検索 わたしのネット ロゴ

【2022年最新】WiMAXプロバイダの料金プラン・キャンペーンを徹底比較!失敗しない選び方のポイントも解説

WiMAX(ワイマックス)は選ぶプロバイダによって基本性能は変わりませんが、実質料金が大きく変わってくるため、それぞれ比較してお得なプロバイダを選ぶことが大切です。

結論からいうと、WiMAXのプロバイダでおすすめできるのは以下の3つの窓口となります。

<おすすめのWiMAXプロバイダ3選>
Broad WiMAX GMOとくとくBB WiMAX 縛られないWiFi
(WiMAX 2+)
月額基本料金 2,090円(~2ヶ月目)
3,894円(~36ヶ月目)
4,708円(37ヶ月目以降)
4,158円(~24ヶ月目)
4,708円(25ヶ月目以降)
4,620円
実質月額料金(3年間) 4,307円 4,074円 4,709円
契約期間 3年 3年 なし
キャンペーン 初期費用20,743円無料
月額料金割引
5,000円キャッシュバック
13,000円キャッシュバック
おすすめポイント ・キャンペーンが充実
・解約違約金を最大19,000円まで負担してくれる
・料金を最安値で利用可能 ・契約期間なしのWiMAXを安く提供
・契約期間がないため解約違約金もなし

※すべて税込価格

窓口の詳細をチェック

那比光太(なびこうた)
こうた

どのプロバイダを選んでも、通信速度や対応エリアなどの基本性能は変わらないから安心してね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

選ぶプロバイダによって実施しているキャンペーンや割引特典が違うから、実際に必要になる金額を比較して選ぶことが大切なのよ。

またWiMAXを契約する際は、5Gに対応したギガ放題プラスプランがおすすめですよ。

そもそもWiMAXとは?基本情報をおさらい

WiMAX
引用:UQ WiMAX

まずはWiMAXとはどういったものなのか、基本情報をおさらいしておきましょう。

基本情報はもう大丈夫!という方は、WiMAXの知っておきたい知識として以下の項目までジャンプして読んでみてくださいね。

WiMAXの基本情報について、WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルインターネット回線のことで、さまざまなプロバイダが同じ設備を利用し、WiMAXを提供しています。

那比光太(なびこうた)
こうた

UQコミュニケーションズが提供しているUQWiMAXが提供元で、他のプロバイダが同じ設備に色んな特典もつけてWiMAXを提供しているんだね。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

そうね、WiMAXは申し込み窓口としてプロバイダが存在しているから、プロバイダごとの開催キャンペーンや割引情報を比較して、お得なプロバイダを選ぶようにするといいわよ!

またモバイル回線のため光回線のように開通工事は必要なく、申し込みを行って端末が届いたらすぐにインターネット環境を構築することが可能です。

那比光太(なびこうた)
こうた

WiMAXはモバイルルーターを選んだら、外出先でも利用できるのが嬉しいポイントだね!

さらにWiMAXの特徴の一つが、月間データ通信量が実質無制限で利用できる点です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ただしWiMAXは3日間で15GB以上利用すると、通信速度に制限がかかってしまうから注意が必要よ!
※WiMAX 2+(ギガ放題プラン)の場合は3日間で10GB利用すると速度制限

那比光太(なびこうた)
こうた

速度制限がかかるのは既定データ量を超えた翌日の18時頃~翌2時頃で、制限下の通信速度は概ね1Mbpsくらいになるよ。

速度制限下では概ね1Mbpsの通信速度になりますが、これはYouTubeで標準画質の動画が視聴できるほどの速度となります。

上記を踏まえてわかる、WiMAXがおすすめな人は以下のとおりです。

WiMAXがおすすめな人
  • 光回線の導入が難しい、開通工事ができない人
  • 外出先でもインターネット環境が欲しい人
  • WiMAXの提供エリアに入っている人
  • au・UQ mobileユーザーの人
  • WiMAXのデータ容量で足りる人

WiMAX 2+回線は日本全国を幅広くカバーしていますが、一部地域のみ対応エリア外であったり、エリア内であっても局所的に電波が届きにくかったりするので注意しましょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

WiMAXを申し込む前には必ずエリアチェックをしておくのが大切よ。
エリアチェックでは5Gのエリアも確認できるからチェックしてみてね。

那比光太(なびこうた)
こうた

WiMAXがエリア外だった場合は、もっと幅広いエリアに対応しているクラウドSIMタイプのものを利用するのがおすすめだよ!

またWiMAXではauやUQ mobileを利用している方向けにセット割があり、セット割を適用することで毎月のスマホ料金が割引されます。

セット割キャンペーンについては、auまたはUQモバイルのスマホとWiMAXの両方が手もとにそろってから、自分で申し込み手続きをする必要があるため「スマホとのセット割は別途で申し込む必要がある」の項目でチェックしてみてくださいね。

またWiMAXの提供しているギガ放題プラン・ギガ放題プラスプランでは、直近3日間のデータ利用量に応じて速度制限がかかるため、以下の表を確認してデータ容量が足りそうな場合におすすめですよ。

速度制限がかかるデータ量
(直近3日間の使用)
1ヶ月で使用可能なデータ量
(実質)
ギガ放題プラン
(WiMAX 2+)
10GB 約100GB
ギガ放題プラスプラン
(WiMAX 5G)
15GB 約150GB

ここまでWiMAXの基本的な情報をご紹介しましたが、新しく登場したWiMAX 5Gプランについてや、WiMAXのプロバイダ選びで知っておきたい基本知識を紹介します。

