検索 わたしのネット ロゴ

Wi-Fiの契約先の選び方!おすすめのWi-Fiやトラブルの対処法を解説!

免責事項
情報の更新を心がけておりますが、最新情報と異なる可能性がございます。最新情報は各サイトにてご確認ください。このページはアフィリエイトにより収益を得る場合があります。広告を含む商品・サービスには「PR」と表示します。
Wi-Fiってなに?

Wi-Fiとは、無線(有線接続不要)でスマートフォンやパソコンなどの機器をインターネットに接続できる技術のことです。

Wi-Fiで通信できるサービスの種類としては、主に以下の4つがあげられます。

  • 固定回線
  • ホームルーター
  • モバイルルーター(ポケット型Wi-Fi)
  • 無料のWi-Fiスポット

それぞれ、契約がオススメな人を紹介していきますので、ぜひ記事をご覧ください。

なお、結論を先にいうとオススメ申込窓口は以下のとおりです。

<当サイトがオススメするWi-Fi回線>
オススメ回線の種類
光回線
ホームルーター
モバレコAir
モバイルルーター
GMOとくとくBBWiMAX

※上記リンクをクリックするとページ内の説明箇所に移動します。

今回はWi-Fiを使いたい人におすすめの契約先や、トラブルの対処法を解説します。

Wi-Fiを活用するにあたっての参考にしてくださいね。

※2022年7月時点の情報です

この記事でわかること

Wi-Fiってなに?用途別にオススメWi-Fi契約先を紹介!

Wi-Fiってなに?

Wi-Fi(わいふぁい)とは、無線の電波でインターネットに接続する技術のことです。

Wi-Fiでは、パソコンやスマートフォン、ゲーム機といったあらゆるインターネット対応機器をインターネットに接続できますよ。

ただし、Wi-Fiを利用するのには、「無線LANルーター(Wi-Fiルーター)」と呼ばれる通信機器が必要です。

那比光太(なびこうた)
こうた

Wi-Fiルーターは、回線サービスでレンタルしたり、市販で購入したりすることで手に入れることができるよ!

Wi-Fiが利用できる回線の種類

Wi-Fiが使えるインターネット回線は、大きく分けて固定回線とモバイル回線が挙げられます。

さらに細かく分けると、主に固定回線・ポケット型Wi-Fi(モバイルルーター)・ホームルーター・無料Wi-Fiの4つに分けられます。

各サービスの特徴を簡単にまとめたので、ご覧ください。

<Wi-Fiが利用できる回線の特徴>
固定回線
ポケット型Wi-Fi
ホームルーター
無料Wi-Fi
料金の高さ
3,500円~8,000円
2,000円~4,500円
2,000円~4,500円
無料
通信の安定性
★★★★★
★★★
★★★★
開通工事の有無
必要
不要
不要
不要
使用場所
自宅のみ
外出先でも使える
自宅のみ
設置されている場所のみ
那比得子(なびとくこ)
とくこ

実際にみんなどの回線を利用して、Wi-Fi通信を行っているのかしら?

2019年11月13日~16日でどの回線でWi-Fiを利用しているかアンケートをとったところ、以下のような結果に。

Wi-Fiを利用している回線

※クリックで拡大します。
※当サイトが11月13日~16日で独自に調査した結果です。

Wi-Fiを利用している人が、なんの回線を使っているのかの内訳は以下のとおりになりました。

<Wi-Fi利用者が使っている回線の内訳>

  • 固定回線…46.7%
  • ホームルーター…31.7%
  • ポケット型Wi-Fi…13.3%
  • 無料Wi-Fi…8.3%

それぞれ、なぜWi-Fi利用時に上記の回線を選んだのか聞いてみたところ、以下の回答が得られました。

<契約中のWi-Fi回線を選んだ理由>

固定回線
家でしかWi-Fiは必要ないし、家の速度を安定させたかったから
ホームルーター
家でのみ利用したいけど、固定回線の月額料金は高いと感じたから
ポケット型Wi-Fi
外出先でもWi-Fi通信をしたいから
無料Wi-Fi
家でも外でもあまりWi-Fiを使わないし、最近は無料Wi-Fiが使える場所も少なくないから十分

※それぞれもっとも多かった回答内容を記載しています。

那比光太(なびこうた)
こうた

つまり、Wi-Fiを使いたい人は、以下のタイプ別にオススメする回線が変わるという事だね!どんな人にどの回線がオススメかを見てみよう!

それぞれ詳しく紹介しますので参考にしてください。

速度重視で自宅のみでWi-Fiを利用する人は「固定回線」がオススメ

固定回線(光回線)とは
固定回線とは
固定回線とは、通信に使うケーブルが自宅まで直接引き込まれるタイプのインターネット回線です。

自宅でのみ通信予定・速度重視の方には、固定回線の契約がオススメです。

固定回線自体はLANケーブルを使っての有線接続に対応していますが、市販品やレンタルの無線LANルーターを接続することで、Wi-Fi接続ができます。

固定回線を契約するメリットは、電波の送受信のみで通信するモバイル回線よりも接続が安定・高速で通信できることです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

モバイル回線と違い、「3日◯◯GB」「1か月◯GB」のような厳しい速度制限がないのも嬉しいわよね!

