閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

モバイルルーターと固定回線のメリット・デメリットを比較!

モバイルルーターと固定回線ならどっち?メリット・デメリットを紹介

現在日本でインターネット利用をする場合は光回線(固定回線)高速モバイル通信(モバイルルーター)の2つが主な選択肢です。

それぞれにメリットとデメリットがあり、どちらを選ぶかは自分のインターネット利用環境に合わせて選択することが大切です。
ここではモバイルルーターと固定回線のメリット・デメリットをご紹介します

なお、本稿では固定回線=光回線の固定回線を指します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

モバイルルーターの特徴

まずはモバイルルーターでのインターネット接続の特徴、メリットやデメリットを解説します。

モバイルルーターのメリット

モバイルルーターの一番のメリットはその名のとおりで、携行性に優れる点です。
モバイルルーターは充電式のワイヤレス仕様で大きさも手の平サイズです。

ポケットに入れて持ち歩けるくらいの大きさなので外出時に持ち出すのも簡単です。外出時にモバイルルーターとノートパソコンやタブレットPCがあれば外でインターネット利用が可能です。

スマートフォンは単体でもインターネット通信が可能ですが、モバイルルーター経由で通信すればスマートフォンの定額通信容量の節約です。モバイルルーターはこの身軽さが一番のメリットです。

モバイルルーターは契約の際に設置工事が不要で、契約してSIMカードとモバイルルーターが届けばすぐに使えます。

モバイルルーター機器は自分で用意してもいいのですが、ほとんどの回線業社は契約すればレンタルで機器を用意してくれます。

気になるのは月額料金ですが、モバイルルーターによる高速モバイル通信の料金は固定回線とほぼ同じ価格帯か、それよりも割安です。

以上のことからモバイルルーターのメリットは、気軽で身軽で割安、といった感じです。

使い放題

月額最安級2,726円~!WiMAXならどこでもネット使い放題!

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~どこでもインターネットが使い放題! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

モバイルルーターのデメリット

何かとメリットが際立つモバイルルーターですが、もちろん覚えておくべきデメリットも存在します。

モバイルルーターのデメリットは、固定回線と比べると通信速度が遅い、という点に尽きます。

通信速度に関しては有線で自宅に回線を引き込んでいる固定回線にはおよびません。それでもメールの送受信や、動画サイトの観覧くらいなら不自由はありません。

しかし19〜0時の間の、回線が混雑する時間帯はかなり通信速度が不安定になることが多々あります。

そして多くのモバイルルーターの契約はその内容に、回線の混雑時や、一定以上の通信量の使用を超過した場合は一時的に通信制限をする、という規約があります。

モバイルルーターの契約は基本的に使い放題ですが、一気にたくさん使うと一時的に(24時間程度)通信を制限されてしまう契約内容が主流です。

制限されている間は有料オプションで制限解除する、というような回線業者もあります。

モバイルルーターを外出時に持ち出すと当然、その家では回線が使えなくなります。これは仕様上、仕方のないことですが、固定回線のような感覚で使うのは難しいという話です。

以上のようにモバイルルーターは気軽で身軽だけど、回線品質にやや難あり、ということです。

WiMAX人気の相談窓口

こんな人はモバイルルーターがおすすめです。

モバイルルーターでのインターネット利用はどこにでも持ち歩くことができて、野外でもインターネット利用ができるという大きなメリットがあります。

引越しをして住所が変わってもそのまま持って行けるため、契約し直す必要がないのも便利です。

デメリットとしては固定回線と比べると通信速度が遅く、不安定なため、インターネットゲームをするようなインターネットのヘビーユーザーには不向きです。

そして野外に持ち出すとその家では使えなくなるため、基本的に一人暮らしの生活に向いている仕様です。

高速モバイル通信の回線は【WiMAX】がおすすめ

現在、高速モバイル通信は携帯電話の電波を使ったり、独自の回線を使ったりとさまざまな回線規格がありますが、通信速度の点では【WiMAX】規格が最速のため、おすすめです。

【関連記事】WiMAXの評判がとにかくすごかった!その理由とは?

