検索 わたしのネット ロゴ

プロバイダを比較した結果オススメの5社を発表!選び方のポイントも併せて解説!

プロバイダ比較

プロバイダや光回線を比較して選びたいけど、どうやって選べばいいかわからないという方もいらっしゃるでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

選ぶポイントがよくわからないし、なんだか難しそう…

当記事でお伝えする、プロバイダ(=光回線)を選ぶポイントは以下の5つです。

  • 実質料金の安さ
  • 速度の速さ、快適さ
  • お使いのスマホとのセット割
  • 利用できるエリア
  • キャンペーンの充実度

上記を踏まえて、他社と比較した結果オススメのプロバイダ(光回線)は以下の5社です。

スマホキャリア セット割が可能なオススメのプロバイダ(光回線)
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク 【実質料金が安く速度も速い】NURO光
【NURO光がエリア外なら】ソフトバンク光
ワイモバイル ソフトバンク光
au 【実質料金が安い】auひかり
【auひかりがエリア外なら】So-net光プラス
格安SIM auひかりNURO光So-net光プラスなど実質料金が安い回線

当記事では、10社のプロバイダ(光回線)を比較したうえで、あなたにとってオススメの光回線を紹介します。

那比光太(なびこうた)
こうた

オススメの光回線の選び方も併せて解説しているから要チェック!

また、ドコモ光、auひかり、コミュファ光といった、光回線のなかでプロバイダを選択する必要がある場合のオススメプロバイダを比較し、どのプロバイダがオススメかも併せて解説します。

さらに、WiMAX(WiFiルーター)のプロバイダを比較およびオススメも併せて紹介しますよ。

この記事でわかること

そもそもプロバイダって何?

<
引用:教えて!プロバイダって何?|NTT東日本公式サイト

那比得子(なびとくこ)
とくこ

そもそも光回線とプロバイダってどう違うの?

プロバイダとは、インターネットを提供する事業者のことです。

インターネットにつなげるには、光回線というインフラがあるだけでは不十分で、利用者がインターネットを使えるように手続きをするプロバイダの存在が必要不可欠。

例えて言うなら、光回線を高速道路だとすると、プロバイダは料金所(インターチェンジ)のような役割を持ちます。

那比光太(なびこうた)
こうた

光回線を使うための通行許可をもらえるのがプロバイダということだね!

プロバイダと言ってもピンと来ない方でも、以下のような会社名であればなんとなく聞いたことはあるかもしれません。

◆プロバイダ例

  • OCN
  • BIGLOBE
  • So-net
  • Yahoo!BB
  • GMOとくとくBB
那比光太(なびこうた)
こうた

なんだか聞いたことのある会社ばかりだね。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

でも「〇〇光」という名前がついている光回線という意味ではないということよね。

そのとおり、プロバイダとは厳密には「NURO光」「ドコモ光」といった光回線そのものという意味ではありません。

しかし、昨今では上記のような光回線=プロバイダと呼ぶこともありますので、当記事では広義のプロバイダとして当用語を扱い、オススメの光回線そしてプロバイダ両方を紹介していきますよ。

では、プロバイダってどうやって選べばいいのか、そのポイントを次で紹介します。

プロバイダを選ぶポイント5つ

プロバイダ(=光回線)を選ぶ際のポイントは5つあります。

那比光太(なびこうた)
こうた

次から詳しく見ていこう!

1.実質料金が安いかどうか

光回線の安さをチェックする際は月額料金がいくらかを見がちですが、本当にチェックすべきなのは実質料金です。

実質料金=月額料金の積算+初期費用ーキャッシュバックや割引特典

実質料金であれば、初期費用として発生する工事費や手数料も含めた金額を算出でき、さらにキャッシュバックなどでおトクになる分の費用も含めたトータルで必要となる費用がわかります。

とにかく安さを求めるのであれば、当記事で実質料金も紹介しておりますので要チェックですよ!

2.速度が安定して速いかどうか

光回線を選ぶ際には、速度が速いかどうか、安定しているかどうかも気になるところですよね。

速度に関しては、一般的には光コラボ回線と独自回線では以下のような違いがあります。

  • ドコモ光などの光コラボ回線:利用者が多いため混雑しやすい、利用可能エリアは広い
  • auひかりなどの独自回線:利用者が少ないため混雑が少ない、速度が安定しやすい、利用可能エリアは狭い

速度の安定さを優先したいなら、オススメはauひかりNURO光などの独自回線です。

さらに、みんなのネット回線速度というWebサイトを利用すれば、既に使っている人たちの速度測定結果の平均値を見ることができ、実際にはどれくらいの速度が出ているのかを判断するために大きな参考になりますよ。

以下の画像のように、検索ウインドウで「光回線名 地域名」で検索すれば、特定の地域における平均速度を確認することもできます。


引用:通信速度レポートの検索|みんなのネット回線速度

また、プロバイダを選ぶ際にはIPv6に対応しているかどうかも大事なポイントです。

詳しくは、当記事で後述しておりますのでチェックしてみてくださいね。

→IPv6オプションについての解説へジャンプ

3.スマホとのセット割があるかどうか

光回線の多くは、特定のキャリアのスマホとあわせて使うことでスマホの料金が割引になるサービスを展開しています。

お使いのスマホにあわせて、割引ができる光回線を選びましょう。

セット割引が可能なスマホと光回線の組み合わせ一覧
スマホキャリア セット割が可能な光回線 月額最大割引額(税込) 適用の条件となる
オプションおよび料金(税込)
ドコモ ドコモ光 1,100円
(シェアパックの場合は3,850円)
なし
ソフトバンク ソフトバンク光NURO光 1,100円 オプションパック
(月額550円)
ワイモバイル ソフトバンク光 1,100円
au auひかり
So-net光
ビッグローブ光
eo光
コミュファ光
など
1,100円 光電話
(月額550円)
UQモバイル enひかり 220円
※スマホではなく、光回線が割引
なし
OCNモバイルONE OCN光 220円 なし