ちなみに固定回線にも種類があり、主に以下の3つに分類できますよ。

<固定回線の種類>
光回線
ケーブルテレビ回線
ADSL回線
料金の高さ
約3,500円~6,000円 約3,000円~7,000円 約2,000~2,500円
最大通信速度
100Mbps~10Gbps 1Mbps~300Mbps 10Mbps
特長
通信速度が速い 契約によってネットとあわせてケーブルテレビも加入可能 NTTへの加入権が必要

速度が速い回線を使いたいなら、光回線がオススメです。

なお、光回線の中でもオススメの回線は以下で紹介していますので参考にしてくださいね。

オススメ光回線の紹介はこちら
※記事内の説明箇所に移動

安さ重視で自宅のみでWi-Fiを利用する人は「ホームルーター」がオススメ

ホームルーターの特徴
ホームルーターとは
ホームルーターとは、自宅のコンセントに接続したWi-Fiルーターでモバイル回線の電波を送受信して通信できるサービスです。

自宅でのみインターネットを利用予定で安さと手軽さを重視する方には、ホームルーターがオススメです。

工事をせずにすぐ利用を開始できるので、引っ越しが多かったり自宅が固定回線に非対応だったりする場合に嬉しい選択肢となりますね。

那比光太(なびこうた)
こうた

工事が必要ないから、平日の昼間に会社や学校で忙しくて立ち会いでの開通工事が行えない人にもオススメだね!

なお、オススメのホームルーターは、以下で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

オススメホームルーターの
紹介はこちら

※記事内の説明箇所に移動

外でも使いたい人は「ポケット型Wi-Fi」がオススメ

ポケット型Wi-Fiの特徴
ポケット型Wi-Fiとは
ポケット型Wi-Fiとはバッテリーを内蔵しているモバイル回線向けWi-Fiルーターで、エリア内ならどこでも電源を入れればすぐにインターネットを使えます。

外で快適にインターネットを使いたい人には、ポケット型Wi-Fiの契約がオススメです。

工事不要なため導入が手軽で、自宅にいる時間が短かったり、自宅の固定回線と別に外で通信するための手段が必要だったりする人に最適ですね。

ポケット型Wi-Fiのオススメを知りたい方は、以下よりチェックしてみてください。

オススメポケット型Wi-Fiの
紹介はこちら

※記事内の説明箇所に移動

【注意】無料Wi-Fiは不正アクセスやウイルス感染の恐れあり!

無料Wi-Fiを使う場合、不正アクセスやウイルス感染のリスクがあるので注意が必要です。

無料Wi-Fiとは、コンビニやスーパーなどで使える無料のWi-Fiサービス。

お金をかけずに自由に通信できることがメリットです。

那比光太(なびこうた)
こうた

でも、不特定多数が同じインターネット回線を使うから、悪質な人がいたら情報をのぞき見されてしまう可能性もあるんだよね。

無料Wi-Fiスポットは便利ですが、トラブルを避けるために以下のような対策をしましょう。

<無料ポケット型Wi-Fiでトラブルを避けるための対策>

  • よくわからないWi-Fiスポットに接続しない
    ※悪い人が情報を盗むために用意した、偽装のWi-Fiスポットの可能性があるため
  • ログインが必要な会員サイトを見たり、個人情報を入力するサービスを利用したりしない
    ※同じWi-Fiスポットに接続した人が、情報を盗もうとする恐れあり

