閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXの速度を測定した結果!遅い原因と解決方法まで

WiMAXの平均速度はどれくらい?スグに試せる速度が遅い場合の改善方法

WiMAXの実際の速度はどれくらい出るのかご存じでしょうか?

2019年8月時点の最新端末W06では、最大1.2Gbpsと光回線と同等以上の最大速度が出ます。

今回はWiMAXを使っているユーザーの実測値も参考にしながら、どの程度の速度がでるのかを説明します。

また、WiMAXはプロバイダごとに速度は変わりませんが料金やキャンペーンが違うのでその比較もし、どこから申し込みをすればお得なのかも調査してみましたので参考にしてください!

すでに契約中の方でWiMAXの速度を調査したい方は、わたしのネットなどのスピードテストサイトで計測をしてみてくださいね。

なお、WiMAXの速度が遅い場合は、周波数を変更したり、窓際などの電波の届きやすい場所にルーターを設置することで速度改善が見込めます。

それでも速度が改善されない場合は、ポケットWi-Fi「どんなときもWiFi」への乗り換えがオススメです。

どんなときもWiFiでは、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアのLTE回線が使えます。

つまり、3大キャリアのスマートフォンが使えるエリアならどこでも利用でき、さらにLTE回線の中で最も電波の強い回線を自動で取得してくれるため速度が安定しやすいのです。

そして極めつけは速度制限が一切ないこと。

ポケットWi-Fiの注意点としては速度制限があることですが、どんなときもWiFiは完全無制限なのです。

♦完全無制限!速度制限なし♦
どんなときもWiFiの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック
また、WiMAXの速度が遅くて家でのみWi-Fiを使いたいという場合は光回線への乗り換えもオススメです。

今回はWiMAXの速度にスポットを当て、実際の利用者の声や速度の測定方法、速度が出ないときの解決法などをまとめました。

これからWiMAX導入を検討しているという人はもちろん、すでに導入済みという人も口コミと比較して、満足できる速度が出ているかどうか確認してみてくださいね。

<2020年4月3日~>
どんなときもWiFiの新規受付停止について
どんなときもWiFiは4月3日~新規受付を停止しています。
モバイルルーターのご契約をお考えの方は、WiMAXも視野に入れて検討してみましょう。
WiMAXならGMOとくとくBB WiMAX
・4月限定最大34,700円キャッシュバック!
WiMAXのレビュー記事はこちら
またどんなときもWiFiと同じクラウドWiFiの契約をお考えの方は、MugenWiFiがオススメです。
・月額3,280円~
・30日間お試し期間あり
ポケットWiFiのランキング記事はこちら

(目次)この記事でわかること

WiMAXの最大速度を比較!端末別の実測値も!

WiMAXの最大通信速度がどの程度でるのかご存知ですか?

現在出ている新しいWiMAXルーターの最大速度を見ていきましょう。

最大速度(下り)
最大速度(上り)
W06
最大1.2Gbps
最大30Mbps
WX05
最大440Mbps
最大30Mbps
W05
最大558Mbps
最大30Mbps
HOME L02
最大558Mbps
最大30Mbps
HOME L01
最大440Mbps
最大75Mbps

