閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

NURO光の工事を1回にする方法と工事費を無料にする方法

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

NURO光の工事を1回にする方法と工事費を無料にする方法

NURO光を利用するためには必ず回線工事が必要です。

開通工事にはそれぞれの回線によって違いがあり、NURO光では2回の開通工事が必要な点が特徴です。

さらに、NURO光の工事を解説する上で欠かせないポイントが工事費実質無料のキャンペーンです。

NURO光では公式キャンペーンで工事費用を実質無料にできるので、初期費用が抑えられるのも大きなメリットなんですよ。

この記事では、NURO光の光回線開通工事についての手順や工事費、特徴、そして工事に関するキャンペーンについて解説していきます。

ちなみに、NURO光を契約するにはサービス提供エリア内であることが最低条件です。

NURO光の提供エリア内でなければ工事もできませんので、まずは公式サイトのお申し込みページでエリア確認を行いましょう。

また、NURO光のエリアについて解説している記事もあわせてご覧くださいね。



戸建ての場合のNURO光工事内容

戸建て住宅でNURO光を開通させる場合は、「宅内工事」と「屋外工事」といった2回の工事が必要です

以下の図では、それぞれの工事内容をかんたんに示しています。

NURO光開通工事の流れ

それぞれの工事の詳しい内容について詳しく解説します。

1回目:宅内工事

NURO光の1回目の工事は、宅内工事です。

作業員が宅内に立ち入り、配線や通信機器の設置を行います。

NURO光の工事担当者が屋内に立ち入って作業しますので、契約者本人または家族の立ち合いが必須です。

必ず都合のつく日程に調整し、工事当日を迎えましょう。

では、具体的な工事手順を見ていきます。

1.光キャビネットの設置

まずは家の外壁に「光キャビネット」と呼ばれる、光ケーブルを引き込むための箱を設置します。

壁のどの辺りに設置されるのかは、住宅の形状や設備状況によって異なります。

光ケーブルを引き込む方法しては「電話配管を利用する」「エアコンダクトを利用する」「壁に穴をあける」といったものがありますが、そのうちのどの方法にするかによっても光キャビネットの設置位置が変わってきます。

2.光コンセントの設置・宅内配線

光ケーブルの差し込み口である光コンセントを設置し、光キャビネットから配線を行います。

基本的には既存の配線を利用して配線するため、さほど手間のかかる作業ではなく、1時間ほどで完了します。

しかし、既存の配線(電話配管やエアコンダクト)が利用できず、配管を新設するとなると、作業時間がのびる可能性があります。

また、光コンセントを取り付けたい位置を予め考えて決めておくと、作業がスムーズに進むでしょう。

3.ONUの設置

ONUとは「回線終端装置」のことで、光回線を開通させるために必ず設置する必要があります。

それほど大きなものではなく、設置や接続も簡単であるため、短時間で完了します。

ここまでの作業で1回目の工事内容は全て終了です。

2回目:屋外工事

NURO光の2回目の工事は、屋外工事です。

家の外から光回線を引き込み、1回目の宅内工事で設置した配線と接続し、NURO光を開通させます。

作業員が宅内に立ち入ることはなく、作業の初めと終わりに確認をするだけなので、インターフォン越しでのやり取りで済む場合もあります。

しかし、契約者本人または代理人がきちんと確認を行わなければならず、工事実施日は確実に在宅している必要があります

1.近くの電柱から光ケーブルを引き込む

工事用車両を使って、電柱から光ケーブルを引き込みます。

住宅の環境によっては住宅前の道路を通行止めにすることもありますので、そのような事態が見込まれる場合には、事前に近所の方々に工事する旨を説明しておくとトラブル回避になるでしょう。

