検索 わたしのネット ロゴ

【2021年最新】auひかりのマンションタイプを徹底解説!料金や速度も違うって本当?おすすめ窓口もご紹介!

auひかり お得なキャンペーンを解説!

auひかりをマンションで利用する場合、タイプは8種類あり物件ごとに利用できるタイプが決まっています

タイプごとに最大通信速度や利用料金が異なるため、自分のマンションがどのタイプに対応しているか、タイプごとの違いはどこか、あらかじめチェックしておくことが大切ですよ。

本記事ではauひかりのマンションタイプについて詳しく解説しています。

auひかりをマンションでお得に利用できる窓口や注意点もあわせて紹介するので、契約する前に事前にチェックしてみてくださいね。

※2021年7月時点の情報です

この記事でわかること

auひかりのマンションタイプは全部で8種類!物件によって料金や速度が違う

auひかりのマンションタイプは、既にauひかりが導入されているマンションで利用できるインターネットサービスのことです。

まずはauひかりの基本情報を見てみましょう。

auひかり
提供エリア ・北海道
・東北(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)
・関東(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県、栃木県)
・甲信越(新潟県、山梨県)
・北陸(石川県、富山県、福井県)
・中国(鳥取県、岡山県、島根県、広島県、山口県)
・四国(香川県、徳島県、愛媛県、高知県)
・九州(福岡県、大分県、佐賀県、宮崎県、熊本県、長崎県、鹿児島県)
月額料金 2,585円〜
最大通信速度 16Mbps〜1Gbps
※タイプによって異なる
平均通信速度(下り) 209.97Mbps
セット割 auスマートバリュー
月額最大1,100円割引

※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

auひかりのマンションタイプは全部で8種類です。

8種類それぞれで料金や速度が異なりますが、利用できるタイプは物件によって決められています

自分で利用するタイプを選ぶことはできないので、利用する物件で使えるタイプを事前にチェックしておくことが大切ですよ。

物件でどのタイプが利用できるかは「契約できるタイプは物件で決まっている!どのタイプが対応かチェックしよう」の項目で解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

プラン 最大通信速度 月額料金
下り 上り お得プラン 標準プラン
タイプG 16契約以上 664Mbps 166Mbps 4,180円 5,390円
8契約以上 4,510円 5,720円
タイプV 16契約以上 100Mbps
(一部70Mbps)
35Mbps
(一部30Mbps)
4,180円
8契約以上 4,510円
都市機構 東日本/西日本DX 100Mbps
(一部70Mbps)
35Mbps
(一部30Mbps)
4,180円
東日本 16M(B) 16Mbps 2,585円
東日本 16M(R) 16Mbps 3,025円
西日本 16M(B) 16Mbps 3,025円
西日本 16M(R) 16Mbps 3,465円
都市機構G DX-G 664Mbps 166Mbps 4,180円 5,390円
東日本 16M(B) 16Mbps 2,585円
東日本 16M(R) 16Mbps 3,025円
西日本 16M(B) 16Mbps 3,025円
西日本 16M(R) 16Mbps 3,465円
タイプE 16契約以上 100Mbps 3,740円
8契約以上 100Mbps 4,070円
タイプF 100Mbps 4,290円
ギガ 1Gbps 4,455円
ミニギガ 1Gbps 5,500円

※すべて税込価格
※ネットのみ利用した場合の契約料金

auひかりのマンションタイプがどのタイプになるかは、以下の条件によって決まっています。

  • マンションの共用部分での配線方式
  • 共用部分から各部屋への配線方式
  • 同じマンション内でauひかりを契約する人の見込み人数

またauひかりは戸建てタイプだと最大1Gbps、高速サービスを契約すると最大10Gbpsで利用できますが、マンションタイプはギガとミニギガ以外は1Gbpsを下回ります。

那比光太(なびこうた)
こうた

auひかりはマンションタイプだと、戸建てタイプより最大通信速度が遅い場合があるみたいだけど、実際に使っている人が快適に利用できてるのか気になるなあ…。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