セット割を適用すると、たとえば月額1,100円の割引であれば2年間の合計で26,400円の割引ができますので、大幅に通信費を抑えられます。

また、セット割は最大10回線まで適用することができますので、スマホやタブレットの台数が多ければそれだけおトクになりますね。

ただし注意が必要なのは、光回線によってはセット割の適用条件として有料のオプション加入が必須となる点。

場合によってはオプション料金よりも割引額の方が少なくなり結果として損になってしまうため、お使いのスマホのプランで割引がいくらになるかは必ず確認しましょう。

さらに詳しくは後述しますが、UQモバイルやOCNモバイルONE、その他格安SIMをお使いの方は、セット割の適用可能な光回線を選ぶよりも実質料金の安い光回線を選んだ方がお得です。

4.お使いの場所がエリア内かどうか

インターネットはお住まいの場所に光ファイバー網が既に敷設されていることが前提となります。

日本国内は光回線がほぼ全域に普及していますが、それでも人口密度の低い地方や山間部、離島はエリア外の可能性も。

プロバイダ(=光回線)の契約を検討する際は、まず利用予定の住所が対応エリア内かどうかを確認しましょう。

光回線名 エリア検索サイト
auひかり 提供エリアの検索|auひかり公式サイト
NURO光 ・戸建ての場合:提供状況の確認|NURO光公式特設サイト
・マンションの場合:提供エリアの検索|NURO光公式サイト
光コラボ回線
(ドコモ光・ソフトバンク光・So-net光など)
・東日本エリア:提供状況のご確認 | NTT東日本 – フレッツ光
・西日本エリア:サービス提供エリア確認・お申し込み | NTT西日本 – フレッツ光

また、上記確認サイトではエリア内と判定された場合であっても、マンションでは共用設備が設置されていないなどの理由で使えない場合もありますので注意しましょう。

5.キャンペーンが充実しているかどうか

プロバイダ(=光回線)各社では料金がお得になるキャンペーンを独自に展開しています。

代表的なのはキャッシュバックですが、違約金負担や工事費無料など、初期費用が抑えられるキャンペーンや、商品のプレゼントキャンペーンの場合も。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャッシュバックの嬉しいところは、自由に使えるお金がもらえるところだね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ただしキャッシュバックは申請が面倒なケースも多いから、最初から料金が安い・割引が設定されている方が嬉しいというタイプもいるかもね!

また、キャッシュバックは各窓口で受け取りのための条件が違います。

なかには有料オプションへの加入が必要だったり、申請の手間が非常にかかるものがあったりと、受け取りまでのハードルが一段と高い窓口もあるので注意してください。

プロバイダを選ぶ際は、あなたに合ったキャンペーンを展開している会社がどこかを吟味するのも重要ですよ。

プロバイダ10社の料金・速度・キャンペーンを比較して見えてきたオススメ窓口5社を発表!

以上、プロバイダ(=光回線)を選ぶ5つのポイントをチェックしたところで、人気の光回線10社でポイント別に比較してみましょう。

実質月額料金
(3年間)
平均速度 セット割 エリア キャンペーン
戸建て マンション
auひかり 4,196円 2,957円 下り平均速度: 324.29Mbps
上り平均速度: 201.24Mbps
au 全国 ・最大60,000円キャッシュバック
・違約金最大30,000円まで負担
コミュファ光 5,150円 2,772円 下り平均速度: 421.2Mbps
上り平均速度: 285.08Mbps
au 東海 最大30,000円キャッシュバック
NURO光 4,484円 1,982〜2,624円 下り平均速度: 464.25Mbps
上り平均速度: 415.57Mbps
ソフトバンク 北海道。関東、東海、関西、九州の一部 45,000円キャッシュバック
(forマンションは25,000円)
So-net光プラス 4,932円 3,859円 下り平均速度: 252.47Mbps
上り平均速度: 196.25Mbps
au 全国 24ヶ月間月額2,750円割引
ソフトバンク光 4,892円 3,394円 下り平均速度: 246.02Mbps
上り平均速度: 166.33Mbps
ソフトバンクワイモバイル 全国 ・最大46,000円キャッシュバック
・違約金最大100,000円まで負担
BIGLOBE光 5,143円 4,073円 下り平均速度: 221.43Mbps
上り平均速度: 172.61Mbps
au 全国 30,000円キャッシュバック
ドコモ光 5,649円 4,365円 下り平均速度: 214.87Mbps
上り平均速度: 174.77Mbps
ドコモ 全国 20,000円キャッシュバック
enひかり 5,672円 4,602円 下り平均速度: 280.68Mbps
上り平均速度: 235.04Mbps
UQモバイル 全国
楽天ひかり 5,518円 4,358円 下り平均速度: 178.09Mbps
上り平均速度: 158.29Mbps
楽天モバイル 全国 12ヶ月間月額2,000円割引
フレッツ光西日本 6,699円 5,279円 下り平均速度: 217.1Mbps
上り平均速度: 175.95Mbps
全国
フレッツ光東日本 7,195円 5,125円 全国

※2021年3月時点
※1:コミュファ光のプロバイダは一体型の場合
※2:ドコモ光のプロバイダはタイプAの場合
※3:フレッツ光のプロバイダはSo-netの場合
※4:実質料金を計算するうえでの契約期間は、比較のため戸建て・マンション関わらずいずれも3年としております

