閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ドコモ光に関して

更新

【初心者向け】ドコモ光ってどんな回線?料金・速度・評判・注意点まとめ

ドコモ光の契約前に気になるのが、契約した際に毎月どれくらいの料金が必要になるのか、通信速度は遅くないのかなど、各種評判ですよね。

この記事ではドコモ光はどんな回線でどんな人にお得なのか、ドコモ光の月額料金、速度などに関する評判、契約の流れ、注意点などを包み隠さずご紹介します。

これからドコモ光を契約するという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ドコモ光とは|どんな光回線?

ドコモ光は、光コラボレーション(=通称「光コラボ」)と呼ばれる光回線で、月額4,000円~6,000円のリーズナブルな価格帯でインターネットサービスを利用できるところが魅力です。

その上ドコモの携帯・スマホをお持ちの方なら、ドコモ光とドコモケータイとのセット割を適用でき、携帯・スマホの利用料金から毎月割引を受けることができます。

回線自体はNTTのフレッツ光と同じものを使用しているため、通信速度もフレッツ光と同じ最大1Gbps。

ただし、夜間や休日などの利用者が集中しやすいタイミングには回線が混雑する場合もあります。

ドコモ光の通信速度については、後ほどご紹介するドコモ光の速度に関する口コミ評判もぜひ参考にしてください。

ドコモ光で得するのはドコモユーザーのみ

ドコモ光には、ドコモ光とドコモの携帯・スマホを一緒に利用すると、毎月の携帯代が割引されるドコモ光セット割があります。

ドコモ光セット割の割引額はドコモの携帯・スマホで契約しているパケットパックによって異なります。

たとえば家族でパケットを分け合うプラン(シェアパック)では、月々最大3,500円の割引に。

その他のプランの割引額についても、下記の記事で詳しくご紹介していますよ。

ちなみにドコモ光セット割を利用できるのはドコモユーザーのみなので、ドコモ以外の携帯・スマホを使用中の方は、お使いのキャリアでセット割が受けられる他社回線の契約がお得です。

お使いのキャリアに合わせて、以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

<ソフトバンクのセット割>

<auのセット割>

<OCNモバイルのセット割>

ドコモ光で展開しているサービス1:ドコモ光テレビ

ドコモ光で視聴できるテレビには、ひかりTVというサービスがありましたが、ひかりTVは2018年9月5日で新規受付が終了しています。

ひかりTVのかわりに新しくスタートしたのがひかりTV for docomoで、dTVチャンネルを含む79の専門チャンネルと地デジ・BS放送、13万本以上のビデオがすべて見放題で月額3,500円。

さらに2年割を適用すると1,000円引きの月額2,500円で利用でき、通常料金よりもだいぶお得です。

ドコモ光で展開しているサービス2:ドコモ光電話

ドコモ光にはドコモ光電話という固定電話サービスもあり、フレッツ光からの転用なら電話番号の変更なしで利用できるところがメリットのひとつです。

基本料金も月額500円~とリーズナブルで、手軽に固定電話の料金を節約できます。

ドコモ光電話について詳しくは下記の記事でもご紹介していますので、インターネット回線と同時に電話の申し込みを検討している方は1度目を通してみてください。

ドコモ光電話はアナログ電話から電話番号の引継ぎが可能

ドコモ光電話は、アナログ電話(=NTTの加入電話)から電話番号を引き継いで利用もできます。

その際は電話加入権を持っているかどうかがポイントのひとつになってきますので、以下の記事も参考に自分のケースではどうなるのかあらかじめチェックしておきましょう。

ドコモ光を契約すると月額料金は毎月いくらになる?

ドコモ光ではインターネット回線と一緒に契約するプロバイダをいくつかの中から選ぶことができ、利用するプロバイダによって月額料金も異なります。

料金プラン
月額料金(税抜)
戸建て
マンション
タイプA
5,200円
4,000円
タイプB
5,400円
4,200円

※単独タイプはプロバイダの契約が別途必要なプランです。

GMOやSo-netなど、ドコモ光ユーザーに人気のプロバイダはタイプAのプランに含まれ、タイプBに比べて料金もお得になるので、プロバイダにこだわりがない場合はタイプAで契約を行うのがおすすめです。

ドコモ光の料金内訳

ドコモ光はWebサイトやアプリから手軽に利用明細を確認できますが、実際に明細をチェックしたユーザーからは「内訳にある項目が何を指しているのか分からない」という声も多く聞かれます。

たとえばドコモ光セット割を適用中で、スマホのほうでは「シェアパック5」というパケットパックを契約している場合、表示される明細は次のとおりです。

項目名
項目の意味
シェアパック5(小容量)定額料
スマホの月額料金
ドコモ光基本使用料
光回線の月額料金
割引料
スマホの利用料金に反映される割引額

ドコモ光の具体的な明細の確認方法は、下記の記事もあわせて参考にしてください。

ドコモ光の料金はいつから請求される?日割り計算できる?

