閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

インターネットの速度測定サイト7つを比較!信頼できるサイトと改善方法

インターネットの速度が遅い!4つの解決方法で簡単快速通信

インターネットの通信速度が遅いと感じた時は、スピードテストができる速度測定サイトの利用がおすすめです。

しかし、速度測定ができるサイトは数多くあり、どれを選べばいいのかわからず困ってしまいますよね。

この記事では、インターネットの速度計測に使われる用語の解説や、インターネット速度測定サイトの信頼性の調査結果、そして速度が遅い時の対処法を解説します。

速度の低下に悩まされている方、もっと速くしたい方は、参考にしてくださいね。

PING・Mbps・Gbpsとは?通信速度の単位をわかりやすく解説!

インターネットの速度測定サイトを利用して計測をすると、以下の3つの項目が出ます。

下り速度
ページやファイルのダウンロード速度
上り速度
ファイルのアップロード速度
PING値
ページから応答があるまでの速度

下り速度・上り速度はMbpsあるいはGbpsという回線速度の単位付きで表示されますが、1Gbps=1000Mbpsです。

Mbpsは1秒間に1MB、Gbpsは1秒間に1GBを送信できるので、数値は大きければ大きいほど有利、同じ数値でもGbpsならMbpsの方が高速です。

PINGはインターネットページから応答があるまでの速度とで、数値が小さい(1桁台など)ほど高速通信を表します。

特にオンラインゲームは、操作がすぐにゲームに反映されるためにPING数値が重要となっています。

  • MbpsやGbpsは数値が大きいほど有利、Mbps<Gbps
  • PINGは数値が小さいほど有利

以上2つの重要点を覚えておきましょう。

快適なインターネットの通信速度の目安・平均は「10~60Mbps」

インターネットの通信速度が速く、快適と言える平均の速度は、10~60Mbpsです。

60Mbs以上だと速いですが、10Mbpsを下回っている場合は快適とは言えないため、速度を改善させる必要があります。

インターネット回線の「ベストエフォート値」とは

インターネット回線の最大速度は1Gbpsや2Gbpsが謳われていますが、サービスは「ベストエフォート」なので、必ず謳っている通りの速度が出るとは限りません。

ベストエフォートとは「謳っている速度が出るように努力する」といった意味合いで、言い換えれば必ずしも使用どおりの結果が出るわけではないことを表しています。

速度測定サイト7つを比較して調査!正確・信頼性が高いサイトは?

PCでは、速度測定サイトを利用すれば、インターネット速度がわかります。

ただし、サイトごとに表示される結果は大きく異なるので、注意しなければいけません。

以下の表には、2018/10/10 23時台にauひかり ホーム1ギガ、プロバイダはau one netと条件を統一して通信速度を測定した結果をまとめました。

上り速度
下り速度
PING値
FAST
51Mbps
BNR
14.33Mbps
2.44Mbps
速度.jp
86.60Mbps
117.09Mbps
471ms
Google
63.1Mbps
142Mbps
SPEEDTEST
148.19Mbps
64Mbps
20ms
ブロードバンド
65.38Mbps
84.63Mbps
285ms
au
123.60Mbps
138.61Mbps
合計平均値
97.78Mbps
85.68Mbps
258.6ms

上記のように各測定サイトごとに速度測定結果にばらつきがあります。

7つの測定サイトの合計平均値を踏まえて考えると、一番信頼性が高いのは、最も平均に近く、通信速度だけでなくPING値も測れるサイト・ブロードバンドですね。

ブロードバンド 通信速度

ブロードバンドにおける通信速度測定方法はかんたんで、サイトを開いてボタンを押すだけです。

面倒な項目の設定などは一切必要ないので、サイトを開いて試してみてください。

【スマホ用】速度測定アプリ6つを比較して調査!正確・信頼性が高いアプリは?

スマートフォンでは、主にアプリを利用することで速度測定を行えます。

2018/10/11 18時台にauひかり ホーム1ギガ プロバイダはau one netと条件を統一して通信速度を測定した結果を、表にまとめました。

上り速度
下り速度
PING値
SPEEDCHECK
15.99Mbps
30.83Mbps
15.99ms
MFR SPEED TEST
12.27Mbps
68.91Mbps
SPEEDCHECKER
7.16Mbps
53.68Mbps
22ms
SPEEDTEST
43.1Mbps
67.3Mbps
16ms
RBB SPEED TEST
52.29Mbps
86.32Mbps
21ms
みんなのネット回線速度
48.81Mbps
64.09Mbps
27.49ms
合計平均値
29.63Mbps
61.86Mbps
20.5ms

