閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

スマホのキツい通信制限!回避するための上手な使い方、無制限に通信できる方法を解説

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

キャリア別!通信制限の条件と解除方法|通信制限にならないための対策7つ

スマホで動画視聴やゲームをしすぎると、極度に遅くなる通信制限にひっかかってしまい、つらいですよね。データを購入して通信制限を解除する方法もありますが、料金が高額な場合が多いので、得策ではありません。

そこで今回は、通信制限を回避できる上手な使い方を伝授します!また、つらい通信制限と完全に無縁になれる、無制限プランのあるWiFiもあわせてご紹介します。

契約しているプランのデータ容量を超えると通信制限がかかる

そもそも、スマホの通信制限とは何なのでしょうか?

契約しているスマホのプランが使い放題プランではない場合、1か月に使えるデータ容量が決まっています。そのデータ容量を超えると、月末まで非常に遅い通信速度でしかデータ通信ができなくなってしまいます。

これが、スマホの通信制限です。

通信制限にかかると使い物にならなくなる場合も!

スマホの通信制限とは、具体的にどのようなものなのか、キャリアごとの通信制限内容をご紹介します。

au・ドコモ・ソフトバンク
既定のデータ容量を超えた場合、当月末まで送受信速度が、最大128kbpsに制限
格安スマホ(UQモバイル)
既定のデータ容量を超えた場合、当月末まで送受信速度が、最大200kbpsに制限
Pocket WiFi(Y!mobile)
既定のデータ容量を超えた場合、当月末まで送受信速度が、最大128kbpsに制限

このように、どのスマホキャリアやWiFiでも、データ容量を超えて使うと通信制限がかかります。

では、100~200kbpsの通信速度になると、どれくらい使えないのでしょうか?一般的な通信速度の15Mbpsと、128Kbpsを比べてみましょう。

K(キロ)は1,000、M(メガ)は1,000,000を指します。ですから、単純に15Mbpsは128Kbpsの100倍近くの速さということです。

普通の通信速度でサクサク見ることができていた動画も、通信制限がかかるとダウンロードに時間がかかり、やっと見られたと思ってもすぐに止まる、ということになるでしょう。

これでは、インターネットを使っても、動画や画像がないテキストのみの記事を読むくらいしかできません。通信制限がかかると、非常に使えない状態であることがわかります。

通信制限を解除する方法は原則として、待つのみ

通信制限がかかってしまったら、原則としては通信制限が解除される翌月1日までじっと待つしかありません。翌月になれば元通りに使えるようになるので、それまでの我慢です。

データ購入は高額な傾向にある

通信制限がかかってしまったら、追加でデータ購入するという方法もあります。しかし、追加のデータは非常に高額なため、あまりオススメできません。

大手スマホキャリアの追加データ購入額は、次のとおりです。

au
1,000円/1GB
ドコモ
2,500円/2GB
ソフトバンク
550円/0.5GB
1,000円/1GB

※価格はすべて税抜

上記のとおり、データを追加チャージした金額で、大容量WiFiがレンタルできてしまう場合もあります。

どれだけ使うと制限がかかる?1GBで使える目安の通信量

通信制限を回避するためには、スマホをどれくらい使うと通信制限がかかるかという目安を知っておく必要があります。ここでは、1GBで使える通信量の目安をご紹介します。

auでは、データ容量1GBで使える機能の目安を、「Q&A」で説明しています。

利用する機能
目安
楽曲
1曲あたり約5MB 約18時間
ネット動画
1分あたり約4MB 約4時間
YouTubeの高画質動画
1分あたり約12MB 約1.5時間
ニュースサイト
1ページあたり約150KB 約6,600ページ閲覧
メール
1通500KB 約2,000通
LINE
音声通話 約40時間
ビデオ通話 約3時間

 
上記のデータを参考にして、一か月に使えるデータ容量はどれくらいか、そのデータ量でできるのはどれくらいなのかを把握しておくといいでしょう。

データ使用量の確認方法

データ容量制限を超えないためには、今どれくらいのデータを使っているのかを確認する必要もあります。iPhoneとAndroidのスマホでのデータ使用量の確認方法をご紹介します。

iPhoneの場合

1.「設定」アイコンをタップし、「モバイル通信」を選択する

2.「モバイルデータ通信欄」の、「現在までの合計」欄にデータ使用量が表示される

下にスクロールすると、アプリごとのデータ使用量も表示されます。

Androidの場合

一般的なAndroidスマホでの確認の仕方をご紹介しますが、機種によっては確認方法が異なる場合があります。

  1. 「設定」アイコンをタップし、「データ使用」を選択すると、データ使用量が表示される。
  2. 「モバイルデータ使用量」をタップすると、アプリごとのデータ使用量が表示される。

通信制限を回避するための使い方を紹介!

