で最大2年間、毎月最大2,000円割引に!さらに今ならキャンペーンで、他回線からのお乗換えだと違約金満額負担! ・・・詳しく見る

オプションサービスについて

契約は「NTT東西と利用者」から「光コラボ事業者と利用者」という契約に移行します。

フレッツ光の初期工事費や移転工事費を分割で支払っている場合、光コラボ事業者が引き継ぎします。

下記に光コラボへの転用で契約先がどのように変更になるかまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

利用サービス転用対象転用前転用後
フレッツ光NTT東日本

または

NTT西日本

光コラボレーション事業者
ひかり電話
初期工事費や移転工事費の

分割料金

オプションサービス光コラボレーション事業者が取扱うサービス
光コラボレーション事業者が取扱わないサービス(フレッツ・ウイルスクリアなど)対象外NTT東日本

または

NTT西日本

フレッツ光を使ったひかり電話や映像配信サービスのひかりTVについては、光コラボレーション事業者への転用が標準サービスとして認められており、転用後継続して光コラボレーション事業者とお客様の契約関係で続けて利用することが可能です。

しかしこの表を見て分かるように、すべてのサービス内容が引き継がれるわけではありません。

光コラボレーション事業者が取り扱わない付加サービスについてはNTT東西がお客様に直接サービスの提供を行うようになりますが、光コラボレーション事業者が取り扱う付加サービスについては「卸付加サービス」と言われるようになり、お客様と光コラボレーション事業者が契約するようになります。

この「卸付加サービス」は、NTT回線を光コラボ事業者が卸として扱っているという契約イメージに基づいて呼ばれるものです。
卸付加サービスには、ひかり電話やひかりTVなどの商品が含まれます。

光コラボレーション事業者が取扱わない付加サービスはそのままNTT東西との契約となるため、転用のタイミングで解約したい場合は別途NTT東西でお手続きをする必要がありますので注意が必要です。

NTT東西と直接契約でサービスを継続利用する場合、こちらの請求はNTTファイナンス社が提供するNTT回収代行によってこれまで通り請求が発生します。光コラボとサービスが重複しないように注意しましょう。

また、サービスではありませんが、現在フレッツ光の定期契約プランで毎月割引を受けている場合(NTT東日本のにねん割、NTT西日本のWeb光もっと2割・光もっと2割、など)、そちらは解約となり割引は引き継がれませんので覚えておきましょう。

フレッツ光から転用の際の5つのメリット

ではフレッツ光から光コラボに転用する際のメリットとは一体何でしょうか。

メリット1:月額料金を安くできる!

何と言っても、転用の一番の魅力はプロバイダ利用料も含めたインターネットの月額利用料金を安く抑えられる事にあります。

フレッツ光はインターネットの利用料とプロバイダー利用料が別々にかかるのですが、光コラボは、高速回線のインターネット利用料とプロバイダ利用料がセットになっており、その分、フレッツ光契約時の総額と比べるとお得になる場合がほとんどです。

また、サービス提供事業者が自由に料金を決定できるため、現在お使いの料金より月額が安い事業者を選ぶことで、確実に月額料金を安く抑えることが可能です。

下記に有名な光コラボ事業者のプロバイダ料金込みの月額料金一覧を並べましたので、ご参考下さい。

有名な光コラボ事業者の料金一覧(プロバイダ料金込み)

有名な光コラボ事業者の料金一覧(プロバイダ料金込み)
サービス名マンション一戸建て
スマート光3,300円4,300円
エキサイト光3,360円4,360円
@nifty光3,400円4,500円
OCN光3,450円4,650円
ぷらら光3,600円4,800円
Softbank光3,800円5,200円
IIJmioひかり3,960円4,960円
ドコモ光4,000円5,200円
ビッグローブ光4,080円5,180円
AsahiNet 光4,080円5,180円
So-net光4,100円5,200円

※ドコモ光はお客様の希望のプロバイダによって3つのタイプに分け料金を設定しています。詳細についてはドコモ光のHPをご確認ください。https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/charge/

ここで注意が必要なのは、現在ご自身がいくらのプランでフレッツ光とプロバイダを契約しているかです。

現在のフレッツ光ネクストの通常料金は以下の金額ですが、ここにプロバイダ料金が加算され、各種割引が適用された金額でお支払いをしているはずです。

現在のフレッツ光ネクストの料金一覧

NTT東日本「フレッツ 光ネクスト」シリーズの料金一覧表
種別ファミリータイプマンションタイプ
プラン2プラン1プランミニ
フレッツ光ネクスト

ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプ

(NTT東日本エリア)

