閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

ポケットWi-Fiの通信速度が遅い!すぐわかる原因と対処法

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

ポケットwi-fi 遅い

ポケットWi-Fiの通信速度が遅く、画像の読み込みや動画のカクつきなどに困ったことはありませんか?

ポケットWi-Fiの速度が遅い場合にまずやるべきことは、WiFi端末とポケットWi-Fiを近づけてみること。

また、通信制限になっていないか確認することも重要です。

快適にインターネットを利用できないストレスは非常に大きなものです。

そこでこの記事では、Wi-Fiの通信速度が遅い原因と対処法をご紹介します。

すぐに確認・対処ができるものばかりですので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

また、本記事の対処法を試してもどうしても改善されないという場合は、ポケットWi-Fiの乗り換えをしましょう。

当サイトがオススメするポケットWi-Fiは以下のとおり。

本記事では、ポケットWi-Fiが遅い場合の原因や対処法はもちろん、オススメの乗り換え先まで詳しく紹介しますのでぜひチェックしてみてくださいね。

ポケットWi-Fiの通信速度が遅い原因と対処法

ポケットWi-Fiの通信速度が遅い原因は、大きくわけると「Wi-Fi端末の問題」「基地局の問題」「データ容量・通信量の問題」のいずれかに分けられます。

ここではシチュエーション別にさらに細かく分類し、通信速度が遅くなる8つのケースと、それぞれの対処法をご紹介します。

電波の届きにくい場所にWi-Fi端末がある

ポケットWi-Fiとそれを受信するWi-Fi端末の間に通信を邪魔するものがあると電波が届きにくくなります

たとえばポケットWi-Fiがリビングに置いてあった場合、寝室などの別の部屋でノートPCなどを使うと、壁に遮られ電波状態が悪くなる可能性があるのです。

対処法

電波が遮られてしまう問題は、ポケットWi-Fiと端末との距離が近くなれば解決します。

利用しているWi-Fi端末で電波強度を確認ができるので、通信速度が遅くなったと感じたら電波強度を確認しポケットWi-Fiと利用端末を近づけてみてください。

基地局から距離が離れていて、電波が届きにくい

基地局とは、ポケットWi-Fiの中継拠点として設置された通信設備です。

この基地局がそのエリアで送信された電波を受け取り、ポケットWi-Fiなどの受信者に送っています。

基地局から離れているとその電波が届きにくく通信速度が遅くなったり、時には圏外になったりするのです。

対処法

WiMAXやYmobileなど、各ポケットWi-Fiサービスの中には、ホームアンテナを用意している事業者が存在します。

ホームアンテナを利用することで、電波を受信しやすくすることができます。

また、自作のパラボラアンテナを利用するのも効果的です。

また、短期的な解決にはつながりませんが、サービスを提供する事業者に対し、電波の改善要望を出すとうい方法もあります。

データ容量の上限を超えて通信制限されている

ポケットWi-Fiはプランによって「通信速度制限」が設けられています。

月間のデータ通信量に上限があるプランで契約している場合、データ使用料が上限を超えてしまうと通信速度制限が適用されるため通信速度が遅くなります。

その遅さはプロバイダによって異なりますが、一般的に1Mbps、もしくは128Kbpsに制限されます。1Mbpsの規制であれば、動画閲覧などで無ければそこまで支障はありません。しかし、128Kbpsは非常に低速なので、インターネットは使えないのと同然です。

対処法

速度制限か解除される翌月になるまで待つのが一般的です。プロバイダのユーザーページで当月の通信量を確認ができるので、通信速度が遅いと感じたら確認を行い、上限を超えていた場合は解除されるまで待ちましょう。

