閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

インターネットの速度が遅い!4つの解決方法で簡単快速通信

インターネットの速度が遅くてイライラしてしまっていませんか?
今回は、そんなみなさんのお悩みをズバッと解決!
今すぐ簡単に試せる対処法を4つピックアップしてみました。

これからご紹介するステップを順番にチェックしていくだけで、あなたのネット環境もサクサク快適になること間違いなしですよ♪
ネットの重さが気になるときには、ぜひ参考にしてくださいね。

速度改善STEP1. まずは回線のスピードチェック!

インターネットの速度が遅い原因ナンバーワンは、そもそもネット回線の速度が遅いこと。
まずは実際に今どれくらいの速度が出ているのか、次の測定サイトで確認してみましょう。

【ラピッドネット(スピードテストサイト)】
http://www.rapidnet.jp/

【確認方法】

  • ブラウザで上記のサイトにアクセスします。
  • ページの真ん中にある「測定開始」ボタンをクリックします。
  • しばらく待つと、自動的に結果が表示されます。

3Mbps以上出ていればOK

ここで見るべきなのは、「DOWNLOAD SPEED(下り回線速度)」が3Mbps以上出ているかどうか。

スピードテスト
参考:ラピッドネット

これは午後8時に私がチェックしてみたときの結果ですが、このときは12.6Mbpsだったので、3Mbpsは余裕でクリア。
体感速度としても特に遅いと感じることはなく、「快適にネットサーフィンできる~♪」という感じです。

ここで「たったの3Mbpsで良いの?」とビックリした人もいるかもしれませんが、一般的なWebサイトや動画を見るくらいなら2Mbpsもあれば実は十分。
そこにちょっと余裕を持たせて、今回は3Mbpsを目安としています。

速度改善STEP2. 契約しているプランの速度は?

先ほどの測定で3Mbps以下だった…というみなさんは、回線の契約プランを見直しましょう。(3Mbps以上だったけど速度に不満アリ、なみなさんはSTEP3に進んでください)

そもそも自分が今どんなプランに契約しているかインターネットの請求書を発行していなくて、忘れてしまった人もいると思います。
利用している回線業者に問い合わせれば教えてもらえますので、契約中のプランの速度を確認してみてください。

公表されている速度 ≠ 実際の速度

確認して「えっ!ちゃんと100Mbpsのプランに契約してるのに3Mbps以下だなんて…」とショックを受けてしまうこともあるかもしれませんが、回線側が「最大○○bps!」と宣伝しているのは、どの回線の場合もあくまで「努力目標」です。

最近の光回線では「最大1Gbps」が主流になっていますが、実際には10~20Mbps出ていれば良いほうですし、速度的にもそれくらいあればストレスなく使えます。

逆に言えば、実際の速度は公表されている速度よりも絶対に遅くなります。
もし現在契約しているのが10Mbpsや100Mbpsのプランなら、もう一段階速いプランに変更してみましょう。

速度改善STEP3. PCのスペックと周辺機器の規格をチェック

いよいよここからが回線以外の部分で試せる解決方法です。
次の機器のスペック・規格がインターネットを遅くしている原因になっていないか、それぞれチェックしていきます。

<チェックする機器>

  • パソコン
  • LANポート
  • 無線LANルーター
  • LANケーブル

パソコン

パソコンには、全部で3つのチェックポイントがあります。
順番に見ていきましょう。

1. メモリ不足になっていないか
パソコンのメモリが不足していると、パソコン全体の動作が遅くなってしまいます。
そういえばネットに限らず重いかも…という人は、次の対処法を試してみてください。

  • パソコンを再起動する
  • メモリを増設する
  • 新しいパソコンを購入する

パソコンが古くなり劣化してきた場合、買い換えた方が手っ取り早いことも多々あります。
パソコンの寿命は5~6年といいますし、あまりに動作が遅いのならもう限界を迎えているのかも・・・

2. OSが最新になっているか
パソコンのOSが古いと、回線本来の速度が出ないこともあります。
最新のバージョンにアップデートしてみましょう。

3. ブラウザが最新になっているか
インターネットの接続には欠かせないブラウザですが、こちらも最新バージョンにしておく必要があります。
ブラウザのキャッシュや履歴が溜まることで動きが鈍くなることもあるので、1度すべて削除してみるのもおすすめです。

LANポート

LANポートとは、パソコンとルーターをつなぐときにLANケーブルを差す口のこと。
この差し込み口にはいくつかの規格があって、種類ごとに通信できる最大速度が変わってきます。

<LANポートの規格ごとの対応速度表>

規格通信速度(最大)
10BASE-T10Mbps
100BASE-T100Mbps
1000BASE-T1Gbps

たとえば契約している回線の速度が1Gbpsでも、LANポートの規格が「10BASE-T」なら実際の速度は10Mbpsまでしか出ないんですね。
回線が1Gbpsの場合は、LANポートも同じく1Gbpsまで対応できる「1000BASE-T」であるのが理想です。

自分のパソコンのLANポートがどの規格になっているかは、パソコンのメーカーサイトから確認できます。
メーカーサイトに記載がない・パソコンの型番が分からない場合は次の手順でもチェックできますので、参考にしてください。

LANポート規格の確認方法(Windows10の場合)

  1. エクスプローラー(何でも良いので適当なフォルダ)を開きます。
  2. 左のリストから「PC」を右クリック → 「管理」を選択します。
  3. 開いたダイアログの左のリストから「デバイスマネージャー」を選択します。
  4. 画面中央のリストから「ネットワークアダプター」を展開(左の「>」をクリック)します。
  5. 一覧に「Gigabit Ethernet」があれば1000BASE-T、「Fast Ethernet」があれば100BASE-T、「Ethernet」だけなら10BASE-Tです。