通常料金5,700円通常料金3,350円通常料金3,750円通常料金4,350円
フレッツ光ネクスト

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼/マンション・スーパーハイスピードタイプ隼

(NTT西日本エリア)

通常料金5,400円通常料金3,200円通常料金3,700円通常料金4,500円

最近ではNTT西日本提供の「Web光もっと2割」などのお得な割引があるため、実際の支払い額が上記光コラボ事業者の設定額より安い方もいるかと思います。

転用後にあれ?高くなってる?とならないよう、フレッツ光の通常料金ではなく、現在の割引後の金額 + 現在のプロバイダ利用料と比べるようにしましょう。

メリット2:スマホの料金割引など独自の割引で総合的に出費を抑えられる!

光コラボの事業者によっては、自社のスマートフォンやケータイユーザー向けにスマートフォンの月額利用料の割引がされるセット割のサービスを提供しています。

携帯の大手キャリアや格安スマホ事業者が展開している光コラボなどで多く見られます。
有名なところだと、ソフトバンク光の「おうち割」、ドコモ光の「ドコモ光パック」auひかりの「auスマートバリュー」ですね。

【関連記事】おうち割ドコモ光パックauスマートバリュー

光コラボ事業者で回線をまとめることにより、これまでバラバラだった支払い方法を一つにまとめることもできます。またまとめることによってさまざまな割引を受けることも可能です。

このセット割の中には、家族のスマートフォンやケータイの台数×割引額となっている事業者もあるため、ご家族での契約数が多いご家庭の場合インターネットの月額料金以上の割引を受けられる可能性もあります。

メリット3:新規の開通工事や回線工事費不要!事務手続きのみで進められる!

フレッツ光から光コラボ以外の他社回線(auひかり、NURO光など)に乗り換えるときは、既存の設備(ケーブルなど)の撤去が必要です。
工事日に立ち合いとなるケースも少なくはありません。

しかし「転用」の場合は基本的に事務手続きのみで進められ、連絡不要で機器も接続するだけの手軽さです。

いままで開通工事のために仕事を休んだりしなければいけないために、乗り換えが面倒という声もありましたが、「転用」はこういった面倒がないのが大きな特徴です。

【注目】フレッツ光からの転用で人気1位!はじめてでも安心「SoftBank 光」

フレッツ光をお使いならSoftBank 光への乗換えがおトク!

SoftBank光なら月額2,800円~プロバイダ込みでおトク!ソフトバンクケータイをお持ちなら、おうち割で最大2年間、毎月最大2,000円割引に!さらに今ならキャンペーンで、他回線からのお乗換えだと違約金満額負担! ・・・詳しく見る

ソフトバンク光とauひかりで回線工事費用を安くするには?

メリット4:解約金なしで乗り換えられる!

通常、フレッツ光を解約してauひかりやNURO光などに乗り換えを行う再は、定期契約割引(NTT東日本のにねん割、NTT西日本のWeb光もっと2割・光もっと2割、など)の契約期間満了月とその翌月以外の解約であれば解約金が発生します。

しかし、転用の場合はこの解約金が不要で、そのまま光コラボへの乗り換えが可能です。

また、工事費を分割払いにしている場合も、通常は解約と同時に残債の一括返済が必要になるのですが、転用であればそのまま分割している工事費を引き継ぐ事が可能です。

まとまった出費が必要にならずお手軽に乗り換えできることが、この転用のメリットだと言えます。

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

メリット5:フレッツ光の工事費残債を一括返済してもらえる場合がある!

上記で工事費分割の件が出ましたが、実は光コラボ事業者によっては、転用の際にフレッツ光の工事費残債を一括返済してくれるところもあります。

光コラボのサービス提供開始から間もないこともあり、サービス提供事業者間での他社との差別化による顧客獲得を目的としてこのような特典が用意されているのでしょう。

もし、最近フレッツ光に契約したばかりでどうしても光コラボに乗り換えたい場合などは、こういった事業者を選択するのもよいでしょう。

フレッツ光から転用の際の10のデメリット

ここまでメリットを述べてきましたが、ネット上では、「速度が遅い」「窓口の対応が悪い」「あまりお得ではない」といった不満の声も多々聞こえてきます。

お得になると思い、いざ光コラボへ転用を行っても、思ってた契約内容と違う…。やめておけばよかった…。となってしまえば本末転倒です。

ここでは、転用で失敗しないために予め知っておきたい転用の際のデメリットや各種注意事項について詳しくご紹介します。

デメリット1:単純に月額料金が高くなる場合がある

メリットで料金が安くなるとお伝えしましたが、現在のフレッツ光の料金プランや割引特典によっては逆に高くなってしまう可能性もあります。

例えば、NTT西日本エリアで集合住宅にお住まいで「フレッツ光ネクストマンション・スーパーハイスピードタイプ隼 プラン2」に加入中で「Web光もっと2割」の割引が適用され、プロバイダをBBexciteで利用中の場合

