閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

WiMAX2+の通信速度の平均は?遅い理由とすぐに試せる改善方法

WiMAXの速度が遅くなった|その原因と解決法をご紹介!

WiMAXは持ち運び便利でいつでもどこでもインターネットを楽しめるポケットWi-Fiですよね。
しかし、利用してみて、思うように通信速度が出ないと感じるユーザーもいるかもしれません。
そんな場合の原因と改善策を調査しました。果たしてWiMAXの通信速度は実際にどのくらい出るのでしょうか。見ていきましょう。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

WiMAXの最大速度と他回線との速度比較

現在主流のWiMAX2+の最大速度は下り最大440Mbpsとかなりの高速通信
になっており、旧WiMAX回線の最大13.3Mbpsとくらべると目覚しい進化を遂げました。

しかし、あくまで理論上の「最大」速度となっておりまずこの速度が出ることはありません。

インターネット回線は基本的にベストエフォート型のサービス

WiMAXや光回線をはじめとしたインターネット回線は基本的にベストエフォート型のサービスになっています。

本サービスは、ベストエフォート型サービスです。記載の速度は技術規格上の最大値であり、実使用速度を示すものではありません。エリア内であっても、お客さまのご利用環境、回線の状況等によって大幅に低下する場合があります。通信速度は機器の能力に依存します。
引用:Speed Wi-Fi NEXT W05│UQWiMAX│超高速モバイルインターネットWiMAX 2+

つまり、「理想的な環境ではこれだけの速度が出せますよ」ということです。
はじめから数百Mbpsの高速通信を期待していると、がっかりしてしまうことでしょう。

また、後述するWiMAXが遅くなる原因にもあるようにさまざまな要因でWiMAXの通信速度は下がってしまう傾向にあります。

WiMAXの最大速度は機種によって違う

WiMAXの速度は端末によって大きく異なり、当然ですが新しい機種ほど最高速度も速くなってきています。

機種名発売時期最大通信速度
W052018年 1月下り:708Mbps
上り:75Mbps
WX042017年 11月下り:440Mbps
上り:30Mbps
W042017年 2月下り:708Mbps
上り:30Mbps
L01s2017年 2月下り:440Mbps
上り:30Mbps
WX032016年 12月下り:440Mbps
上り:30Mbps
W032016年 6月下り:370Mbps
上り:25Mbps
WX022015年 11月下り:220Mbps
上り:10Mbps
W022016年 2月下り:220Mbps
上り:最大10Mbps

ご覧のとおり2018年に出たばかりの最新機種と3年前の2015年に発売された機種では最大速度に2倍以上の差があります。

一般的に大事とされているのが、データを読み込んだりファイルをダウンロードするための下り速度ですが、写真や動画のアップロードを頻繁に行う人にとっては上り速度も重要です。

最新機種であるW05は上り速度も下り速度も過去最高のスペックとなっているため、今から購入を考えている人はW05がおすすめです。

固定回線との速度比較

WiMAX以外の固定回線と比較した場合、最大速度は一見それほど変わらないように見えます。

回線名最大通信速度
WiMAX(W05)下り:708Mbps
上り:75Mbps
フレッツ光下り:1Gbps
上り:1Gbps
auひかり下り:1Gbps
上り:1Gbps
NURO光下り:2Gbps
上り:1Gbps

しかし、WiMAXと光回線には無線か有線かという決定的な違いがあります
通信の安定性は固定回線の方が上回っているといえるでしょう。

とくに大きく差があるのが上り(アップロード)速度で、画像や動画の投稿などに関わる数値です。
InstagramやYouTube、Twitterなどへの投稿は光回線とくらべると遅い傾向にあります。

以下の記事でWiMAXは固定回線の代わりになるかどうか検証しているので気になった方は見てくださいね!

WiMAXの通信速度を測ってみよう

WiMAXを利用中に体感速度が遅いと感じたとしても、それが本当に遅いのか、それともWiMAXのスペックなのかが気ですよね。

実際のWiMAXの速度(実効速度)をまずは計測するところからはじめてみましょう。

アプリやサイトで速度を計測

WiMAXの実効速度を測るためにはアプリケーションや計測サイトを利用します。具体的には、Ooklaが提供しているspeedtestのアプリケーションや、BNRスピードテストの計測サイトなどを使えば簡単に自宅のWiMAXの通信速度を計測することが可能です。

speedtest【iPhone版】

speetest【Android版】

スピードテスト

どのくらい速度が出ていれば快適に通信できる?

一般的なインターネット通信でYouTubeなの動画が快適に視聴できる通信速度は3Mbps〜6Mbps程度です。
もしも速度計測をしてみた結果、これ以上の通信速度が出ていれば、快適な通信ができるということになるでしょう。

ただし、4k通信などの高画質なテレビ視聴などの通信を求めるなら、25Mbps程度の通信速度が必要です。
その他、ビデオオンデマンドの映像の視聴などを行うなら、5Mbps程度の通信速度があれば十分です。
それ以下のケースでは画像が乱れたり、瞬断するなどの画像の乱れがあるかもしれません。

みんなの速度の平均は?