最大通信速度が100Mbpsと言われると、実際にどんな感じで利用できるか気になるわよね。
あとで実際に使ってる人の評判を集めてみたからチェックしてみてね。

インターネットを利用する際に気になる通信速度について、auひかりのマンションタイプではどうなのか「auひかりマンションの通信速度は大丈夫?評判からチェック!」の項目で紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

【15社比較】auひかりをマンションでお得に利用するには?おすすめの窓口2社をご紹介!

auひかりは申し込み窓口が複数あり、窓口によって独自のキャンペーンを開催しているため、選ぶ窓口で利用料金が異なります

キャンペーン内容もキャッシュバックや月額料金など複数あるため、一律して比較するには実質月額料金を算出して比べるといいですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

月額料金じゃなくて実質月額料金が大切なの?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

そうよ!
キャッシュバックで割引になる窓口と、月額割引で割引になる窓口だと、一見どちらがお得かわかりづらいわよね。
実際にいくら支払う必要があるか計算した「実質月額料金」で比較することが大切なのよ。

本記事ではauひかりの窓口15社を比較しました。

比較した結果、おすすめできる窓口は以下のとおりです。

また実際に比較した表もチェックしてみてくださいね。

窓口 実質月額料金
(2年間)
キャンペーン・特典 キャッシュバック
受け取り時期
プロバイダ窓口 GMOとくとくBB 2,018円 ・最大51,000円キャッシュバック
・高性能Wi-Fiルータープレゼント
・auひかり電話無料
12ヶ月後・24ヶ月後
So-net 2,892円 ・月額料金割引
・WiFiルーターレンタル初月無料
BIGLOBE 2,402円 ・最大55,000円キャッシュバック 11ヶ月後・24ヶ月後
DTI 3,110円 ・38,000円キャッシュバック 14ヶ月後
@nifty 3,443円 ・30,000円キャッシュバック 12ヶ月後・24ヶ月後
au one net 4,277円 ・10,000円キャッシュバック 4ヶ月後
@TCOM 2,610円 ・50,000円キャッシュバック 7ヶ月後
ASAHIネット 4,693円 ・月額割引
代理店窓口 フルコミット 2,193円 ・最大60,000円キャッシュバック
・公式の乗り換えキャンペーンに
最大25,000円上乗せキャッシュバック
翌月・4ヶ月後
NEXT 2,527円 ・最大52,000円キャッシュバック 翌月・4ヶ月後
グローバルキャスト 2,818円 ・最大45,000円キャッシュバック 7ヶ月後
アイネットサポート 2,610円 ・50,000円キャッシュバック 翌月
NNコミュニケーションズ 2,527円 ・最大52,000円キャッシュバック 翌月・4ヶ月後
アシタクリエイト 2,818円 ・45,000円キャッシュバック 翌月

※すべて税込価格

それではおすすめの2社を一つずつみていきましょう。

キャッシュバックをすぐに受け取りたいなら「代理店フルコミット」がおすすめ

フルコミット
引用:フルコミット

まずおすすめなのが代理店窓口の「フルコミット」です。

フルコミットは最大60,000円のキャッシュバックを、オプション加入不要で最短翌月末に受け取ることができます

フルコミットキャッシュバック
引用:フルコミット

ひかり電話を申し込む場合は最大60,000円、申し込まない場合は50,000円のキャッシュバックが受け取り可能です。

60,000円のキャッシュバックを受け取った場合は、実質月額料金が2,193円(税込)と安く利用できるのでおすすめ。

またフルコミットのキャッシュバックは、フルコミットからの振込と、プロバイダからの振込の2回に分かれています。

フルコミットからのキャッシュバックは最短翌月末、プロバイダからは4ヶ月後に受け取りです。

ただ15社比較した結果からも分かるとおり、受け取りに時間のかかる窓口も多くあるため、翌月にキャッシュバックを受け取れる窓口はおすすめ。

フルコミットの詳細を見る

実質料金が最安でひかり電話も無料!「GMOとくとくBB」のキャッシュバック窓口

GMOとくとくBB
引用:GMOとくとくBB
※画像は戸建てタイプのキャッシュバック金額。マンションタイプは最大51,000円。

キャッシュバック金額を重視するなら「GMOとくとくBB」のキャッシュバック窓口がおすすめです。

GMOとくとくBBのキャッシュバック窓口では最大51,000円のキャッシュバックが受け取れるため、実質料金が2,018円(税込)と最安で利用できます。

詳しいキャッシュバック金額は以下のとおり。

プラン 契約年数 auひかり電話 キャッシュバック金額
お得プラン 2年 加入 51,000円
未加入 41,000円
標準プラン なし 加入 20,000円
未加入 10,000円