フレッツ光

回線利用料

オプション

サービス料

プロバイダ

利用料

合計

月々の

お支払い額

通常料金3,200円

⇒割引後2,530円

(割引内容:Web光もっと2割 -670円)

-円250円2,780円

合計で月々2,780円のお支払いとなります。

この金額であれば、上記光コラボ料金一覧表で一番最安な「スマート光」の月額3,300円よりも安い料金となっているため、転用すると逆に月額料金が高くなってしまう結果になります。

このように、契約している料金プランやプロバイダーの状況で月額料金がお得になるかが変わってきますので、料金の確認は必須です。

デメリット2:転用が工事不要ではなく工事費が必要なケースがある

基本的に光コラボへの転用の際の工事費はかからないの前提なのですが、ホームタイプによっては例外として工事が発生するケースがあります。

具体的には、①配線方式を変更する場合②品目変更がある場合、です。

①の配線方式の変更というのは、マンションタイプでフレッツ光を契約している方に多いのですが、現在の契約がVDSL方式になっていて光配線方式に変更したい場合の話です。

VDSL方式というのは「フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ/マンションタイプ」を契約している場合に採用されている場合があり、こちらの方式だと通信速度が最大100Mbpsしか出ません。

光コラボへの乗り換えと合わせ、1Gbps対応のインターネットサービスを利用したい場合などは、この配線方式を変更する必要があります。

その場合、別途工事費用が発生してしまいます。戸建てタイプの場合は光配線方式になっているので、問題ありません。

②の品目変更というのは、現在「Bフレッツ」や「光プレミアム」などの料金プランでご契約している場合に、光コラボ対応のプランに変更する事を指します。

この場合、事業者によっては品目変更工事費が必要となります。

現在、上記のプランで契約している方は、光コラボへの転用前に必ず提供元の事業者に品目変更工事費について確認することをおススメします。

デメリット3:プロバイダーの解約金・契約事務手数料が発生する可能性がある

転用の際に、転用先の取り扱いプロバイダー状況に応じプロバイダーの解約金が発生するケースがあります。

また、転用によってプロバイダーのサービスが変更となるケースもあります。

それに伴って月額利用料が変更になる可能性もありますので、プロバイダーに問い合わせてみましょう(「にねん割」(NTT東日本)「Web光もっと2<割」など(NTT西日本)の適用は、転用すると終了します。契約更新月以外であっても違約金は発生しません)。

NTT東日本の場合の主なプロバイダの違約金は下記となっていますので、自身のプロバイダーの解約が必要な際はご参考下さい。

プロバイダ名違約対象期間違約金(解約金)
ASAHIネット十二か月以内2,000円
OCN契約更新月以外(2年毎自動更新)ファミリー2,400円/マンション1,200円
So-net契約更新月以外(2年毎自動更新)3,000円
@nifty契約満了月以外(2年毎自動更新)3,000円
BIGLOBE24か月以内5,000円
BB.excite24か月以内6,000円
WAKWAK24か月以内6,000円
plala24か月以内9,000円
DTI24か月以内10,000円
hi-ho24か月以内10,000円
楽天ブロードバンド24か月以内10,000円

さらに転用先の光コラボ契約に当たり、契約手数料が発生します。
こちらは特典で無料でない場合を除き必ず発生しますので、事前に光コラボ事業者に確認しておきましょう。

【SoftBank光】新規・乗換えで人気1位!他社転用は解約金負担!

人気窓口はキャンペーンで最大60,000円キャッシュバック!