PCと同じく各測定サイトごとに速度測定結果にばらつきがありますが、最もおすすめなのはSPEEDTESTのアプリです。

6つの測定アプリの合計平均値を踏まえて考えると、SPEEDTESTは最も平均に近く、さらにPING値も測れるので、ぜひ活用してみてください。

SPEEDTESTをAppStoreからダウンロードする

SPEEDTESTをGoogle Play Storeからダウンロードする

※いずれのアプリも無料ダウンロードができます

SPEEDTESTアプリで速度を計測する流れは、以下のとおりです。

  1. ダウンロード
  2. 位置情報をオンにして現在の場所から最も近いサーバーを検索してもらう
  3. スタートボタンを押して測定

上記の手順を順番に進めれば、速度を測れますよ。

なお、 わたしのネットの通信速度測定ツールもSPEEDTESTと同じしくみを使っていて、DOWNLOAD不要でブラウザから測定できます。

インターネットの通信速度が遅い!原因と改善方法

インターネットの通信速度が遅い場合は、必ず原因と改善方法があります。

主な速度が遅くなってしまう原因は、以下の6つです。

  • インターネット回線が混雑している
  • LANケーブルの規格が対応していない
  • 接続中の端末でエラーが発生している
  • Wi-Fi接続に問題がある
  • ONU・ルーターにエラーが発生している
  • 基地局で工事・故障が発生している

それぞれ解説するので、なぜ速度が遅くなるのか知りたい方はチェックしてみてください。

インターネットの通信速度が遅い原因1:インターネット回線が混雑している

例えば、「インターネットの速度が朝は速いのに夜は遅い」といった状況なら、考えられるのはインターネット回線の混雑です。

特に同じインターネット回線・プロバイダを使っている人が多い夜は、回線混雑が原因で速度が下がってしまいがちです。

プロバイダやインターネット回線を変更したり、v6プラス・IPv6接続といった設定を行えば、速度を改善できますよ。

インターネットの通信速度が遅い原因2:LANケーブルの規格が対応していない

古いLANケーブルをずっと使っている場合は、規格が契約中の回線における速度に非対応の可能性があります。

例えば1Gbpsで通信するためには、CAT5e以降の規格のLANケーブルを用意しなければいけません。

2Gbpsや10Gbpsなどさらなる高速で通信をしたい場合は、CAT6e以降のLANケーブルの用意が必須です。

LANケーブルが古い場合は買い替えて、速度が改善されないか検証してみましょう。

インターネットの通信速度が遅い原因3:接続中の端末でエラーが発生している

インターネットに接続中のスマートフォンやパソコンなどでエラーが発生すると、通信速度が低下します。

接続機器の一度電源を落として再起動をかけ、速度が速くならないか試してみてください。

インターネットの通信速度が遅い原因4:Wi-Fi接続に問題がある

Wi-Fi接続で電波が乱れると、速度が低下します。

  • ルーターを置いてある部屋とインターネットを使う部屋の間に壁がいくつもある
  • 電子レンジなどを同時に使っている

以上のような問題が発生していませんか?

部屋とルーターを設置している場所に距離がある場合は、電波が遠くまで届く2.4GHz帯のSSIDに接続しましょう。

電子レンジなどの電波干渉を防ぎ、高速で通信したい場合は、5GHz帯への接続がおすすめです。

インターネットの通信速度が遅い原因5:ONU・ルーターにエラーが発生している

ONUやルーターを長期間起動していると、エラーが発生し速度が低下することがあります。

一度コンセント接続を抜いて5~10分程度放置し、再度接続してみれば、速度が改善される場合があります。

インターネットの通信速度が遅い原因6:基地局で工事・故障が発生している

突然インターネットが使えなくなった場合、基地局側で工事をしていたり、故障していたりする可能性があります。

インターネットに繋がるスマートフォンなどの機器で、契約しているインターネット回線・プロバイダの公式サイトを開き、情報をチェックしましょう。

もしトラブルが発生していたら、改善まで待ちましょう。

夜間・土日祝の通信速度の低下はIPv6接続・v6プラス接続で改善!

夜間や土日祝日などの休日にインターネットの速度が低下するのは、回線が混雑するからです。

IPv6接続またはv6プラスのサービスを利用すれば、インターネット接続時に混雑するポイントを回避できるため、速度を改善させられますよ。

利用しているインターネット回線ごとに、対応するサービスが異なります。

以下の関連リンクを参考に、契約中のインターネット回線におけるIPv6接続またはv6プラスの利用方法をチェックしてみてくださいね。

なおIPv6接続やv6プラスに非対応な回線・プロバイダを利用している場合は、他社への乗り換えを検討してみましょう。

まとめ

インターネットの速度は、速度測定サイトを利用すればすぐに計測できます。

PCならブロードバンド、スマホならSPEEDTESTアプリの利用がおすすめです。

上り・下り速度が10Mbpsを下回っていたら、何らかのトラブルにより速度が低下していると考えられるので、機器の買い替えや再起動などを試してみましょう。

なお、オンラインゲームを快適に遊びたい方はPING値にも注目してみてください。

また、インターネット速度が回線混雑で低下する場合は、IPv6接続やv6プラスを利用すれば改善できますよ。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る