ドコモ光の新規契約・転用時は、利用料金が日割りで計算されます。

請求は開通月の翌月からです。

ドコモ光の契約時に利用できる料金割引キャンペーン

せっかくドコモ光を契約するなら、キャッシュバックやポイントプレゼントなどのキャンペーンを利用してお得に申し込みを行いたいですよね。

現在ドコモ光で開催中のキャンペーンは以下のとおりです。

概要
区分
ドコモ光セット割
ドコモ光とドコモケータイのセット利用で100円~最大3,500円を携帯代から値引き
公式キャンペーン
ずっとドコモ割プラス
パケットパックの利用年数に応じた児童割引
公式キャンペーン
光★複数割
シェアグループ内でドコモ光を複数契約すると2回線目以降300円割引
公式キャンペーン
dポイント最大10,000ポイント進呈
新規申し込み者限定でdポイントを最大10,000ポイント進呈
公式キャンペーン
最大15,000円キャッシュバックキャンペーン
指定サイトからお申し込みで最大15,000円のキャッシュバックを進呈
代理店限定キャンペーン

なお、初期工事費無料キャンペーンは2018年9月30日にいったん終了となっていますが、今後も不定期で開催される可能性があります。

ドコモ光の契約時には、事前に公式サイトをチェックし、実施中のキャンペーンを確認しましょう。

ドコモ光の評判を調査!実際の速度はどれくらい?

光回線を利用するうえで気になるの気になるのが通信速度ですよね。

ドコモ光を利用して居る方が投稿した、ドコモ光に関する通信速度の口コミ評判をまとめてご紹介していきます。

以前ケーブル回線を利用していたユーザーからは、ドコモ光に乗り換えてから格段に速度がアップしたという声が!

一方、光回線とは思えないほどの低速っぷりに失望する声も多く見られます。

ドコモ光は特に夜の通信速度が低下しがちなようです。

こちらは同じ光回線でも、「ドコモ光から他社回線に乗り換えたことで速度が一気に改善した!」という口コミ。

残念ながら、ドコモ光の通信速度については不満を持っているユーザーが全体的に目立ちました。

ドコモ光が遅くなる原因

通信速度の評判はあまり良くないドコモ光ですが、通信が遅くなってしまう理由には次の4つの原因が考えられます。

  • パソコン・スマホなど接続端末にエラーが発生している
  • パソコンの周辺機器に異常が発生している
  • 無線LANルーター・ケーブルが光回線・1Gbpsに対応していない
  • 夜間・土日祝など回線が混雑している

ドコモ光の回線が混雑しやすいのは、ドコモ光がフレッツ光と同じ回線を使用していることが主な原因です。

フレッツ光回線はドコモ光以外の光コラボとも回線を共有しているためユーザー数が多く、夜間・土日祝などの利用者が多い時間帯はそれだけアクセスが集中するので、回線の処理スピードが低下してしまいます。

ドコモ光が遅いときはv6プラス接続で解決できる

ドコモ光の通信速度が遅いときの対処法として、おすすめなのがv6プラス接続の利用です。

v6プラス接続は、従来の接続方式に比べて回線が混雑しやすい時間帯でもスムーズに通信を行うことができ、その速さが口コミでも話題になっています。

利用者が増加する夜間でも、サクサク快適にインターネットを楽しめると評判ですよ。

なお、v6プラス接続に対応していないプロバイダもあるため、通信速度にこだわりたい方はGMOとくとくBBなど、v6プラス対応プロバイダを契約してくださいね。

ドコモ光の契約手順・申し込みから開通までの流れ

ドコモ光を契約してから利用を開始するまでには、次のステップがあります。

  1. ドコモ光で利用するプロバイダを決定する
  2. ドコモ光の新規申し込みを行う
  3. ドコモ光の開通工事の日程を調整する
  4. ドコモ光の開通工事を行う
  5. 接続設定を行って開通完了