なお、上記はいわゆるカタログデータで、理論上の最高速度ですので、実際の通信速度はこれほど出ないということを覚えておいてください。

理論値とは言え、最新端末のW06では最大1.2Gbps

別の機種の最大558Mbpsを2倍以上上回っており、光回線(1Gbpsが主流)をも超える速さです。

モバイル通信ががこれほど高速になっているとは驚きの進歩ですね。

WiMAX端末別実測値を確認しよう

「WiMAXの通信速度って高速通信が可能なの?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

WiMAXは実際どれくらいの速度が出るか確認してみましょう。

TwitterにてWiMAX利用者の声を集めてみました

端末による速度差を比較するため、端末情報がわかるもののみを掲載し、平均値も算出してみました。

<WiMAXの最新モバイルルーターW06の速度>

W06を使ったWiMAXの実測値について、Twitterに投稿されていた速度情報を30件調査したところ、以下のような口コミが見受けられました。

上記の口コミでは、下り速度は80Mbpsを超えています

WiMAXは通信速度が不安定になりやすいので85Mbpsの数値はかなりの高速であるといえます。

上記のユーザーは、下り速度は100Mbpsを越えおり、通信も安定しているとのこと。

急にスリープモードになってネット通信がされることもなく、快適に利用できていることがわかります。

※2019年3月 Twitter調べ

もともとWiMAXを使用していて、契約変更に伴い端末がWX03からW06に変わった方の情報です。

下り速度は約30Mbpsとあまり出ていませんが、鉛の壁がある職場での計測とのことで、通信環境はあまり良くないと言えます。

それでも30Mbps出るのは御の字といえます。

<WiMAXのモバイルルーターWX05の速度>

次はWX05を使用している方のWiMAX実測値情報です。

こちらは40件の情報から実測値をピックアップしてみました。

下り速度、上り速度ともに1.5Mbps程度。

文面からも不満を感じていることが伝わってきます。

場所の条件もそれほど悪くないとのことですので、端末の性能差が出ているのかも知れませんね。

下り速度が80Mbpsを超えるという、上記の方とは打って変わって高速な結果の方もいました。

計測時間は深夜とのことで、投稿時間から見ても深夜0時近辺と予測されます。

日中に比べ空いているとは言え、この速度なら十分満足できますね。

※2019年3月 Twitter調べ

上記の方は、羽田空港では下り速度26Mbpsがでるとのことを述べていいます。

外出先でもこの速度でインターネットが利用できるのは嬉しいですね。

<WiMAXのモバイルルーターW05の速度>

続いて、W05でのWiMAXの実測値です。

理論上の最大速度は550Mbps以上とのことですが、実際の速度はどうなのか見ていきましょう。

こちらは20件の口コミのうち、一部をご紹介します。

SoftBank Airから乗り換えたユーザーですが、速度が11Mbpsだったのが68Mbpsに改善したとのことです。

動画の閲覧も快適とのことで、喜びが伝わってきますね。

下り速度28Mbpsから45Mbps程度の速度が出ています。

窓際において有線接続するなど高速になるよう対処してもこの通信速度のため、不満を持っていることがうかがえますね。

どうしてももっと速度を出したい、とのことでしたら、パラボラアンテナを作成して設置してみることをオススメします。

なお、こちらの記事でパラボラアンテナの作成方法を説明していますので参考にしてください。

※2019年3月 Twitter調べ

こちらは下り速度約43Mbps。

なお周波数2.4GHzのほうが安定しており、5GHzでは21Mbpsと速度が半減しています。

場所にもよるとは思いますが、周波数帯によって速度が変わるという情報は通信速度改善に役立つ可能性がありますね。

<WiMAXの最新ホームルーターL02の速度>

WiMAXのL02は、今まで紹介してきたものとは異なり、ホームルータータイプのものです。

持ち運び型ではなく、家の中で使用する据え置き型のものです。

下り速度、上り速度ともに0.1Mbps…。

さすがにこの速度ではWebサイト閲覧もままならない状況だと思います。

L01からL02に変更し、下り速度が92.1Mbpsから115Mbpsに向上しています。

速度面でも使い勝手の面でも固定回線と同じ感覚ですね。

※2019年3月 Twitter調べ

こちらの方は下り速度48Mbpsです。

もっと速度が出るという期待があり手を尽くしているものの、この速度が限界の様子。

とは言え、通常用途においては全く問題ない速度ではあります。

WiMAXの契約にオススメのプロバイダを紹介!

WiMAXは利用する回線が同じなためプロバイダごとに速度に変化はありません。

しかし、プロバイダごとに月額料金やキャンペーンが違います。

つまり、どこのプロバイダで契約するかによって得をするか損をするかが決まるのです。

そこで今回は、WiMAXプロバイダ10社の月額料金・実質費用、キャンペーンを比較しどこで契約するとお得なのか調査してみました!