なおauひかり電話は通常月額550円ですが、GMOとくとくBBでは24ヶ月間無料になるため、お得に利用できますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

ひかり電話に加入したらキャッシュバックを最大金額受け取れて、かつひかり電話も24ヶ月無料で使えるなら、加入した方がお得だね!

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額も大きく、auひかり電話もお得に利用できるためおすすめですが、キャッシュバックが受け取れる時期が1年後と2年後であることに注意が必要です。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャッシュバックを全額受け取るなら2年待たなきゃいけないから注意しよう!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

キャッシュバックの申請も、11ヶ月目と23ヶ月目の2回申請が必要だから覚えておきましょうね。

キャッシュバック金額を重視するなら「GMOとくとくBB」が、キャッシュバック金額と受け取り時期を両立したいなら「フルコミット」をおすすめします。

GMOとくとくBBの詳細を見る

auひかりのマンションタイプの知っておきたいポイント4つ!

auひかりのマンションタイプについて、契約前に知っておきたいポイントを4つご紹介します。

マンションタイプは自分でタイプを選んで契約することはできないので、マンションタイプがどういうものか知ってから利用するといいですね。

それでは一つずつみていきましょう。

契約できるタイプは物件で決まっている!どのタイプが対応かチェックしよう

auひかりのマンションタイプは、前述のとおり物件ごとに決まっているため自分で利用するタイプを選ぶことはできません

そのため、物件で利用できるタイプを事前に知っておくことが大切ですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

入居して初めてインターネット料金や速度を知るのはちょっと怖いから、先に知っておきたいね!

物件でどのマンションタイプを利用できるか調べる方法は以下のとおり。

それぞれの詳細な方法は以下をみてみてくださいね。

auで提供エリア検索を利用する

auから提供エリア検索で調べる場合、まずauの公式サイトへ行きます。

  1. auの公式サイトへアクセスする
  2. ページの真ん中付近にある「エリア・料金を調べる」をクリック
  3. 郵便番号から検索の部分にて、住居タイプをマンション/アパートなどにし、郵便番号等を入力してエリアを確認する
  4. 続きの住所を選択し、利用したい物件を選択したら次へをクリック
  5. サービス一覧で利用可能なタイプが表示される

auひかり提供エリア検索
引用:提供エリア検索

希望する物件でauひかりのマンションタイプが利用できない場合は、検索すると「お客さまの地域で提供可能なマンションがありません。」と表示されます。

利用できない場合の対処法については「マンションがauひかりに対応してなかったらどうしたらいい?」でご紹介するのでチェックしてみてくださいね。

KDDIお客様センターへ問い合わせる

auひかりの提供エリア検索でチェックする方法がすぐに確認できますが、KDDIのお客様センターへ問い合わせることでも確認できます。

KDDIお客様センター:0077-777 もしくは、0120-22-0077
(年中無休/9:00~20:00)

那比得子(なびとくこ)
とくこ

まずは自分が契約できるマンションタイプがどれなのか、チェックしておくことが大切ね!

「お得プラン」か「標準プラン」かは自分で選べる!

auひかりのマンションタイプは自分で選ぶことはできませんが、「お得プラン」にするか「標準プラン」にするかは選ぶことができます

お得プランと標準プランの大きな違いは以下のとおり。

お得プラン 標準プラン
契約期間 2年の自動更新 縛りなし
おうちトラブルサポート 通常440円が無料
解約違約金 7,700円~10,450円 0円
那比光太(なびこうた)
こうた

お得プランは2年間の契約期間の縛りがあって、おうちトラブルサポートが無料で利用できるんだね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

標準プランは契約期間の縛りがなくて、解約違約金も無料になるわよ。

お得プランと標準プランを選ぶ大きな基準は「契約期間の有無」です

2年間利用する予定がある場合はお得プランがおすすめですが、転居の予定があるなど2年間利用できるかわからない場合は、2年以内に解約すると解約違約金が発生してしまうので注意しましょう。

