閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXに関して

WiMAXとは?利用するメリット|機種・プロバイダの比較と選び方

外出先でインターネットを利用する機会が多い方にとって、WiMAXはとても便利な選択肢のひとつです。

この記事では、WiMAXを利用するメリットや、ニーズに合わせた機種・プロバイダの選び方を具体的にご紹介していきます。

また、2018年11月に発売されたばかりの最新機種・WX05についても詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてくださいね。

WiMAXとは?特徴や利用するメリット・通信速度に関する声

WiMAXとは、UQコミュニケーションズが運営しているモバイル回線サービスのことで、契約するとポケットサイズのWiMAX機器(=モバイルWi-Fiルーター)が手元に届きます。

WiMAXを使えば、パソコンやスマホなどのWi-Fi対応端末を、自宅や外出先でもインターネットに接続できるようになりますよ。

ほかにも以下のような嬉しいメリットがたくさんあります。

  • 工事不要で気軽に使い始めることができる
  • 月額料金がリーズナブル
  • 定額の無制限プランがある
  • モバイル回線の中では最も通信速度が速い(最大758Mbps)
  • 魅力的なキャンペーンが満載
  • 機種代金無料で契約できるプロバイダも多い

料金・速度・キャンペーンとそれぞれにお得なポイントが目白押しのWiMAXは、モバイルWi-Fiルーターの契約を検討しているならチェックしておきたい回線のひとつです。

WiMAXは契約プロバイダによって料金・キャンペーンが変わる

WiMAXは、販売元のUQWiMAX以外でも、多くのプロバイダを通じて契約ができます。

WiMAXは、どのプロバイダを選んでも使用する回線は全く同じなので、通信速度や使えるエリア、用意されているプランにプロバイダごとの違いはありません。

しかし、契約するプロバイダによって月額料金・割引・キャンペーンに大きな違いがあるため、WiMAXをお得に契約するためにはプロバイダを吟味する必要があります。

WiMAXでは「WiMAX2+回線」と「au 4G LTE」を切り替えて利用できる

WiMAXでは、メインとなるWiMAX2+回線のほか、au 4G LTEという別の回線も利用できるというメリットがあります。

そのため、万が一WiMAX2+回線のエリア外にいたとしても、au 4G LTE回線に切り替えることで引き続きインターネットを楽しめますよ。

出張や旅行が多い方も、2つの回線で広範囲のエリアをカバーできるWiMAXなら、エリア外の心配も少なく、安心して使用できるといえます。

WiMAX回線が終了!現在はWiMAX2+回線が利用されている

WiMAXには、初代WiMAX回線と、新しく登場したWiMAX2+回線の2種類があり、初代WiMAX回線は2020年3月末をもってサービス終了が決定しています。

そのため、2018年9月末以降は新規受け付けも停止しており、これからWiMAXを申し込む方は、自動的に後継であるWiMAX2+回線の契約です

WiMAXはギガ放題で無制限通信が利用できる

WiMAXには、月間データ通信量に制限のないギガ放題プランがあるところも嬉しいポイントです。

ほかのモバイル回線サービスの場合、「月に7GBまで」など、毎月の利用データ量に制限が設けられていることも多く、上限を超えるとインターネットの接続スピードが低下する通信制限にかかります。

WiMAXでも希望すれば月に7GBまでの通常プランを選ぶことができますが、「制限を気にせず好きなだけ動画やネットサーフィンを楽しみたい」という方には、断然ギガ放題プランのほうがおすすめです。

WiMAXの通信制限の条件は「3日間で10GB以上の利用」

とはいえ、WiMAXの無制限プランでも、まったく通信量に制限がないわけではありません。

ギガ放題プランが無制限なのはあくまでも「月間」のデータ通信量で、回線が過度に混雑するのを避けるため、WiMAXでも短期の通信制限は実施されています。

具体的には3日間で10GB以上のデータ通信を行った場合、翌日の18~26時まで最大1Mbpsの速度制限がかかりますので、気を付けましょう。

WiMAXルーターの違いを比較して紹介!契約すべきはどの機種?