月額料金
(ギガ放題プラン)
3年間の
実質料金
セット割
キャンペーン
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
120,660円
  • 端末代無料
  • 34,500円キャッシュバック
  • 月額料金大幅割引
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 3~36カ月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
123,660円
  • 端末代無料
  • 2,000円キャッシュバック
  • 月額料金大幅割引
JPWiMAX
  • 1~2か月目:2,800円
  • 3~24カ月目:3,500円
  • 25か月目以降:4,100円~
124,100円
  • 月額料金割引
  • 10,000円分の
    Amazonギフト券
DTI WiMAX
  • 1~2か月目:0円
  • 3か月目:2,590円
  • 4か月目以降:3,760円
129,670円
  • 端末代無料
Broad WiMAX
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
131,626円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 他社WiMAX違約金負担
カシモ WiMAX
■最安級プランの場合

  • 1か月目:1,380円
  • 2~24カ月目:3,480円
  • 25カ月目:4,079円
133,368円
  • 端末代無料
So-net WiMAX
  • 開通月:0円
  • 1~36か月目:3,380円
  • 13~36か月目:4,379円
148,656円
  • 端末代無料
  • 月額料金割引
UQ WiMAX
  • 3,880円
154,680円
  • 3,000円
    キャッシュバック
  • 端末代無料
  • 長期割引
BIGLOBE WiMAX
(月額料金割引)
  • 1か月目~3か月目:2,980円
  • 4か月目~36か月目:3,980円
155,480円
  • 月額料金割引
  • UQ mobileから
    300円割引
nifty WiMAX
  • 1~2か月目:3,670円
  • 3か月目以降:4,350円
178,240円
  • 最大23,100円の
    キャッシュバック
  • UQ mobileから
    300円割引
au WiMAX
  • 月額4,880円
178,680円

※2020年1月時点の情報です。
※月額料金は税抜金額です。
※月額料金は3年・ギガ放題プランの場合の料金です。
※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
※実質費用は割引・キャッシュバックを適用した金額でセット割は含んでいません。

2020年1月現在、月額料金の安さを重視するならGMOとくとくBBWiMAXがオススメです!

GMOとくとくBBWiMAXでは、毎月の月額料金が3,609円~4,263円から利用できるだけでなく、新規申し込みから12か月目に最大34,500円キャッシュバックが受け取れます。

また、3年間の実質料金は120,660円と今回比較した中では最安ですよ!

詳しくは、GMOとくとくWiMAXの公式ページをチェックしてみてくださいね。

♦高額キャッシュバックキャンペーン!♦
GMOとくとくBB WiMAXの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

また、現在他社でポケットWi-Fiを契約している方は、BroadWiMAXの契約がおすすめですよ!

BroadWiMAXでは、他社のポケットWi-Fi解約で発生した違約金19,000円までをキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

さらに、初期費用無料キャンペーンや、端末代無料キャンペーンも開催中!

詳しくは、BroadWiMAXの公式サイトやBroadWiMAXの評判をまとめた記事を参考にしてくださいね。

♦他社違約金負担キャンペーン!♦
BroadWiMAXの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

WiMAXの速度を測定してみよう!

WiMAXを利用していての実際の通信速度が気になる方は計測してみましょう。

インターネットの速度の計測方法について2つのサイトを紹介します。

簡単操作で速度計測をしたいなら【わたしのネット】

ワンクリックでインターネットの速度計測ができるサイトが、わたしのネットです。

わたしのネット速度測定画面

「スタート」をクリックするだけで計測が始まり、上り、下りともに30秒程度待つだけで速度を知ることができます。

計測中の速度もリアルタイムで表示されるため、見ていて飽きない仕様になっています。

ボタンを押すだけという簡単な操作と、計測中のわかりやすい表示が魅力的なサイトです。

信頼性がある老舗の速度計測サイトなら【Radish Network Speed Testing】

続いてご紹介するのはRadish Network Speed Testingインターネットの速度計測では以前から使用されている老舗サイトです。

わたしのネットのようにワンクリックでの計測はできませんが信用性の高いサイトです。

Radish Network Speed Testing速度測定画面引用:Radish Network Speed Testing

Radish Network Speed Testingを使用した速度報告を見ることにより、回線種別ごとにどれくらいの速度が出ているのかを知ることができます

回線導入を検討している人にとっては有益な情報ですね。

WiMAXはどれくらいの速度が出ていれば快適か

速度測定をすることで 上り速度、下り速度、PING値などがわかりますが、実際WiMAXでどれくらいの速度が出ていれば、快適にインターネットを利用できるのでしょう。

