閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ポケットWi-Fiが遅い原因6つと対処法を大公開!もう悩まない!

ポケットwi-fi 遅い

利用しているポケットWi-Fiが遅いと悩むユーザーは少なくありません。なぜ規格よりも遅いのか、時間によって遅くなるのか、などと疑問に感じていることでしょう。
使いたいたアプリなどが想定外に利用できないケースもありますよね。

ここでは、ポケットWi-Fiが遅い原因を6つ紹介していきます。
原因が特定できれば対処法に従って対処してみましょう。もう悩まないで済むかもしれません。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ポケットWi-Fiが遅い6つの原因と対処法

ポケットWi-Fiが遅い原因には大きく分けて6つの原因が考えられます。
きっと6つの中にあなたのポケットWi-Fiが遅くなる原因があるのではないでしょうか。原因と対処法をみていきます。

お使いのポケットWi-FiがWiMAXのケースの場合には併せてこちらの記事も参考にしてみるといいでしょう。

原因①使いすぎで通信制限を受けてる

ほとんどのポケットWi-Fiでは1ヶ月に利用できる通信量が決まっています。なかには無制限をうたっているポケットWi-Fiも存在しますが、なんらかの制約があるものです。

例えば、実は無制限プランのWiMAXにも制限があります。3日間で10GB以上の通信を行った場合には、夜間に通信制限がかかり、1Mbpsまで速度が制限されるのです。

ただし、この速度制限は直近の3日間の通信量が10GB以下になった時点で解除されます。

Y! mobileのポケットWi-Fiの場合には、1ヶ月間に7GBまでの利用制限があります。超過した場合には、月末まで128Kbpsの速度制限にかかることに。

月間通信量が無制限になるアドバンスオプションをつけていたとしても、3日間で10GBを超えた場合には、1Mbpsの速度制限があります。
速度制限を解除するためには別途500MBごとに500円の追加料金が必要です。

ソフトバンクのポケットWi-Fiのケースでは、1ヶ月間の利用制限は7GBになっています。もしも超過した場合には月末まで128kbpsの速度制限に合うことでしょう。その他NTTdocomoのポケットWi-Fiでも同様に契約しているデータ量を超過した時点で月末までの間は128kbpsの速度制限にかかってしまいます。

このように使いすぎが原因でポケットWi-Fiの速度制限に引っかかってしまい、結果としてポケットWi-Fiが遅いと感じられているのかもしれません。

【対処法】通信速度制限が解除されるまで待つ

通信速度制限に合ってしまった場合には、解除されるまで待ちましょう。WiMAXやY! Mobileの場合には、速度制限は夜間だけのケースがあります。
プランによっては一日中のケースもありますので、詳細は各種プロバイダーにご確認ください。

ただし、通信キャリアによっては速度制限を有料で解除できる可能性があります。追加料金を払ってでも通信制限を解除したい場合には、プロバイダーに確認してみるといいでしょう。

原因②利用しているWi-Fi端末が古い

2つ目の原因として考えられるのが、利用しているWi-Fi端末が古いということです。
ポケットWi-Fiが遅くなってしまう端末を見ていきましょう。
いまだに利用はされているものの、遅い原因になり得るので注意してください。

機種名下り最大速度発売年
Y! Mobile 305ZT165Mbps2014年
ソフトバンク 203Z110Mbps2013年
ソフトバンク 301HW110Mbps2013年
旧WiMAX機種13.3Mbps(WiMAX網の速度)2016年以前のWiMAX

イーモバイル時代に発表されたポケットWi-Fi端末305ZTは現在のワイモバイルでも現役で選べます。
しかし、現行機種の中では最も古い機種になるため、最大の通信速度も遅い規格です。加えてWiMAX機器も古い端末はWiMAX2+のエリアに対応していません。そのため、エリアが狭く最大通信速度も遅い結果になっています。

