閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ヤマダ電機のWiMAXを徹底調査!料金やキャンペーン・評判も!

ヤマダ電機 wimax

大手家電量販店であるヤマダ電機では、オリジナルブランドのWiMAX「YAMADA air mobile」を取り扱っています。

WiMAXを検討中で、ヤマダ電機のWiMAXがお得なのかどうか気になっている方もいらっしゃることと思います。

本記事では、月額料金やキャンペーン内容・メリット・デメリットから評判にいたるまで徹底調査しました。

結局ヤマダ電機のWiMAXはオススメなのかどうかが簡単にわかる内容となっていますよ!

ヤマダ電機のWiMAX「YAMADA air mobile」とは?

YAMADA air mobileとは、ヤマダ電機で販売しているWi-Fiルーターおよびサービスのことです。

実はこのYAMADA air mobileとは、UQコミュニケーションズで提供しているWiMAXのことを指します。

ヤマダ電機特有の端末やサービスを提供しているというわけではありません。

なので、基本的には他のWiMAXのプロバイダと同じ端末やサービスを利用していると考えてくださいね。

速度やエリアは他社WiMAXと変わらない

ヤマダ電機のWiMAXは、他社WiMAXプロバイダが提供するのと同じサービスです。

どのWiMAXプロバイダも同じ電波を利用して通信しているので、速度や利用可能エリアは他プロバイダで契約した場合と変わりがありません。

では、WiMAXのプロバイダを選ぶポイントは何かというと、月額料金やキャンペーンなどの費用面です。

各社プロバイダは月額料金やキャンペーンのお得さでユーザーに対してアピールしているため、どのプロバイダが最もお得なのかは料金やキャンペーン内容を比較・吟味する必要があるのです。

ヤマダ電機のWiMAXを選ぶメリット2つ

ヤマダ電機のWiMAXを選ぶメリットには何があるのかをチェックしていきましょう。

ヤマダ電機のWiMAXのメリットは、以下の2つです。

  • 店員の説明を聞きながらWiMAX契約が可能
  • YAMADA Wi-Fi プレミアムの利用が可能

店員の説明を聞きながらWiMAX契約が可能

ヤマダ電機のWiMAXを契約する場合、家電量販店に赴く必要があります。

家電量販店にはスタッフが常駐しているので、わからないことを聞きながら契約を進められるというメリットがあります。

WiMAXについてあまり詳しくなく、いろいろ聞いてから契約を決めたいという方にはうってつけですね。

YAMADA Wi-Fi プレミアムの利用が可能

ヤマダ電機のWiMAXのオプションとして、公衆無線LANサービスが無料で利用できることも大きなメリットです。

ヤマダ電機でWiMAXを契約すると、駅・空港・新幹線・飲食店などで使える公衆無線LANサービスのオプションがついてきます。

データ量を気にすることなくさまざまな場所でインターネットを利用できるのはうれしいですね。

ヤマダ電機のWiMAXを選ぶデメリット・注意点4つ

ヤマダ電機のWiMAXで注意するべきポイントは以下の4つです。

  • 支払方法がクレジットカードのみ
  • 利用開始月に月額料金が発生する
  • ネット上から申し込みが不可能
  • ヤマダ電機のWiMAXはレンタルできない

支払方法がクレジットカードのみ

ヤマダ電機のWiMAXの支払い方法はクレジットカードのみです。

口座振替などの代替手段はありませんので注意してください。

なお、口座振替に対応したプロバイダは、以下の3つです。

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

詳細が知りたい方は以下の記事をチェックしてくださいね。

利用開始月に月額料金が発生する

WiMAXのプロバイダの中には、利用開始月の月額料金を無料にしてくれる会社もあります。

しかし、ヤマダ電機のWiMAXは利用開始月の月額料金が無料にならないので、月額料金が無料になる会社に比べるとお得感が減ってしまいます。

ただ、利用開始月の月額料金は日割り計算ですので、月の途中に申し込んだのに満額で請求が来るというわけではありませんので安心してくださいね。

ちなみに、利用開始月が無料になる主なプロバイダは以下のとおりです。

  • @nifty WiMAX
  • GMOとくとくBB WiMAX
  • So-net WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX

ネット上から申し込みが不可能

ヤマダ電機のWiMAXは店舗での申込受付のみ行っています。

インターネット上からの申し込みはできませんので注意してください。

ヤマダ電機のWiMAXはレンタルできない

期間限定でWiMAXの利用することを検討している方もいるでしょう。

しかし、ヤマダ電機では、レンタルWiMAXを取り扱っていませんので注意してください。

WiMAXをレンタルで利用したいと考えている方は、以下の記事で詳しく説明していますので、参考にしてくださいね。

ヤマダ電機のWiMAXの月額料金を紹介

ヤマダ電機のWiMAXの月額料金はプラン別に以下の表のとおりです。

プラン名 月額料金
(1~3ヶ月目)
月額料金
(4ヶ月目以降)
契約期間 LTEオプション料金
YAMADA Flat ツープラス ギガ放題
3,696円
4,380円
2年 1,005円/月
3年 無料
YAMADA Flat ツープラス
3,696円
2年 1,005円/月
3年 無料

