閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

2019年版!WiMAXのおすすめは?おすすめプロバイダ・端末・プランを紹介!

めんどくさいを解決!WiMAXの機種選びで迷う・・各社の違いとは

WiMAXを契約しようと思っても、どのプロバイダで申し込めば、またどの機種を選べばいいのかいいのかわからないですよね?

結論からいいますと契約するプロバイダは、3年間の実質総額料金が安いGMOとくとくBBがオススメです。

機種に関しましては、最大1.2Gbpsの下り速度を出せてバッテリーの持ちもよいW06がオススメです。

この記事では、プロバイダをGMOとくとくBBにして機種をW06にすることをオススメする理由について、詳しく解説していきます。

WiMAXのプロバイダを選ぶ際に確認すべきポイント2つ

WiMAXのプロバイダを選ぶときは、以下2つのポイントを押さえておきましょう。

  • 3年間の総額実質費用
  • 3年契約プランに加入できるか

上記のポイントを知っておけば、お得なプロバイダでWiMAXを契約できます。

3年間の総額実質費用をチェックする

WiMAXを契約する際は、3年間で支払うトータルの費用でプロバイダを比較しましょう。

月額料金割引キャンペーンを実施しているプロバイダは一見お得と感じますが、キャッシュバックをもらったほうが3年間で支払うトータルの費用が安くなる場合が多いです。

WiMAXは3年契約プランがオススメ!2年契約はキャンペーンが減少中!

WiMAXには3年契約プランと2年契約プランがありますが、3年契約プランがオススメです。

3年契約プランに加入すると、LTEオプションを無料で利用できるからです。

2年契約に加入するとLTEオプションを使うには月額1,005円が必要なうえに、受けられるキャンペーンのお得度が落ちてしまいます。

また、2年契約プランに加入できるプロバイダは減少しています。

WiMAXのオススメプロバイダは?キャンペーン窓口9社を比較!

WiMAXの性能はどのプロバイダで契約しても変わりません。

そのため、どのWiMAXプロバイダを選ぶかは、3年間の実質費用が基準になります。

また、プロバイダが実施しているキャンペーンには種類があるので、自分の利用したいキャンペーンを実施しているかもチェックポイントとして挙げられます。

WiMAXプロバイダが実施しているキャンペーンは、おおまかに分けると以下の3種類です。

  • 月額料金割引
  • キャッシュバック
  • 違約金負担キャンペーンなど

あらゆるWiMAXプロバイダの3年間に支払うトータル費用をまとめました。

WiMAXの実質費用比較
@nifty WiMAXは初回のみ料金が発生する。

上記の表をもとにすれば、お得なWiMAXプロバイダはどこなのかがわかります。

1位:GMOとくとくBBの割引キャンペーンがオススメ!

最もお得にWiMAXを利用できる方法は、GMOとくとくBBで申し込んで月額割引キャンペーンを受けることです。

通常時
割引時
ギガ放題プラン
ライトプラン
ギガ放題プラン
ライトプラン
月額料金
4,263円
3,609円
1・2か月目:2,170円
3~36か月目:3,480円
1・2か月目:2,170円
3~36か月目:2,690円
実質費用
156,468円
132,924円
120,660円
93,800円

※2019年3月時点の情報です。
※割引時の金額はキャッシュバック5,000円も含めた金額です。
※上記金額は、契約事務手数料も含めた金額です。

適用条件も緩くキャッシュバックと違って自動で割引が入るので、申請手続きを忘れないか不安な人にオススメです。

<GMOとくとくBB割引キャンペーンの適用条件>

  • 他のキャンペーンとの重複適用は不可
  • 過去にGMOとくとくBBにご入会されていてもキャンペーン利用可
  • キャンペーン期間中に対象ページより申し込みを行った方が対象
  • キャンペーンの支払い方法はクレジットカード払いのみ

GMOとくとくBBの割引キャンペーンを申し込む場合、下記3つの特典も併用できます。

  • 端末機種代金無料
  • LTEオプション36,180円相当が無料
  • 5,000円キャッシュバック

WiMAXをGMOとくとくBBの割引キャンペーンを利用して契約する



2位:GMOとくとくBBのキャッシュバックがオススメ!

