閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

WiMAXの速度が遅くなった|その原因と解決法をご紹介!

    WiMAXはインターネットの動画や、ファイルのダウンロードがサクサク出来る下り440Mbpsを誇る高速回線です。まずインターネットを利用していてストレスを感じることはないでしょう。

    そんなWiMAXの通信速度が遅く感じていて困っていませんか?
    実はWiMAXには通信速度が遅くなる原因が大きく分けて3つ存在します。

    1. 契約プランが原因
    2. 使っている端末が原因
    3. 通信環境が原因

    今回はWiMAXの通信速度が遅くなる3つの原因と解決方法を一挙公開しちゃいます。

    明日からは、WiMAXの通信速度で困ることはありません!これからWiMAXを契約しようと思っている方も知っておくと得する情報です。

    契約プランが原因

    WiMAXには1ヶ月のデータ通信量が最大7ギガまでと制限されている通常プラン(UQ Flat ツープラス)と1ヶ月のデータ通信量が無制限のギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の2つのプランがあります。

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)ではそれぞれのプランごとに通信速度制限が適用されるルールがあります。

    WiMAXの通信速度でお困りの方はまずこの契約プランを確認することをおすすめします。

    では、2種類のプランごとのルールを説明します。

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)の通信速度制限ルール

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)の通信速度制限ルールの説明をしていきます。

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)は1ヶ月に利用できるデータ通信量が最大7ギガまでと決められており月内でデータ通信量を7ギガ以上使用した場合は、翌月の1日まで通信速度制限ルールが適用されます。

    通信制限が適用されてもそのままインターネット通信は出来ますが、通信速度が128kbps程度まで遅くなります。

    128kbpsという通信速度は、メールがかろうじて送受信できるだけでインターネットでのページの閲覧はままならない状態になるほど遅い状態です。

    まず、写真や動画は閲覧できないと考えたほうがいいでしょう。

    対策方法

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)の通信速度制限ルールの対策方法お教えします。

    まず一つ目の対策方法は7ギガを超えないように、データ通信量を確認しながら使うことです。

    データ通信量の確認の方法は、お使いのデータ通信端末にデータ通信量が見れるカウンターがあるので簡単に確認が出来ます。

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)では、月内に一度速度制限が適用されると、翌月の1日まで速度制限が解除されません。

    WiMAXを利用していていままで何度も通信速度制限ルールが適用された方は、契約プランをギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)に変更することをおすすめします。

    WiMAXでは通常プラン(UQ Flat ツープラス)とギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)を月ごとに変更料なしで変更できます。

    ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の通信速度制限ルール

    次にギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の通信速度制限ルールをみていきましょう。

    ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)にはデータ通信量の制限はないのですが、通常プラン(UQ Flat ツープラス)とは異なる通信速度制限ルールが存在します。

    ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の通信速度制限ルールは、3日間の合計通信量が10ギガを超えた場合に適用されます。

    ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の通信速度制限ルール適用後の通信速度は1Mpbs程度です。

    1Mbpsという速度は、youtubeの動画が標準画質レベルで見ることが出来る速度です。

    また、ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の通信速度制限ルールが適用されるのは、翌日の18時から翌々日の2時までの短い間になります。

    対策方法

    先ほど申し上げたようにギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)のデータ通信速度制限ルール適用後の通信速度は1Mbpsで、youtubeの動画が標準画質レベルで見ることが出来る速度です。

    ですので、おおよその方がインターネットを使う理由として動画を見ることだと思いますのであまり気にならないのではないでしょうか?

    もしかしたら、通信速度制限ルールが適用されていることも気がつかないかもしれません。

    ハイスピードプラスエリアモードの通信速度制限ルール

    WiMAXには、WiMAXとは別の回線のLTE回線を利用して通常は通信がつながりにくい地下などでも高速通信が出来るようになるハイスピードプラスエリアモードという便利な通信モードがあります。

    データ通信端末に切り替えのボタンがあり簡単にモード変更が出来ます。

    ハイスピードプラスエリアモードはWiMAXの契約プランのオプションとして利用した月のみ月額1,005円がかかります。
    auスマートバリューmineを適用させている方は利用料が無料です。

