閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

光回線の開通工事の内容とは?期間・料金・お得にする方法も紹介

光回線の工事費用をお得に節約できる回線をまとめました!

光回線を自宅に導入するときは、単に契約すればOKというわけではありません。

インターネット通信用のケーブルを自宅に引き込むための“工事”を実施しなくてはならないのです。

回線導入工事の内容と工事が完了するまでの期間、工事費用、工事費を少しでもお得にする方法についてまとめました。

光回線の開通を検討中の方はご参考ください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

光回線の工事内容を詳しく解説

回線業者は違っても、基本的にはどの業者でも工事内容に大きな違いはありません。

光回線の工事内容をと所要時間を詳しく見ていきましょう。

戸建て住宅の工事内容とかかる時間

戸建て住宅では、宅内工事と屋外工事の2つを次の手順で実施します。

所要時間は特別なトラブルが起こらない限り1~2時間ほどです。

通常は宅内工事と屋外工事を同日に済ませますが、NURO光などの一部の業者では、宅内工事と屋外工事を別の日に実施します。

  1. 最寄りの電柱から光ケーブルを引き込み、外壁にひっかけます。
  2. エアコンのダクトなどを利用して、光ケーブルを屋内に引き込みます。
  3. 光ケーブルを引き込む適当な穴がない場合は、壁に1cmほどの穴を開けることもあります。

  4. 引き込んだ光ケーブルと回線終端装置(ONU)を接続します。
  5. 回線終端装置とホームゲートウェイを接続します。
  6. なお、回線終端装置とホームゲートウェイが一体型のものも多いです。

アパート・マンション等集合住宅の工事内容とかかる時間

アパートやマンションなどの集合住宅では、利用を希望する光回線がすでに建物に導入されているときは、宅内工事さえすればすぐにインターネット通信を利用できます。

作業自体が簡単ですので、工事時間も1時間以内で終わることも少なくありません。

しかし、希望する光回線がまだ建物に導入されていないときは、建物自体に光回線を引き込む工程から実施しなくてはいけません。その場合は工事時間が2~3時間かかることもあります。

工事の流れは次のとおりです。

  1. 最寄りの電柱から光ケーブルを引き込み、共用スペースの回線終端装置に接続します。
  2. 回線終端装置から各世帯へ回線を接続します。
  3. 電話線を利用して各世帯に引き込むこともありますが、専用ケーブルで引き込むこともあります。

光回線の工事にかかる費用

光回線工事の費用は、業者ごとに異なります。

主要業者の工事費と契約手数料は次のとおりです。

契約手数料は各社3,000円(フレッツ光は800円)で共通していますが、工事費は業者によって大きな差があることがわかります。

なお、申し込むタイミングによっては工事費無料などのキャンペーンを利用できることもありますので、初期費用をおさえたい人はキャンペーンをチェックしてみましょう。


フレッツ光
(NTT東日本)

フレッツ光(NTT西日本)
auひかり

ソフトバンク光
ドコモ光
戸建て住宅
工事費
18,000円
18,000円
37,500円
24,000円
18,000円
契約手数料
800円
800円
3,000円
3,000円
3,000円
マンション
工事費
15,000円
15,000円
30,000円
24,000円

(立会不要時は2,000円)
15,000円
契約手数料
800円
800円
3,000円
3,000円
3,000円

※料金はいずれも税抜き表示です。

光回線の開通工事までの期間はどれくらい?

光回線開通までにかかる時間は、回線の種類や業者、申し込んだ時期によって異なります。

一般的に引っ越し時期を除けば、戸建て住宅の場合は3週間~1ヶ月、マンションの場合は2~3週間ほどで回線工事が終了します。

しかし、3~4月の引っ越しが多くなる時期や新サービスを開始したばかりの時期などは、工事も混み合い、申し込んでから回線工事完了までに2~3ヶ月ほどかかることもあります。

特に2018年1月から関西エリアと東海エリアも利用できるようになった“NURO光”は、申し込みが殺到しているだけでなく、工事が2回(宅内工事と屋外工事を別の日程で実施する)こともあり、申し込みから工事完了までに2~5ヶ月ほどかかることも珍しくありません。

早くネット回線を使いたい場合はモバイル回線を契約

工事が混んでいる回線業者に乗り換えるときは、現在、ご利用中のネット回線の解約タイミングを遅らせることで、インターネットに接続できない期間を減らすことができます。

しかし、引っ越し先で新規にインターネット回線を導入したいときなどは、回線工事日が遅れれば遅れるほどインターネットに接続できない期間が長くなってしまいますよね。

そのようなときは、モバイル回線を利用することをおすすめします。

例えばデータ通信量無制限プランのある“BroadWiMAX”なら、店舗で契約すれば即日に、ネットで契約しても最短翌日にインターネット通信を利用できます。

固定回線が開通するまでの期間だけ使うのも良いですし、固定回線が開通した後もそのまま使い続けるのもアリですね。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

光回線の開通工事は基本的に立ち合いが必要!

