検索 わたしのネット ロゴ

口座振替対応のおすすめポケットWiFi!全8種類紹介とポケットWiFiを選ぶときのポイント5つ

口座振替できるポケットWi-Fi紹介│クレジットカード不要で申し込めるのはココ!

ポケットWiFiを契約したいけどクレジットカードを持っていない、というケースは少なくありません。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ポケットWiFiw契約しようとしたら、支払い方法がクレジットカード払いだけだったの!
契約できなかった
わ!
那比光太(なびこうた)
こうた
クレジットカードを持っていないとポケットWiFiって契約しづらいよね。

ポケットWiFiは基本的にクレジットカード払いのケースが多いですが、口座振替対応のポケットWiFiも少ないながらもありますよ。

口座振替払いができるポケットWiFiを選ぶときは以下の5つのポイントをチェックしましょう。

上記ポイントを踏まえておすすめの口座振替可能なポケットWiFi4社は下記の通りです。

口座振替は便利ですが、キャンペーンなどが対象外になるケースもありますので、先に注意点などを把握した上で契約するようにしましょう。

この記事では、ポケットWiFiを選ぶときのポイントや、口座振替する場合の注意点も詳しく解説していきますよ!

この記事でわかること

2021年最新!口座振替ができるおすすめのポケットWiFi4つ

現在口座振り替え可能なポケットWiFiは全部で8種類あります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
え!?8社も口座振替の対応してるの!?
こうたは知ってた!?
那比光太(なびこうた)
こうた
僕も初耳。どれがいいかなぁ?

口座振替ができるおすすめのポケットWiFiは、以下の3つです。

口座振替の場合には通常月額料金にプラスして口座振替手数料や、初期費用が取られるケースがあります。

そのため、公式サイトに記載されている月額料金ではなく、実質料金で比較することで平等に料金を比較して算出しています。

実質料金

月額料金や初期費用・端末代などからキャッシュバックなどの還元される金額を引いた、実際に払う金額のこと。

実質月額料金={(1年分の月額料金+初期費用+1年分の口座振替手数料)ーキャッシュバック額}÷12ヶ月(1年間)

この記事では、上記の通り算出しています。

口座振替対応のポケットWiFi一覧
ポケットWiFi 実質1年契約の月額料金 通信速度の平均値 データ容量 通信網
BIGLOBEWiMAX 4,849円 62.87Mbps
(WX06)
実質無制限 WiMAX2+
BroadWiMAX 5,428円 35.05Mbps
(WX06)
実質無制限 WiMAX2+
UQWiMAX 5,791円 49.93Mbps
(WX06)
実質無制限 WiMAX2+
Y!Mobile 6,206円 53.95Mbps
(803ZT)
実質無制限 ソフトバンクLTE回線
docomoポケットWiFi 6,980円 53.74Mbps 60G NTTdocomoLTE回線
SoftBankポケットWiFi 8,336円 49.63Mbps 50G ソフトバンクLTE回線
縛りなしWiFi 4,958円 19.57Mbps 約60G
(1日2G)
ソフトバンクLTE回線
SPACE WiFi 4,048円 39.56Mbps WiMAX端末
実質無制限
ソフトバンク端末
1日2G
WiMAX2+
ソフトバンクLTE回線

※引用:みんなのネット回線速度より

ドコモやソフトバンク、UQモバイルは速度は速いですが、料金が高いためおすすめできません。

SPACEWiFでは現在WiMAX端末は新規契約ができませんのでご注意ください。

実質料金が安く速度が速いのは「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX

BIGLOBEWiMAXの概要
初期費用 端末代 21,120円
事務手数料 3,300円
月額料金 4,378円
契約期間 1年
契約解除料 1,100円
実質月額料金 4,612円
速度 62.87Mbps
(WX06)
キャンペーン 17,000円キャッシュバック
auスマートバリューmine適用
スマホとネットをまとめておトク!ずーっと最大500円/月割引

実質月額料金が安く速度が速いのはBIGLOBEWiMAXです。

月額4,378円と割安で、通信速度もWiMAXの中では安定しています。

プロバイダとしても大手ですので、信頼性の面でも安心できておすすめですよ。

また、契約期間が一年間ということもポイント!

たとえ急な解約でも、違約金はたったの1,100円です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
大体契約期間って2年とか3年よね?1年ごとに契約更新があるのは便利ね!
那比光太(なびこうた)
こうた
違約金も他社だと10,000円近くかかるけど、BIGLOBE WiMAXはとっても安いね!