それではWiMAXの知っておきたい知識について、一つずつみていきましょう。

とくに2021年4月から新たに登場したWiMAX 5Gのプランについては必見ですよ。

WiMAX 5Gが新しく登場!今後は5G対応プランがおすすめ

WiMAX
引用:UQ WiMAX

WiMAXでは2021年4月より、5Gに対応した「ギガ放題プラスプラン」が登場しました。

5Gエリアはまだ全国で利用できるわけではありませんが、以下の理由で以前のWiMAX 2+プランよりおすすめのプランとなっています。

WiMAX 2+とWiMAX 5Gのプランの違いについては以下のとおり。

ギガ放題プラスプラン
(WiMAX 5G)
ギガ放題プラン
(WiMAX 2+)
月間データ容量 3日間で15GB 3日間で10GB
利用可能サービス
(エリア)
au 5G
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
最大通信速度 2.7Gbps 440Mbps

WiMAX 5G(ギガ放題プラスプラン)がおすすめの理由を一つずつみていきましょう。

最大通信速度がアップ!より快適に利用できる


引用:UQ WiMAX

WiMAX 5Gでは、5Gに対応した端末が下り最大通信速度2.7Gbpsと従来(WiMAX 2+)より速い通信速度を備えています。

那比光太(なびこうた)
こうた

WiMAX 2+のときは最大通信速度はどれくらいだったの?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

端末によって違うけど、440Mbpsが最大通信速度だったのよ。
WiMAXは他のモバイル回線と比較しても通信速度が速かったけど、WiMAX 5Gになってさらに最大通信速度がアップしたのよ!

あくまでも最大通信速度のため2.7Gbpsで通信できるわけではありませんが、WiMAX 2+より速い通信速度で利用が可能です。

モバイル回線の中でも速い通信速度で利用できるため、より快適にインターネット通信を利用したい場合に検討していい回線になりますよ。

通信制限までのデータ使用量がアップ!3日間で15GBまで利用可能

WiMAX 5GはWiMAX 2+と比べて、速度制限がかかる3日間のデータ量がアップした点もメリットの一つです。

速度制限に関してWiMAXの3つのプランを比較したものを以下に示しますが、WiMAX 5Gでは速度制限までの規定が緩くなっているのがわかりますね。

那比光太(なびこうた)
こうた

7GBのプランもあるけど、7GBだと動画を視聴する人だとすぐに規定に達してしまうよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

今回の記事では、インターネットをたっぷり使う人向けのギガ放題プラン・ギガ放題プラスプランを重点的に解説しているわよ。

ギガ放題プラスプラン
(WiMAX 5G)
ギガ放題プラン
(WiMAX 2+)
7GBプラン
月の使用可能データ量 約150GB 約100GB 7GB
速度制限がかかる条件 直近3日間のデータ使用量が
15GBを超える
直近3日間のデータ使用量が
10GBを超える
月のデータ使用量が
7GBを超える
速度制限時の最大通信速度 概ね1Mbps 概ね128kbps
速度制限がかかる時期 上限を超過した翌日の
18時ごろ~2時ごろ
7GBを超過した時点から
月末まで

ギガ放題プラスプラン・ギガ放題プランに注目すると、3日間の利用可能データ容量が1.5倍に増えていてより多くのデータ通信を行えるようになっている点も、WiMAX 5Gのメリットの一つですよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

128kbpsまで落ちてしまうと、メールやメッセージのやりとりもなんとかできるくらいまでの通信速度になってしまうわよ。

2022年秋以降にはWiMAX 2+の最大通信速度が半分に低下

WiMAX 5Gのプランについてメリットをお伝えしてきましたが、5Gをおすすめする理由の一つにWiMAX 2+が今後縮小されていくという点が挙げられます。

具体的にいうと、2022年秋以降にWiMAX 2+の最大通信速度が順次440Mbpsから220Mbpsに低下する予定です。

UQコミュニケーションズから2021年3月31日に発表されたのニュースリリース「UQ WiMAX、au 5Gに対応した「WiMAX +5G」サービスを4月8日から提供開始」で明言されています。

そのため、今後の予定を鑑みるとWiMAXを検討する場合は5Gプラン(ギガ放題プラスプラン)を検討するのがおすすめですよ。

プロバイダによって基本性能や通信速度は変わらない

WiMAXは申し込み窓口としてプロバイダが存在しています。

どの申し込み窓口から申し込むか迷ってしまうと思いますが、まず基本的な知識として、どのプロバイダを選んでも基本性能は一緒です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

基本性能は最大通信速度や利用可能エリアのことよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

選ぶプロバイダによって通信速度が変わったり、利用できる場所が変わったりすることはないんだね!

プロバイダの選択によって利用中の快適さは変わらないので安心してくださいね。

ではWiMAXのプロバイダが変わることで何が違ってくるのか、次の項目で解説します。

選ぶプロバイダで「実質料金」が大きく変わってくる

WiMAXは選ぶプロバイダによって基本性能は変わりませんが、実際に必要になる金額が大きく変わってきます

那比光太(なびこうた)
こうた

どうして選ぶプロバイダによって金額が変わってくるの?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

それはプロバイダごとに独自のキャンペーンを開催しているからよ。
キャッシュバックが受け取れたり、月額料金が割引されたりお得に利用できるキャンペーンがそれぞれ開催されているから、プロバイダごとで必要になる金額が変わってくるのよ。

実際に必要になる金額は「実質料金」といい、WiMAXのプロバイダを比較する際にはとても大切なポイントです。

実質料金については「プロバイダごとの実質料金を比較する」の項目でも解説しているのでチェックしてみてくださいね。

【15社比較】WiMAXのおすすめプロバイダはここ!