では、WiMAXのユーザーのみんなの速度の平均値はどの程度なのでしょうか。
UQモバイルのホームページに記載があります。そちらを見てみましょう。

WiMAX 平均速度

引用元:こんなに速い!実測マップ│UQ WiMAX

上記の数値から平均値を求めると、おおよそ東京周辺の平均速度は、92Mbpsです。京都・大阪神戸周辺では63.8Mbps程度。WiMAX2+通信は少しだけ関東圏の方が速度が速いことがわかりますね。

上記のUQコミュニケーションズの計測は下りの最高速度220Mbpsの機種を用いて計測したものです。
現在の最新機種のW05では最高速度708Mbpですので、もっと速い実測値が期待できます。

通信速度が遅いと感じる原因と改善策

WiMAXを利用していて体感速度が遅いと感じるならそれには理由があるのかもしれません。
実効速度を計測してみて、やはり、みんなの平均値に満たない場合には、考えられる原因を特定し、対処法に従って改善してみましょう。

WiMAX2+ではなく旧WiMAX回線対応の機種を利用しているため遅い

WiMAXにはWiMAXとWiMAX2+という2種類の通信網が存在しています。
旧機種を利用している場合には、古いWiMAXの通信網を利用している可能性があるでしょう。

もしも旧WiMAXの通信網を利用していた場合には、下りの最大速度が13.3Mbpsになっているため、体感速度でも、実効速度でも遅いと感じる可能性があります。

新機種に乗り換えよう

WiMAXの最新機種のw05は下りの最高速度が708Mbps上りの最高速度が75Mbpsです。
この速度はWiMAX端末の中では過去最高の速度が出る機種になっています。

速度が思うように出ない場合には、最新機種に乗り換えてみましょう。

新機種に乗り換える場合には、できるだけお得に機種変更をしたいですよね。
これを機会にギガ放題でも月額料金が2,726円から利用できるBroad WiMAXに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

また、GMOとくとくBBやBIGLOBE WiMAXなど他のWiMAXプロバイダで行っている3~4万円のキャッシュバックキャンペーンがありますが、厳しい受取条件があり、キャッシュバックを実際に受け取れるのは3割程度といわれています。

厳しい条件で受け取り忘れる可能性があるキャッシュバックよりも月額料金がそもそも安いBroad WiMAXのほうが確実にお得に利用できます。

更にBroad WiMAXでは他社WiMAXから乗り換えると違約金を19,000円まで負担してくれるキャンペーン中です。お見逃しなく。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

速度制限にかかってしまっているから遅い

次に考えられる速度が遅い原因は、速度制限にかかっている可能性です。
WiMAXのギガ放題プランでも実は速度制限に引っかかる条件があります。確認してみましょう。

ギガ放題での速度制限

ギガ放題を利用している場合の速度制限の条件は、直近の3日間のデータ利用量が10GB以上になった場合です。
その場合には、翌日の速度制限はおおむね1Mbpsに規制されます。18時から翌日2時までの8時間が制限時間ですので、注意してください。

ただし、この規制は1ヶ月の上限値ではないため、直近の3日間の通信量が10GB以下になった時点で通信制限は解除されます。

ギガ放題でもハイスピードプラスエリアモードによる速度制限がある

ハイスピードプラスエリアモードとはWiMAX回線の通信網がエリア外だった場合に、4GLTE通信に切り替えてインターネットに接続する方法です。

このモードを使った通信はギガ放題プランだったとしても、1ヶ月に7GBまでのデータ通信量しか利用できません

この規制に引っかかってしまうと、通常のWiMAXの通信でも通信制限がかかってしまいます。
翌日から128kbpsの通信速度しか出ないということ。そしてこの速度制限は月末まで続きます

あくまで緊急用として旅先でのみ利用するなど、ハイスピードプラスエリアモードの利用には十分注意が必要です。

インターネットのヘビーユーザーには固定回線がおすすめ

インターネットのヘビーユーザーや、自宅周辺がWiMAXのエリア外でハイスピードプラスエリアモードをよく利用するユーザーには固定回線がおすすめです。
通信制限を気にせずにインターネットを快適に利用できることでしょう。

関東圏にお住いの場合にはNURO光が速くて安いためおすすめです!
auユーザーならauひかりを、ソフトバンクユーザーならソフトバンク光がいいでしょう。

スマホとのセット割が使えるためお得に固定の光回線が契約できますよ。

月間7GB以上使ってしまっている場合の速度制限

もしもWiMAXの料金プランがギガ放題ではなく、flat2プラスやライトプランなどだった場合には、1ヶ月のデータ利用料は7GBまでの制限があります。
この制限に引っかかってWiMAXの速度が遅かった場合には、ギガ放題プランにプランを変更すれば解決できるかもしれません。