またお得プランと標準プランの月額料金について、タイプによって同じ場合もありますが。それぞれ月額料金が設定されている場合もあります。

マンションタイプごとの月額料金は以下のとおり。

お得プラン 標準プラン
タイプG 16契約以上 4,180円 5,390円
8契約以上 4,510円 5,720円
タイプV 16契約以上 4,180円
8契約以上 4,510円
都市機構 東日本/西日本DX 4,180円
東日本 16M(B) 2,585円
東日本 16M(R) 3,025円
西日本 16M(B) 3,025円
西日本 16M(R) 3,465円
都市機構G DX-G 4,180円 5,390円
東日本 16M(B) 2,585円
東日本 16M(R) 3,025円
西日本 16M(B) 3,025円
西日本 16M(R) 3,465円
タイプE 16契約以上 3,740円
8契約以上 4,070円
タイプF 4,290円
ギガ 4,455円
ミニギガ 5,500円

※すべて税込価格
※ネットのみ利用した場合の契約料金

またお得プランはおうちトラブルサポートという、通常有料のオプションが無料で利用できますよ。

おうちトラブルサポートがどんなものかについては以下でご紹介しますね。

おうちトラブルサポートって何?

おうちトラブルサポート
引用:おうちトラブルサポート

おうちトラブルサポートは、水回りのトラブル対応など日常で起こる困ったことに対応してくれるサービスです。

通常は月額440円(税込)の有料オプションですが、お得プランで申し込む場合は無料で利用できます。

対応してくれるサポート内容は以下のとおり。

  • トイレやキッチン、お風呂などの水回りのトラブル対応
  • 鍵の紛失や破損などのトラブル対応
  • エアコン故障などのトラブル対応
  • 扉やふすまがあかないなどの建具トラブル対応 など

水回りや電気設備、ガス設備、鍵、ガラスなどのトラブルに対しては、部品交換や特殊対応がいらない60分程度の作業を行ってくれます。

建具トラブルの場合は、調整や増し締めなどの簡易作業を30分ほど行ってくれます。

那比光太(なびこうた)
こうた

対応は応急処置になるから、完全復旧したい場合は実費負担になるから気をつけようね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

実費が必要になる場合は、作業する前に見積もりを出してくれるわよ。
見積もりを確認して、了承してからの作業になるから安心ね。

便利なおうちトラブルサポートが無料で利用できるお得プランですが、2年の契約期間があるため更新月以外に解約すると解約違約金が発生してしまうので注意しましょう

初期費用はどのタイプも変わらない

auひかりのマンションタイプは、タイプごとに月額料金や通信速度は変わりますが「初期費用」はどのタイプも同じです。

必要になる初期費用は以下のとおり。

  • 新規登録料:3,300円(税込)
  • 開通工事費:33,000円(税込)

開通工事費は通常33,000円(税込)ですが、初期費用相当額割引キャンペーンの適用で実質無料で利用できます。

auひかり初期費用
引用:初期費用相当額割引
※引用画像は税別

那比光太(なびこうた)
こうた

初期費用相当額割引を適用すると、開通工事費に相当する1,350円(税込)×24回割引をしてくれるから、工事費が実質無料になるんだよ!

24ヶ月割引を行う形になるため、24ヶ月以内に解約してしまった場合は割引は継続せず、残債分が一括請求されてしまうことには注意しておきましょう。

また初期費用相当額割引については「初期費用相当額割引(工事費実質無料キャンペーン)」で詳しく紹介しているのでそちらをチェックしてみてくださいね。

タイプによって最大通信速度が異なる

auひかりのマンションタイプは、タイプによってマンション供用部から各部屋への配線設備が異なります。

配線設備によって最大通信速度も変わってくるため、マンションタイプによって最大通信速度が異なることを覚えておきましょう。

タイプごとの最大通信速度は以下のとおりです。

プラン 最大通信速度
下り 上り
タイプG 664Mbps 166Mbps
タイプV 100Mbps
(一部70Mbps)
35Mbps
(一部30Mbps)
都市機構 東日本/西日本DX 100Mbps
(一部70Mbps)
35Mbps
(一部30Mbps)
東日本/西日本 16M 16Mbps
都市機構G DX-G 664Mbps 166Mbps
東日本/西日本 16M 16Mbps
タイプE 100Mbps
タイプF 100Mbps
ギガ 1Gbps
ミニギガ 1Gbps