WiMAXの基本情報を解説してきましたが、早速WiMAXについておすすめのプロバイダをご紹介します。

まず結論からいうと、パターン別に以下の3つのプロバイダがおすすめですよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャンペーンの豊富さで選ぶか、利用料金の安さで選ぶかなんだね!
縛られないWiFiはギガ放題プラン(WiMAX 2+)限定なの?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

縛られないWiFiは契約期間の縛りがなくWiMAXを使えるんだけど、ギガ放題プラン(WiMAX 2+)しか取り扱いがないから、5Gプランは利用できないのよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

そうなんだね!5Gを利用したい場合はBroad WiMAXかGMOとくとくBB WiMAXで、いつでも解約したい場合は縛られないWiFiを検討したらいいんだね。

実際にWiMAXのプロバイダ15社を比較した表は以下のとおり。

契約期間 月額基本料金 実質月額料金
(3年間)
実質総額料金
(3年間)
初期費用 キャンペーン
GMOとくとくBB WiMAX 3年 4,158円(~24ヶ月目)
4,708円(25ヶ月目以降)
4,074円 150,746円 3,300円
(契約事務手数料のみ)
13,000円
キャッシュバック
Broad WiMAX 3年 2,090円(~2ヶ月目)
3,894円(~36ヶ月目)
4,708円(37ヶ月目以降)
4,307円 159,351円 25,080円
(契約事務手数料・端末代金)
初期費用20,743円無料
月額料金割引
5,000円キャッシュバック
カシモWiMAX 3年 1,408円(初月)
4,455円(1ヶ月目以降)
4,462円 165,088円 3,300円
(契約事務手数料のみ)
月額料金割引
hi-ho WiMAX 3年 4,268円(~5ヶ月目)
4,818円(6~24ヶ月目)
5,368円(25ヶ月目以降)
4,996円 184,866円 3,300円
(契約事務手数料のみ)
BIGLOBE WiMAX 1年 0円(初月)
4,378円(1ヶ月目以降)
4,714円 174,420円 25,212円
(端末代金、契約事務手数料)
初月料金無料
15,000円キャッシュバック
エディオンネット 3年 4,268円(〜24ヶ月目)
4,818円(25ヶ月目以降)
5,124円 189,596円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
エディオンカード・100満ボルトカードでの
支払いで月額料金割引
DIS mobile WiMAX 3年 4,268円(〜24ヶ月目)
4,818円(25ヶ月目以降)
5,124円 189,596円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
YAMADA air mobile 3年 4,268円(〜24ヶ月目)
4,818円(25ヶ月目以降)
5,124円 189,596円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
KT WiMAX 3年 4,268円(〜24ヶ月目)
4,818円(25ヶ月目以降)
5,124円 189,596円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
UQ WiMAX 2年 4,268円(〜24ヶ月目)
4,818円(25ヶ月目以降)
5,344円 197,736円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
Vision WiMAX 3年 2,980円(初月)
4,980円(~24ヶ月目)
5,313円(25ヶ月目以降)
4,899円 181,256円 なし 5,000円
キャッシュバック
ヨドバシWiMAX 3年 4,268円 4,945円 182,996円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
BIC WiMAX 3年 4,268円(〜24ヶ月目)
4,818円(25ヶ月目以降)
5,124円 189,596円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
au WiMAX 2年 4,721円(〜24ヶ月目)
5,271円(25ヶ月目以降)
5,577円 206,357円 25,080円
(端末代金、契約事務手数料)
縛られないWiFi
(WiMAX 2+)
なし 4,620円 4,709円 174,240円 3,300円
(契約事務手数料のみ)

※すべて税込価格

それではおすすめのプロバイダを一つずつみていきましょう。

キャンペーンが豊富でお得な「Broad WiMAX」

BroadWiMAX
引用:Broad WiMAX

WiMAXのプロバイダでまずおすすめなのが、お得なキャンペーンが豊富に開催されているBroad WiMAXです。

Broad WiMAXでは現金5,000円キャッシュバックも受け取れるうえに、WiMAXプロバイダの中では珍しく、他社から乗り換えた場合の解約違約金を負担してくれるキャンペーンも開催しています。

まずはBroad WiMAXの基本情報をみてみましょう。

Broad WiMAX
月額料金 【3年契約(ギガ放題プラスDXプラン)の場合】
~2ヶ月目:2,090円
~36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
【2年契約(ギガ放題プラスプラン)の場合】
~2ヶ月目:2,999円
~24ヶ月目:4,634円
25ヶ月目以降:5,313円
月間データ容量 約150GB
(3日で15GB以上利用で速度制限)
契約期間 ギガ放題プラスDXプラン:3年
ギガ放題プラスプラン:2年
契約事務手数料 3,300円
初期費用 20,743円
※キャンペーン適用で無料
端末代金 21,780円
解約違約金 1年目:20,900円
2年目:15,400円
3年目以降:10,450円
主なキャンペーン ・初期費用20,743円無料
・月額料金割引
・5,000円キャッシュバック
・乗り換え違約金負担
・いつでも解約サポート
実質月額料金(3年間) 4,307円
実質総額料金(3年間) 159,351円

※すべて税込価格


引用:Broad WiMAX

インターネット回線では契約期間の定めがある場合、契約期間内に回線を解約すると解約違約金がかかることがほとんどですが、Broad WiMAXでは解約違約金を最大19,000円(非課税)負担してくれます。

またBroad WiMAXでは万が一利用中に接続が悪かったり、通信速度が遅く満足できなかった場合に、解約違約金なしで指定ネット回線へ乗り換えできる「いつでも解約サポート」というキャンペーンも開催中です。


引用:Broad WiMAX

那比光太(なびこうた)
こうた

他社から乗り換えの場合もお得だし、使っていて不満があった場合もお得に乗り換えることができるんだね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

