閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの機種選びで迷ってない?違いを調べた結果・・

モバイルルーターとして人気の高いWiMAX。

ですが機種がいくつかあり、どの機種がいいのか迷っている方は是非ここをお読みください。

モバイルルーター「WiMAX」のそれ機種の特徴について徹底比較し、機種の特徴や魅力について詳しく解説していきます。

これからモバイルルーターを購入予定の方は参考にして適した機種を選んでくださいね。

WiMAXの機種

UQコミュニケーションズ株式会社が提供するWi-Fiルーターである「WiMAX」には機種がたくさん存在します。

2017年5月現在で最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT W04」を始め、「Speed Wi-Fi NEXT WX03」「Speed Wi-Fi NEXT W03」「Speed Wi-Fi NEXT W02」「Speed Wi-Fi NEXT WX02」「URoad-Stick」など。

ただし、2017年5月の時点で新規に契約が可能なモバイル機種はほぼW04とWX03とURoad-Stickだけです。

まずは最新機種から見ていきましょう。

Speed Wi-Fi NEXT W04の特徴と魅力


引用元:UQWiMAX

W04は2017年2月に販売開始された機種で、現行販売されている機種の中では一番のハイスペックです。

下り最大速度440Mbpsを誇り、ハイスピードプラスエリアモードでは、下り最速590Mbpsの高速通信が可能。
ただし、このモードは東京都、愛知県、大阪府の一部のWiMAXエリアのみのサービスです。

詳しくは、BroadWiMAX公式HPの「エリア確認」をチェックしてみるといいでしょう。

全国に対応エリアがあることが特徴。エリアによっては、220Mbpsや110Mbps対応のエリアがあるので注意してください。

ハイスピードプラスエリアモードでは万が一WiMAXが電波エリア外だった場合にでも、auのLTE網を利用して高速通信が可能になるんですよ。気になる上りのスピードは通信技術により、これまでよりも3倍アップ!最大速度30Mbpsの高速に進化しました。

端末カラーバリエーションは、グリーンとホワイトです。持ちやすいスティックデザインが特徴。
片手ですっぽり収まるサイズの機器で外形寸法が、約H130×W53×D14.2mmとなっています。質量は約140gで、軽いことも魅力です。

W04は外出先で高速インターネットに接続できて便利なモバイルWiMAXルーターと言えるでしょう。連続通信時間は、通常のWiMAX2+ハイパフォーマンスモードで約390分、バッテリーセーフモードでは約690分です。

LTE回線使用時でも、ハイパフォーマンスモードで約260分持続し、バッテリーセーフモードでは、約550分持ちます。連続待受は休止状態で約850時間充電された状態。実用する上では申し分ない数値になっています。便利に利用できるクレードルは別売です。

クレードルとは、パソコンなどの端末機器とクレードルを有線でつなぎ、WiMAX機器が利用できる卓上充電器のこと。無線で利用できない端末などでも高速インターネットに接続が可能になります。

WiMAXにクレードルは必要?クレードルの便利機能とは

Speed Wi-Fi NEXT WX03の特徴と魅力


引用元URL:UQWiMAX

WX03は、下り最大440Mbpsを誇る端末機種です。
上りの速度はW04には及ばないものの、下りの速度は遜色なく利用できます。
ただし、主に東京、名古屋、大阪エリアでの利用となり、サービスエリアはW04には及びません。

auのLTEモードにも非対応のため、利用できるエリアが限られてしまうことがデメリットと言えるでしょう。
対象エリアのユーザーには高速で快適に利用できることが特徴。

カラーバリエーションは、ホワイトゴールドとディープブルーです。爽やかで華やかなことが魅力といえるでしょう。

大きさもコンパクトサイズ。W99×H62×D13.2mmで重さも約110gとなっています。W04よりも少し軽量なことが魅力となるでしょう。

その他大きな魅力は、バッテリーの使用時間です。WiMAX2+モードを利用しハイパフォーマンスモードで連続通信約440分バッテリーが持続し、エコモードでは約740分も持続するんですよ。

この数値はW04よりも上。連続待受は約1,100時間も持続します。WiMAXの全機種の中で最もパフォーマンスの優れた数字となっています。W04同様にクレードルは別売です。

URoad-Stickの特徴

引用元URL:BroadWiMAX

USBのスティックタイプである「URoad-Stick」という機種もあります。この機種はパソコンなどのUSB端子にスティック状のWiMAXルーターを差し込むだけ。
コンパクトで持ち運びも便利です。BroadWiMAXではまだ契約可能な機種になっています。もちろんWiMAX2+対応。WiMAXハイパワーにも対応しています。
性能は、下り最大110Mbpsとなり、W04やWX03には及びません。LTEにも非対応のため、スペック的には最新機種よりも劣ってしまいます。ただし、サイズが約27×62×11でとってもコンパクト。また、重さ18gと持ち運びには便利といえるでしょう。USB接続タイプなので、充電の心配や電波干渉の心配もいらないことが魅力です。

WiMAXの機種の特徴(その他)