マンションタイプのギガとミニギガは最大通信速度が1Gbpsですが、タイプGの最大664MbpsやタイプVの最大100Mbpsなど多岐に渡ります。

那比光太(なびこうた)
こうた

最大通信速度が最大100Mbpsって…戸建てタイプの最大1Gbpsと全然違うけど、遅すぎて使えないとかないか不安だなあ…。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

数値だけ見ると確かに不安になってしまうわよね。
でもauひかりのマンションタイプでも快適に利用しているっていう声もあるわよ!

気になるのが実際に利用する場合に快適に利用できるか、という点ですが本記事ではauひかりマンションタイプの実際に利用している人の評判をまとめてご紹介しています。

通信速度について実際の評判を「auひかりマンションの通信速度は大丈夫?評判からチェック!」の項目で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

【2021年最新】auひかりの公式キャンペーン情報!

auひかりのマンションタイプについて解説してきましたが、検討する際にチェックしておきたい公式のキャンペーン情報をご紹介します。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

開通工事費が実質無料になるお得なキャンペーンもあるからしっかりチェックしましょうね。

それでは一つずつキャンペーン内容をみていきましょう。

初期費用相当額割引(工事費実質無料キャンペーン)

初期費用相当額割引
引用:初期費用相当額割引

auひかりのマンションタイプは通常開通工事費が33,000円(税込)必要ですが、「初期費用相当額割引」を適用すると実質無料で利用できます。

月1,375円(税込)の割引が24ヶ月適用になるため、工事費相当額である33,000円(税込)が割引になるというキャンペーンです。

那比光太(なびこうた)
こうた

あれっauひかりの戸建てタイプの場合は、電話サービスと一緒に申し込まないと適用できなかったよね?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

戸建てタイプはそうだけど、マンションタイプはネットのみの申し込みで適用できるわよ!

注意点として、キャンペーンの割引期間が24ヶ月になるため、24ヶ月以内に解約してしまった場合は、工事費の残債分の支払いが必要になることを覚えておきましょう。

乗り換えスタートサポート(解約違約金負担)

auひかり乗り換えスタートサポート
引用:auひかり 乗りかえスタートサポート マンション

auひかりの「auひかり 乗りかえスタートサポート」は、他社からauひかりに乗り換えた場合、解約違約金相当額を還元してくれるキャンペーンです。

また2つ目の特典として、同時にauスマートバリューへ申し込むと、最大10,000円のキャッシュバックも受け取れますよ。

乗り換えスタートサポート
引用:auひかり 乗りかえスタートサポート マンション

乗り換え違約金のキャッシュバックについて、内訳は以下のとおりです。

対象プロバイダ au one net、@nifty、@TCOM、BIGLOBE、So-net、Asahi Net、DTI
還元内容 au PAY 残高へ
キャッシュバック
(チャージ)
最大10,000円
月額利用料から割引 最大20,000円
(月1,000円割引×最大20カ月)

またauスマートバリューに申し込んだ場合、最大10,000円のキャッシュバックも受け取れます。

乗り換えスタートサポート
引用:auひかり 乗りかえスタートサポート マンション

解約違約金の還元もauスマートバリューでのキャッシュバックも、au PAYへのキャッシュバックになるので覚えておきましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャンペーンを適用するには「ネット+電話」サービスへの申し込みが必要だよ!

auルーター→auひかり ピカ得プログラム

ピカ得プログラム
引用:auルーター→auひかり ピカ得プログラム

auルーター→auひかり ピカ得プログラム」は、お得プランへ申し込む場合に適用できるキャンペーンです。

適用されると、月額利用料が最大21,648円(税込)(月902円(税込)×最大24カ月)割引になりお得に利用できます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

