検索 わたしのネット ロゴ

U-NEXTの解約方法は3通り!請求のタイミングやよくある疑問を解決

「U-NEXTの解約方法が分からない」

「次回の請求前に解約するにはどうしたらいい?」

U-NEXTを解約するときは、手続きのタイミングや解約手順に気を付けないと、思わぬ請求が発生する場合があります。

こちらの記事ではU-NEXTの解約方法や、解約する際に知っておくべき情報についてU-NEXTの解約をした経験がある私がお伝えします。

U-NEXTの解約方法は以下の3通りあるため、ご自身のアカウントに合わせて手続きしてください。

記事を読めば、次回の月額料金が発生する前に解約する方法が分かります。

また記事の後半では、U-NEXTの解約理由別に他のおすすめサービスを紹介しています。

もし「U-NEXTは解約するけど、他の動画サービスも気になる」という人は参考にしてくださいね。

※2021年2月時点の情報です。
※この記事では税込の価格を表示しています。

U-NEXTの解約前に確認すべきこと

まずは解約前に確認しておくべき以下の2点を解説します。

  • 解約するタイミングを要チェック
  • 残っているポイントは使い切るのがおすすめ

月額料金や購入コンテンツに直結する内容のため、解約前に必ず確認しておきましょう。

解約するタイミングを要チェック

U-NEXTの解約を考えているほとんどの人が、「次回の料金を支払う前に解約したい」と考えていると思います。

月額料金が請求されるタイミングは、無料トライアル期間なのか、もしくはすでに通常の有料会員なのかで変わります。

無料トライアル期間の場合、登録から31日間は料金が発生しません。

そのため無料トライアル終了日に解約手続きを完了すれば、月額料金の請求がないまま解約できます。

無料トライアルの終了日は、U-NEXTから届いた登録確認メールやアカウント情報から確認しましょう。

すでに有料会員の場合は、月末に解約するのがおすすめです。

なぜならU-NEXTの月額料金は、月の途中で解約しても日割り計算されないからです。

さらに解約後は、見放題サービスが即時に視聴できなくなります。

そのため支払った料金分はしっかり堪能してから、次の請求が来る前の月末に解約するといいでしょう。

ただしApple IDの自動課金者は、更新日の24時間以上前に解約手続きする必要があるため注意してくださいね。

残っているポイントは使い切るのがおすすめ

U-NEXTは無料トライアルの登録で600ポイントもらえ、有料会員は毎月1,200ポイントがもらえます。

U-NEXTポイントの有効期限は付与されてから90日となり、このポイントは解約後も使えます。

しかし、使い忘れを防ぐためには、解約する前にポイントを使ってしまうのがおすすめです。

U-NEXTポイントは1ポイント=1円換算で、新作映画のレンタル料金や本・漫画の購入代金に充てられます。

購入したコンテンツは解約後も視聴できるため、ポイントは無駄なく使いましょう。

解約方法は3通り!それぞれの手順を解説

U-NEXTを解約するには、以下の3通りの方法があります。

AppleIDでの自動課金者とAmazon Fire TVの利用者以外は、公式サイトからの解約手順をご覧ください。

公式サイトでの解約方法

公式サイトから解約する流れを、スマホ画面をもとに説明します。

まずはブラウザからU-NEXTの公式サイトへアクセスし、左上の「三」マークから「設定・サポート」画面を開きます。


引用:U-NEXT 公式サイト

下の方にある「契約内容の確認・解約」を選択しましょう。

引用:U-NEXT 公式サイト

見つからない場合は子アカウントになっている可能性があるため、親アカウントへ切り替えてください。

利用中のサービスから「月額プラン」の「解約はこちら」を選択。


引用:U-NEXT 公式サイト

解約前の案内ページが開きますので、画面下部の「次へ」で進みます。

アンケートに回答したあと「同意する」にチェックし、解約しましょう。


引用:U-NEXT 公式サイト

解約完了画面が表示されれば、無事に解約完了となります。

スマホアプリでの解約方法(AppleIDでの自動課金者のみ)

続いては、U-NEXTのスマホアプリから解約する方法です。

AppleIDでの自動課金者以外、スマホアプリから解約できませんのでご注意ください。

U-NEXTのスマホアプリにログインし、画面右下の「マイページ」を選びます。


引用:U-NEXT 公式サイト

下部の「サポート」から、「契約内容の確認・変更」へ進んでください。


引用:U-NEXT 公式サイト

「定額制サービスを停止」を選択すると、AppleIDのアカウント管理画面へ自動で変遷します。


引用:U-NEXT 公式サイト

サブスクリプションの中から「U-NEXT」を選びましょう。


引用:U-NEXT 公式サイト

更新日や表示内容を確認し、「サブスクリプションをキャンセルする」を押してください。


引用:U-NEXT 公式サイト

ポップアップメッセージが出るので「確認」をタッチし、画面が切り替わったら完了です。

Amazon Fire TV・Fire TV Stickでの解約方法

最後にご紹介するのは、Amazon Fire TV・Fire TV Stickからの解約手順です。

こちらの解約方法は、U-NEXTのWebサイトではなく、AmazonのWebサイトで手続きが必要なためご注意くださいね。

PC版ブラウザの画面で説明します。

まずは、AmazonのWebサイトでログインします。


引用:Amazon 公式サイト

アカウントサービスを選択し、「アプリライブラリと端末の管理」を選びましょう。


引用:Amazon 公式サイト

「管理」から「定期購読」を開き、一覧からU-NEXTを選んでください。


引用:Amazon 公式サイト

U-NEXTの「アクション」を選択し、自動更新をオフにすれば解約完了です。

解約できたか確認する方法

解約手続きを終えたら、間違いなく解約できているか以下の方法で確認しましょう。

  • U-NEXT公式サイトでログイン
  • メニューから「設定・サポート」を選択
  • 「契約内容の確認・解約」を開く
  • 「ご利用中のサービス」の中に「月額プラン」がないことを確認

もし「月額プラン」が表示されている場合、正常に解約できていない可能性があります。


引用:U-NEXT 公式サイト

時間を置いてから画面を更新し、改めて確認してみましょう。

それでも表示されるようなら、解約手続きをもう一度やり直してみてください。

U-NEXT「解約」と「退会」の違い

U-NEXTの解約後、アカウント情報まで削除したい場合は退会手続きも行いましょう。

ただし「解約」と「退会」では、U-NEXTの利用可能な範囲が大きく変わります。

退会手続きをする前に、解約との違いをよく理解しておきましょう。

解約は見放題サービスの一時休止、退会はアカウント削除

U-NEXTの解約は見放題サービスを止めること、退会はアカウント自体を削除することです。

具体的には、解約と退会では以下のような違いがあります。

U-NEXT解約と退会の違い
解約(見放題サービスの中止) 退会(アカウント削除)
ログインの可否 ×
購入済コンテンツの視聴 ×
ポイントの保存 ×
キャンペーン・DM案内 ×

見放題サービスは一旦ストップするけれど、「またU-NEXTを使うかもしれない」と考えているなら退会しないのがおすすめです。

アカウントが残っていれば、見放題サービスを再開するときの手続きを簡略化できますよ。

U-NEXTの退会方法

U-NEXTのアカウントを削除したい場合は、次の手順で退会手続きをしてください。

  • U-NEXT公式サイトでログイン
  • メニューから「設定・サポート」を選択
  • 「契約内容の確認・解約」を開く
  • 画面下部の「登録解除」へ進む
  • 退会前の確認事項をすべてチェックし「退会する」を選択

なお、Apple IDで自動課金していた場合は、サブスクリプションのキャンセル処理後の更新予定日以降でないと退会できません。

また解約手続きをせずに退会したところ、月額料金の請求が届いたという稀なケースもあるようです。

退会済みだとログインができず、自分で手続きすることも困難になります。

退会する場合は、必ず解約してからアカウントを削除しましょう。

U-NEXTを解約する際の注意点4つ

U-NEXTを解約する際は、以下の4つの点に注意が必要です。

  • U-NEXT対応テレビからは解約できない
  • 無料トライアル終了後は自動で有料会員へ切り替え
  • NHKオンデマンドは別途解約手続きが必要
  • 電話で解約手続きはできない

U-NEXT対応テレビからは解約できない


U-NEXTは視聴対応デバイスが豊富ですが、テレビやゲーム機などからは解約手続きできません。

いつもテレビやゲーム機でU-NEXTを利用していた人も、公式サイトから手続きを行いましょう。

また、スマホアプリから解約手続きできるのは、Apple IDでの自動課金者のみとなります。

アプリをアンインストールしただけでは解約になりませんので、注意してくださいね。

無料トライアル終了後は自動で有料会員へ切り替え


U-NEXTは自分で解約手続きや変更手続きしない限り、自動更新となります。

そのため、無料トライアル期間の終了後は自動で有料会員へと継続されます。

自動更新のお知らせメールなどは基本的に来ませんので、スケジュールは自分で管理しておきましょう。

解約手続きを忘れてしまい、「気付いたらクレジットカードから引き落とされていた」という事態は避けたいですよね。

NHKオンデマンドは別途解約手続きが必要

NHKの番組を楽しめる「NHKまるごと見放題パック」を契約している場合は、U-NEXTの解約手続きとは別の手続きが必要です。

NHKまるごと見放題パックもU-NEXTと同じく自動更新となり、月額料金の日割り計算はありません。

そのためU-NEXTと合わせて月末に解約するといいでしょう。

NHKまるごと見放題パックは、次の手順で解約できます。

  • U-NEXT公式サイトでログイン
  • メニューから「設定・サポート」を選択
  • 「契約内容の確認・解約」を開く
  • ご利用中のサービスからNHK見放題パックを選択
  • 画面下部の「自動更新の解除」を選ぶ

NHKまるごと見放題パックの解約を忘れてしまう人が多いので、忘れないよう気を付けてください。

電話で解約手続きはできない

U-NEXTでは、基本的に電話での解約手続きを受け付けていません。

カスタマーセンターでは手続き自体は依頼できず、技術面や請求面などの問い合わせに限られています。

また、問い合わせの時期や時間帯によっては電話が繋がりにくい可能性があります。

そのためオンライン上で手続きできる場合は、自分で行う方が早く終わるでしょう。

(受付時間:11:00~19:00)

U-NEXTの解約でよくある疑問


ここでは、U-NEXTを解約する際のよくある疑問についてまとめました。

  • ①解約に違約金はかかる?
  • ②解約したのに引き落とされた?
  • ③解約したはずなのに解約できない?

多くの人がつまずきやすいポイントなので、解約手続きを行う前に確認しておきましょう。

①解約に違約金はかかる?

結論から言うと、U-NEXTの解約に違約金は掛かりません。

ただし、繰り返しとなりますが以下2点には注意が必要です。

  • 月額料金が日割り計算にはならない
  • 退会するとポイントを失効する

月額料金とポイントを無駄なく使うためには、解約手続きする前に解約のタイミングと残ポイントをきちんと確認しておきましょう。

②解約したのに引き落とされた?

解約した後に月額料金が引き落とされた場合、次の可能性が考えられます。

  • 請求日以降に解約した
  • 前月分の利用料がクレジットカードから引き落とされた
  • 未払い分を請求された

特に注意すべきなのは、クレジットカードや携帯キャリアで月額料金を支払う場合のタイムラグです。

クレジットカードや携帯キャリアの支払いは、利用した月の翌月以降に請求が届きます。

さらに携帯キャリア決済の場合、U-NEXTが携帯会社へ請求データを送る関係上、どうしても時間が掛かります。

タイミングによっては請求が2ヶ月以上先になることもあるようです。

実際の利用から日数が経っているため、「解約したのに請求された」とならないよう今一度確認してみてくださいね。

③解約したはずなのに解約できない?

解約手続きした人の中には、「解約したのに何故かできていなかった」という状況に陥る人がいます。

そういった状況になる可能性として、以下の原因が考えられます。

  • 解約手続きを間違えた、完了していなかった
  • 解約前に退会(アカウント削除)した
  • アプリをアンインストールした

解約できていないということは、手続きのどこかの段階で失敗しているはずです。

解約手続きを終えた後は、「契約内容の確認・解約」から解約済みになっているのをしっかり確認しておきましょう。

もし解約できておらず翌月になってしまった場合は、月額料金がもったいないのでその月はそのまま使用するのもひとつの手ですよ。

【解約理由別】U-NEXT以外のおすすめサービス

U-NEXTを解約する背景には、それぞれ解約の決め手となった理由がありますよね。

現在はさまざまなVODサービスがあるため、解約理由によっては他のVODサービスを試してみるといいでしょう。

自分の好みにより合ったサービスが見つかる可能性があります。

ここでは、解約理由別におすすめサービスを3つご紹介します。

  • アニメをもっと見たいなら「dアニメストア」
  • オリジナル作品がたくさん見たい人は「Netflix」
  • 月額料金を抑えたい人は「Amazonプライム・ビデオ」

ぜひ参考にしてください。

アニメをもっと見たいなら「dアニメストア」


引用:dアニメストア 公式サイト

dアニメストアは、月額440円(税込)で4,200本以上の作品が見放題のサービスです。

特にアニメの取り揃えは、業界トップクラスの豊富さとなります。

地上波先行放送・地上波同時放送のアニメも多く、リアルタイムで今期のアニメをチェックできます。

さらにアニメを一気見したい人に嬉しい機能として、OPスキップ機能や連続自動再生機能などがありますよ。

dアニメストアはドコモユーザーでなくても利用できます。

初めて利用する場合は初月無料のため試してみてはいかがでしょうか。

\初月無料で見放題/
dアニメストアを体験してみる
アニメが三昧

オリジナル作品がたくさん見たい人は「Netflix」


引用:Netflix 公式サイト

Netflixのオリジナル作品といえば、アカデミー賞にノミネートされる作品もあるほどクオリティが高いことで有名です。

オリジナル作品は映画館で公開されないため、Netflixでしか見ることができません。

人気なオリジナル作品の一例として、『ストレンジャー・シングス未知の世界』や『愛の不時着』などがあります。

『ストレンジャー・シングス未知の世界』はSFホラードラマとなり、少年少女が未知の怪物や不思議な現象と戦うストーリー。

有名映画のオマージュが物語の端々に散りばめられ、映画好きなら楽しめる作品です。

また、『愛の不時着』は韓国の財閥令嬢が竜巻に巻き込まれ、北朝鮮に不時着したことで始まるラブストーリー。

韓国の大女優チェ・ジウが、カメオ出演(本人役)して話題にもなりました。

Netflixのプランは3つあり、同時視聴デバイス数と最高画質が変わります。

Netflixのプラン
ベーシックプラン スタンダードプラン プレミアムプラン
月額料金(税込) 880円 1,320円 1,980円
同時視聴デバイス数 1つ 2つ 4つ
最高画質 SD HD 4K

\オリジナル作品が満載/
Netflixを詳しくみる
定額で動画見放題!

月額料金を抑えたい人は「Amazonプライム・ビデオ」


引用:Amazon 公式サイト

月額料金を抑えたいなら、月間プランが500円(税込)のAmazonプライム・ビデオがおすすめです。

Amazonプライムでは映画・ドラマの見放題以外にも、豊富なサービスが利用可能となります。

Amazonプライムに含まれているのは次のサービスです。

  • 対象商品の買い物が送料無料・お急ぎ便無料
  • 200万曲が聴き放題のPrime Music
  • 容量無制限で保存できるAmazon Photos
  • 対象書籍が読み放題のPrime Reading

これらの利用も月額料金に含まれるため、非常にコストパフォーマンスが高いサービスです。

また年間プランなら、年会費4,900円(税込)を一括払いする必要がありますが、月額に換算すると490円(税込)とさらに安くなります。

30日間無料トライアルを実施中なので、ぜひ検討してみてくださいね。

\30日間無料で見放題/
Amazonプライムビデオを体験してみる
Amazonのお急ぎ便もタダで使える!

U-NEXTの解約方法まとめ

U-NEXTの解約方法は、アカウントによって3通りの方法があります。

解約するタイミングは、次回の請求が発生する前日に手続きを行うといいでしょう。

ただしApple IDの自動課金者は、更新日の24時間以上前に解約手続きをしないと、請求が発生する可能性があります。

また、U-NEXTポイントはアカウント削除しない限り使えますが、期限切れを防ぐには解約前に使い切っておくと安心です。

U-NEXTの解約後は別のVODサービスを試し、自分に合ったサービスを見つけるのもおすすめですよ。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)