閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

いま一番料金が安いWiFiはここだ!固定回線・モバイルルーター各社の最新情報で比較

WiFiを選択するときに意識すべきポイントとして、料金が安いことは大前提です。

しかし、固定回線やモバイルWiFi各社のWebサイトに記載されている料金は、比較材料のすべてではありません。

毎月の固定料金にあたる「月額料金」のみならず、初期費用やキャッシュバックキャンペーンなどの還元も加味した「実質料金」で比較することが大切なのです!

今回の記事では、WiFiを使用するために必要となる「固定回線」「モバイルルーター・ホームルーター」の最新料金プランやキャンペーン情報を比較し、いまもっとも安い実質料金で契約できる窓口を紹介します。

なお、インターネット回線は解約する際にも料金が発生する場合がありますので注意しましょう。

WiFiの利用方法には3種類!それぞれ料金も違う

WiFiを利用するためには、以下の3種類のサービスでいずれかを契約する必要があります。

  • 固定回線(光回線)
  • モバイルルーター・ホームルーター
  • WiFi SPOT

まずはそれぞれの料金相場や特徴などを見ていきましょう。

固定回線(光回線)は月額料金4,000円~6,000円が相場

固定回線とは、自宅内に直接インターネット回線を引き込む方法です。

月額料金の相場は4,000円〜6,000円と高めではありますが、部屋の中まで物理的にインターネット回線が届いているため、回線速度が速く、通信環境も安定しています。

基本的に通信量制限もないため、どれだけ使っても速度制限になることはありません。(一部サービスには例外あり)

しかし、開通工事を行わなければならないため、申し込みから開通まで1~2ヶ月程度の時間がかかり、WiFiの機能を利用するためにはWiFiルーターを購入するか、レンタルオプションの加入が必要です。

モバイルルーター・ホームルーターは月額3,000円~4,000円が相場

モバイルルーター・ホームルーターは、光回線とは違い、開通工事不要で導入できるWiFiで、月額料金相場は3,000円〜4,000円と比較的リーズナブルです。

工事が不要であるため導入までのスピードが速く、最短で申し込み当日、遅くとも1~2週間ほどで利用可能となり、WiFi機能を搭載した端末を購入またはレンタルするサービスであるため、オプションの加入は不要です。

しかし、すべての通信を無線で行うため、建物や周囲環境の影響を受けやすく、光回線と比べて回線速度が劣り、通信が不安定という弱点を持っています。

モバイルルーターは、持ち運びが可能で外出先や移動中でも使うことができますが、充電の残量に気を配る必要があります。

一方で、ホームルーターはコンセント給電する据え置きタイプなので持ち運びはできませんが、モバイルルーターよりスペックの高い端末を使うことができるため、回線速度が速く、安定した通信を行えます。

WiFi SPOTは300~500円が相場

WiFi SPOTとは、駅構内やカフェなどのいろいろな施設に導入されているWiFi環境に接続するためのサービスです。

サービス自体の種類は少なく、主要なものだと以下があげられます。

サービス
au Wi-Fi SPOT
docomo Wi-Fi
ソフトバンク
Wi-Fiスポット
月額料金
300円 300円 467円

 
金額的には圧倒的に安いですが、実際に利用するためには、これらが導入されているお店や施設に滞在しなくてはなりません。

契約しているものと違う種類のWiFiスポットにはつなぐことができませんし、不特定多数の人が利用するものなので、速度・安定性・安全面から見てもあまりオススメではありません

複数の行きつけのお店が共通して導入しているなど、限定的な条件が重ならないとメリットがあるとはいいづらいサービスです

安くWiFiを契約するなら「実質料金」に注目しよう!