解約がしやすいのも嬉しいポイントです!

\口座振替できるポケットWiFi最安!/
BIGLOBEWiMAXの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

月々の料金が割安でサービスが充実した「Broad WiMAX」

Broad WiMAX

BroadWiMAXの概要
ギガ放題プラン ライトプラン
初期費用 3,300円
初期費用 20,742円
端末代金 0円
月額料金 2,998円(1〜2ヶ月目)
3,752円(3ヶ月〜24ヶ月)
4,412円(25ヶ月目以降)
2,726円(1〜24ヶ月目)
3,326円(25ヶ月目以降)
契約期間 3年間
違約金 31,350円(12ヶ月以内)
25,850円(13〜24ヶ月目以内)
10,450円(25ヶ月目以降)
更新月0円
機種 Speed Wi-Fi NEXT WX06
機器スペック 下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
キャンペーン WiMAXスタートキャンペーン
新機種を含む全端末無料キャンペーン
違約金当社負担乗り換えキャンペーン
2台目キャンペーン

次におすすめなのが同じWiMAXサービスのBroadWiMAX

料金面ではBIGLOBEWiMAXほどの安さはありませんが、他社の口座振替可能なポケットWiFiサービスの中では比較的に安価です。

その上、BroadWiMAXにはお得なキャンペーンが豊富にあります。

端末代金はどの機種を選んでも無料です。

他社からの乗り換えの場合には、最大19,000円まで負担してもらえることも魅力です。

違約金の負担については、なんと光回線、他社ポケットWiFi、ADSLやケーブルテレビなど全てのネットサービスが対象です!

他社のポケットWiFiサービスでは、乗り換え時の違約金負担キャンペーンはありません

乗り換えを検討しているなら、違約金を負担してくれるBroadWiMAXがオススメですよ!

\乗り換えしやすい!/
BroadWiMAXの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

エリアの広さでは「Y!Mobile」

「Y!Mobile」

Y!mobileの概要
上限なしプラン 7Gプラン
初期費用 3,300円
端末代金 11,880円
月額料金 4,818円 4,065円
契約期間 2年間
違約金 0円
機種 803ZT
機器スペック 下り最大838Mbps
上り最大37.5Mbps
キャンペーン 機種代金割引キャンペーン

※価格は税抜き

エリアの広さではY!Mobileもおすすめです。

NTTdocomo、au、SoftBankの3キャリアの回線を使って接続するクラウドSIM採用のポケットWiFiは口座釣り換えができません

WiMAXはWiMAX2+の回線を利用していますが、まだ全国的にカバー仕切れておらず、SoftBank回線を利用したY!mobileの方がエリアは広大です。

WiMAXサービスは基本的に同じ機種同じ回線を利用しているため、あまり通信速度には差がありません。

その点Y!MobileはソフトバンクのLTE通信網を利用していますので、エリアが広く回線の信頼性も高いのです。

WiMAXはエリアが限られているため、WiMAXがエリア外だった場合には、Y!Mobileを検討してみてはいかがでしょうか。

\速度が速くエリアが広い!/
Y!mobileの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

短期間では料金が安くソフトバンク回線が利用できる「縛りなしWiFi」

縛りなしWiFiの概要
縛りなしプラン 1年縛りありプラン
(3年)
3年縛りありプラン
(3年)
20Gプラン 50Gプラン 通常プラン
(2G/日)
20Gプラン 50Gプラン 通常プラン
(2G/日)
20Gプラン 50Gプラン 通常プラン
(2G/日)
初期費用 3,300円
端末代金 レンタル端末のため、端末代金含んだ月額料金
月額料金 3,300円 3,575円 3,300円 3,135円 3,278円 3,300円 2,860円 3,025円 3,080円
契約期間 なし 1年 3年
違約金 なし 5,500円 5,500円
(12ヶ月未満の場合33,000円
12〜25ヶ月の場合27,500円
37ヶ月目以降10,450円)
機種 ソフトバンク端末orWiMAX
機器スペック ※1 下り最大838Mbps
上り最大37.5Mbps
機器スペック ※2 下り最大440Mbps
上り最大75Mbps
キャンペーン なし


