閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光の契約前に工事の流れを事前確認しておこう!

ソフトバンク光だけではなく、光回線の契約を行うと必要になるのが回線開通工事。
契約をしようと思うけど、家に穴をあけたり、開通までに何が必要になるのか不安になりますよね?

ここでは、ソフトバンク光の初期開通工事とは何をするのか、そして工事費用について解説していきます。

事前に知識を持っておくと安心して工事に望めますね。

ソフトバンク光で工事が必要な理由

ソフトバンク光とは、光の高速回線を利用したインターネット接続のこと。
ソフトバンク光ではauひかりなどとは違いNTT(フレッツ光)の光回線を利用した「光コラボ」といわれるインターネットサービスです。

そのため実績が高く安定していることが特徴。
プロバイダー込みで携帯電話とセットで便利に利用できるサービスです。

しかし、電話回線などとは別の光ファイバーケーブルを自宅に引き込む必要があるため、回線事業者の工事が必要になります。

エリア内であれば通常は、電信柱を経由して光回線が自宅付近まで引き込まれています。

ソフトバンク光の開通工事とは、この電柱から自宅まで回線を引き込む工事のことを指しています。

一軒家の場合は、初めての光回線の利用の場合では、必ず工事が必要です。

集合住宅の場合には、建物に設備が整っていない場合でのみ集合住宅へ光回線を引き込む工事が必要になってきます。

このように物理的に外部から建物に回線を引き込む工事を屋外工事といい、実際に利用する室内に終端装置を設置し、インターネットとの接続確認を行う工事を宅内工事といいます。

宅内工事は基本的には、一軒家・集合住宅共に必須の工事です。

光ファイバーケーブルを引き込む屋外工事

光ファイバーケーブルを建物まで引き込む工事を屋外工事と呼びます。
では具体的な屋外工事の内容を見ていきましょう。

戸建て住居の場合

戸建て住居の場合には、付近の電柱から、住宅内に光回線を引き入れます。
基本的には、エアコンのダクトなどを利用して屋内まで物理的な配線を行うようになっています。

ただし、どうしても電柱からの位置などの関係で住宅に穴を開けるケースが発生します。
その際には、穴の位置の確認などで居住者の許可が必要です。

そのため、ソフトバンク光の工事には必ず立会いが必要となります。

屋外工事の所要時間はおおよそ1時間程度になります。

外で立ち会う必要はありませんが、その時間には在宅している必要があります。

また、解約した際には、開けた穴を塞ぐところまで工事業者はしっかりとケアしてくれるので安心してください。

ですがその際の解約時には解除料が発生するので注意が必要です。

工事日の連絡は事前にサポートセンターより電話で連絡が入ることになっています。
立会い工事になるため、スケジュールを事前に確認して、希望日を伝えておきましょう。

工事業者はソフトバンクの人ではなく、下請け業者が当日工事に入ることになります。

集合住宅の場合

集合住宅の場合には、マンション内に光回線が引き込まれていると素早い工事ができます。

ソフトバンク光を申し込む際には、事前にマンションの管理担当に確認するとスムーズです。
もしも、すでに光回線が住宅内に引き込まれていた場合には、マンション内の設備部分から居住階まで光ケーブルを引き込む工事(宅内工事)が必要です。

集合住宅に光回線が引き込まれていなかった場合には、戸建て住居同様に付近の電柱から集合住宅内に光ケーブルを引き込む工事が必要です。

その際には、場合によっては建物に穴をあける必要があるため、事前に大家さんやマンションの管理者に許可をとっておきましょう。

比較的新しいマンションなどには、光回線のための接続装置がマンション内に設置されていることが多く、屋外工事が不要の場合が多いです。

しかし、古い集合住宅の場合には、接続装置が設置されていないケースが多く屋外工事が必要だと認識しておくといいでしょう。

ONUを設置する宅内工事

屋外工事が不要だった場合でも宅内工事が発生する可能性は高いです。

なぜなら、屋外工事で引き込んだ光ケーブルをONU(Optical Network Unit )と呼ばれる光回線終端装置につないで、光コンセントに接続する必要があるから。