それぞれのサービスを比較する際には、月額基本料金だけではなく、その他に発生する費用や、割引などのキャンペーンをすべて加味した「実質料金」で比べましょう

WiFi(インターネット)を使う際に支払わなくてはいけない月々の費用は、月額基本料金だけではなく、以下の項目の合計金額です。

  • 月額基本料金
  • 契約事務手数料(初回のみ)
  • 開通工事費用の割賦金(固定回線の場合)
  • ルーター端末代金の割賦金(モバイルルーター・ホームルーターの場合)
  • オプション料金

回線事業者やプロバイダ、代理店などがそれぞれに行うキャンペーンには以下のようなものがあります。

  • 月額料金割引
  • 初期費用割引
  • キャッシュバック
  • 乗り換え費用補填
  • スマホセット割引

実質料金とは、これらすべてを考慮した料金のことです。

とくに、契約事務手数料や工事代・端末代などは、初期費用割引で無料になるケースが多く、キャッシュバックキャンペーンも受取総額を契約年数に応じて充当することで実質料金の一部にできます。

固定回線ではスマホとのセット割でさらに料金が下がる

auスマホには「auスマートバリュー」、ドコモスマホには「ドコモ光セット割」、ソフトバンクには「おうち割 光セット」と3大携帯キャリアには、それぞれの携帯端末とネット回線をセットにする割引サービスが用意されています。

これらスマホセット割は、回線料金ではなく、スマートフォンの月額料金が割引されるためWiFiの月額料金に直接金額が影響するわけではありません。

しかし、割引金額がとくに大きいため、サービスの選択を左右する十分な要因になりえます。

下記に、スマホセット割の対応する組み合わせをまとめました。

キャリア
au
ドコモ
Softbank
割引サービス
auスマートバリュー ドコモ光セット割 おうち割 光セット
回線サービス
auひかり、So-net光、ビッグローブ光、eo光、コミュファ光など ドコモ光 ソフトバンク光、NURO光

実質料金が安い!最新のオススメWiFi窓口【固定回線】

固定光回線の選択は、使っているスマホのキャリア、つまりどのセット割が使えるかを基準に考えるとよいでしょう。

それほどまでにセット割で受けられる割引金額は大きな違いを生みます。

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

ソフトバンクユーザーであるならば、「おうち割 光セット」を適用できる「NURO光」がオススメです。

NURO光は、提供元であるSo-net公式サイトからの申し込みが一番大きな割引を受けられます。

月額基本料金
4,743円
開通工事費用
40,000円(30ヶ月分割)
契約事務手数料
3,000円
必要オプション
光電話:関東500円/月
東海・関西・九州300円/月(スマホセット割条件)
キャンペーン
キャッシュバック:35,000円
契約事務手数料無料
開通工事費用無料
スマホセット割引
ソフトバンク端末1台あたり最大1,000円割引/月(10台まで)
更新期間
2年間
実質月額金額
約3,284円 +光電話-スマホセット割引

So-net公式サイトのキャンペーン情報は以下よりご確認いただけます。




 

auユーザーなら「So-net光」

auユーザーであれば「auスマートバリュー」が使え、かつ月額基本料金も低額な「So-net光」がオススメです。

So-net光は、公式サイトから申し込むと、もっともお得です。

月額基本料金
戸建てタイプ
マンションタイプ
3,980円
※キャンペーン適用時
2,980円
※キャンペーン適用時
開通工事費用
24,000円(48ヶ月分割)
※キャンペーン適用で実質無料
契約事務手数料
3,000円
必要オプション
光電話:500円/月(auスマートバリュー適用条件)
スマホセット割引
au端末1台あたり最大2,000円割引/月(10台まで)
更新期間
3年間
実質月額料金
約4,563円
-スマホセット割引
約3,563円
-スマホセット割引

So-net光公式のキャンペーン情報は以下よりチェックしてみてくださいね。

\3年間で最大72,000円割引!/
So-net光のキャンペーン情報を見る【公式】
※このボタンからお得な特典をチェック

 

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

「ドコモ光セット割」を唯一使うことができる「ドコモ光」がドコモユーザーにはオススメです。

販売代理店である「ネットナビ」を経由して申し込むと、ドコモ光公式と代理店それぞれのキャンペーンを受け取ることができ実質料金が大幅に下がります。

月額基本料金
戸建てタイプ
マンションタイプ
5,200円(タイプA) 4,000円(タイプA)
開通工事費用
18,000円 15,000円
契約事務手数料
3,000円
必要オプション
なし
キャンペーン
キャッシュバック:15,000円
dポイントプレゼント:20,000円分
スマホセット割引
最大3,500円割引/月
更新期間
2年間
実質月額料金
約4,616円 -スマホ割引 約3,291円 +スマホ割引

ドコモ光代理店「ネットナビ」のキャンペーン詳細は以下よりご確認ください。

\最大15,000円キャッシュバック実施中/
ドコモ光のキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

  

実質料金が安い!最新のオススメWiFi窓口【モバイルルーター・ホームルーター】

モバイルルーターとホームルーターを比較するにあたって、条件は以下に統一します。

  • 通信量無制限プラン
  • 最新機種を選択

理由としては、利用環境として他の回線サービスとの併用は想定しない、また端末スペックによる実用性の差を極力小さくするためです。

モバイルルーターなら「WiMAX」

モバイルルーターであれば、速度/金額ともにメリットの高い「WiMAX」がオススメです。

同じ端末・同じ契約を複数のプロバイダから申し込むことができ、それぞれ独自の金額・キャンペーンがあるため、選択肢が広いことも特徴です。

通信量無制限プランは「ギガ放題」という名称です。

実質料金最安は「GMOとくとくBB」が最安

2019年8月時点での最安プロバイダは「GMOとくとくBB」です。

現金キャッシュバックは最大35,000円、端末代金無料のキャンペーンが適用されます。

月額基本料金
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目以降:4,263円
契約事務手数料
3,000円
ルーター端末代金
0円
キャッシュバック
35,000円
3年間実質料金
120,160円
実質月額料金
約3,338円

 
GMOとくとくBBの最大35,000円キャッシュバックは以下のページから、8月限定となっていますので、ぜひチェックしてみてください!

\最大35,000円キャッシュバック実施中/
GMOとくとくBBのキャンペーン情報を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

口座振替なら「BIGLOBE WiMAX」が最安

「JPWiMAX」「GMOとくとくBB」は支払い方法がクレジットカードのみとなっているため、クレジットカードをお持ちでない方は残念ながらこれらを選ぶことができません。

月額支払いに口座振替が選択できるものの中で一番実質料金が安いのが、「BIGLOBE WiMAX」です。

15,000円キャッシュバックと端末代金無料のキャンペーンが適用されます。

月額基本料金
4,380円
契約事務手数料
3,000円
ルーター端末代金
0円
キャッシュバック
15,000円
3年間実質料金
145,680円
実質月額料金
約4,046円

BIGLOBE WiMAXのキャンペーン内容は以下からご確認いただけます。




 

完全無制限のモバイルルーターなら「どんなときもWiFi」一択!

WiMAXは通信量に制限はありませんが、「直近3日に10GB以上」を超えてしまった場合、翌日の夜の時間帯に「通信速度」の制限がかけられ、最大1Mbpsでの通信しか利用できなくなってしまいます。

しかし、株式会社グッド・ラックが提供する「どんなときもWiFi」であれば、通信量・速度ともに制限のない「完全無制限」の環境で利用できます。

どんなときもWiFiは、モバイルルーター内にau・ドコモ・ソフトバンクの3キャリアのSIMを内蔵しており、その場その場でもっとも安定した通信ができる回線に自動でつなぎ替えをする機能を持っており、安定性に定評があります

料金設定も1通りとシンプルで、WiMAXと比べても実質料金に遜色はありません。

月額基本料金
3,480円
契約事務手数料
3,000円
ルーター端末代金
0円
3年間実質料金
128,280円
実質月額料金
約3,563円

\完全無制限のモバイルWiFiルーター/
どんなときもWiFiの詳細情報を見る

 

ホームルーターなら「モバレコAir」

自宅据え置きタイプのホームルーターを契約するのであれば、「モバレコAir」での契約がオススメです。

モバレコAirはソフトバンクの提携企業であり、端末・通信品質ともにソフトバンクと同一の「SoftBankAir」を提供しています。

モバレコAir
ソフトバンク
月額基本料金
1,970円(〜12ヶ月)
3,344円(13ヶ月〜)
3,800円(〜12ヶ月)
4,880円(13ヶ月〜)
契約事務手数料
3,000円
ルーター端末代金
0円
3年間実質料金
106,896円 165,720円
実質月額料金
約2,969円 約4,603円

 
以上のように、本家ソフトバンクよりも大幅に安い実質料金で利用ができます

モバレコエアーのキャンペーン内容は以下をご参照ください。

♦必ず28,000円キャッシュバック&料金割引実施中♦
モバレコエアーのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

短期の利用ならレンタルWiFiや契約期間なしのWiFiがオススメ

今日や旅行などWiFiの利用期間が短期間になる場合はレンタルWiFiや契約期間がないWiFiサービスの利用が経済的です。

とくに「縛りなしWiFi」「WiFiレンタルどっとこむ」がオススメの2サービスです。
 

縛りなしWiFi
WiFiレンタルどっとこむ
基本料金
一日:400円
30泊31日:6,000円
3,300円/月
事務手数料
なし なし
端末代金
なし なし

【注意!】WiFiは解約するときにも料金がかかる

インターネットを解約する際には解約費用として以下のものが請求されます。

  • 解約違約金
  • 開通工事費の残債(固定回線の場合)
  • 撤去工事費(固定回線の場合)
  • ルーター端末代の残債(モバイルルーター・ホームルーターの場合)
  • オプション解約金

解約にかかる料金はゼロにできる!

上記の解約費用を減らすためには2つの方法があります。

1.解約費用がかからないタイミングを待って解約する

解約違約金は契約更新月、開通工事費・ルーターの残債は償却期間以降であれば支払いの必要がありません。

そのためこれらのタイミングが重なる期間であれば解約費用を抑えることができます。

しかし、サービスによっては撤去工事費が必ずかかるケースもあります。

その場合は、下記の解約費用還元キャンペーンのあるサービスへの乗り換えを併用するとよいでしょう。

2.違約金還元キャンペーンをやっている他社回線に乗り換える

回線サービスのうちのいくつかは、他社回線からの乗り換えの方を対象に、乗り換え元回線でかかる解約費用の還元キャンペーンを行っているところがあります。

還元の最大金額・還元対象の範囲はサービスによって違います。

申請方法は、一度利用者が立て替えで支払った解約費用の明細を、乗り換え先事業者に対して提出するという手順です。

auひかり
ソフトバンク光
Broad WiMAX
還元金額
最大30,000円 最大100,000円 最大19,000円
適応範囲
解約違約金
撤去工事費
工事費残債
ルーター代残債
解約違約金
撤去工事費
工事費残債
ルーター台残債
解約違約金

 
また、こういったキャンペーンの他に、プロバイダや代理店が行っている新規契約者向けのキャッシュバックを解約費用に補填する、という方法もあります。

まとめ

WiFiを利用するためには固定光回線、モバイルルーター・ホームルーター、WiFi SPOTのいずれかと契約する必要があります。

それぞれの金額相場・特徴・適した利用状況をまとめると以下のようになります。

固定光回線
モバイルルーター
ホームルーター
WiFi SPOT
料金相場
4,000〜6,000円 3,000〜4,000円 300〜500円
速度・安定性
とても良い 普通 良い 悪い
利用場所
自宅のみ どこでも 自宅のみ 特定のお店・施設

 
ネット回線契約を検討する際に、月額基本料金だけで比較をするのは不十分です。

その他に発生する費用、割引キャンペーンなどをすべて含めた「実質金額」で比べる必要があります。

固定光回線を契約する場合、お使いのスマホ端末とのセット割引を基準に選ぶことで、ネット回線とスマホの料金を合算した金額に大きな違いが現れます。

モバイルルーター・ホームルーターを契約する場合は、端末料金割引やキャッシュバックの受け取り方法、通信速度制限の有無も考慮に入れる必要があります。

また、WiFi自体の利用が短期間で限定される場合は、レンタルWiFiや契約期間のないサービスを選択した方が結果的に費用を抑えることができます。

WiFi(インターネット)契約を解約する際には、解約違約金や開通工事費・ルーター端末の残債などが請求されるため、更新月や償却期間終了後など支払い義務が発生しないタイミングを狙って解約することをオススメします。

タイミングの調整ができない場合や、回線撤去工事費用も支払わなくてはいけない場合は、他社回線の乗り換えキャンペーンを利用することも一つの方法です。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。