※1 803ZTの場合
※2 WiMAX WX06の場合

WiMAX以外で料金面でおすすめできるのは縛りなしWiFiです。

縛りなしWiFiには契約期間がありませんので、数ヶ月だけ利用したいというニーズにも応えてくれますよ。

もちろん解約違約金などは縛りなしプランをチョイスすればいつ解約しても一切かかりません。

\縛りがないから安心!/
縛りなしWiFiの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

その他の条件に合わせたおすすめポケットWiFi

ポケットWiFiを検討する場合には、データ容量も気になるところ。

また、口座振替だけではなく、振り込み払いができるポケットWiFiもありますよ。

大容量通信ができるのは「WiMAX各社とY!Mobile」

大容量通信ができる口座振替えが可能なポケットWiFi実質無制限で利用できるWiMAXとY!Mobileです。

WiMAXは3日間で10Gという制限はあるものの、月間のデータ容量に制限はありません

また、もしも3日で10Gを超えて通信した場合には、超えた翌日の18時から翌2時まで概ね1Mbpsの速度制限にかかる程度。

那比光太(なびこうた)
こうた
1Mbpsの速度なら、通常の検索などは問題なくできるレベだよ!

Y!mobileに関しては、752円/月(税込)のアドバンスオプションに加入し、アドバンスモードに設定することでWiMAX同様に月間のデータ容量は無制限に利用できます。

ただし、3日間で10Gを超えた通信を行った場合には当日の18時から翌1時まで約1Mbpsを基準とした運用に速度制限されますので注意しましょう。

       

WiMAXとY!Mobileの速度制限比較
ポケットWiFi 月間のデータ容量 速度制限条件 速度制限時の通信速度 速度制限時間
WiMAX 無制限 3日間で10Gを超えた通信 概ね1Mbps 翌日18時から翌2時
Y!Mobile 無制限 3日間で10Gを超えた通信 約1Mbpsの運用 当日18時から翌1時

データ容量の面でもやはりWiMAXとY!Mobileがおすすめだということがわかります。

振り込み払いなら「fujiwifi」

fujiwifi

fujiWiFiのプラン概要
毎日10ギガプラン 毎日5ギガプラン
マルチ
キャリアプラン
5,445円 4,345円
100GPLUSプラン 50ギガプラン 30Gプラン
ソフトバンクサービスエリア 4,345円 3,190円 2,860円
ドコモサービスエリア 2,860円
auサービスエリア 2,860円
FujiWiFiの概要
初期費用 1,100円
デポジット料金 5,500円
端末代金 レンタルプランなのでなし
契約期間 1年間
(デポコミ)
違約金 5,500円
(デポジットの返金をしない)
機種 ランダム提供
(クラウドSIM端末、ソフトバンク端末、ドコモ端末、au端末)
機器スペック 機種による
キャンペーン なし

実はfujiWiFiなら口座振替ではなく振込払いが可能です。

ポケットWiFiにはクレジットカード払い、口座振替払いの他に振込払いがあります。

コンビニでの振込み払いが可能なポケットWiFiはFujiWiFiです。

クレジットカードがない、利用できる銀行口座もない場合にはコンビニでの振込払いを利用していきましょう

ただし、コンビニでの振込払いの場合にはポケットWiFiの請求金額の他に振込払いの「請求費用」という名目で190円がかかりますのでご注意ください。

\コンビニでサッと振込/
FujiWiFiの料金詳細を見る
※このボタンからお得な特典をチェック

口座振替可能なポケットWiFiの料金比較

口座振替可能なポケットWiFiおすすめ4社の料金だけの比較表をご覧ください。

       

口座振替可能なおすすめ4社比較表
おすすめ度合い ポケットWiF 月額料金 初期費用 実質月額料金
(1年間)
口座振替手数料
1位 BIGLOBEWiMAX 4,378円 端末代:21,120円
事務手数料:3,300円
4,849円 220円
2位 BroadWiMAX 2,998円
(1〜2ヶ月目)
3,752円
(3ヶ月〜24ヶ月)
4,412円
(25ヶ月目以降)
20,742円
事務手数料
3,300円
3,494円 220円
3位 Y!Mobile 4,818円 端末代
11,880円
事務手数料
3,300円
6,206円 0円
4位 縛りなしWiFi 3,630円 事務手数料
3,300円
4,730円 初期費用
11,000円
代引き手数料
330円

