閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ソフトバンク光に関して

ソフトバンク光とは|料金プランやキャンペーンから、実際の評判について

この記事では、ソフトバンク光のすべてを解説しています。

基本サービスから料金プラン、便利なオプションやタイムリーでオトクなキャンペーン情報、また利用中のユーザーから実際の口コミや評判まで総まとめしました。

ソフトバンク光の料金プラン

ソフトバンク光はソフトバンクが提供する、光コラボのインターネット接続サービスです。

光コラボとはプロバイダがフレッツ光から回線を借り、独自のサービスを付与して提供している光回線サービスの事を指します。

加入者も多く、光コラボの代表格といってもよいソフトバンク光。

その実態はどのようなものなのか、まずは料金から見ていきましょう。

ソフトバンク光を契約しようとした際にかかる費用としては、初期工事費、契約事務手数料、月額利用料金やオプション料金、またその際他社光回線を解約するのであればその分の違約金や回線設備撤去料などが挙げられます。

オプション料金、違約金や回線設備撤去料につきましては、後ほど詳しく述べますが各種キャンペーンで割引ができます。

ソフトバンク光の月額利用料金

ソフトバンク光の月額利用料金は以下の通りです。

戸建てマンション
5年自動更新4,700円
2年自動更新5,200円3,800円
ライト2年自動更新(24円/10MB)3,900円~5,600円
自動更新なし(ファミリーライト以外)6,300円4,900円
自動更新なし(ファミリーライト)5,500円~7,200円

ソフトバンク光の月額利用料金は建物タイプで異なります。

一般的にソフトバンク光の標準月額料金として紹介されているのは2年自動更新プランのことで、戸建てで5,200円、マンションで3,800円です。

これはドコモ光やauひかり戸建て5,200円など他の事業者と比較される際の目安ともなっていて、他社も同様に2年~3年縛りの割引料金なんですね。

5年しばりになるとさらに月額料金がオトクですが、こちらはTVセットの契約が必要となるのでTVサービスが必要かどうかによって判断すべきです。

また「ライトプラン」は従量制で、ネットをあまり使わない人には必要最小限のアクセス分のみのデータ従量分ですが、つい動画などを見入ってしまうと2年しばりの月額料金までをも超えてしまうので、注意が必要です。

ここでソフトバンクスマホを使っているならソフトバンク光の月額利用料金が割引になるのがおうち割光セットです。

スマホのデータプランにより、スマホ1回線ごとに500~1,000円の割引きになるので、例えば家族4人全員が5GB以上のデータ定額やパケットし放題プランに入っていれば、×4倍の割引が受けられるというわけです。

ところがこのおうち割光セットの適用には、光BBユニットのレンタルを含むオプションパックの加入が必要なんです。詳しくは後述しますね。

ソフトバンク光の初期工事費と契約事務手数料

続いてソフトバンク光の初期工事費と契約事務手数料について見ていきます。

このふたつはソフトバンク光を契約しようとした際に必要となってくる金額です。

初期費用(事務手数料)3,000円
開通工事費(フレッツ既存なし・新規)24,000円(分割払い可能)
開通工事費(既存回線有・立会不要)2,000円

事務手数料と開通工事費は戸建て・マンションとも同額です。

開通工事費は、建物にあらかじめ光ファイバーが導入されているかどうかで大きく値段が変わってくるので注意しましょう。

ソフトバンク光のキャンペーン

次にソフトバンク光の提供しているキャンペーンについて見ていきましょう。

月額料金ではドコモ光やauひかりといった3大キャリア系の光回線はほぼ同額ですが、ソフトバンク光は何といってもキャンペーンの充実度が目立ちます。

ひと口にキャンペーンといっても、公式キャンペーンだけでなく代理店のキャンペーンもまた賑やかです。

主なものをあげてみましょう。

初期工事費用分キャッシュバック特典

キャンペーンといえば期間を区切って行われるものですが、2017年9月からスタートし若干の内容変更のみで常時行われているのがSoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーンです。