デメリット4:フレッツ・テレビの工事費用を分割にしている場合は一括返済が必要

転用する前にフレッツ・テレビのテレビ接続工事費を分割にして支払っている場合、転用後にNTTから分割払いの未払い分を一括請求されますので注意しましょう。

デメリット5:転用後はフレッツ光に戻せなくなる

光コラボに転用後に、光コラボからNTTのフレッツ光に戻すことはできません。
この場合はフレッツ光を新規契約することになり、再度初期費用などが発生します。
それに伴って、お客様ID(CAF・COPで始まる番号)やひかり電話番号は変更になってしまうため注意が必要です。

店舗や法人などで光コラボへ転用し、ひかり電話を店舗の番号として利用していた場合、フレッツ光に戻す時には電話番号が変わってしまいますので各種手続きで相当大変になってしまいますよね。

デメリット6:不審な勧誘に注意

「NTTとの提携でフレッツ光からの切り替え案内・工事をしています」などと説明し、よく理解できないまま「光転用承諾番号」を取得して、光コラボの契約をさせられてしまうケースです。

光コラボへ転用後に、間違っていたことに気が付いてもフレッツ光には戻すことができませんので、十分注意しましょう。

デメリット7:転用後に別の光コラボへ乗り換える場合、違約金や工事費がかかる

フレッツ光から光コラボへの転用は違約金も工事費も不要なため、比較的負担なく乗り換えが可能です。

しかし、転用後に光コラボから他の光コラボへ変更する場合は解約→ 新規契約となりますので注意しましょう。

その際は、サービス提供元が定める違約金と、乗り換え先の光コラボ事業者への初期工事費が発生しますので注意しましょう。

ですが、事業者独自のキャンペーンで、乗り換えの際の違約金を負担してくれるところ、キャッシュバックがもらえるところ、初期費用が無料のところがあります。

しっかり調べて、お得にインターネットを開通しましょう。

デメリット8:転用後の光コラボ解約は電話番号が消滅する可能性がある

転用した後に光コラボを解約する場合、NTT東西から引き継いで利用できていたオプションサービスも自動的に解約となってしまうため注意が必要です。

ひかり電話を利用している場合は、電話番号自体が消滅してしまいます。

しかし、解約する前にNTアナログ電話(加入権)へ番号移行(ナンバーポータビリティ)することで引き続き利用することも可能ですので、その際はNTT116に相談することをおすすめします。

デメリット9:フレッツ光のキャッシュバックがもらえない

代理店サイトで高額キャッシュバックキャンペーンに釣られフレッツ光を申し込んだ場合、条件によってはキャッシュバックが受け取れなくなる可能性があります。

おそらく、ほとんどのキャッシュバックキャンペーンは数ヶ月~1年の利用が条件になっているため、その期間内に光コラボに転用した際は受け取れなくなるでしょう。

せっかくのキャッシュバックキャンペーンなので、もらってから光コラボへ転用するのがおススメかもしれません。

デメリット10:まれに速度が落ちてしまう可能性もある

実際に光コラボに転用した利用者から「ネットの速度が落ちた」という声が聞かれるのも事実です。

フレッツ光の回線をそのまま流用し、提供エリアも変わっていないため、本来は速度は変わらないはずなのですが…。

転用の際に事業者から送られてくる機器に原因があるのではないか、と考る人もいます。

またプロバイダー側の設備状況・利用者のアクセス状況なども絡んでいる可能性もあります。

フレッツ光から転用の際に注意したい点

以下はデメリット…とは言えないかもしれないけれど、転用手続きの際に気を付けておきたい注意点です。

転用後はメンバーズクラブのポイントが利用できなくなる可能性がある

フレッツ光メンバーズクラブ(NTT東日本)で保有していたポイントは転用日でポイントが失効し、そのほかのコンテンツも利用できなくなります。

ポイントがある場合は転用日の前日までに手続きをするようにしましょう。

CLUB-NTT-West(NTT西日本)の場合、ゴールド会員は以下の条件を満たせば「光ウィズ会員」へ移行できるので、持っているポイントもそのまま引き継ぎ可能です。

ただし光コラボ事業者によっては契約不可の場合もあるので、各事業者に問い合わせが必要です。

「光ウィズ会員」移行条件

  1. 光コラボレーション事業者のサービスの利用
  2. 対象付加サービスのうち1つ以上をNTT西日本と契約する

    対象付加サービス
    ひかり電話基本プラン、安心プラン、もっと安心プランリモートサポートサービスひかり電話A(エース)
    ホームゲートウェイ 無線LANカードフレッツ・あずけ~るフレッツテレビ
    フレッツ・スポット(公共無線LANサービス)セキュリティ機能ライセンス・プラス光ポータブル(レンタル)
  3. メールマガジンの配信希望

「フレッツ・あずけ~る」の利用量が減ってしまう可能性がある

写真などの保存用で「フレッツ・あずけ~る」を利用している場合、転用後は増量の特典も廃止されるので利用可能容量が10Gb から 5GBとなってしまいます。

すべての契約が転用・自動解約されるわけではない

事務手続きだけで終わらせられるのが転用の最大のメリットですが、注意したいのは光コラボ事業者が取り扱っていないサービスについては引き続きNTT東西の契約となる点です。

