閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ポケットWi-Fiレンタルを国内・海外別に比較!口座振替できる窓口は?

ポケットwi-fi レンタル

ポケットWi-Fiをレンタルしたいと思ったものの、どこで契約するべきかわからず困っていませんか?

国内・海外で選べるサービスが異なり、レンタルを申し込む際は窓口の選び方も重要です。

今回は、ポケットWi-Fiのレンタル窓口の選び方や各窓口の違いの比較を行います。

口座振替で利用できる業者や即日利用できる窓口など、自分の希望する条件に合ったポケットWi-Fiをレンタルしたい方は、参考にしてくださいね。

ポケットWi-Fiのレンタル窓口の選び方・チェックポイント6つ

ポケットWi-Fiのレンタル窓口を選ぶ際にチェックしたいのは、以下の6つのポイントです。

  • レンタル期間と費用
  • 利用する場面に合った回線・機種かどうか
  • 故障や補償のオプションがあるかどうか
  • 受取手数料などの細かい条件
  • 受取窓口&返却窓口はどこ?
  • 利用できる支払い方法

レンタルできる期間・費用をチェックしよう

ポケットWi-Fiは、窓口や契約する端末によってレンタルできる期間や費用が異なります。

同じサービス内容であっても、料金設定が異なっていることがあるので、複数の窓口を比較した際は、必ず期間と費用を確認しておきましょう。

利用する場面に合わせてレンタルする機種を決めよう

ポケットWi-Fiは、利用する場面ごとに最適な回線があります。

用途に合った回線を使えるポケットWi-Fiをレンタルしましょう。

国内における、用途別のおすすめ回線を紹介します。

田舎や山奥などへき地で利用したい場合は「ドコモのポケットWi-Fi」

田舎や山奥など、都会から離れた言わば僻地を中心に利用する場合は、ドコモのポケットWi-Fiがおすすめです。

ドコモは他社回線と比べても電波が届く範囲が広く、地方などへでかけた時でもアンテナが立ちやすくなっています。

屋内・地下などLTE通信で快適に利用したいなら「ワイモバイルのポケットWi-Fi」

僻地ではない地域で使う予定はなく、屋内や地下に強い回線を利用したい場合は、ワイモバイルのポケットWi-Fiをレンタルするのがおすすめです。

例えば、地下鉄などを移動しての長旅であったり、イベント会場など広い屋内で通信環境を確保したりしたい時は、ワイモバイルのポケットWi-Fiを活用しましょう。

ギガ放題で無制限通信を楽しみたい場合は「WiMAX」がおすすめ

ギガ放題による無制限通信を行い、自由に動画やアプリなどを楽しみたい人は、WiMAXを選びましょう。

WiMAXは、直近3日間に10GB以上通信すると翌日18時~翌々日2時頃に速度制限がかかる注意点がありますが、常時通信は使い放題です。

故障・保証のオプションが準備されているか

レンタルでポケットWi-Fiを利用する場合は、故障時に対応してもらえる保証などのオプションを契約しておくと安心です。

保証関連のオプションは有料になるケースもありますが、後から壊してしまうなどのトラブルが起こった時に高額な請求などの負担が発生するのを避けられます。

受取手数料など細部まで細かくチェックしよう

ポケットWi-Fiをレンタルする際は、受取手数料や送料など、利用料金以外にかかる費用もしっかり確認しましょう。

最安だと思っても、各種手数料も追加して考えると実は最安ではなかった、というケースもしばしばあります。

ポケットWi-Fiの受け取り窓口・返却方法はどこが都合がいいか確認

ポケットWi-Fiをレンタルする際は、受取窓口や返却窓口・方法も必ず確認しましょう。

受取窓口は、空港などの外出先で直接貸出ができたり、自宅まで届けてもらえたりすれば、受け取る手間が省けて良いです。

返却は、国内ならポスト投函や伝票を用いたコンビニでの発送、海外利用なら空港に備えてあるポストへの返却ができれば、手続きが簡単です。

利用できる支払い方法を確認!

