閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

UQ WiMAXを徹底解剖!料金プランやメリット・デメリットを紹介!

UQ WiMAXは料金が高い!?おすすめのWiMAXを比較しご紹介!

UQ WiMAXは、UQコミュニケーションズが提供しているWiMAXの総本家となるサービスです。   

WiMAXの提供元であるが故のサポートの信頼性の高さが大きなメリットで、店舗で直接わからないことを聞きながら契約したい場合や、端末をすぐに受け取ってすぐに利用開始したい方にはオススメですよ。

また、UQ WiMAXはキャンペーンWebページからの申し込みでキャッシュバック最大13,000円を受け取ることができる点は見逃せません。

しかし、月々の料金を少しでも安くWiMAXを契約したいならGMOとくとくBBがオススメですよ。

なぜなら、3年間で支払う総額にキャッシュバック・割引を含めた実質料金であれば、GMOとくとくBBの方がUQ WiMAXより38,768円も安くできます。
※機種にW06、3年契約、ギガ放題プランを選択した場合

本記事では、UQ WiMAXの料金プランや利用できるモバイルルーターの種類などを紹介するとともに、UQ WiMAX以外のオススメプロバイダも紹介していきます。

WiMAXはUQ WiMAX以外にも20社以上の契約先で契約できますので、あなたのニーズに合った窓口を選んでくださいね。

目次

UQ WiMAXとは、WiMAXのサービス提供の総本家

UQ WiMAXとは、WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズ株式会社が展開するモバイルWi-Fiサービスです。

UQコミュニケーションズはauを展開するKDDIのグループ会社のため、WiMAXもKDDI系列のサービスということです。

auショップでWiMAXを販売しているのは上記の関係から来ています。

また、WiMAXの各プロバイダで「auスマートバリューmine」というauスマホとのセット割引が適用できるのも、WiMAXがKDDIのグループ会社によるサービスだからなのです。

販売や契約は20以上の窓口(プロバイダー)で可能

WiMAXを契約するための場所というと、auショップや家電量販店、インターネット経由など、さまざまな窓口が思い浮かぶかと思います。

WiMAXはプロバイダと呼ばれる20社以上もの販売代理窓口が取り扱っています。

それだけあるとどの窓口を利用すべきか迷ってしまいますが、とりあえずは以下のことを押さえておくといいでしょう。

◆WiMAXの申込窓口にはどんなものがあるか・どんな人が利用すべきか

  • 店舗(auショップ、UQ WiMAXの店舗、家電量販店など)→そもそも料金体系の内容がよくわからない・速度やエリアなどに問題がないか不安があるなど、対面でわからないことを聞いたり手続きを行いたい人
  • インターネット経由(GMOとくとくBB、JPWiMAX)→できるだけ安く契約したい人

詳しくは、WiMAXのお得な申込窓口についての記事も参考になるかと思います。

速度や速度制限、エリア、選べる機種はその他のWiMAXプロバイダでも同じ

各プロバイダへWiMAXのサービスを提供しているのは、本家となっているUQコミュニケーションズです。

プロバイダの役割は販売代理および契約管理のみです。

UQコミュニケーションズが整備した電波塔や設備は、どのプロバイダであっても共通のものを利用します。

したがって、各プロバイダで以下のサービス内容は同じです。

  • 通信速度
  • 速度制限がかかるまでのデータ使用量
  • 利用可能エリア
  • 利用できるWiMAXルーターの機種

プロバイダを選ぶポイントは料金・キャンペーン内容

それぞれのプロバイダで、通信速度や速度制限の条件、利用可能エリア、機種に違いはありません。

では最大の違いは何かというと、月額料金やキャンペーン内容などの費用面です。

したがって、プロバイダ選びの決め手は、料金やキャンペーン内容があなたのニーズに合っているかどうかです。

できるだけ安く契約したいのであれば、月額料金やキャッシュバックなどのキャンペーン内容はもちろん、それらをすべて合算して数年間で実質いくらの料金を払うことになるのかを考えることも大事なのです。