調べた結果、10Mbpsや100Mbpsにしか対応していないパソコンだった場合は、『新しいパソコンを購入する』か『1Gbpsに対応したLANアダプターを購入し取り付けるか』2パターンの対処法があります。
LANアダプター商品ページ(BUFFALO)

ちなみに、無線でネットに接続しているケースについては次のルーターの項目でご紹介します。

無線LANルーター

普段Wi-Fiでネットに接続している人は、自宅に無線LANルーターがあるはずです。
このルーターにも規格がありますので、まとめて解説していきます。

<無線LANルーターの規格ごとの対応速度表>

規格通信速度(最大)
IEEE802.11b11Mbps
IEEE802.11g54Mbps
IEEE802.11a54Mbps
IEEE802.11n600Mbps
IEEE802.11ad6.8Gbps
IEEE802.11ac6.9Gbps

結構種類が多いですね!
たとえば最大1Gbpsの回線を契約しているなら、最低でも「IEEE802.11n」(600Mbps)以上では接続したいところ。

自宅の無線LANルーターがどの規格に対応しているかは、ルーター本体に貼ってあるシールや取扱説明書で確認できます。
パソコン側がどの無線規格に対応しているかも、次の手順でチェックできますので試してみてください。

<無線LAN規格の確認方法(Windows10の場合)>

  1. エクスプローラー(何でも良いので適当なフォルダ)を開きます。
  2. 左のリストから「PC」を右クリック → 「管理」を選択します。
  3. 開いたダイアログの左のリストから「デバイスマネージャー」を選択します。
  4. 画面中央のリストから「ネットワークアダプター」を展開(左の「>」をクリック)します。
  5.     

  6. 一覧から「Intel(R)」などから始まるアダプター(パソコンによって違います)をダブルクリックし、開くダイアログの「詳細設定」タブを選択します。
  7. プロパティの一覧にある「802.11x」が、対応している規格です。

【ルーターの再起動も試してみよう】

パソコンだけでなく、ルーターやモデムなどの周辺機器も、再起動することで速度が改善することがあります。
ルーター・モデムは、一旦電源ケーブルを抜き、しばらく待ってからまた差し込むことで再起動できますよ。

LANケーブル

周辺機器をつなぐLANケーブルにも、規格があります。

<LANケーブルの規格(カテゴリ)対応速度表>

規格通信速度(最大)
CAT5100Mbps
CAT5e1Gbps
CAT61Gbps
CAT710Gbps

回線速度が1Gbpsなら、同じく1Gbpsに対応している「CAT5e」以上を使用するのがおすすめです。
CAT5eのモデルより新しい規格のCAT6を購入して使用するのが安心かもしれませんね。

モデムとルーター、ルーターとパソコン(有線接続の場合)の間のLANケーブルを、すべて確認してみましょう。
どこか一つでも古いカテゴリのケーブルを使っていた場合、そこからの先の通信は遅くなっていますので注意!

LANケーブルの規格は、ケーブル本体に小さく印字されています。
よーく見てみてください。

速度改善STEP4. ここまで試しても改善しなかったら

ここまでご紹介してきた解決方法を全て試してもやっぱりまだ遅い…そんなときには最終手段!
回線自体を乗り換えちゃいましょう。

今光回線ならNTTのフレッツ光かその他の光コラボを利用している人が多いと思いますが、実は光コラボもフレッツ光の回線を使用したサービスなので、実質どちらも速度は同じ。
乗り換え先には、「auひかり」「NURO光」を選ぶのが賢い選択です。

なぜ「auひかり」or「NURO光」?

「auひかりやNURO光も光コラボの一種でしょ?」と思われがちなのですが、この2つは「NTTが設置しているものの現在は使用していない回線」を利用してサービスを提供しています。

つまり、フレッツ光とはまったく別の回線でインターネットに接続する仕組みになっているんですね。
光コラボはフレッツ光と同じ回線を使用しているので、ココが1番の違いです。

そのため、auひかりNURO光も、フレッツ光(+光コラボ)に比べればユーザー数が格段に少ない!
その分回線の混雑もない=ネットがサクサク使えるというわけなんです。

NURO光は最大80,000円キャッシュバック中

NURO光は、なんと最大2Gbpsもの超高速インターネットが月額4,743円(税抜)で使えるという、速度にお悩みの方にはうってつけの乗り換え先。
しかも今なら最大80,0000円のキャッシュバックキャンペーンが開催されています。

ただ、NURO光は提供エリアが関東のみなので、自分の住んでいるエリアで使えるかどうかはこちらのページから確認してみましょう。

NURO光への申し込みはこちら

auひかり光も乗り換えで最大70,000円キャッシュバック!

auひかりは最大1Gbpsのインターネットが月額2,550円(税抜)から。
また、auひかりでも今なら最大70,000円のキャッシュバックを受けることができます。
キャッシュバックは下記のサイト限定なので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

auひかりへの申し込みはこちら

インターネットの速度が遅いとき【まとめ】

インターネットの速度改善に役立つ、4つのステップをご紹介しました。
まずは今の回線速度を実際に測ってみて、契約プランの見直しを。
周辺機器の規格もチェックして、どうしても遅さが解消されないときには回線自体を乗り換えましょう。

乗り換え先には、フレッツ光回線とは別回線でサクサクつながるauひかり・NURO光がおすすめです。

特にNURO光は最大2Gbpsの光回線で、一味違う速さを味わえます。

それぞれお得なキャッシュバックキャンペーンも開催されていますので、ぜひこの機会に検討してみてくださいね!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る