その他の機種には、W03やW02、WX02などの機種がありました。現在では新規契約はできない機種です。
これらの特徴は、W03こそ下り370Mbpsの最高速度のスペックでしたが、その他の機種は2220Mbpsや110Mbpsの速度となり、現行機種よりも圧倒的に速度的に劣るもの。

また、サービスエリアもW04には遠く及ばず、東京、名古屋、大阪が主なエリアです。
ただし、W03、W02はLTE対応。WX02、W03は電池の持ちこそW04よりも優れ約12時間の利用が可能ですが、W02では、8.5時間と充電時間でも現行機種に劣ります。
そのため、すでに新規契約終了となっている機種はほとんどの面において、現行機種よりも仕様が下回っています。現行機種を利用する方が優れているといえますよね。

もしも、すでに新規契約が終了している機種を利用しているユーザーは、W04またはWX03に端末機器を変更した方が便利になるかもしれません。
機種変更の際には、新機種の「追加登録」が必要になり、旧機種の「削除」の手続きが必要です。これにより旧機種での解約手続きが可能です。

ネットで簡単に手続きできますが、追加登録には191円の料金が発生します。

<WiMAXルーター比較表>

機種名通信速度エリアデザイン性充電時間

W04
(最速440Mbps)

(全国。LTE回線でカバー)
×
(約10時間)
WX03
(最速440Mbps)
×
(主に東京、名古屋、大阪)

(約12時間)
URoad-Stick×
(最速110Mbps)
×
(主に東京、名古屋、大阪)

(小型で軽量)
◎(USB)
その他の機種××
(好みによるが、少し大きい)

(約8.5時間〜12時間)
おすすめ窓口wimaxで人気No.1「Broad WiMAX」
https://wimax-broad.jp/
初期費用割引でおトクに利用

モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。おトクに申し込みためには、webフォームからクレジットカード払いでお申込みしよう!そうすると初期費用18,857円割引になる他社の窓口と比べ、月々の利用料も安いのが魅力です!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAX端末機種の値段

WiMAX端末は端末単体での購入はできません。プロバイダーとの契約込みの利用料金となっています。

通常の料金プランは、月間7GBまでのプランとなり7GBを超えると通信速度制限がかかります。
通信量を気にせずに利用できるギガ放題プランもあり、こちらは通信速度制限がかかりません。

BroadWiMAXでは、ライトプランが2,726円/月(24ヶ月以降は3,326円)となりギガ放題プランが2,726円(3ヶ月以降は3,411円)です。
動画をみたり音楽の視聴を多く楽しむ利用者にはギガ放題プランの方がストレスなく利用できるのではないでしょうか。

契約内容には端末代金が含まれていますが、基本的に端末代金は0円です。
また、BroadWiMAXはウェブから申し込むことで、初期費用18,857円が無料になるキャンペーンを実施しております。

WiMAXを利用できるプロバイダーはたくさん存在しています。
それぞれのWiMAXプロバイダーによってキャッシュバック金額やキャンペーンが異なるため、実際の月額料金が異なることでしょう。
お得なWiMAXプロバイダーを見つけて契約できるといいですよね。

比較的安いプロバイダー2社を比較してみました。BroadWiMAXとGMOのとくとくBBです。

キャッシュバックの支払いは一回だけのお金です。2年以上使うことを考えるとランニングコストはBroadWiMAXの方がお得なことがわかりますよね。

BroadWiMAXなら2台目以降の端末が10,000円割引なことも魅力です。

プロバイダー
(ギガ放題プラン)初月費用初年度年額費用お得な金額

BroadWiMAX2,726円39,562円18,857円
(初期費用無料)
とくとくBB3,609円49,848円31,000円
(キャシュバック)
おすすめ窓口wimaxで人気No.1「Broad WiMAX」
https://wimax-broad.jp/
初期費用割引でおトクに利用

モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。おトクに申し込みためには、webフォームからクレジットカード払いでお申込みしよう!そうすると初期費用18,857円割引になる他社の窓口と比べ、月々の利用料も安いのが魅力です!

Web限定!初期費用18,857円割引

WiMAX端末機種はW04がおすすめ

特徴や仕様、価格の面でWiMAX端末を徹底比較してきました。
では、どの機種をチョイスすると利便性があり、お得になるのでしょうか。

おすすめWiMAXルーターは最新機種のW04です。速度の面、エリア範囲の広さ、持ち運びのしやすさ、デザイン性、値段、ほとんどの面でW04が優れています。

デザインや持ち運びのしやすさは個人差があるため、一概には言えないかもしれませんが、概ねW04の方が人気があるといえるでしょう。
ただし、電池の持続時間については、WX03の方が優れています。

どうしても、充電の長さを重視し、連続通信を行いたいユーザー以外はW04の方が満足度が高く便利に利用できます。

WiMAXの各機種の特性はご理解いただけたでしょうか。
現行販売機種のおすすめはW04です。
お得に申し込みを行うなら、月額料金の安いプロバイダーで申し込むといいでしょう。

もしも、現在旧機種をお使いなら、この機会にぜひ最新機種に機種変更をしてみてはいかがですか?

高速通信の利用範囲がぐっと広くなりますよ。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る