閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

So-net光プラスのメリット・デメリットまとめ!契約がオススメなのはこんな人!

光コラボ So-net

So-net光プラスの契約を検討しているけど自身が契約にオススメなのか、メリットやデメリットがわからず困っている、という方もいるのではないでしょうか。

So-net光プラスを選ぶべきなのは、以下の4つに当てはまっている人です。

  • フレッツ光から転用したい人
  • 月額料金を安くしたい人
  • auスマホを利用している人
  • v6プラスを利用したい人

So-net光プラスのメリット・デメリットは以下のとおりです。

<So-net光プラスのメリット>

  • フレッツ光から工事無しで転用できる
  • 割引キャンぺーンで月額料金が安くなる
  • オプション無料キャンペーンを実施している
  • セキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料
  • v6プラスの利用で混雑を回避して通信できる

<So-net光プラスのデメリット>

  • 4年目以降は割引がなくなる
  • So-net光プラスは速度が遅いという口コミもある
  • サポートの対応に不満を持っているという声もある
  • 光電話を移行する手間がかかる

上記を踏まえたうえで、So-net光プラスを契約したい人は、公式サイトから申し込みをすることで最大2,000円/月の割引キャンペーンが適用でき実質費用を安く光回線が利用できますよ。

ちなみに、So-net光プラスは、以前から展開されていた光コラボ「So-net光」の名称が変わったものです。

光コラボとは、フレッツ光の光回線とインターネット接続に契約が必要なインターネットプロバイダの契約が1つにまとまったサービスのことです。

So-net光プラス以外にSo-net光(auひかり)という選択肢もありますが、So-net光(auひかり)はauが展開する光回線を使ったサービス、So-net光プラスはフレッツ光の回線が使われています。

それぞれ提供エリアも異なるので、ご注意ください。

この記事では、So-net光プラスのメリットやデメリットについて解説します。

最後まで読めば、自分にとってSo-net光プラスがオススメになるかどうか判断できるので、参考にしてくださいね。

So-net光プラスの契約がオススメな人は?

So-net光プラスは、以下の4つに当てはまる人にオススメな光回線サービスです。

  • フレッツ光から転用したい人
  • 月額料金を安くしたい人
  • auスマホを利用している人
  • v6プラスを利用したい人

次項より、それぞれを解説するので、当てはまっていると感じたら引き続き記事を読み進めてみてくださいね。

So-net光プラスを契約するメリット5つ

So-net光プラスには、契約するメリットがたくさんあります。

それぞれチェックして、自分にSo-net光プラスが合っているかどうか判断してみてください。

So-net光プラスはフレッツ光から簡単に転用できる

So-net光プラスの大きなメリットは、現在フレッツ光を契約している人は工事無しですぐに乗り換えられることです。

工事なしで乗り換えられる理由は、So-net光プラスがインターネット接続にフレッツ光回線が用いられている「光コラボ」と呼ばれるサービスであるためです。

ちなみに、フレッツ光から光コラボへ乗り換えるシステムは「転用」と呼ばれています。

フレッツ光から光コラボへ転用する際は、回線工事が不要なので、今自宅にある光回線設備はすべてそのままで乗り換えが可能となっていますよ。

ただし、転用する場合は転用承諾番号が必要となるので、転用の際は事前に以下の窓口から事前に発行しておいてください。

東日本
エリア
西日本
エリア
Web
Webから
受付時間 8:30~22:00
※年末年始のみ休み
Webから
受付時間 7:00~25:00
※年末年始のみ休み
電話での問い合わせ
0120-140-202
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み
0120-553-104
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み

転用承諾番号の取得方法は、こちらで詳しく紹介しています。

割引キャンぺーンを利用することで月額料金が安くなる

So-net光プラスでは、割引キャンペーンを利用すれば、月額料金を抑えられます。

まずは、So-net光プラスとフレッツ光の月額料金を比較してみましょう。

戸建て
割引金額
マンション
割引金額
新規契約
1~36ヶ月:月額2,000円割引
37~60ヶ月:月額400円割引
1~36ヶ月:月額2,000円割引
37~60ヶ月:月額500円割引
転用
1~36ヶ月:月額1,600円割引 1~36ヶ月:月額1,500円割引
コース変更
1~36ヶ月:月額780円割引 1~36ヶ月:月額580円割引