WiMAXは高速モバイル通信規格の1つで、現在は【UQコミュニケーションズ】が運営しています。UQコミュニケーションズはKDDIの子会社のため、WiMAXもKDDIの傘下という認識でOKです。

WiMAXの高速モバイル通信は現在、最大で440Mbpsという高速通信が可能になっており、これだけの速度が出る規格ならば回線が混雑していない安定した状態ならば光回線と遜色のない快適さが期待できます。

上記で解説したように高速モバイル通信の最大のデメリットは固定回線と比べると通信速度が遅いという点であり、それを現状で一番健闘しているWiMAXがおすすめ、という話です。

WiMAXの申し込みは以下の窓口、BroadWiMAXがおすすめです。
ギガ放題プランで最初の3ヶ月はなんと月額2,726円(税抜)で利用できます。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

固定回線の特徴

ここまで高速モバイル通信によるモバイルルーターのインターネット接続の特徴を解説しました。ここからはそれに対し、固定回線のメリット、デメリットを解説していきます。

固定回線のメリット

自宅内に光ファイバーを引き入れて有線でモデムを設置する光回線はモバイルルーターと比べて回線速度が高速かつ、安定しています。

さすがに混雑する時間帯はやや不安定になることもありますが、固定回線は総じて通信が安定するというのが一番のメリットです。

さらに固定回線はモバイルルーターの契約と違って、どんなに使ってもどんなに混雑な時間帯でも、通信制限を受けることがありません。

以上のことから、固定回線はモバイルルーターと比べて、回線品質が高いレベルで安定している点が一番のメリットといえます。

固定回線のデメリット

固定回線はモバイルルーターの契約と比べて料金設定が住居の状態によって変わり、さらに契約時は回線を自宅に引き込むための工事費が初期費用として発生します。

多くの固定回線の契約は一戸建ての場合と集合住宅の場合で月額料金が異なります。
一戸建てを対象としたプランを「ホームタイプ」、集合住宅を対象としたプランを「マンションタイプ」と呼ぶのが一般的です。

基本的に一戸建てのホームタイプのほうが回線設備の維持コストの関係で月額基本料金が割高で、さらに回線開通のための工事費用もホームタイプのほうが割高の傾向があります。

料金は回線業者によってさまざまですが、おおむねでホームタイプは5,000円前後、マンションタイプは4,000円以下、くらいの価格帯が多い感じです。

一方、モバイルルーターの契約は3,000~4,000円くらいの場合が多いため、固定回線はマンションタイプの最安の価格帯がモバイルルーターと同じくらい、つまりモバイルルーターの契約と比べると割高というデメリットがあります。

さらに固定回線にはモバイルルーターの契約には発生しない工事による初期費用もあるため、総じて維持費が高くなるのが最大のデメリットです。

光コラボは安くてお得!まずは料金シミュレーション

光コラボ料金シュミレーション

光コラボレーションならネット代、携帯代が安くなる!フレッツ光からの転用なら工事費不要!さらに高額キャッシュバックも!・・・詳しく見る

こんな人は固定回線がおすすめです。

全国規模で固定回線を提供する回線業者は一昔前だったらNTTの【フレッツ光】とKDDIの【auひかり】の2社でした。

現在はNTTが自社回線をサードパーティー(外部企業)に提供し、光回線事業を委託する【光コラボレーション】ということ業形態を展開しているため、上記の2社に加え、光コラボレーションに参入した企業が多数存在します。つまり回線業者の選択肢が豊富な状態です。

そのなかでも現在おすすめなのが【ソフトバンク光】【auひかり】です。

ソフトバンク光のおすすめポイント

おすすめ窓口最大94,000円
キャッシュバック!
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
さらに最大94,000円キャッシュバック中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ソフトバンク光は携帯電話の三大キャリアの一つである【ソフトバンク】が光コラボレーションに参入する形でスタートした固定回線です。

ソフトバンク光はホームタイプだと月額6,300円、マンションタイプだと4,900円となっており、やや割高な価格設定です。しかしこれは契約期限を定めないプラン内容です。

ソフトバンク光は【自動更新あり】という契約年数をあらかじめ決めるプランもあり、2年プランか5年プランで契約することで料金が大幅に安くなります。
ソフトバンク光の【自動更新あり】のプランを適用したときの料金は以下の表のようです。

