閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

So-net光コラボの知られざる8つのメリットデメリット

2年程前からはじまった光コラボレーション。プロバイダーやモバイル業者が自宅インターネット回線をひとまとめにして少し料金を安くする方法です。
今回ご紹介するのは大手プロバイダーのSo-netが運営しているSo-net光コラボ

わかりにくいこのSo-net光コラボのメリット・デメリットを完全解説します。
また、So-net光コラボ以外でもおすすめの回線をご案内します。

【関連】So-netの料金プランについて

So-net光コラボにするメリット

この光コラボレーションにする最大のメリットは料金が安くなること。
故障や手続きが一本化されわかりやすくなることです。

今まではNTTやauなどインターネット回線業者の契約とインターネット接続業者であるSo-netと二つ契約が必要でした。
この光コラボレーションはNTTの設備を利用して、高い品質とプロバイダーとのワンセット契約のお手頃な金額でインターネットを利用できるのが一番のメリットでしょう。
 

フレッツ光から簡単に転用が出来る

光コラボレーションであるSo-net光コラボに切替をするのはとても簡単。
現在NTTフレッツ光を契約中ならホームページから契約を切替するための転用承諾番号を取得するかNTTの116センターへ連絡して口頭で転用承諾番号を教えて貰うだけです。

あとはその転用承諾番号を契約を切り替える光コラボレーション事業社へ伝えるだけ。
おおよそ10日前後で手続きが完了します。
  

料金がプロバイダ料込みで安い

一番のメリットである料金はどのくらい安くなるのでしょうか?
フレッツ光と比べ、おおよそ月額500円から1000円位のプロバイダー料金がこの光コラボレーション契約にて減額されます。
また、プロバイダ料金も一まとめで請求されるため、わかりやすい点もメリットです。

キャッシュバックがある

インターネット新規開通に伴い光コラボレーションへの加入については、多くの代理店でキャッシュバックキャンペーンを行っています。
So-net光も例外でなくSo-net公式で最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

auのセット割が適用できる

 
So-net光コラボはauユーザーに対して『auセット割』を適用させています。
最大で毎月1,200円引きという大きな値引き価格です。
でも、それならauひかりにすればいいのでは?とお考えのユーザーもおられることでしょう。

本来ならauひかりとauスマートフォン利用でスマートバリュー適用が一番ベストなはず。

しかし、お住まいの地域がauが提供していない、住んでいるマンションがauひかりを導入していない方もいます。
そんな方ならNTTフレッツ光からSo-net光コラボへ転用してauセット割を適用されるのが賢い選択です。

『残念だけど家がauひかり未提供エリア・・・』そんなauユーザーはこの方法がお得にご利用できますね。

So-net光コラボにするデメリット

回線速度が遅いという口コミが多い

インターネットを利用していて一番気になるのがこの回線速度。
せっかく契約をかえても使い勝手が悪ければなんにもなりません。

Twitterで”So-net光コラボ”と検索すると1Mbpsもでないというツイートもありました。

残念ながらNTTフレッツ光の設備を利用していてもSo-net光コラボへ変更してから速度が落ちたという口コミが意外に多くみうけられます。

設備自体がNTTフレッツ光回線を利用しているので、今までNTTフレッツ光利用者が契約を変えただけで突然速度が遅くなったのであれば、So-net光コラボが原因と思われます。
これはバックボーンの増強しか解決方法はありません。

サポートの対応が悪いという声が多い

こちらの方はサポートに助けを求められたら解約を勧められたようです・・・
怒りよりも呆れてしまいますね。

ひかり電話の移行に難アリ

So-net光コラボを変えたいという意見もあるようですがNTTフレッツ光からSo-net光コラボへ変更された方で固定電話を利用されている方は要注意です。

アナログ固定電話からNTTフレッツ光ひかり電話にして、そのままSo-net光コラボに切り替えた方がSo-net光コラボを止める場合、ひかり電話は一旦アナログ固定電話への切替工事が必要となります。
2,000円から12,000円程度の工事料金が必要です。

また、NTTフレッツ光ではじめてひかり電話番号を取得された方、So-net光コラボへは同じ番号で切り替え出来たと思います。
しかし、So-net光コラボを解約すると今まで利用できたひかり電話は廃止となります。

