閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの速度が遅い!繋がらない!考えられる原因と対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

WiMAX(ワイマックス)は高速回線のモバイルデータ通信サービスですが、急に速度が落ちたり、繋がらなくなったりしてしまうことはありませんか?

そんなときは、どうすればいいか困ってしまうし、早く解決してインターネットを快適に楽しみたいですよね?

そこで、今回はWiMAXの通信速度が急に遅くなったり、繋がらなくなったりした場合の考えられる原因とその対策をご紹介します。
もし、このような症状が起こった場合は参考にしてみてください。

WiMAXの通信速度が遅い3つの原因と対策

光回線と速度が変わらない高速通信速度のモバイルルーターWiMAXですが、ある日突然通信スピードが遅くなってしまうことがあります。

考えられる理由は3つ。

では、それぞれの理由と対策を解説していきます。

1.速度制限

WiMAXには2つのプランがあります。

データ通信量が無制限の「ギガ放題プラン」データ通信量が7GBまでの「ライトプラン」です。

WiMAXにはそれぞれのプランに一定の条件に達すると速度制限がかかります。

ライトプラン場合

ライトプランは1ヶ月、データ通信量が7GBと決められています。

ライトプランで契約している方で、インターネットの読み込みが極端に遅くなってしまった場合は、データ通信量が1ヶ月で7GBを超えてしまい、通信速度制限がかかっていることが考えられます。

7GBを超えてしまうと最大通信速度が128Kbpsに制限されてしまい、動画の再生はおろか、Webページの閲覧すらままならないことになってしまいます。

インターネットは出来ないのと同じ状況だと思ってください。

対策方法

まずは7GBを超えないように、データ通信量をチェックしながら使いましょう。
通信制限が発生してしまうと、解除されるのは翌月の1日からになってしまいます。

翌月まで耐えられないという方や、データ通信量を気にしながらネットを使うのは不便だと感じる方は、料金プランを「ギガ放題プラン」に変更しましょう。
「ライトプラン」と「ギガ放題プラン」は、解約金なしでWiMAXの公式サイトから簡単に変更することができます。

ギガ放題プランの場合

ギガ放題はデータ通信量無制限のプランです。

ギガ放題にはデータ通信量の制限は無いのですが、速度制限があります。

3日間で10GBを超えると速度制限がかかります。

対策方法

速度制限がかかってもインターネットはもちろん動画もストレス無く見れる速度にはなっているのでよほどのヘビーユーザーで無い限り気になることはないでしょう。

気になる方は、3日間で10GB以下になるように通信を控えるようにしましょう。

LTE回線で7GBを使い切ってしまった

WiMAXの通信モードには、ハイスピードプラスエリアモードというものがあります。

これは、通常つながりにくい場所でも、別の回線を使ってつながるようにするモードです。
今のプランに1,005円でオプションとしてつけることが出来ます。

ハイスピードプラスエリアモードの1か月の通信データ量は、7GBまでに制限されていて、7GBを超えてしまうと利用プランに関係なく、LTE回線とWiMAX回線の両方の通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。

128Kbpsがどのくらい遅いかというと、写真が多いサイトや動画があるサイトを開くのに10秒から30秒程度かかるくらい遅く、YouTubeの再生はコマ送り状態になり、かなりストレスを感じます。

対策方法

LTE回線での通信データ量が7GBを超えないように、チェックしながら使いましょう。
通信制限が発生してしまうと、解除されるのは翌月の1日で、それまではひたすら待つしか方法がありません。

2.古いWiMAX回線を使っている

あまりあるとは考えにくいですが、WiMAX端末の機種が旧型の場合、WiMAX2+ではなく旧回線であるWiMAXを使っていることが考えられます。

WiMAX2+が下り最大440Mbpsであるのに対し、WiMAXは下り最大13Mbpsの通信速度しか出ません。

対策方法

WiMAX端末をW04、W03などに機種変更しましょう。

また、WiMAX端末の機種によっては、手動でWiMAXとWiMAX2+を切り替えられるものもありますので、手動で切り替えられる場合は、WiMAX2+に切り替えましょう。