続いて、WiMAXで使用できるルーターごとのスペックを、一覧にまとめてみました。

機種によって出せる最大速度やバッテリーの持ちも異なりますので、自分の使い方に合わせてベストなルーターを選びましょう。

WX05
W05
WX04
W04
WX03
発売日
2018年11月1日
2018年1月19日
2017年11月1日
2017年2月17日
2016年12月2日
下り最大通信速度
440Mbps
758Mbps
440Mbps
758Mbps
440Mbps
上り最大通信速度
75Mbps
75Mbps
30Mbps
30Mbps
30Mbps
au 4G LTE対応
最大通信時間
14時間
10時間30分
13時間48分
10時間30分
12時間20分
連続待受時間
700時間
850時間
700時間
850時間
1100時間
サイズ(mm)
111×62×13.3
55×130×12.6
111×62×13.3
53×130×14.2
120×62×11.4
重さ
128g
131g
128g
140g
110g
メーカー
NECプラットフォームズ
HUAWEI
NECプラットフォームズ
HUAWEI
NECプラットフォームズ

全体的な傾向として、やはり古い機種よりは新しい機種のほうが性能が良く、WX03をはじめ古い機種ではau 4G LTE回線に対応していないので、特にこだわりがない場合は最新機種を選んでおくのがおすすめです。

2018年11月発売!WiMAXは最新機種「WX05」がおすすめ

現在WiMAXで最も新しい機種は、2018年11月1日発売のWX05です。

WX05は従来の機種よりもバッテリーの通信可能時間が格段に向上し、エコモードでは最大14時間と、長時間外に出かけるときでも余裕を持って使用できます。

見た目も角に少し丸みがある親しみやすいデザインで、白だけでなく、赤色のカラーバリエーションがあるところもポイントです。

Twitterでは、特に速度について好評の声が寄せられています。

WX05が品切れの場合はWX04より「W05」がおすすめ

WX05は発売されて間もなく人気が高いため、もし在庫がなければW05を選びましょう。

W05と同時期に発売されたルーターには、もうひとつWX04がありますが、最大通信速度は下り・上り共にW05のほうが倍近くあり、連続待受時間も長いためおすすめです。

WiMAXのモバイルルーターとホームルーターの違い

WiMAXには自宅に設置して使用できるホームルーターもあります。

ホームルーターの最新機種はL01sで、モバイルルーターと同じく工事不要で手軽に使え、通信速度も最大440Mbpsと申し分なし。

ホームルーターはコンセントに直接つないで使えるところがモバイルルーターとの大きな違いで、充電切れを気にすることなく快適にインターネットを楽しむことができます。

自宅にインターネット環境が欲しいという方は、ホームルーターの契約も視野に入れてみてください。

WiMAXを契約する際のプロバイダの選び方・チェックポイント4つ

WiMAXは数十社に上るプロバイダがありますが、どの窓口からの申し込みが一番お得なのでしょうか?