サービスによっては、WiMAXの3日で10GB制限の様に、1ヶ月待たずに回復するものもあります。

「どうしてもすぐに使う事情があり1ヶ月も待てない」という場合は、プロバイダによって追加データを購入できる場合があります。

しかし、追加購入は通常料金よりも割高なので気をつけてください。

データ通信が混みあっている

年末年始や災害時・大きなイベントが行われている時など特定の場所や時間帯に通信が集中している状態では通信速度が遅くなることがあります。

回線の混雑を避けるために通信制限がかかるために起こる現象です。

対処法

通信が混み合っていて通信速度が遅くなっている場合は、場所を移動するか回線を利用する時間帯を変え混雑を回避するしかありません。

少し面倒ですが、場所や時間帯を変えるか混雑が解消するのを待ってみましょう。

基地局の設備障害・メンテナンスが行われている

電波を中継する役割をもつ基地局が設備障害だったりメンテナンス中であったりすると通信速度がおそくなることがあります。

ポケットWi-Fiの公式ホームページで基地局のメンテナンス情報が確認できるので、メンテナンスや工事の情報がないかを確認してみましょう。

対処法

工事情報を確認し、基地局に問題があるようなら回復するまで待ちましょう。

受信する機器の通信規格がポケットWi-Fiに対応していない

ポケットWi-Fiの通信規格は2.4GHzと5GHzの二つがあります。一般的には2.4GHzという周波数帯を利用しています。

これは電子レンジといった家庭家電にも使われている周波数で、障害物に強く電波が遠くまで届くという特徴を持っています。

5GHzの周波数は、気象衛星などに使われている周波数で、速度は速いけれど障害物に弱いという特徴を持っています。

受信する機器の通信規格が5GHzに設定してあった場合、それに対応していないポケットWi-Fiではその電波を利用ができません。

対処方

通信規格を一般的な2.4GHzに変更することで利用できる可能性があります。

2つの周波数帯に対応しているポケットWi-Fiの場合は、それぞれに速度を測定してみて快適な通信ができる方を選択すると良いでしょう。

周波数帯の特徴を知り、使い分けることができればより快適にインターネットを楽しむことができるでしょう。

Wi-Fi端末の性能が低い

ポケットWi-Fiは常に進化し続けています。現在ではスマホよりも進化が早いと言われていて、この2年程で最大通信速度が700Mbps以上の端末も登場しました。

高速化の他にも小型化、軽量化も進んでおりエリアも同時に拡大し続けています。

そんな進化を遂げているポケットWi-Fiですが、それを受信するWi-Fi端末が古いものだとせっかくの高速インターネットが活かせません。

現在使っているWi-Fi端末の性能を確認してみましょう。

対処法

Wi-Fi端末の性能が低いのが原因で通信速度が遅くなっている場合、最新のWi-Fi端末に買い替えることで解決します。高速ルーターを使うことで高速回線が初めて活きてくるのです。

新規申し込みのキャンペーンが豊富なサービスを選べば、端末料金が無料で契約することも可能です。

なお、ポケットWi-Fiには数多くの種類があり、それぞれキャンペーンが変わります。

適当に契約して申し込むと、キャンペーンが乏しい場合もありますよ。

「WiFiストア」など、一括できる比較サイトで時短しつつ、かしこく安いポケットWi-Fiを契約しましょう!

WiFiストア

WiFiストアで自分にぴったりのモバイルWiFiを見つけよう!!

WiFiストアは7社のモバイルルーターから条件を選んだりランキングを見て比較できます。・・・詳しく見る

Wi-Fi端末の不具合

これまでの原因が全て当てはまらない場合は、Wi-Fi端末の不具合が疑われます。

Wi-Fi端末の不具合の原因は複数あるので、ひとつの原因ということに限らず複合的な原因である場合があります。

対処法

端末の不具合が疑われる場合に試してみることは5つです。

  • Wi-Fi端末を再起動する
  • Wi-Fi端末にバッテリーが内蔵されている場合はバッテリーを抜き差ししてみる
  • SIMカードを抜き差ししてみる
  • SIMスロット端子部分をエアーなどで掃除してみる
  • ファームウェアのアップデートがあれば実行する

これらを試してみて、それでも改善しない場合は修理に出すか新しいものに買い替えた方が良いでしょう。

通信速度が遅いときのチェックリスト

どの原因によってポケットWi-Fiが遅くなっているのかわからない方のために、チェックリストを作成しました。こちらに沿って、トラブルシューティングを行ってみてください。

まわりに障害物がないか確認する

ポケットWi-Fiと端末の間に電波の邪魔をするものがないかを確認してみましょう。ポケットWi-Fiと端末の距離が近づくことで改善されます。

エリアは大丈夫か確認する

ポケットWi-Fi公式ホームページにて適用エリアの確認を行いましょう。エリア外だった場合はエリア内に移動することで改善されます。

周波数帯を切り替えて速度を確認する

ポケットWi-Fiは電子レンジなどと同じ2.4GHzの周波数帯を使っています。

近くに使用中の電子レンジなどがあると電波干渉により通信速度が遅くなることがあります。

こういった時は他の電化製品では使われていない5GHzの周波数帯に切り替えてみましょう。

ただし、この5GHz帯は2.4GHz帯と比べて弱い電波という弱点があることを忘れないでください。

契約を確認する

毎月のように通信容量を超えてしまい低速化してしまうという人は、そのプランが自分には合っていないということです。

自分の使い方に合った契約プランに見直すことで改善されるでしょう。

ワイモバイルとWiMAX、どちらが遅くなりにくい?