ONUとは、光ケーブルからご自宅のパソコンなどにインターネットの通信をさせる役割を担っているものです。

宅内工事とはONUと光回線ケーブルを接続するために光コンセントを取り付け、ONUを設置し、インターネットに接続できることを確認するまでのことです。

そこから光BBユニットを設置し、無線LANの通信確認は工事業者の仕事ではなく、ユーザーの仕事になります。

工事の必要がないケースもある

ソフトバンク光は、光コラボレーションと呼ばれるインターネット回線です。

回線はNTT(フレッツ光)の光回線を利用しています。
そのため、これまでフレッツ回線の中でもフレッツ光ネクストを利用していた場合には、そのまま転用できるため乗り換えの場合には工事が不要になります。

工事が必要ないため、初期工事費用も無料です。

その際には、転用承諾番号が必要になります。事前に取得するようにしましょう。

転用承認番号の申請はNTT東、NTT西とも電話またはWEBから申し込みが出来ます。
各お問い合わせ窓口に相談をしてみてください。

ソフトバンク光の開通工事費用

ソフトバンク光を利用するための開通工事は初期費用としていくらかかるのでしょうか。
パターン別に見ていきましょう。

ソフトバンク光 初期工事費用一覧
フレッツ光ネクストからの転用 工事費不要
・フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光からの転用の方
・フレッツ光を利用していない方・インターネットを利用していない方
立会い工事必要・戸建て住宅
・光ファイバーが引き込まれていないマンションの場合
 24,000円
建物内工事無し、室内工事のみ9,600円
立会い工事なし光ファイバー導入済みのマンション2,000円

※事務手数料は別途3,000円かかります。
土曜・日曜・祝日で工事を依頼した場合は別途3,000円かかります。

フレッツ光ネクストからの転用の場合にのみ工事が不要で初期の工事費用は無料です。

フレッツ光ネクスト以外のフレッツ光からの転用とソフトバンク光の新規契約の場合で屋外工事と宅内工事の両方が必要な場合には、24,000円が必要になります。
この24,000円の工事費は24回・36回・48回・60回の分割払いも可能で、初期費用が抑えられます。

宅内工事のみの場合には、9,600円
立会いでの工事が不要の場合には、2,000円の料金がかかります。

工事費用の注意点

工事費用は分割払いが出来ますが、完済前にソフトバンク光を解約すると、残額を一括で払う必要があります。

工事費用を抑えるためには

実際にソフトバンク光の開通を行うためにはソフトバンク光の申し込みを行う必要があります。

初期の工事費用が抑えることが出来る申し込み方法があるのでお教えします。

代理店での申し込み

ソフトバンク光を取り扱っている販売代理店では、初期の工事費用が実質無料になるキャンペーンを行っています。

また、通常、ドコモ光、au光などの他社の回線からソフトバンク光に乗り換えをする際、違約金が発生することがあるのですが、この違約金の負担もしてくれる特典もあります。

おすすめ窓口最大60,000
キャッシュバック!
おうち割で毎月最大
2年間2,000円割引

月額実質2,800円~スタートでき、はじめて光回線を使う方でも安心!光と携帯のセットで割引となる「おうち割」や他社から乗換えの場合は、違約金負担も!この人気窓口は、最大60,000円キャッシュバックも!

softbank air

softbank air(ソフトバンクエアー)はソフトバンクが提供する、無線のルーターです。

回線工事が不要なので、工事費用がかかることなくご自宅でインターネットが楽しめます。

ご自宅に穴を開けたくないという方にもおすすめです。

SoftBank Airを徹底解説!料金・速度・評判は?

まとめ

ソフトバンク光の工事には基本的に立会いの工事が必要です。
宅内工事では工事業者が入室する必要があります。事前に希望日を伝えることで、工事日程は調整可能です。
スケジュールを空けて立ち会うようにしましょう。工事が終わればすぐに利用開始可能になります。

代理店経由ですと工事費用もお得になります。

工事料金はケースによって違うので事前に工事の有無などをチェックしておいてください。
場合によっては、ご自宅に穴を開ける必要もあります。しっかり立会いをして確認することが大切です。

またご自宅に穴を開けたくない場合には、無線モバイルルーター、softbank airがあります。

月額がおトク!ソフトバンク光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン!

お申込みサイトを見る