※2019年6月の調査結果です。
※新規契約:フレッツ光以外の回線から乗り換えた場合の割引金額を記載しています。
※転用:フレッツ光でプロバイダをSo-net以外を契約した方の割引金額を記載しています。
※コース変更:フレッツ光でプロバイダをSo-netにしていた方の割引金額を記載しています。

新規契約を申し込む場合は、最大2,000円/月の割引キャンペーンを利用できるので、フレッツ光より安い料金でインターネット利用できますよ。

<割引キャンペーン適用後月額料金>
戸建て
月額料金
マンション
月額料金
So-net光プラス
3,980円 2,980円
フレッツ光東日本
4,900円 3,450円
フレッツ光西日本
4,800円 3,750円

※税抜金額を表示しています。
So-net光プラスは、新規契約でネット月額料金割引キャンペーンを利用した場合の金額です。
※フレッツ光東日本は、にねん割、マンスリーポイントキャンペーンを利用、最低プロバイダ料金500円を含めた金額です。
※フレッツ光西日本は、光はじめ割を利用、最低プロバイダ料金500円を含めた金額です。

インターネット料金を低価格に抑えたい人には、So-net光プラスがオススメです。

auスマートバリューを利用でさらにスマホ料金も安くなる

So-net光プラスではauスマートフォンとのセット割引「auスマートバリュー」を利用できるため、申し込めばあわせてスマートフォン料金を下げられます。

auスマートバリューは最大2年間、最大2,000円スマホ料金が割引される割引サービスです。

月額500円(税抜)から使えるSo-net光電話を申し込むのが適用条件となっているので、利用する際は光電話も忘れずに申し込んでくださいね。

割引額はauで契約しているプランごとに異なるしくみで、以下にまとめたとおりです。

auスマートバリュー
引用:So-net光プラス公式サイト

例:4人家族で全員データ定額30プランを契約し、スマホ代が月総額35,000円かかかっていた場合

35,000円ー(2,000円【割引金額】×4台【スマホ台数】)=27,000円【割引後スマホ代総額】

オプション無料キャンペーンを実施している

So-net光プラスでは、新規契約者向けにオプション無料キャンペーンが展開されています。

  • So-net安心サポート
  • So-netくらしのお守りワイド

以上二つのオプションサービスが、So-net光プラスの新規申込時に合わせて申し込むことで、最大12ヶ月間無料になりますよ。

それぞれのサービス内容は以下のとおりです。

So-net安心サポート
インターネットやパソコンに関する疑問を、電話窓口やオペレーターによる遠隔操作で解決してくれるサービスです。
相談料金は月額料金300円(税抜)に加えて1回1,200円(税抜)ですが、毎月1回目の相談は無料対応してくれます。
So-netくらしのお守りワイド
月額450円(税抜)のサービスで、インターネット接続機器の水濡れ・破損保険や、水回り・窓ガラス・鍵のトラブル対応などをしてもらえます。

キャンペーンを適用するにはどちらもSo-net光の新規契約時に同時に申し込みをする必要があるので、So-net光プラスの申込み前に、契約するかどうかしっかり検討しておいてください。

セキュリティソフト「カスペルスキー」が永年無料

So-net光プラスでは、通常オプション料金として毎月500円(税抜)の料金がかかるセキュリティソフト・カスペルスキーが永年無料になります。

パソコンを使っていると、ウイルスなどで情報が流出したり、機器が正常に動作しなくなったりしてしまう恐れがありますが、カスペルスキーを契約していれば無料で対策できて安心ですよ。

