閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

BIGLOBEのモバイルルーターは契約すべき?キャンペーンやメリットを比較

biglobe モバイルルーター

自宅だけでなく、外でもたくさん動画を見たり音楽を聴いたり、あるいは仕事などでパソコンをネットに繋ぐなどしたいなら、モバイルルーターの契約がオススメです。

大手プロバイダであるBIGLOBEでは、モバイルルーターの「WiMAX 2+」を契約できます。

WiMAX 2+はギガ放題で契約することにより、使い放題での通信が可能です。エリアも広くメリットは豊富ですが、注意点もいくつかあります。

この記事では、BIGLOBEのWiMAX 2+について解説します。

BIGLOBEのモバイルルーター「WiMAX 2+」とは

BIGLOBEで契約できる「BIGLOBE WiMAX 2+」。まずはその特徴やメリット、注意点をチェックしていきましょう。

通信方式で端末を選ぶことができる

BIGLOBE WiMAX 2+は、複数の端末から好きなものを選んで契約できます。

例えばラインナップには、WiMAX 2+の回線にのみ対応したWX03やWiMAX 2+に加えてauの4G LTEにも対応したW04などがあります。表にまとめたので、参考にしてくださいね!

WiMAX 2+
WiMAX 2+&au 4G LTE
WX04
W04
WX03
×
L01

WiMAX回線での通信でしか利用の予定がないなら、WiMAX 2+のみに対応した端末。別途必要に応じてau回線でも通信する機会があるならau 4G LTEにも対応した端末を選ぶと良いでしょう。

豊富なラインナップから用途やデザインの好みに応じて好きな端末を選んで契約できるのが、BIGLOBE WiMAX 2+の強みですね。

BIGLOBEモバイルルーターのサービス提供エリア

BIGLOBE WiMAX 2+は、日本全国のWiMAX 2+に対応するエリアで通信できるサービスです。

そして「ハイスピードプラスエリアモード」に対応している端末を契約した場合は、1,005円(税抜)のオプション料(ギガ放題契約時)を支払ってモードを切り替えることでauの4G LTE対応エリアでも通信可能です。

WiMAX回線は屋内など壁がある場所だと、通信がしづらくなったり速度が落ちてしまったりすることがありますが、au回線のハイスピードプラスエリアモードなら屋内などでも快適に通信し、WiMAX回線の弱点を補えます。

使い放題のWiMAX回線と、繋がる場所がさらに広くなるau回線、2つの回線の併用により、BIGLOBE WiMAX 2+は日本全国の広いエリアでサービスを提供しています。

BIGLOBEモバイルルーターの違約金

契約前に注意しておきたいのは、BIGLOBE WiMAX 2+でモバイルルーターを契約してから解約する際にかかる違約金です。

2年契約や3年契約など契約期間に規定がある「Flat ツープラス ギガ放題」を契約した場合、契約更新月以外のタイミングで解約すると違約金(契約解除料)がかかります。

違約金の金額は、解約のタイミングで変わります。表にまとめたので、参考にしてくださいね!

契約解除料(税抜)
サービス開始月の翌月(1ヶ月目)〜12ヶ月目
19,000円
13ヶ月目〜24ヶ月目
14,000円
25ヶ月目以降
9,500円

Flat ツープラス ギガ放題は24か月目、Flat ツープラス サービス(3年)は36か月目が契約更新月になり、0円での解約が可能です。

また契約は契約更新月を過ぎると自動更新になり、再び2年契約や3年契約が始まりますので、乗り換えのタイミングを逃さないよう注意しましょう。

BIGLOBEと他社のモバイルルーター比較

続いてBIGLOBE WiMAX 2+と、Y!mobileのPocket Wi-Fiのモバイルルーターをそれぞれ比較してみましょう。

料金設定やエリアなど、細かい違いがあります。どちらもよく調査して、自分に合ったものを選ぶのが大事ですね。

月額料金

2年プランのBIGLOBE WiMAX 2+「Flat ツープラス ギガ放題」では、基本的な月額料金が4,380円(税抜)に設定されています。

また3年契約になる代わりにハイスピードプラスエリアモードが標準搭載のギガ放題(3年)も、同じく月額料金は4,380円(税抜)です。

そして、Y!mobileで「Pocket Wi-Fiプラン2」に使い放題での通信が可能となる「アドバンスオプション」を適用すると、月額料金は4,380円(税抜)です。

つまり月額料金は同じですが、BIGLOBE WiMAX 2+なら2年契約にすれば契約期間が短くなるのです。

また、BIGLOBE WiMAX 2+の公式サイトでは、格安SIMカードでモバイルルーターを使用すると、さらに料金が安くなると公式サイトで述べています。

格安SIMカードについては、こちらの記事を参考ませください。

【関連記事】格安のモバイルルーターはどれ?比較した結果わかった最安の端末!

エリア

BIGLOBE WiMAX 2+はWiMAXの通信エリアやauのエリアで利用が可能、Y!mobileのPocket Wi-Fiは主にソフトバンクのエリアや、AXGP通信に対応しているエリアで使えます。

どちらもエリアは広めですが、それぞれの公式サイトにあるサービスエリアマップで地方なども見渡してみると、どちらかというとBIGLOBE WiMAX 2+の方がエリアが広い部分も見受けられました。

使い放題回線となるWiMAX回線とAXGP回線では、WiMAX回線の方が有利な場合もあります。契約まえにどちらも調べてみて、自分の行動範囲の対応状況をチェックしてみるのがオススメですね。

回線速度

回線速度は、BIGLOBE WiMAX 2+が最大440Mbps、Y!mobileのPocket Wi-Fiは603HWで契約すれば最大612Mbpsです。

ただしこれらはあくまで最大速度であり、通常利用時にここまでのスピードが出ることはまずありません。

速度については、どちらも快適にネットが使える程度でほぼ変わらないと考えてしまってよいでしょう。

また速度制限時には、どちらも1Mbps程度にまで速度が制限される仕様が共通しています。

しかし速度制限が行われる時間はBIGLOBE WiMAX 2+が「直近3日間の通信量が10GBを超えた翌日の18時〜翌々日2時頃」、Y!mobileは「直近3日間の通信量が10GBを超えた当日の18時〜翌日1時頃」と若干異なっているので覚えておきましょう。

キャンペーン

BIGLOBE WiMAX 2+では、キャンペーンにより2種類のうちどちらかのメリットを得られます。

  • 2年契約を前提として、LAVIE Tab E(タブレット端末)を0円で入手できる
  • 24か月目までの月額料金の割引

タブレットが欲しいならタブレットをもらい、月額料金の安さを求めるなら月額料金の値引きを指定しましょう。

値引きをば月額料金は1〜2か月目は3,695円(税抜)、3〜24か月目が4,030円(税抜)となり、毎月の支払いを抑えることができます。

さらにBIGLOBE WiMAX 2+では、以下のキャンペーンも適用可能です。

  • 最大3か月間、セキュリティが無料適用
  • WX03を購入する場合は本来かかる3,000円(税抜)の申し込み手数料が無料に
  • auスマートバリューmineで、auスマホ代が毎月最大1,000円引きに

そしてY!mobileのPocket Wi-Fiでは、あまり大きなキャンペーンが行われていません。

適用できるのはY!mobileで2回線以上契約している方向けの「家族割」程度。

これは2回線目以降の回線が500円引きになるもので、Pocket Wi-Fiだと「Pocket Wi-Fiプラン2」と「Pocket Wi-Fiプラン2ライト」の利用者が適用可能です。

万人向けのキャンペーンが展開されているのは、BIGLOBE WiMAX 2+ですね。

まとめ

BIGLOBE WiMAX 2+はギガ放題プランで契約すると、使い放題での通信が可能です。

タブレットや月額割引のキャンペーンも考慮すると、利用料金はY!mobileのPocket Wi-Fiよりも安上がり。サービス内容も充実しており、WiMAXやauの対応エリアで便利に使えます。

一度BIGLOBEのWiMAXを検討してみてはどうでしょう。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)