※1年間の実質月額料金には口座振替手数料も加算されています。

口座振替手数料はかかりますが、BIGLOBEWiMAXが一番安いです。

短期間の契約がいいなら、料金面でも比較的に安価で、契約期間がなくいつでも解約ができる縛りなしWiFiもおすすめです。

ただし、縛りなしWiFiは、長期出張などで2ヶ月だけポケットWiFiを口座振替で利用したいなどの場合でも、口座振替手数料の名目で初期費用が10,000円発生してしまいますので、注意しましょう。

口座振替可能なポケットWiFiの速度比較

次に口座振替可能なポケットWiFiおすすめ4社の速度比較を見ていきましょう。

口座振替可能なおすすめ4社の速度比較
おすすめ度合い ポケットWiF 下りの通信速度平均値 上りの通信速度平均値
1位 BIGLOBEWiMAX 62.87Mbps
(W06)
11.21Mbps
2位 BroadWiMAX 35.05Mbps
(W06)
5.36Mbps
3位 Y!Mobile 53.95Mbps
(803ZT)
6.38Mbps
4位 縛りなしWiFi 19.57Mbps 4.86Mbps

※引用:みんなのネット回線速度より

速度の面でもBIGLOBEWiMAXは一番速くおすすめです。

WiMAXのW06は端末スペックも優れており、規格上の通信最大速度スペックは下り1.2Gbpsです。

端末スペックでもWiMAXは高性能でおすすめできます。

次に速度が速いのはY!Mobile。

Y!mobileはWiMAXがエリア外のときにはおすすめです。

実際の利用者の口コミ

やはり実際の口コミ評価は重要ですので利用者の口コミも見ていきましょう。

BIGLOBEWiMAXは速度が速く安定しているという口コミです。

信頼性の高さが窺えますね。

>BroadWiMAXの下り速度は高評価です。

これだけの速度があればサクサク動画の視聴もできますよね。

Y!Mobileの803ZTが速いという口コミです。

ソフトバンクのLTE回線も信頼性がありますが、803ZTの端末性能も良いことがわかりますね。

縛りなしWiFiのソフトバンク回線も安定して使えるとの口コミです。

口座振替可能なポケットWiFiのデータ容量比較

口座振り替え可能なおすすめのポケットWiFiのデータ容量の比較表を見てみましょう

速度制限にかかりたくない方にとっては、データ容量はポケットWiFiを選ぶ上で重要なポイントになります。

       

口座振替可能なおすすめ4社のデータ容量比較
おすすめ度合い ポケットWiF データ容量 速度制限条件 制限速度
1位 BIGLOBEWiMAX 実質無制限 3日間で10G 翌日18時から翌々日2時までお概ね1Mbps
2位 BroadWiMAX 実質無制限 3日間で10G 翌日18時から翌々日2時までお概ね1Mbps
3位 Y!Mobile 実質無制限 3日間で10G 当日18時から翌朝1時まで約1Mbps
4位 縛りなしWiFi 約60G
(1日2G)
2G/1日 当日中は約128kbps

口座振替可能なポケットWiFiで実質無制限で利用できるのは、おすすめのBIGLOBEWiMAXBroadWiMAXY!Mobileだけです。

できるだけ大容量通信をしたい方で口座振り替え希望の方はこの3社からポケットWiFiは選んでおきましょう。

また、WiMAXとY!Mobileの速度制限は制限されても約1Mbpsの速度が出ます。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
速度制限にかかっても一時的にかかるだけなんだね!
それなら安心かもしれないわ。
那比光太(なびこうた)
こうた
速度制限の1Mbpsならネットショッピングは問題なくできるし、低画質の動画視聴も問題なくできるレベルだね!