光回線の開通工事は、基本的に立ち合う必要があります。

ただし、すでに光コンセントが各世帯に設置されているマンションなどでは、作業員無派遣の工事が適用され、契約者の立ち合いも不要です。

光回線の工事ができないケースもあるので注意!

どの住宅でも光回線工事ができるわけではありません。

申し込んだ光回線業者の対象エリア内に住んでいても、次の4つの状況下では回線工事が不可能になることがあります。

建物の構造上配線ができない

光回線は電柱から光ファイバーを引き込みますが、電柱との距離が遠すぎて光ファイバーを引き込めないこともあります。

また、お住まいの建物の構造によっては、Wi-Fiなどの無線接続しか対応できないこともあるでしょう。

国道を横断する場合役所の許可を得る必要がある

最寄りの電柱が国道を挟んで反対側にあるときは、道路を管轄する行政機関の許可が必要になることがあります。

安全上の観点から許可が下りないケースも多いですのでご注意ください。

近所の私有地を通さなくてはいけない場合

最寄りの電柱が、公共の場所ではなく私有地の向こう側にあることもあります。

私有地を挟む場合は私有地の所有者の許可を得なくてはなりませんが、場合によっては許可が得られないこともあるでしょう。

電柱が地下に埋まっている地域では工事ができない場合がある

都市部や美観地区では、電柱が地下に埋まっていることもあります。

このような土地でも光回線工事ができなくなる可能性が高いです。

工事ができない場合は工事不要のモバイル回線がおすすめです。

光回線工事ができないときは、工事不要で利用できるモバイル回線がおすすめです。

工事がないので工事費も不要となり、初期費用が安くなることもメリットの1つです。

BroadWiMAXなら初期費用(18,857円)が実質無料になるキャンペーンも実施していますので、金銭的負担を減らしたい人にもおすすめですよ。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

光回線の工事が不要ケースもある

新規に光回線に申し込むにもかかわらず、回線工事が不要になるケースもあります。

光コラボへ転用する場合

NTTのフレッツ光からドコモ光やソフトバンク光などの“光コラボレーション業者”に乗り換える(転用する)ときは、回線工事が不要になる場合も多いです。

もちろん、回線工事費も発生しません。

しかし、かならずしも回線工事が不要になるという訳ではありませんので注意してください。

集合住宅で前の住人が使用していた配線が残っている場合

マンションの前の住人が使用していた回線でインターネットを利用するときは、回線工事が不要です。

ただし、業者によっては宅内で工事をしなくても工事費(業者内での工事が発生することもあるため)が請求されることもあります。

光回線の工事費を無料にする方法

業者によっても異なりますが、光回線の工事費は2,000~40,000円ほどかかります。

できればお金をかけずに済ませたい人は、次の2つの方法を実践してみてください。

フレッツ光から光コラボへ転用の場合は工事費無料

先程も触れましたが、光コラボレーションはNTTのフレッツ光回線を利用しますので、フレッツ光から光コラボレーションに転用するときは、工事不要かつ工事費不要が不要になる場合も多いです。

現在フレッツ光を利用している人は、光コラボレーションへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか。

工事費無料キャンペーンを利用する

例えばauひかりでは、戸建て住宅用プランでネットと同時に光電話も使う場合は、工事費が無料になるキャンペーンが実施されています。

おすすめ窓口最大135,500円還元!
株式会社25
スマホ料金
最大2,000円割引き!
超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
工事費が実質無料・乗換えで違約金還元!
さらに、最大135,500円大幅還元キャンペーン実施中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

また、ソフトバンク光では、NTT東日本エリアにお住まいの人限定で、ADSLから光回線に乗り換えるときのみ工事費が無料になるキャンペーンを実施しています。こまめに光回線のサイトをチェックして、お得に乗り換えるようにしてください。

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

光回線に申し込んでから工事完了までに長期間待たされることもありますので、なるべく早めに申し込むようにしましょう。

回線工事ができず、開通できないなんて場合もありますので注意してください。

また、待ち期間が長いときはWiMAXなどのモバイル回線を利用するのもおすすめです。

最短で、契約当日から利用できるのもうれしいですね。

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事