タイプG(G契約)か都市機構・都市機構Gの場合はお得プランを、それ以外の場合はお得プランAを新規で申し込んだ場合に適用可能よ。

またauひかりの「ネット+電話」サービスを、auのWiFiルーターが設定されているauスマートバリューのグループに追加登録することで適用できますよ。

【WEB・電話窓口限定】auひかり新規お申し込み特典(ネット+電話)

公式限定キャッシュバック
引用:【WEB・電話窓口限定】auひかり新規お申し込み特典

auひかり新規お申し込み特典」はauひかりのWebまたは電話窓口から申し込んだ場合にのみ適用できるキャンペーンです。

auひかりをマンションの場合お得プランで、かつネット+電話サービスへ申し込んだ場合に適用できます。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャンペーンの対象になるのはau one netのプロバイダで申し込んだ場合のみだから注意しようね!

上記の条件をクリアした場合、申し込みから4ヶ月後にau PAY 残高へ10,000円のキャッシュバック(チャージ)が受け取り可能です!

「ジャンルパック」または「オールジャンルパック」最大2ヶ月無料

ジャンルパック2ヶ月無料
引用:「ジャンルパック」「オールジャンルパック」新規ご加入:キャンペーン

auひかりのテレビサービスがお得に利用できるキャンペーンが【「ジャンルパック」「オールジャンルパック」新規加入キャンペーン】です。

チャンネルがジャンルごとにパックになった「ジャンルパック」は通常月額1,628円(税込)、すべてのチャンネルが視聴できる「オールジャンルパック」は通常月額2,728円(税込)かかります。

本キャンペーンを適用すると、ジャンルパックまたはオールジャンルパックが最大2ヶ月間無料で視聴可能ですよ。

【スマホセット割】auスマートバリュー

auスマートバリュー
引用:auスマートバリュー

auスマートバリュー」はauのスマートフォンとauひかりをセットにするとスマホ代が安くなるキャンペーンです。

auスマートバリュー
引用:auスマートバリュー

割引金額は最大月額1,100円(税込)で、スマホのプランごとに見る割引金額は以下のとおり。

プラン 割引額(月額)
ピタットプラン
・5G
・4G LTE
(新auピタットプランN)
1GBまで 割引対象外
1GB超~7GBまで 550円
使い放題MAX 5G
・ALL STAR パック
・テレビパック
・Netflixパック(P)
・Netflixパック
・with Amazonプライム
使い放題MAX 4G
・テレビパック
・Netflixパック(P
)・Netflixパック
1,100円
ピタットプラン
・5G(s)
・4G LTE(s)
2GB超~20GBまで 550円
カケホ(3Gケータイ・データ付) 1,027円
タブレットプラン20 1,100円

またauスマートバリューを適用する場合は、auひかりを「ネット+電話」で申し込む必要があることを覚えておきましょう。

auひかりマンションタイプの注意点3つ

auひかりのおすすめ窓口やタイプの詳細について解説してきましたが、注意しておきたいポイントも3つご紹介します。

auひかりのマンションタイプを契約する前には知っておきたい点になるので、しっかりチェックしましょう!

マンションにauひかりを導入したい場合は許可が必要

自分が住んでいるマンションにauひかりが導入されておらず新たに導入したい場合、物件管理者の許可が必要です

auひかりではない光回線が既に導入されている場合でも、auひかりの戸建てタイプの導入が可能な場合があります。

どちらの場合も開通工事が必要になるので、大家さんや管理会社の物件管理者へ許可を取らなければいけません。

一軒家と違って賃貸物件は物件管理者が別にいるので、必ず確認をとってから手続きを進めましょう。

auひかりの10ギガなど超高速プランはマンションで利用できない

auひかり高速サービス
引用:auひかり ホーム10ギガ・5ギガ

auひかりは最大通信速度5Gbpsや10Gbpsの超高速プランを一部地域で提供しています。

超高速プランは東京・神奈川・埼玉・千葉の一部エリア限定ですが、エリア内であってもマンションには対応していないため、マンションでは利用できません。

auひかりのマンションタイプは全部で8種類!物件によって料金や速度が違う」こちらの項目でも記載しているとおり、マンションで利用できるタイプは最大1Gbpsになることに注意しましょう。

