閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

月額もお得でキャッシュバックももらえる光回線まとめてみました!

auひかりを利用する際の料金について解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

テレビCMでもおなじみの【auひかり】はKDDIの提供するインターネット回線サービスです。

日本で主要なインターネット回線の事業社といえばフレッツ光を提供しているNTTと、本稿で言及するKDDIのauひかりの実質的な二強状態です。そのためインターネットを自宅で利用しようと考えた場合は必然的にどちらかを選択することになります。

ご存知の通り、auひかりのKDDIもフレッツ光のNTTも携帯電話サービスも行っています。携帯電話キャリアのauとauひかりはどちらもKDDIの運営です。そのためauの携帯電話やスマホを利用している場合はauひかりでインターネット契約をすると何かと便利で、料金的にも他社回線を利用するよりお得になる仕組みになっています。

本稿ではインターネット回線サービスであるauひかりの、利用料金やプラン別で決まる月額利用料金や割引サービス、キャッシュバック額についての解説、さらに工事費用などの初期費用、解約金の費用などについても解説します。

auひかりの料金体系

インターネットサービスを利用するには光回線利用料とプロバイダー料の両方がかかります(別途、回線終端装置などの機器レンタル料や無線LAN月額レンタル料等がかかることもあります)。光ファイバー回線料金とプロバイダ料金を合算した値段がインターネット利用料です。

NTTのフレッツ光の場合ならばフレッツ光の回線を契約して、さらに別途、プロバイダ事業者とプロバイダ契約をします。フレッツ光と同様にNTTが提供するプロバイダーも存在します。インターネットの知識が乏しい人には何だかややこしく感じるかもしれません。

au on netというサービス

KDDIはauひかりという回線サービスと同時に【au one net】というプロバイダサービスも提供しています。

契約の際はプロバイダーにau one netを選択すると料金体系がわかりやすくなり、料金も割安になります。そのためプロバイダ事業者に特にこだわりがなければau one netを選択するのがオススメです。

以下に紹介するのはauひかりでau one netをプロバイダーに選んだ際の料金です。尚、初期工事費用は含んでおりません。ちなみにプロバイダ料金はどの事業社も利用料金は大差がないため、テレビサービス加入や光電話加入などをしない限り、どのプロバイダーを選んでも請求書に表示される月額利用料が大きく変わることはありません。

まずインターネット契約する世帯が一戸建てなのかマンション、アパートなどの集合住宅なのか、で大別されます。一戸建ての場合は【戸建てタイプ】、集合住宅なら【マンションタイプ】となります。

戸建てプラン

戸建てタイプ
標準プラン
6,300円
ギガ得プラン
5,200円
ずっとギガ得プラン
4,900~5,100円

マンションタイプ

マンションタイプ
マンションミニ
5,000円
マンションギガ
4,050円
VDSL
8契約以上
4,100円
16契約以上
3,800円
LAN配線
8契約以上
3,700円
16契約以上
3,400円

上記の料金はauひかりの回線料金にプロバイダサービス利用料込みの価格です。つまり表の額面上の価格が月額利用料金となります(税抜き)。auひかりはどのプロバイダーを選んでも月額料金は同じです。

ではここからは各プランについて解説します。

戸建てタイプ 『標準プラン』

一戸建ての世帯の場合は自動的に戸建てプラン(ホームプラン)になります。ニフティなどではホームタイプと呼ぶことがあります。戸建てプランの標準タイプは月額料金が6,300円になります。
プロバイダは自由に選ぶことが出来ます。しかし戸建ての標準プランの場合はBIGLOBEとDTIの2社のプロバイダは選択不可となります。

auひかりで選べるプロバイダは以下になります。

  • au one net
  • @ニフティ
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • So-net
  • BIGLOBE (標準プランは不可)
  • DTI (標準プランは不可)

もしインターネット回線が不調の場合や回線速度が著しく低下した場合などは、どのプロバイダも有料で電話や訪問でサポートを行いますが、So-netのみ、電話や訪問サポートサービスを無料で提供しています。そのためインターネット知識に乏しいPC初心者はSo-netがオススメです。ギガ得プランは2年契約となりますがこちらの標準プランはとくに契約期間に縛りがありません。いつ解約しても解約料金や違約金はかかりません。

初期費用に掛かる工事費

新規でauひかりを契約した場合は外の電柱から自宅に光ファイバーを物理的に引き入れるために工事が必要になります。そのためauひかりの新規契約には初期費用として工事費がかかります。
光ファイバーがインターネット回線として実用化された黎明期は工事費が3万円程度かかる時代もありました。しかしこのような高額の工事費は光ファイバーの普及にブレーキをかけることがだんだんわかってきたため、NTTもKDDIも初期費用相当額割引を実施し、光ファイバーの工事費などは実質的に無料にする風潮が生まれました。

現在の工事費は

光ファイバーの黎明期といえば2000年前半、そして2010年くらいまでは普及のために工事費無料が定番でした。2010年以降くらいから普及がある程度進んだため、昨今では再び光ファイバー引き入れの開通工事には工事費がかかる風潮となっています。2016年現在、光ファイバーの初期工事費用は無料ではないと認識するべきです。
auひかりの場合、戸建てタイプの工事費は37,500円、マンションタイプの場合は3,000円です。さらに工事を申し込むと登録料として3,000円がかかります。支払いは通常、戸建てタイプは30ヶ月分、マンションタイプは24カ月分に分割して月額利用料に合算して請求されます。どちらも分割で1,250円です。戸建てタイプもマンションタイプも利用期間中は工事費として利用開始月からひと月に1,250円の請求額が上乗せされるわけです。

ひかり電話

しかし現在ではauひかりに契約すると月に750円の割引サービスが適用されます。これは工事費の分を軽減しますよ、という意味合いが強い割引です。一昔前のように工事費無料や高額なキャッシュバックとはなりませんが、工事費は分割にして、その半分以上の額を毎月割引くことで工事費の負担を減らしているという仕組みです。
auひかりのIP電話サービスである【ひかり電話】を申し込むと月額500円かかりますが、最初の30ヵ月はこの月額500円が無料になります(通話料は別途)。auひかりの新規契約で同時にひかり電話に加入すると、割引の750円とひかり電話の500円分の割引分によって工事費の1250円は相殺されます。ちなみに自宅の固定電話をひかり電話にしても電話番号を変えないようにすることが出来ます。
ひかり電話は最初の30ヵ月は無料のため、30ヵ月後のひかり電話の料金発生時には工事費は払い終わっているという仕組みです。この仕組みを適用すればauひかりは実質的に工事費用無料ということになります。

というわけで、現在は固定電話を使っている状態でauひかりを申し込むならば、固定電話は解約し、IP電話のひかり電話に加入したほうが金額がお得です。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

戸建てタイプ 『ギガ得プラン』『ずっとギガ得プラン』

ギガ得プラン

上記の標準プランに対し、契約内容に一定の縛りを設けることで月額料金が割安になるのがこのギガ得プランです。
ギガ得プランは新規契約したら強制的に2年契約となります。スマートフォンなどでおなじみに2年縛りといえばピンと来る人も多いのではないでしょうか?
ギガ得プランで契約すると2年契約となるため、それより早く解約すると9,500円の解約金が発生します。そして2年経過すると自動で契約が更新されます。そのため解約金が発生しないように解約したい場合は2年に一度の契約更新月に申し込みするしかありません。

このような契約上の縛りがあるため、標準プランが月額6,300円なのに対し、ギガ得プランは5,200円と割安になります。

ずっとギガ得プラン

三番目の契約である【ずっとギガ得プラン】はギガ得プランの契約縛りをもっと長期にしたものです。
ずっとギガ得プランを選択すると3年契約となります。そして1年目の月額利用料は5,100円、2年目の月額利用料は5,000円、3年目の月額利用料は4,900円、といった具合に3年契約で1年ごとに料金が安くなります。このため上記の表にはずっとギガ得プランの料金が4900~5,100円と記載されているわけです。
ずっとギガ得プランは3年契約で解約金無しで解約できるのは3年に一度の契約月とその次の月の2か月間です。ギガ得プランの解約は解約月の一カ月間のみなのに対し、契約期間が長い、ずっとギガ得プランは契約解除料がかからず解約できる期間が長く設定されています。ずっとギガ得プランは契約月以外の時に解約をすると15,000円の解約料金が発生します。

標準プランとギガ得プランだと月額利用料が1,000円違います。使い続けるならばギガ得プランするのが断然お得ですね。解約のタイミングだけは注意したいです。

マンションタイプ 『マンションミニ』『マンションギガ』

一戸建ての場合は電線からの光ファイバーを自宅に引き入れてインターネットを接続します。つまり1世帯に1光ファイバーです。それに対してマンション、アパートのような集合住宅の場合は一本の光ファイバーを集合住宅の契約者全員で共有することになります。仮に10部屋のアパートだとすると、10世帯で1光ファイバーです。

このため集合住宅のほうが低コストで済むためマンションプランは戸建てタイプと比べて月額利用料は割安です。

マンション規模でのプランが変わる

規模が3階以下ならマンションタイプミニ、4階以上ならマンションタイプギガが対象となります。どちらも光回線で通信速度が最大1Gbpsです。
月額利用料はマンションタイプミニで5,000円、マンションタイプギガで4,050円です。

