閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

もし『蜘蛛の糸』のお釈迦様が光ファイバーケーブルを降ろしたら

thread of spider_eyecatch

ある日の事です。お釈迦様はいつものように極楽の蓮池のふちを、一人でぶらぶらと歩いていました。池の中に咲いている蓮の花からは、何ともいえないいい匂いが、絶間なくあたりへ溢れています。極楽は丁度朝なのでしょう。

やがてお釈迦様は水面を覆っている蓮の葉の間から、ふと下の様子を見てみました。この極楽の蓮池の下はちょうど地獄の底に当たり、水晶のような水を通して見れば、三途の河や針の山の景色が、双眼鏡で覗いたかのように、はっきりと見えるのです。

するとその地獄の底に、神田タカシという男が一人、他の罪人と一緒にうごめいている姿が目に留まります。神田の様子を見ていると、やがてお釈迦様はよく似た男のことを思い出しました。

その男の名前はカンダタ。カンダタは色々悪事を働いた大泥棒でしたが、小さな蜘蛛を助けた(踏み殺すのをやめてみた)という善行の経験があったのです。それを鑑みたお釈迦様は蜘蛛の糸を降ろし、地獄から救い出してやろうと考えたのですが……それは失敗に終わりました。

神田がカンダタと縁のある男と気づいたお釈迦様は、もう一度あの時と同じことを試そうと考えました。


地獄の底、血の池の外れで浮き沈みしていた神田は、何気なく遠くの空を眺めていました。すると闇の中を何か縄のようなものが降りてきているではありませんか。一体あれは何なのかと、地獄の鬼たちの目を盗んで血の池から上がり、近くへ駆け寄ってみました。

「これは……何だ? ケーブル?」

神田はケーブルを見るなり、思わず手を打って喜びました。何のケーブルかは分かりませんが、このケーブルを登っていけば、きっと地獄からぬけ出せるに違いありません。いや、うまく行くと、極楽へ入る事さえもできるでしょう。

そう思い、早速そのケーブルを両手でしっかりとつかみながら、一生懸命に上へ上へと登り始めました。ところが少し登るたびにズルズルとずり落ちてきてしまいます。あっという間にくたびれて、もはや諦めてしまいました。それもそのはず、この神田の専門はインターネット系の詐欺行為。大泥棒のカンダタとは違い筋力が圧倒的に不足していたのです。

しかしこの地獄に似つかわしくないケーブルは一体なんなのでしょう。その先端がどうなっているのか気になった神田がケーブルをたどっていくと、とても信じられないものを見つけました。

thread of spider_1

なんとケーブルの先端には、回線終端装置と無線LANルータが繋がっていたのです。そう、天より降りてきていたのは光ファイバーケーブルでした。

まさかと思い、偶然持っていたとびきり頑丈なノートPCを起動して確認してみると、なんとアクセスポイントの反応があります。

thread of spider_3

しかも幸運なことに、パスワードがかかっていません。そのまま操作していくと、なんと普通にインターネットに接続できてしまいました。

「しめた! このケーブルを登るのはとても無理だが、インターネットの力を使えばこの地獄から脱出できるかもしれない」

さっそく神田は検索サイトにアクセスし、地獄からの脱出方法について調べてみました。

thread of spider_4

しかし出てくるのは借金地獄からの脱出について書かれたサイトばかり。思わず「自己破産でもしとけや……」と神田は悪態をつきました。本物の地獄での責め苦を知る身としては、借金地獄なんて屁でもありません。

「バカな……! 地獄からの脱出方法がひとつも見つからない!! インターネットは、何でも知りたい情報が見つかるんじゃなかったのか!!?」

神田はインターネットを過信していました。

ロープを登るコツについても調べてみましたが、下手に光ファイバーケーブルにダメージを与えて断線させてしまえば目も当てられないので、結局のところ登る気にはなれません。

次に試したのは質問投稿サイトでした。

thread of spider_5

当然ながら、誰一人として信じてもらえませんでした。

回答には嘘つき呼ばわりやネタ扱いするメッセージの他、揚げ足を取るような投稿が次々やってきます。

なぜアクセスポイントがあるのか。電源はどうなっているのか。そのノートPCはどうした。血の池に入っても壊れないのか。どこのプロバイダに繋がってるんだ。そんな高さからの引っ張りに耐えられるケーブルがあるものか。

「こいつら、ごちゃごちゃと……知るか! 現にネットにアクセスできてるだろ!! ノートPCは死んだ時にカバンに持ってたからか、持ち込めたんだよ!!」

他にも匿名掲示板、各種SNS、警察、消防、住職、子ども電話相談室などを当たってみるも、信じてもらえないのは当たり前、ひどい場合は強烈な罵倒を受けました。

このままでは埒が明かないと気づいた神田は、あることを思い出しました。

「そういやこのPC、ウェブカメラが付いてたな……」

thread of spider_6

『地獄、発見される』

その驚くべきニュースは、あっという間に世界中を駆け巡りました。

決め手となったのは、神田による地獄の実況動画の投稿です。血の池、釜茹で、針の山、賽の河原、焦熱地獄に八寒地獄……地獄ではいたるところで鬼によるショッキングな責め苦が行われています。神田はそれらを次々と撮影し動画サイトに投稿していきました。