ダウンロードをする際の「下り速度」、アップロードする際の「上り速度」の単位は「Mbps」と表記されます。

Mbpsの数値は大きいほど快適に通信ができますよ。

<下り速度>

4K画質
下り25Mbps以上
HD画質
下り5Mbps以上
標準画質
下り3Mbps以上

<上り速度>

LINEやメールの送信
上り128Kbs~1Mbps
動画ファイルのアップロード
上り1Mbps程度

「PING値」とは応答速度のことで、単位は「ms」と表記されます。

PINGの数値は小さければ小さいほど快適に利用が可能です。

反対に数値が大きい場合は、ラグや応答時間が間に合わず、サーバーの接続がキャンセルされます。

そのため、オンラインゲームなどを行う方にとっては、いくら下りの速度が速くてもPING値が悪ければ、快適にインターネットができるとは言えませんので気を付けましょう。

<PING値>

10ms以下
かなり速い
10~35ms
速い
35~50ms
平均
100~150ms
遅い
150ms以上
異常

オンラインゲームなどを快適に利用するのであればPING値は35ms以下が望ましいでしょう。

WiMAXの速度が遅い場合の原因と解決方法

今回のWiMAXの速度報告を見て、「自分のWiMAXはこれほどの速度が出ていない」と思った方もいるかもしれません。

次に、WiMAXの速度が遅い場合に多い原因と対処法を紹介します。

  • WiMAXの速度制限がかかってないか確認する
  • WiMAXの周波数を変更してみる
  • WiMAXの電波が届きやすい窓際に置く
  • 古い機種を利用している場合は乗り換える

解決方法も原因によって変わってきますので、まずは原因を特定したうえで進めるようにしてください。

まずはWiMAXの速度制限がかかっていないか確認しよう!

最初に確認したいのは、WiMAXの速度制限に引っかかっていないかどうかです。

WiMAXでは、プランごとに高速通信ができるデータ量の上限があり、それを超過すると速度制限がかかります。

プランごとの上限は下記のとおりです。

  • ギガ放題プラン:3日間で10GBの通信を行うと翌日18時から翌々日2時まで最大1Mbpsの通信制限
  • ライトプラン:7GBの通信を行うと月末まで最大128Kbpsの通信制限

特に注意いただきたいのはライトプランを契約している方です。

128kbpsではWeb閲覧にも支障が出る速度ですので、使い物にならないと感じてしまいます。

データ量が上限に達していないか確認するようにしてください。

ギガ放題では速度制限がかかっても最大1Mbpsの通信が可能です。

そのため、速度制限中でも動画の視聴などで不便を感じることはありませんよ。

速度制限にかかった場合にできること

上記を踏まえ、ギガ放題、ライトプランそれぞれで通信制限がかかった場合にできることをまとめました。

SNSやホームページの観覧などは、やり取りするデータの量次第で快適性は変わりますので、ご参考としていただければと思います。

インターネット速度の目安

au 4G LTEの速度制限に注意!

WiMAXにはLTEオプションという機能があり、WiMAXの電波が弱いところなどでauの4G LTEを使用して通信ができます。

ただこのLTEオプションは、速度制限の視点ではやや危険もあります。

ギガ放題を契約している人でも、LTEオプションを一度でも使用した場合、その月の高速通信データの上限がライトプランと同じ7GBになってしまうのです。

その場合の制限された速度もライトプランと同じく128kbpsまで下げられてしまいます。

LTEオプションには上記の予期せぬ落とし穴がありますので注意するようにしてください。

データ量を7GB近く使っている人はとくに、LTEオプションの使用は控えたほうが良いですね。

WiMAXの速度制限がかかったか確認する方法

速度が出ない原因としてよくあるのが速度制限です。

WiMAXの速度制限がかかっているかどうかは、下記の方法で確認できます。

<WiMAX端末の画面で確認する>
端末に、現在どれだけデータを使用したか表示されていますので、それを見て確認します。

<プロバイダの会員ページで確認する>
契約プロバイダの会員ページでも、データの使用状況が確認できますので、残りの高速通信量がどれだけあるか把握できます。

<データ量通知サービスを利用する>
WiMAXでは、データを使いすぎている時にメール通知を発信する機能があります。

3日で10GBに達したときに通知がされるため、ギガ放題で契約している人は使用する価値がありますね。

<通信量チェックアプリを利用する>
スマホアプリで端末の通信量をチェックできるものがあります。
こちらは端末がアプリに対応している必要がありますので、機種によってはできない可能性もある点にご注意ください。

なお、速度制限については、速度制限に関する記事を別途設けていますのであわせて参考にしてください。

WiMAXは速制限解除方法は待つのみ!

