閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ホームルーターに関して

ホームルーターとは|特徴と取扱会社や商品の利用メリットもまとめてご紹介

モバイルルーターは、インターネットを使いすぎると速度制限がかかり、通信速度が遅くなるといったデメリットがあります。

しかし、ホームルーターを使えば、回線工事が不要と速度制限がないといった特性で、光回線とモバイルルーターのデメリットが解消されます。

ホームルーターの特徴、メリット、おすすめの製品などを詳しく解説していきます。

ホームルーターの特徴は電波の強さ

ホームルーターの特徴はモバイルルーターよりも強い無線Wi-Fiを発信することができる点です。

同時接続可能台数もモバイルルーターと比べると多くなっており、例えばWiMAXのホームルーターであるL01sは、最大で42台の機器を同時に繋げることができます。

しかも、固定回線の様な初期工事や複雑な設定必要なく、自宅のコンセントに繋ぎ、電源を入れるだけで、すぐにインターネットを利用することができます。

  • Wi-Fiの強さ
  • 最大で42台の機器を同時に繋げることが可能
  • 操作方法が簡単

ホームルーターとモバイルルーターの違いを細かく見ていきましょう。

ホームルーターとモバイルルーターの決定的な違いは電波の受信距離

ホームルーターがモバイルルーターに比べて決定的に優れている点は、より遠くの通信機器まで電波を届けることができることです。

ホームルーターはコンセントにACアダプターを接続し、据え置きで利用することを想定して作られているため、モバイルルーターよりもアンテナが大きく、より電波を受信しやすい作りになっています。

そのため、遮蔽物さえ無ければ、スマホやPCから50m~60m離れた場所にモバイルルーターを設置しても、問題なくインターネットに接続できます。

1階にホームルーターを設置して、2階でスマホやパソコンでインターネット接続しても、電波が弱くなってしまうといった問題が起きることもほとんどありません。

外出先でも使うことを想定して作られたモバイルルーターでは、こうはいきません。

本体は持ち運びのために小型化され、電源に接続することなく長時間利用ができるよう、バッテリーに容量を取られるため、アンテナはどうしても小さくなり、電波が受信しにくい作りになっているのです。

見通しの良い場所でも、モバイルルーターのWi-Fiの電波は以下の距離までしか届きません。

  • ACアダプターなし:約10m~15m
  • ACアダプター接続:約20m~25m

また、ホームルーターのアンテナ性能が優れている点は、通信速度においてもメリットをもたらします。

大きなアンテナは電波をキャッチしやすいため、モバイルルーターではインターネットが重くなりやすい夜のピークタイムでも、快適な通信が可能です。

電波の受信距離や回線速度以外にも、ホームルーターはモバイルルーターと比較して、一度の同時接続できる機器の台数が多くなっています。

また、数十台の通信機器をインターネットに同時接続できる点も、ホームルーターの大きなメリットです。

人気ホームルーターの通信速度や価格を比較

現在発売しているホームルーターの中でも特におすすめしたい人気ホームルーターが、「SoftBank Airターミナル3」と、「L01s」です。

それぞれの通信速度や月額料金などを表にまとめ、比較しました。

カタログスペック的には甲乙付け難く、どちらも十分な性能を持っていることがわかります。

商品名Softbank Airターミナル3(ソフトバンク)L01s(UQ)
発売日2017年1月2017年2月
月額料金4,880円4,380円
下り最大速度350Mbps
(一部地域以外は261Mbps)
440Mbps
上り最大速度10Mbps(Airターミナル2の数値)30Mbps
サイズ約W95xH208xD951約80×93×93
重さ700g約490g

※上記税抜き価格です。

ホームルーターを取り扱っている会社

現在、ソフトバンクとUQ WiMAXの2社が中心となって、ホームルーターの取り扱いを行っています。

まずはSoftBank Airの特徴から確認してみましょう。

ソフトバンク:SoftBankAirを紹介

SoftBank Airはその名の通り、ソフトバンクが提供しているホームルーターです。4G通信にも対応しており、下り最大261Mbpsの高速通信により、大容量データ通信も可能です。

また、SoftBank Airはソフトバンクスマホとセットで利用することで、おうち割 光セットという割引サービスを利用することができます。

これはソフトバンクの携帯代金が1台あたり毎月最大1,000円割引されるというもので、家族で最大10回線まで適用することができます。

さらに、SoftBank Airはキャンペーンも充実しており、新規申し込みで最大80,000円のキャッシュバックを貰える代理店もあります。

WiMAX:Speed Wi-Fi HOME L01sを紹介

WiMAXといえば、持ち運びに便利なモバイルルーターのイメージが先行してしまいがちですが、ホームルーターも取り扱っています。

WiMAXはUQ WiMAXが大元のインターネット通信サービスですが、サービスを提供するプロバイダは20社以上あり、サービス内容は共通ですが、月額料金やキャンペーン内容は、プロバイダによって異なります。