光回線10社を比較|オススメ申込窓口とWi-Fiを利用するまでの流れを紹介

光回線にはたくさんの種類がありますが、以下の4つのポイントを踏まえれば、自分にとって最適な選択肢を絞りやすいです。

<光回線を選ぶ際のポイント>

  • 月額料金が安いか
  • スマホセット割が利用できるか
  • 自宅が提供エリア内か
  • 利用したいキャンペーンがあるか

なお、光回線でWi-Fi通信をしたい場合は、無線LANルーターがレンタルできるかどうかもチェックする必要がありますよ。

レンタルできない場合、市販品を購入して用意しなくてはいけません。

今回紹介する回線は、すべてレンタル可能なところなのでご安心ください。

光回線を契約してWi-Fiを使い始めるまでの流れを、オススメの光回線の種類とあわせて解説します。

1.光回線・申込窓口を決めて契約する

まずは光回線の申込先を決めて、契約手続きを開始しましょう。

以下の表に、主な光回線10社のサービス内容をまとめました。

光回線10社比較表
エリア
契約期間
実質料金※1
セット割引
月額料金※1
キャッシュバック
工事費無料
平均速度※2
戸建て
マンション
戸建て
マンション
フレッツ光(西日本)
全国
2年
7,242円※4
5,674円※4
5,830円
4,235円
223.31Mbps
フレッツ光(東日本)
全国
2年
7,682円※4
5,619円※4
全国
6,270円
4,345円
223.31Mbps
ドコモ光
全国
2年
5,574円※3
4,254円※3
ドコモ
5,720円~
4,400円~
20,000円
223.1Mbps
auひかり
関西・東海・沖縄県以外
3年(マンションは2年)
4,236円
2,068円
au
5,610円
4,180円
最大63,000円
363.07Mbps
ソフトバンク光
全国
2年
5,966円
4,426円
SoftBank
ワイモバイル
5,720円
4,180円
37,000円
258.32Mbps
So-net光プラス
全国
3年
4,943円
3,766円
au
6,138円
4,928円
60,000円
264.48Mbps
OCN光
全国
2年
6,889円
5,170円
OCNモバイルONE
5,610円
3,960円
231.98Mbps
BIGLOBE光
全国
3年
4,892円
3,784円
au
BIGLOBE SIM
5,478円
4,378円
64,000円
224.45Mbps
NURO光
北海道・関東・東海関西・中国・九州
3年
4,592円
2,037円~
Softbank
5,200円
2,090円~
最大45,000円
492.28Mbps
コミュファ光
東海
2年
3,710円
2,594円
au
3,980円〜
3,380円〜
最大35,000円
480.73Mbps

※1:価格は税込、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、マンションは16契約以上、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算
※2:みんなのネット回線速度参照
※3:タイプAの料金を記載
※4:プロバイダSo-netの料金含む

「表を見てもよくわからない…」という人もいるでは?

表をもとに、当サイトがオススメするのは以下の3つ。

  • docomoユーザーは「ドコモ光」
  • auユーザーは「auひかり」
  • Softbankユーザーは「ソフトバンク光」

それぞれ、スマホセット割を利用すると月々の支払い負担が抑えられますよ!

ドコモスマホ利用者なら「ドコモ光」

ドコモ光とは、ドコモが展開している光コラボレーションのサービスです。

那比光太(なびこうた)
こうた
光コラボとは、フレッツ光回線と特定のプロバイダ、セット割などの特典をセットにした契約形態のことだよ!

ドコモ光の基本情報を以下にまとめました。

【ドコモ光の概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
日本全国
セット割
ドコモ(最大1,100円割引/月)
最大速度
1Gbps~10Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
19,800円
16,500円
月額料金
5,720円~
4,400円~
キャンペーン内容
・20,000円キャッシュバック
・dポイント2,000ptプレゼント
・高性能WiFiルーター無料
契約期間
2年
2年実質総額
133,780円
102,100円
2年実質月額
5,574円
4,254円

※すべて税込
※2022年6月調査結果です

ドコモのスマホでセット割が活用できるのは、ドコモ光のみ!

セット割を利用することで、スマホの月額料金から割引を受けられます。

割引額は、1回線あたり毎月最大1,100円(税込)で、最大20回線まで適用できますよ。

ドコモの規定では、主回線から3親等以内の家族が対象となっていて、離れて暮らす家族も割引対象となっています。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

セット割でスマホの使用料金がお得になるのね!うれしいわ!ちなみに速度はどうなのかしら?

ドコモ光はプロバイダを20種類以上から自由に選べる仕組みです。

その中でも、GMOとくとくBBなどv6プラス接続ができるプロバイダを選ぶことで回線混雑を避け、速度を安定させやすいメリットがあります。

実際に、ドコモ光を使っている人の声を調べてみました。

上記口コミでは、上限100Mbpsの環境において(マンションだと思われます)下り93Mbpsというスピードが出て、大満足していることがわかります。

2つ目の口コミでも、他社から乗り換えた結果速度が上下130Mbps台に改善されたとして、満足の声が上がっていました。

3つ目の評判でも、やはり回線速度が安定しているとして喜びの声が。

以上のとおり、利用者からの評判は上々です。

ドコモユーザーで安く・高速なインターネットを利用したい方は、ドコモ光を検討してみてくださいね!

ちなみに、ドコモ光のオススメ申込窓口は、20,000円キャッシュバックや無線LANルーターが無料レンタルできるプロバイダのGMOとくとくBBです。

ドコモ光GMOとくとくBBのキャンペーン情報をチェック

auスマホ利用者なら「auひかり」

auひかりは、auが展開している光回線サービスです。

プロバイダは7社から選べますが、どこを選んでも月額料金設定は同じとなっています。

以下の表に、auひかりの基本情報をまとめました。

【auひかりの概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
■以下の府県を除くエリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
福井県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県
沖縄県
沖縄県以外
セット割
・au(最大1,100円割引/月)
・UQモバイル(最大858円割引/月)
最大速度
1Gbps~10Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
41,250円
33,000円
月額料金
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円
キャンペーン内容
・最大63,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
契約期間
3年
2年
実質総額
152,490円
49,640円
実質月額
4,236円
2,068円

※すべて税込
※2022年6月調査結果です

auひかりではauスマートバリューが利用でき、auスマートフォンが毎月最大1,100円(税込)、10回線まで割引になります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
1,100円も割引されるなんてauユーザーには必見ね!
那比光太(なびこうた)
こうた
ただし、auスマートバリューは月額550円(税込)のauひかり電話の契約が必要だから注意してね!