So-net光プラスはv6プラスの利用で混雑を回避して通信できる

So-net光プラスでは、v6プラスのオプションを利用できます。

v6プラスとは、従来の通信方式であるIPv4、新しい通信方式であるIPv6のふたつの通信方式を利用できるオプションサービスです。

従来のインターネット接続に使われてきたIPv4は利用者が多いため混雑しやすく、速度が低下しがちです。

しかし、そこに新しい通信方式であるIPv6も使えるようになれば、混雑しがちな回線を避けて通信ができ、速度が向上する可能性があるのです。

「それではIPv6のみの利用でいいのでは?」と思うかもしれませんが、2019年6月現在ではIPv6に対応していないページもあります。

そんなときは、IPv4を使ってページを開きます。

つまり、夜間など速度が遅くなりがちな夜などでもIPv6を用いてインターネットを高速で使え、Ipv4によりIPv6に対応していないページも見ることができるということです。

So-net光プラスでは、v6プラスの月額料金や初期費用が無料なので追加出費なしで契約できますよ。

利用までの手順は以下のとおりです。

  1. So-netのマイページから、v6プラスを申し込む
  2. Wi-Fiルーターなど、v6プラス対応機器を接続する
    ※持っていない場合は、月額400円でレンタルも可能
  3. 申込みから1~2日程度で申込み完了メールが届き、自動的に利用を開始できる

実際にv6プラスを利用している人の速度評判を見てみましょう。

上記口コミでは、スマートフォン回線やポケットWi-Fiに比べて高速で利用できているとして、満足の声が上がっています。

2つ目の口コミでは、なんと上下500Mbps以上の高速が出ていました。

以上のとおり、ユーザーからもv6プラスは好評です。

ちなみにSo-net光プラスでは、2019年6月現在v6プラス対応ルーター最大12ヶ月無料のキャンペーンも実施していますので、ルーターをお持ちではない方はぜひ活用してくださいね。

So-net光プラスを契約するデメリット4つ

So-net光プラスには、デメリットもあります。

メリットとあわせて確認して、自分にSo-net光プラスが合っているか検討してみましょう。

4年目以降は割引がなくなる

So-net光プラスは3年目まで月額割引を利用できますが、4年目(37ヶ月目~)からは割引がなくなります。

そのため、4年目以降の月額料金は以下のとおりとなることを理解しておきましょう。

  • 戸建て:5,580円
  • マンション:4,480円

割引がなくなる結果、4年目からの月額料金が高く感じられるのは注意点と言えるでしょう。

ちなみに、割引に含まれている工事費の分割代金相当額はマンションで4年間、戸建住宅で5年間の割引が適用されるので、4年目以降は請求されませんのでご安心ください。

So-net光プラスは速度が遅いという口コミもある

So-net光プラスの通信速度は、遅いという口コミもあります。

So-net光プラスで用いられているフレッツ光回線は、光コラボやフレッツ光の利用者がともに使っているため、auひかりやNURO光などNTT以外の回線と比べて混雑して速度が遅くなりやすいです。

フレッツ光回線のシェア率
引用:ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2018年3月末時点)

v6プラスを使っていない場合は速度が遅くなる可能性が大きくなりますので、ご注意ください。

実際に口コミも見てみましょう。

1つ目の口コミでは、なんと下り速度が1Mbps台にまで下がってしまっています。

不満が募っていることが、文面からよくわかりますね。

2つ目の口コミでも下り速度が1Mbpsを切ってしまっていて、不満の声が上がっています。

契約して速度が遅かった場合は、So-netでv6プラスルーターをレンタルしたり、自分で対応ルーターを用意したりして、v6プラスを利用することをオススメします。

v6プラスはSo-netのマイページから申し込みできますよ。

また、So-net光プラスの速度が遅い原因と対処法について説明している記事もありますのでチェックしてみてくださいね。

サポートの対応に不満を持っているという声もある

So-net光プラスに限ったことではありませんが、サポートについての口コミを調査した結果、サポートセンターへ電話が繋がらない、対応が遅いなどの不満の声もありました。