夜間にアクセスが集中しているから遅い

インターネットの通信では通常、夜間にアクセスが集中する傾向があります。
これは、仕事の終わったビジネスマンや学生などがゆっくりインターネットを楽しめる時間帯だからです。それに加えて、企業の売上データの計上などの夜間処理が走るから。
インターネットの世界は夜間こそ混雑することです。

集中したアクセスがある時間帯のWiMAXの利用ももしかすると遅い原因かもしれません。一度時間帯をずらした通信を行ってみてください。通信速度が改善する可能性があります。

電子レンジなど他の電波の干渉を受けていて遅い

WiMAXは2.4GHzの周波数と5GHzの周波数での通信が可能です。2.4GHzの周波数は一般的な周波数となるため、比較的に機器同士の接続がしやすい周波数といえるでしょう。
ですが、家の電話やゲーム、電子レンジなどこの周波数を利用した通信機器が多いため、電波干渉しやすいというデメリットがあります。

では5GHzの周波数を普段から利用しておけば問題ないと考えがちですが、5GHzの周波数の場合には、障害物があると通信しにくい周波数なのです。
そのため、電波干渉はしにくいですが、電波が入りにくい特性があります。

設定から5GHz の電波へ変更する

他の機器との電波干渉が原因でWiMAXの速度が遅いと切り分けできたなら、自宅内ではWiMAXの周波数を5GHzに切り替えて利用してみると速度を改善できるかもしれません。
設定方法は簡単です。WiMAXの端末の設定画面から切り替えることが可能。詳細方法は機種によって異なります。

ただし、宅内の別の部屋や、外出先などでは5Ghzの通信では接続しにくい可能性がありますので、状況に応じて周波数を変更して利用することがおすすめです。

WiMAX2+の電波がエリア外だから遅い

WiMAX2+の電波がエリア外という可能性もあります。この場合には、ハイスピードプラスエリアモードでの通信になっていることでしょう。
または旧WiMAX回線の通信網を利用している可能性も。ただし、WiMAX2+のエリアは基本的にWiMAXのエリアをカバーしているため、その可能性は低いとも考えられます。

電波が不安定な場合には、UQコミュニケーションズに問い合わせをしてエリア内に確かに入っていることを再確認してみればいいでしょう。

エリアマップを見てWiMAXがエリア外の場合はLTE回線のポケットWi-Fiを使おう

WiMAXのエリアマップを見たり問い合わせの結果エリア外だということが判明した場合には、LTE回線のポケットWi-Fiを利用するのも一つの手段です。

ネクストモバイルであればソフトバンクのLTE通信網を利用するため、安定した通信が期待できます。
月額2,760円で20GBのデータ通信を行えて破格の料金で利用できます。

月額2,760円~!NEXTmobileなら端末料金無料!大容量で速度制限無し!

NEXTmobile30ギガ2,760円~

工事不要!30ギガの大容量で月額2,760円~!ソフトバンク品質でエリアが広い!繋がりやすい!いまなら端末料金無料!・・・詳しく見る

高層階やビル内は繋がりにくい?

先述した通りにWiMAXの周波数の5GHzは障害物に弱い電波性能があります。そのため、高層ビルの陰やビル内では繋がりにくい傾向があるのです。
また、WiMAXの基地局は下方を向いているため、高層ビルの高層階には電波が届きにくい特性があります。

高層ビルは鉄筋コンクリートで作られているビルがほとんどですよね。鉄筋コンクリートは電波を通しにくい材質なため、高周波数の電波は届きにくい傾向があります。
もしも電波が入りにくいなと感じたなら、できるだけWiMAXルーターを窓際に置いてみたり、周波数を2.4GHzに切り替えてみてください。電波が入りやすくなるかもしれません。

速度を向上させるためにパラボラアンテナを自作してみよう

WiMAXの電波を増強するためには、パラボラアンテナの利用も有効です。
もしくは、機種によってはWiMAXのクレードルを利用することで電波が増強されますよ。

パラボラアンテナは百均のボウルなどで簡単に手作りできます。
Twitterの口コミでもお手製のパラボラアンテナで通信速度が速くなったという口コミが多数見られます。

以下の記事ではパラボラアンテナの簡単な作り方を紹介しています。
電波が弱いなと感じたなら試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

WiMAXの通信速度は実行速度でも十分インターネットを楽しめる速度が出るのが普通です。

しかし、速度を計測してみて遅いと感じられた場合には、考えられる原因を特定し、改善策を試してみてください。
意外な見落としがあるかもしれません。それでも、ユーザーのライフスタイルに合わないような速度しか出ない場合には、固定の光回線が適しているのかもしれません。

WiMAXから乗り換えることも検討してみてください。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事