なおWiMAXで速度制限にかかってしまった場合の解決方法は、「待つ」のみ。

ギガ放題であれば、速度制限は翌々日の2時には解除され、ライトプランの場合でも、月が替われば高速通信が復活しますよ。

不便ではありますが、おとなしく待つしかありませんね。

なおライトプランを契約中で、毎月のように速度制限に引っかかるようであれば、ギガ放題へのプラン変更検討もオススメします。

速度が遅いときにすぐに試せる対処法

速度制限にかかっていないのに通信速度が遅い場合、以下の対処法を試してみてください。

  • 通常プランならギガ放題プランに切り替える
  • 端末を再起動してみる
  • 端末に近づいて使用してみる
  • 端末を窓際に置いてみる
  • 利用場所を移動してみる
  • 周波数を変更する
  • 自作のリフレクターを使う
  • au 4G LTEモードを利用する
  • 光回線と併用する

通常プランならギガ放題プランに切り替える

通常プランの場合、月間データ使用量が7GBまでに制限されています。

WiMAXはギガ放題プランへ切り替えると通信速度を上げられるので、通常プランでデータ通信量が上限に達してしまったときは、ギガ放題プランへ切り替えてみましょう。

WiMAXは1ヶ月に1回ならプラン変更が可能となっています。

プラン変更は申請した翌月から適用されるので、通常プランのギガ数が少ないと感じた場合は月末までにプラン変更を申請しておきましょう。

端末を再起動してみる

端末の不調による影響で通信速度が遅くなっている可能性もあるので、一度再起動して通信速度が速くならないか試してみましょう。

意外と端末の再起動だけで速度が改善されることも多いので、ぜひ試していただきたい対処法です。

端末に近づいて使用してみる

端末と使用デバイスの距離が遠いと電波状況が悪くなることもあるので、両方の距離を近づけたうえで再度使用してみましょう。

WiMAXの電波は壁や天井などの障害物に弱い傾向にあるため、階違いに端末を設置していたり、別室で利用していたりする場合は、WiMAX端末(ルーター)のある部屋に移動してみてください。

端末を窓際に置いてみる

WiMAXの電波は、先述したように障害物に弱いため、室内だと届きにくい場合があります。

ただし、WiMAX端末(ルーター)を窓際に置くと電波が良くなることもあるので、端末と同室内に居るにも関わらず通信速度が遅い場合は、端末を窓の近くへ移動させてみましょう。

利用場所を移動してみる

外出先でモバイルルーターを使用している場合、対応エリアから外れてしまうこともあります。

突然繋がりにくくなったり、速度が遅く感じたりする場合は、対応エリア内に向けて歩いてみると、速度も改善されるので、試してみてください。

周波数を変更する

WiMAXは初期設定で2.4GHzの周波帯を使うようになっています。

しかし、Bluetoothや電子レンジなどの電波も2.4GHzの周波帯を利用しているため、場合によってはWiMAXと周辺機器の電波が干渉し、速度が遅くなってしまうこともあるのです。

この場合、周波数を2.4GHzから5GHzに変更することで解決できる可能性があります。

周波数の変更は、WiMAX端末(ルーター)の通信設定画面から簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

自作のリフレクターを使う

リフレクターを設置するとWiMAXの電波が室内に乱反射するため、弱い電波も効率よくキャッチできるようになります。

リフレクターは別途購入しなくても、ボウルやアルミホイルを端末の近くに立てるだけで代用できますので、ご自宅にある物を利用してみてください。

au 4G LTEモードを利用する

WiMAXは通常の「ハイスピードモード」で使用するWiMAX2+回線は、電波の届きにくい場所、エリア外の場所がいまだ多く存在するのが現状です。

この場合、au 4G LTE回線が使える「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えることで、解決できるでしょう。

au 4G LTEは受信エリアがWiMAX2+よりも広いので、WiMAXが繋がりにくくなったときには最も効果的な手段ですよ!