ポケットWi-Fiのレンタルにおける支払い方法は、各窓口で異なります。

  • クレジットカード
  • 口座振替
  • 現金払い

主に以上3つの支払い方法がありますが、対応状況は各社でバラバラなので、申し込み時に必ず確認しておきましょう。

【国内編】ポケットWi-Fiレンタル窓口5つを比較しておトク度を検証

主なポケットWi-Fiレンタル窓口5つにおける、短期・長期のレンタル料金や手数料をまとめました。

短期レンタル料(税抜)
長期(税抜)
手数料(税抜)
NETAGE(GL06P、ワイモバイル回線、1日366MB制限)
1日370円~
1ヶ月6,000円~
送料往復1,000円
Try WiMAX(WiMAX回線)
×
最大15日間、無料
無料
WiFiレンタルどっとこむ(無制限・ソフトバンク回線E5383)
1日400円
30泊31日6,000円
発送500円
コンビニ受取500円
返送手数料ポスト返却510円
WiFiレンタル本舗(WiMAX回線)
1日400円~
1ヶ月6,000円~
送料往復1,000円
WiFiレンタル屋さん(ソフトバンク回線・20GB)
1日900円
1ヶ月6,250円
送料往復1,000円

見てのとおり、各社で内容はバラバラです。

短期でポケットWi-Fiのレンタルを申し込むならおすすめは「NETAGE」

短期間のみポケットWi-Fiをレンタルする場合は、NETAGEがおすすめです。

NETAGEはワイモバイル回線で通信可能なモバイルルーターなどをレンタルできます。

平日17時までに申し込めば即日で発送してもらえるしくみ、返却はポスト投函でOKです。

ただし、上記プランでは「1日366MB」という通信量上限が設定されているので、ご注意ください。

短期ならWiMAXの無料レンタルサービス「Try WiMAX」もおすすめ

Try WiMAXはWiMAXの使用感を試すために展開されているサービスで、発送から返却完了まで15日間自由に・無料で通信できます。

WiMAX回線を、無料で短期間活用したい場合は、Try WiMAXも検討しましょう。

長期でポケットWi-Fiのレンタルを申し込むならおすすめは「WiFiレンタルどっとこむ」

ポケットWi-Fiを1ヶ月などの長期間利用したい場合は、WiFiレンタルどっとこむがおすすめです。

WiFiレンタルどっとこむは1ヶ月間(30泊31日)のレンタルに対応していて、31日目以降も1日88円の追加料金でルーターを使い続けられます。

【海外編】ポケットWi-Fiレンタル窓口5つを比較しておトク度を検証

海外で使うポケットWi-Fiをレンタルしたい場合は、国内と窓口が異なります。

主な5つのレンタル窓口における、料金(アメリカ)やサービス内容、速度、そして通信容量をまとめました。

窓口
利用料金(アメリカ、不課税)
サービス内容
通信速度
通信容量
イモトのWi-Fi
500MB/日:1,580円
1GB/日:1,880円
500MB/30日:28,000円
空港や宅配で受け取り~返却
4G・LTEの高速通信
500MB~1GB
Wi-Ho!
300MB/日:750円
500MB/日:1,050円
1GB/日:1,250円
無制限/日:1,850円
空港や宅配で受け取り~返却
4G・LTEの高速通信
300MB~無制限
グローバルWiFi
250MB/日:970円
500MB/日:1,270円
1GB/日:1,470円
空港や宅配で受け取り~返却
4G・LTEの高速通信
250MB~1GB
テレコムスクエア
500MB/日:1,000円
1GB/日:1,500円
無制限/日:1,800円
空港や宅配で受け取り~返却
4G・LTEの高速通信
500MB~無制限
JAL ABC
無制限/日:1,000円/日(Web申し込み以外は1,250円/日)
空港や宅配で受け取り~返却
4G・LTEの高速通信
無制限

見てのとおり、各社で選べるプランや料金設定が異なるので、おトクな窓口から申し込みましょう。

以下の記事でも海外で使えるレンタルモバイルルーターについて解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