標準プランは契約期間の縛りがないが、工事費の残債に注意が必要

auひかりでは「お得プラン」か「標準プラン」にするか選ぶことができます

お得プランは2年の契約期間があるため、2年以内に転居する予定があるなど継続が難しい場合標準プランを選ぶこともあるでしょう。

標準プランは契約期間の縛りがなく、いつ解約しても解約違約金はかかりません。

ただし開通工事費をキャンペーンで実質無料にする場合、24ヶ月間工事費相当額を割引することで実質無料になるため、2年以内に解約すると工事費残債分の請求が発生します

標準プランで開通工事費実質無料のキャンペーンを適用するなら、2年以内に解約した場合費用が発生してしまうことに注意しましょう。

auひかりマンションの通信速度は大丈夫?評判からチェック!

WiFiのアイコン

auひかりのマンションタイプについて、戸建てタイプと最大通信速度が異なるため実際の速度が気になりますよね。

ここでは実際にauひかりのマンションタイプを利用している人の、速度についての評判をまとめています。

那比光太(なびこうた)
こうた

auひかりは独自回線で提供している光回線だから、夜間や週末の混雑しやすい時間帯でも安定して利用できるという声があるよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

フレッツ光や光コラボレーション回線は同じNTTの回線を使っているから、利用者が多い時間帯は混雑して速度が遅くなりやすいと言われているわね。

auひかりマンションタイプは配線方式の違いにより、最大通信速度は以下のように定められています。

プラン 最大通信速度
下り 上り
タイプG 664Mbps 166Mbps
タイプV 100Mbps
(一部70Mbps)
35Mbps
(一部30Mbps)
都市機構 東日本/西日本DX 100Mbps
(一部70Mbps)
35Mbps
(一部30Mbps)
東日本/西日本 16M 16Mbps
都市機構G DX-G 664Mbps 166Mbps
東日本/西日本 16M 16Mbps
タイプE・F 100Mbps
ギガ・ミニギガ 1Gbps

最大通信速度は常にその速度が出るという数値ではなく、ベストエフォート型という理論上の数値となります。

ユーザーが自身のネット環境で出る速度を投稿し、実測値として平均をまとめているみんなのネット回線速度では、2021年6月時点のauひかりマンションタイプの平均通信速度は以下のとおりでした。

auひかり通信速度参考
引用:みんなのネット回線速度

それでは、実際の口コミとあわせてauひかりのマンションタイプの通信速度についてみていきましょう。

最大速度100Mbpsでも満足している評判

auひかりのマンション タイプVなどは最大通信速度が100Mbpsです。

該当のタイプを利用している人の口コミをみてみると、高速通信ではないが安定して利用できているとの評判がありました。

光回線と比べると通信速度は劣ってしまいますが、一般的に下り40Mbpsが出ていれば動画の視聴など日常利用には問題ない速度と言われています。

利用者が多くなるゴールデンタイムでも途切れず利用できるのはメリットですね。

またタイプGは最大通信速度が664Mbpsと100Mbpsより早いですが、戸建てタイプの1Gbpsよりは遅くなっています。

タイプGを利用している人の中には光回線に並ぶほどの通信速度が出ているとの声も。

下りと上りともに十分な速度が出ていますね。

最大通信速度1Gbpsの光回線方式はさらに高評価

マンションタイプのギガとミニギガは最大通信速度が1Gbpsの高速通信が可能です。

ギガとミニギガのタイプは高速通信できているという評判が多くありました。

十分な速度が出ておすすめのギガとミニギガですが、対応物件は多くはないのが難点です。

もしどうしても最大通信速度を1Gbpsで利用したい場合、ギガやミニギガタイプが利用できない場合はフレッツ光や光コラボレーション回線など他社光回線を検討してもいいかもしれません。