高速通信と高い通信品質、そして無制限のプランが用意されていることから、比較されることが多いワイモバイルとWiMAX。

月額料金や無制限プランの対応エリアではWiMAXの方に軍配が上がるのですが、遅くなりにくさという点ではどうでしょうか。それぞれのリサーチ結果をご紹介します。

Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイルはソフトバンクとウィルコムが2014年に開始したサービスです。

Yahoo!Japanと連携して生まれた、通信ブランドとして有名です。

アドバンスモード

アドバンスモードとは、ワイモバイルにあるオプションのひとつです。アドバンスモードでは上限の7GBを超えても通信制限がかからないという特徴があります。

つまり、標準モードでは通信容量の上限を超えてしまうとかかってしまう制限がかからず、ずっと高速のままインターネットを楽しめるということです。

ただし、実際には3日で10GBという制限が設けられており、それを超えると、通信速度が1Mbpsに制限されます。

WiMAX

WiMAXはKDDIグループが回線を利用しているモバイルブロードバンドサービスです。現在では20社以上のプロバイダがWiMAXを提供しています。

特徴としては、高額なキャッシュバックや割引サービスを展開しており、お得に契約ができることです。

さらに端末も無料や低価格のものが多く、ポケットWi-Fiを始めるには総合的に安く済むという嬉しい面があります。

ギガ放題

ギガ放題とは、月間通信容量が実質無制限で高速インターネットを楽しめるプランです。

追加料金の必要もなく、安くて速い安定した通信が可能となっています。

ギガ放題もワイモバイルのアドバンスモードと同様、3日間で10GBの制限があり、制限後は1Mbpsへと低速化されます。

通信速度・容量制限の比較

WiMAX Ymobile
月額利用料 ギガ放題
3,411円
Pocket Wi-Fiプラン2
4,380円
(内アドバンスモード684円)
速度 下り最大708Mpbs 下り最大612Mbps
制限後速度 1Mbps
(翌日18時~翌2時頃)
1Mbps
(当日18時~翌1時)
月間データ量 10GB/3日 10GB/3日

制限後の速度や制限がかかる条件はどちらも同じということがわかります。

ただし、制限がかかるタイミングは異なり、WiMAXは当日中に遅くなってしまうのに対し、WiMAXは翌日の制限です。

その日中にダウンロードやネットを使う作業を集中的に行いたい場合などには、WiMAXの方が使いやすいといえるでしょう。

月額料金や回線速度でも、WiMAXの方が上です。

また、ワイモバイルの欠点として、WiMAXよりも無制限で使えるアドバンスモードの対応エリアが狭いということが挙げられます。

通常モードはWiMAX同様広範囲なのですが、月間7GBを超えると、128Kbpsにまで超低速化され、アドバンスモードに戻しても制限は解除されません。

よって、WiMAXの方が速度は遅くなりにくいため、ワイモバイルだけが対応エリア内といった方以外は、WiMAXがオススメです。

それでは次からWiMAXのオススメ申込窓口やそのほかオススメ回線について紹介するので参考にしてください。

ポケットWi-Fiが遅い場合にオススメの申込窓口はこちら

ポケットWi-Fiは、もともと光回線に比べて速度が安定しづらいという特徴があります。

しかし、外出先でも使いたい、という場合はポケットWi-Fiが必須ですよね。

本項目では、オススメの回線について紹介するので、ぜひ参考にしてください。

【WiMAX】最新機種の最大速度が1.2Gbps

WiMAXの最新機種W06では最大通信速度は1.2Gbpsと他社ポケットWi-Fiに比べ一線を画しています。

そのため、ポケットWi-Fiで速度を速くしたいという人はWiMAXを契約することをオススメします。

ただし、WiMAXはプロバイダが10社以上あるので、お得に契約したい方はよく考えてから申し込まなければなりません。

当サイトではWiMAXプロバイダの月額料金やキャンペーン、実質費用を比較してみましたので、ぜひ参考にしてください。

月額料金
(ギガ放題プラン)
3年間の
実質料金
セット割
キャンペーン
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
120,160円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 最大35,000円
    キャッシュバック
JPWiMAX
  • 1~2か月目:2,800円
  • 3~24カ月目:3,500円
  • 25か月目以降:4,100円~
123,800円
  • 月額料金割引
  • 11,000円分の
    Amazonギフト券
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 3~36カ月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
125,660円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 月額料金大幅割引
BIGLOBE WiMAX
(キャッシュバック)
  • 1~2か月目:3,695円
  • 3~24か月目:4,380円
  • 25か月目以降:4,380円
129,310円
  • 最大30,000円の
    キャッシュバック
  • UQ mobileから
    300円割引
DTI WiMAX
  • 1~2か月目:0円
  • 3か月目:2,590円
  • 4か月目以降:3,760円
129,670円
  • 端末代無料
nifty WiMAX
  • 初月0円
  • 2~3か月目:3,670円
  • 4か月目以降:4,350円
130,790円
  • 最大23,100円の
    キャッシュバック
  • UQ mobileから
    300円割引
Broad WiMAX
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
131,626円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 他社WiMAX違約金負担
BIGLOBE WiMAX
(月額料金割引)
  • サービス開始月:0円
  • 1~36か月目:3,620円
  • 36か月目以降:4,380円
133,320円
  • 月額料金割引
  • UQ mobileから
    300円割引
カシモ WiMAX