住まいの種類自動更新あり(5年)自動更新あり(2年)自動更新なし
ホームタイプ4,700円5,200円6,300円
マンションタイプなし3,800円4,900円

基本的に長期契約したほうが料金は安くなり、ホームタイプは5年契約すると4,700円と、かなり安くなります。
マンションタイプも2年契約にすることで3,800円となり、固定回線のなかでも割安の部類です。

ソフトバンク光は基本料金を年数契約にすることで固定回線の最安の価格帯となり、さらに携帯電話をソフトバンクで契約すると【おうち割】が適用され、携帯電話料金に割引が適用されます。

これは携帯電話キャリアのソフトバンクならではのサービスといえます。

以下の代理店サイトから申し込めば、代理店独自のキャンペーンで、最大60,000円のキャッシュバックに加え、月額料金が実質で2,000円割引になるなど、かなりお得な特典がつくためおすすめです。

おすすめ窓口最大60,000
キャッシュバック!
おうち割で毎月最大
2年間2,000円割引

月額実質2,800円~スタートでき、はじめて光回線を使う方でも安心!光と携帯のセットで割引となる「おうち割」や他社から乗換えの場合は、違約金負担も!この人気窓口は、最大60,000円キャッシュバックも!

auひかりのおすすめポイント

auひかりの基本料金はマンションタイプが3,800円です。多くの回線業者はマンションタイプの料金を、集合住宅の規模によって3タイプくらいに分けることが多いのですが、auひかりは一律でわかりやすい料金設定です。

そして3,800円は光回線全体と比較して、平均的か、やや割安な価格帯です。

ホームタイプは標準プランが月額6,300円なのですが、3年契約の【ずっとギガ得プラン】、2年契約の【ギガ得プラン】も用意されています。3年契約の【ずっとギガ得プラン】は1年目が5,100円、2年目が5,000円、3年目以降が4,900円となっており、年々料金が下がるためお得感があります。

2年契約の【ギガ得プラン】は5,200円です。
【ずっとギガ得プラン】【ギガ得プラン】も標準プランと比べるとかなり割安になる料金設定のため、auひかりをホームタイプ契約するならばどちらかのプランを選ぶのがおすすめです。

特に【ずっとギガ得プラン】なら3年目以降は4,900円と、固定回線のホームタイプではかなり割安な価格帯のため、auひかりは料金面でおすすめの固定回線です。

さらにauひかりは同じKDDIが運営するauの携帯電話を契約すれば【auスマートバリュー】が適用され、携帯電話料金に割引が適用されます。

以下の代理店サイトからau光を申し込めばホームタイプなら最大70,000円、マンションタイプの場合は最大50,000円のキャッシュバック特典が得られるため、かなりお得で、おすすめです。

おすすめ窓口最大82,000
キャッシュバック!
月額料金が12ヶ月間
1,000円割引

新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大82,000円キャッシュバック

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

まとめ

高速モバイル通信によるモバイルルーターの契約は料金が割安で、持ち運びが自由、引っ越し先でも契約変更不要、という身軽で手軽さが大きなメリットです。

しかし回線品質は固定回線と比べると脆弱で、特に多くの回線業者は混雑時に通信制限を実施しているため、気兼ねなく使い放題という感じではありません。

モバイルルーターの回線業者は数ある中でも【WiMAX】が現状最速のため、おすすめです。

固定回線はモバイルルーターと比べると料金は割高ですが、回線品質は高速で安定しており、現在、日本で利用できる個人向けインターネットでは最高レベルです。

混雑時には多少不安定ですが、事実上、高速回線を使い放題が基本です。
しかし固定回線は世帯単位で契約するため、引っ越すときは契約を解除し、引っ越し先で新たに契約が必要となり、モバイルルーターの契約と比べると手軽さに欠けます。

固定回線は【ソフトバンク光】と【auひかり】ならば長期契約すれば業界でも最安の価格帯で利用が可能で、さらに同じ運営元の携帯電話との併用で割引が適用されるなど、付加価値が多いためにおすすめの固定回線業者です。

以上のようにモバイルルーターと固定回線はそれぞれにメリット、デメリットがあるため、自身の求めるインターネット利用のスタイルに合わせて選択することが大切です。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事