最もおすすめしたいのは、月額料金が非常に安く、乗り換え費用や解約金を負担してくれるなど、様々なキャンペーンが充実したBroadWiMAXです。

おすすめホームルーターのレンタル業者を紹介

引越を行った際や、固定回線の工事が完了するまでの間に、インターネットを使用したい人もいますよね。

そんな場合には、短期間のみホームルーターをレンタルすることができる、レンタル事業者の利用がおすすめです。

主要なレンタル事業者を表で比較します。

レンタル会社1日の基本料金1週間2週間手数料
Wifi Peace500円2,975円3,570円無料
WiFiレンタルどっとこむ4,630円4,630円1,000円
WiFiレンタル本舗430円4,010円7,020円1,000円
JAPAN WiFi RENTAL430円4,010円7,020円1,000円

※上記税抜き価格

一日だけホームルーターをレンタルするのであれば、手数料が無料のwifi peaceがおすすめです。

SoftBankAirのメリット

SoftBank Airはホームルーターの中でも特に人気が高いものの1つであることはお伝えしている通りですが、支持を集める理由が気になるのではないでしょうか。

そこで、ここからはSoftBank Airの4つのメリットを紹介します。

  1. Airターミナルを置くだけで設定完了
  2. 速度制限がないためインターネットが使い放題
  3. 最大64台の通信機器に同時接続可能
  4. ソフトバンクスマホとのセット割である、おうち割が適用

Airターミナルを置くだけで設定完了

SoftBank Airの初期設定は、Airターミナルと呼ばれる本体をACアダプターでコンセントに接続するだけです。

電源を入れれば無線Wi-Fiが発信されるので、あとはパソコンやタブレットなど、接続したい機器でSoftBank AirのWi-Fiを選択し、アクセスキーを入力するだけです。

パソコンやスマホの操作、インターネットの設定に苦手意識を持っている人は少なくないかと思いますが、この設定のお手軽さは、SoftBank Airの大きなメリットといってよいでしょう。

速度制限が無くインターネットが使い放題

固定回線を利用しない無線Wi-Fiサービスは、通信量に応じて速度制限がかかるのが一般的ですが、SoftBank Airにはその様な制限が存在しません。

動画再生やオンラインゲームなど、大量の通信を行うサービスであっても、通信量を気にせずに好きなだけ使えます。

最大64台の通信機器に同時接続可能

SoftBankAirは、パソコン、スマホ、プリンタ、ゲーム機など、インターネット接続できる機器に最大で64台まで同時接続が行えます。

ワイヤレスで複数の機器に接続できるため、自宅のパソコン周りがケーブルだらけで見栄えが悪くなる心配もありません。

接続可能な台数内であれば、何台接続しても快適な通信速度を保つことができます。

混雑した時間帯に複数台接続したからといって、速度が落ちるといったことも起きにくいので、ファミリーでの利用にもおすすめです。

SoftBankスマホとのおうち割 光セットが利用可能

SoftBankが提供する光回線サービスであるソフトバンク光と同様に、SoftbankAirでもソフトバンクスマホとのセット割引である「おうち割 光セット」が適用されます。

おうち割 光セットの割引額は、スマホの利用プランによって異なります。

割引額
データ定額:5GB以上1,080円
データ定額:4GB以下540円

ワイモバイルもソフトバンク系列の会社になるので、セット割が適用できます。

割引額
スマホプランL1,080円
スマホプランM756円
スマホプランS540円

おうち割 光セットは家族全員が対象になるので、ソフトバンクスマホを利用する人数が増えるほどお得になります。

Softbank Airを利用したい場合には、以下のサイトからの申込みがおすすめです。

最大80,000円キャッシュバックに加え、24カ月間、月額料金が1,000円引きの3,800円で利用できるキャンペーンが開催されています。

以下の記事はSoftbankAirについて詳しく紹介していますのでご覧ください。

WiMAX:Speed Wi-Fi HOME L01sのメリット

続いて、もうひとつのおすすめホームルーターである、WiMAXのL01sのメリットを紹介します。

WiMAXといえば、持ち運びに便利なモバイルルーターのイメージが強いかもしれませんが、ホームタイプのルーターも、非常に優れた性能を持っています。

WiMAXの最新ホームルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」の4つのメリットを見ていきましょう。

  1. 月額料金が圧倒的に安い
  2. 最大440Mbpsの高速通信を実現
  3. 最大42台の通信機器に同時接続可能
  4. 回線工事不要で即日でインターネットが利用可能