速度制限の意味でも、BIGLOBEWiMAXは口座振替可能なポケットWiFiの中では一推しですよ。

一方、縛りなしWiFiの通常プランには1日2Gの制約があります。

縛りなしWiFiには無制限プランは存在せず、通常プランが1番大容量通信ができるプランになっていますので注意してくださいね。

縛りなしWiFiの場合には、速度制限にあうと、スマホの速度制限時とおおよそ同じ速度しか出ず、ほとんど使い物にならない程度の速度しか出ません。

3日間で10GBまでの制限はある

WiMAXやY!Mobileには、実質月間のデータ量は無制限に利用できますが、3日間で10Gまでの利用制限があることに注意してください。

速度制限にかかった場合には夜間に約1Mbpsの速度制限にかかってしまいます。

しかし、1Mbpsの速度制限にかかったとしても通常の静的ページの閲覧は問題なく利用できるレベルです。

また、低画質の動画の視聴なら再送なしに視聴できますし、ネットショッピングでもエラーは出にくい速度です。

縛りなしWiFiの50Gプランも安くて魅力

縛りなしWiFiは通常プランの場合には2G/1日しか利用できませんが、実は、1日のデータ容量に上限がない月間50Gのプランもあります。

毎日2Gに制限されるよりも月間の容量がたくさんある方が便利に利用できるかもしれません。

今日はゲームのイベントがあるからデータをたくさん使いたい、今日は楽しみにしていたチャンネルを視聴したいからデータ容量をたくさん使うなどの使い方ができておすすめ。

料金も通常プランよりも安くていいですね。

縛りなしWiFi50Gプラン
50Gプラン 通常プラン
月額料金 3,575円 3,630円
速度制限 月間で50Gを超えたら 1日2Gを超えたら

上記表の月額料金に口座振替え手数料がかかります。

通常プランでは使い勝手が悪そうだと感じる方は50Gプランにしてみてもいいのではないでしょうか。

口座振替のポケットWiFiを選ぶときのポイント5つ

ポケットWiFiを口座振替で選ぶときにはポイントが5つあります。それぞれ見ていきましょう。

口座振替手数料を含めた実質料金は安いのか

月額料金を比較する際には口座振替手数料を含めた実質月額料金で比較していきましょう。

各ポケットWiFiによって振替手数料が違いますし、場合によっては初期費用を支払うケースもあります。

手数料を含めた料金で検討しなければ実質年間で支払う料金が高くなるでしょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
例えば、BIGLOBEWiMAXの口座振替手数料は1ヶ月あたり200円だから、年間では2,400円の料金を支払うことになるわね!

年間で見ると、口座振替手数料は意外に高額なので検討材料には含めてくださいね。

データ容量のプランは適しているか?

ポケットWiFiを何に使ってどの程度の容量が必要なのかも事前に見積もってください。

データ容量のプランを決める上でも大事なことです。

もしも口座振替対象のポケットWiFiで、無制限に利用したいと考えるなら選択肢は多くありません。

あとは、料金などでどのプロバイダにするのかを決めていけばいいでしょう。

通信速度は満足できるか?

通信速度の速さもチェックしておきましょう。

ポケットWiFiは光回線などと違い速度が安定しないことも特徴です。

端末スペックも重要ではありますが、ポケットWiFiの速度の平均を見ればその回線でどの程度利用できるのかがわかります。

できるだけ通信速度は速い方がストレスなくポケットWiFiを利用していけます。

契約した後に速度が遅いと後悔しないためにも、速度の比較のデータを参考にしながらポケットWiFiを選びましょう

ポケットWiFiの利用場所はエリア内か?

口座振替可能なポケットWiFiは全部で8社です。

WiMAXでは、WiMAX2+という回線を使っているため、提供エリアが限られてしまい、一部で使えない地域があります

WiMAXがエリア外なら、おすすめはソフトバンクの通信網を利用したY!Mobileか縛りなしWiFiです。

どちらもソフトバンクの通信回線を利用しますが、ソフトバンクならエリア外ということは日本全国ほとんどありません

WiMAXを選ぶ場合にはお住いの場所がWiMAXのエリア内なのかをチェックして、もしもエリア外なら、提供エリアが広いY!Mobileなどを検討しましょう。

口座振替で適用されないキャンペーンをチェックする

口座振替でポケットWiFiを契約する際に注意するべきは口座振替では適用されないキャンペーンがないかを確認することです。

例えば、BroadWiMAXはwebからの申し込みで初期費用18,857円が無料になるキャンペーンがあります。

しかし、口座振替をチョイスした場合には初期費用無料のキャンペーンは対象外に。

大きな金額ですので、口座振替対応のポケットWiFiを申し込む際には条件をしっかりチェックするようにしましょう。

ポケットWiFiを口座振替にする場合の注意点

ポケットWiFiの料金を口座振替にするためには下記7つの注意点があります。

注意点を理解した上で口座振替処理をしていきましょう。

ポケットWiFiの支払いはクレジットカード払いの方がお得でおすすめです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
クレジットカードで払う場合にはどこがおすすめなんだろう。
那比光太(なびこうた)
こうた
それはね、「ポケットWiFiのおすすめを22社で徹底比較!
の記事で紹介しているよ!

