閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

Try WiMAXの利用で損しない方法!申し込み・返却・注意点まで全て解説

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

WiMAXのレンタル「Try WiMAX」でエリア対応確認!

Try WiMAXとは、15日間無料でWiMAXを利用できるサービスです。

初めてWiMAXを申し込む場合、自宅やその他の行動エリアでWiMAX回線を問題なく利用できるか確認するにあたって、Try WiMAXはおおいに役立ちます。

しかし、Try WiMAXには、Web申し込みのみであること、クレジットカードを持っている20歳以上の人しか申し込めないことなど複数の注意ポイントがあります。

この記事では、Try WiMAXの特徴や注意点、申し込みの流れ、そして契約する場合にオススメのプロバイダなどについて解説します。

おすすめのプロバイダはGMOとくとくBBです。実質の費用が一番安くなります。

\8月限定!最大35,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックをみる
※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

最後まで読めば、Try WiMAXをスムーズに利用できるようになるので、参考にしてくださいね。

まずエリア確認しよう

Try WiMAXを申し込む前に、自宅などWiMAXを使う予定の場所がWiMAX回線のエリアに含まれるかチェックしましょう。

UQ WiMAXの公式サイトより、エリアの確認ができますよ。

  • 大まかに対応エリアを確認できるサービスエリアマップ
  • 特定の場所における対応状況を細かく判定できるピンポイントエリア判定

以上2つのエリア検索を利用して、利用できることを確認してからTry WiMAXを申し込んでください。

また、こちらでWiMAXのエリア確認方法について詳しく説明していますので参考にしてくださいね。

エリア外だった場合は他社のモバイルルーターをオススメ

WiMAXがエリア外だった場合は、他社のモバイルルーターを利用するのがオススメです。

たとえばY!mobileでは、ソフトバンクの回線を使用したPocket WiFiというモバイルルーターサービスが展開されています。

他社回線を検討する場合も、エリア検索をして自宅等で使えることを確認してから申し込みを行ってくださいね。

どのモバイルルーターが良いかわからないという方は、オススメのポケットWi-Fiを紹介している記事をご覧ください。

Try WiMAXを申し込み前に確認すべき注意点12つ

tryWiMAXは15日間無料
引用:Try WiMAX/【公式】UQ Communications

Try WiMAXは15日間無料で利用できるお得なサービスですが、申し込む際は、事前に確認しておきたいポイントがたくさんあります。

それぞれ解説するので、チェックしておいて申し込みにおける不安を解消しましょう。

  1. Try WiMAXの申し込みはWebからのみ
  2. クレジットカードが必須
  3. SMS電話番号・キャリアメールを持っていない場合は書面での申し込み
  4. Try WiMAXの返却の発送は佐川のみ
  5. Try WiMAXはコンビニ受け取りができない
  6. 土日を挟むとTry WiMAXの発送が遅い
  7. 年末年始はTry WiMAXのレンタル申し込みができない
  8. 最新機種W06・WX05・HOMEL02のレンタルができない
  9. WiMAX端末が届いた時点で速度制限にかかっている場合もある
  10. レンタル期間は発送日から返却日までも合わせた15日間
  11. 不注意による端末の故障は機器代金が請求される
  12. Try WiMAX利用中や返却後に営業電話がかかってくる

Try WiMAXの申し込みはWebから!店舗で契約はできない!

Try WiMAXの申し込みは、家電量販店などの店舗からは行えません。

Try WiMAXは、UQ WiMAXの公式サイト内にある特設ページのみ申し込みが可能です。

  1. 「お申し込み」をクリック
  2. 規約に同意し、画面の指示に従って住所、氏名などの情報を入力していく
  3. 途中、SMSの受信手続きがある
  4. 申込み完了後、ルーターが発送される

以上4つの手順を順番に進めれば、Try WiMAXの申し込みが完了しますよ。

5分程度で手続きは完了するので、空き時間を利用すればすぐに申し込みを終えられます。

Try WiMAXの申し込みはクレジットカードが必須!

Try WiMAXの利用には、クレジットカードが必須です。

万が一機器を破損したり、紛失したりしてしまった際は、弁償が必要になるためです。

ちなみに、口座振替やデビットカードの利用は不可能なので、注意してくださいね

また、クレジットカードを持っていても、年齢が20歳以上で国内在住の人でなければ、Try WiMAXは利用できませんよ。

SMS電話番号・キャリアメールを持っていない場合は書面での申し込み

SMSの受信に対応する電話番号か、ドコモ、auなどのキャリアメールアドレスを持っていない方は、書面での申し込みとなります。

申し込み用紙を印刷し、必要事項を記入したら、本人確認書類を同封の上「UQお客様サポートセンター」に郵送してください。

また、自宅等に印刷環境がない場合は、郵送で申し込み用紙を送ってもらうこともできますよ。

Try WiMAXの返却の発送は佐川のみ

Try WiMAXは、佐川急便を利用しての返却となります。

近隣の佐川急便営業所にて発送手続きを行ってください。

また、電話での集荷予約、インターネットでの集荷予約も可能ですよ。

  • 電話での集荷予約はこちら
  • インターネットでの集荷予約はこちら

Try WiMAXはコンビニ受け取りができない

Try WiMAXは自宅受け取りとなり、コンビニで荷物を受け取ることはできません。

自宅受け取りが難しい場合は、有料ですが他社のWiMAXレンタルサービスの利用を検討しましょう。

なお、こちらの記事でWiMAXのオススメのレンタル業者について紹介していますので参考にしてくださいね。

土日を挟むとTry WiMAXの発送が遅い場合がある

土日に申し込みをすると、Try WiMAXの発送手続きが遅くなることもあります。

もっとも「発送したタイミングから15日間」がレンタル期間なので、発送が遅れてもレンタル日数は少なくなりません。

しかし、到着が遅れることにより、利用したい日に「まだWiMAX端末が到着していない!」とならないよう、平日に申し込みをしておくことをオススメします。

なるべく早く利用したいという人は、14時30分までにTry WiMAXの申し込みを行うことで最短当日発送をしてくれますよ。

土日に受け取りたいという方は水曜や木曜の14時30分までに申し込みをすれば当日発送になり、ちょうど土日にWiMAX端末が届く可能性が高いです。

とはいえ、住んでいる場所により到着日はずれてしまいますので、申し込み時に荷物受取の時間指定を利用することをオススメします。

年末年始はTry WiMAXのレンタル申し込みができない

年末年始は、Try WiMAXのレンタルができません。

年が明けてしばらく経ってから、申し込みを行ってくださいね。

最新機種W06・WX05・HOMEL02のレンタルができない!

Try WiMAXで借りられるルーターの種類は限られていて、最新であるW06やWX05のレンタルはできません。(2019年3月現在)

以下のルーターが、2019年3月時点でレンタルできる主なバリエーションとなっています。

種別
選べる機種
モバイルルーター(外出時にも使える)
  • W05
  • W04
  • WX04
  • WX03
  • W03
ホームルーター(自宅用)
  • L01s

ただし、在庫状況によっては一覧に載っているルーターをレンタルできないこともあるのでご注意ください。

Try WiMAXでレンタルできる端末の在庫状況はこちらで確認できますよ。

なお、こちらで、WiMAXの最新ルーターについて比較しています。

気になる方はチェックしてみてください。

WiMAX端末の性能を比較!

WiMAX端末の性能を、細かく比較してみましょう。

以下の表に各種情報をまとめましたが、Try WiMAXでは、2019年3月時点で、最新機種であるW06・WX05・HOMEL02のレンタルはできないのでご注意ください。

Try WiMAXレンタル可能機種

最新ルーターW06をレンタルできないデメリットは、「WiMAX初のGbpsを超えた通信速度」を実感できないことです。

ただし、2019年3月時点における最新ルーターにおける最大1.2Gbps対応エリアは東京、埼玉、愛知、大阪の一部エリアのみなので、多くの地域では最新ルーターを選べなくても、そこまで大きな支障はありません。

WiMAX端末が届いた時点で速度制限にかかっている場合もある

Try WiMAXでレンタルしたルーターは、到着時点で速度制限にかかっているケースもあります。

公式サイトには、以下の記述がありました。

レンタルサービスの性質上、同一月内に一台の機器を複数のお客様が利用する場合があります。その場合、他のお客様の通信量を合算した月内の総通信量が速度制限の対象となりますので、あらかじめご了承ください。またレンタルサービスをご利用中、動画配信、オンラインゲーム等データ量の多い通信の長時間のご利用はお控えください。
引用:UQWiMAX公式ホームページ

次々に他の利用者へルーターが貸し出されるので、WiMAX側に戻ってきた直後に別の人にルーターが送られれば、通信制限が継続している可能性もあります。

口コミ情報を調べてみると、実際に速度制限にかかっているルーターが貸し出されたという声もありました。


※2019年3月 Twitter調べ

夜6時~2時に速度が1Mbps程度しか出ない場合は通信制限にかかっていると考えられます。

WiMAXには「直近3日間に10GB以上使っていると、翌日18時~翌々日2時頃に速度が概ね1Mbpsに制限される」という制限があります。

この速度制限にかかっているということは本契約前に速度制限時の使い勝手を試せるということ。

むしろ契約を検討する上で好都合とも言えますよ。

なおWiMAXの速度制限についてはこちらの記事でも詳しく解説していますので、参考にしてください。

不注意による端末の故障は機器代金が請求される!

レンタルしたルーターが不注意で故障した場合は、機器代金を請求されますので注意してください。

自分のミスでルーターが故障した場合に請求される金額は、「機器代金相当額」です。

具体的には以下のとおりとなっているので、参考にしてくださいね。

<利用者側の過失が原因の場合の違約金>

  • クレードルありのWi-Fiルーター:22,750円
  • クレードルなしのWi-Fiルーター:20,000円

なお、不注意でない場合はUQお客さまセンターへ問い合わせれば、別の機器へ交換してもらえます。

ルーターが故障した場合は、以下に問い合わせてどうすればいいか聞いてみてくださいね。

<故障した場合の問い合わせ窓口>
電話番号:0120-929-818
受付時間:9:00~21:00(年中無休)

レンタル期間は発送日から返却日までも合わせた15日間!

Try WiMAXのレンタル期間は、発送日から返却完了日までを合わせて15日間です。

発送と返却には日数がかかる関係上、実際に利用できるのは15日間ぴったりではなく1~13日程度と考えられます。

返却が遅れると20,000円の違約金が発生してしまう場合があるので、発送遅延の可能性なども踏まえ、早めにテストを終えて返却することをオススメします。

Try WiMAX利用中や返却後に営業電話がかかってくる

Try WiMAXを利用した際は、利用中や返却後に営業の電話がかかってきます。

電話に出た際に契約するかどうかなどの応対が必要となるので、ご注意ください。

「まだ迷っている」などと返答すると、その後何度も電話がかかってくる可能性もありますので、契約をしない場合はきっぱりと断りましょう。

Try WiMAXの申し込みから利用までの流れ

Try WiMAXの申し込みから利用開始までの流れは、以下のとおりです。

  1. エリア検索し、生活範囲内がエリアか確認する
  2. クレジットカードなど必要な準備物を用意する
  3. UQコミュニケーションズの申込ページでTry WiMAXを申し込む
  4. 自宅に佐川急便でルーターが届く

WiMAXのエリア確認は、UQ WiMAXの公式サイトからすぐに行えます。

「サービスエリアマップ」と「ピンポイントエリア判定」を利用して、利用可否をチェックしてください。

なお、こちらの記事でWiMAXのエリア検索について詳しく解説しています。

なお、Try WiMAXの契約では以下3つのものが必要です。

  • 契約者名義のクレジットカード(デビットカードは利用不可)
  • 連絡先のメールアドレス
  • SMSに対応する電話番号またはキャリアメールアドレス

音声通話可能なスマートフォンを契約していて、さらにクレジットカードとGmailやiCloudメールなどの無料アドレスがあれば、すぐに申し込みを開始できますよ!

なお、申し込み前に、Try WiMAXでレンタルする希望端末の在庫確認を行うのも忘れないでくださいね。

×がついているものは在庫がないので、レンタルできません。

在庫の更新は17時頃行われているので、希望のルーターの在庫がない場合は毎日在庫の変動をチェックしてください。

Try WiMAXのルーターを返却しないと延滞料金が発生

Try WiMAXは、ルーターを期間内に返却しないと20,000円の延滞金がかかります。

有効期限の2、3日前に返送して、延滞料金が発生しないように対処しておきましょう。

同封されている伝票を利用して、ゆうパックで返却する方法は、主に以下の3つです。

郵便局やコンビニへの持ち込み
ローソンやミニストップ、セイコーマートを利用して、ゆうパックで発送
Webで集荷を依頼
日本郵便のWebサイトから、時間指定をして集荷に来てもらう
電話で集荷を依頼
0880-0800-111へ電話をかける

Try WiMAXの返却の流れは簡単で、以下の2つの手順を順番に進めてください。

  1. WiMAX機器、クレードル、充電器、初期化と返送方法が書かれた書類、つなぎかたガイド、無線LANを簡単に設定してくれるQRコードのシールが全て入っていることを確認して梱包
  2. 貸出機器に同梱されていた「着払ゆうパック伝票」を貼らずに箱のスリットに入れ、返却の手続きをする

伝票には返却先が記載されているので、自分で返却先を記入する必要はありません。

着払い伝票には、自分の住所や氏名などの情報を記載すればOKです。

無事返却が完了すれば、手続き完了メールが届きますよ。

また、Try WiMAXの返却を忘れないよう、UQ WiMAXからは返却期限の5日前にメールが来ます。

遅くともメールが来たタイミングで、返却手続きをスタートすることをオススメします。

WiMAXを契約したい!オススメのプロバイダとは?

Try WiMAXを使ってみて、WiMAXを契約したいという人にオススメのプロバイダを紹介します。

プロバイダごとでWiMAXの性能が異なることはなく、違いはキャッシュバックなどのキャンペーンや、月額料金設定です。

WiMAX各プロバイダ料金表
※タイミングによって各種料金は異なる場合があるので、合わせて公式サイトもご覧ください。

見てのとおり、各社で料金やキャンペーン内容が大きく異なります。

とにかく安いWiMAXなら「GMOとくとくBB」

インターネットプロバイダである「GMO とくとくBB」もWiMAXを販売しています。

ギガ放題プランを契約すれば、月間の通信容量に上限のない「使い放題」ができます。

しかし、3日間で10GBを利用すると、翌日18時から翌々日2時まで速度制限がかかる点には注意が必要です。

<GMOとくとくBB WiMAX>
月額料金
(月額料金大幅割引の場合)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 36か月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
月額料金
(キャッシュバックの場合)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24か月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
通信速度

    W06の場合:

  • 上り最大:558Mbps
  • 下り最大:75Mbps
利用回線
WiMAX・au 4G LTE
セット割
au
キャンペーン
  • (キャッシュバックの場合)
    最大35,000円キャッシュバックキャンペーン
  • (月額料金男幅割引の場合)
    3年間で総計30,808円の月額料金割引
  • 最新機種含む全端末無料キャンペーン
  • 初期費用無料キャンペーン
  • 20日以内ならキャンセル無料

※2019年8月現在の情報です

GMOとくとくBBの魅力は、月額料金大幅割引とキャッシュバック、重視する項目に合わせてキャンペーンを選択できる点です。

また、キャッシュバックキャンペーンを選んでも、月額料金は多少割引されますよ!

それでは、WiMAXの販売元・UQWiMAXと月額料金を比較してみましょう。

<GMOとくとくWiMAX 月額料金比較>
料金
GMOとくとくBB
(キャッシュバックの場合)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
GMOとくとくBB
(月額大幅割引の場合)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 3~36カ月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
UQ WiMAX
  • 1~3か月目:3,696円
  • 4か月目以降:4,380円

※いずれも3年契約/ギガ放題プラン契約の場合
※2019年8月現在の情報です

「月額料金を安く利用したい」
「キャッシュバックキャンペーンで好きなものを購入したい」という方は、GMOとくとくBBからWiMAXの申し込みを検討してみてくださいね。


\GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典/

※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

まとめ

Try WiMAXを利用すれば、発送から返却完了まで15日間、WiMAXルーターをレンタルできます。

無料でありながら実際に自宅などでの使用感を試せるので、WiMAXをこれから使う予定の方は、利用を検討してみてはどうでしょうか。

Try WiMAXはUQ WiMAXのサービスですが、WiMAXは他のプロバイダからも申し込めます。

実質価格の安さを重視する方は、割引キャンペーンのあるGMOとくとくBBでWiMAXを申し込むのがオススメですよ。

ギガ放題プランの3年間の実質費用が120,660円と、他社プロバイダと比較して最も安くなっているかです。

お得に契約したい方は、ぜひGMOとくとくBBの割引キャンペーンを検討してくださいね。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」