上記の表で比較した結果、光回線を選ぶための5つのポイントをすべてクリアした、オススメの光回線は以下のとおりです。

基本的には、通信費全体を抑えるためにもお使いのスマホとのセット割に対応している会社を検討しましょう。

ただし格安SIMをお使いの場合は、セット割の対象光回線に固執せず、実質料金が安く通信速度が速い光回線を選ぶ方がオススメです。

なぜなら格安SIMのセット割で割引される金額はそれほど高くなく、実質料金が安い回線を選んだ方がより通信費の節約につながるから。

※以降の各光回線の詳細解説では、実質料金を表示する際に各光回線の契約期間に準じた年数で計算しております。そのため上記比較表と実質料金が異なる場合がありますのでご了承ください。

auスマホユーザーなら実質料金が安いauひかり

回線種別 独自回線
オススメプロバイダ So-net
月額料金 戸建て:5,610円

マンション:4,180円~
(建物タイプによって異なる)
契約期間 戸建て:3年・2年・契約期間なしのいずれか
マンション:2年・契約なしのいずれか
※上記月額料金は戸建て:3年契約、マンション:2年契約の場合
速度 35Mbps~1Gbps
平均速度※ 下り平均速度: 324.29Mbps
上り平均速度: 201.24Mbps
セット割 au
最大割引額 1,100円
セット割の条件 光電話オプション:月額550円
工事費 33,000円
(実質無料)
特典 ・最大60,000円のキャッシュバック
(ネットのみの場合は55,000円)
・工事費実質無料
・他社からの違約金を30,000円まで負担
実質料金
※戸建ては3年間、マンションは2年間
戸建て:155,270円
マンション:52,640円
ひと月当たりの実質料金
※戸建ては3年間、マンションは2年間
戸建て:4,196円
マンション:2,106円
キャンペーンページ フルコミット

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)
※実質料金を計算する期間は契約期間に準ずる

実質料金が最も安く、速度も安定した光回線はauひかりです。

auひかりは、auひかりだけで使える専用回線を利用しているのため、フレッツ光や光コラボ回線に比べて利用者が少なく、結果として混雑しにくく快適な速度で利用できるのが特徴。

auのスマホをお持ちであれば、auひかりとのセット割でスマホの料金が最大10回線、最大1,100円/月(税込)の割引となります。

ただ、セット割に加入するためには光電話オプション・月額550円(税込)の契約が必須となりますので注意してください。

しかし、auスマートバリューに加入することでWiFiルーターが無料となるメリットもあります。

auひかりを申し込むなら、オススメは最大60,000円のキャッシュバック、ネットのみでも55,000円のキャッシュバックがもらえるフルコミットがオススメですよ!

以下のauひかりの代理店を比較した記事もあわせて参考にしてくださいね。

auひかりの詳細をチェック

auひかりがエリア外ならSo-net光プラス

回線種別 光コラボ
月額料金 戸建て:6,138円
マンション:4,928円
契約期間 戸建て:3年
マンション:2年
速度 1Gbps
平均速度※ 下り平均速度: 252.47Mbps
上り平均速度: 196.25Mbps
セット割 au
最大割引額 1,100円
セット割の条件 光電話オプション:月額550円
工事費 24,000円
(実質無料)
特典 ・2年間月額料金割引
・工事費実質無料
実質料金
※戸建ては3年間、マンションは2年間
戸建て:182,490円
マンション:77,044円
ひと月当たりの実質料金
※戸建ては3年間、マンションは2年間
戸建て4,932円
マンション:3,082円
キャンペーンページ So-net光公式サイト

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)
※実質料金を計算する期間は契約期間に準ずる

auひかりがエリア外という方は、auのスマホのセット割が使えるSo-net光を検討してみましょう。

So-net光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営する光コラボ回線です。

光コラボはフレッツ光と同じエリアで使えるため、auひかりがエリア外でも利用できる可能性があります

また、auのスマホをお持ちであればauひかりとのセット割でスマホの料金が最大1,100円/月(税込)の割引に。

ただし、セット割に加入するためにはauひかり同様、光電話オプション・月額550円(税込)の契約が必須となりますので注意してください。

So-net光プラスの特徴は、月額料金の大幅な割引特典です。

他社回線の場合、キャッシュバックをもらうことで実質料金が下がるケースが多いですが、別途手続きが必要であるため面倒に感じてしまう人もいるかもしれません。

しかし、So-net光の公式窓口であれば、最初から割引されているため、手間が少なくオススメですよ!

また、So-net光プラスではネットと同時申し込みで、本来であれば月額440円がかかるWiFiルーターが無料で使えるのがうれしいポイントです。

So-net光の詳細をチェック

ソフトバンクスマホユーザーなら速度が快適なNURO光

回線種別 独自回線
月額料金 戸建て:5,217円
マンション:2,090円~2,750円
契約期間 戸建て:2年
マンション:2年
速度 2Gbps
平均速度※ 下り平均速度: 465.36Mbps
上り平均速度: 415.83Mbps
セット割 ソフトバンク
最大割引額 1,100円
セット割の条件 光電話オプション
関東・北海道:月額550円
東海・関西・九州:月額330円
工事費 44,000円
(実質無料)
特典 ・戸建て/マンションミニ(旧称)で45,000円のキャッシュバック
・NURO光forマンションで25,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
実質料金
※戸建て・マンション共に2年間
戸建て:96,708円
マンション:41,660〜57,500円
ひと月当たりの実質料金
※戸建て・マンション共に2年間
戸建て:3,868円
マンション:1,666〜2,300円
キャンペーンページ 【戸建て・マンションミニ(旧称)の場合】NURO光公式特設サイト
【NURO光forマンションの場合】NURO光forマンション公式サイト

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)
※実質料金を計算する期間は契約期間に準ずる

ソフトバンクのスマホをお持ちなら、オススメはNURO光です。

NURO光とソフトバンクスマホのセット割で、ソフトバンクスマホの料金が最大1,100円(税込/月)の割引となりますよ。

さらに、戸建て・マンションミニ(旧称)であれば45,000円、NURO光for マンションの場合は25,000円のキャッシュバックがもらえるのも大きな魅力です。

また、NURO光は標準プランでどのエリアでも最大速度2Gbpsを誇り、速度の評判がいいのも特徴のひとつ。
※一部地域では20G、10G、6Gプランも提供

NURO光のマンションタイプは光ファイバーで各戸までの分岐がなされているので、速度が遅くなりにくいのも嬉しいポイントですね。

【戸建て・マンションミニ(旧称)】NURO光の詳細をチェック

【NURO光forマンション】NURO光の詳細をチェック

NURO光がエリア外ならソフトバンク光

回線種別 光コラボ
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,180円
契約期間 戸建て:5年・2年のいずれか
マンション:2年
※上記月額料金はいずれも2年契約の場合
速度 1Gbps
平均速度※ 下り平均速度: 246.02Mbps
上り平均速度: 166.33Mbps
セット割 ソフトバンク・ワイモバイル
最大割引額 1,100円
セット割の条件 オプションパック:月額550円
工事費 26,400円(乗り換えの場合は実質無料)
特典 ・最大46,000円のキャッシュバック
・工事費実質無料
・【乗り換えの場合】違約金を100,000円まで負担
実質料金
※戸建て・マンション共に2年間
戸建て:105,780円
マンション:68,820円
ひと月当たりの実質料金
※戸建て・マンション共に2年間
戸建て:4,231円
マンション:2,753円
キャンペーンページ 代理店・NEXT