ヤマダ電機のWiMAXには、以下2つのプランから選ぶことができ、それぞれで月額料金が違いますので注意してくださいね。

  • 無制限プランである「YAMADA Flat ツープラス ギガ放題」
  • 月間7GBまでのデータ制限がある「YAMADA Flat ツープラス」

また、それぞれのプランで、速度制限がかかるか、かからないかという点でも特長が異なります。

無制限といっても厳密には「3日で10GB」を大量消費すると速度制限がかかるという制約がありますので注意しましょう。

無制限プランの速度制限の詳細が知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいね。

また、LTEオプション(ハイスピードプラスエリアモード)は、「au 4G LTE回線」を併用することで、より広いエリアで、高速通信を使用できるモードです。

ハイスピードプラスエリアモードについては、以下の記事で詳しく紹介していますよ。

ヤマダ電機のWiMAXの初期費用・端末を紹介

ヤマダ電機のWiMAXを契約する際に発生する初期費用は以下の2つです。

  • 契約事務手数料:3,000円
  • 端末費用:店舗・機種による

2019年1月現在、ヤマダ電機のホームページにて対応している端末は以下のとおりです。

  • W06
  • L02
  • WX05
  • HOME01
  • W05
  • L01s
  • WX04
  • W04

WiMAXのオススメ機種については、以下の記事も参考にしてくださいね。

ヤマダ電機のWiMAXの料金を他社と比較

ヤマダ電機の月額料金は、他社と比べて高いのか、安いのか気になりませんか?

以下で、ヤマダ電機のWiMAXと他社プロバイダの料金を比較していますので、参考にしてください。

プロバイダ/販売店 端末代金 契約事務手数料 月額料金 キャッシュバック 3年間のトータル料金
ヤマダ電機 店舗・機種による 3,000円 4,380円 160,680円
UQ WiMAX 店舗・機種による 3,000円 4,380円 最大10,000円 150,680円
Broad WiMAX 0円 3,000円 3,411円 121,426円
GMOとくとくBB 0円 3,000円 4,263円 最大41,000円 111,160円

※いずれもギガ放題プラン(無制限プラン)、かつ3年契約の場合の料金
※3年間のトータル料金は、最大キャッシュバック金額を加算したものとする

ヤマダ電機のWiMAXは月額料金4,380円でUQ WiMAXと同じ料金設定です。

ただし、UQ WiMAXの場合はキャッシュバックをもらえる場合があるため、その分3年間の実質費用は安くなります。

また、ネットで契約できるWiMAXのプロバイダは、各社、割引やキャンペーンなどに力を入れています。

プロバイダの選択次第では、ヤマダ電機のWiMAXよりも安い料金で利用ができますよ。

コスト重視ならBroad WiMAXが安い

キャッシュバックは手続きが面倒そうで受け取らなくてもいい、でも月額料金を安くしたい…という人にオススメなのが、Broad WiMAXです。

Broad WiMAXは、数あるプロバイダの中でも月額料金が最安クラスです。

また、以下のようなお得なキャンペーンも行っていますよ。

  • 他社WiMAXからの乗り換え違約金を、最大19,000円負担してくれる
  • BroadWiMAXに満足しなかった場合、固定回線への乗り換え費用無料
  • 端末代金が無料

とくには、違約金負担キャンペーンは、現在、Broad WiMAX以外では対応していませんので、違約金を支払いたくない人はBroad WiMAXがオススメです。

Broad WiMAXについてもっと知りたい方は、Broad WiMAXの公式Webサイトで確認してみてくださいね。

キャッシュバックでトータルコストを安くしたいならGMOとくとくBB

GMOとくとくBBは、月額料金に関してはBroad WiMAXよりも少々高い価格設定になっています。

しかし、キャッシュバック最大41,000円がもらえた場合の3年間の総額は111,160円と、Broad WiMAXの総額より安くなります。

キャッシュバックを受け取るための手続きが別途発生する面倒さはあるものの、手間をかけてでもトータルコストを抑えたいという方は、GMOとくとくBBがオススメです。

ヤマダ電機のWiMAXのキャンペーン・キャッシュバック

ヤマダ電機のWiMAXでは、2019年1月現在キャッシュバックのキャンペーンは行われていません。

なので、キャッシュバックを目的としている方は、ヤマダ電機のWiMAXはオススメできません。

auスマートバリューmineが使える

唯一ヤマダ電機が行っているサービスといえば、auスマートバリューmineです。

auスマートバリューmineとは、auのモバイルルーターと携帯電話をセットにすることで携帯電話料金が最大1,000円割引になるサービスです。

また、auスマートバリューmineを適用すると、ハイスピードプラスエリアモード(LTEオプション)の料金(月額1,005円)が無料になります。

ただし、auスマートバリューmineは、他社のプロバイダでも行われているキャンペーンです。

そのため、ヤマダ電機だけが行っているお得なキャンペーンというのは実質的にはないということがわかりますね。

ヤマダ電機のWiMAXの評判は?口コミをチェック

ヤマダ電機のWiMAXの評判をチェックしてみましょう。


※2019年1月 Twitter調べ

ヤマダ電機は店頭でのみWiMAXの契約ができますが、スタッフとのやりとりでトラブルが発生した方もいらっしゃるようです。

こちらの方の場合は、セットで購入したパソコンの設定費用として追加費用をとられてしまったようですね。


※2019年1月 Twitter調べ

店舗によってはWiMAXの取り扱いをしていない場合もあるようです。

とはいえ、ヤマダ電機は全国各地にたくさんあるため、何店舗回ってみることをオススメします!