はじめこそ「趣味の極めて悪い動画だな。CGかな?」といった認識を受けていましたが、動画のあまりのリアリティから「これは本当の地獄では?」という噂が広がるのに時間はかかりませんでした。やがて動画に登場する神田自身がすでに亡くなっていることも判明し、地獄の存在は確実なものとして認知されたのです。

死後の世界があると判明したことによる世界への影響は計り知れませんでした。

宗教に与える壮絶なインパクトはもちろん、過去に亡くなった人とのやり取りによっては、過去の未解決事件の真相なども聞き出せます。さらには「この世界の仕組み」の解明にも大きく貢献することは疑いようがありません。

これから文字通り、歴史が次々と塗り替えられていくことでしょう。

「ヤバいことになったかも」

極楽で長めの昼寝から目覚め、地獄と現世の様子を見たお釈迦様は頭を抱えていました。

本来であれば蜘蛛の糸を降ろそうとしたところ、手頃な蜘蛛が見つからず、代わりに最近極楽にも開通した光ファイバーケーブルがあったので「これでいいや」と降ろしてしまったのです。ご丁寧に回線終端装置と無線LANルータも付けたまま。

くしくもインターネットの代表的な機能であるウェブの語源は「蜘蛛の巣」。ウェブを構成する一部にあたる光ファイバーケーブルは「蜘蛛の糸」と言っても差し支えないでしょう。もしかすると神田は過去に回線事業者やプロバイダ、あるいは回線終端装置に対して善行を働いたのかもしれません。

「これだけの騒ぎを起こすと流石に怒られたりするんだろうか……いやまて、私は釈迦だぞ。自信を持て。誰かに何か文句を付けられようものなら、逆にやり返してくれるわ」

一方そのころ神田はというと、地獄Tuber(ジゴチューバー)としての動画投稿に加え、現世から寄せられる大量の質問に対するやり取りに追われていました。

「よし。次は鬼と閻魔様にインタビューしてみよう」

地獄から脱出するという目的は完全に見失っていました。

そんな中、動画のアップロードに妙に時間がかかっていることに気づきました。どうやらネットワークの速度が大幅に低下しているようで、このままでは業務に多大な支障が出てしまいます。

一体どうしたことかと周りを見渡してみると、数限りない罪人たちがスマホを持って一心不乱となりWi-Fiに接続しているではありませんか。神田はこれを見て「これほどの人数が接続できるとは……まさかこの無線LANルータ、業務用か? 家庭用ならたかだか数10人が限度のはず」と考えましたが、すぐ我に返り大きな声を出して、「このアクセスポイントは俺のものだ。タダ乗りするな! 下りろ下りろ(?)」と喚きました。

その途端です。今まで元気に通信していた光ファイバーケーブルが、突如内部で断線しました。これには神田もたまりません。

「何? ネットワークエラー?? バカな……!」

しばらくノートPCを操作して奮闘していた神田でしたが、いかに神田にITの知識があろうとも、遥か上方で断線している光ファイバーケーブルを修理することは叶いません。

「俺の地獄チューバー生活が……」

後にはただ壊れた光ファイバーケーブルが、きらきらと細く光りながら垂れているばかりでした。

お釈迦様は極楽の蓮池のふちに立ちながら、この顛末を見て、軽くガッツポーズをしました。

「とりあえずこれ以上の被害拡大は食い止められた……! なぜケーブルが断線したのかは、さっぱりわからないが」

その時です。喜びを噛みしめるお釈迦様に、背後から男が近づいてきました。

「よお、何か嬉しそうだな。ここはどこだ? 極楽なのか?」

振り返って男の顔を見たお釈迦様は大層驚きました。男はあの、蜘蛛の糸から落ちたカンダタだったのです。

血の池の底に沈んだかに見えたカンダタでしたが、しぶとく生きながらえていました。そしてまたしても極楽へ登る道を見つけ、今回ついに成し遂げたのです。

「蜘蛛の糸と比べて、あの縄は太くてずいぶん登りやすかった」

口を開け呆気にとられているお釈迦様は、さらに驚くべきものを目にします。カンダタの後ろから、数名の人影が近づいてくるではありませんか。まさか、とお釈迦様は身震いしました。

「蜘蛛の糸の時は、重さで切れてしまうかと思って他の罪人共に下りるよう命令したが、今回は頑丈そうだったから普通に一緒に登ってきたぜ。なああんた、聞いてるのか?」

そう話している間にも、続々と罪人が極楽に到達してきます。よくよく見るとすでに数百という罪人が極楽の地を踏みしめ、歓喜に震えています。

お釈迦様はこの惨状を見なかったことにすると、またぶらぶらと歩き始めました。

夜中たわし

元SE、現フリーランスの2児の父。ブログではゲームのレビューや育児ネタなどを書いているが、最近ゲームと育児の猛烈な相性の悪さに気づいた。

関連記事