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)
※実質料金を計算する期間は契約期間に準ずる

NURO光はソフトバンクのみがセット割の対象ですが、ソフトバンク光ならワイモバイルもセット割の対象となります。

セット割を契約するには月額550円(税込)のオプションパックへの加入が必要となる点に注意してください。

しかし、オプションパックへの加入で無線LANルーターやIPv6高速ハイブリッドオプションといった、インターネットを快適に使える機能が使えるようになるため加入しておいて損はないですよ。

また、ソフトバンク光は他社からの乗り換えの場合に限り、他社解約で発生した違約金等を最大100,000円まで負担
してくれる特典もあります。

ソフトバンク光を申し込むなら、最大46,000円のキャッシュバックがもらえるNEXTがオススメです。

ソフトバンク光の申し込み窓口の比較記事もあわせて参考にしてくださいね。

ソフトバンク光の詳細をチェック

ドコモスマホユーザーならドコモ光

回線種別 光コラボ
オススメプロバイダ GMOとくとくBB
月額料金 戸建て:5,720円
マンション:4,400円~
契約期間 戸建て:2年
マンション:2年
速度 1Gbps
(10ギガプランもあり)
平均速度※ 下り平均速度: 215.66Mbps
上り平均速度: 175.05Mbps
セット割 ドコモ
最大割引額 1,100円
セット割の条件 なし
工事費 無料
特典 ・最大20,000円キャッシュバック
・最大2,000ptのdポイント
実質料金
※戸建て・マンション共に2年間
戸建て:133,780円
マンション:102,100円
ひと月当たりの実質料金
※戸建て・マンション共に2年間
戸建て:5,351円
マンション:4,084円
キャンペーンページ GMOとくとくBB

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)
※実質料金を計算する期間は契約期間に準ずる

ドコモ光は、NTTドコモが運営する光コラボ回線のため、フレッツ光と同じエリアで使えます。

ドコモ光はドコモのスマホとセット割ができる唯一の回線です。

セット割の条件として有料オプションへの加入が不要なため、申し込みのハードルが低いのが嬉しいですね。

2021年3月現在、工事費無料のキャンペーンを展開していますので、ドコモ光に乗り換えを検討している場合は今がチャンス!

お得に申し込みをしたいなら、キャッシュバックが最大20,000円もらえるGMOとくとくBBがオススメです。

また、GMOとくとくBBであれば、無線LANルーターを無料レンタルできるというメリットもありますよ。

ドコモ光の詳細をチェック

格安SIMユーザーなら実質料金が安く速度が快適な回線を

UQモバイル、LINEモバイルなど、キャリアのスマホではなく格安SIMと呼ばれるスマホをお使いの方も最近では多いのではないでしょうか。

結論から言うと、これら格安SIMをお使いの方の場合は、セット割ができる組み合わせを気にせず、実質料金が安い光回線を選ぶのがオススメです。

◆実質料金が安い光回線

那比光太(なびこうた)
こうた

ちなみに、格安SIMとセット割ができる光回線はあるのかな?

那比得子(なびとくこ)
とくこ

セット割ができる光回線はあるけど、そう多くはないし、金額も微々たるものだよ。

以下のとおりそう多くはなく、割引額も多くありませんので、セット割ができるかどうかを気にせず回線を選ぶことをオススメします。

セット割引が可能なスマホと光回線の組み合わせ一覧
スマホキャリア セット割が可能な光回線 月額最大割引額(税込) 適用の条件となる
オプションおよび料金
(税込)
ワイモバイル ソフトバンク光 1,100円 オプションパック
(月額550円)
UQモバイル enひかり 220円
※スマホではなく、光回線が割引
なし
OCNモバイルONE OCN光 220円 なし

光回線のプロバイダを選べる場合の比較ポイントは?オススメはこのプロバイダ!

ドコモ光、auひかり、コミュファ光など、光回線のなかにはプロバイダが選べるタイプのものがあります。

この章では、以下のプロバイダが選べる光回線について詳しく解説をしていきます。

なお、以下の光回線については、プロバイダがひとつのみのため選ぶことはできません。

  • ソフトバンク光(Yahoo!BB)
  • NURO光(So-net光)
  • BIGLOBE光などの名前にプロバイダ名が付く光コラボ回線

なお、フレッツ光のプロバイダの比較ポイントは当記事で後述していますのであわせてチェックしてみましょう。

→フレッツ光のプロバイダについての解説へジャンプ

ドコモ光のプロバイダはタイプによって料金が変わる!

ドコモ光のプロバイダを選ぶ決め手はいくつかありますが、まず押さえておきたいのは選ぶプロバイダによって月額料金が変わるという点です。

タイプA タイプB
1ギガ ドコモnet・plala・GMOとくとくBB
・DTI・andline・BIGLOBE・hi-ho
・ic-net・Tigers-net・SYNAPSE
・BB.excite・楽天ブロードバンド
・@ネスク・COARA
OCN・@TCOM・TNG
・Asahinet・WAKWAK
1ギガプランの月額料金(税込)
※プロバイダ料込み
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
戸建て:5,940円
マンション:4,620円

上記の表をみてもわかるように、費用面ではタイプAに属するプロバイダを選んだ方がお得です。

また、ドコモ光の場合はプロバイダによってIPv6の対応状況やサポート面が違います。

以下の表で全24社で比較した表を見てみましょう。

比較の結果、ドコモ光で最もオススメのプロバイダはGMOとくとくBBです!