2.引き込んだ光ケーブルを光キャビネットに接続

引き込んだ光ケーブルを、外壁の光キャビネットに接続すれば、2回目の工事は終了となり、NURO光が開通します。

2回の工事を1回にまとめる方法

NURO光の2回の開通工事は、1回にまとめられます

申し込み後の工事日調整の段階で、工事を1回で済ませたい旨を申し出ることで、2回の工事を1回にまとめて行うことができるのです。

同日に宅内と屋外の両方を工事してくれるよう手配してくれますので、1日だけ時間を作ればNURO光を開通させられます。

普段なかなかまとまった時間をとれない方には、うれしいサービスですね。

ただし、この方法を行うには5,000円の追加料金が必要です。

さらに、「どうしても平日には時間がとれない」という場合は土日・祝日に工事を依頼できますが、この場合も3,000円の追加料金が必要です

つまり、通常であれば2日必要な開通工事を土日・祝日の1日で済ます場合は、5,000円+3,000円=8,000円が別途請求されることです。

開通工事は全ての工程がスムーズに進むとは限らず、何らかのトラブルにより工事時間が延長してしまう恐れもあります。

工事日はなるべく、それ以外の予定は入れないでおきましょう。

マンションの場合のNURO光工事(宅内・屋外のフロー)

NURO光の開通工事では、工事担当作業員が自宅、もしくは自宅近くの電柱にて作業を行います。

そのため、戸建ての場合もマンションの場合も、立ち会いは必須です。

では、マンションに住んでいる場合の工事内容には、戸建てとどのような違いがあるのでしょうか。

NURO光マンションミニは戸建てと同じ工事フロー

「NURO光マンションミニ」を契約する場合は、工事内容や工程は、戸建てと全く同じものとなり、宅内・屋外の2回行われます。

詳しいフローは前述の「戸建ての場合のNURO光工事内容」をご参照ください。

マンションでは工事を1回にまとめることはできない

NURO光マンションミニでは戸建ての場合と異なり、工事を1回にまとめることができません

たとえ追加料金を支払う準備があっても申し出には応じてくれず、必ず2日の工事日設定が必要です。

しっかりとスケジュールを確保したうえで、工事日を調整しましょう。

NURO光 for マンションが導入されている場合は宅内工事のみ

お住まいのマンションに「NURO光forマンション」が導入されている場合は、開通工事がぐっと簡単です。

すでに設置されている共用設備から、部屋まで回線を引き込む宅内工事のみで完了です。

現在マンションにお住まいの方、またはこれから引っ越しを控えている方は、NURO光forマンションが導入されているかを確認してみてください。

導入されていれば、先述したNURO光マンションミニよりも安い月額料金でNURO光を利用できますよ。

マンションの場合は工事ができない場合も

マンションでNURO光を契約したい場合に注意したいのは、個人でNURO光を利用したいと考えていても開通工事を行えない場合があるということです。

マンションではオーナーや管理会社の許可なく、居住者が勝手に開通工事を実施することは原則としてできません

また、共用設備設置に関する工事はマンション全体に関わってくる事案になるため、他の居住者の同意が必要となる場合も多く、マンションでNURO光を新規導入するのはハードルが高いのが現実です。

特に、NURO光 for マンションの場合は、最低契約者数が4人以上となっているため、より導入条件が困難といえるでしょう。

NURO光の開通工事費はキャンペーンの適用で実質無料!

NURO光を含め、光回線の開通工事には必ず工事費の負担が発生します。

NURO光の工事費は、戸建て・マンションともに40,000円となっています。

しかし、NURO光では、新規契約者向けキャンペーンの適用で、工事費が実質無料です。

工事費実質無料とは、NURO光の工事費40,000円を分割したうえで、月々の工事費支払い分を月額料金から割引するという仕組みです。

NURO光戸建てプランとNURO光マンションミニでは30ヶ月間、NURO光 for マンションでは36ヶ月間継続利用すれば、工事費が実質無料になります。

NURO光を新規契約する場合はキャンペーンが適用されますので、誰でも工事費は実質無料になるといって良いでしょう。

NURO光の公式キャンペーンでキャッシュバックももらえる

工事費実質無料の公式キャンペーンは非常に魅力的ですが、NURO光には他にもうれしい公式特典があります。

たとえば、設定サポート/リモートサポート1回を無料で使えるという特典もあります。

さらに、以下の公式特設サイト経由の申し込みで、35,000円のキャッシュバックをもらうこともできます。

キャッシュバックなどの豪華キャンペーンにありがちな、有料オプションへの加入は不要であることに加え、キャッシュバックをもらえるのは開通の4ヶ月後なので、忘れずに受け取りやすいのがうれしいポイントです。

詳しい内容をチェックしたい方は、以下のバナーをクリックしてみてくださいね。



契約期間の途中で解約すると残債を請求されるので注意!