具体的な例としては、フレッツ・ウイルスクリアなどのサービスを利用していて、転用後は光コラボ事業者提供の別のセキュリティ対策ツールを利用するといったケースでは、フレッツ・ウイルスクリアは自動的に解約にならないので、利用者自身が解約手続きを行う必要があるという点です。

他社の同じサービスを重複して受けるといったことがないよう、今一度ご自身が契約している付加サービスをチェックしておきましょう。

フレッツ光から転用がおすすめなタイプの人とは?

デメリットや注意点がてんこ盛りなので、メリットがあまり感じられないと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。
しかし、以下の2点のどちらかが該当する方には転用がオススメです。

携帯の割引サービスを受けたい人

携帯電話の割引サービスの恩恵を受けたい人は、ソフトバンク光・ドコモ光といったキャリアが実施している光コラボへ転用するのもいいでしょう。

特に携帯電話の契約回線数が多ければ、それに応じて割引額も大きくなります。

先に説明したように、携帯電話の契約台数が多いご家族は、光コラボ事業者に支払うインターネットの月額料金よりも割引額が多くなる可能性もあるためそういった方には転用はおすすめと言えます。

ソフトバンク携帯をお使いの方,ドコモ携帯をお使いの方,au携帯をお使いの方

ひかり電話は使わない人

転用後の光コラボで解約してしまうと、次のサービスで同じひかり電話番号が利用できなくなってしまします。
ひかり電話は使わない・ひかり電話の番号は変わっても問題ない(携帯電話がメインの人)人に有利でしょう。

具体的な転用の手続き方法

メリット・デメリット、注意点を把握して転用を決めた時の手続きについてご説明します。

契約中のフレッツ光から光コラボに乗り換える場合、転用番号を取得する必要があります。

契約者本人からNTTの窓口へ転用の申し込みをして、転用承諾番号を受け取ります。

NTT東日本:0120-140-202
https://flets.com/app4/input/consent/index/

NTT西日本:0120-553-104
https://www.west-frc.com/websi/W517100S

CLUB-NTT-Westの会員ページからも手続き可能です。受付時間はともに9:00~17:00で、年末年始を除く土・日・祝日も受付しています。

転用承諾番号には有効期限があり、予約当日を含め15日間、無効になった場合は、再度取得する必要があります。

転用承諾番号の有効期限までに4日以上の期間がある場合に限り、申込が可能となります。

転用承諾番号を取得したら、できるだけ速やかに手続きをするようにしましょう。

転用日は、申込から2日以降となっています。その後は光コラボ事業者とNTT東西で手続きを行うことで、転用手続きが完了します。

また、フレッツ光をご利用中でプロバイダーをOCNで利用している方は、NTTコミュニケーションズというOCNの運営会社から転用承諾番号の取得を促す電話がある場合があるようです。
>こちらは、ただの勧誘ですので、NTTの関連会社のためフレッツ光の契約変更についてだと勘違いし、知らない内に転用してしまう事が無いようにしましょう。

転用におすすめの代理店

これらの光コラボは、代理店を利用して契約することをおすすめします。

なぜなら高額キャッシュバックキャンペーンや、月額料金の割り引き等、特典が盛りだくさんでお得に契約できるからです。

おすすめの代理店はこちらから検討ください!

【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

フレッツ光から転用のメリット・デメリットまとめ

フレッツ光から光コラボへの転用のメリット・デメリットについてお伝えしてきました。デメリットの項目が多いのですが、普通にインターネットを使うだけであればあまり影響が無いことです。

ご自身の利用状態や環境に照らし合わせて、光コラボ事業者を選択することが大切です。またはエリアが適していない場合なども考えられますので、Web代理店でお問い合わせを行うのも手段でしょう。

またあえて「転用」しないという選択肢を選ぶことで、今受けているメリットをそのまま受ける道もあります。

光コラボ事業者の提供するサービスには、とても魅力的な特典やキャンペーンもありますが、それに目を奪われることなく転用前・転用後でサービスがどのように変わってしまうのか、きちんと理解した上で「転用するかどうか」を決定しましょう。

高額キャッシュバックもおさえておき、どんな環境で使うかを大切にしていきましょう。

乗換えで人気の光回線で、高額キャッシュバックを狙える窓口を厳選してみましたので、ご参考ください。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る