プロバイダ名 料金タイプ IPv6(v6プラス) 無線LANルーター無料 サポート無料 セキュリティ無料 平均速度
GMOとくとくBB
A

初回無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 274.93Mbps
上り平均速度: 202.2Mbps
@nifty

初回無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 186.41Mbps
上り平均速度: 197.38Mbps
plala

24ヶ月無料
下り平均速度: 205.81Mbps
上り平均速度: 167.16Mbps
ドコモnet

有料

12ヶ月無料
下り平均速度: 231.34Mbps
上り平均速度: 188.74Mbps
DTI

契約中無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 200.07Mbps
上り平均速度: 186.94Mbps
andline

12ヶ月無料
下り平均速度: 194.7Mbps
上り平均速度: 184.13Mbps
BIGLOBE

12ヶ月無料
下り平均速度: 250.91Mbps
上り平均速度: 189.98Mbps
SIS

初回無料

無料
データなし
hi-ho

初回無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 102.35Mbps
上り平均速度: 135.85Mbps
IC-NET

36ヶ月無料

36ヶ月無料
下り平均速度: 183.21Mbps
上り平均速度: 168.55Mbps
Tigers-net

初回無料

無料
データなし
エディオンネット

有料

有料
下り平均速度: 169.71Mbps
上り平均速度: 149.17Mbps
SYNAPSE

初回無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 178.94Mbps
上り平均速度: 170.45Mbps
BB.excite

有料

36ヶ月無料
データなし
楽天ブロードバンド

初回無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 160.83Mbps
上り平均速度: 142.77Mbps
TikiTiki

有料

有料
下り平均速度: 180.99Mbps
上り平均速度: 121.83Mbps
ネスク

有料
下り平均速度: 163.9Mbps
上り平均速度: 90.92Mbps
01光コアラ

有料
下り平均速度: 82.69Mbps
上り平均速度: 70.93Mbps
OCN
B

初回無料
下り平均速度: 215.79Mbps
上り平均速度: 162.99Mbps
@TCOM

初回無料

12ヶ月無料
下り平均速度: 204.0Mbps
上り平均速度: 154.5Mbps
TNC

有料

12ヶ月無料
下り平均速度: 213.38Mbps
上り平均速度: 192.08Mbps
WAKWAK

有料

有料
下り平均速度: 118.82Mbps
上り平均速度: 121.94Mbps
AsahiNet

有料
下り平均速度: 175.61Mbps
上り平均速度: 188.22Mbps
ちゃんぷるネット

12ヶ月無料

有料
下り平均速度: 5.35Mbps
上り平均速度: 100.36Mbps

※2021年3月時点

ドコモ光でオススメのプロバイダはGMOとくとくBB

プロバイダ オススメポイント
・v6プラス対応で混雑が少ない安定した速度のインターネット
・無線LANルーターの無料レンタル
・速度が100Mbpsを下回った場合はGMOとくとくポイント100pt分の進呈
利用可能な光回線
・ドコモ光
・auひかり
・フレッツ光

GMOとくとくBBは、GMOが提供するプロバイダ事業者です。

IPv6という最新規格のひとつ「v6プラス」に対応しているため、混雑が少ない快適な環境でのインターネットが楽しめることが大きな特徴。

また、速度が100Mbpsを下回った場合はGMOとくとくポイント100pt分をプレゼントしてくれるなど、速度に関する自信がうかがえますね。

実際の口コミを見てみても、下り・上りともに速度はとても速いようです。

さらに、GMOとくとくBBは嬉しい特典も揃っています。

ドコモ光でGMOとくとくBBを選んだ場合は、最新の無線LANルーターを無料レンタルしてくれる特典がありますよ。

さらに、McAfeeのセキュリティソフトも12ヵ月無料(翌月以降月額500円)。

詳しく知りたい方は、以下のGMOとくとくBB公式サイトを覗いてみてください。

ドコモ光の詳細をチェック

auひかりのプロバイダはどれを選んでも料金は同じ!

auひかりのプロバイダは、ドコモ光と違ってどれを選んでも料金は同じです。

さらに、auひかりの場合は、オプション・サポート面はauひかり側で一括のサービスとなっているため、どのプロバイダもIPv6オプションは標準装備で、サポート面でもほぼ同等です。

プロバイダ名 IPv6(v6プラス) 平均速度
au one net 全プロバイダ標準装備 下り平均速度: 367.75Mbps
上り平均速度: 288.41Mbps
So-net 下り平均速度: 380.43Mbps
上り平均速度: 329.71Mbps
GMOとくとくBB 下り平均速度: 478.05Mbps
上り平均速度: 358.5Mbps
@nifty 下り平均速度: 356.99Mbps
上り平均速度: 303.92Mbps
DTI 下り平均速度: 489.73Mbps
上り平均速度: 395.26Mbps
BIGLOBE 下り平均速度: 384.38Mbps
上り平均速度: 274.19Mbps
@TCOM 下り平均速度: 279.5Mbps
上り平均速度: 283.83Mbps
AsahiNet 下り平均速度: 308.91Mbps
上り平均速度: 287.78Mbps

したがって、auひかりのプロバイダを選ぶ際は、実質料金や付随するキャンペーン、速度で選ぶのがオススメです。

以下のauひかりの代理店を比較した記事もあわせて参考にしてくださいね。

auひかりでオススメのプロバイダはSo-net

プロバイダ オススメポイント
・SONY系列のバックグラウンドを持つ信頼性の高いプロバイダ
・無線LANルーターの無料レンタル
・速度の評判が高い
・代理店・フルコミットでSo-netを選べば高額キャッシュバックがもらえる
利用可能な光回線
・NURO光
・auひかり
・So-net光
・フレッツ光

So-netは、SONYのグループ会社であるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営するプロバイダです。

なんといってもSONYブランドの信頼性と知名度はいわずと知れていますよね。

また、IPv6に対応しており、速度も快適との評判が高い回線でもあります。

また、オススメ窓口である代理店・フルコミットであれば、プロバイダにSo-netを選択することで60,000円のキャッシュバックを満額もらうことができます。
※ネットのみの契約の場合は55,000円

auひかりの詳細をチェック

コミュファ光のプロバイダは一体型がオススメ!

コミュファ光のプロバイダは、光回線とプロバイダがひとつになった一体型と、プロバイダは個別に選べる選択型があります。

コミュファ光の場合も独立回線を使う事業者なので、速度に関してはプロバイダによって大きな差はありません。

そのため月額料金で選ぶのがオススメです。

コミュファ光のプロバイダごとに変わる月額料金を比較した結果、コミュファ光プロバイダ一体型がもっとも月額料金の総計が安くオススメ。

プロバイダ 基本料金 戸建て マンション 合計料金
(戸建て)
合計料金
(マンション)
コミュファ
(プロバイダ一体型)
6,105円
au one net
4,543円
1,870円
1,320円
6,413円
5,863円
エディオンネット
(エディオンでのみ申し込み可能)
1,430円
1,320円
5,973円
5,863円
So-net
1,430円
1,320円
5,973円
5,863円
@nifty
1,716円
6,259円
BIGLOBE
1,760円
1,320円
6,303円
5,863円
ODN
1,320円
5,863円
TNC
1,496円
1,122円
6,039円
5,665円
hi-ho
1,760円
6,303円
IIJ
2,200円
6,743円
MediaCat
2,200円
6,743円

ちなみに、選択型の場合は、回線とプロバイダで請求と支払いが別々になりますので気をつけてくださいね。

コミュファ光は公式サイトよりも代理店NEXTがオススメです。

プロバイダ一体型でコミュファ光を申し込めば、最大35,000円のキャッシュバックやNintendo Switchプレゼントなどのキャンペーンを実施していますよ。

コミュファ光の詳細をチェック

WiMAX・モバイルルーターのプロバイダを10社比較してわかったオススメ3社を発表!

WiMAXのプロバイダは数十社くらいあり、月額料金や特典は各社で異なります。

そこで、主要WiMAX・モバイルルーターのプロバイダの月額料金や特典、実質料金をチェックしてみよう!

なお、プロバイダによって変わるのは料金と特典のみで、機種や速度などのサービス面はどのプロバイダであっても同じです。

プロバイダ名 ひと月当たりの実質料金(3年間) 月額料金 契約事務手数料 端末費用 キャッシュバック
Broad WiMAX
3,876円
1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月~:4,413円
3,300円
0円
5,000円
GMOとくとくBB WIMAX
3,910円
1〜2ヶ月3,970円
3ヶ月〜4,690円
3,300円
0円
最大32,500円
BIGLOBE WiMAX
4,460円
1ヶ月:0円
2ヶ月〜:4,378円
3,300円
0円
17,000円
ゼウスWiFi 【20GB】2,267円
【40GB】3,037円
【100GB】3,873円
【20GB】2,618円
【40GB】2,948円
【100GB】
〜2ヶ月:3,278円
3ヶ月目以降〜:3,828円
3,300円
0円
0円
Mugen WiFi 【100GB】3,807円
【200GB】4,467円
【100GB】3,718円
【200GB】4,378円
3,300円
0円
10,000円
Y!mobile
5,448円
4,818円
3,300円
11,880円
0円
UQ WiMAX
4,468円
3,880円
3,300円
16,500円
0円
au 4,812円+機種料金
4,721円
3,300円
機種による
0円
モバレコエアー
3,820円
1~2ヶ月:2,167円
3ヶ月~:3,679円
0円
0円
17,000円
ソフトバンクエアー
4,271円
4,180円
3,300円
0円
0円

※2021年3月時点

上記の表で比較した結果、ポケットWiFiのオススメは以下の3つです。

速度重視ならBroadWiMAX

月額料金 1~2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月~:4,413円
オススメ機種 WX06
HOME 02
最大速度 440Mbps
平均速度※ 下り平均速度: 31.37Mbps
上り平均速度: 4.11Mbps
端末費用 無料
セット割 au
最大割引額 1,100円
セット割の条件 なし
工事費 なし
特典 ・他社WiMAXからの乗り換えで違約金を17,000円まで負担
・Broad WiMAXに不満があった場合は違約金なしで他社オススメ回線に乗り換え可能
・2台同時申し込みで5,000円のキャッシュバック
・学生限定で12ヶ月間685円割引
3年間の実質料金 143,424円
ひと月当たりの実質料金
(3年間)
3,876円
キャンペーンページ Broad WiMAX公式サイト

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用

ポケットWiFiのなかでも速度が比較的速いWiMAXですが、数あるプロバイダのなかでのオススメはBroad WiMAXです。

Broad WiMAXであれば月額料金が安いうえに、5,000円のキャッシュバックがもらえておトクですよ。

また、Broad WiMAXでは、他社WiMAXからの乗り換えで発生した違約金を17,000円まで負担してくれる特典も。

さらに、いつでも解約サポートといって、万が一通信速度などに不満があった場合に、違約金負担なしでBroadWiMAXが紹介する他のインターネット回線へ乗り換えができるサービスも用意されています。

他社WiMAXから乗り換える方、WiMAXの速度やサービス内容に不安を感じている方にもオススメですね。

WiMAXであれば、auスマートバリューmineというWiFiルーターとスマホとのセット割が適用できるので、スマホ料金が最大1,100円/月の割引になります。

Broad WiMAXの詳細をチェック

広エリア・海外で使えるクラウドSIMならMugen WiFi

月額料金 MUGEN格安プラン:3,718円
MUGENアドバンスプラン:4,268円
最大速度 150Mbps
平均速度※ 下り平均速度: 14.76Mbps
上り平均速度: 10.35Mbps
端末費用 無料
セット割 なし
最大割引額
セット割の条件 なし
工事費 なし
特典 10,000円のキャッシュバック
2年間の実質料金
※契約期間が2年間のため
MUGEN格安プラン:82,950円
MUGENアドバンスプラン:105,732円
ひと月当たりの実質料金 MUGEN格安プラン:3,318円
MUGENアドバンスプラン:4,405円
キャンペーンページ MugenWiFi公式サイト

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)

完全にデータ無制限というわけではありませんが、100GBのデータ容量を使えるクラウドSIMで最も安いのは、Mugen WiFiです。

■クラウドSIMとは?
ドコモ・au・ソフトバンクの電波を切り替えて通信でき・海外でも利用できるポケットWiFi。
海外で利用できる点、WiMAXに比べてエリアが広いのが魅力。

Mugen WiFiは、データ容量100GBにして実質月額3,318円と、他社と比べても最も安価です。

また、利用開始から2年後に最新端末への交換を保証しているため、使い続けることで起こる端末の劣化を心配することもありません。

さらに、Mugen WiFiでは30日間無料お試しサービスも行っていますので、使用感に不安にある人もトライアルで使うことができる点も魅力ですよ。

月額料金は少々高くなりますが、Wi-Fi機能だけでなく、翻訳機能や充電器機能も付属したMUGENアドバンスプランもあります。

アクティブな方にオススメですよ。

Mugen WiFiの詳細はこちらをチェック

ホームルーターなら完全データ無制限で安いモバレコエアー

月額料金 1〜2ヶ月:2,167円
3〜36ヶ月:3,679円
オススメ機種 Airターミナル4
端末費用 実質無料
最大速度 962Mbps
平均速度※ 下り平均速度: 33.23Mbps
上り平均速度: 5.26Mbps
セット割 ソフトバンク
最大割引額 1,100円
セット割の条件 なし
工事費 無料
特典 17,000円のキャッシュバック
2年間の実質料金 76,940円
ひと月当たりの実質料金
(2年間)
3,078円
キャンペーンページ モバレコエアー公式

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)

実質料金が安く、完全データ無制限で利用できるホームルーターはモバレコエアーです。

ソフトバンクエアーと同じ機種・サービス内容で料金はソフトバンクエアーよりも安いのが魅力。

ソフトバンクスマホをお持ちの方は、おうち割光セットが適用でき、最大1,100円/月(税込)の割引となりますので、ソフトバンクスマホをお使いの方にもお得です。

モバレコエアーは、月額料金が1~2ヶ月目で2,167円と安価ですが、それに加えて17,000円のキャッシュバックでさらに実質料金が安くなりますよ。

ただし、利用できるエリアはWiMAXやクラウドSIMに比べるとかなり限られているため、先にエリア確認をしてから契約を検討することをオススメします。

また、契約後エリア外だったことがわかった場合でも、契約開始から8日間以内であれば初期契約解除の対象となりますので安心ですね。

モバレコエアーの詳細をチェック

プロバイダに関するよくある質問5つ

プロバイダに関してよくある質問をまとめました。

フレッツ光のプロバイダのオススメは?

フレッツ光のプロバイダを選ぶ決め手は信頼性・料金・速度などいろいろあるでしょうが、主要プロバイダを比較した結果料金・速度面でのオススメは以下の通りです。

  • 料金面:BB.excite
  • 速度面:So-net、GMOとくとくBB
プロバイダ名 プロバイダの料金(税込) 平均速度
WAKWAK 戸建て:1,045円
マンション:880円
下り平均速度: 146.26Mbps
上り平均速度: 153.69Mbps
So-net 戸建て:1,100円
マンション:990円
下り平均速度: 268.99Mbps
上り平均速度: 194.95Mbps
ぷらら 戸建て:1,100円
マンション:880円
下り平均速度: 222.61Mbps
上り平均速度: 175.66Mbps
OCN 戸建て:1,210円
マンション:990円
下り平均速度: 228.15Mbps
上り平均速度: 170.96Mbps
hi-ho 戸建て:1,320円
マンション:979円
下り平均速度: 105.67Mbps
上り平均速度: 126.12Mbps
DTI 戸建て:1,046円
マンション:748円
下り平均速度: 236.36Mbps
上り平均速度: 179.19Mbps
BIGLOBE 戸建て:1,320円
マンション:990円
下り平均速度: 251.51Mbps
上り平均速度: 181.28Mbps
BB.excite 戸建て・マンション:550円 下り平均速度: 216.59Mbps
上り平均速度: 151.34Mbps
Asahinet 戸建て:858円
マンション:770円
下り平均速度: 171.95Mbps
上り平均速度: 193.18Mbps
@nifty 戸建て:1,100円
マンション:1,045円
下り平均速度: 193.9Mbps
上り平均速度: 191.22Mbps
Yahoo!BB 戸建て:1,320円
マンション:1,045円
下り平均速度: 107.38Mbps
上り平均速度: 114.05Mbps
GMOとくとくBB 戸建て:836円
マンション:583円
下り平均速度: 239.61Mbps
上り平均速度: 178.93Mbps

※2021年3月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)

なお、フレッツ光は回線料金+プロバイダ料金の合計金額となる点に注意が必要です。

例:NTT東日本の場合
回線料金【6,270円(戸建て・1Gbps定額)】+プロバイダ料金【1,100円(OCNの場合)】=合計【7,370円】

さらに、現在では個人での申し込みはほぼできず、フレッツ光における新規申し込みは縮小傾向にあります。

フレッツ光をより安く使いたければ、光コラボに乗り換え(転用)がオススメですよ。

本記事でも紹介した以下光コラボ回線もチェックしてみましょう!

地方に住んでいる場合にオススメのプロバイダは?

地方にお住まいの方で、NURO光やauひかりといった実質料金が安い光回線がエリア外の場合は、その土地独自のプロバイダ(=光回線)も併せて検討してみましょう。

上記で紹介した光回線はいずれもKDDI系で、auスマホとのセット割が使えます。

auスマホユーザーはぜひ選択肢に入れておきましょう。

プロバイダを乗り換える方法は?