WiMAXのWX01やWX02、WX03もWiMAX2+に対応はしていますが、最大通信速度はたったの220Mbpsです。エリアによっては110Mbpsの場合も。現行機種よりも相当遅い機種ですので、ご注意ください。

【対処法】最新の端末へ機種変更する

最新の端末に機種変更することで機器のスペックが上がり、通信速度が早くなる可能性があります。現行機種(W05)でのWiMAXの最大通信速度は、下りで708Mbpsとなり、Y!mobileでは、612Mbpsです。上記にあげたような古い機種をお使いの場合には、最新機種へ機種変更するといいでしょう。

それだけでポケットWi-Fiが遅い状態から脱せられるかもしれません。これを機会にポケットWi-Fiを乗り換えたいと考える場合には、月額料金が最安級のBroad WiMAXがおすすめです。乗り換えキャンペーンを実施しています。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

原因③受信する機器の通信規格がポケットWi-Fiに対応していない

無線の通信規格には、802.11g、802.11n、802.11acなどの規格があります。現在主流は802.11acとなり、最大6.93Gbpsまでの速度に対応。

ポケットWi-Fiが802.11acに準拠であったとしても、受信する機器の通信規格が準じていないことには速度が遅くなる原因になるでしょう。

確かに802.11acの規格は高速通信が可能な仕様ですが受信側の機器のスペックまでしか速度が出ませんので注意が必要です。

例えばiPhoneの場合には、iPhone6以降しか802.11acの規格に対応していません。それ以前のiPhoneを利用しているなら、通信速度が遅くなるのは当たり前。
iPadでもそうです。iPad AirやiPad miniは802.11acの規格には対応していません。パソコンやスマホなどのお手持ちの受信機器のWi-Fi規格を確認してみましょう。

旧機種などの場合には、規格が古いかもしれません。802.11gの場合には最大速度はたったの54Mbpsです。

【対処法】新しい機器へ買い替える

受信側の端末がそもそもポケットWi-Fiに対応していない場合や、古い規格の場合には、802.11ac対応の機器に買い替えることで、解決できることでしょう。

規格によって、無線通信の速度は決まっています。ポケットWi-Fiが最新機種だったとしても受信側の機器が非対応では意味がありません。新しい機器への買い替えをおすすめします。

原因④電波が弱いエリアで通信している

契約している通信キャリアの電波が弱い地域での通信は速度が出ない結果になるでしょう。例えば、無線の基地局から遠いエリアの場合や、高い場所でポケットWi-Fiを利用しようとしている場合、電波を遮る高層ビルが立ち並ぶビルの陰などでの通信は無線通信には不適切です。

ポケットWi-Fiをこのような場所で利用しようとしているなら速度がでないのは当たり前なので注意してください。

【対処法】住んでいるエリアに適したポケットWi-Fiに乗り換える

電波が弱いことが原因でWi-Fiの速度がでない場合には、適したポケットWi-Fiに乗り換えてみましょう。

例えば、WiMAXの電波が弱いならLTE通信のポケットWi-Fiに乗り換えたり、LTE通信に切り替える方法です。

反対にLTEのポケットWi-Fiの電波が入りにくいようならWiMAXに切り替えても効果があるかもしれません。

WiMAXが使えるかエリア確認してみる

原因⑤建物の材質によって受信する電波が弱い

建造物の材質によっては、受信する電波が弱くなってしまいます。電波を弱めてしまう材質とは、鉄筋コンクリートや断熱材、金属などです。

波長によっては回り込めますが、コンクリートなどの素材では基本的に電波は反射してしまいます。ガラスや木材などは比較的電波を透過させやすい材質といえるでしょう。

ポケットWi-Fiを利用しようとしている場所が鉄筋コンクリートの材質の建物内や、断熱材が多く利用されている建物などでは電波が弱まり速度も出にくいかもしれません。

【対処法】できるだけ窓際にポケットWi-Fiを置く

コンクリートなどに阻害されて電波が届きにくい環境なら、できるだけポケットWi-Fiを窓際に置くことで解決できるかもしれません。
電波は直進する特性があるからです。障害物に当たることで、電波は反射してしまいます。一度窓際に置いて試してみるといいでしょう。