こちらはフレッツ光からの転用以外で、ソフトバンク光に乗り換えまたは新規契約で発生する工事費分が最大24,000円分キャッシュバックされるというもの。

キャッシュバックされる工事費(割引額)は、そのままキャッシュバックまたは月額利用料を毎月1,000円割引きとすることも可能で、2017年11月までは商品券だったキャッシュバックが、現在は為替キャッシュバックとして受け取ることができるんです。

違約金、撤去工事費満額還元キャンペーン

初期工事費と合わせて見逃せないのが違約金、撤去工事費満額還元キャンペーンです。

いざ乗り換えとなると気になるのは既存契約の解約金ですよね。

いくら乗り換え先のソフトバンク光で工事費相当分のキャッシュバックがあっても、それ以前に違約金負担が大きければ結局はメリットが見出せなくなってしまいます。

そんな不安を一掃してくれるのが違約金、撤去工事費満額還元キャンペーン

つまり乗り換えにともなう違約金や、場合によっては発生する既存配線・機器の撤去工事費を最大10万円を限度にソフトバンク光が満額してくれるというもの。

ここでのポイントはモバイルブロードバンド機器代金の残債も42,000円を上限にキャッシュバックが受けられるという点です。

例えばソフトバンク光に乗り換えするまでに分割契約で使っていた、ポケットWi-Fiなどのモバイル機器代金の残債を乗り換え先のソフトバンク光が負担してくれるんです。

ここまでくると、違約金や工事費の負担を心配することなくソフトバンク光に乗り換えできそうですね。

おうち割光セット

ソフトバンクのスマホを使っているなら見逃せないのがおうち割光セットです。

先ほども少しふれましたが、ソフトバンクスマホを利用していて自宅の固定回線をソフトバンク光にすると、契約しているデータプランによってスマホ1契約ごとに500円または1,000円の割引きが、1回線で10契約まで受けられるというもの。

端末は何もスマホだけでなく、ソフトバンクキャリアのiPhone、スマートフォン、ケータイ、iPad、タブレット、Wi-Fiルーター、またY!mobileの端末も対象になっているのも嬉しいですね。

ただしおうち割光セットの特典を受けるには、以下の3つのオプションに加入する必要があります。

  • 光BBユニットレンタル・・・467円(税抜)
  • Wi-Fiマルチパック・・・990円(税抜)
  • 光電話サービス・・・467円(税抜)

合計で2,000円近くかかるじゃないかとお思いになったあなた、ご安心してください。

これらの必須オプションは、3つまとめて契約することで500円です。

つまりソフトバンクスマホ1台だけを契約していておうち割光セットを適用させた場合、1,000円割引のデータプランでも、実質500円割引になるということです。

おうち割光セットはスマホ10回線まで割引を適用ができるので、スマホの契約が多ければ多いほどお得ということです。

家族みんながソフトバンクスマホを利用しているなどといったパターンなら、ぜひソフトバンク光を契約しておうち割を適用すべきだといえます。

その他キャンペーンもたくさん

さてここまでのキャンペーンでも色々とオトクになることがわかりましたが、ソフトバンク光ではまだまだ色々とキャンペーンが用意されているんです。

では2018年7月現在開催中のソフトバンク光キャンペーンラインナップをあげてみましょう。

■ロングラン(期間の長い)キャンペーン
・初期工事費用分キャッシュバック特典
・違約金、撤去工事費満額還元キャンペーン
・おうち割光セット
—-ここまでは先ほど紹介したキャンペーンです。

・SoftBank 光 加入特典
→ソフトバンク光申し込み時に同時も申し込んだオプションが初月無料。

・ADSLをご利用中の方限定 SoftBank 光の回線工事費無料!
→NTT東日本エリアに在住でソフトバンクのADSLを利用中なら、ソフトバンク光を申し込みで回線工事費が無料に。

■なくなり次第終了のキャンペーン
・SoftBank Air/SoftBank 光 ピカチュウグッズキャンペーン
→SoftBank Air契約でピカチュウデコシール/モンスターボールデコシール、SoftBank 光 ご契約でピカチュウ学習帳がもらえる(ソフトバンク/Y!モバイル ショップにて。在庫が無くなり次第終了。2018年3月12日(月)~