上記口コミでは、サポートへの問い合わせを求められたから電話したのに、1時間以上繋がらないと言われています。

2つ目の口コミでは、サポートがたらい回しにされていることがわかります。

サポートセンターへ問い合わせる際は、待ち時間が長い可能性があるので時間に余裕を持って問い合わせたり、事前にできるだけ自分でわからないことを調べたりして対応してくださいね。

解約時に光電話を移行する手間がかかる

こちらもSo-net光プラスに限ったことではありませんが、他社回線に乗り換える際に同じ電話番号を今後も使いたいなら、先にNTT(116)に電話してアナログ電話へ切り替える工事をする必要があります。

アナログ戻しをする場合は、2,000円~11,000円程度の工事費が発生するためご注意ください。

派遣工事、無派遣工事など工事内容によって料金が変わりますので、アナログ戻しの申し込み時に聞いてみることをオススメします。

また、NTTで発番された番号ではない(フレッツ光や、So-net光の光電話契約時に発行された番号)場合は、So-net光プラスを解約すると番号が廃止されますよ。

NTT加入権のある電話番号を引き継ぎたい場合は、必ずアナログ戻しを行ってくださいね。

アナログ戻しをする際の問い合わせ先は以下のとおりです。

<アナログ戻しをする場合の問い合わせ先>

  • 電話番号:局番なしの116
  • 携帯電話から(東日本):0120-116000
  • 携帯電話から(西日本):0800-2000116

So-net光プラスは公式サイトからの申し込みがオススメ!

So-net光プラスの申込窓口には、公式サイトや代理店などさまざまありますが、迷った場合は公式サイトでの申し込みがオススメです。

公式サイトから申し込むと有料オプションなどに加入する必要もなく、最大2,000円の月額料金割引キャンペーンが利用できます。

さらに、割引キャンペーンを適用するのに別途申し込みをする必要もありません。

とにかく簡単にSo-net光プラスを安く利用したい方はぜひ、公式サイトから申し込みをしてくださいね。



とはいえ、「一括でキャッシュバックを貰いたい」「一番安くなる窓口で契約したい」という人もいるのではないでしょうか。

以下では、代理店ごとのキャッシュバックはもちろん、3年間あたりの実質費用も紹介します。

実質費用の計算には、月額料金5,980円×36ヶ月からキャッシュバック、さらに工事費割引も差し引いて計算をしています。
※公式サイトの実質費用はキャッシュバックではなく割引キャンペーンの割引金額を差し引いています。

<新規(戸建て)の実質費用比較>
割引
or
キャッシュバック
受取時期
実質費用
(3年間)
So-net光プラス公式
1~36ヶ月:月額2,000円割引
37~60ヶ月:月額400円割引
開通月の翌月から適用
※開通月は月額料金無料
143,280円
BIGUP
(特典B)
最大50,000円 支払い情報登録後
翌々月末
150,880円
ネットモバイル
(コース2)
最大45,000円 最短開通後
翌月末
155,880円
ライフサポート
最大52,000円 開通半年後 148,880円
GrandNetwork
最大60,000円 開通月含む
12ヵ月後
140,880円
ネットナビ
最大10,000円 開通月含む
12ヵ月後
190,880円

※税抜
※2019年7月調査結果
公式は割引、代理店はキャッシュバックの受取時期を記載しています。
※代理店の実質費用は工事費割引(月額400円×36ヶ月)を差し引いた金額です。
※公式の工事費割引は月額料金割引キャンペーンに含まれています。

新規の場合、もっとも実質費用が安くなるのは代理店GrandNetworkですが、キャッシュバックを満額受け取るためには以下のような注意点があります。

<代理店GrandNetworkのキャッシュバック適用条件>

  • キャシュバックの振込が2回に分けられている
  • 6か月目15日以降と10ヶ月目に手続きが必要
  • アンケートの回答が必要
  • 有料オプションの加入が必要