UQ WiMAXの料金

UQ WiMAXを契約すると発生する料金について見てみましょう。

以下の3つについて解説していきますね。

  • 月額料金
  • 初期費用
  • WiMAXとUQ mobileとのセット割

UQ WiMAXの月額料金

UQ WiMAXには、月に利用できるデータ量によって以下2つのプランがあります。

  • UQ Flatツープラス ギガ放題
  • UQ Flatツープラス

それぞれのプランについて、月額料金は以下のとおりです。

UQ Flatツープラス ギガ放題 UQ Flatツープラス
契約年数 2年 3年 2年 3年 4年
月額料金 4,380円 3,696円
通信量/利用料 WiMAX2+ 月間データ量無制限 7GB
※4年契約の場合、auスマートバリューmine加入者のみ月間データ上限なし
LTE 月7GBまで
LTE利用料 使用月のみ1,005円/月 無料 使用月のみ1,005円/月 無料

ギガ放題では、月間のデータ使用量に制限がありません。

ただし、直近3日間の合計データ使用量が10GBを超えると、翌日の夜間(18時~深夜2時頃)にかけて1Mbpsの速度制限がかかります。

しかし、1Mbps程度の速度であればWebサイトやSNSの閲覧程度であれば問題なく利用できますので、そこまで心配する必要はありません。

一方、ギガ放題ではない方のプランで月間7GBを使い切った場合や、いずれのプランであってもLTEオプションで月間7GBを使い切った場合は、翌月まで128kbpsの速度制限がかかってしまいます。

128kbpsの速度制限となると、Webサイトの閲覧であってもストレスを感じるレベルになってしまいます。

速度制限に引っかかることに不安を感じているのであれば、ギガ放題を選択しておくのが無難です。

WiMAXの通信制限に関する記事でも詳しく紹介していますのでチェックしてくださいね。

UQ WiMAXの初期費用

UQ WiMAXの初期費用として発生するのは、契約事務手数料と端末費用の2つです。

契約事務手数料は、どのプロバイダから申し込んでも3,000円が発生します。

また、2019年5月時点のUQ WiMAXにおける端末の価格は以下のとおりです。

機種名 販売価格(税別)
W06 3,800円
W05 3,800円
W05(クレードルセット) 6,200円
WX05 3,800円
WX05(クレードルセット) 6,500円
HOME L02 3,800円
HOME 01 3,800円

UQ WiMAXで契約した場合は端末料金が発生しますが、他社プロバイダであれば、端末0円キャンペーンを展開しているところもあります。

できるだけ安く契約したいのであれば、端末0円キャンペーンを展開しているプロバイダを選んだ方がいいですね。

WiMAXとUQ mobileとのセット割の「ギガMAX割」

格安スマホのブランド・UQ mobileとWiMAXをセットで契約すると、ギガMAX割引が適用されます。

これは、スマホの料金から月額300円の割引かれるというものです。

2019年3月1日から開始されたサービスで、新規契約の方もすでに契約している方も申し込みができますよ。

ギガMAX割の対象は、それぞれのサービスで以下のプランを選択した場合です。

  • UQ mobileの対象料金プラン:おしゃべりプランS/M/L、ぴったりプランS/M/L
  • WiMAX 2+の対象料金プラン:UQ Flatツープラス ギガ放題(3年)、UQ Flatツープラス(3年/4年)

なお、ギガMAX割が適用できるのは、UQ WiMAXに限りません。

たとえば以下のようなプロバイダでも適用可能です。

  • @nifty WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX

詳しくは以下のUQ WiMAXのWebサイトでも紹介されています。

→ギガMAX月割 対象料金プラン

auユーザー向けのセット割「auスマートバリューmine」が適用される

auユーザーがUQ WiMAXで、UQ FlatツープラスまたはUQ Flatツープラスギガ放題を契約した場合、auスマホの利用料が毎月最大1,000円安くなる「auスマートバリューmine」が適用されます。