3年間に支払うトータル費用を安くするなら、GMOとくとくBBで申し込んでキャッシュバックをもらうのもオススメです。

GMOとくとくBBのWiMAXは、他のプロバイダと比較しても群を抜いてキャッシュバック金額が高いからです。

3年間の実質費用
109,160円
月額料金
4,263円
キャッシュバック
36,000円
他キャンペーン
端末代金無料
専用クレードル0円
送料無料
取り扱い端末
W06
WX05
W05
WX04
HOME L02
HOME01
利用期間
3年
違約金
端末到着翌月~24カ月:24,800円
25カ月以降:9,500円

安心サポートた安心サポートPlusへの加入が必要ではありますが、最初の2ヶ月間は無料なので、すぐ解約すれば問題ありません。

<GMOとくとくBBキャッシュバックの適用条件>

  • GMOとくとくBB新規入会する方対象
  • 過去に契約したことがある方は対象外
  • 対象ページより申し込み
  • キャッシュバック特典不要時期に解約の場合は対象外

ただ、キャッシュバックを受け取るには、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛に振込に関する指定口座確認のメールが送られてくるメールに返信しなくてはいけないので気をつけてください。

メールに返信すると、翌月末日に指定口座へキャッシュバックが振り込まれます。

GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用して契約する



【注意】選択する端末によってキャッシュバック金額が違う!

GMOとくとくBBからもらえるキャッシュバックの金額は、選択する端末によって異なります。

最大額の36,000円キャッシュバックをもらえるのは、W05で本体のみ契約した場合のみなので注意してください。

端末
本体のみ
本体+クレードルセット
W06
31,100円
WX05
31,100円
28,100円
W05
36,000円
31,800円
HOME L02
30,600円
HOME L01
32,000円
HOME 01
30,400円

【注意】GMOとくとくBBは他社と比較して違約金が高い!

GMOとくとくBBではキャッシュバックが高額な代わりに、解約する際に請求される違約金が他社よりも高額です。

WiMAXのプロバイダ別違約金

WiMAXを2年以上使えば他社と同じ金額ですが、2年以内に解約する可能性があるなら他のプロバイダも検討してみましょう。

なお、こちらの記事でGMOとくとくBBのWiMAXについてくわしく解説していますのであわせて参考にしてください。

3位:@nifty WiMAXのキャッシュバックも高額でオススメ!

@niftyWiMAXもキャッシュバックが高額なので、魅力がある選択肢といえます。

@niftyWiMAXでは、30,100円もの高額キャッシュバックが用意されています。

3年間の実質費用
128,141円
月額料金
3480円
キャッシュバック
30100円
他キャンペーン
端末代金無料
専用クレードル0円
送料無料
利用期間
3年
違約金
契約翌月~12カ月:19,000円
13~24カ月以内:14,000円
25~36カ月以内:9,500円

キャッシュバックの適用条件も緩く、オプションの加入といったデメリットがありません。

@nifty WiMAX キャッシュバックの適用条件>

  • キャンペーンページまたはお電話にてWiMAX 2+ Flat 3年ギガ放題に申し込みをした方

ただ、キャッシュバックをもらうには、機器発送付きを含む8ヶ月目に受取口座を登録しなければいけないので注意しましょう。

受取口座を登録すれば、翌月にキャッシュバックが振り込まれます。



違約金負担キャンペーンを実施中のBroad WiMAXもオススメ!