受け取りも返却も簡単!おすすめは「イモトのWiFi」

イモトのWiFiは、海外旅行において最もおすすめのレンタルポケットWi-Fiサービスです。

イモトのWiFiでは、アメリカからヨーロッパ、アジア、アフリカ、オセアニアまで、世界中の国々に対応するWiFiルーターを借りることができます。

レンタルしたルーターの受け取りと返却を空港で済ませられるので、レンタル手続きの手間もかかりません。

安さを重視するなら「Wi-Ho!」

利用金額の安さを重視する方は、Wi-Ho!を検討してください。

Wi-Ho!ではわずか750円からルーターをレンタルできるので、あまりたくさんの通信をしない人にとっても安く契約できます。

頻繁に海外へ行くならポケットWi-Fiの端末自体を購入する方法もおすすめ

海外旅行に行く機会がある場合は、レンタルでなく自分でポケットWi-Fiルーターを購入するのもおすすめです。

購入したルーターに現地で購入したプリペイド式のSIMカードを入れて、通信で役立てましょう。

口座振替ができるポケットWi-Fiのレンタル業者は?一覧にして紹介!

主なポケットWi-Fiレンタル業者における、申込窓口や支払い方法をまとめました。

窓口
申込窓口
支払い方法
Mobile Peace
Mobile Peaceの申込窓口はこちら
クレジットカード、銀行振り込み、ビットコイン
Wi-Fiレンタルショップ東京
Wi-Fiレンタルショップ東京の申込窓口はこちら
クレジットカード、銀行振り込み
イモトのWiFi
イモトのWiFiの申込窓口はこちら
クレジットカード、コンビニ後払い
グローバルWiFi
グローバルWiFiの申込窓口はこちら
クレジットカード、コンビニ・銀行・郵便局後払い、請求書
JAL ABC
JAL ABCの申込窓口はこちら
クレジットカード、電子マネー、現金
WiFiレンタル本舗
WiFiレンタル本舗の申込窓口はこちら
クレジットカード、法人は銀行振り込みにも対応

銀行振り込みやクレジットカード決済に対応する業者があるので、どちらかの支払い方法を用意しておくのがおすすめです。

即日利用可能!ポケットWi-Fiを店頭で即日レンタルできる事業者一覧

ポケットWi-Fiをレンタルしている業者の中には、店頭で即日レンタルできるものもあります。

東京や大阪などの主要エリアにおいてポケットWi-Fiを即日レンタルできる事業者を以下に一覧でまとめたので、参考にしてくださいね。

北海道
Mobile Peace
東京都
NETAGE
WiFiレンタルサービス
Wi-Fiチャンネル
WiFiレンタル屋さん
WiFiレンタル本舗
カシモバ
88Mobile
e-ca
大阪府
みんなのWiFi
福岡県
Mobile Peace

東京都は対応店舗がたくさんなので、すぐにポケットWi-Fiをレンタルできます。

ポケットWi-Fiのレンタル申し込み~利用開始~返却までの流れ

ポケットWi-Fiのレンタル方法は、店舗とWebで若干異なります。

申し込みから返却までの一般的な流れを紹介するので、ご覧ください。

【店舗】
店舗の場合は、店員の方がお店にいるので、わからないことを聞きながら手続きを勧められます。

  1. 店員の指示に従い、プランや日数などを選択
  2. 申込用紙などへ、住所・氏名などを記入
  3. 現金やクレジットカードなどで支払いをする
  4. ポケットWi-Fiを受け取ったら利用開始
  5. 利用を終えたら、店舗で返却手続きをする(対応していれば郵送なども可能)

【Web】
Web申し込みだと、実店舗に比べて安かったり、手続きにかかる時間を減らせたりなどのメリットを得られます。

  1. 希望するポケットWi-Fiレンタル業者のWebサイトから申し込み手続きを開始する
  2. 申し込みフォームに、住所や氏名などの必要事項を入力する
  3. 受け取り方法や支払い方法を選択・入力
  4. ポケットWi-Fiを自宅や空港などで受け取り、利用開始
  5. 利用を終えたら、郵送など指定の返却方法で返却

まとめ

旅行などでポケットWi-Fiをレンタルする際は、料金や借りられる日数、回線などをチェックして、おトクかつ自分の用途に最適な窓口を選びましょう。

ポケットWi-Fiのレンタルは、国内と海外で、それぞれ利用できる窓口・業者が異なるので、ご注意ください。

支払い方法は、主にクレジットカードや口座振替に対応する業者がたくさんあるので、必要に応じて支払いに使える口座、カードなどを用意しておきましょう。