WiMAXを選ぶ際、チェックしておきたいポイントは次の4点です。

月額料金は安いか
キャンペーンが充実しているか
最新機種が使えるか
それでは、WiMAXのプロバイダの選び方について詳しくチェックしていきましょう。

月額料金は安いか

WiMAXのプロバイダは、どれを選んでも使用する回線は同じ=サービスの質は変わりません。

同じ内容のサービスを利用するなら、少しでも月額料金の安いプロバイダを選んだほうがお得ですよね。

同じプランでもプロバイダ次第で1,000円ほど月々の支払額が変わってきますよ。

キャンペーンが充実しているか

WiMAXはプロバイダごとに、新規契約時のキャンペーン内容が変わります。

高額キャッシュバックや初期費用無料・端末代無料・他社解約違約金無料など、キャンペーン内容はプロバイダによって多種多様です。

また、キャンペーンの実施がほとんどないプロバイダもあるため、WiMAX契約時はお得なキャンペーンが実施されているか、必ず確認してくださいね。

最新機種が使えるか

WiMAXプロバイダによっては、最新機種の取り扱いがなく旧機種のみしか契約できない場合があります。

同じWiMAXを契約するなら、性能の悪い旧機種よりも最新機種を選びたいですよね。

WiMAXの契約時には、どの端末を契約できるかも合わせて確認しましょう。

口コミ評判に問題がないか

WiMAXの契約前には、プロバイダの口コミ評判もあわせてチェックしておきましょう。

WiMAXは1度申し込むと2年または3年単位での契約となり、期間の途中で解約すると契約解除料として違約金が発生してしまいます。

すぐには乗り換えにくいものだからこそ、あらかじめ利用者の感想を読んで、契約後のイメージを膨らませましょう。

WiMAXの申し込みから開通までの流れ

WiMAXを実際に使えるようになるまでの流れは、次のとおりです。

  1. 契約するプロバイダを決める
  2. プロバイダの受付窓口で契約する機種・料金プラン・支払方法の情報を入力する
  3. 申し込みが完了すると、最短2~3日でルーターが手元に届く
  4. 簡単な初期設定を済ませて利用スタート

WiMAXでは開通工事が不要のため、ルーターが送られてきたらすぐに自分で設定を行い、利用を開始できます。

WiMAXの契約前は必ず「TryWiMAX」で無料お試しをしよう

WiMAXには、契約前にルーターを無料レンタルできるTryWiMAXというサービスもあります。

自宅や普段よく行く場所が提供エリア内でも、電波の届きやすさは周囲の環境によって左右されます。

そこで、TryWiMAXを活用して事前に使用感を確かめておくことをおすすめします。

レンタルできる期間は最大15日間と余裕もあるので、以下の記事を参考にぜひ申し込みを行ってみてくださいね。

WiMAXはどのプロバイダを契約すべき?料金・キャンペーンを比較して紹介

「結局どのプロバイダを契約すればいいの?」「自分に合ったプロバイダを知りたい!」という方のために、ここからは主なWiMAXプロバイダの料金・キャンペーン内容を比較しながら、各プロバイダの特徴をご紹介していきます。

契約できる機種
月額料金
その他キャンペーン
WX05
W05
WX04
BroadWiMAX
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
  • 端末代無料キャンペーン
  • 初期費用割引キャンペーン
  • 他社WiMAXの解約違約金負担キャンペーン
  • BroadWiMAXに満足できない場合、指定回線への乗り換えで他社解約違約金無料
GMOとくとくBBWiMAX
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
  • 端末代無料キャンペーン
  • 初期費用割引キャンペーン
  • 最大41,000円キャッシュバック
カシモWiMAX
×
×
  • 1か月目:1,380円
  • 2~24カ月目:3,580円
  • 25カ月目:4,079円
  • 端末代無料
ソネットWiMAX
  • 1か月目:980円
  • 3~36か月目:4,050円
  • 37か月目:4,179円
  • 端末代無料キャンペーン
  • 最大30,000円キャッシュバック
ニフティWiMAX
  • 初月0円
  • 1~2か月目:3,420円
  • 4か月目以降:4,100円
  • 最大30,000円キャッシュバック
BIGLOBEWiMAX
  • 初月0円
  • 1~2か月目:3,695円
  • 3~24か月目以降:4,380円
  • 最大23,000円キャッシュバック
DTIWiMAX
  • 1~3か月目:2,590円
  • 4か月目以降:3,760円
  • 端末代無料
ASAHIWiMAX
×
×
  • キャンペーンで最大6か月無料
  • 割引終了以降4,290円
  • 最大15,000円キャッシュバック
UQWiMAX
  • 1~3か月目:3,969円
  • 4か月目以降:4,880円
  • JCBギフト10,000円分