ドコモ光の申し込み後、開通工事日が決定してから実際に工事が行われるまでの期間は最短でも2週間ほどで、新規契約が立て込んでいる場合は1ヶ月以上かかってしまうこともあります。

ただし、マンションの場合はすでに回線の引き込みが完了しているケースもあり、その際は改めて工事をする必要がないため、もっと短期間で利用を開始できることもあります。

ドコモ光の具体的な工事内容・開通の流れについては、次の記事で詳しく解説しています。

ドコモ光の契約時に必要なもの

ドコモ光を申し込むにあたって、用意しておきたいものは以下のとおりです。

  • 契約事務手数料:3,000円
  • ドコモユーザーの場合:契約中の携帯・スマホの電話番号とネットワーク暗証番号
  • 転用の場合:転用承諾番号

ドコモ光の申し込みをスムーズにすすめるためにも、事前の準備物はしっかり備えておきましょう。

ドコモ光で契約すべきプロバイダはGMO・So-net・nifty

ドコモ光では利用するプロバイダを選べるため、どのプロバイダを契約しようか迷ってしまいますよね。

そんなときには、GMO・So-net・niftyなど、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選ぶのが最もおすすめです。

特にGMO・So-netは独自のキャッシュバックやv6プラス対応ルーターの無料キャンペーンを実施しているため、人気のプロバイダとなっています。

それぞれの特徴は以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひプロバイダ選びの参考にしてください。

ぷららはv6プラス接続ができないためおすすめできない

老舗のプロバイダのひとつ・ぷららは、ドコモ光でも利用できますが、v6プラス接続に対応していないため速度に関する評判が良くありません。

v6プラス接続とよく似たIPv6接続の利用はできるものの、v6プラスほど通信速度の改善は期待できません。

ドコモ光で快適にインターネットを楽しみたい方は、先ほどご紹介したv6プラス接続対応のプロバイダで契約を行いましょう。

ドコモ光の新規契約に必要な料金(初期費用)

ドコモ光の初期費用は、契約事務手数料と工事費の2種類です。

契約事務手数料は必ず発生し、支払い方法も一括のみですが、工事費は分割払いも可能になっています。

契約事務手数料
3,000円
初期工事費用
7,600円~18,000円(分割払いも可能)
契約月の月額料金
日割り計算

フレッツ光の契約者はドコモ光に転用可能!

ドコモ光はNTTのフレッツ光回線を使用した光コラボなので、フレッツ光からの乗り換えは転用という扱いになり、通常の新規契約よりも簡単に手続きを行えます。

  1. フレッツ光の転用承諾番号を取得する
  2. ドコモ光に転用を申し込む
  3. 転用工事の実施(立ち会いは基本的に不要)
  4. 機器の設定を行い転用完了

転用の場合は立ち会い工事が必要ないため、工事費がかからないところもメリットのひとつです。

さらに詳しい手順や注意点については、こちらの記事もあわせてご参照ください。

ドコモ光の初期設定方法

ドコモ光が開通したら、次の手順で初期設定を行いましょう。

<ドコモ光の初期設定に必要なもの>

  • ドコモ光のモデム
  • パソコン1台
  • LANケーブル1本
  • プロバイダから送られてきたユーザーIDとパスワード
  • NTTから送られてきた設定ガイド

<ドコモ光の初期設定手順>

  1. モデムとパソコンをLANケーブルで接続
  2. パソコンを、スタートボタン>Windowsシステムツール>コントロールパネルの順に開く
  3. ネットワークとインターネット>ネットワークと共有センターを選択
  4. 新しい接続またはネットワークのセットアップを選択します
  5. ウィザードが開いたら、インターネットに接続します>次へを選択
  6. プロバイダから送られた接続情報・ユーザー名・パスワードを入力し接続

基本的には上記の手順でインターネットを利用できるようになりますが、うまく繋がらないときには次の記事で解説している対処法をぜひ試してみてください。

スマホ・パソコンにドコモ光をつなぐ方法

スマホ・パソコンを無線でインターネットに接続するためには、さらに以下の設定が必要です。

<ルーター側の設定>

  1. ドコモ光のモデムと、無線LANルーターのWANポートをLANケーブルで接続する
  2. 無線LANルーターのLANポートとパソコンをLANケーブルで接続する
  3. 無線LANルーターの付属CDをパソコンで読み込み、画面に従って設定を行う(ルーターのパスワードは後ほど使用するため必ず設定しておきましょう)