ただし、ハイスピードプラスエリアモードはギガ放題プランの場合でも月間7GBまでしか利用できません。

月7GBを超過した場合は月末まで128kbpsの速度制限がかけられ、一度この制限にかかると通常の「ハイスピードモード(WiMAX2+)」に戻しても通信速度は128kbpsのまま戻りません。

使用量が7GBを超えた時点で、月末までWiMAXがほぼ使い物にならないほど遅くなってしまいますので、au 4G LTE回線(ハイスピードプラスエリアモード)の使用は緊急時のみに抑えるようにしましょう。

光回線と併用する

ご自宅に光回線(固定回線)を引いている場合は、使用するWi-Fiを固定回線に切り替えたほうが快適にインターネットを利用できる場合もあります。

WiMAXの通信速度が遅い場合は、利用するWi-Fiの種類を変更してみるのもひとつの手段ですよ。

クレードルがあれば通信速度は上がるのか

クレードルがあると、端末を充電しながら利用できたり、有線接続でインターネット通信を利用できるようになったりします。

ここではクレードルを使うとWiMAXの通信速度が上がるのかについて解説していきましょう。

そもそもクレードルとは?

クレードルとはACアダプタの代用品であり、端末を充電する際によく使用されます。

しかし、クレードルは有線接続に対応しているという特徴もあることをご存知でしょうか。

クレードルの背面にはLANポートがあり、ここにLANケーブルを挿入すると、自宅の固定回線をWi-Fi化させたり、パソコンを有線接続させたりもできて便利ですよ。

クレードルのメリットは速度ではなく安定性

先述したとおり、クレードルは端末を有線接続させるための機器なので、クレードルを使ったからといって通信速度が劇的に上がることはありません。

ただし、有線接続は無線接続に比べて受信感度が向上するため、通信状態が安定しやすくなります。

通信状態が安定すると途中で速度が落ちることもなくなるので、オンラインゲームや長編映画などを快適に楽しみたい方はクレードルの利用がおすすめですよ。

なお、上記で説明したことを含め、こちらの記事でhttps://flets.hikakunet.jp/4217.htmlWiMAXが遅い場合の解決策について説明しています。

WiMAXの速度が遅い場合の解決方法

WiMAXの通信速度はどの販売代理店で契約をしても変わらないので、速度が遅いと感じたときは先述した改善方法を試してみてください。

ただし、改善方法を試しても通信速度が変わらないときは、以下でご紹介する「どんなときもWiFi」への乗り換えも検討してみましょう。

「どんなときもWiFi」は8日以内の解約なら違約金が発生しないので、WiMAXと併用し、どちらが速いのか比べることもできますよ。

♦完全無制限!速度制限なし♦
どんなときもWiFiの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

MNO(UQコミュニケーションズ)MVNO(販売代理店)で通信品質は変わらない

WiMAXはUQコミュニケーションズでも申し込みを受け付けていますし、So-netやBiglobeなど代理店やプロバイダ経由で申し込むこともできます。

両者の関係を整理すると、UQコミュニケーションズは自社回線でサービス提供しているMNO。

それに対し代理店はMNOから回線を借りてサービス提供しているMVNOです。

ならば総元締めであるMNOのUQコミュニケーションズで申し込んだほうが品質もいいのでは?と思う人もいるかも知れませんが、WiMAXに関してはMNOとMNVOで通信品質に差はありません

業者間での立場は違うものの、提供されるサービスに差はありませんので、どこから申し込んでも大丈夫です。

代理店はキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることもあるので、自分にあったところを探して申し込むようにしてください。

なお、こちらの記事でWiMAXのキャンペーンについて紹介しています。

WiMAX以外に乗り換えするなら「どんなときもWiFi」がオススメ!

この機会に「WiMAX以外のモバイルルーターへ乗り換えたい」と考えているなら、どんなときもWiFiへ乗り換えをオススメします。

<どんなときもWiFiの基本情報>
料金
3,480円
通信制限
特になし
最大速度
最大150Mbps
キャンペーン
端末レンタル代無料

どんなときもWiFiは、au・Softbank・docomoのうち、自分がいる場所によって最適なLTE回線に自動で接続してくれます。

3つの回線を利用できることから、どんなときもWiFiはエリアが広く、回線の混雑を避けやすいといえますよ!

さらに、どんなときもWiFiはWiMAXのように3日間で10GB制限がないため、容量を気にせずネットが使い放題できますよ!

一方で、どんなときもWiFiはauスマートバリューmineや、WiMAXのように「割引キャンペーン」「キャッシュバックキャンペーン」はありません。

また、端末の最大速度も下り最大150MbpsとWiMAXに劣るため、注意してくださいね。

どんなときもWiFiの性能については、次の記事でも紹介していますので、あわせてご参考ください。

まずはどんなときもWiFiのお試しレンタルがおすすめ!

