閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

レンタルポケットWi-Fiのおすすめは?国内・国外別に紹介!

ポケットwi-fi レンタル

旅行や出張に行く前にもっとも不安になることは、「出かけた先でもインターネット通信ができるだろうか?」ということではないでしょうか?

特に人口が少ない場所やリゾート地、山間部などに行くときは、インターネットに繋がるか不安ですよね。

レンタルポケットWi-Fiはインターネットが繋がるか不安な場所に訪れるときに役立つちます。

今回は、ポケットWi-Fiをどう選ぶべきか、また、おすすめ業者はどこなのかについて、国内・国外の利用環境別に紹介します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

短期間の利用ならポケットWi-Fiレンタルが便利

普段から「Wi-Fiルーターを持ち運びたいな」と考えている人なら、ポケットWi-Fi業者と定期契約して、月額使用料を払う方がお得です。

しかし、数日や数週間だけモバイルルーター端末を利用したいときは、定期契約ではなく必要な日数だけレンタルすることがおすすめです。

レンタルすべきか定期契約すべきか迷ったら?

数日間だけポケットWi-Fiを利用するときは、迷うことなくレンタルを選択すべきです。

しかし、1ヶ月を超えるときは、レンタルと定期契約のどちらがお得でしょうか?

結論を先に言いますと、3ヶ月以上ポケットWi-Fiを利用するときは、定期契約の方がお得になることが多いです。

業者によっても異なりますが、定期契約の月額料金は3,000~4,000円ですが、レンタルでは1ヶ月の料金は6,000~8,000円に設定されています。

そのため、単純に考えれば2ヶ月以上使用するときは定期契約の方がお得になるのですが、定期契約では一定期間(2~4年)以内に解約すると月額料金の約3ヶ月分の“解約違約金”が発生する仕組みになっていますので、3ヶ月以内に解約するならレンタルの方がお得になるのです。

レンタルか定期契約か迷ったら、3ヶ月を目安に契約方法を選ぶようにしてくださいね。

旅行や出張以外でもレンタルポケットWi-Fiは使える!

レンタルポケットWi-Fiが必要になるのは、旅行や出張のときだけではありません。

例えば、引っ越しをするときは、引っ越した当日に回線工事をしてもらえるとは限りませんよね。

工事日の日程が合わずに数日間不便になることが分かっているなどネット回線が使えない日をすでに把握している場合は、レンタルポケットWi-Fiに申し込んでおきましょう。

引っ越す前も引っ越し先でも快適にインターネットに接続できますよ。

ポケットWi-Fiレンタルのメリットとデメリット

ポケットWi-Fiをレンタルすることのメリットとデメリットをまとめてみました。

ポケットWi-Fiをレンタルするか、それとも他の方法でインターネット接続する方が良いのか迷ったときは、ポケットWi-Fiレンタルの長短所を比べて最善の方法を選択してくださいね。

<ポケットWi-Fiのメリット・デメリット>
ポケットWi-Fiレンタルのメリット
ポケットWi-Fiレンタルのデメリット
・定額制で安心して利用できる

・どこでもWi-Fiに接続できる

・セキュリティーがしっかりしている

・操作が簡単

・サポートが充実している
・貸し借りの手続きが面倒

・充電状況をチェックする必要がある

・持ち歩く必要があるため荷物が増える

・故障や破損時には、多額の弁償金が発生する(保険をかけておくことで回避することは可能)

国内使用のためにポケットWi-Fiをレンタルする場合

日本国内でも、レンタルポケットWi-Fiを利用する機会はたくさんあります。

例えば国内旅行や入院中、引っ越し先にインターネット回線を導入するまでのつなぎなど、さまざまな機会にポケットWi-Fiをレンタルすることがあるでしょう。

また、生活のベースが海外にある人が一時的に日本に帰国したときも、レンタルポケットWi-Fiがあれば、海外でご利用中のインターネットデバイスがそのまま使えます。

1週間~長期期間に対応!ポケットWi-Fiのレンタル会社の選び方

数多くのレンタルポケットWi-Fi業者がありますが、業者を選ぶときは「レンタル期間」と「使用する回線」の2つに注目してください。

業者によって最低利用日数が異なりますので、2~3日しか使わないときに最低利用日数が1週間の業者と契約するのはもったいないですよね。

また、使用する回線にも注目です。

モバイルWi-Fi専用の回線を利用する“WiMAX系”スマートフォンや携帯電話の回線を利用する“LTE系”がありますが、それぞれの回線には以下のような違いがありますので、希望や用途に合わせて選択するようにしてください。

<WiMAXとLTEの特徴まとめ>
WiMAX系の特徴
LTE系の特徴
・モバイルWi-Fi専用回線なので繋がりやすい

・回線が混雑しにくく高速通信が実現しやすい

・オプションでLTE回線も利用できることがあるので、WiMAX回線が繋がらないときもインターネット接続が利用できる
・スマートフォンや携帯電話用の回線なので、利用できる対応エリアが広い

・データ通信量無制限のプランがある

たくさんネットを使う人はソフトバンクやWiMAXなど無制限通信がおすすめ

ソフトバンクやWiMAXでは、データ通信量無制限のプランを選択できます。

通信量を気にせずインターネットを利用したい人や、動画視聴やオンラインゲームなどの大容量通信を頻繁に行う人はデータ通信量無制限のプランがある業者を選ぶ方が良いでしょう。