開通工事費実質無料キャンペーンで気を付けるべきポイントは、「実質無料」は「完全無料」というわけではない、ということです。

分割支払分が毎月割引されるというシステムなので、分割払いが終了するまでの最低30ヶ月は継続利用しなければ工事費が完全消化されません。

30ヶ月の途中で解約してしまうと、初期工事費分割払いの残債を支払う義務が生じてしまいます。

たとえば、契約12ヶ月の時点で解約すると、工事費の残債は1,333円×18ヶ月=23,994円となるため、この23,994円は解約後に一括請求されてしまいますので注意しましょう。

土日祝日の工事、同日工事には追加料金がかかる

仕事などの都合上、初期工事を土日・祝日に設定した場合や、通常2日かけて行う工事を同日に実施してもらうためには追加料金がかかります。

最も高い追加料金となる、「土日・祝日に1回の工事を依頼」した場合を想定してみましょう。

通常で必要な工事費用 40,000円
土日・祝日の工事実施による追加料金 3,000円
同日工事実施による追加料金 5,000円
費用の合計 48,000円

通常で必要な工事費用40,000円は、キャンペーンの適用および30ヶ月の継続利用で0円です。

一方で、オプションとしての「土日・祝日工事実施」や「同日工事実施」の費用は割引対象とはならず、実費負担となるため、8,000円の支払いが必要です。

NURO光の工事は遅い?NTTとSo-netで2回工事がある

NURO光の開通工事は宅内・屋外の2回が必要となり、宅内工事をSo-net指定の工事業者、屋外工事をNTT指定の工事業者が請け負う形です。

1回目の工事終了から2回目の工事実施まで期間ができてしまうこともあり、ユーザーからは「NURO光は工事が遅い」という声もあがっています。

3月~4月の引っ越しシーズンや土日・祝日は特に混雑傾向にあるため、工事実施までの待ち期間がより長くなる可能性が高くなります。

NURO光の申し込みや工事日調整は、混雑を見越した早目の予約が大切です。

また、工事はやむを得ない理由により延期となる可能性もありますので、インターネットを利用したい時期から逆算して、スケジュールに余裕を持たせたうえで申し込みましょう。