「どんなときもWiFiを試してみたいけど、性能がいいか不安…」という方には、初期契約解除制度を利用したお試しレンタルがおすすめです!

初期契約解除とは、申し込みから8日以内に解約すれば違約金が発生しないという制度のことです。

<どんなときもWiFiの初期契約解除の流れ>

  1. どんなときもWiFiを申し込む
  2. どんなときもWiFiが到着して利用開始
  3. どんなときもWiFiの使い心地がよければそのまま契約を続ける
  4. どんなときもWiFiの使い心地が悪ければ、8日以内にカスタマーサポートへ連絡して解約を申し込む
  5. 8日以内にどんなときもWiFiを初期契約解除申請書とともに返送する
  6. 初期契約解除完了

また、どんなときもWiFiの返却物・返却方法はつぎのとおりです。

どんなときもWiFiの返却物
  • どんなときもWiFiの端末(本体)
  • USBケーブル
  • 取扱説明書
  • 個装箱
どんなときもWiFiの返却方法
「佐川急便」「ゆうパック」「ヤマト運輸」のいずれかから、上記の返却物と初期契約解除申請書とともに返送
どんなときもWiFiの返却先
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-2-33-7F グッドラックサポートセンター

なお、初期契約解除をおこなっても、契約手数料の3,000円と返却の送料は自己負担となります。

また、初期契約解除の申請が8日を超えている場合、返却物を紛失したり破損している場合は機器損害金として18,000円が発生します。

どんなときもWiFiのお試しレンタルの際は、上記に注意したうえで申し込みをしましょう!

♦完全無制限!速度制限なし♦
どんなときもWiFiの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

どうしても速度が改善されない場合は乗り換え!ポケットWi-Fi・docomo・光回線と比較!

WiMAXの最大通信速度は他社のモバイルルーターや光回線と比べると、どれくらいの速度なのか一覧表でまとめてみました。

WiMAX
ポケットWiFi
docomo モバイルWi-Fi
光回線 フレッツ光
最大通信速度(下り)
1.2Mbps
612Mbps
788Mbps
1Gbps(1,000Mbps)

モバイルルーターではWiMAXが最も高速通信が行えることがわかりますね。

ということは、WiMAXから他のモバイルルーターに乗り換えても快適なネット通信が行える可能性は低いということです。

とはいえ、WiMAXは選択している端末によって通信速度が変わりますので、ほかのモバイルルーターに乗り換えた方が速い、ということもあり得ますよ。

自身がどのルーターを利用しているのか確認して、端末を新しいものに変えるか、ほかのモバイルルーターに乗り換えるか検討してみてください。

なお、自宅でのインターネット通信が多いようでしたら光回線の利用が最も通信が安定します。

こちらでWiMAXと光回線、どちらを契約すべきかを説明していますので参考にしてください。

自宅で回線を利用する場合は光回線!オススメ契約先は…?

WiMAXは登場してから現在までの間にどんどん改良が進んでおり、通信速度も安定性も向上しています。

とはいえ、WiMAXの最大の魅力はやはり持ち運んで使用できることです。

自宅でのインターネット環境という視点では、光回線のほうが安定しています

もちろん電波や光回線の環境によるため一概には言えません。

ただWiMAXから光回線に乗り換えた口コミを30件ほど調査したところ、下記のような声が見受けられました。


WiMAXでは下り1.58Mbps、上り1.80Mbpsだったのが、

光回線では下り173Mbps、上り385Mbpsと100倍以上もの差が出ています。
これほどの差が出るとは驚きですね。

※2019年3月 Twitter調べ

WiMAXでは下り0.13Mbps、上り1.06Mbps

光回線では下り118Mbps、上り131Mbpsと、こちらも100倍以上もの差が出ています。
(下りに関しては1,000倍近い差ですね)

上記のように、数値だけを見ると光回線が有利です。

外出先でのインターネット利用があまりないのであれば、光回線を選択したほうが安全ですね。

では、どこの光回線に乗り換えるのがオススメなのでしょうか?