キャンペーン重視の人には「BroadWiMAX」が最適

まず最初に、「とにかく新規契約時のキャンペーンが充実しているところが良い!」という人におすすめなのが、こちらのBroad WiMAX。

  • どの機種を選んでも端末代無料
  • Webからの申し込み&クレジットカード払いで初期費用(18,857円)全額割引
  • 他社WiMAXの解約金負担
  • Broad WiMAXに満足できなかったときも、指定他社への乗り換えで違約金0円

BroadWiMAXは開催されているキャンペーンの数が多く、キャンペーン内容も手厚いのが特徴です。

また、端末代無料キャンペーンには最新機種も含まれるので、2018年11月に発売されたばかりのWX05も無料で契約できます。

また、万が一契約期間の途中でBroad WiMAXを解約したくなったときにも、指定他社への乗り換えなら違約金がかかりません。

WiMAXを契約するのが初めてで様子を見てみたい方や、いろいろなWiMAXプロバイダを試してみたい方も、気軽に利用できるところが嬉しいポイントでしょう。

使い放題

月額最安級2,726円~!WiMAXならどこでもネット使い放題!

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~どこでもインターネットが使い放題! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

キャッシュバック重視の人には「GMOとくとくBB」がおすすめ

キャンペーンの中でも特にキャッシュバックを重視したい人には、最大41,000円という高額キャッシュバックが魅力のGMOとくとくBBがおすすめです。

なお、キャッシュバックの受け取りには次のようなステップがあり、期限までに必要な手続きを完了しておかなければ特典が無効になるというリスクもあるので、注意が必要です。

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、プロバイダで取得したアドレスに案内メールが届く
  2. 案内メールの受信日~翌月末までに、キャッシュバックの振込先口座を登録する
  3. 口座の登録後、翌月末にキャッシュバックが振り込まれる

月額料金の安さ重視なら「カシモWiMAX」が最適

「キャンペーンよりは毎月の支払額の安さで選びたい」派の方におすすめなのは、サービス開始月の月額利用料金が1,380円と破格のカシモWiMAX。

2ヶ月目以降も月額3,580円と業界最安級で、月々の負担を最低限に抑えることができます。

その分、開催されているキャンペーンは端末代無料のみとなっていますが、「高額キャッシュバックは魅力的だけど、受け取り損ねてしまわないか心配…」という方には、リーズナブルな月額料金で確実にお得さを積み重ねていけるカシモWiMAXのほうが向いているでしょう。

カシモWiMAX

WiMAXのエリア外で圏外!対処法は?

WiMAXを契約するメリットがどんなに多くても、自宅や外でインターネットを使用したいと思っている場所がWiMAXの提供エリア外だった場合、WiMAXの利用はできません。

TryWiMAXで試してみた結果、どうしても圏外で利用できなかったという場合には、別のモバイル回線サービスを検討しましょう。

また、「問題なく使えていたのに急に圏外になった」というようなケースでは、端末が故障している可能性もあります。

その他の原因も含めて、詳しい対処法を知りたい方は以下の記事もご参照ください。

WiMAXの速度が遅い・圏外で繋がらないときの対処法

ルーターの表示が圏外になってしまうほか、かろうじて電波は受信しているけれど通信速度が遅い場合、次のような原因が考えられます。

  • 周りに障害物が多い
  • 電波干渉が起こっている
  • 3日で10GB以上の短期制限に引っかかっている
  • 夜間など回線が混雑しやすい時間帯
  • 一時的な機器のトラブル