【対処法】パラボラアンテナを自作する

そもそも窓際でも電波が弱いなら自作のパラボラアンテナが効果があるかもしれません。ポケットWi-Fiをパラボラアンテナの中心に設置し、電波を集める方法です。作り方は簡単。

自作でも百均などに売っている道具で十分作ることができます。自作のパラボラアンテナの作り方は下記記事をご参考ください。

原因⑥他の家電製品の電波干渉を受けている

実は無線通信はその波長によって電波干渉を受けやすい波長があります。そのため、工場が多い地域などでもWi-Fiの電波が干渉を受けて電波が弱まるのです。

工場だけではなく実は家庭内のさまざまな機器も電波を発しています。例えば、電子レンジやBluetooth、テレビのリモコンなどです。

ポケットWi-Fi機器には2.4GHzと5.2GHzの2つの電波の種類があります。ルーターによって切り替え可能なルーターもあるでしょう。家電の周波数は2.4GHzであることが多く、Wi-Fi機器と電波干渉する恐れがあります。

【対処法】5GHzの通信へ切り替える

もしも電波干渉が原因だと切り分けできたなら5.2GHzの周波数に切り替えてみてください。ポケットWi-Fiが遅い原因を取り除けるかもしれません。
ただし、周波数5.2GHzは障害物に弱い特性があります。ポケットWi-Fiが隣室まで届かないなどのケースも想定されますので、臨機応変に対応できるといいでしょう。

対処法を試しても改善できなかったら乗り換えも視野に

上述の対象法を試してみても改善できなかった場合には、そもそも使い方とスペックが合っていない可能性があります。生活エリアがそのキャリアの性質に合っていない可能性も考えられるでしょう。その場合には、根本的にポケットWi-Fiを乗り換えるのも一つの手段です。

最新端末でも安いWiMAXM

もしも、ソフトバンクやNTTdocomoなどのLTE系のWi-Fiを利用しているならWiMAXに乗り換えてみるといいかもしれません。

以下のBroad WiMAXなら最新機種でも0円で手に入ります。また、月額料金もこれまでよりも安くなるかもしれません。
無制限プランでも月額たったの2,726円から乗り換えが可能。一度検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

LTEの電波だからエリアが広いNEXT mobile

もしもWiMAXとの相性が悪い場合には、エリアの広いLTE通信が可能なNEXT mobileもおすすめです。

ソフトバンクのLTE回線を利用するから信頼性も合って安心できることでしょう。
本体代金は無料、月間20GBで2,760円と破格の価格で利用できます。
気になる方は以下のリンクをチェックしてみてください。

おすすめ窓口速度制限無し大容量で月額2,760円~
NEXTmobileトップページ
今流行の格安ポケットWi-Fi!
20GBの大容量が2,000円台から
ソフトバンク品質でエリアが広く、繋がりやすい!
工事不要!即日発送ですぐ使える!
いまなら端末料金無料キャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

通信が安定している固定回線でWi-Fiを利用する

そもそもポケットWi-Fiでは通信速度が遅いと感じられる利用方法の可能性はありませんか?オンラインゲームなどでは固定回線の方が信頼性が高く通信速度も安定します。
室内で無線通信を行えれば利便性も下がることはないでしょう。おすすめの固定回線については下記記事をご参照ください。

 

まとめ

ポケットWi-Fiが遅くなる原因はつかめましたか?多くのケースでは紹介した6つの原因で速度が低下してしまいます。
対処法を参考に快適なインターネット環境を手に入れてくださいね。

しかし、それでも改善できない場合には、乗り換えも視野に入れるといいでしょう。そもそもポケットWi-Fiでは満足できない使い方をしている可能性もあります。固定回線も検討してみるといいかもしれません。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事