実際に、光回線7社の平均速度を比較してみました。

下り平均速度
(ダウンロード)
上り平均速度
(アップロード)
Ping値
ドコモ光
137.34Mbps 130.28Mbps 29.59ms
ソフトバンク光
157.69Mbps 124.22Mbps 25.85ms
フレッツ光ネクスト
136.48Mbps 111.77Mbps 30.16ms
auひかり
188.72Mbps 166.07Mbps 22.69ms
NURO光
243.91Mbps 212.83Mbps 18.34ms
eo光
160.14Mbps 132.82Mbps 24.92ms
OCN光
141.38Mbps 113.2Mbps 27.53ms

※2019年8月7日時点の情報です。
※1Gbpsプランの速度ですが、NURO光のみ2Gbpsプランの速度を記載しています。

上記結果を参考に当社が選んだオススメ回線3つについて紹介しますね!

1位.NURO光

もっとも速度が速いのはNURO光!

NURO光は、他の光回線が通常1Gbpsプランなのに比べ2Gbpsプランを通常としています。

当社が調査した7社の中でもっとも速く、下り平均速度243.91Mbps、上り平均速度212.83Mbps、Ping値18.34msという結果でした。

実際に口コミを見てみたところ速度が速いとの声もありましたよ。


※2019年8月調査結果

オンラインゲームをする方にも評判がいいようですね。

たしかにオンラインゲームをする人にはオススメの回線ですが、提供エリアが狭いので注意しましょう。

NURO光の提供エリアは以下のとおりです。

<NURO光の提供エリア>

北海道
北海道
関東
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨木、栃木、群馬
関西
大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
東海
愛知、静岡、岐阜、三重
九州
福岡、佐賀

上記提供エリア内の方は、ぜひ、契約を検討してみてくださいね!

♦最大2Gbps!高速通信♦
NURO光の申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

2位.auひかり

NURO光がエリア外だった方はNURO光の次に速い、auひかりを検討してみてください!

当社が調査した結果では、auひかりは下り平均速度188.72Mbos、上り平均速度166.07Mbps、Ping値22.69msとオンラインゲームをするのにまったく問題ない速度をたたき出しています。

しかも、auひかりは全国規模で利用が可能であり速度が速いのでオススメです。


※2019年8月調査結果

なお、auのスマホやタブレットなどの端末をしている方なら、auスマートバリューという最大2年間1台あたり最大2,000円割引が適用できる可能性もあります。

気になる方は、ぜひ、auひかりの契約を検討してみてくださいね!

♦auスマートバリュー適用!♦
auひかりの申込・詳細をみる
※このボタンからお得な特典をチェック
ただし、auひかりにもエリア外地域がありますので注意してください。

関西
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
東海
静岡県、愛知県、岐阜県、三重県
九州
沖縄県

沖縄県では「auひかり ちゅら」が契約できます。
NURO光もauひかりもエリア外の方は次に紹介する回線の契約を検討してみましょう。

3位.ソフトバンク光

次に速度が速いのはeo光でしたが、提供エリアが関西のみと狭いので除外しました!

そして、3番目に当社がオススメするのがソフトバンク光!

ソフトバンク光の平均下り速度は157.69Mbps、上り平均速度は124.22Mps、Ping値25.85msでした。

この速度があればオンラインゲームをしたとしても画面がカクつくことなく楽しめますよ!


※2019年8月調査結果

ソフトバンク光の提供エリアは全国規模なので、auひかりもNURO光もエリア外だった!という人はぜひ契約を検討してみてくださいね!

\最大33,000円キャッシュバック実施中!/
ソフトバンク光について調べる
また、次の記事でも契約にオススメの回線を紹介していますので気になる方は、ぜひ確認してみてくださいね。

【2020年版】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較

まとめ

WiMAXの通信速度は環境や接続方法、端末によって大きく変わります。

特に速度が遅いという場合にありがちなのは速度制限。

ギガ放題プランは3日で10GB利用すると翌日18時から翌日2時まで最大1Mbpsの速度制限がかかり、ライトプランの場合は7GBを利用すると、月末まで128Kbpsの速度制限がかかります。

速度が遅いと感じた場合は、まずは速度制限ではないか確認してください。

また、WiMAXルーターの配置場所をかえたり、パラボラアンテナを利用することで速度を改善できる場合もありますよ。

なお、どうしてもWiMAXの速度改善ができない場合は、思い切って光回線に乗り換えてみてくださいね。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」