有料オプションの契約やアンケートの回答が必要で、この手続きを忘れるとキャッシュバックを受け取れませんので注意しましょう。

オプション契約やアンケート回答などの条件がクリアできる方は、ぜひGrandNetworkから申し込みをしてくださいね。

なお、転用の場合やマンションの場合は割引金額やキャッシュバック金額が変わりますので、サイトを見たり問い合わせてから申し込みをしましょう。

オプション不要でキャッシュバックをもらいたい人にオススメの代理店

オプションが不要でもキャッシュバックが貰えるSo-net光プラスの代理店は以下です。

ランキング形式で紹介しますので参考にしてくださいね。

<オプション不要でキャッシュバックがもらえるオススメ代理店ランキング>

  1. BIGUP:15,000円キャッシュバック
  2. ネットモバイル:5,000円キャッシュバック
  3. ライフサポート:47,000円キャッシュバック

ライフサポートは、オプション不要でももらえるキャッシュバック金額が47,000円ともっとも大きいですが、サイト内に受取時期が明記されていなかったため3位としました。

とはいえ、オプション不要で最も高額なキャッシュバックが貰える代理店はライフサポートです。

オプション不要で高額キャッシュバックを貰いたい人は、ライフサポートも視野に入れてみるといいですよ。

こちらのSo-net光プラスのキャッシュバックオススメ窓口紹介記事ではさらに細かくSo-net光プラスのキャッシュバックについて説明していますので参考にしてくださいね。

So-net光プラスの申し込み手順

So-net光プラスは、新規契約とフレッツ光からの転用で、申し込みの流れが少し異なります。

自分の申込み方法に合った項目を、チェックしておきましょう。

So-net光プラスを新規で申し込む場合の手順

新規契約を公式で申し込みする場合は、電話かWebでの手続きになります。

電話の場合は、受付時間内に以下の窓口へ連絡しましょう。

<So-net光プラスの問い合わせ窓口>

電話番号:0120-982-469
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

インターネット経由で申し込む場合は、24時間対応で以下の窓口から手続きができますよ。

So-net光プラスをWebで申し込む
※24時間対応

インターネット窓口なら、仕事などが終わってからでも気軽に申し込めますね。

またSo-net光プラスの申し込みを考えている場合は、ネットライフアドバイザーに、自宅で訪問してもらうことも可能となっています。

無料で相談可能、So-net光プラスやauひかりなどのSo-net系光回線サービスからベストな選択肢を聞けるので、どれを選ぶか迷っている方は必要に応じて利用してみてはどうでしょうか。

ネットライフアドバイザーの詳細はこちら

フレッツ光から転用する場合は転用承諾番号の取得が必須!

フレッツ光からSo-net光プラスへ転用する場合は、転用承諾番号を取得する必要があります。

<転用承諾番号の申し込み方法>
東日本
エリア
西日本
エリア
Web
Webから
受付時間 8:30~22:00
※年末年始のみ休み
Webから
受付時間 7:00~25:00
※年末年始のみ休み
0120-140-202
受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み
0120-553-104

受付時間 9:00~17:00
※年末年始のみ休み

また、転用承諾番号の取得には以下の5点が必要です。

  • フレッツ光のお客さまID、回線IDまたはひかり電話番号
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光の利用住所
  • 転用承諾番号通知先メールアドレス
  • フレッツ光利用料金の支払い方法および関連情報