今使っているWiMAXプロバイダから他へ乗り換えるのであれば、BroadWiMAXもオススメです。

3年間の実質費用
131,626円
月額料金
3,411円
キャッシュバック
他キャンペーン
初期費用0円
端末代金無料
違約金負担キャンペーン
学割1年間685円割引
利用期間
3年
違約金
契約翌月~12カ月:19,000円
13~24カ月以内:14,000円
25~36カ月以内:9,500円

BroadWiMAXでは他社で実施していない違約金負担キャンペーンを実施しています。

違約金負担キャンペーンでは、他社プロバイダのWiMAXを解約する際の費用を負担してくれます。

3年契約プランが主流になりつつあるなかで、BroadWiMAXのキャンペーンは今利用しているプロバイダを途中で解約するときに便利です。

また、WiMAXから光回線などに乗り換える場合、違約金を負担して優良サービスを紹介してくれます。

キャンペーン適用条件は期間内にBroad WiMAXに申し込むだけなので、面倒な手続きをする必要がありません。

乗り換えキャンペーン

Broad WiMAXなら他社WiMAXの違約金を負担してくれる

月額料金が最安級のBroad WiMAXは違約金も19,000円まで負担してくれる!ギガ放題の最新機種を2,726円~!もちろん端末代金も無料・・・詳しく見る

WiMAXのオススメ端末は?性能を比較!

WiMAXを契約するときは利用する端末を選べますが、どれを使えばいいのかわかりませんよね。

どの端末を使うかは、人それぞれのこだわりで変わります。

下記の表にWiMAX端末の性能をまとめました。
WiMAXのルーター性能比較

上記の表を見れば、自分はどの端末を使うべきかが見えてきます。

最新モバイルルーターW06は最大1.2Gbpsの高速通信が可能!

とにかく通信速度を重視したい人には、最新ルーターのW06がオススメです。

W06は最大1.2Gbpsまでの速度が出せるからです。

他の端末と比べると2倍以上も通信速度が優れているので、速さを求めるならW06が第一候補といえます。

W06
WX05
W05
最大速度(下り)
最大1.2Gbps
最大440Mbps
最大558Mbps
最大速度(上り)
75Mbps
最大30Mbps
最大30Mbps

ただし、W06の1.2Mbpsは、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府の一部エリア内でWiMAXを利用する必要があります。

また、有料のハイスピードプラスエリアモード、ハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定をオンにした場合にしか利用できませんので注意してください。

とはいえ、通常のWi-Fi接続時でも下り最大867Mbpsと高速通信が可能です。
USB3.0以上対応のType-Cケーブル(別売)が必要ですので準備を忘れないようにしてくださいね。

バッテリーの持ちを重要視する場合もW06がオススメ!

外出先でバッテリーの残量を気にしたくない人にもW06がオススメです。

W06はWiMAXルーターのなかで連続通信時間が長いからです。

W06
WX05
W05
連続通信時間
約9時間
約8.1時間
約9時間

W05もW06と同じく連続通信時間が約9時間ですが、通信速度も加味するとW06がオススメですよ!

W06の連続通信時間は最大9時間なので、外出先でバッテリーが切れる可能性が低いです。

長時間外出先でネット通信をすることが多いという方もW06の契約を検討してみてくださいね。

自宅のみで利用するなら一番速いホームルーターHOME L02がオススメ!

自宅だけでWiMAXを利用するならホームルーターがオススメです。

WiMAXのホームゲートウェイにはHOME L02とL01s、L01の3種類がありますが、性能の良さを求めるならL02が第一候補になります。

HOME L02はL01sとL01に比べて通信速度が速いからです。

HOME L02
HOMEL01/L01s
HOME01
最大速度(下り)
最大558Mbps
最大440Mbps
最大440Mbps
最大速度(上り)
最大30Mbps
最大30Mbps
最大75Mbps
サイズ
約93×93×178mm
約180×93×93mm
約70×155×100mm
重量
約436g
L01 約493g / L01s 約450g
約338g
同時接続
40台
42台
22台

上記からもわかるとおり、下り速度ではL02が最も優れていますが、コンパクト差や最大上り速度を見たときはL01が優れていますので、自身の重要視するポイントをよく比較してから、契約するようにしてくださいね。

なお、WiMAXルーターを比較した記事もご用意していますのであわせてご覧ください。

WiMAXのオススメプランはギガ放題プラン!