元のNTTフレッツ光に戻るだけだと言っても、再度新規申込工事が必要となるのでこちらも2,000円から18,000円の新規開通工事料金が必要となります。

auユーザー以外それほど安くはならない

速度も不満の声が多いようですが、料金に関してもauユーザー以外は大きく下がるということはないようです。
表で具体的な金額を見てみましょう。

<一戸建てタイプの料金>

NTT東日本フレッツ光
ギガスマートタイプ
(別途プロバイダ料金が必要)
So-net光コラボ
ギガタイプ
キャンペーン適用時4,700円5,100円
キャンペーン終了後5,000円5,500円

<マンションタイプの料金>

NTT東日本フレッツ光
ギガスマートタイプ
(別途プロバイダ料金が必要)
So-net光コラボ
ギガタイプ
キャンペーン適用時3,350~4,350円3,700円
キャンペーン終了後4,300~4,100円4,100円

※NTT東日本フレッツ光のギガスマートタイプを利用する場合は300円/月の機器利用料が必要でその金額も含んでいます。
※NTTフレッツ光の場合はこの金額にプロバイダー金額が加算されます。

上記の金額からみると月額料金はほぼ同じでプロバイダー料金が無くなっている分So-net光コラボがお得となります。

しかし、NTTフレッツ光はフレッツメンバーズクラブというポイントプログラムがあり一戸建てタイプなら最大500円/月、マンションタイプなら300円/月と、ポイント1円換算で月額料金から値引きができますが光コラボレーションへ切り替えするとこのポイントプログラムは利用できなくなります。

auユーザーの方はauセット割適用でこの金額より契約内容によって最大1,200円割引となります。
So-net光コラボを契約しauセット割適用の方が料金的には一番メリットがあるようですね。

しかし、もちろんauユーザー以外にこのセット割は適用できません。
従ってdocomoやSoftBankユーザーはSo-net光コラボにする理由はあまり見受けられません。

So-net光コラボ以外のおすすめの回線

 
So-net光コラボについてご紹介をしてきましたが他のおすすめのインターネット回線をご紹介しましょう。

ソフトバンク光

So-net光と同じ、光コラボからおすすめしたいのが『ソフトバンク光』です。
ソフトバンク光は光コラボレーションの中でも最も多くのキャンペーンを多く行っています。

それを全て適用することによって月額数千円の割引と高額なキャッシュバックが受けられます。
スマホのセット割が効かないdocomo、auユーザーであってもおすすめできる光回線です。

ソフトバンク光の行っているキャンペーン

今ソフトバンク光へ乗り換えの方は『他社違約金全額負担』のキャンペーンを受けられます。
また、初期工事費24,000円にあたる『24,000円分のJCBギフト券or24ヶ月1,000円』『12カ月間月額料金2,000円引きのキャンペーン』さらに最大60,000円のキャッシュバックと盛りだくさんのキャンペーン内容となっています。

もちろんSoftBankのスマホ・ガラケーとのセット割である『おうち割』が適用できますのでSoftBankユーザーの方はますます見逃せません。

今現在、これほどキャンペーンに力を入れている回線は他にありません。
とにかく安く済ませたい!そんな方にはソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンク光への申し込みはこちら

auひかり

次に『auひかり』をご案内します。

auひかりは東海地方や、関西地方以外で提供されているKDDIの光回線です。

auひかりの特色として、NTT回線を使ったフレッツ光、光コラボレーションと比べ比較的回線速度が出やすいことが挙げられます。
これは単純にNTT回線に比べKDDI回線のシェア率が低いからです。

つまり、『利用者の増えるゴールデンタイムにつながりにくい』といった現象が起こり辛いのです。
インターネットの回線速度にこだわるのならKDDI回線であるauひかりがおすすめです。

また、フレッツ光を始め光コラボなどのNTT回線は、軒並みキャンペーンが減少してきています。
それに対し、auひかりなどのKDDI回線はキャンペーンが増加してきています。