ただし、月額1,000円の割引を受けるためには以下の場合に限られます。

  • 「auピタットプラン」のスーパーカケホ・カケホ・シンプルのいずれかを契約して毎月2~20GBを利用する
  • 「auフラットプラン」を契約している

割引額は契約プランによって変動しますので、「auスマートバリューmine」が適用される方は、事前にご契約中のプランを確認しておきましょう。

また、auスマートバリューmineは、他のどのプロバイダでも適用可能です。

したがって、auスマートバリューmine目当てでUQ WiMAXを選ぶ必要性はありません。

UQ WiMAXのキャンペーン

UQ WiMAXで行われているキャンペーンは、2019年5月現在、最大13,000円のキャッシュバックのみです。

キャンペーン重視でプロバイダを選ぶのであれば、他にも充実したキャンペーンを展開しているプロバイダは数多くあります。

たとえば以下のようなキャンペーンを展開しているプロバイダもあります。

  • GMOとくとくBB:月額料金割引orキャッシュバック最大32,000円
  • Broad WiMAX:他社からの乗り換え時に違約金を最大19,000円まで負担
  • JPWiMAX:Amazonギフト券最大17,000円
    ※2019年5月時点

WiMAXの各プロバイダで展開されているキャンペーンについて紹介した記事もありますので、あわせてチェックしてみてくださいね。

最大13,000円のキャッシュバック

UQ WiMAXの特設ページ経由の新規申し込みで、最大13,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。



ただし、ギガ放題プランを3年契約する・クレジットカード払いにするという条件がありますので注意しましょう。

さらに、購入するWiMAXルーターの機種によって、キャッシュバック金額が変動します。

  • WX05/HOME 01:8,000円
  • W05:13,000円
  • W06/L02:3,000円

最新機種はW06およびL02ですが、キャッシュバック金額が3,000円と少ないです。

キャッシュバック金額重視で、およそ最大1Gbpsの速度までは求めないという場合は、W06の一世代前の機種であるW05(下り最大約758Mbps)を選択するといいでしょう。

UQ WiMAXの通信速度

WiMAXの通信速度は機種に依存します。

そしてその速度は、UQ WiMAXであっても他のプロバイダであっても変わりません。

速度重視でプロバイダを選ぶことには意味がないのです。

以下は、機種ごとの最大通信速度を表にまとめたものです。

最大速度(下り) 最大速度(上り)
W06 最大1.2Gbps 最大30Mbps
WX05 最大440Mbps 最大30Mbps
W05 最大558Mbps 最大30Mbps
HOME L02 最大558Mbps 最大30Mbps
HOME L01 最大440Mbps 最大75Mbps

速度重視であれば、最大速度のスペックがいい機種を選びましょう。

WiMAXの機種について紹介した記事もありますので、あわせてチェックしてみましょう。

3日/10GB以上データ通信を行うと速度制限が発生する

ギガ放題では、月間のデータ使用量に制限がありません。

ただし、直近3日間の合計データ使用量が10GBを超えると、翌日の夜間(18時~深夜2時頃)にかけて1Mbpsの速度制限がかかります。

しかし、1Mbpsの速度であればWebサイトやSNSの閲覧程度であればまず問題なく利用できますので、そこまで心配する必要はありません。

一方、ギガ放題ではない方のプランで月間7GBを使い切った場合や、いずれのプランであってもLTEオプションで月間7GBを使い切った場合は、翌月まで128kbpsの速度制限がかかってしまいます。

128kbpsの速度制限となると、Webサイトの閲覧であってもかなりのストレスを感じるレベルになってしまいます。

速度制限に引っかかることに不安を感じているのであれば、ギガ放題を選択しておくのが無難です。

WiMAXの通信制限に関する記事でも詳しく紹介していますのでチェックしてくださいね。

UQ WiMAXの提供エリア

WiMAXの利用可能エリアは、UQ WiMAXであろうと他のプロバイダであろうとまったく同じです。

エリアの広さを選定ポイントとしてプロバイダを比較する意味はありません。

WiMAXの提供エリアは、47都道府県すべてにまたがっています。

しかし、場所によって電波の入りやすさや設備の充実度にはムラがありますので、利用する予定の住所や場所が利用可能エリアかどうかを事前に確認することをオススメします。

WiMAXの利用可能エリアの確認は、以下のUQ WiMAXのWebサイトを利用しましょう。

→WiMAX2+のエリア確認をする方はこちら

WiMAXの利用可能エリアについての記事もあわせて参考にしてください。

ハイスピードプラスエリアモードに注意!