    ハイスピードプラスエリアモードにはデータ通信量の制限と通信速度制限ルールがあります。

    ハイスピードプラスエリアモードは1ヶ月のデータ通信量が7ギガまでと制限されています。月内のデータ通信量が7ギガを超えると、通常プラン(UQ Flat ツープラス)と同じく通信速度が128kbps程度まで遅くなります。

    ハイスピードプラスエリアモードの通信速度制限ルールは通常プラン(UQ Flat ツープラス)とギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)にも適用されます。

    つまりは、ハイスピードプラスエリアモードの通信速度制限ルールが適用されたら、契約プランにかかわらず翌月の1日までは通信速度が128kbps程度のままです。

    対策方法

    ハイスピードプラスエリアモードの通信速度制限ルールが適用されてしまうと、通信速度制限ルールが解除される翌月の1日までひたすら待つしか方法がありません。

    LTE回線での通信データ量が7ギガを超えないように、確認をしながら使いましょう。

    また不必要にハイスピードプラスエリアモードに切り替えたままの状態になっていることも考えられるので、LTE回線に切り替えたら必ず通常の回線に戻すようにしましょう。

    ただ、WiMAXの通信サービスエリアは随時広がってきているのでハイスピードプラスエリアモードを使う機会はあまりないでしょう。

    使っているデータ通信端末が原因

    WiMAXの通信速度が遅い原因として、使っているデータ通信端末に問題があることが考えられます。

    WiMAXにはWiMAXとWiMAX2+の2種類の回線があり、WiMAXが旧式の回線になり通信速度が下り最大13Mbps、WiMAX2+が下り最大440Mbpsと大きく差があります。

    【関連記事】WiMAX2+の通信速度は本当に速いの?検証してみた

    今お使いのデータ通信端末によっては、WiMAX2+の高速回線が利用できず、旧式のWiMAXの回線でデータ通信をしている可能性があります。

    旧式のWiMAXの回線を利用している限り通信速度が下り最大13Mbpsを超えることはなく、回線速度が遅く感じる原因になっている可能性があります。

    また、WiMAX2+の回線の登場に伴い、WiMAXの回線は年々、通信サービスエリアの縮小と通信速度が遅くなってきています。

    対策方法

    データ通信端末をWiMAX2+に対応しているデータ通信端末に変更をしましょう。

    現在WiMAXで提供されているWiMAX2+に対応しているデータ通信端末でのおすすめはW04になります。

    下記のサイトは、他社WiMAXの違約金を負担してくれて最新機種W04が無料で手に入ります。
    W04を手に入れたい方にはおすすめです。

    おすすめ窓口初期費用
    18,857円割引!
    Web申込限定で
    WiMAXを手軽にスタート!

    モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。おトクに申込むためには、Webフォームからクレジットカード払いでお申込みしよう!なんと初期費用が18,857円割引に! 他社の窓口と比べ、月々の利用料が安く、手軽にネットを始められます!

    キャンペーンを詳しく見る

    キャンペーンを詳しく見る

    通信環境が原因

    WiMAXは固定回線と違い、無線でデータ通信を行うため、どうしてもWiMAXを利用する環境により通信速度が左右されます。

    WiMAXの通信速度が遅い原因は、現在WiMAXを利用している環境が原因の可能性もあります。

    一つづつ見ていきましょう。

    1.電波の届きにくい場所で通信をしている

    高層マンションの上階や地下では、電波が届きやすい場所と届きにくい場所がありますので、端末の設置場所には注意が必要になります。

    自宅でWiMAXが上手く繋がらないのは、WiMAXルーター端末設置場所の電波状態が悪いことが考えられます。

    対策方法

    自宅内で電波が強い場所を探しましょう。マンションの場合、窓際にWiMAXのルーター通信端末を置くと、比較的上手く繋がります。

    地下ではハイスピードプラスエリアモードでLTE回線を使用すると電波が繋がりやすくなります。

    2.WiMAXの通信サービスエリアの外に移動してしまった

    WiMAXは全国主要都市部以外では、通信サービスエリア外の地域が存在します。

    WiMAXはモバイルデータ通信サービスなので、よくありがちなのが、外出先で電車や車で移動していて、スマホ・タブレット・パソコンを使いながら、WiMAXの電波が圏外になってしまうパターンです。

    最近は、サービス提供エリアが拡大してきたので、このような問題も少なくなってきています。
    入力するだけ1分で簡単確認!WiMAXのサービスエリア確認!