    ■最安級プランの場合

  • 1か月目:1,380円
  • 2~24カ月目:3,480円
  • 25カ月目:4,079円
133,368円
  • 端末代無料
UQ WiMAX
  • 1~3か月目:3,696円
  • 4か月目以降:4,380円
142,628円
  • 最大13,000円
     キャッシュバック
  • 端末代無料
  • LTEオプション無料
    ※特定プランの契約
  • おトク割・長期割引
So-net WiMAX
  • 開通月:0円
  • 1~36か月目:3,380円
  • 13~36か月目:4,379円
148,656円
  • 端末代無料
  • 月額料金割引
au WiMAX
  • 月額4,380円
160,680円

※2019年8月時点の情報です。
※月額料金は税抜金額です。
※月額料金は3年・ギガ放題プランの場合の料金です。
※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
※実質費用は割引・キャッシュバックを適用した金額でセット割は含んでいません。

2019年8月現在、月額料金の安さを重視するならGMOとくとくBBWiMAXがオススメです!

GMOとくとくBBWiMAXでは、毎月の月額料金が3,609円~4,263円から利用できるだけでなく、新規申し込みから11か月目に最大35,000円キャッシュバックが受け取れます。

また、3年間の実質料金は120,160円と今回比較した中では最安ですよ!

詳しくは、GMOとくとくWiMAXの公式ページをチェックしてみてくださいね。

\8月限定!最大35,000円キャッシュバック/
GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバックをみる
※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

また、現在他社でWiMAXを契約している方は、BroadWiMAXの契約がおすすめですよ!

BroadWiMAXでは、他社のポケットWi-Fi解約で発生した違約金19,000円までをキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

さらに、初期費用無料キャンペーンや、端末代無料キャンペーンも開催中!

詳しくは、BroadWiMAXの公式サイトまたは下記の記事を参考にしてくださいね。

\違約金最大19,000円負担キャンペーン実施中/
BroadWiMAXの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

【どんなときもWiFi】は3大キャリアが使えるエリアで利用できる!

どんなときもWiFiは、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)のスマートフォンが使えるエリアなら圏外になることがありません。

しかも、3大キャリアのLTE回線の中でもっとも電波の強い回線を自動で取得してくれるので、速度が安定しやすいというメリットもあります。

さらに、どんなときもWiFiには、速度制限が一切ありません。

WiMAXでは、無制限プランであっても3日間で10GB使うと翌日18時から翌々日2時まで最大1Mbpsの通信制限になりますが、どんなときもWiFiはこのようなことがなく完全無制限です。

速度を安定しやすいポケットWi-Fiを契約したい人はぜひどんなときもWiFiをチェックしてみてくださいね。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

どうしても原因がわからず改善しない場合

ポケットWi-Fiを利用していて度々低速化してしまい、しかも原因がわからないという人は解約を検討した方が良いかもしれません。

ポケットWi-Fiには適さない地域に住んでいたり、使い方がポケットWi-Fiに合わなかったりしている場合があるからです。

そんな時は思い切って解約して固定回線に切り替えた方が快適にインターネットを利用できるでしょう。

どうしても通信速度が改善しない人は検討してみてください。

ポケットWi-Fiが遅い場合の原因と対策まとめ

ポケットWi-Fiが遅い場合の原因と対策をご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?

通信速度が遅くなる原因やその対処法はさまざまで、さらに複合的な原因を持っていることも少なくありません。

「Wi-Fi端末の問題」「基地局の問題」「データ容量・通信量の問題」など原因がわかれば対処が可能です。

思い当たるものがあればぜひ対処法を試してみてください。

注目WiFiルーター!どんなときもWiFiの申込窓口

おすすめ窓口株式会社 グッド・ラック

どんなときもWiFi
携帯3キャリアの電波を自動で切替
2019年3月に新サービスとして登場!主な特徴は次の3つ。①シンプルな1プランだけだから迷わない。いくら使っても3,480円!②データ量無制限でどれだけ使っても遅くならない!②携帯3キャリアの回線を自動切換するから幅広いエリアに対応!さらにグローバルSIMを搭載し、1台で海外でも使える注目のWiFiルーターです!

どんなときもWiFiの詳細を見る

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新