ここからは、実際にNURO光の工事を依頼した人の口コミを紹介していきます。

今年の3月~4月に工事を実施する方で、工事内容も便宜を図ってもらえたようで満足している様子です。

1回目の工事と2回目の工事のあいだには1ヶ月ほどの期間が空いていますので、やはり2ヶ月以上の余裕を持たせたスケジューリングが大切といえます。

マンションでの許可取得有無の関係で、工事日程の再調整・延期をせざるを得なくなってしまった方もいらっしゃいました。

家の状況や周辺環境によっては、予定通りに工事が進まない場合があります。

工事を開始した後に突然、作業員から工事の延期を告げられるといった事態もまれにありますが、やむを得ない事情ですので再度工事の日程を調整しましょう。

工事の遅延が噂されるNURO光ですが、無事に開通することができれば高速インターネットが快適に利用可能です。

いざ開通してみれば、多少の工事の遅延など気にならなくなるほど満足してしまう方も多いようです。

日常的に重いインターネット通信を頻繁に使う方でも、910Mbpsの速さがあれば問題なく、満足できるでしょう。

快適なインターネット環境の実現のため、工事の遅延も勘案して、入念に準備を行いたいものです。

平日の午前中は工事予約が取りやすい傾向にある

土日・祝日はNURO光の工事は混雑傾向にあります。

平日には都合がつかない人が多いため、追加料金がかかるとはいえ、予約が取りにくくなっているようです。

スムーズに工事予約を取るなら、平日の午前中が狙い目です。

NURO光を解約する際、撤去工事は不要

NURO光を解約する場合、インターネットの設備はそのまま残しておいても問題ありません。

しかし、So-netからレンタルしていた機器など、一部返却する必要があるものが存在します。

契約内容によって返却物や返却タイミングが異なりますので、詳しくは解約の問い合わせ時にオペレーターに確認をしておきましょう。

返却方法についてはSo-netの会員サポートページに詳しい情報が開示されていますので、チェックしてみてください。

撤去工事を希望する場合の申し込み方法

お住まいが賃貸の場合など、NURO光の撤去工事を行わなければならないことがあります。

撤去工事が必要な方は、「NURO光サポートデスク」に問い合わせて撤去工事の申し込みをしましょう。

【NURO光サポートデスク】
  電話番号:0120-65-3810
  受付時間:9:00~18:00(1月1日・2日・指定のメンテナンス日を除く)

申し込み後はサポートデスクの案内に従って手続きを進め、撤去工事日を調整しましょう。

NURO光の工事予約日を変更する方法

突然の都合により工事予定日を変更したくなった場合は、「NURO光開通センター」に問い合わせましょう。

【NURO光開通センター】
  電話番号:0120-20-1761
  受付時間:9:00~21:00(年末年始を除く)

開通センターのオペレーターが案内してくれますので、その案内にしたがって変更手続きを進めましょう。

NURO光の工事をキャンセルする方法

工事をキャンセルしたい場合には、開通センターではなく「NURO光サポートデスク」に連絡を入れましょう。

この場合、必ず工事日の2日前までに連絡することが大切です。

前日や当日では対応してもらえないので注意してください。

【NURO光サポートデスク】
  電話番号:0120-65-3810
  受付時間:9:00~18:00(1月1日・2日・指定のメンテナンス日を除く)

NURO光の契約もキャンセルする場合は工事前のキャンセル手続きが必要

開通工事だけでなく、NURO光の契約自体をキャンセルしたい場合は、NURO光公式への連絡が必要です。

代理店から申し込んだ場合であっても必ずNURO光公式へ連絡しましょう。

契約キャンセルの際に発生する費用は、「工事前」か「工事後」かが大きな分かれ目です。

完全無料でキャンセルしたい場合は、1回目の工事(宅内工事)前にキャンセルの一報を入れましょう。

1回目の工事(宅内工事)前 0円
1回目の工事後、ビスの穴埋め作業がある場合 10,000円
2回目の工事(屋外工事)後 40,000円(満額)

屋外工事ができないことが発覚しキャンセルになることもある

NURO光に契約申込をした後になってはじめて、工事ができないことが発覚するケースも稀にあります。

工事ができない理由としては、家屋の状況や周辺環境によるものが多く、素人目では分からないケースも多々存在します。

工事ができないと判断された場合はNURO光の契約自体がキャンセルとなるので、残念ですが他回線への契約し直しを検討するしかありません。

まとめ

NURO光の工事は宅内工事・屋外工事の2回に分かれています。

通常ならそれぞれ1日ずつ、計2日を要する工事ですが、追加料金を支払うことで工事日程を1日にまとめたり、土日・祝日にしてもらえたりするなど、平日に都合がつかない人への嬉しいオプションも存在しています。

しかし、工事予約が混雑し工事期間が長くかかってしまうケースもありますので、混み合うシーズンを避けたり、余裕を持って工事予約を行ったりすることが重要です。

工事日の変更やキャンセルも可能ですので、必要に応じてNURO光サポートデスクや開通センターに問い合わせてみると良いでしょう。

工事が完了し無事開通すれば、その日からNURO光の高速インターネットを楽しめますよ。

また、NURO光には工事費実質無料のキャンペーンがありますので、初期費用が抑えられてお得です。

他にも35,000円のキャッシュバックなどのうれしい特典がありますので、ぜひ以下のリンクからチェックしてみてくださいね。



超高速2Gbps!NURO光おすすめ窓口

おすすめ窓口SONY(NURO公式)

下り最大2Gbps圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!高速無線LAN、セキュリティサービスがついて、プロバイダ料込みの4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!特設ページ経由で35,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る