閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

WiMAXの平均速度はどのくらい?速度が遅い場合の改善方法もご紹介

WiMAXの速度が遅くなった|その原因と解決法をご紹介!

WiMAXの実際の速度はどれくらい出るのかご存じでしょうか?

2019年4月時点の最新端末W06では、最大1.2Gbpsと光回線と同等以上の最大速度が出ます。

実際の速度に関しては、わたしのネットなどのスピードテストサイトで計測が行えますよ。

速度が遅い場合は、周波数を変更したり、窓際などの電波の届きやすい場所にルーターを設置することで速度改善が見込めます。

今回はWiMAXの速度にスポットを当て、実際の利用者の声や速度の測定方法、速度が出ないときの解決法などをまとめました。

これからWiMAX導入を検討しているという人はもちろん、すでに導入済みという人も口コミと比較して、満足できる速度が出ているかどうか確認してみてくださいね。

WiMAXの最大速度を比較!端末別の実測値も!

WiMAXの最大通信速度がどの程度でるのかご存知ですか?

現在出ている新しいWiMAXルーターの最大速度を見ていきましょう。

最大速度(下り)
最大速度(上り)
W06
最大1.2Gbps
最大30Mbps
WX05
最大440Mbps
最大30Mbps
W05
最大558Mbps
最大30Mbps
HOME L02
最大558Mbps
最大30Mbps
HOME L01
最大440Mbps
最大75Mbps

なお、上記はいわゆるカタログデータで、理論上の最高速度ですので、実際の通信速度はこれほど出ないということを覚えておいてください。

理論値とは言え、最新端末のW06では最大1.2Gbps

別の機種の最大558Mbpsを2倍以上上回っており、光回線(1Gbpsが主流)をも超える速さです。

モバイル通信ががこれほど高速になっているとは驚きの進歩ですね。

WiMAX端末別実測値を確認しよう

「WiMAXの通信速度って高速通信が可能なの?」とお考えの方もいるのではないでしょうか?

WiMAXは実際どれくらいの速度が出るか確認してみましょう。

TwitterにてWiMAX利用者の声を集めてみました

端末による速度差を比較するため、端末情報がわかるもののみを掲載し、平均値も算出してみました。

<WiMAXの最新モバイルルーターW06の速度>

W06を使ったWiMAXの実測値について、Twitterに投稿されていた速度情報を30件調査したところ、以下のような口コミが見受けられました。

上記の口コミでは、下り速度は80Mbpsを超えています

WiMAXは通信速度が不安定になりやすいので85Mbpsの数値はかなりの高速であるといえます。

上記のユーザーは、下り速度は100Mbpsを越えおり、通信も安定しているとのこと。

急にスリープモードになってネット通信がされることもなく、快適に利用できていることがわかります。

※2019年3月 Twitter調べ

もともとWiMAXを使用していて、契約変更に伴い端末がWX03からW06に変わった方の情報です。

下り速度は約30Mbpsとあまり出ていませんが、鉛の壁がある職場での計測とのことで、通信環境はあまり良くないと言えます。

それでも30Mbps出るのは御の字といえます。

<WiMAXのモバイルルーターWX05の速度>

次はWX05を使用している方のWiMAX実測値情報です。

こちらは40件の情報から実測値をピックアップしてみました。

下り速度、上り速度ともに1.5Mbps程度。

文面からも不満を感じていることが伝わってきます。

場所の条件もそれほど悪くないとのことですので、端末の性能差が出ているのかも知れませんね。

下り速度が80Mbpsを超えるという、上記の方とは打って変わって高速な結果の方もいました。

計測時間は深夜とのことで、投稿時間から見ても深夜0時近辺と予測されます。

日中に比べ空いているとは言え、この速度なら十分満足できますね。

※2019年3月 Twitter調べ

上記の方は、羽田空港では下り速度26Mbpsがでるとのことを述べていいます。

外出先でもこの速度でインターネットが利用できるのは嬉しいですね。

<WiMAXのモバイルルーターW05の速度>

続いて、W05でのWiMAXの実測値です。

理論上の最大速度は550Mbps以上とのことですが、実際の速度はどうなのか見ていきましょう。

こちらは20件の口コミのうち、一部をご紹介します。

SoftBank Airから乗り換えたユーザーですが、速度が11Mbpsだったのが68Mbpsに改善したとのことです。

動画の閲覧も快適とのことで、喜びが伝わってきますね。

下り速度28Mbpsから45Mbps程度の速度が出ています。

窓際において有線接続するなど高速になるよう対処してもこの通信速度のため、不満を持っていることがうかがえますね。

どうしてももっと速度を出したい、とのことでしたら、パラボラアンテナを作成して設置してみることをオススメします。

なお、こちらの記事でパラボラアンテナの作成方法を説明していますので参考にしてください。

※2019年3月 Twitter調べ

こちらは下り速度約43Mbps。

なお周波数2.4GHzのほうが安定しており、5GHzでは21Mbpsと速度が半減しています。

場所にもよるとは思いますが、周波数帯によって速度が変わるという情報は通信速度改善に役立つ可能性がありますね。

<WiMAXの最新ホームルーターL02の速度>

WiMAXのL02は、今まで紹介してきたものとは異なり、ホームルータータイプのものです。

持ち運び型ではなく、家の中で使用する据え置き型のものです。

下り速度、上り速度ともに0.1Mbps…。

さすがにこの速度ではWebサイト閲覧もままならない状況だと思います。

L01からL02に変更し、下り速度が92.1Mbpsから115Mbpsに向上しています。

速度面でも使い勝手の面でも固定回線と同じ感覚ですね。

※2019年3月 Twitter調べ

こちらの方は下り速度48Mbpsです。

もっと速度が出るという期待があり手を尽くしているものの、この速度が限界の様子。

とは言え、通常用途においては全く問題ない速度ではあります。

WiMAXの速度を測定してみよう!

WiMAXを利用していての実際の通信速度が気になる方は計測してみましょう。

インターネットの速度の計測方法について2つのサイトを紹介します。

簡単操作で速度計測をしたいなら【わたしのネット】

ワンクリックでインターネットの速度計測ができるサイトが、わたしのネットです。

わたしのネットで速度測定をする

「スタート」をクリックするだけで計測が始まり、上り、下りともに30秒程度待つだけで速度を知ることができます。

計測中の速度もリアルタイムで表示されるため、見ていて飽きない仕様になっています。

ボタンを押すだけという簡単な操作と、計測中のわかりやすい表示が魅力的なサイトです。

信頼性がある老舗の速度計測サイトなら【Radish Network Speed Testing】

続いてご紹介するのはRadish Network Speed Testingインターネットの速度計測では以前から使用されている老舗サイトです。

わたしのネットのようにワンクリックでの計測はできませんが信用性の高いサイトです。

Radish Network Speed Testingで速度測定する引用:Radish Network Speed Testing

Radish Network Speed Testingを使用した速度報告を見ることにより、回線種別ごとにどれくらいの速度が出ているのかを知ることができます

回線導入を検討している人にとっては有益な情報ですね。

WiMAXはどれくらいの速度が出ていれば快適か

速度測定をすることで 上り速度、下り速度、PING値などがわかりますが、実際WiMAXでどれくらいの速度が出ていれば、快適にインターネットを利用できるのでしょう。

ダウンロードをする際の「下り速度」、アップロードする際の「上り速度」の単位は「Mbps」と表記されます。

Mbpsの数値は大きいほど快適に通信ができますよ。

<下り速度>

4K画質
下り25Mbps以上
HD画質
下り5Mbps以上
標準画質
下り3Mbps以上

<上り速度>

LINEやメールの送信
上り128Kbs~1Mbps
動画ファイルのアップロード
上り1Mbps程度

「PING値」とは応答速度のことで、単位は「ms」と表記されます。

PINGの数値は小さければ小さいほど快適に利用が可能です。

反対に数値が大きい場合は、ラグや応答時間が間に合わず、サーバーの接続がキャンセルされます。

そのため、オンラインゲームなどを行う方にとっては、いくら下りの速度が速くてもPING値が悪ければ、快適にインターネットができるとは言えませんので気を付けましょう。

<PING値>

10ms以下
かなり速い
10~35ms
速い
35~50ms
平均
100~150ms
遅い
150ms以上
異常

オンラインゲームなどを快適に利用するのであればPING値は35ms以下が望ましいでしょう。

WiMAXの速度が遅い場合の原因と解決方法

今回のWiMAXの速度報告を見て、「自分のWiMAXはこれほどの速度が出ていない」と思った方もいるかもしれません。

次に、WiMAXの速度が遅い場合に多い原因と対処法を紹介します。

  • WiMAXの速度制限がかかってないか確認する
  • WiMAXの周波数を変更してみる
  • WiMAXの電波が届きやすい窓際に置く
  • 古い機種を利用している場合は乗り換える

解決方法も原因によって変わってきますので、まずは原因を特定したうえで進めるようにしてください。

まずはWiMAXの速度制限がかかっていないか確認しよう!

最初に確認したいのは、WiMAXの速度制限に引っかかっていないかどうかです。

WiMAXでは、プランごとに高速通信ができるデータ量の上限があり、それを超過すると速度制限がかかります。

プランごとの上限は下記のとおりです。

  • ギガ放題プラン:3日間で10GBの通信を行うと翌日18時から翌々日2時まで最大1Mbpsの通信制限
  • ライトプラン:7GBの通信を行うと月末まで最大128Kbpsの通信制限

特に注意いただきたいのはライトプランを契約している方です。

128kbpsではWeb閲覧にも支障が出る速度ですので、使い物にならないと感じるます

データ量が上限に達していないか確認するようにしてください。

ギガ放題では速度制限がかかっても最大1Mbpsの通信が可能です。

そのため、速度制限中でも動画の視聴などで不便を感じることはありませんよ。

速度制限にかかった場合にできること

上記を踏まえ、ギガ放題、ライトプランそれぞれで通信制限がかかった場合にできることをまとめました。

SNSやホームページの観覧などは、やり取りするデータの量次第で快適性は変わりますので、ご参考としていただければと思います。

WiMAXの速度制限中にできること

au 4G LTEの速度制限に注意!

WiMAXにはLTEオプションという機能があり、WiMAXの電波が弱いところなどでauの4G LTEを使用して通信ができます。

ただこのLTEオプションは、速度制限の視点ではやや危険もあります。

ギガ放題を契約している人でも、LTEオプションを一度でも使用した場合、その月の高速通信データの上限がライトプランと同じ7GBになってしまうのです。

その場合の制限された速度もライトプランと同じく128kbpsまで下げられてしまいます。

LTEオプションには上記の予期せぬ落とし穴がありますので注意するようにしてください。

データ量を7GB近く使っている人はとくに、LTEオプションの使用は控えたほうが良いですね。

WiMAXの速度制限がかかったか確認する方法

速度が出ない原因としてよくあるのが上速度制限です。

WiMAXの速度制限がかかっているかどうかは、下記の方法で確認できます。

<WiMAX端末の画面で確認する>
端末に、現在どれだけデータを使用したか表示されていますので、それを見て確認します。

<プロバイダの会員ページで確認する>
契約プロバイダの会員ページでも、データの使用状況が確認できますので、残りの高速通信量がどれだけあるか把握できます。

<データ量通知サービスを利用する>
WiMAXでは、データを使いすぎている時にメール通知を発信する機能があります。

3日で10GBに達したときに通知がされるため、ギガ放題で契約している人は使用する価値がありますね。

<通信量チェックアプリを利用する>
スマホアプリで端末の通信量をチェックできるものがあります。
こちらは端末がアプリに対応している必要がありますので、機種によってはできない可能性もある点にご注意ください。

 なお、速度制限については、速度制限に関する記事を別途設けていますのであわせて参考にしてください。

WiMAXは速制限解除方法は待つのみ!