5,000円のキャッシュバックももらえるから、実質料金もお得になるわね。

なおBroad WiMAXでは初期費用として20,743円が必要ですが、初期費用無料キャンペーンを適用することで初期費用の負担なく利用できます。

初期費用キャンペーンを適用する場合はクレジットカード支払いを選択したうえで、安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つのオプションに初回加入する必要があることを覚えておきましょう。

またBroad WiMAXの5,000円キャッシュバックについては、キャッシュバックの申請時期と受け取り時期に差があるので注意が必要です。

Broad WiMAXのキャッシュバック受け取りの流れ
  1. 開通月の翌月5日までに、Webフォームで登録したメールアドレスにキャッシュバック申請メールが届く。
  2. メール到着月の末日までに、振り込みを希望する口座情報を登録する
  3. 最短で開通月の半年後の月末にキャッシュバックが振り込まれる

なお5,000円のキャッシュバックを受け取るには、初期費用無料キャンペーンの適用条件にもなっている安心サポートプラス・MyBroadサポートの2つのオプションへの初回加入が必要になります。

キャッシュバックと初期費用無料キャンペーンを適用したい場合はオプションへ初回加入が必要と覚えておきましょう。

Broad WiMAXのキャンペーンをみる

またお得なキャンペーンを豊富に開催しているBroad WiMAXですが、端末代金は発生してしまいます。

次に紹介する「GMOとくとくBB WiMAX」では、端末代金が0円になるうえにキャッシュバックも受け取れるため、利用料金を重視したい場合はチェックしてみてくださいね。

最安値で利用したいいなら「GMOとくとくBB WiMAX」


引用:GMOとくとくBB WiMAX

利用料金の安さを重視してプロバイダを選ぶ場合はGMOとくとくBB WiMAXがおすすめです。

GMOとくとくBB WiMAXでは月額料金が割引されているうえに、13,000円のキャッシュバックが受け取れます

さらに端末代金が0円で利用できるため、実質料金が最安級のプロバイダですよ。

まずはGMOとくとくBB WiMAXの基本情報をチェックしてみましょう。

GMOとくとくBB WiMAX
月額料金 4,158円(~24ヶ月目)
4,708円(25ヶ月目以降)
月間データ容量 約150GB
(3日で15GB以上利用で速度制限)
契約期間 3年
契約事務手数料 3,300円
端末代金 0円
解約違約金 1年目:20,900円
2年目:15,400円
3年目以降:10,450円
主なキャンペーン 13,000円キャッシュバック
実質月額料金(3年間) 4,074円
実質総額料金(3年間) 150,746円

※すべて税込価格

那比光太(なびこうた)
こうた

キャッシュバックも受け取れて、月額料金も割引されて、おまけに端末代金も0円で利用できるならすごくお得だね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

実際に実質料金を算出しても最安級だからおすすめよ!
ただしキャッシュバックについては受け取り時期に注意しておくといいわよ。

GMOとくとくBB WiMAXでは13,000円のキャッシュバックを受け取れますが、受け取れる時期が利用開始からおよそ12ヶ月後ということに注意が必要です。

キャッシュバックを受け取る流れは以下のとおりですが、11ヶ月後に届くメールに振り込み希望の講座情報を登録することで受け取れるため、申請を忘れてしまうとキャッシュバックが受け取れなくなってしまうため、事前に受け取り時期と申請方法はチェックしておきましょう。

GMOとくとくBB WiMAXのキャッシュバック受け取りの流れ
  1. 端末発送月を含む11ヶ月目にキャッシュバック振り込みに関するメールが届く
    ※申し込み時に新規で作成する基本メールアドレス宛に送信される
  2. 振り込みを希望する口座情報を登録する
  3. 返信の翌月末日(営業日)にキャッシュバックが振り込まれる

キャッシュバックの受け取りについては注意が必要ですが利用料金自体は最安級のため、安く利用したい場合はぜひチェックしてみてくださいね。

GMOとくとくBB WiMAXのキャンペーンをみる

またWiMAXは基本的に契約期間の縛りがあります。

BIGLOBE WiMAXでは契約期間が1年と短い期間で契約できますが、それでも1年間は利用する必要があるため、1年未満の契約期間でWiMAXを利用したい場合や、契約期間に縛られたくない場合は縛られないWiFiがおすすめですよ。

詳しくは次の項目で解説しますね。

【ギガ放題プラン限定】契約期間なしで利用できる「縛られないWiFi」


引用:縛られないWiFi

契約期間に縛られずWiMAXを利用したい場合は縛られないWiFiがおすすめです。

縛られないWiFiで利用できるのはWiMAX 2+のみで5Gプランは利用できませんが、契約期間の縛りがないためいつ解約しても解約違約金が発生しないのが最大のメリット。

まずは縛られないWiFiの基本情報を確認してみましょう。

縛られないWiFi
月額料金  4,620円
月間データ容量(WiMAX 2+) 約100GB
(3日で10GB以上利用で速度制限)
端末代金 無料レンタル
契約期間 縛りなし
契約事務手数料 3,300円
解約金 なし
おもなキャンペーン ・充電器無料レンタル
・レンタル安心サポート(端末安心保証)
実質総額料金(1年間) 63,360円
実質月額料金(1年間) 4,874円

※すべて税込価格

縛られないWiFiでは端末をレンタルする契約になるため、端末代金もなく利用できます

水濡れや破損保証が付けられるオプションなどを追加した場合はオプション料金が必要ですが、基本的には必要になる料金は月額料金と契約事務手数料のみです。

那比光太(なびこうた)
こうた

短期間だけ利用したい場合にはお得に利用できるね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

何年も利用する予定がない場合にはレンタルを検討した方がお得になるわね。
ただレンタル品になるから、端末を破損や紛失してしまった場合には機器損害金として11,000円(税込)が発生してしまうから注意してね。

なお縛られないWiFiではWiMAX 5Gのプランは利用できないため、利用できる端末はWiMAX 2+の端末のみとなりますよ。

縛られないWiFiのキャンペーンをみる

WiMAXを何を重視して選ぶか、契約期間なしで利用したいかをチェックしてプロバイダを選んでみてくださいね。

失敗しない!WiMAXを選ぶときのポイント4つ!