ですがどうしてもクレジットカード払いができない事情がある場合には、口座振替可能なポケットWiFiを契約してくださいね。

口座振替手数料がかかる

口座振替処理をする場合には、口座振替手数料が取られることが一般的です。

よほど大手のキャリアやプロバイダでなければ口座振替手数料が無料にはなりません。

わずか数百円かもしれませんが、年間に換算すると大きな負担になることを覚えておきましょう。

口座振替の審査に時間がかかることも

口座振替処理には審査があります。

これまでに通信料金を滞納した過去のある方は審査に通りづらい可能性も。

また、クレジットカードやキャッシング、ローンなどの滞納履歴がある方やブラックリストに載っているような方も口座振替の審査に通りづらくなってしまいます。

過去にポケットWiFiを強制解約されてしまった方も対象です。

口座振替審査を通りやすくするためには、ポケットWiFiの月額料金を契約年数分は銀行口座に残高として入れておくことです。

例えばWiMAXの月額料金が3,000円なら3年契約する場合は、3,000円×36=108,000円分を入れておけば審査に通りやすくなります。

口座振替の審査にはおおよそ1〜2ヶ月程度かかる可能性があります。

早ければ数日で終わりますが、過去に金融事故のあった方は審査が長引く可能性があることを覚えておきましょう。

クレカ払いよりも月額料金が割高なケースもある

ポケットWiFiの料金を口座振替で支払うよりもクレジットカード払いにした方が割安になるケースが多いでしょう。

口座振替手数料がかかる場合もありますし、キャンペーンを受けられないケースもあるからです。

また、BroadWiMAXでは、口座振替の場合にauスマホ割プランを選ぶことができません

このように、決められたプランでしか契約できない場合もありますので注意しましょう

そもそも口座振替可能なポケットWiFiが少ない

そもそも口座振替可能なポケットWiFiは数が多くありません

選択肢が少ないため、本当に自分に合ったポケットWiFiを契約できないケースもあるでしょう。

口座振替が可能になるまでは振込払いになる

口座振替処理にはおおよそ2ヶ月程度かかってしまいます。

それまでのポケットWiFiの料金は振り込む必要があります。

振込忘れをしてしまうと、強制解約になる危険性がありますので、払い忘れにご注意ください。

BroadWiMAXの最初の請求日には、初期費用の18,857円(税抜)や事務手数料の3,000円(税抜)が月額料金と合わせて請求されます。

意外に初期費用が高額になる恐れがありますから注意してくださいね。

口座振替では初期費用が高額になる恐れも

ポケットWiFiを口座振替で支払う場合には、初期費用が高額になるケースがあります。

例えば、縛りなしWiFiでは初期費用に10,000円が加算されますし、BroadWiMAXでは初期費用無料キャンペーンが対象外になるため、18,857円かかってしまいます。

ポケットWiFiを店頭で受け取る場合は条件がある

ポケットWiFiは種類によっては店頭で受け取ることが可能

ドコモやソフトバンク、UQのポケットWiFiは家電量販店やドコモショップ、ソフトバンクショップ、UQスポットなどで契約すれば店頭でその場で端末を受け取れます。

ですが、店頭受け取りの場合には、web申し込みにあるようなお得なキャンペーンや特典の対象外になってしまうことも。

BroadWiMAXはwebで申し込んでも店頭で即日に受け取ることができますが、口座振替の場合には、店頭で銀行のキャッシュカードを渡して審査が行われます。

もしもキャッシュカードを忘れた場合には、端末を当日に受け取ることができない可能性もありますので、ご注意ください。

まとめ

ポケットWiFiは口座振替でも料金を支払うことができます

現在口座振替可能なポケットWiFiは全8種類です。

口座振替ができるポケットWiFiのおすすめは下記の4社です。

さらにFujiWiFiなら振り込み払いに対応しています。

ポケットWiFiは口座振替手数料がかかってしまうため、できるだけクレジットカード払いにした方がお得です。

何らかの事情で口座振替を希望する場合には、本記事を参考に自分にぴったりなポケットWiFiを選んでくださいね。

ポケットWiFiで、あなたの暮らしがより豊かになることをお祈りします。