Webか電話で転用承諾番号を取得したら、So-net光に申し込みを行いましょう。

申込時に転用での契約を選択・転用承諾番号を入力すれば、工事不要でSo-net光プラスへ乗り換えられますよ。

なお、So-net光プラスの申込方法について詳しく説明している記事も用意していますので、あわせてご覧ください。

So-net光プラスの解約方法

So-net光プラスの利用をやめるにあたっては、退会と解約の2つの方法が存在しそれぞれ内容が異なります。

  • 退会:回線・プロバイダのどちらも解約する
  • 解約:プロバイダSo-netのみ残す

「解約」だとプロバイダ契約が残ってしまうので、ご注意ください。

So-netの契約を一切残さず「退会」する場合は、Webからなら以下で手続きを進められますよ。

WebからSo-net光プラスを解約する

電話窓口を利用してSo-netの契約をすべて退会する場合は、以下の窓口に連絡しましょう。

<So-net光プラスの解約窓口>

電話窓口:0120-80-7761
受付時間:9:00~18:00

退会の手続きが終わったら、指示にしたがって撤去工事・レンタル機器の返却を行いましょう。

撤去工事費用はかかりませんが、次項で説明する解約金が発生するので、ご注意ください。

こちらの記事でSo-net光プラスの解約方法について解説しているので、あわせて参考にしてくださいね。

なお、So-net光プラスの契約のみ終了・他のSo-netがプロバイダになっているサービスを利用する場合は、以下より希望の新回線を選択・コース変更可能です。

So-net光プラスの「解約」手続きを行う

So-net光プラスの解約金はいくらかかる?

So-net光プラスの解約時にかかる費用は、以下の3つです。

  • 契約解除料:20,000円
  • 初期工事費用の残債
  • 解約月の月額料金

契約解除料は37ヶ月目・38ヶ月目、73・74ヶ月目といった、契約満了翌月の「更新月」だと発生しません。

更新月以外に解約すると、20,000円の解約金が発生するのでご注意ください。

工事費用は24,000円(税抜)で、毎月自動で割引されますが、分割払いの完済前のタイミングで解約すると、残債を割引無しで請求されます。

割引期間・料金は以下のとおりです。

  • 戸建て:400円(税抜)×60カ月
  • マンション:500円(税抜)×48カ月

期間内に解約すると工事費用の未払い金額を支払わなければいけなくなるので、気をつけましょう。

以下の表に10ヶ月で解約した場合に発生する費用をまとめました。

戸建て
マンション
工事費総額
24,000円
契約期間に支払った工事費
(例:10ヶ月)
400円×10カ月=4,000円 500円×10カ月=5,000円
未払い分の工事費
20,000円 19,000円

※税抜金額を表示しています。

また、解約月の月額料金は日割りとならず、一か月分の月額料金を支払いする必要があることは覚えておきましょう。

キャッシュバックを実施している回線に乗り換えで解約金を0円にできる!

キャッシュバックキャンぺーンを実施している他社回線に乗り換えることで解約時に発生する違約金を0円にできます。

持っているスマホキャリアのセット割が利用できる回線を選び、キャッシュバックがお得になる公式・代理店窓口を見つけるのがオススメですよ。

<主なセット割対応光回線>

  • auユーザー:auひかり、コミュファ光、eo光など
  • SoftBankユーザー:ソフトバンク光、NURO光
  • docomoユーザー:ドコモ光

光回線のキャッシュバック比較について解説している記事も用意していますので参考にしてくださいね。

まとめ

So-net光プラスは、フレッツ光回線を用いている光コラボで、月額料金をキャンペーンにより割安にできます。

フレッツ光ユーザーなら、転用手続きをすることで、工事不要で乗り換えることもできますよ。

So-net光プラスでは、auスマートバリューでスマートフォン料金を割引にできたり、v6プラスで高速通信できる可能性が上がったりと、メリットが満載です。

ただし、サポートセンターやv6プラスを利用しない場合の速度などは不満の声もありましたのでご注意ください。

サポートセンターが繋がらないとの声はSo-net光プラスに限らず、どの回線でも見受けられますし、反対にいい対応をしてもらったとの声もありますので特段気にする必要はありません。

速度が遅いとの不満はv6プラスに変更すれば、改善される可能性もありますよ。
So-net光プラスが本当に自分に合った回線か見極めてから契約してくださいね。

Sonet光プラスおすすめ申込窓口

おすすめ窓口株式会社ネットモバイル

最大127,000円還元!
最大127,000円還元!さらにauユーザーであればスマートバリューで月々の携帯代が割引に!auユーザーの方でauひかりが届かないエリアならSo-net光プラスがおすすめです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る