WiMAXの特徴やおすすめのプロバイダについてご紹介してきましたが、実際にWiMAXのプロバイダを比較するときに大切になるポイントを4つご紹介します。

那比光太(なびこうた)
こうた

WiMAXのプロバイダのおすすめは「【15社比較】WiMAXのおすすめプロバイダはここ!」の項目で紹介しているけど、自分でもしっかり比較して選びたい場合に知っておくといいポイントになるよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

WiMAXのプロバイダ比較は、それぞれのプロバイダを選ぶことも大切だけど、WiMAXのプランを比較することも大切だから、あわせて紹介するわね。

それではWiMAXを比較する際のポイントについて、一つずつみていきましょう。

プロバイダごとの実質料金を比較する

WiMAXを比較する際には、まずプロバイダごとの「実質料金」を比較することが大切です。

WiMAXは選ぶプロバイダによって基本性能は変わりませんが、実施しているキャンペーンがそれぞれ異なるため、必要になる金額がプロバイダごとで変わってきます

そのため異なるキャンペーンを開催しているプロバイダがあるところを、どのプロバイダがどれだけの総額になるのか比較が必要です。

たとえばとあるプロバイダではキャッシュバックキャンペーンを開催していて、他のプロバイダでは月額料金の割引キャンペーンが開催されていたとします。

一方はキャッシュバックで一括割引、一方は月額割引で毎月割引となると、パッと見ただけではどちらがお得かすぐに判断するのは困難です。

那比光太(なびこうた)
こうた

確かにそれぞれで割引の方法が違ったら、どっちがお得かはすぐにわかりづらいね。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

それにキャンペーンだけじゃなくて、初期費用や端末代金の有無もプロバイダによって違ってくるから、細かい条件も比較するとなると単純に比較するのは難しいわよね。
そこで大切なのがプロバイダごとの「実質料金」を算出して、必要金額をそれぞれ確認することなのよ。

実質料金は初期費用や月額料金などから、キャンペーンで割引される金額を引いた金額となります。

実際の算出方法は以下のとおりです。

実質料金の算出方法
実質料金=(月額料金×契約月数+初期費用)ーキャッシュバックや月額割引
※実質月額料金は、上記の金額を契約月数で割ると算出可能。

なお本記事でもWiMAXのプロバイダを比較していますが、すべて実質料金を算出して比較しているので「【15社比較】WiMAXのおすすめプロバイダはここ!」の項目でチェックしてみてくださいね。

プランはWiMAX 5G(ギガ放題プラスプラン)がおすすめ


引用:UQ WiMAX

WiMAXには条件が異なるプランが3つあり、希望するプランを選んで契約することになります。

プランの違いについては以下で解説しますが、おすすめのプランは「WiMAX 5G(ギガ放題プラスプラン)」です

それぞれのプランの特徴は以下のとおりで、7GBプランはあまりインターネットを利用しない人向けのプランとなっています。

ギガ放題プラスプラン
(WiMAX 5G)
ギガ放題プラン
(WiMAX 2+)
7GBプラン
月の使用可能データ量 約150GB 約100GB 7GB
速度制限がかかる条件 直近3日間のデータ使用量が
15GBを超える
直近3日間のデータ使用量が
10GBを超える
月のデータ使用量が
7GBを超える
速度制限時の最大通信速度 概ね1Mbps 概ね128kbps
速度制限がかかる時期 上限を超過した
翌日の18時ごろ~2時ごろ
7GBを超過した時点から
月末まで
利用可能サービス(エリア) au 5G
WiMAX 2+
au 4G LTE
WiMAX 2+
au 4G LTE
最大通信速度 2.7Gbps 440Mbps
備考 5Gサービスが利用可能で、
今後主流になるプラン
2022年秋以降に
最大通信速度が低下予定
月間利用可能データ容量が7GBのため、
月のネット通信量が少ない人向け
那比光太(なびこうた)
こうた

7GBのプランは利用できるデータ容量が少ないから、動画を視聴したりSNSをする場合には向いていないよ。

ギガ放題プラスプランとギガ放題プランはともに使用可能データ容量が実質無制限となっていますが、直近3日間のデータ容量が規定を超えると速度制限がかかるという決まりがあります。

ギガ放題プラスプランは、WiMAX 5Gが利用可能で通信量の規定もどのプランより緩くたっぷり通信を楽しむことが可能です。

また5Gサービスを利用できることから、5G対応端末の最大通信速度も速く快適に利用できます。

一方ギガ放題プランはWiMAX 2+が利用できるプランで、5G対応のギガ放題プラスプランが登場するまでは主流のプランでした。

しかしWiMAXの提供元であるUQ WiMAXによると、2022年の秋以降に順次WiMAX 2+の最大通信速度が最大440Mbpsから220Mbpsまで順次低下されると発表があり、今後は5Gプランが主流になることが予測できます

那比得子(なびとくこ)
とくこ

プランの比較表をみてもギガ放題プラスプランはギガ放題プランより速度制限の規定も緩く、最大通信速度が速いこともあって使い勝手がよくなっていることがわかるわね。

プランを比較してわかった、ギガ放題プラスプランをおすすめする理由をまとめると以下のとおり。

ギガ放題プラスプラン(WiMAX 5G)がおすすめの理由
  • 最大通信速度が2.7Gbpsと速い
  • 速度制限までの通信制限規定が緩い
  • 5Gエリアで5Gサービスが利用できる
  • ギガ放題プランは今後サービス縮小予定

また本記事でおすすめしているプロバイダ「Broad WiMAX」では、ギガ放題プラスプランでも3年契約のギガ放題プラスDX(3年)プランと、2年契約のギガ放題プラス(2年)プランがあります。

詳しくは「キャンペーンが豊富でお得な「BroadWiMAX」」の項目で解説しますが、選ぶ場合は自身がどれくらいの期間利用したいか検討して選ぶといいですね。

機種は5Gに対応した最新機種を選ぶ


引用:Broad WiMAX

WiMAXを利用する場合は端末を選んで利用することになります。

WiMAXで利用できる端末にはモバイルルーターとホームルーターの2種類がありますが、どちらを選ぶ場合でも5Gに対応した機種を選ぶのがおすすめです。

那比光太(なびこうた)
こうた

持ち運んで外出先でも利用したい場合はモバイルルーターを、自宅でのみ利用する場合はホームルーターを選ぶのがおすすめだよ!

また5Gに対応した機種はモバイルルーターに2種類、ホームルーターに2種類ありますが、最新機種を選ぶと快適に利用できますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

モバイルルーターの場合は「Speed Wi-Fi 5G X11」が、ホームルーターの場合は「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」が最新機種でおすすめよ!

那比光太(なびこうた)
こうた

Speed Wi-Fi 5G X11とSpeed Wi-Fi HOME 5G L12はどちらも国内メーカーが作った最新機種になるよ。

最新機種がもっとも機能的に優れているのが大きなメリットで、加えて以前の機種となるとサポート対応が終了するのが早い可能性があるなど、比較検討する際は最新機種を検討するのがおすすめです。

では実際に現在提供されているWiMAX端末を比較してみましょう。

モバイルルーター ホームルーター
画像
名称 ★おすすめ最新機種★
Speed Wi-Fi 5G X11
Galaxy 5G Mobile Wi-Fi ★おすすめ最新機種★
Speed Wi-Fi HOME 5G L12
Speed Wi-Fi HOME 5G L11
製造元 NECプラットフォームズ株式会社 Samsung NECプラットフォームズ株式会社 ZTE Corporation
最大通信速度(下り) 2.7Gbps 2.2Gbps 2.7Gbps 2.7Gbps
最大通信速度(上り) 183Mbps 183Mbps 183Mbps 183Mbps
Wi-Fi6 ×
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/n/ac
(5GHz)
IEEE802.11b/g/n
(2.4GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax
(2.4GHz/5GHz)
質量 約174g 約203g 約446g 約599g

それぞれの端末を比較した結果、最新機種である「Speed Wi-Fi 5G X11」と「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」はどちらも次世代Wi-Fi規格であるWi-Fi6にも対応しており、より安定した高速通信が可能となっています。

WiMAXを選ぶ際、端末が複数あってどれを選ぶべきかわからないという場合にはまず最新機種を検討するのがもっともおすすめですよ。

プロバイダごとのキャンペーンは内容をしっかりチェックする

WiMAXを比較する際は、それぞれのキャンペーン内容を把握することが大切です。

たとえばキャッシュバックキャンペーンでは、申し込む機種によって受け取れる金額が変わる場合もあります。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャッシュバックキャンペーンはとくにお得なキャンペーンだから、機種によって金額が違ったり、申し込むプランによって金額が違う場合もあるから、細かいところまでチェックしておくといいね!

キャッシュバックキャンペーンの場合、注目しておきたいポイントは以下のとおり。

キャッシュバックキャンペーンで確認すべきポイント
  • 申し込むプランではいくらキャッシュバックを受け取れるか
  • 契約する機種ではいくらキャッシュバックを受け取れるか
  • 有料オプションに加入する必要があるか
  • キャッシュバックの受け取り時期はいつか
  • キャッシュバックの申請方法

ポイントが多いと思うかもしれませんが、もし受け取り時期が遅い場合などは受け取り申請が必要な時期も遅くなり、時期を逃してしまうとキャッシュバック自体受け取れなくなってしまいます。

プロバイダを比較する際はキャッシュバックを受け取れる前提で比較しているため、受け取り条件をチェックしておくことはとても大切ですよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

キャッシュバックキャンペーンだけじゃなくて、乗り換えキャンペーンなどもどうやったら適用できるのか、条件は何なのかきちんとチェックしておきたいわね。

事前に知っておこう!WiMAXを比較する際の注意点

WiMAXについてプロバイダやプランを比較する際のポイントも重要ですが、あわせて知っておきたい注意点もあります。

那比光太(なびこうた)
こうた

知っておかないとWiMAX自体を使えなかったり、割引を受けられなかったりしてしまうから、契約する前にしっかりチェックしておこうね!

それでは一つずつみていきましょう。

提供エリア外だと利用できない

WiMAXは全国エリアで利用できますが、一部地域では対応しておらず、提供エリア外だった場合WiMAXを利用することはできません

そのためWiMAXを利用したい場合は必ず事前にエリア確認を行うことが大切です。

エリア確認を行う場合、自宅周辺だけではなく、WiMAXの端末を持ち出して利用したい場所も提供エリア内に入っているか確認するのがおすすめ。

那比光太(なびこうた)
こうた

エリア確認をしてみたら問題なく繋がるみたいだけど、近くで提供エリア外の場所もあるし、きちんと繋がるかちょっと不安だな〜…。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

それならUQ WiMAXの公式で開催しているTry WiMAXキャンペーンがおすすめよ!
詳しくは事前にWiMAXをお試しできる「Try WiMAX」がおすすめの項目で紹介するけど、実際にWiMAXの端末をチェックできるから、通信状況や使用感が不安な場合検討するといいわね。

またWiMAXのプロバイダの中には、本契約の前にWiMAXをお試しできるところもあります。

なおWiMAXのエリア確認を行い、もし提供エリア外でWiMAXが利用できなかった場合は、クラウドSIMタイプのモバイル回線が利用できるエリアが広くおすすめです。

クラウドSIMタイプのモバイル回線については「【最新】月間容量別徹底比較!最安値のポケットWiFiはこれだ!」の記事で詳しく解説しているのでぜひチェックしてみてくださいね。

事前にWiMAXをお試しできる「Try WiMAX」がおすすめ


引用:UQ WiMAX

UQ WiMAXでは、事前にWiMAXをお試しで利用できる「Try WiMAX」というキャンペーンを開催しています。

実際の端末を15日間無料で試すことができるので、エリア内となっていても不安な場合や、スマホと接続できるか使用感を確かめたい場合におすすめのキャンペーンですよ。


引用:UQ WiMAX

那比光太(なびこうた)
こうた

実際に契約した後に、実は自分のエリアではつながらなかった!なんてことにならないよう事前にお試しできるのは嬉しいキャンペーンだね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

Try WiMAXはモバイルルーターもホームルーターもお試しできるから、とりあえずまずは試してみたいと思ったら利用してみるといいわよ。

Try WiMAXで試せるポイント
  • 利用したい場所で使えるかどうか
  • 接続したい機器と問題なく繋げられるか
  • 通信速度はどれくらいか
  • 使用感がどのようなものか

Try WiMAXの詳細を確認する
※外部公式サイトへ移動します

スマホとのセット割は別途で申し込む必要がある


引用:UQ WiMAX

WiMAXはauまたはUQ mobileのスマートフォンを利用している場合、auならauスマートバリューが、UQ mobileなら自宅セット割インターネットコースというセット割が適用可能です。


引用:UQ WiMAX

auスマートバリューの場合、WiMAXとauスマホをセットにすることでauのスマホ代金が毎月最大1,100円割引に。


引用:UQ WiMAX

自宅セット割インターネットコースの場合、WiMAXとUQ mobileをセットにすることでUQ mobileの利用料金が月額最大858円割引になります。


引用:UQ WiMAX

auまたはUQ mobileを利用しているとお得になるセット割ですが、自動では適用されず、自分で申し込み手続きをしないと適用されないことに注意が必要です。

それぞれの手続き方法は以下のとおり。

auスマートバリューの場合

auスマホとWiMAXとのセット割であるauスマートバリューは、auショップ(店頭)やKDDIお客様センター(ネット)から申し込みを行えます。

那比光太(なびこうた)
こうた

KDDIお客様センターなら、以下の手順で24時間いつでもネットから申し込みができるから便利だよ!

  1. KDDIお客様センターのサポートページへアクセスする。
  2. 「スマートフォン・携帯電話」を選択する。
  3. 「料金プランの変更・相談(auスマートバリューもこちら)」を選択する。
  4. 「au スマートバリューを申し込む/廃止する」を選択する。
  5. au IDでログインし、画面の案内に沿って申し込みを行う。
自宅セット割インターネットコース(UQ mobileの場合)

UQ mobileを利用中で、WiMAXとのセット割である自宅セット割インターネットコースを適用したい場合、UQ mobileのプランを2021年9月2日に受付開始した「くりこしプラン +5G」に変更する必要があります。

  1. UQ mobileの「くりこしプラン +5G」を申し込む。(他プランを申し込んでいる場合、変更の手続きが必要)
  2. WiMAXを申し込み、対象サービス電話番号と契約者カナ氏名を用意する。
  3. Webまたは店頭(au Style/auショップ/UQスポット)から申し込みを行う。
    店頭から申し込む場合は、本人確認書類の原本と、必要に応じて家族関係証明書が必要です。

どちらの場合も自動では適用されず、それぞれ申し込みが必要になるため、忘れずに手続きを行いましょう。

WiMAXを実際に申し込む流れを解説【申し込み〜利用開始まで】

WiMAXを比較するポイントや、おすすめのプロバイダについて紹介してきましたが、実際にWiMAXを申し込む手順について解説していきます。

なお手順を解説しますが、WiMAXはモバイル回線となり光回線とは異なるため、開通工事などは不要です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

光回線だと工事日程を調整して、立ち合いの元工事を行って初期設定を行って…と工程も期間も多いけど、WiMAXは素早く利用開始できるわよ!

それでは手順を一つずつみていきましょう。

1.提供エリア内かチェック

まずWiMAXを契約する前に、WiMAXの提供エリアに入っているか確認が必要です。

自宅やWiMAXの端末を持ち出して使いたい場所が、対応エリア内かどうかエリアマップまたはサービスエリア検索でチェックしましょう。

どちらのリンクからも検索が可能で、5Gに対応しているエリアも確認が可能ですよ。

もしエリア検索時点でエリア内かどうか判断が難しい場合や、実際に繋がるか契約前に試してみたい場合は、15日間無料でWiMAXを試すことができる「Try WiMAX」というキャンペーンがおすすめ。

Try WiMAXについては「事前にWiMAXをお試しできる「Try WiMAX」がおすすめ」の項目で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

2.希望する申し込み窓口から申し込み

WiMAXの提供エリア確認が終わったら、契約したいプロバイダのWeb窓口へアクセスして申し込みを行いましょう。

本記事でWiMAXのプロバイダ15社を比較した結果わかった、おすすめのプロバイダは以下のとおりです。

またWiMAXを申し込む際はプランや機種を選ぶことができますが、プランは5Gに対応した「ギガ放題プラスプラン」が、機種は「5Gに対応した最新機種」がおすすめ。

なお5Gに対応した最新機種は、モバイルルーターの場合は「Speed Wi-Fi 5G X11」が、ホームルーターの場合は「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」が現時点で最新となります。

WiMAXを契約する際のポイントについては「失敗しない!WiMAXを選ぶときのポイント4つ!」の項目でプランも含めて解説しているのでチェックしてみてくださいね。

3.端末が届き、初期設定を行ったら利用開始

WiMAXの申し込みが完了したら、自宅にWiMAXの端末や契約書類一式が送付されます。

同封されているマニュアルにそって初期設定を行えば、インターネット回線の利用開始です。

那比光太(なびこうた)
こうた

もしキャッシュバックのあるプロバイダ窓口から申し込んだ場合は、キャッシュバックの受け取り申請もあるから忘れずに行おう!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

たとえばGMOとくとくBB WiMAXから申し込んだ場合は13,000円のキャッシュバックが受け取れるけど、受け取りが11ヶ月後に送られてくるメールを確認して口座登録を行うことが条件になってくるから、端末が送付されてから11ヶ月後に申請する!と忘れないようにしなきゃいけないわね。

那比光太(なびこうた)
こうた

Broad WiMAXの5,000円キャッシュバックは、開通月の翌月5日までにキャッシュバック申請用のメールが届くから、口座情報を登録することで申請ができるよ!
無事登録できたら最短で半年後の月末に受け取りになるから、時期を忘れないようにしようね。

WiMAXについてよくある質問

WiMAXを比較するポイントについて解説してきましたが、ここではWiMAXについてよくある質問をまとめてみました。

それでは一つずつみていきましょう。

WiMAXに速度制限はあるの?

WiMAXは7GBプラン以外はデータ通信量が実質無制限ですが、一定量のデータ通信を行うと速度制限がかかってしまいます。

ギガ放題プラスプラン(WiMAX 5G)の場合、直近3日間で15GB利用すると速度制限に。

ギガ放題プラン(WiMAX 2+)の場合は、直近3日間で10GB利用すると速度制限がかかってしまいます。

7GBプランの場合は月間で7GB利用すると、翌月まで速度制限です。

ギガ放題プラスプラン・ギガ放題プランは速度制限がかかってしまうと、データ量を超過した翌日の18時〜翌2時まで概ね1Mbpsまで速度が低下し、7GBの場合は速度制限下では概ね128kbpsまで低下してしまいます。

ギガ放題プラスプラン・ギガ放題プランの場合は速度制限下でも、Youtubeなどで標準画質の動画を視聴できるほどの通信速度はありますが、7GBの場合はメールやメッセージのやりとりがなんとかできる位の速度まで低下してしまうので注意が必要ですよ。

WiMAXはどんな人におすすめ?

WiMAXはモバイル回線のため、手軽に利用できるのが最大のメリットです。

光回線とは違って開通工事の手間も必要ないため、様々なシチュエーションで利用できますが、WiMAXをおすすめできる人は以下のとおりになります。

  • 光回線が利用できない人
  • 開通工事ができない、難しい人
  • 外出先でもインターネットを利用したい人
  • au・UQ mobileユーザーの人

WiMAXのモバイルルーターを利用する場合、自宅のみではなく外出先でもインターネット回線が利用できるため、場所を選ばず利用したい人にもおすすめです。

またauのスマホやUQ mobileを利用している場合は、WiMAXとのセット割を適用することができ、auのスマホ代金やUQ mobileの利用料金が割引になるためおすすめ。

一方で安定した高速通信をたっぷり行いたい場合などは、WiMAXでは速度制限もあるうえにモバイル回線のためあまりおすすめできません。

オンラインゲームをよくしたり、高画質の動画をたっぷり見たい場合や、大容量のデータ通信を行いたい場合は光回線が安定して高速通信ができるためおすすめですよ。

WiMAXの通信速度が遅い場合はどうしたらいい?

WiMAXの通信速度が遅い場合は、以下の対処法を試してみましょう。

  • WiMAXの端末の置き場所を変更する
  • Bluetoothの電波干渉を考慮してBluetoothをきる
  • 端末を再起動する

まずWiMAXはモバイル回線で電波を受信してサービスを利用しているため、屋内で利用している場合は端末を窓際に近いところに置いてみるといいでしょう。

窓から遠い場所だと電波の受信が悪くなる可能性もあるため、まず端末の置き場所を変えてみて、それでも改善しなかった場合は、Bluetoothの電波干渉を考慮し、他機器のBluetoothを切ってみましょう。

上記を試しても改善しなかった場合はWiMAXの端末自体を再起動して、通信速度が改善しないか試してみるといいですね。

まとめ

WiMAXは申し込み窓口としてプロバイダが存在しており、プロバイダごとに基本性能は変わりませんが、開催しているキャンペーンが異なるため実質料金が大きく違ってきます

そのためWiMAXをお得に利用できるところを比較する場合、以下のポイントを重視してチェックするのがおすすめですよ。

また比較のポイントを重視して、実質料金やキャンペーン内容を比較した結果わかったおすすめのプロバイダは以下の3つとなります。

WiMAXは5Gプランが新しく登場しましたが、WiMAX 5G(ギガ放題プラスプラン)は従来のWiMAX 2+よりも通信速度が向上していたり、速度制限までの上限が緩くなっていたりと今後期待できるプランです。

各社プロバイダも様々なキャンペーンを打ち出してWiMAXを提供しているので、比較のポイントをしっかり吟味して、自分にあったWiMAXを見つけましょう。