マンションで利用できる光回線についてはこちらの記事で詳しく解説しているのでチェックしてみてくださいね。

auひかりマンションタイプは通信速度が遅いという評判もある

auひかりマンションタイプの評判を見ていると、速い速度で利用できているという声が多くありましたが、遅いという評判もあります

マンションタイプでは、マンションの供用部分に設備したauひかりの回線を物件内で分け合って利用する形です。

そのため利用する人数が多い場合や時間帯によっては回線が混雑してしまい、通信速度が遅くなる場合があります。

那比光太(なびこうた)
こうた

戸建てだと自分の家だけでしか使わないけど、マンションだと大人数で一つの回線を共有するから、速度が遅くなっちゃう場合があるんだね。

また通信速度が遅いと感じた場合、利用人数の多さや時間帯以外にも遅くなっている原因がある場合も。

速度が遅いと感じたときチェックしたいポイントについて、次の項目で解説しますね。

通信速度が遅い場合にチェックしたいポイント

auひかりをマンションで利用していて、通信速度が遅いと思った時は以下の点をチェックしてみましょう。

  • 接続機器を再起動してみる
  • LANケーブルやルーターの規格をチェック
  • auひかりの方で障害が起きていないかチェック
  • 無線LANルーターを使っているなら有線での接続も検討する

通信速度が急に遅くなった場合は、まず接続機器やパソコンなどを再起動してみましょう

エラーなどで一時的に通信速度が低下しているかもしれません。

またLANケーブルは規格ごとに最大通信速度が異なるため、タイプギガで最大通信速度が1Gbps利用できるはずでも、もしCAT5で最大100Mbpsのケーブルを利用していたら上限が100Mbpsとなってしまいます。

このように必ずしも通信速度が遅くなる原因がタイプごとの最大通信速度によるものとは限らないため、様々な視点でチェックしてみるといいですよ。

またauひかりの速度を改善する方法についてはこちらの記事でも解説しているので、ぜひみてみてくださいね。

auひかりのマンションタイプについてよくある質問

auひかりのマンションタイプについて、よくある質問をまとめてみました。

申し込んだ後にキャンセルはできる?

auひかりは申し込んだ後、8日以内であれば初期契約解除制度でキャンセルが可能です

詳しい期限は「契約内容のご案内(契約書面)」の受領日から8日以内となります。

また開通工事をする前であれば、申し込んだプロバイダへ連絡すればキャンセルできます。

既に工事をしてしまっている場合はキャンセルできませんが、工事前ならキャンセル料は発生せずキャンセル可能ですよ。

解約する時には費用は必要?

auひかりのマンションタイプについて、お得プランで契約している場合は2年間の継続契約となるため、契約更新月以外で解約すると解約違約金が発生します

契約するタイプごとに解約金が異なり、タイプGと都市機構Gは10,450円、それ以外は7,700円となるため注意が必要です。

また24ヶ月以内で解約する場合は、工事費の残債が一括請求される点も覚えておきましょう。

標準プランを契約している場合は解約違約金は発生しませんが、24ヶ月以内に解約する場合は工事費の残債支払いは必要です。

マンションがauひかりに対応してなかったらどうしたらいい?

住んでいるマンションがauひかりのマンションタイプに対応していなかった場合、戸建てタイプを契約できる場合があります

ただしauひかりの提供エリア内であることが大前提で、かつ高層階でないことなど建物条件も問題ないことが条件です。

導入できそうな場合は、大家さんや管理会社など物件管理者の許可を得られれば進めることができますよ。

なお戸建てタイプの導入が難しい場合は、他の光回線やモバイル回線を検討するといいですね。

まとめ

auひかりのマンションタイプは8種類あり、物件ごとに利用できるタイプが決まっています

タイプごとに速度や料金が異なるため、住んでいるマンションではどのタイプが利用できるか事前にチェックしておくことが大切です。

タイプの違いや選べるプランについてなど、auひかりをマンションで利用するときにチェックしておきたいポイントをまとめているので確認しておいてくださいね。

またauひかりを契約する際は実質料金を比較して、申し込み窓口を選ぶとお得に利用できますよ。

本記事で15社を比較した結果、おすすめの窓口は以下のとおりとなりました。

auひかりのマンションタイプを申し込む場合は、契約前に知ってきたい注意点をチェックしつつ、お得な申し込み窓口から申し込むのがおすすめですよ。

auひかりのマンションタイプは8種類と種類が多くわかりづらい点もありますが、要点をおさえて納得のいくインターネットライフを送りましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます