閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

WiMAXサービス終了は2020年3月!変更点と対策方法まとめ

有線インターネット接続の世界では、2020年3月末にはWiMAX回線の停波が予定されており、WiMAX2+へと世代交代が進んでいます。

現在WiMAX回線を契約している人はどうすべきか、サービス終了するときに契約解除料は発生するのか、また、おトクにWiMAX2+への切り替えを行う方法について解説します。

WiMAXのサービス終了の概要

携帯電話やモバイルWi-Fiルーターなどの無線通信を行う業者には、それぞれ無線を利用できる「電波帯域」が総務省から割り当てられています。

WiMAX回線を提供しているUQコミュニケーションズにも電波帯域が割り当てられています。

しかし、UQコミュニケーションズにはWiMAX回線だけでなくWiMAX2+回線もあるのですが、WiMAX2+回線の方がニーズが増えており、もともとWiMAX回線として利用していた電波帯域をWiMAX2+回線に移行させることで利用者のニーズに応えているのが現状です。

今後も、ますますWiMAX2+に対するニーズが高まると予想されます。

そのため、UQコミュニケーションズでは、WiMAX回線を終了し、UQコミュニケーションズに割り当てられた電波帯域のすべてをWiMAX2+回線として使用することで、利用者のニーズに応えようと計画しているのです。

実際に2020年3月末にWiMAX回線は終了予定と発表されていますので、現在WiMAX回線を利用している人は、早急に乗り換えやプラン変更等の手続きを行う必要があります。

au one net WiMAXも終了のお知らせが発表された

WiMAXプロバイダの1つ「au one net」では、2018年3月31にWiMAX回線を定額で利用できる「au one net WiMAXコース」の提供を終了しました。代替サービスとしてWiMAX 2+のサービスも公式から紹介されています。

サービスが利用できなくなる対象機種

UQコミュニケーションズの公式サイトにて、サービス利用ができなくなる機種一覧が公開されています。自身の機種が含まれていないかを確認しましょう。

WiMAXからWiMAX2+に以降してどう進化した? 

WiMAXからWiMAX2+にサービスが移行したことによって、具体的にどのような点が変わったのでしょうか。実際にWiMAX2+を使う人にとって気になる変更点をまとめました。

進化その1:回線速度

インターネットが普及した現在、「インターネットに接続できること」ということはもはや当たり前になっており、「高速でインターネットに接続できること」に人々の関心が向いています。

高画質の動画や多大なデータをやり取りするオンラインゲームを利用者が増えてきたので、高速通信を利用して、ストレスのないインターネット接続を実現したいという欲求が高まっているのです。

WiMAX回線は、WiMAX2+回線とくらべるとダウンロードや動画視聴のスピードを左右する「下り通信速度」が劣ります。現状のニーズに合わないために、WiMAX回線が衰退したと考えることができます。

WiMAX回線 WiMAX2+回線
下り最大速度 13.3Mbps 110~440Mbps
上り最大速度 10.2Mbps 10~75Mbps

※最大速度は利用するルーターによっても異なります。

進化その2:速度制限

WiMAX回線 WiMAX2+回線
1ヶ月の速度制限 なし

・ギガ放題プランでは速度制限なし。

・1ヶ月のデータ通信量の上限が7GBに制限されているプランでは、当月末日まで128Kbpsに速度制限される。

短期間の速度制限 なし ・3日間のデータ通信量合計が10GBを超えるときは、翌日18:00~翌々日2:00まで1Mbpsに速度制限される。

WiMAX回線は、基本的には速度制限なしに利用できます。

とはいえもともとの速度が速くはありませんので、速度制限がないからといって快適に利用できるとは限りません。

一方、WiMAX2+には、月間データ通信量の上限が7GBのプランとデータ通信量に上限が設定されていないプラン(ギガ放題プラン)の2つがあります。

また、いずれのプランを選ぶ場合でも、3日間のデータ通信量の合計が10GBを超えると、翌日18時以降に8時間ほど最大速度1Mbpsに速度制限されてしまいます。

進化その3:対応エリア

WiMAXは全国の90%以上の地域をカバーしていますので、都市部以外でも大抵の場所で利用できます。

一方、WiMAX2+は都市部を中心に対応エリアが拡大中ですので、山間部や離島、人口が少ない地域では利用できないこともあります。

お住まいの地域や出張先・旅行先がWiMAX2+に対応しているかどうかは、WiMAX公式サイトのエリアチェックのページで確認してみましょう。

WiMAXユーザーの対策法はある?

現在WiMAX回線を利用している人は、WiMAX2+も利用できるルーターに切り替える必要があります。

WiMAX回線とWiMAX2+回線をスイッチで切り替えられるルーターなら、WiMAXサービスが終了した後も、問題なく利用し続けることができます。

また、WiMAX2+専用のルーターを購入するという方法もあります。いずれの手段を選ぶ場合でも、2018年4月までにはWiMAX2+回線が利用できる状態にしておきましょう。

WiMAX2+対応機種

2018年10月現在、WiMAXの新規申し込みは終了しており、申し込みができる機種はすべてWiMAX 2+対応機種となっています。

持ち運びができるモバイルルーターと、工事無しで家で利用できるホームルーターがサービス展開されています。自身の用途に合わせてWiMAX機器を選びましょう。

契約しているプロバイダから契約プランやWiMAX端末の変更を行うことで、WiMAX2+回線が利用できるようになることもあります。

ただし、乗り換えると契約月数をまた1からカウントすることなり、契約更新月(無料で解約できる月)が先送りされてしまいます。

また、機種変更やプラン変更の際に、手数料や機種代金などの料金を請求されることもあります。

WiMAXが搭載されたWiMAX2+端末について

WiMAXサービスが搭載されているWiMAX 2+機器を利用中のユーザーは、後述する「おトクに機種変更」の対象外です。

しかし、契約から時間が経っていることが予想されるので、契約時期を見極めて最新のWiMAX 2+機器への機種変更も検討してみてはいかがでしょうか。

現在旧WiMAXを使っている場合はWiMAX2+に乗り換えよう 

WiMAXが利用できなくなってしまうと、外出先などで気軽に無線インターネットが利用できなくなる可能性があります。

現在WiMAX回線のみを利用している人は、次の方法でWiMAX2+への移行を進めていきましょう。UQ WiMAXでは旧WiMAXを利用中のユーザーに対して「おトクに機種変更」というキャンペーンも実施中です。

別のプロバイダへ乗り換える

別のプロバイダでWiMAX2+の契約を行うという方法もあります。

例えば、Broad WiMAXなら、他のWiMAXプロバイダから乗り換えるときの解約金と違約金を還元してくれるサービスを実施していますので、乗り換えの際の金銭的負担を抑えることができます。

また、最新機種を含むWiMAX機種代金が無料になるキャンペーンや初期費用の割引キャンペーンも実施していますので、乗り換えの際の金銭的負担をおさえたい方にはおすすめです!

公式サイトからチェックしてみましょう。

大量通信を行う場合は固定回線の契約も検討しよう

WiMAX2+なら高速通信が可能ですので、動画視聴やオンラインゲームもストレスなく楽しめます。

しかし、3日間で10GBを超えるときは通信速度制限を受けますので、大量の動画ファイルを送信したり、ゲームを頻繁にダウンロードするなど大量通信を利用する人は、インターネットの固定回線の契約も検討してみましょう。

次の記事でも詳しく解説していますので、ご覧になってください。

【番外】WiMAX2+を通信量無制限で利用する方法

WiMAX回線は、データ通信量に上限が設定されていません。そのため、データ通信量を気にせずインターネット通信を楽しめます。

一方、WiMAX2+にはプランによって通信量の上限が設定されていますので、「今月は使いすぎていないかな?」と気にしながらインターネット通信を利用することになってしまいます。

「WiMAX 2+で上限を気にせずに使いたい!」という欲張りな方には「ギガ放題」というプランも用意されています。月間のデータ容量に上限がないプランです。

3日間のデータ通信量が10GBを超えるときは通信速度が1Mbpsに制限されますが、YouTubeやサイト閲覧程度の利用なら10GBを超えることはめったにありません。

安心して上限を気にせずWiMAX2+を利用してください。

通信モードとしては、WiMAX 2+の標準とも言える「ハイスピードモード」を主に使うのがおすすめです。

月間のデータ上限は無し、通信速度は最大440Mbps、実質は15〜80Mbpsと普段使いするには十分な通信モードです。

まとめ

WiMAX回線の終了に合わせて、WiMAX2+への切り替えが必要です。

まだWiMAX2+を利用できない環境の人は、早めにプランやWiMAXルーターを変更し、WiMAX2+の環境を整備していきましょう。

この機会に他のプロバイダに乗り換えるという方法もおすすめです!

乗り換え時の解約金等を還元してくれるプロバイダもありますので、賢く乗り換えを行いましょう。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

関連記事