UQ WiMAXに限った話ではありませんが、WiMAXはハイスピードプラスエリアモードに切り替えることで、auが提供している4G LTE回線を利用できます。

LTE回線は携帯電話にも使われている回線で、カバー範囲はWiMAXのエリアよりも広いとされています。

なので、ハイスピードプラスエリアモードを使えばWiMAXが繋がりにくい場所であってもつながる可能性が高いので便利です。

ただし、ハイスピードプラスエリアモードを月7GB以上使用した場合、月末まで128kbpsの速度制限がかかってしまいます。

ハイスピードプラスエリアモードで速度制限がかかると、WiMAXに切り替えたとしても128kbpsのまま変わらず、制限は月末まで解除されません。

128kbpsはWebサイトの閲覧もままならない速度なので、インターネットを使う際に非常にストレスを感じてしまいます。

ハイスピードプラスエリアモードの使用は、あくまでも緊急時のみに留めておきましょう。

ハイスピードプラスエリアモードについての記事でより詳しく解説していますので、参考にしてください。

UQ WiMAXで選べる機種

UQ WiMAXでは、モバイルルーター・ホームルーターを選ぶことができます。

主な機種は以下の表のとおりです。

W06 WX05 W05 HOME L02 HOMEL01/L01s HOME01
最大速度(下り) 最大1.2Gbps 最大440Mbps 最大558Mbps 最大558Mbps 最大440Mbps 最大440Mbps
最大速度(上り) 最大75Mbps 最大30Mbps 最大30Mbps 最大30Mbps 最大30Mbps 最大75Mbps
連続通信時間 約9時間 約8.1時間 約9時間
サイズ 約128×64×11.9mm 約111×62×13.3mm 約130×55×12.6mm 約93×93×178mm 約180×93×93mm 約70×155×100mm
重量 約125g 約128g 約131g 約436g L01:約493g
L01s:約450g
約338g
対応エリア WiMAX2+
au 4G LTE
同時接続 40台 42台 22台

最大速度・連続通信時間・同時接続台数など、あなたの求めるものに応じて最適な機種を選んでくださいね。

WiMAXの機種について詳しく紹介した記事もあわせて参考にしてください。

通信速度重視ならオススメはW06

通信速度を重視したい人には、最新機種のW06がオススメです。

W06は最大1.2Gbpsまでの速度で通信ができるためです。

他の端末と比べると2倍以上も通信速度が優れているので、快適にWiMAXを利用したい方はぜひW06を選びましょう。

ただし、W06の下り最大速度1.2Gbpsは、2019年5月現在で東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア内でのみ提供していることに注意が必要です。

また、最大速度下り1.2Gbpsで通信をするためには、USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)で有線接続を行う必要があります。

Wi-Fiで接続デバイスとW06を接続した場合は、最高速度は867Mbpsです。

UQ WiMAXを利用するメリット・デメリット

UQ WiMAXを利用するメリット・デメリットをまとめてみました。

【メリット】サービスの運営元のため、サポートの信頼性が高い

UQ WiMAXは、WiMAXのサービスの大元を締めるプロバイダです。

設備とサービス・販売をすべて提供しているので、サポートの信頼性が高いことがメリットです。

UQ WiMAXの公式WebサイトにあるマニュアルやFAQのようなコンテンツは非常に充実しており、他のプロバイダを契約していたとしても便利に使えますよ。


※2019年5月 Twitter調べ

サポートの対応に満足している方のツイートも見られました。

【メリット】店舗もあるので聞きたいことがある場合は便利

UQ WiMAXは、店舗で契約できることもメリットのひとつです。

UQスポットと呼ばれるUQ WiMAXやUQ mobileを扱う専売ショップは、47都道府県のすべてに置かれています。

店舗であればスタッフが常駐しているので、契約前にわからないことを解消したい場合には便利ですよね。

対面での安心感重視の場合は、店舗があるUQ WiMAXを選択肢に入れておくといいでしょう。


※2019年5月 Twitter調べ

店舗が近くにある方にとっては、気軽に話を聞いて申し込みに行けるのはうれしいですよね。

【メリット】サポートセンターの受付時間が長い

UQ WiMAXのサポート対応時間は、9:00~21:00までと、プロバイダの中ではもっとも受付時間が長いです。

朝早くや夜遅くに聞きたいことが発生したときにうれしいですよね。

また、もしサポートセンターが終了していたとしても、UQ WiMAXのWebサイト上にあるマニュアルや困ったときの対処法のようなコンテンツもあわせてチェックできます。

WiMAXのサービスの総本山ならではの充実ぶりですので、もしものときも安心ですね。

【メリット】キャッシュバックが比較的受け取りやすい

UQ WiMAXでは、最大13,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

受け取りにオプション加入の条件はなく、受け取りは契約から最短4ヶ月後です。

キャッシュバックの受け取りに1年近くを要するプロバイダもあるなか、UQ WiMAXはキャッシュバックを受け取りやすいプロバイダです。

UQ WiMAXでのキャッシュバック受け取り手続きは以下のとおりです。

  1. 契約時点を1ヶ月目として、4ヶ月目にメールアドレス(申し込み時に登録したもの)に連絡が行く
  2. メールに記載のURLにアクセスし、キャッシュバックを振り込む口座の情報を入力する
  3. 口座情報の入力後、原則翌営業日までにキャッシュバック金額が振り込まれる

ただし、4ヶ月後ではキャッシュバックのこと自体忘れている可能性もありますので、リマインダなどにスケジュールを登録し、メールは注意してチェックするようにしておくといいですね。

【メリット】端末を最短当日に発送してくれる

UQ WiMAXは、インターネットでの申し込みの受付後、最短で当日に発送してくれるのもメリットです。

ただし、申し込みの時間帯や混雑具合の条件によっては、当日発送ができない場合もあります。

また、どうしても今すぐに使いたいという場合は、店舗で契約するという方法もあります。

ショップに在庫があれば契約後はすぐに使えるようになりますので、すぐに利用したいという場合には検討してみましょう。

【メリット】公衆無線LANが無料で利用可能

UQ WiMAXでルーターを契約すると、公衆無線LANである「UQ Wi-Fiプレミアム」が無料で利用できます。

UQ Wi-Fiプレミアムを利用した場合、駅や空港などに設置してあるUQ Wi-Fiエリアだけでなく、Wi2が提供するアクセスポイントも無料で利用することが可能です。

ただし、UQ Wi-Fiプレミアムはオプションサービスとなっていますので、「my UQ WiMAX」へログインし、申し込み手続きをしてください。

【メリット】支払いに口座振替が使える

UQ WiMAXは、支払い手段として口座振替を選択できます。

多くのプロバイダがクレジットカード払いのみしか利用できないなか、クレジットカードを持っていない方にはうれしいですよね。

他にも、Broad WiMAX、BIGLOBE WiMAXでも口座振替を選択できます。


※2019年5月 Twitter調べ

口座振替を理由にUQ WiMAXを検討するという方もいらっしゃいますね。

詳しくは、WiMAXを口座振替で支払う方法について紹介した記事もチェックしてみてください。

【デメリット】比較するとUQ WiMAXよりも実質料金が安いプロバイダがある

UQ WiMAXは、コストをできるだけ安く抑えたいという人には向いていません。

以下の表は、月額料金・端末費用・キャンペーンを含めた3年間で実際に発生する費用を比較したものです。

月額料金 契約事務手数料 端末代金 キャッシュバック 3年間実質料金
JPWiMAX 3,500円 3,000円 0円 17,000円 117,800円
GMOとくとくBB
※月額料金割引の場合
3,480円 0円 5,000円 120,660円
GMOとくとくBB
※キャッシュバックの場合
4,263円 0円 32,000円 123,160円
@nifty WiMAX
※キャッシュバックの場合
4,350円 1円 30,000円 128,241円
@nifty WiMAX
※月額料金割引の場合
3,660円 1円 133,401円
DTI WiMAX 3,760円 0円 129,670円
Broad WiMAX 3,411円 0円 0円 131,626円
カシモWiMAX(新端末) 3,580円 0円 135,668円
UQ WiMAX 4,380円 3,800円 3,000円 159,428円

※税抜
※WiMAXルーターの機種をW06に選んだ場合
※2019年5月時点

UQ WiMAXよりも実質料金が安いプロバイダは複数ありますね。

上記の中でいえば、JPWiMAXや、GMOとくとくBBで月額料金割引を選ぶとより安い費用でWiMAXを利用できます。

コストで選ぶなら、UQ WiMAXよりもよい選択肢があるということは覚えておきましょう。

WiMAXのキャンペーンについて詳しく紹介した記事もあわせて参考にしてください。

UQ WiMAXの申し込みの流れをチェック!

  1. 利用を想定する場所が利用可能エリアかを確認する
  2. 店舗またはインターネット経由で申し込む

利用を想定する場所が利用可能エリアかを確認する

まずは利用予定の場所で問題なくWiMAXが使えるかどうかをチェックしましょう。

チェックには、以下のUQ WiMAXのWebサイトを利用してください。

→ピンポイントエリア判定

上記チェックサイトで、「〇」と判定された場合は、利用可能エリア内です。

「△」と判定された場合は、利用できるかどうかがわかりません。

「×」と判定された場合は、その場所では利用できないことを意味します。

△や×と判定された場合は、事前に Try WiMAX でルーターの貸し出しを受けてチェックしてみるといいでしょう。

WiMAXの利用可能エリアについての記事もあわせて参考にしてください。

Try WiMAXで事前貸し出しも可能

Try WiMAXは、端末レンタル料や通信料、送料などすべて無料で利用できるサービスです。

もしエリア判定で△や×と判定されたけれど実際に使えるのか確認したい場合や、〇と判定されても実際に利用できるのかを知りたい場合に便利です。

15日以内に返却が必要ですが、その間は無料で利用できます。

ただし、15日というのは、端末の発送・返送も含めた期間なので、実際に利用できるのは10~13日程度であることは覚えておきましょう。

Try WiMAXについて詳しく紹介した記事もあわせてチェックしてみてくださいね。

店舗またはインターネット経由で申し込む

UQ WiMAXは、店舗またはインターネットで申し込みができます。

それぞれのメリット・デメリットは以下のとおりです。

◆店舗申し込みのメリット・デメリット

  • メリット:スタッフから直接話を聞くことができる、すぐにWiMAXを使い始めることができる
  • デメリット:インターネット申し込み限定のキャッシュバックが受け取れない

◆インターネット経由での申し込みのメリット・デメリット

  • メリット:24時間いつでも申し込み可能、インターネット申し込み限定のキャッシュバックがもらえる
  • デメリット:わからないことがあってもすぐに対応できるわけではない、端末は郵送されるのですぐには使い始められない

参考記事として、WiMAXを店舗で契約するメリット・デメリットをまとめた記事や、WiMAXの申し込みについて詳しく紹介した記事も、よろしければ見てみてください。

特設Webページ経由の申し込みでキャッシュバックが受け取れる

UQ WiMAXの特設ページ経由の新規申し込みで、最大13,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。



ただし、購入するWiMAXルーターの機種によってキャッシュバック金額が変動しますので注意してください。

  • WX05/HOME 01:8,000円
  • W05:13,000円
  • W06/L02:3,000円

UQ WiMAXを利用中の疑問を解決!

UQ WiMAXを利用してからも、わからないことが出てくる可能性はあります。

疑問を解決するためのマイページの使い方や、つながりが悪いと感じた時の対処法、そしてサポートの連絡先を紹介しますね。

my UQ WiMAXの使い方は?どんなことに使う?

UQ WiMAXを契約すると、公式Webサイト上のマイページでさまざまな情報を得たり、手続きを行ったりすることができて便利です。

my UQ WiMAXにログインすると、WiMAXにおける以下の手続きができます。

  • 利用料金や通信量の確認
  • プランおよびWiMAX機器の契約内容の確認と変更
  • 契約者情報の確認および変更
  • my UQ WiMAXのパスワード変更
  • UQ Wi-Fiプレミアムの契約や解約

契約内容や料金について確認する際は、my UQ WiMAXを確認してみましょう。

my UQ WiMAXのログイン方法

「my UQ WiMAX」のログイン方法は以下のとおりです。

  1. ログインページにアクセスする
  2. my UQ WiMAX IDとパスワードを入力する
    ※IDは申込受付時に発行された「受付番号」、パスワードは申込手続き時に入力した「暗証番号」

IDを忘れた方は、「新規お申し込み手続き完了のご案内」もしくは「UQ WiMAXサービスご利用金額のご案内」メールをご確認ください。

また、パスワードを忘れた方は「ご本人様確認」よりパスワードの再発行を行いましょう。

UQ WiMAXがつながらないと思ったらすべきこと

UQ WiMAXが遅い・繋がらないと感じたときは、まず自分だけで行える対処法を試したうえで、それでも解決できない場合はサポートに問い合わせてみましょう。

具体的には以下の対処法が可能です。

◆WiMAXが遅い場合

  • 利用場所を窓際など、電波の届きやすい場所に変えてみる
  • WiMAXルーターを再起動してみる
  • 端末と接続デバイスをUSBケーブルで繋ぐ
  • クレードルを利用する
  • 速度制限に引っかかっていないかチェックする

◆WiMAXが繋がらない場合

  • 接続デバイスのWi-FiがOFFになっていないか確かめる
  • Wi-Fi接続のSSID・パスワード情報が正しく入力されているか今一度確認する
  • WiMAXルーターを再起動してみる
  • WiMAXの障害情報がないか確認する

WiMAXが遅いと感じたときの対処法や、WiMAXが繋がらない場合の対処法もあわせてチェックしてみましょう。

UQ WiMAXの問い合わせ先は?連絡先一覧

わからないことや接続トラブルがどうしても解決しない場合は、サポートに聞いてみましょう。

UQ WiMAXの問い合わせ先は以下のとおりです。

◆UQお客様サポートセンター

WiMAXに関する問い合わせに関する記事も参考にしてください。

UQ WiMAXの解約方法

UQ WiMAXの解約方法は、以下のとおりです。

  1. UQお客さまセンターへ連絡する
  2. 必要に応じて、後日解約費用が請求される

UQお客さまセンターの連絡先は以下の番号となっていますので、受付時間内に電話連絡をしてください。

◆UQお客さまセンター

  • 電話番号:0120-929-818
  • 受付時間:9~21時(年中無休)
    ※Webからは解約手続きは不可

なお、UQ WiMAXでは解約時にWiMAXルーターを返却する必要はありません。

契約更新月以外は違約金が発生するので注意

インターネット関連の解約の際に気になるのが、違約金ですね。

多くのインターネットサービスと同じように、WiMAXでも契約更新月以外での解約には違約金が発生しますので注意しましょう。

UQ WiMAX公式では、課金開始日を含む月を1ヶ月目としています。

3年もしくは2年契約で更新月のタイミングや違約金の額が変わりますので、ご自身の契約内容を元に、以下の表をご確認ください。

契約期間 契約からの経過年数 違約金
3年契約 ~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26~37ヶ月目 9,500円
38ヶ月目(契約更新月) 0
39ヶ月~ 9,500円
2年契約 契約期間 違約金
~13ヶ月 19,000円
14~25ヶ月 14,000円
26ヶ月目(契約更新月) 0円
27ヶ月~ 9,500円

解約後に乗り換える際オススメのプロバイダ

解約後にWiMAXを乗り換える場合オススメのプロバイダを紹介します。

違約金負担ができるBroad WiMAX

Broad WiMAXは、乗り換え保証が充実しています。

他社プロバイダから乗り換える際に発生する違約金を最大19,000円まで負担してくれますので、乗り換え先として大変魅力的です。

また、Broad WiMAXに満足できなかった場合でも、ソフトバンク光やBIGLOBE光といった指定回線への乗り換えであれば、Broad WiMAXへの違約金が発生しない「いつでも解約サポート」が利用できるのもうれしいポイントです。

WiMAXを安心して契約するならBroad WiMAXがオススメです。

とにかく安く使いたいならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、月額料金の割引とキャッシュバック、どちらかの魅力的な特典を選ぶことができます。

GMOとくとくBBといえばキャッシュバックの高さに定評がありますが、実質料金をより安く済ませることができるのは、月額料金割引のキャンペーンです。

GMOとくとくBB
(月額割引)
GMOとくとくBB
(キャンペーン)
月額料金 1~2ヶ月目:2,170円
3~36ヶ月目:3,480円
1~2ヶ月目:3609円
3ヶ月目以降:4263円
契約事務手数料 3,000円 3,000円
端末代金 0円 0円
キャッシュバック 5,000円 32,050円
キャッシュバック受取 12ヶ月目 12ヶ月目
3年間実質料金 120,660円 123,110円

※機種にW06を選んだ場合
※プランはいずれもギガ放題
※2019年6月時点の情報です

できるだけ安く利用したいという方は、GMOとくとくBBも魅力的な選択肢です。

GMOとくとくBB WiMAXの月額割引キャンペーン詳細を見る

口座振替でもお得に契約できるBIGLOBE WiMAX

多くのプロバイダでは、口座振替を選択するとキャンペーン内容が限られてしまいます。

そんな中、BIGLOBE WiMAXでは口座振替を選んだ場合でも充実したキャンペーンが用意されているのが魅力です。

BIGLOBE WiMAXでは、支払方法を口座振替にすることで4,800円分の端末代を月々値引きで実質無料にできます。

また、選べる特典として、「月額料金大幅割引」もしくは「キャッシュバック特典」のいずれかを選択することが可能です。

機種にW06を選んだ場合、実質料金の総額で比較すると「キャッシュバック特典」を選択したほうが3年間で6,600円お得です。

ですが、キャッシュバックの手続きが面倒で確実に特典を受けたい方は、「月額料金大幅割引」を選択しましょう。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン詳細を見る

より速い速度と安定さを求めるなら光回線という選択肢も

WiMAXの速度では満足できなかったという場合は、固定光回線に乗り換えることも検討してみましょう。

乗り換え先の回線は、違約金負担やキャッシュバックのキャンペーンがある回線を選ぶと、費用面でもお得です。

【違約金負担ができる主な回線】

  • ソフトバンク光
  • auひかり

【キャッシュバックがもらえる回線】

  • ソフトバンク光
  • auひかり
  • NURO光
  • コミュファ光

など

詳しくは、乗り換えにオススメな光回線を紹介した記事も参考にしてください。

まとめ

UQ WiMAXはWiMAXのサービスの総本家です。

UQ WiMAXを契約すると得られるメリットは以下のとおりです。

  • サービスの運営元のため、サポートの信頼性が高い
  • 店舗もあるので聞きたいことがある場合は便利
  • サポートセンターの受付時間が長い
  • キャッシュバックが比較的受け取りやすい
  • 端末を最短当日に発送してくれる
  • 支払いに口座振替が使える

なので、UQ WiMAXは以下のような方にオススメです。

  • 信頼性の高いサポートを利用したいという人
  • 店舗で直接スタッフとのやり取りを行ったうえで契約したい人
  • キャッシュバック金額が少なくてもできるだけ早くキャッシュバックをもらいたい人

WiMAXの提供元であるが故の信頼性の高さが大きなメリットで、店舗で直接わからないことを聞きながら契約したい場合や、端末をすぐに受け取ってすぐに利用開始したい方

一方で、WiMAXをより安さ重視で契約したい方にはプロバイダでのWiMAX契約もオススメです。

ご自身の利用状況に合わせ、最適な窓口でWiMAXを契約しましょう!

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る