WiMAXを契約する際はギガ放題プランかライトプランのどちらかを選択できますが、オススメはギガ放題プランです。

ギガ放題プランに加入すれば、毎月利用できるデータ量の上限がなくなります。

速度制限はありますが、3日間で10GB利用した場合に翌日の18時~翌々日の2時まで通信速度が最大1Mbpsに制限される程度なので使い勝手は悪くありません。

ライトプランでは毎月利用できるデータ量に7GBの上限があり、7GBに達した時点で月末まで通信速度が最大128Kbpsに制限されます。

【ギガ放題プラン】データ量10GBの目安

ギガ放題プランに速度制限があると聞くと良くない印象を抱きますよね。

しかし、3日間で10GBを消費しないと制限はかからないので、気にする必要はありません。
高画質の動画を約12.3時間も見続けないと、10GBも使わないからです。

インターネットの利用方法
時間・回数
HP閲覧
約33,333ページ
動画視聴
高画質(HD/720p)
約12.3時間
標準画質(SD/360p)
約43時間
音楽ダウンロード
約2500曲

1人でインターネット回線を使うのであれば、WiMAXで通信速度を受ける可能性は低いと考えていいでしょう。

【ライトプラン】データ量7GBの目安

ライトプランでは1ヶ月に7GBしか利用できないので、すぐに速度制限がかかると考えるべきです。

7GBでは高画質動画を約8.6時間しか視聴できないからです。

インターネットの利用方法
時間・回数
メールの送受信
約14,630通/月(約488通/日)
HP閲覧
約14,630通/月(約488通/日)
動画視聴
高画質(HD/720p)
約8.6時間
標準画質(SD/360p)
約30時間
音楽ダウンロード
約1,750曲/月(約58曲/日)

インターネット動画を見ない人ではない限り、WiMAXを契約するときはギガ放題プランを選びましょう。

動画視聴ですぐに速度制限に達する危険性あり!

ライトプランで速度制限になると128Kbpsの低速が月末まで続くので、動画視聴はほぼ不可能です。

通常プラン
利用可能レベル
利用に必要な速度
メールやSNS送受信
約 100kbps~1Mbps
ホームページ観覧
×
約 200kbps~2Mbps
動画視聴
144p 最低画質
×
約 300kbps以上
360p 低画質
×
約 500kbps以上
480p 標準画質
×
約 1Mbps程度
720p 高画質
×
約 1~2Mbps
テレビや最高画質動画視聴
×
約 3~5Mbps

動画を視聴するとあっという間に7GBを消費してしまうので、インターネット動画を頻繁に見る人にはギガ放題プランがオススメです。

ギガ放題では速度制限がかかっても最大1Mbpsのスピードは出るので、動画を視聴できますよ。

ただし、ギガ放題プランを契約していても、ハイスピードプラスエリアモードの使用時に7GBのデータ量を超過した場合は、128Kbpsの速度制限にかかってしまうので注意してください。

ギガ放題プラン
利用可能レベル
利用に必要な速度
メールやSNS送受信
約 100kbps~1Mbps
ホームページ観覧
約 200kbps~2Mbps
動画視聴
144p 最低画質
約 300kbps以上
360p 低画質
約 500kbps以上
480p 標準画質
約 1Mbps程度
720p 高画質
約 1~2Mbps
テレビや最高画質動画視聴
×
約 3~5Mbps

なお、こちらの記事でWiMAXで快適に動画を見る方法を紹介していますので参考にしてください。

まとめ

WiMAXを契約するプロバイダを選ぶときは、3年間で負担するトータルの費用と3年契約プランに加入できるのかを基準にしてください。

高額キャッシュバックがもらえるプロバイダで申し込めば、3年間で負担するトータル費用が大幅に安くなります。

また、3年契約プランに加入できるプロバイダを選べば、LTEオプションを無料で利用できるメリットも受けられます。

最もオススメの申し込み窓口は、GMOとくとくBBの割引キャンペーンです。

実質費用が2019年3月段階で最も安くなりますので、現在WiMAXの契約を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

WiMAXを契約するときはどの機種を使うかも迷いますが、通信速度の速さを重視するのならW06がオススメですよ。

自宅だけでWi-Fiを使う人なら、ホームルーターのHOME L02が最有力候補です。

自分にあった端末がどれかもよく検討したうえで、WiMAXに申し込みを行ってくださいね。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る