これはフレッツ光の飽和している利用者からシェアを奪おうというKDDI側の戦略があるのではないか、と見て取れます。

なんにせよ、多くの光回線と比べauひかりは現在キャンペーンに力を入れているためお得に契約が可能です。

auひかりのキャンペーン

auのスマホ、ガラケーとauひかりをセットにすることにより、携帯回線一つにつき携帯代金から最大2,000円の月額割引が適用できます。
これを『auスマートバリュー』と言います。

また、他回線からの違約金を最大30,000円まで負担してくれる『auひかりスタートサポート』や、37,500円の初期工事費が実質無料になる『初期工事費用/月額費用割引サービス』最大70,000円の高額キャッシュバックキャンペーンを行っています。

速くて安い光回線がいい!と言う方はauひかりを考えてみては?

auひかりへの申し込みはこちら

 

NURO光

関東地方にお住まいだったら第一候補にしたいのが『NURO光』です。
なんといっても魅力的なのが最大2Gbpsの通信速度。
これは国内最高峰の速度です。

また、auひかりと同じようにNTT回線とは違う回線を利用しているため、混雑も少なくまさに『快速』でインターネットサーフィンが可能でしょう。

NURO光もSo-net光と同じでプロバイダーがSo-netですが、上記の理由により速度は雲泥の差と言っても良いでしょう。

また、料金面も安くプロバイダ料込みで月額4,743円、SoftBankスマホとのセット割の『おうち割』ありと隙がありません。

NURO光のキャンペーン

NURO光も豊富にキャンペーンを行っています。

『開通月の月額料金無料』『初期工事費39,900円実質無料』、そして最大80,000円キャッシュバックとお得に契約が可能です。

お得にNURO光を契約したい方は以下のリンクからどうぞ。

NURO光への申し込みはこちら

コミュファ光

東海地方にお住まいのauユーザーの方には『コミュファ光』をおすすめします。
地域密着型の回線サービスとして名を馳せたコミュファ光は

2015年オリコン日本顧客満足度「プロバイダ」(中部・北陸)戸建て部門1位を受賞。

RBB TODAYブロードバンドアワード2015でベストキャリア(東海)を9年連続受賞。

RBB TODAYブロードバンドアワード2015でサポートの部(東海)を8年連続受賞。

価格.comプロバイダ満足度ランキング2016で光ファイバー部門 戸建て プロバイダ満足度(東海)を通算5回受賞。

価格.comプロバイダ満足度ランキング2016で光ファイバー部門 マンション プロバイダ満足度(東海)を通算4回受賞。

RBB TODAY SPEED AWARD 2015 回線事業者(契約プラン)部門(東海)スマートフォン測定の部およびパソコン測定の部で1位を受賞。

参考:コミュファ光公式HP

と、ご覧の通りの数多くの賞を受賞しています。

“コミュファ光”でTwitter検索すると、こちらまで笑みがこぼれてしまいそうな東海地方のみなさんのツイートが沢山出てきます。

シンプルに言ってしまいますと『速くて安い』『サポートが丁寧で顧客からの信頼が厚い』こんな回線です。

コミュファ光のキャンペーン

コミュファ光では初期費用が完全に0円になる『初期工事費0円キャンペーン』、他社からの乗換えで50,000円のキャッシュバックがある『乗りかえキャンペーン』、そして最大30,000円のキャッシュバックキャンペーンなどお得なキャンペーンが目白押しです。

『長トク割』『ギガデビュー割』を使うことで月額料金もかなり値引くことが出来ます。

東海地方にお住まいの方はコミュファ光で決まりですね。

コミュファ光への申し込みはこちら

So-net光コラボについてのまとめ

 
光コラボレーションのSo-net光コラボを中心にご案内をしてきました。
結論としてSo-net光コラボがおすすめできるのは

・auセット割が適用したい方

がメインとなるでしょう。

auひかりが契約できるエリアにお住まいの方はauひかりのほうが料金、速度共に満足度は上でしょう。

速度やサポートの問題もあり他のオススメなインターネット回線も含めてご検討された方がベストと言えます。
是非ご参考になさってください。

月額料金が安い!auひかりおすすめNo.1窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

月額12ヶ月間1,000円割引開催中!
この窓口の人気のヒミツは最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!月額は格安なため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気!新規でもお乗換えでもおトクなauひかり!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る