<スマホ・パソコン側の設定>

  1. スマホ・パソコンの設定画面を開く
  2. メニューから「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fiがオフになっていればオンに切り替える
  3. 表示されたネットワークID(SSID)の一覧から自宅のルーターを選択する
  4. ルーターの設定で作成したパスワードを入力する

ちなみに、ルーターのネットワークID(SSID)は、ルーター本体に貼ってあるシールや取扱説明書で確認できます。

ドコモ光の契約内容を変更する方法

ドコモ光の利用を開始中、料金プランやオプションサービスなどの契約内容を変更するときは、オンライン会員サイトのMydocomoで手続きができます。

住所変更や各種資料もMydocomoから請求できますが、プロバイダの変更は電話窓口かドコモショップでの受け付けです。

ドコモ光を解約する方法

ドコモ光を解約する際の流れは、以下のとおりです。

  1. ドコモ光に解約を申し込む
  2. (必要な場合)ドコモ光の回線撤去工事が実施される
  3. ドコモ光からレンタルしている機器を返却する

解約の申し込み窓口は電話とドコモショップのいずれかで、電話の場合は次のドコモインフォメーションセンターに連絡を行います。

電話番号
ドコモの携帯電話から:局番なし151
その他の電話から:0120-800-000
受付時間
9:00~20:00(年中無休)

ドコモ光からレンタルしているルーターは返却が必要!返却方法を紹介

ドコモ光のレンタル機器は、撤去工事の有無で返却方法が変わってきます。

撤去工事を行う場合は工事と一緒にレンタル機器の引き取りも行ってもらえますが、工事を行わない場合は、ドコモ光から送られてくる返却用のキットに自分でレンタル機器を入れ、梱包して送り返す必要があるので、忘れないようにしましょう。

ドコモ光の解約に必要な料金(解約違約金)

ドコモ光の解約時には、次の費用が発生する可能性があります。

  • 解約違約金
  • 開通工事費の残債
  • 解約月の月額料金

解約違約金は戸建ての場合13,000円、マンションなら8,000円ですが、いずれも契約更新月に手続きを行った場合は発生しません。

すでに工事費の支払いが終わっていて残債がない場合も、解約時にかかる料金の負担は少なくて済むでしょう。

ドコモ光の解約証明書の発行方法

ドコモ光では、支払い済みの料金を証明する支払証明書を、1通400円で発行してもらえます。

乗り換え先のキャンペーンなどで、直前までドコモ光を利用していた証明書が必要になったときには、ドコモインフォメーションセンターに連絡を行いましょう。

電話番号
ドコモの携帯電話から:局番なし151
その他の電話から:0120-800-000
受付時間
9:00~20:00(年中無休)

ドコモ光は工事前なら無料で解約(キャンセル)可能

ドコモ光は開通工事の前であれば、違約金などの支払いなしで契約をキャンセルすることも可能です。

事情があってドコモ光を利用できなくなったときには、速やかにその旨を申し出ましょう。

引っ越しならドコモ光の引っ越し手続きで継続利用が可能

解約したい理由が引っ越しの場合、ドコモ光の解約ではなく移転の手続きを行うことで引き続きドコモ光を利用できます。

移転なら契約更新月以外のタイミングでも違約金は発生しませんので、まずは引っ越し先でもドコモ光が使えるかどうか、提供エリアを確認してみましょう。

ドコモ光の問い合わせ窓口

ドコモ光は問い合わせたい内容によってその受付窓口も異なりますが、総合的なカスタマーセンターは以下のドコモインフォメーションセンターとなっています。

<ドコモインフォメーションセンター>

電話番号
ドコモの携帯電話から:局番なし151
その他の電話から:0120-800-000
受付時間
9:00~20:00(年中無休)

開通工事に関する問い合わせの場合、次のドコモ光サービスセンターを利用したほうがスムーズなので、こちらもあわせてご確認ください。

<ドコモ光サービスセンター>

電話番号
ドコモの携帯電話から:局番なし15715
その他の電話から:0120-766-156
受付時間
9:00~21:00(年中無休)

まとめ

ドコモの携帯・スマホをお使いの方は、ドコモ光セット割で月々の支払いがお得になるドコモ光。

速度に関する評判はイマイチな部分もありますが、v6プラス接続に対応したプロバイダを選ぶことで、その点もカバーできます。

携帯・スマホがドコモユーザーの方は、ぜひこの機会にドコモ光への乗り換えを検討してみてくださいね。

ドコモ光の新しい記事一覧