    対策方法

    WiMAXの圏外でも、LTE回線ならば繋がる場合がありますので、通信方式をハイスピードプラスエリアモードでLTE回線に変更してみましょう。

    ただし、LTE回線には1ヶ月のデータ通信量が7ギガまでの制限がありますので使いすぎには注意が必要です。

    3.近くに高層ビルや大きな建物ができた

    WiMAXは無線のモバイル通信なので、基地局と利用機器の間に電波障害となる大きな建物などの障害物があると、繋がらなくなってしまうことがあります。

    最近、自宅の近くに高層ビルや大きな建物ができたということはありませんか。心当たりのある方は、高層ビルや大きな建物により電波障害が考えられます。

    対策方法

    自宅やオフィスなど、モバイル端末が繋がらなくなった場所で、モバイルWiFiルーターを窓際に移動するなどして、電波が拾いやすい場所を探してください。

    5.周辺で別回線の工事中

    WiMAXを使用している周辺で別回線の工事をしていると、電波が受信しにくく、速度が遅い傾向にあります。

    対策方法

    ご自宅でしたら、工事が終わるまで待ち、外出先でしたら電波のいい所を探してください。

    それでも通信速度が遅い場合の対策

    ここまでご紹介した対処法でもまだWiMAXの通信速度が遅い、繋がらない状態が改善されない場合は次に紹介する方法も検討してみてください。

    WiMAXのサポートセンターに問い合わせる

    WiMAXのサポートセンターに一度お問い合わせをしてみてください。

    Broad WiMAXサポートセンター

    WiMAXを返品する

    WiMAXを契約して間もない方は、機器が届いて8日以内であれば無料で違約金がかからず返品できます。

    ご満足保障

    WiMAXの代理店「Broad WiMAX」にはご満足保障というものがあります。
    これは、もしWiMAXを使ってみて、通信速度や使い勝手に納得がいかない場合に、Broad WiMAXが紹介する別のインターネット回線に違約金0円で乗り換えが出来る制度です。

    しかもこれは、期限は決められておらず、いつでも乗り換えが出来るうれしい制度です。

    auひかりに乗り換える

    WiMAXはauスマホとセットでスマホの月額料金が最大945円割引きされる「スマートバリューmine」という特典があります。

    これを目当てでWiMAXを契約した方もいらっしゃると思います。

    これはもちろん光回線の「auひかり」でも適用される特典ですので、「auひかり」への乗り換えの検討もされるといいかと思います。

    乗り換え時の違約金を負担してくれるキャンペーンがありますので、乗り換え易くなっています。

    おすすめ窓口最大82,000
    キャッシュバック!
    月額料金が12ヶ月間
    1,000円割引

    新規でもお乗換えでも人気を集めるauひかり!auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも携帯ごとauにしてしまうほどの人気ぶり!auひかりは月額が格安なのも魅力的です!この窓口限定で最大82,000円キャッシュバック

    キャンペーンを詳しく見る

    キャンペーンを詳しく見る

    WiMAXの通信速度のまとめ

    WiMAXの通信速度が遅い原因には、

    1. 契約プランが原因
    2. 使っているデータ通信端末が原因
    3. 通信環境が原因

    以上の3つが考えられます。

    とくに、契約プランが原因で通常プラン(UQ Flat ツープラス)とハイスピードプラスエリアモードのデータ通信速度制限ルールに困っている方が多かったのではないでしょうか。

    通常プラン(UQ Flat ツープラス)とギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)の月額料金に大きな差はないので、ギガ放題プラン(UQ Flat ツープラスギガ放題)に切り替えることをおすすめします。

    データ通信端末が原因の場合は、最新機種W04への切り替えをしましょう。最新機種が無料で手に入るWiMAXの代理店がおすすめです。

    通信環境が原因の場合は、繋がりやすいハイスピードエリアモードのLTE回線をおすすめしますが、データ通信速度制限ルールには気をつけて使用しましょう。

    WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

    実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

    ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

    そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

    • 月額費用が安くてお得!
    • 月間No.1の申し込み数!
    • 安心のアフターフォローサービス!

    いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
    現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
    では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

    BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

    月額、、、、2,726円!??
    これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

    おすすめ窓口BroadWiMAX

    月額最安級の新プランも登場!
    選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

    ▼おすすめ窓口限定キャンペーン

    お申込みサイトを見る