このうち、通信制限や夜間などで回線が混雑しているケースでは、それぞれ制限・混雑が解消されるのを待つしかありません。

しかし、障害物や電波干渉が原因の場合は、ルーターを移動させることで繋がるポイントを見つけられることもあります。

たとえば建物の中では、窓際のほうがより電波が届きやすくなりますので、電波が弱い・圏外になるときには1度ルーターを窓際に置いてみてください。

また、ルーターやスマホなどの機器に一時的なトラブルが発生している場合、機器を再起動することで問題なく接続できるようになることが多いです。

スマホ・パソコン側の設定が機内モード(=電波を遮断するモード)になっていないかどうかも、あわせてチェックしましょう。

WiMAXの通信障害を確認する方法

WiMAXの回線側で通信障害が発生している場合も、やはりルーターで電波を受信できなくなります。

障害の有無はUQコミュニケーションズの公式サイトから確認できますので、急にWiMAXが繋がらなくなったときには、公式サイトをチェックしてみください。

WiMAXの解約方法・解約に必要なもの

WiMAXの解約は、利用中のプロバイダに連絡を行うだけで簡単に完了します。

機器の返却等も特に必要ありませんが、契約期間の途中で解約する場合は違約金が発生してしまいますので、なるべく契約の切れ目となる更新月に解約手続きを済ませるようにしましょう。

WiMAXの解約で発生する費用(解約違約金)

解約違約金の具体的な金額は、プロバイダや利用期間によって次のように異なります。

プロバイダ
解約違約金
一般的なプロバイダ
1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目以降:9,500円
GMOとくとくBB
1~2年目:24,800円
3年目以降:9,500円
Broad WiMAX・BIGLOBE WiMAXで【初期費用割引あり】の場合
12ヶ月目まで:29,000円
13~24ヶ月目まで:23,500円
26ヶ月目以降:9,500円

GMOとくとくBBの場合や、Broad WiMAX・BIGLOBE WiMAXで初期費用割引キャンペーンを利用していた場合は、1~2年目の解約違約金が他社よりも高くなっているので気を付けてください。

ただし、Broad WiMAXからさらに別のWiMAXへ乗り換えるケースでは、指定他社を選ぶことでBroad WiMAX側の違約金が0円になるキャンペーンも開催されています。

また、他社からBroad WiMAXへの乗り換えでも、他社WiMAXプロバイダで発生した違約金をBroad WiMAXに負担してもらうことができますので、ぜひ活用しましょう。

WiMAXに関する問い合わせ窓口は契約窓口によって変わる!

WiMAXはUQコミュニケーションズが提供するモバイルWi-Fiルーターですが、実際の契約はプロバイダと行うため、契約内容に関して分からないことがあるときには、それぞれのプロバイダが問い合わせ窓口になります。

一方、「速度が遅い」「接続できない」「もっと使えるエリアを広げてほしい」などの回線そのものに対する要望の受付窓口は、提供元であるUQコミュニケーションズです。

このように、WiMAXは問い合わせたい内容が契約に関するものなのか、回線に関するものなのかで問い合わせ先が異なりますので、よく分からないときには以下の記事も参考にしてくださいね。

【番外】WiMAXがさらに便利に!WiMAXのクレードルとは?利用するメリット

WiMAXを契約するときにもうひとつ検討したいのが、クレードルの購入です。

クレードルとは、昔の携帯電話の充電スタンドのようなもので、ルーターをセットすることでWiMAXを固定回線のように有線で使用できるようになります。

逆に、自宅で契約している固定回線のLANケーブルをクレードルに繋げば、クレードル自体が無線LANスポットとなり、固定回線を無線化することもできるという優れものです。

WiMAXルーターをクレードルにセットしている間は自動的に充電が行われ、普段ついつい忘れてしまいがちな充電の習慣を付けられるところも嬉しいポイント。

ただし、WiMAX自体はクレードルなしでも利用でき、特に必須のアイテムというわけではありません。

まとめ

WiMAXは工事不要ですぐに使い始めることができ、旅行や出張、日々の外出先でも自宅と同じようにWi-Fi接続を行うことができます。

外出先でも利用できるほかに、WiMAXは一般的な光回線に比べて月額料金がリーズナブルなところもメリットのひとつです。

今回ご紹介した機種やプロバイダの選び方を参考に、ぜひ自分の使い方に合ったWiMAXで快適にインターネットを楽しんでみてくださいね。

WiMAXの新しい記事一覧