また、auひかりではフレッツ光などと回線を共有せず、独自回線を使っているので速度が速いのも魅力です。

auひかりの速度について、利用者の声を調べた結果は以下のとおり。

Wi-Fi接続時に、下り84Mbpsと十分なスピードが出ています。

同じく無線で、下り301Mbpsという高速が出て満足している声が見つかりました。

以上のとおり、auユーザーで快適なWi-Fi接続をしたい方にはauひかりがオススメです。

おすすめの申し込み窓口は、以下のとおりとなっています。

那比光太(なびこうた)
こうた

ちなみにauひかりのオススメ申込窓口はフルコミットだよ!

代理店フルコミットならひかり電話オプション契約で最大63,000円のキャッシュバックを受けられます。

気になる方は、ぜひ代理店フルコミットの公式ホームページを確認してみてくださいね。

auひかり代理店フルコミットの
キャンペーン情報をチェック

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ひかり電話を契約する人なら、auスマートバリュー・キャッシュバックどちらももらえて一石二鳥ね!

ソフトバンクスマホ利用者なら「ソフトバンク光」

ソフトバンク光は、ソフトバンクが展開している光回線サービスです。

ソフトバンクユーザー向けのセット割やキャンペーンの充実が特徴です。

【ソフトバンク光の概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
日本全国
セット割
ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
ワイモバイル(最大1,188円割引/月)
最大速度
1Gbps~10Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
26,400円
月額料金
5,720円
4,180円
キャンペーン内容
・最大37,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・違約金負担最大100,000円キャッシュバック
・Nintendo Switchプレゼント
契約期間
2年
2年実質総額
143,180円
106,220円
2年実質月額
5,966円
4,426円

※すべて税込

ソフトバンク光では、おうち割光セットの利用でスマホ料金から割引を受けることができますよ。

ソフトバンクなら月々最大1,100円割引、ワイモバイルでは最大1,188円割引が適用されます。

また、ソフトバンク光は、セット割の条件に含まれるオプションのWi-Fiルーター「光BBユニット」を月額レンタル料513円(税込)で契約することができ、「IPv6高速ハイブリッド」により通信速度を改善できますよ。

実際にソフトバンク光を利用して、快適に通信できている人の声も見つかりました。

1つ目の口コミでは、下り250Mbpsという高速で通信できていることがわかります。

2つ目の口コミでも上下100Mbps台が出ていて、高速です。

ソフトバンクユーザーで、スマホ代を下げつつ快適に通信したい方は、ソフトバンク光を検討してみてはどうでしょうか。

ちなみに、ソフトバンク光の契約時にオススメの申込窓口は、有料オプション無しで37,000円のキャッシュバックを受け取れるNEXTです。

ソフトバンク光の代理店NEXTの
キャンペーン情報をチェック

那比得子(なびとくこ)
とくこ

37,000円キャッシュバックなんてうれしいわね!何に使おうかしら~?

2.開通工事をする

光回線は光ファイバーケーブルを自宅へ引き込むため、開通工事が必要

光回線の申し込みが完了したら、続いて開通工事を行います。

光回線の開通工事には、約1週間~2か月程度時間がかかりますので注意してくださいね。

春などの引越し時期だと、開通までにさらに時間がかかってしまうこともあります。

もともと他の回線を契約していて他社へ乗り換える場合は、自宅で新しい回線が開通するまで解約しないようにしましょう。

新しい光回線の開通前に旧回線を解約すると、Wi-Fiが使えない期間ができてしまいますよ!

那比光太(なびこうた)
こうた

ちなみに、光回線の開通工事については別の記事でも紹介しているから見てみてね!

3.レンタルした無線LANルーターの初期設定をする

開通工事が終わって、自宅にレンタルルーターが設置されたら、インターネットの設定を行います。

まずは同梱されている説明書をもとに、レンタルルーターの管理画面へアクセスしてください。

あとは、契約書に記載されている接続設定情報を入力すれば、インターネットを使えるようになります。

なお、v6プラスを申し込んだ場合は、ルーターをONUに接続すれば自動で設定が適用されますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

他にも、光回線によっては機器を配線するだけで自動的に接続設定を適用してくれるケースがあるよ。渡されたマニュアル等を参考に正しい手続きで初期設定をしてね。

スマホでWi-Fi通信をする場合の初期設定方法

スマートフォンでのWi-Fi接続設定は、設定アプリから行います。

<Wi-Fi接続の初期設定>

  1. WiFiルーターの裏面や側面にあるSSIDとパスワードをチェック
  2. スマホの設定画面からWi-FiをONにする
  3. ルーターと同じSSIDを選択してパスワードを入力

以上の手順を進めれば、インターネットに接続できますよ。

パソコンでWi-Fi通信をする場合の初期設定方法

パソコンでのWi-Fi接続設定も、概ねスマートフォンと同じ流れで行えます。

<Wi-Fi接続の初期設定>

  1. WiFiルーターの裏面や側面にあるSSIDとパスワードをチェック
  2. 画面右下(Windows、Macは右上)にある、Wi-FiマークをクリックしてSSID一覧を表示
  3. ルーターと同じSSIDを選択してパスワードを入力

以上の手順で、インターネットにWi-Fi接続できます。

4.元の回線を解約する

他社から乗り換えた方は、新しい光回線でのインターネット接続が可能になったら元の回線を解約しましょう。

解約申し込み自体は新回線の開通前に行うこともできます。

しかし、開通前に元の回線を解約してしまうと、インターネットが使えない期間ができてしまいます。

そのため、インターネットが使えない期間をつくりたくない人は、必ず新回線の開通後に元の回線を解約してくださいね!

ホームルーター5社を比較!オススメ申込窓口とWi-Fiを利用するまでの流れを紹介!

ホームルーターを損せずに契約するためには、以下の4点をチェックしましょう。

<ホームルーターを損せず契約するためのコツ>

  1. 月額料金が安いか
  2. 速度は速いか
  3. 通信制限はないか
  4. 実質費用は安いか

4つの条件に問題なければ、お得かつ快適にWi-Fiを使用できますよ。

主な5つのホームルーターの特徴を、表にまとめたのでご覧ください。

ホームルーター比較表
種類 契約先 契約期間 実質月額 月額料金 キャッシュバック セット割 速度実測値 ※2
ソフトバンクAir モバレコAir
なし
2,393円※1 0〜1か月目:2,167円
2か月目~23か月目:3,679円
24か月目~:5,368円
17,000円
・ソフトバンク
・ワイモバイル
下り:75.97Mbps
上り:7.35Mbps
ソフトバンクAir ソフトバンクAir公式
4,434円※1 0~23か月目:4,180円
24か月目~:5,368円
・ソフトバンク
・ワイモバイル
下り:75.97Mbps
上り:7.35Mbps
WiMAX Broad WiMAX
3年
4,113円 1か月目:1,067円
2か月目~:4,367円
10,000円
・au
・UQモバイル
下り:61.23Mbps上り:13.27Mbps
WiMAX GMOとくとくBB
3年
3,669円 0~2か月目:2,079円
3~36か月目:4,389円
37か月目以降:4,444円
23,000円
・au
・UQモバイル
下り:47.75Mbps
上り:13.76Mbps
home 5G 代理店アイ・ティー・エックス
4,050円※1 4,950円
15,000円
ドコモ 下り:174.73Mbps
上り:20.4Mbps

※価格は税込
※1:契約期間1年の場合
※2:みんなのネット回線速度参照

結論からいうと、モバレコAirがとくに安くて使い勝手がいいです

那比得子(なびとくこ)
とくこ

モバレコAirは実質料金が安い上に、17,000円のキャッシュバックが最短翌月末で受け取れるのよ!

ホームルーターを契約するなら「モバレコAir」

モバレコエアー
引用:公式|モバレコAir

モバレコAirは、ソフトバンクAirとサービス内容が同じホームルーターサービスです。

那比光太(なびこうた)
こうた

だから、SoftbankAirと同じ端末、AirターミナルっていうWi-Fiルーターを設置して通信するしくみなんだ。

Airターミナル5は下り最大速度2.1Gbpsとして、5G対象エリアに対応しています。

WiMAXなどの他社と異なり、月間・数日単位での高速通信の上限もなく、快適に通信できますよ。

モバレコAirを利用して通信している人の声を調べてみました。

一方、通信するタイミングによっては速度が遅く感じるとの声もありますね。

とはいえ、月額料金が安いことに加えて17,000円キャッシュバックがあるので、実質料金を大幅に抑えられるのは見逃せません。

安く・快適に自宅でインターネットを始めたい方は、モバレコAirを検討してみてはどうでしょうか。

モバレコAirのキャンペーン情報・
詳細を確認する

那比光太(なびこうた)
こうた

モバレコAirの詳細については別の記事でも紹介しているから見てみてね!

モバレコAirの申し込みから利用開始までの流れ

モバレコAirの申し込みから利用開始までの流れ
引用:公式|モバレコAir

モバレコAirにおける、申し込みから開通の流れは以下のとおりです。

<モバレコAirの申し込みから開通までの流れ>

  1. モバレコAirに申し込み
  2. Airターミナルの受け取り
  3. インターネット接続

公式サイトからの申込後、自宅にAirターミナルが送られてくるので、届いたらコンセントに接続することで開通となりますよ。

開通したら、インターネットのWi-Fi通信を開始できます。

モバレコAirでWi-Fiを利用するための初期設定方法

モバレコAirのWi-Fi初期設定は以下のとおり。

<モバレコAirのWi-Fi設定方法>

  1. Airターミナルをコンセントに接続
  2. 底面に記載されているSSIDとパスワードを確認
  3. インターネットに接続したい機器のWi-Fi設定画面よりSSIDを選択
  4. パスワードを入力

以上のとおり、たった4ステップでWi-Fi接続が完了します。

ポケット型Wi-Fi6社を比較!オススメ申込窓口とWi-Fiを利用するまでの流れ

ポケット型Wi-Fiを契約する場合は、以下の4点をチェックしましょう。

<ポケット型Wi-Fiを損せず契約するコツ>

  1. 月額料金が安いか
  2. 速度は速いか
  3. 通信制限はないか
  4. 実質費用は安いか

主なポケット型Wi-Fi6社の特徴を、以下の表にまとめました。

ポケット型WiFi比較表
データ量 契約期間 実質月額※1 月額料金 キャンペーン 平均速度※2
MONSTER MOBILE
50GB
1年
2,663円
0〜5か月目:2,140円
6か月目〜:2,640円
19.42Mbps
Mugen WiFi
100GB
2年
3,170円
3,438円
・10,000円キャッシュバック
・30日間無料お試し可能
16.58Mbps
AiR-WiFi
100GB
3,862円※3
3,608円
17.14Mbps
hi-ho Let’s WiFi
実質210GB
2年
4,033円
0~11か月目:3,278円
12か月目~:4.730円
・事務手数料無料
・月額割引
8.27Mbps
ChatWiFi
200GB
5,140円※3
4,928円
事務手数料1,100円割引
7.51Mbps
Broad WiMAX(5G)
実質無制限
3年
4,113円
1か月目:1,067円
2か月目~:4,367円
・月額割引
・10,000円キャッシュバック
・初期費用0円
・いつでも解約サポート
62.14Mbps

※すべて税込
※1:実質料金=契約期間×月額料金+初期費用―(キャッシュバック・割引特典額)÷契約期間
※2:みんなのネット回線速度参照
※3:1年間契約した場合

那比得子(なびとくこ)
とくこ

とくにWiMAXは他社に比べてキャンペーンが充実しているから気になるわね!

ポケット型Wi-Fiを契約するなら「WiMAX」

ポケット型Wi-Fiを契約する場合は、WiMAXを検討するのがオススメですよ。

WiMAXがオススメな理由は、以下の3つです。

<WiMAXの契約がオススメな理由>

  • データ容量が無制限で使える
    ※ただし、一定期間内に大量のデータ通信の利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度が制限される場合がある。制限時の速度は概ね1Mbps
  • プロバイダによってさまざまなキャンペーンを実施している
  • プロバイダによって通信速度は変わらない=料金と特典を見て選べばOK

利用者からの口コミ情報は、以下のとおり。

モバイル回線であるWiMAXですが、上記口コミを見ると下り134Mbpsと高速で通信できています。

2つ目の口コミでは下り33Mbps、高画質な動画の再生やSNS、ネットサーフィンなど問題なくこなせるスピードですね。

WiMAX各社の料金やキャッシュバック、3年間での実質費用をまとめました。

<WiMAXプロバイダの比較表>
月額料金
キャッシュバック
3年間の
実質費用
UQ WiMAX
0~24か月目:4,268円
25か月目~:4,950円
15,000円
176,180円
GMOとくとくBB
0~2か月目:2,079円
3~36か月目:4,389円
37か月目~:4,444円
23,000円
135,763円
Broad WiMAX
1か月目:1,067円
2か月目~:4,367円
10,000円
152,184円
カシモWiMAX
1か月目:1,408円
2か月目~:4,455円
165,088円
So-net モバイル WiMAX
1か月目:0円
1か月目~:4,817円
198,492円
Vision WiMAX
1か月目~:5,038円
5,000円
184,706円
BIGLOBE WiMAX
初月:0円
1~24か月目:4,191円
25か月目~:4,928円
15,000円
169,932円
DTI WiMAX
0~24か月目:4,070円
25か月目~:4,620円
21,780円
160,490円

※税込金額
※2022年6月調査結果

各社の料金を比較してみると、実質費用が一番安いGMOとくとくBBWiMAXがオススメです!

WiMAXのオススメプロバイダは「GMOとくとくBB」

GMOとくとくBB WiMAX
引用:GMOとくとくBBGMOとくとくBB

最もお得なのは、GMOとくとくBBでキャッシュバックを受け取ることです。

GMOとくとくBBのキャンペーンでは、23,000円キャッシュバックがあるため、3年間の実質料金を安く抑えられます。

那比光太(なびこうた)
こうた

3年間の実質費用をなるべく抑えたいという人はGMOとくとくBBのキャッシュバック活用がオススメだね!

なおキャッシュバックよりも月額料金が安いほうがいい人は、割引キャンペーンも実施しているのでそちらもご検討ください。

\GMOとくとくBBキャンペーン/

※このボタンからお得な特典をチェック

ポケット型Wi-Fi「WiMAX」の申し込みから利用開始までの流れ

WiMAXの申し込みから利用までの流れ
WiMAXの申し込みから利用開始までの流れは、以下のとおりです。

<WiMAXの申し込みから利用開始までの流れ>

  1. 希望する申込先から、WiMAXの契約を申し込む
  2. 自宅にルーターとSIMカードが届く
  3. SIMカードをルーターに入れ、電源を入れたら開通
  4. (キャッシュバックキャンペーンを利用した場合)「○か月後に届いたメールからの手続き」など、所定のタイミングで指定された手続きをして振込先口座を登録、キャッシュバックを受け取る

WiMAXでWi-Fiを利用するための初期設定方法

WiMAXでWi-Fi接続をする方法はかんたんで、以下の手順を進めればOKです。

<WiMAXでWi-Fi設定する方法>

  1. WiMAXルーターの電源を入れる
  2. 画面に表示されたSSIDとパスワードをチェックする
  3. スマートフォンなどのWi-Fi設定画面で、一覧からWiMAXルーターのSSIDを選択
  4. パスワードを入力すれば、接続完了

Wi-Fiが遅い場合の6つの対処法

次にWi-Fiの速度が遅いと感じた時の対処法を説明していきますね!

※本記事で紹介する「速い」の基準:動画を見たりネットサーフィンやSNSをしたりする際に、待ち時間が長くてイライラさせられないこと

具体的には、下り2~3Mbpsを下回っているような状態だと、読み込み時間が長くてストレスが溜まりやすくなるでしょう。

Wi-Fi速度が遅い場合の原因と対処法は以下のとおり。

<Wi-Fiが遅い原因と対処法>
原因
対処法
一時的な不具合
Wi-Fiルーターや端末を再接続する
接続端末が多い
Wi-Fi接続している端末を減らす
Wi-Fiルーターとの距離が遠い
Wi-Fiルーターと端末の距離を近づける
電波干渉が起きている
2.4GHzと5GHzの接続を切り替える
セキュリティソフトの設定
セキュリティソフトが複数入っていないか、設定が強力になりすぎていないか確認
Wi-Fiルーターが古い
新しいWi-Fiルーターに変更する

詳しく紹介しますので参考にしてくださいね。

対処法1:ルーターや端末の再接続をする

急にWi-Fiの速度が遅くなった場合は一時的な不具合が起きている可能性があります。

まずは、Wi-Fiルーターの電源を一度落として再起動したり、Wi-Fi接続を解除して再接続してみたりしましょう。

スマートフォンなど、使っている機器の再起動もしてみて、速度が改善されるかチェックしてみてください。

対処法2:Wi-Fi接続している端末を減らす

たくさんの機器をWi-Fi接続している場合、速度が出づらくなります。

使っていない機器の接続を解除するなどして使う端末を減らし、速度が改善されるか確認してみてください。

対処法3:Wi-Fiルーターと利用場所の距離を近くする

Wi-Fiルーターの設置場所とインターネットを使う場所が離れていると、接続が不安定になります。

Wi-Fiルーターと端末の間に障害物がある場合も電波が遮られ、速度が遅くなったり、うまく接続できなくなったりしてしまいがちです。

ルーターは周りに障害物がなく、普段使う場所に電波が届きやすい位置に設置しましょう。

戸建住宅などの広い家で遠くまで電波を飛ばしたい場合は、中継器を使ってみるのもオススメです。

中継器とは?

Wi-Fiルーターから飛んできた電波を受信しつつ他のスマートフォンやパソコンなどに飛ばすための機器。

利用すればWi-Fiルーター単体より広範囲でのインターネット接続ができる。

対処法4:Wi-Fiルーターの周波数帯を変更する

Wi-Fiルーターで飛ばす電波は、電子レンジなどの家電製品が近くにあると電波干渉が起こり、接続が不安定になります。

「5GHz帯」に対応するルーターなら、2.4GHz対から切り替えれば電波干渉を受けづらくなるので、速度も改善される可能性がありますよ。

対処法5:セキュリティソフトの設定を見直す

パソコンでセキュリティソフトを複数入れていたり、セキュリティ設定が強力になっていたりすると、機器の動作が不安定になってインターネットを快適に使えなくなることがあります。

ソフトが複数入っているなら1つに絞る、そして設定を見直して、動作を正常にしましょう。

対処法6:Wi-Fiルーターの端末を新しくする

Wi-Fiルーターを使っていると、故障することもあります。

どうしても速度が改善されない場合は、Wi-Fiルーターを買い替えてみてもいいですね!

レンタルルーターを使っている場合はレンタル先に問い合わせて、ルーターの修理・交換ができないか聞いてみてください。

那比光太(なびこうた)
こうた

なお、インターネット速度が遅い場合の対処法は別途記事でも紹介しているから考にしてね!

Wi-Fiに関するよくある質問5つ

最後に、Wi-Fiにおけるよくある質問の回答をまとめます。

Wi-Fiについてわからないことがある方は、覗いてみてくださいね。

Wi-Fiルーターとモデム・ONUの違いってなに?

ONUとルーターの役割

那比得子(なびとくこ)
とくこ

Wi-Fiルーターは無線接続をしたり、LANポートにLANケーブルを接続したりして、複数の機器でインターネットを使えるのよね?じゃあモデムやONUって何なのかしら・・・?

那比光太(なびこうた)
こうた

モデムは、電話回線のアナログ信号とパソコン等で使われるデジタル信号を相互変換し、インターネット自体を使えるようにする役割を持っているんだよ。

那比光太(なびこうた)
こうた

そして、ONUは光回線で使うモデムのかわりのものだね!ONUは、光ファイバーを通ってくる光信号とデジタル信号を相互変換できるんだ

モデムやONU単体だと1台の機器しかインターネットに接続できません。

しかし、ルーターを接続すればたくさんの機器をインターネットに接続できます。

なお、Wi-Fiルーターとモデム・ONUは2台の機器に分かれていることもあれば、1台にまとまっているケースもありますよ。

Wi-Fiがまったく繋がらない場合の対処法が知りたい

Wi-Fiが一切繋がらなくなってしまっている場合の主な原因と対処法は、以下にまとめたとおりです。

<Wi-Fiが繋がらない場合の原因と対処法>
原因
対処法
一時的な不具合
WiFiルーター・端末の電源を入れなおす
接続先を変更してみる
機内モード
機内モードになっていないか確認する
電源アダプタ・ケーブルが抜けている
電源アダプタ・ケーブルを接続しなおす
メンテナンス・障害
契約している回線の障害情報ページを確認して、メンテナンス・障害が起きている場合は解決されるまで待つ
セキュリティが厳しすぎる
セキュリティソフトを一時的に解除して確認する

それぞれチェックして、解決できるかどうか試してみてください。

どうしても解決できない場合は、契約しているインターネット回線の窓口に問い合わせましょう。

Wi-Fiが繋がる範囲を広くする方法はある?

Wi-Fiがつながる範囲を広くする方法として中継機の導入があります。

中継機を購入して設置・Wi-Fiルーターと接続すれば、より遠くまで電波を飛ばせるようになりますよ。

あるいはWi-Fiルーター自体を、広範囲に電波を飛ばせる高性能機種に買い換える方法もあります。

Wi-Fiの通信速度を安定させる方法を知りたい

Wi-Fi通信の速度をより向上・安定させるためにオススメなのは、光回線における「IPv6」や「v6プラス」の導入です。

「IPv6 IPoE+IPv4」と呼ばれる通信方式に対応するサービスとルーターがあれば、回線混雑を避けて通信できるようになるので、速度も向上します。

IPv6接続に対応しないインターネット回線を契約している方は、必要に応じて乗り換えを検討しましょう。

Wi-Fiルーターのオススメ規格は?

Wi-Fiルーターで高速通信をしたい場合は、「11ac(IEEE802.ac」)という規格に対応する機種を選びましょう。

11acなら最大6.9Gbpsもの速度に対応するので、フレッツ光の上下最大1GbpsやNURO光の下り最大2Gbpsといった高速にもしっかり対応できますよ。

Wi-Fiルーターを購入する場合のオススメってある?

Wi-Fiルーターを購入する場合は、速度と電波が届く範囲の広さをチェックしましょう。

速度は契約している回線の上限に対応しているものがオススメです。

例えば、ドコモ光は上下最大1Gbpsなので、1Gbps以上の速度が出るルーターならOKです。

電波が届く範囲の広さは、自宅の階数・広さを踏まえつつ、パッケージ等に記載されている届く範囲を見て選びましょう。

まとめ

Wi-Fiで快適にインターネットを行いたい場合は、自分の使い方に合った回線が使われているサービスを選びましょう。

大きく分けると、以下の4つがあります。

<Wi-Fiが利用できる回線の特徴>
固定回線
ポケット型Wi-Fi
ホームルーター
無料Wi-Fi
料金の高さ
3,500円~8,000円
2,000円~4,500円
2,000円~4,500円
無料
通信の安定性
★★★★★
★★★
★★★★
開通工事の有無
必要
不要
不要
不要
使用場所
自宅のみ 外出先でも使える 自宅のみ 設置されている場所のみ

表からわかる、それぞれの回線がオススメな人は以下のとおりです。

なお、無料Wi-Fiは、不正アクセスやウィルス感染などのトラブルに巻き込まれる場合があるのでおすすめしません。

また、固定回線・ホームルーター・ポケット型Wi-Fi別のオススメ契約先は以下のとおりです。

固定回線(光回線)
ホームルーター
モバレコAir
ポケット型Wi-Fi
GMOとくとくBBWiMAX

※上記リンクをクリックするとページ内の説明箇所に移動します。

今回の解説やおすすめしたサービスを参考に、今後のインターネット回線選びをスムーズに進めてみてくださいね。