■短期期間限定キャンペーン
・ウェブ限定 100名さまに当たる!初夏の総額100万円プレゼントキャンペーン
→SoftBank Air/SoftBank 光にWEBから申し込むと抽選で合計100名様に1万円分のJCBギフトカードプレゼント。2018年6月1日(金)~2018年7月31日(火)※2018年10月に抽選・発送

・LINEポイントコードなど777名さまにあたる!
→かんたんなアンケートに答えるだけで「JCBギフトカード1万円分」「LINEポイントコード200ポイント」「サーティワン レギュラーシングルギフト券」のいずれかが計777名に当たるお気軽キャンペーン。2018年6月1日(金)~2018年7月31日(火)

ソフトバンク光に申し込むと、こうしたさまざまなキャンペーンが用意されているんです。

期間や適用条件はしっかりと事前に確認してみてくださいね。

ソフトバンク光のオプションサービス

ソフトバンク光ではインターネット契約をさらに便利でオトクに使えるオプションが用意されていますが、なかでも利用頻度の高いお得なオプションは必ずおさえておきましょう。

電話サービス(ホワイト光電話・BBフォン)

インターネット回線を利用した固定電話をIP電話といいますが、ソフトバンク光のIP電話には、ホワイト光電話BBフォンがあります。

BBフォンは、ソフトバンク光の回線端末である光BBユニットに電話機を差し込むだけで利用できるお気軽なIP電話。

もちろん通話料は全国どこへかけても一律でオトク、さらにBBフォン間の通話やホワイトコールに登録されたソフトバンクケータイとの通話も無料になるんです。

ただBBフォンは発信者番号がIP電話特有の「050発信」になってしまうので、受け取る相手や登録されていない場合に着信拒否されてしまう場合もあるというデメリットもあるんです。

これを克服するのがホワイト光電話
発信者番号も既存の電話番号を番号ポータビリティでそのまま使えたり、新規に固定電話として発番されるので、固定電話の利用頻度が高い人には利用価値の高いオプションといえます。

詳細についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

テレビサービス

ソフトバンク光のインターネット回線を利用したもうひとつのおすすめなオプションがソフトバンク光テレビサービスです。
最大の特徴は「地デジも見える」という点です。

一般的な地デジ放送以外の有料放送といえば、BSにCS(スカパー)、NTTぷららの提供する「ひかりTV」、また光回線事業者の提供する光回線を使ったTVオプションなどが用意されそれぞれ独自の番組で楽しむことができますが、地デジまで同時に楽しめる有料TV契約は、意外と無いんです。

ソフトバンク光のテレビサービスなら「BSと地デジ」を見ることができるので、地上波の受信状態がイマイチだったり、BSの多彩なチャンネルを見たい人には最適、何せ1契約でどちらも安定して見えてしまうわけですから一挙両得というものです。