月額料金が圧倒的に安い

WiMAXは各プロバイダが様々なキャンペーンを行っているため、非常にお得な月額料金で利用することが可能です。

ここでは、WiMAXの中でも特に料金の安い、Broad WiMAXの料金をご紹介します。

  • 1~3か月目:2,726円
  • 3か月目以降:3,411円

固定回線であれば月額5,000円以上はかかるので、3,000円台前半で利用できるのは、非常にリーズナブルであるといえるでしょう。

なお、UQ WiMAX公式の場合の月額料金は4,380円です。

この金額もかなり割安ではあるものの、Broad WiMAXで申し込みを行えば、同じWiMAX L01sを使っていても毎月の月額料金が1,000円近く安くなるので、ぜひキャンペーンを利用してお得に使ってください。

最大440Mbpsの高速通信を実現

Speed Wi-Fi HOME L01sの下り最大速度は440Mbpsです。

光回線には及ばないものの、高画質動画の再生や大容量ファイルのダウンロード、オンラインゲームなども、難なくこなすことができる回線速度といっていいでしょう。

また、他社のホームルーターやモバイルルーターでは、1か月のデータ容量が7GBを超えてしまうと速度制限がかかってしまい、翌月までインターネットの通信速度が128kbsまで落ち込むといったものが一般的です。

しかし、WiMAXの「ギガ放題」であれば、月間データ通信量の上限を気にする必要はありません。

また、3日で10GB以上使用すると、翌月夜間に1Mbpsまで低速化するという短期制限はあるものの、実際には制限中でも最大6Mbps程度の速度が出ます。

これは、普通にインターネットを利用する分には、ほとんど気にならない制限なので、一部のヘビーユーザー以外にとっては、実質完全無制限といってもいいでしょう。

最大42台の通信機器に同時接続可能

WiMAX L01sは、有線と無線のポート合わせ、最大42台の通信機器に同時接続可能です。

パソコン、ゲーム機、プリンタなど、複数の機器を同時にインターネット接続し、スムーズに利用することができます。

また、アンテナの受信範囲が広いため、モバイルルーターに比べ、回線が混雑する時間帯であっても、インターネットを快適に利用することができます。

回線工事不要で即日でインターネットが利用可能

WiMAX L01sは、SoftBankAirと同様に開通工事の必要がなく、ホームルーターの電源を入れれば機器が届いた日にインターネットが利用可能です。

光回線のように回線事業者に工事に来てもらう必要もないうえ、パソコンで面倒なプロバイダの接続設定を行う必要もありません。

BroadWiMAXからWiMAX L01sに申し込むと、初期費用18,857円とホームルーターの端末料金が0円になるお得なキャンペーンが受けられます。

光回線と比べたホームルーターを使うメリット

SoftBankAirやWiMAX L01sの製品特徴からもわかるように、ホームルーターを使う最大のメリットは回線工事が不要なため、工事費がかからない点です。

光回線を利用するためには、一軒家であってもマンションであっても、回線を引き込む初期工事を行う必要があります。

回線工事が行われるまでには、申込みから1~2週間かかり、2月・3月の引っ越しシーズンには、申込みが殺到するため、1カ月以上かかってしまうことも。

さらに、15,000円から40,000円程度の高額な工事費用も必要になります。

また、回線工事が終わったからといって、すぐにインターネットが利用できるわけではありません。

通信事業者から送られてくる、ホームゲートウェイなどの機器の配線を行い、プロバイダの設定を行ってようやくインターネットが使える状態になります。

ホームルーターの場合、この様な煩雑な手続きや設定は一切不要です。

申し込みを行い、送られてくるホームルーターをコンセントに差し込めば、すぐにインターネットを使うことができます。

データ通信量による速度制限も設けられていないため、モバイルルーターやスマホのように毎月のデータ使用量を心配する必要もありません。

比較回線工事費用インターネットの利用住居形態
光回線掛かる時間が掛かる関係する
ホームルーター掛からない時間が掛からない関係ない

ホームルーターの利用が向いている人

ホームルーターの利用がおすすめな人は、以下の用途で利用する人といえます。

  • 主に自宅でインターネットを使う人
  • 開通工事や複雑な初期設定を行うことなく、お手軽にインターネットを利用したい人
  • 工事費や毎月の月額料金を節約したい人
  • 無線LANを使っていて自宅の電波の状況があまり良くない人
  • 家族の人数が多くて複数台の端末で同時にインターネット接続したい人
  • 毎月のデータ通信料を気にせず動画視聴やゲームを行いたい人

快適なインターネットライフを提供してくれるホームルーター

ホームルーターは無線LANにもかかわらず、電波の受信範囲が広い、回線工事が必要ない、複数台同時接続できるなどといった、さまざまメリットがあります。

現在、おすすめのホームルーターはソフトバンクのSoftBankAirと、WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L01sの2つです。

どちらもリーズナブルな月額料金で利用することができ、速度制限を心配する必要もありません。

光回線の回線工事や初期設定が面倒な人や、モバイルルーターでは毎月速度制限にかかってしまう人は、この機会にホームルーターの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

きっとあなたに快適なインターネットライフをもたらしてくれるはずです。

※本文中の金額はすべて税抜価格。

ホームルーターの新しい記事一覧