集合住宅の場合

集合住宅の場合は光ファイバーを引き入れても光ファイバーの共有部分から各部屋までの回線はその集合住宅の設備によって方法が異なります。各部屋まで光回線で届く設備の場合はマンションタイプミニ、マンションタイプギガとなります。
逆に共有部分から各部屋までの回線が【VDSL】(タイプV)や【LAN配線】(タイプE)の場合はそれを対象としたプランになるため月額利用料が変わります(表参照)

これらのマンションタイプのプランは集合住宅の設備の問題のため契約する個人が選択できません。

マンションタイプ 『VDSL』『LAN配線方式』

上記で解説しましたが、集合住宅の設備によっては設備が光回線ではなく、VDSLやLAN配線方式の場合があります。

ざっくりした説明になりますが、この2タイプはいわゆる旧式の規格です。どちらも旧式のため月額利用料は割安になります。どちらも実用に問題はありませんが、光ファイバー回線に比べると、共有スペースから各部屋までが光回線でないため通信速度はやや落ちます。上記の表の、8契約以上、16契約以上とは、その集合住宅で契約している世帯数のことです。一つの集合住宅で契約世帯数が多いほうが低コストになるため料金も若干安くなるという理屈です。

これから集合住宅への引っ越しを検討している人は引っ越し先の光ファイバー設備や固定回線を確認して検討したり、希望する回線を利用できるのかエリア検索することもできますが、すでに集合住宅に住んでいる場合、マンションタイプのどのプランになるかは選択の余地がありません。知り合いと話していると、住んでいる集合住宅によってau光の月額利用料が違うことに気づくことがあるかもしれませんが、それは集合住宅の規模や設備によるものです。

おすすめ窓口auひかりをおトクにお申込みできる窓口はコチラ!
https://kddi-hikari.com/
auひかりの人気窓口

おススメ度:★★★★★
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そして魅力なのが最大70,000円のキャッシュバックです!

今なら最大70,000円キャッシュバック!

auひかりとauスマートフォンを併用するauスマートバリューを併用すればさらにお得に

インターネット接続サービスであるauひかりと同時にauスマートフォンやauケータイを利用することでauスマートバリュー適用対象となり、専用の割引が適用される契約プランを組むことが出来ます。これはauひかりの利用エリアならどこでも適用可能です。

auスマートバリューとは

auスマートバリューは、まず同じ人がインターネット契約であるauひかりとauスマホを契約することで、その契約を一つのauスマートバリューというプランで契約できます。つまりインターネットと携帯電話の契約を一つにまとめるということです。
これでauひかりの月額料金とauスマートフォンの月額料金の合算から2,000円の割引が適用されます。割引の期間は2年間です。auスマートバリューは、auショップはもちろん、代理店での契約でも適用されます。

スマートバリューの特徴

auスマートバリューの最大の特徴は上記のように契約者とその家族も契約が可能になることです。契約方法が特に複雑になっているわけではありませんので、auスマホを利用している方にはおすすめのサービスです。契約する家族が一人増えるごとの2,000円の割引が上乗せされ、最大4人、8,000円の割引が適用されます。
家族2人がauスマートフォンだと4,000円割引、家族が3人で6,000円割引、4人で8,000円割引です。家族でauスマートフォンを使う人が多いほうが割引額は増えます。仮に家族4人でauスマートバリューにすると、一カ月で8,000円の割引になり、1年間で96,000円のお得なります。auスマートバリューは2年間適用されるため、合計で192,000円という高額な割引を受けることが出来ます。

以上のように、auスマートバリューで自宅のインターネットはauひかり、そして家族全員がauスマートフォンにすれば利用料金はかなりお得になります。
もしもインターネットをauひかりにするなら同時に携帯電話をauスマートフォンにして、可能であれば家族もauスマートフォンにすることでauスマートバリューなどのキャンペーン割引を最大限に適用すれば他社と比べてもお得になります。

詳しくは公式ホームページやauお客さまサービスに問い合わせてみましょう。

auひかりをおトクに申し込める窓口ならコチラ!

おすすめ窓口auひかりのおトクな窓口

https://kddi-hikari.com/
今なら初月無料でネットが使える!
新規でもお乗換えでも人気を集め、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも安心でおトクな窓口!そしてこの窓口の最大の魅力は最大70,000円のキャッシュバック!申し込むなら絶対この窓口がおススメです!

▼▼今開催中のおすすめキャンペーン!

関連記事