モバイルルーター「WiMAX」機種選びで迷ってない?違いを調べた結果・・

3.回線の接続状態が悪い

電波状態により回線の接続状態が悪くなり、通信速度が落ちる場合があります。

対策方法

下りの受信速度の計測し、スピードが出る電波状態のいい場所にWiMAX端末を移動しましょう。

WiMAXが繋がらない5つの原因と対策

WiMAXのサービスエリア内なのに、上手くつながらない原因は、電波状態に関係しています。

どうして電波状態が悪いのか、原因を探り解決していきましょう。

1.WiMAX端末設置場所の電波が弱い

自宅でWiMAXが上手く繋がらないのは、WiMAXルーター端末設置場所の電波状態が悪いことが考えられます。

特に高層マンションの上階では、電波が届きやすい場所と届きにくい場所がありますので、端末の設置場所には注意が必要です。

対策方法

自宅内で電波が強い場所を探しましょう。マンションの場合、窓際にWiMAXルーターを置くと、比較的上手くつながります。

2.サービスエリア外に移動してしまった

WiMAXはモバイル通信サービスなので、よくありがちなのが、外出先で電車や車で移動していて、モバイルパソコンを使いながら、圏外になってしまうパターンです。

WiMAXは都市部以外では、サービスエリア外の地域が多いことを認識しておいてください。

最近は、サービス提供エリアが拡大してきたので、このような問題も少なくなってきています。
>>提供エリアの確認は「Broad WiMAX」のサイトから確認できます。

対策方法

WiMAXの圏外でも、LTEならば繋がる場合がありますので、通信方式をLTE方式に変えてみましょう。

ただし、LTEには1か月の通信データ量に7GBの制限がありますので、注意しながら使ってください。

また、LTEの利用には、月当り別途オプション料金の1,005円がかかります。

3.近くに高層ビルや大きな建物ができた

最近、自宅の近くに高層ビルや大きな建物ができたということはありませんか。

WiMAXはモバイル通信なので、基地局と利用機器の間に電波障害となる大きな建物などの障害物があると、繋がらなくなってしまうことがあります。

対策方法

自宅やオフィスなど、モバイル端末が繋がらなくなった場所で、モバイルWiFiルーターを窓際に移動するなどして、電波が拾いやすい場所を探してください。

4.高層ビルの上部や地下にいる

WiMAXに対応している地下鉄駅や、ショッピングモールを除き、高層ビルの上部や地下ではWiMAXの電波が届かない場合があります。

対策方法

圏外と表示された場合は諦めて、地上などの電波が通りやすい場所に移動するか、LTEを利用しましょう。

5.周辺で別回線の工事中

WiMAXを使用している周辺で別回線の工事をしていると、電波が受信しにくく、速度が遅い傾向にあります。

対策方法

ご自宅でしたら、工事が終わるまで待ち、外出先でしたら電波のいい所を探してください。

それでも通信速度が遅い、繋がらない時の対策

これまでご紹介した対処方でもどうしても速度が遅い、繋がらない状態が改善されない場合は次に紹介する方法も検討してみてください。

WiMAXのサポートセンターに問い合わせる

WiMAXのサポートセンターに一度お問い合わせください。

Broad WiMAXサポートセンター

WiMAXを返品する

WiMAXを契約して間もない方は、機器が届いて8日以内であれば無料で違約金がかからず返品できます。

ご満足保障

WiMAXの代理店「Broad WiMAX」にはご満足保障というものがあります。
これは、もしWiMAXを使ってみて、通信速度や使い勝手に納得がいかない場合に、Broad WiMAXが紹介する別のインターネット回線に違約金0円で乗り換えが出来る制度です。

しかもこれは、期限は決められておらず、いつでも乗り換えが出来るうれしい制度です。

auひかりに乗り換える

WiMAXはauスマホとセットでスマホの月額料金が最大945円割引きされる「スマートバリューmine」という特典があります。

これを目当てでWiMAXを契約した方もいらっしゃると思います。

これはもちろん光回線の「auひかり」でも適用される特典ですので、「auひかり」への乗り換えの検討もされるといいかと思います。

乗り換え時の違約金を負担してくれるキャンペーンがありますので、乗り換え易くなっています。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

WiMAXの通信速度が遅い、繋がらないのまとめ

WiMAXの通信スピードが落ちる原因には、

・通信制限の適用
・古いWiMAX回線の使用
・回線接続の不良

などが考えられ、「古いWiMAX回線は新しいWiMAX回線に変える」、「接続が悪いときは電波のいい場所に移動したりする」などの手立てがありますが、通信制限の場合は一定期間、遅いのを我慢しなければなりません。

特にLTE回線の使用量が7GB超えた場合、契約プランがギガ放題であってもWiMAX回線とLTE回線の両方が128Kbpsの制限対象になるので注意が必要です。

どうしてもWiMAXを使ってみて満足が得られなければ、返品や回線の乗り換えを無償で行ってくれるので、安心して使える回線といえるでしょう。

このルールをよく知り、ストレスの無いインターネットライフを送りましょう。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事