ただし、ソフトバンクなどの“LTE系”のデータ通信量無制限は本当に無制限にデータ通信を利用できますが、WiMAXのデータ通信量無制限は、オプションでLTE回線も利用しているときは実質データ通信無制限にはなりません。

LTE回線の通信量が7GBを超えてしまうと月末までの通信速度制限がされてしまいますので、本当に無制限のデータ量で通信を利用したい人はWiMAX系以外で選ぶ方が良いでしょう。

なお、LTE系でもWiMAX系でも、いずれも3日間で10GBを超えたときなどの過剰利用時には通信制限が適用されます。

ポケットWi-Fiを有料レンタル!おすすめのレンタル会社【au・ドコモ・ソフトバンク】

国内でのレンタルにおすすめのレンタルポケットWi-Fi会社を3つご紹介します。

いずれの会社でも、auやドコモなどの三大携帯キャリアのポケットWi-Fiを選ぶことができます。

Wi-Fiレンタルどっとこむ

国内最大級の利用実績を持つレンタル会社。

お得なキャンペーンを頻繁に実施していることも特徴です。

最新機種も豊富に取りそろえていますので、機種にこだわる利用者にもおすすめです。

MOBILE GATE(モバイルゲート)

楽天市場から申し込めるモバイルゲート。

楽天スーパーポイントをためている人にも適したレンタル会社です。

最短当日に出荷できますので、急な出張にも対応可能です。

みんなのWi-Fi

返却手続きが面倒な人におすすめのレンタルWi-Fiが、「みんなのWi-Fi」です。

機種と一緒にレターパックが届きますので、ポストに投函するだけで返却できるのです。

また、長期割引もありますので、数ヶ月借りたい人にもおすすめです。

海外使用のためにポケットWi-Fiをレンタルする場合

海外旅行や出張の際にポケットWi-Fiをレンタルすれば、いつものスマホやノートパソコンが海外でも利用できます。

こまめにSNSを利用している人にもおすすめです。

次に海外用ポケットWi-Fiをレンタルする際のレンタル会社の選び方を見ていきましょう。

海外Wi-Fiレンタル会社の選び方

ドコモやauなどのスマートフォンには、海外利用プランが用意されており、海外でもスマートフォンが利用できるようになっています。

しかし、スマートフォンの海外利用プランは料金が割高ですので、海外に出かけるときは海外向けのポケットWi-Fiをレンタルすることがおすすめです。

海外向けのポケットWi-Fiを選ぶときは、次の点に注意してください。

  • 関空や成田などの空港で受取や返却ができるか。
  • クレジットカード払いやコンビニ支払いなど、支払い方法を選択できるか。
  • 使用量に合ったお得な料金プランがあるか(海外用ポケットWi-Fiには、基本的には無制限プランはありません)。
  • 盗難保障や故障保証などのサポート体制が充実しているか。

おすすめのレンタル会社

関空や成田などの国際空港で受け取りと返却が可能なレンタル会社を2つご紹介します。

イモトのWi-Fi

24時間365日、無料でサポートが受けられることが特徴の「イモトのWi-Fi」。

定額プランですので、使いすぎを気にせずインターネットに接続できます。

グローバルWi-Fi

「グローバルWi-Fi」なら、関空や成田以外にも、新潟や小松、宮崎、那覇といった地方空港でも受け取りと返却ができます。

また、韓国やハワイなどの海外でも受け取り&返却が可能ですので、移動スケジュールに合わせて便利に利用開始できますね。

申し込みや返却の方法

海外用のレンタルポケットWi-Fiの申し込みと返却方法をまとめました。

利用する業者によって若干異なることがありますが、大筋は以下のとおりです。

ネットからの申込・クレカ・コンビニ払いが可能

通常、海外用のレンタルポケットWi-Fiはインターネットで申し込みます。

決済はクレジットカード払いが基本ですが、業者によってはコンビニ払いなどの他の支払い方法を選ぶことができます。

送料がかかる場合もありますので注意してくださいね。

自宅で受け取る場合の注意点

ポケットWi-Fiレンタルは、空港受け取りや自宅受け取りか選択できます。

自宅で受け取るときは、お住まいの地域によって申込期限が変わりますので、かならず申込期限を確認し、出発の前日までにポケットWi-Fiを受け取るようにしてください。

また、自宅から返却することも可能です。

申し込みの段階で返却方法を選択できますので、自宅からの返却を選択すると、返却ポーチや返却ボックスが機種本体と同梱されて届きます。

自宅からの返却をする場合は、返却日がレンタル会社に到着した場合となることも多いので注意してくださいね。

空港で受け取る場合の注意点

空港で受け取るときも、申し込みの期限をかならず確認してください。

一部の空港では当日レンタルも可能です。

なお、空港で返却するときは、レンタル会社のスタッフに手渡しするか、空港に設置された返却ポストに投函します。

店舗で受け取りたいときの注意点

レンタル会社の店舗で受け取るときは、手数料が無料になることが多いです。

しかし、申込期限や返却期限が決まっていますので、かならず利用する前に確認しておきましょう。

まとめ

レンタルを利用すれば、わずかな費用で便利にポケットWi-Fiを使うことができます。

利用する場所が国内か国外かの違いでも、料金はもちろんおすすめレンタル会社がかわってきますので注意してくださいね。

ポケットWi-Fiを定期契約する前に使い勝手を試してみたい人や最新機種の使い心地が気になる人も、ぜひ気軽に利用してみましょう。

関連記事