各光回線でプロバイダを乗り換える方法を解説します。

フレッツ光のプロバイダの乗り換え方法

フレッツ光のプロバイダを乗り換える際は、乗り換え前のプロバイダと乗り換え先のプロバイダ、それぞれで手続きをします。

手順としては以下のとおりです。

  1. 乗り換え先のプロバイダに申し込む
  2. 乗り換え先のプロバイダからIDとパスワードが記載された書類が届いたら、ルーターの旧プロバイダのID設定を変更する
  3. 新しいプロバイダのIDでインターネットに接続できることを確認する
  4. 乗り換え前のプロバイダを解約する

プロバイダで最低利用期間や契約期間の縛りが発生する特典などを受けていた場合は、契約期間の途中解約で違約金が発生しますので注意してください。

ドコモ光のプロバイダの乗り換え方法

ドコモ光のプロバイダの乗り換えは、以下のドコモ インフォメーションセンターまたはドコモショップで手続きが可能です。

◆ドコモ インフォメーションセンター

  • ドコモの携帯から:157
  • 一般電話などから:0120-800-800
  • 受付時間:9:00~20:00

以下のとおり、手続きによっては事務手数料が発生します。

手続き 費用(税込)
同一タイプ内でのプロバイダ変更 事務手数料:3,300円
タイプA⇔タイプB対応プロバイダへの変更 事務手数料:3,300円
単独プランからタイプA/タイプBに変更 無料
タイプA/タイプBから単独プランに変更 事務手数料:3,300円
タイプA/タイプBから単独プランに変更 事務手数料:3,300円

なお、プロバイダ変更による違約金が発生するかどうかはプロバイダによって異なるため、各プロバイダへの確認が必要です。

auひかりのプロバイダの乗り換えは再契約のみ

auひかりの場合、プロバイダ変更の手続きはできません。

auひかりのプロバイダを変更する場合は、一旦解約して再度新規契約をしてください。

もちろん、途中解約を行った場合はauひかりの違約金が発生します。

プロバイダの変更(auひかりの再契約)を行うのであれば、契約更新月に行うことがオススメです。

WiMAXのプロバイダの乗り換え方法

WiMAXまたはポケットWiFiの場合は、利用中のプロバイダを解約し、新しいプロバイダを契約します。

途中解約を行った場合はWiMAXまたはポケットWiFiの違約金が発生するかもしれません。

プロバイダの変更を行うのであれば、契約更新月に行うことをオススメします。

IPv6オプション、v6プラスとは?対応プロバイダは?

IPv6とは、最新のインターネット通信経路の規格です。

引用:GMOとくとくBB公式ページ

例えて言うなら、従来のIPv4の場合、時間帯によっては混雑が発生し速度が遅くなりますが、IPv6はより広い道路を経由するため混雑が起こりにくく快適な速度で通信が期待できます。

IPv6を利用したサービスの呼び方は、事業者によって以下のとおりさまざま。

プロバイダ別のIPv6を利用してIPv4とも通信ができるサービス名称(例)
プロバイダ IPv6を利用したサービス名称
@nifty v6プラス
So-net v6プラス
GMOとくとくBB v6プラス
OCN OCN v6アルファ
ビッグローブ光 IPv6オプション
plala ぷららv6エクスプレス
DTI OCNバーチャルコネクト
Yahoo!BB
(ソフトバンク光)
IPv6高速ハイブリッド

2021年3月時点では、ほとんどのプロバイダでPv6に対応していますが、プロバイダを選ぶ際はIPv6オプションに対応ずみかどうかをチェックしておくといいでしょう。

また、IPv6オプションを利用する際は申し込みが必須の場合とそうでない場合があります。

例えばauひかりであればどのプロバイダを選んでもIPv6オプションは標準でついてきますが、フレッツ光やドコモ光、ソフトバンク光の場合は申し込む必要がありますので注意が必要です。

那比光太(なびこうた)
こうた

検討中の回線や利用中の回線はIPv6に対応しているかどうかを調べておこうね!

ONUやルーターでプロバイダの情報を設定する場合の手順は?

新しくルーターを設置する際やプロバイダを変更する際に、プロバイダから配布されたID情報を設定する必要がある可能性も。
※プロバイダや回線側から配布されたルーターの場合はすでに設定済みの場合もあります。

ルーター上でプロバイダの情報を設定する場合の手順は概ね以下の通りです。

  1. パソコンやスマホのブラウザを開き、ルーターの管理画面のURL「http://〜」を入力してアクセスする
  2. ルーターの管理画面のログインIDとパスワードを入力する
  3. インターネット接続に関するメニューを開く
  4. プロバイダのIDとパスワードを入力する画面を開き、プロバイダから案内のあったID・パスワードを入力する
  5. 「変更を反映」ボタンを押下する(基本的にはルーターの再起動は必要ありませんが、変更が反映されない場合は一度再起動を行なってみてください)

詳しくは、ルーターのマニュアルも併せて参照してくださいね。

まとめ

インターネットのプロバイダ(=光回線)は以下のポイントに注意しながら、自分にとってメリットを感じる会社を選びましょう。

  • 実質料金の安さ
  • 速度の速さ、快適さ
  • お使いのスマホとのセット割
  • 利用できるエリア
  • キャンペーンの充実度

お使いのスマホに合わせたオススメのプロバイダ(光回線)は以下の5社です。

スマホキャリア セット割が可能なオススメのプロバイダ(光回線)
ドコモ ドコモ光
ソフトバンク 【実質料金が安く速度も速い】NURO光
【NURO光がエリア外なら】ソフトバンク光
ワイモバイル ソフトバンク光
au 【実質料金が安い】auひかり
【auひかりがエリア外なら】So-net光プラス
格安SIM auひかりNURO光So-net光プラスなど実質料金が安い回線

また、ドコモ光、auひかり、コミュファ光といった、光回線のなかでプロバイダを選択する必要がある場合のオススメプロバイダを選ぶならオススメは以下のとおりです。

また、WiFiルーターのプロバイダを比較した結果オススメは以下の3社です。

あなたに合ったプロバイダを賢く選んで、快適なインターネットライフを楽しみましょう!