ヤマダ電機のWiMAXがオススメな人はこんな人!

ヤマダ電機のWiMAXは、結局どのような方にオススメなのでしょうか。

結論としては、以下の2つに該当する人です。

  • 店舗で直接わからないことを聞きたい人
  • すぐに利用したい人

上記2つのポイントは、別にヤマダ電機に限った話ではなく、実店舗を展開するWiMAXプロバイダであればどこでも該当する内容です。

WiMAXを販売する店舗について詳しく紹介した記事もありますので、参考にしてくださいね。

店舗で直接わからないことを聞きたい人

WiMAXについてあまり詳しくなく、スタッフにいろいろ直接聞きたいことがある場合は、ヤマダ電機のWiMAXがオススメです。

直接いろいろ聞けるという点は、インターネット経由の申し込みだとどうしても勝てない部分ですよね。

いろいろ聞いたうえできちんと納得して選びたいという場合は、実店舗に強いヤマダ電機のWiMAXも十分選択肢に入るでしょう。

すぐに利用したい人

店舗で契約するメリットの2つ目は、在庫があればすぐにWiMAXを契約し、使い始めることができることです。

店舗で契約すれば、その場でモバイルルーターを受け取れるため、持ち帰って設定をするだけで、すぐに利用が開始できますよ!

なので、すぐに利用したいと考えている方には店舗での契約がオススメです。

さらに、ヤマダ電機は店舗数が多いのでどんな場所にいても足を運びやすい点は、WiMAXの店舗の中でも突出しているメリットといえますね。

ヤマダ電機のWiMAXを利用していて困ったときの問い合わせ先

ヤマダ電機のWiMAXを利用していて、うまくつながらない、端末の故障かも?という場合もあるかもしれません。

上記のような場合は、ヤマダ電機の問い合わせ窓口を利用しましょう。

▼YAMADA Air Mobile WiMAXお客様サポートセンター

  • 電話番号:0120-810-666
  • 受付時間:10:00~19:00

また、ヤマダ電機のホームページには、よくある質問集も用意されていますよ。

よくあるご質問:ヤマダ電機公式Webサイト

なお、WiMAXがつながりにくくて困っている方は、対処法をまとめた以下の記事も参考にしてくださいね。

ヤマダ電機のWiMAXの解約は電話または店舗

ヤマダ電機で解約手続きを行う場合には、店頭に出向くか、電話で連絡する必要があります。

インターネット上では解約ができませんので注意してください。

▼YAMADA Air Mobile WiMAXお客様サポートセンター

  • 電話番号:0120-810-666
  • 受付時間:10:00~19:00

※音声ガイダンスにて2番をプッシュ

また、店頭で解約する際は、本人確認書類・契約管理IDがわかる書類・契約中のWiMAX端末が必要ですので、忘れずに持参してください。

端末の返却は不要、解約日の翌月より利用不可になる

WiMAXを店頭で解約する際には、利用中のWiMAX端末を持参する必要はあるものの、その場で端末を返却する必要はありません。

端末は契約時に「購入」という形をとっており、端末はあなたのものになっているためです。

しかし、端末は手元に残るものの、解約日の翌月よりWiMAXは利用できなくなりますので注意してくださいね。

解約時には違約金が発生する場合も

契約の途中で解約を行った場合の解約違約金は、以下のとおりです。

  • 1年未満の解約:9,500円
  • 2年目以降の更新月以外の解約:5,000円

違約金を発生させないようにするためには、以下の2つの方法があります。

  • 契約更新月に解約を行う
  • 違約金を負担してくれる回線に乗り換える

なお、コスト重視ならBroad WiMAXが安いで紹介したとおり、Broad WiMAXであれば、他社WiMAXからの乗り換えで最大19,000円まで違約金を負担してくれますよ。

まとめ

ヤマダ電機のWiMAXは月額4,380円で利用でき、UQ WiMAXで契約した場合と同じです。

ただし、ヤマダ電機は、キャッシュバックなどのキャンぺーンを行っていないため、UQ WiMAXよりも2年間の実質費用は高くなります。

また、WiMAXをコスト重視で選ぶのであれば、Broad WiMAXのような他社プロバイダの方がお得になります。

しかし、ヤマダ電機は実店舗の展開が多い分、スタッフに直接聞きたいことを聞けたり、契約してすぐに利用開始できたりなどのメリットもありますよ。

WiMAXについて詳しくなく、店員と話しながら契約を進めたいという方はヤマダ電機でWiMAXを契約してくださいね。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る