なおWiMAXで速度制限にかかってしまった場合の解決方法は、「待つ」のみ。

ギガ放題であれば、速度制限は翌々日の2時には解除され、ライトプランの場合でも、月が替われば高速通信が復活しますよ。

不便ではありますが、おとなしく待つしかありませんね。

なおライトプランを契約中で、毎月のように速度制限に引っかかるようであれば、ギガ放題へのプラン変更検討もオススメします。

WiMAXの速度が遅い場合の解決方法

WiMAXの速度が遅い場合の主な解決方法は下記6つが挙げられます。

<WiMAX2+回線を利用する>

使用中のWiMAXが従来型のWiMAXの場合、より新しいWiMAX2+に切り替えることで高速化される可能性があります。

従来型は速度が遅い上に、2020年での提供終了が予定されています。

今後もWiMAXを使用したい場合は、これを機にWiMAX2+への切り替えをオススメします。

なお、こちらの記事でWiMAX2+回線へお得に変更する方法を説明していますので参考にしてください。

<新しい機種に乗り換える>

WiMAX端末の機種変更することでも高速化する可能性があります。

特に古い機種を使用している方は、最新機種への変更をご検討ください。

また、こちらの記事でWiMAXの機種の選び方を説明しています。

<配置場所をかえる>

WiMAX端末を自宅内の固定の場所において使用している場合、配置場所を変えるだけでも電波の掴みが良くなり、通信速度が改善する可能性があります。

<パラボラアンテナを利用する>
 
パラボラアンテナ設置により、WiMAXの電波強度を高める方法です。

言葉だけ聞くと大掛かりに思うかもしれませんが、パラボなアンテナは100均アイテムを使って簡単に自作できます。

速度が3倍4倍に増えたという情報もあり、試してみる価値大ですよ。

なお、こちらの記事でパラボラアンテナの作成方法を説明していますので参考にしてください。

<電子機器の電波に干渉されている>

WiMAXは電波のため、他機器の電波干渉を受ける可能性があります。

電子レンジなど電子機器の近くにWiMAX端末を置くのは避けましょう。

<有線接続をする>

WiMAX端末にクレードルをつけて、有線LANケーブルで接続し速度改善をはかります。

電波干渉に強いため、安定性が高まることがありますよ。

なお、上記で説明したことを含めこちらの記事でWiMAXが遅い場合の解決策について説明しています。

MNO(UQコミュニケーションズ)MVNO(販売代理店)で通信品質は変わらない

WiMAXはUQコミュニケーションズでも申し込みを受け付けていますし、So-netやBiglobeなど代理店やプロバイダ経由で申し込むこともできます。

両者の関係を整理すると、UQコミュニケーションズは自社回線でサービス提供しているMNO。

それに対し代理店はMNOから回線を借りてサービス提供しているMVNOです。

ならば総元締めであるMNOのUQコミュニケーションズで申し込んだほうが品質もいいのでは?と思う人もいるかも知れませんが、WiMAXに関してはMNOとMNVOで通信品質に差はありません

業者間での立場は違うものの、提供されるサービスに差はありませんので、どこから申し込んでも大丈夫です。

代理店はキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていることもあるので、自分にあったところを探して申し込むようにしてください。

なお、こちらの記事でWiMAXのキャンペーンについて紹介しています。

どうしても速度が改善されない場合は乗り換え!ポケットWi-Fi・docomo・光回線と比較!

WiMAXの最大通信速度は他社のモバイルルーターや光回線と比べると、どれくらいの速度なのか一覧表でまとめてみました。

WiMAX
ポケットWiFi
docomo モバイルWi-Fi
光回線 フレッツ光
最大通信速度(下り)
1.2Mbps
612Mbps
788Mbps
1Gbps(1,000Mbps)

モバイルルーターではWiMAXが最も高速通信が行えることがわかりますね。

ということは、WiMAXから他のモバイルルーターに乗り換えても快適なネット通信が行える可能性は低いということです。

とはいえ、WiMAXは選択している端末によって通信速度が変わりますので、ほかのモバイルルーターに乗り換えた方が速い、ということもあり得ますよ。

自身がどのルーターを利用しているのか確認して、端末を新しいものに変えるか、ほかのモバイルルーターに乗り換えるか検討してみてください。

なお、自宅でのインターネット通信が多いようでしたら光回線の利用が最も通信が安定します。

こちらでWiMAXと光回線、どちらを契約すべきかを説明していますので参考にしてください。

自宅で回線を利用する場合は光回線がオススメ!

WiMAXは登場してから現在までの間にどんどん改良が進んでおり、通信速度も安定性も向上しています。

とはいえ、WiMAXの最大の魅力はやはり持ち運んで使用できることです。

自宅でのインターネット環境という視点では、光回線のほうが安定しています

もちろん電波や光回線の環境によるため一概には言えません。

ただWiMAXから光回線に乗り換えた口コミを30件ほど調査したところ、下記のような声が見受けられました。


WiMAXでは下り1.58Mbps、上り1.80Mbpsだったのが、

光回線では下り173Mbps、上り385Mbpsと100倍以上もの差が出ています。
これほどの差が出るとは驚きですね。

※2019年3月 Twitter調べ

WiMAXでは下り0.13Mbps、上り1.06Mbps

光回線では下り118Mbps、上り131Mbpsと、こちらも100倍以上もの差が出ています。
(下りに関しては1,000倍近い差ですね)

上記のように、数値だけを見ると光回線が有利です。

外出先でのインターネット利用があまりないのであれば、光回線を選択したほうが安全ですね。

まとめ

WiMAXの通信速度は環境や接続方法、端末によって大きく変わります。

特に速度が遅いという場合にありがちなのは速度制限。

ギガ放題プランは3日で10GB利用すると翌日18時から翌日2時まで最大1Mbpsの速度制限がかかり、ライトプランの場合は7GBを利用すると、月末まで128Kbpsの速度制限がかかります。

速度が遅いと感じた場合は、まずは速度制限ではないか確認してください。

また、WiMAXルーターの配置場所をかえたり、パラボラアンテナを利用することで速度を改善できる場合もありますよ。

なお、どうしてもWiMAXの速度改善ができない場合は、思い切って光回線に乗り換えてみてくださいね。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る