通信制限を回避するための、賢いインターネットの使い方をご紹介します。すぐにできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

アプリの同期・自動更新を無効にする

アプリの同期・自動更新を無効にすることで、アプリ使用時に勝手にデータの同期や更新が行われなくなります。

データ容量に余裕があるときや自宅のネットワーク環境下で、まとめて同期や更新を行うといいでしょう。

iPhoneの場合は、「設定」で下へスクロールすると、ダウンロード済みアプリの設定へ進めます。

対象アプリを選択の上、「Appのバックグラウンド更新」をオフにすると自動更新を無効にできます。

LINEやSkypeでの長電話を避ける

LINEやSkypeで通話をすると、スマホキャリアの契約から通話料金が支払われるのではなく、スマホのデータ容量を使ってしまいます。そのため、LINEやSkypeでの長電話は避けましょう。

また、IP電話はデータを使用するため注意が必要です。

重いデータ通信は自宅のWiFiで行う

自宅のインターネット環境が使い放題の設定になっているのであれば、自宅のWiFiを使う方が断然お得です。

大容量データのダウンロードやアプリのアップデート、LINE・Skypeの長電話、オンラインゲームなど、重いデータ通信は、自宅のWiFi環境下で行いましょう。

出先でスマホを使って大量の写真のダウンロードなどはしないようにしてください。家に帰ってできることは、家ですることで、スマホのデータ容量を使わずに済みます。

WiFiスポットを活用する

通勤時間や出先でどうしても動画やネットを見たいという場合は、無料のWiFiスポットを利用するという方法もあります。

キャリアのWiFiスポットやフリーWiFiが使える場所では自分のスマホのネットワークを切り、無料WiFiにこまめにつないでデータ使用量を節約しましょう。

WiFiルーターを契約する

スマホで高いデータ使用料を払うのではなく、大容量、または、無制限WiFiを別に契約するという方法もあります。
この方法なら、スマホのデータは毎月1GBも使わないですみますから、安いプランに変更できます。

スマホのデータ容量が少ない安いプラン+大容量、または、無制限のWiFiルーターを契約することで、トータルで見ると通信量が安く済むでしょう。

このように、スマホとWiFiルーターを組み合わせれば、通信制限のお悩みから一気に解消されます。

データ量無制限プランのあるオススメWiFiルーター

スマホの通信制限に悩んでいる方にオススメなのが、データ量無制限プランがあるWiFiルーターです。スマホとは別にWiFiルーターを持ち歩くだけで、データ使用量を気にせず出先でインターネットが使い放題になります。

ただし、無制限プランは月額料金が高くなる傾向にあるため、プランを選ぶ際にはサービス内容や月額料金をしっかりと確認する必要があります。いろいろな種類のWiFiプランがありますから、しっかりと確認して自分に合ったプランを選びましょう。

ここでは、オススメの無制限プランがあるWiFiをご紹介します。

WiMAX【注意点あり】

WiMAXでは、ギガ放題プランを選べば、月間データ量が無制限で利用できます。月額料金は、次のとおりです。

0~2カ月:2,726円
3~24カ月:3,411円
25カ月目以降:4,011円

家でも外でも、WiFi通信機器を持っていればインターネットが使い放題です。

WiMAXは使い放題といっても、使い過ぎた場合には通信制限がかかります。3日間で10GB使ってしまうと、最大1Mbpsまでの制限がかかります。

さらに、UQ WiMAXの場合、ハイスピードプラスエリアモードの利用制限があります。
プランによっては通信制限が適用され、制限が解除されるまで通信速度が128kbpsに制限されてしまいますので、ご注意ください。

ただし、3日間で10GB使った時の制限速度1Mbpsは、標準画質の動画はサクサクみられるレベルの速度なのであまり気にならず、ほとんど無制限感覚で利用はできます。

本家のUQ WiMAXでは、2019年10月1日から新ギガ放題プランが登場しました。2年契約自動更新なら、月額料金はずっと3,880円で、何年も使っても月額料金が上がらずわかりやすい料金体系となっています。

なお、現在実質料金最安で契約できるプロバイダは、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンです。最新機種W06の申し込みで最大34,000円がもらえますよ!

\8月限定!最大35,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーン詳細をみる
※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

完全無制限なら「どんなときもWiFi」

無制限プランのWi-Fiを使いたいならオススメなのが、「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiの料金体系はとてもシンプルで、2年定額で月額3,480円。また、どんなときもWiFiは次のような大きなメリットがあります。

  • データ容量や通信制限がかからない
  • ドコモ・ソフトバンク・auの三大キャリアのLTE回線を自動選択してくれる

あまりに過度な通信をした場合は制限がかけられる可能性もありますが、原則として完全無制限に利用できるといってよいでしょう。

利用可能エリアが広く、いつでもどこでも快適に使えるオススメのモバイルルーターですよ!

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

まとめ

スマホの月間データ容量を超えて使ってしまうと、通信速度が128kbpsなど非常に低速で使わなければならなくなります。

128kbpsともなると通信速度は非常に遅く、満足にインターネットでホームページを見ることすらできなくなりますし、動画視聴は時間がかかり過ぎてもはや不可能というレベルです。

通信制限を回避するためには、次のような対策をとりましょう。

  • こまめにデータ量を確認する
  • 出先で大容量データのダウンロードや動画視聴はできるだけ行わない
  • WiFiルーターを契約する
  • 無料のWiFiスポットを活用する

どこでも無制限感覚でインターネットを利用したい場合は、スマホのデータプランを安いものに切り替えて、「どんなときもWiFi」などの大容量・無制限のWiFiルーターを別に契約するのがオススメです。

ご自分に合った方法を試し、通信制限のない快適なインターネット環境をつくりましょう。

注目WiFiルーター!どんなときもWiFiの申込窓口

おすすめ窓口株式会社 グッド・ラック

どんなときもWiFi
携帯3キャリアの電波を自動で切替
2019年3月に新サービスとして登場!主な特徴は次の3つ。①シンプルな1プランだけだから迷わない。いくら使っても3,480円!②データ量無制限でどれだけ使っても遅くならない!②携帯3キャリアの回線を自動切換するから幅広いエリアに対応!さらにグローバルSIMを搭載し、1台で海外でも使える注目のWiFiルーターです!

どんなときもWiFiの詳細を見る

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新