ただこちらも必須オプションの加入や視聴可能エリアの限定もあるので事前に要チェックです。

ソフトバンク光テレビについて詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。

ソフトバンク光の口コミ、評判

さてソフトバンク光の特徴やサービス内容をザックリ紹介していますが、実際の評判はどうなのでしょう。

ここでさまざまな視点・用途からからあげられたソフトバンク光の使用感、実際の評判を取り上げていきます。

いい評判

いい評判のなかには、「料金が安い」「回線速度が速い」「キャンペーンが凄い」「オプションが充実」といったものが目立ちます。

悪い評判

反面悪い評判では「回線速度が遅い」「サポートセンターの対応が悪い」「不要なオプションをつけられる」「工事待機期間が長い」といったものがあります。

良い評判に悪い評判、利用環境にもよるので速度や端末については検証が必要ですが、サービス面や人的な部分はなんとか改善をお願いしたい所です。

ソフトバンク光を契約する前に!4種類の評判から見る確認ポイント

ソフトバンク光の初期工事について

光回線といえば開通までの必須科目が初期開通工事ですよね。

この項目ではソフトバンク光の初期工事詳細について解説します。

以前から光回線を使っている場合とはじめて光回線を利用する場合では工事の内容や費用も変わってきます。

詳しく見てみましょう。

初期工事費用

はじめて光回線を引き込むには、利用する建物が戸建ての場合とマンションなどの集合住宅の場合でその費用も違ってきます。

とくに集合住宅の場合は、建物自体にソフトバンク光の回線つまりNTTフレッツ光回線が利用できるのかどうかも大事な確認点です。

また光回線を引きたい建物が自己所有なのか賃貸なのかによっても問題が発生することがあります。

とくに賃貸の場合は工事費の負担を誰がどこまでどう持つのかなんて問題が起こりうる場合があるため、契約する前にそのあたりについては入念に確認しておきましょう。

初期工事の流れ

工事の日程は突然やってくるわけではありません。ソフトバンク光申し込み時の打合せと調整によって利用者の最も都合の良い日時が決定されるわけです。

すでにNTTフレッツ回線がある場合には立ち合いは不要、フレッツ光回線以外の回線や、はじめて光回線を引き込む場合は、やはり立ち合いが必要です。

立ち合い不要の場合は工事時間に自宅に居る必要もなく、工事終了後に自分で端末を設定することになりますが、やはり設定などが苦手な場合は訪問サポートなどを頼む必要も出てきます。

工事費用をはじめとして、工事について詳しく知りたい方はこちらをご覧くださいね。

ソフトバンク光の問い合わせ窓口

ソフトバンク光の問い合わせ窓口は以下の通りです。

電話番号:0800-111-2009(通話料無料)
営業時間:10:00~19:00(年中無休)

基本的に自動音声になっているので目的に合わせて指定のナンバーを選択しましょう。

また窓口はなかなかつながらないのが最大のデメリット。まだまだ改善されていないのですが、ここで少しばかり電話を繋がりやすくするための方法を紹介しておきましょう。

ソフトバンク光のコールセンターは年中無休なので、多くの人が休日の土日が込み合ってしまうのはもちろんなのですが、公式サイトによると最も混み合うのは土日祝日の翌営業日とのこと。

普段の週末であれば次の日の月曜日が1番混みやすい=電話がつながりにくいんですね。

時間帯についても、「10時の受付開始直後はお電話がつながりにくい場合がございます」と公式サイトに記載されています。

朝イチに電話が集中しやすいのはどの曜日も共通なので、電話をかけるときにはなるべく平日火曜から金曜の昼~夜の時間帯を狙いましょう。

詳しくは次の記事を参考にしてみてください。

ソフトバンク光の解約方法

さまざまな事情でソフトバンク光を解約せざるを得ない場合もあるでしょう。

解約については電話窓口で契約者本人から申し出る必要がありますが、申し出の前に解約金が発生することがあります。

すでに次の回線を決めている、また予想外の出費に慌てることの無いよう、事前に確認しておきましょう。

解約で発生する費用

ソフトバンク光のもっとも一般的な契約は2年自動更新、俗にいう「2年しばり」というものです。
解約金が発生しないのはスムーズに2年間利用して25カ月目に入った時点で解約することです。

それでも中途解約せざるを得ない場合もあるでしょう。

その際発生する解約金は次の記事を参考にしてみてください。

解約の流れ

解約時の事前チェックができたらいよいよ解約です。

解約を申し出る前に効率よく作業を進めるため、契約時の登録情報(カスタマーID等が記された書面)を手元に準備し、契約者本人が直接手続きすることです。

「詳細についてはよくわからない」「そういった話は苦手」など、やむを得ず家族や代理人が直接電話対応する際も、途中で契約者本人確認ができるよう立ち会ってもらうのがいいでしょう。

また解約時には理由や次の回線事業者などを聞かれることもありますが、これはたんなるアンケート。解約の必須条件ではないので気になる場合は答える必要はありません。

解約の具体的な流れについては次の記事を参考にしてください。

ソフトバンク光についてのまとめ

ソフトバンク光についての概要を総合的に紹介してきましたがいかがでした?

3大キャリアが提供する光回線の中でも、ソフトバンク光はとにかくキャンペーンも多く人気の高い光回線です。

ソフトバンク光をいろんな角度からさらに詳しく知りたい方は、各項目ごとの関連記事をご覧になってくださいね。

ソフトバンク光の新しい記事一覧