閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

プロゲーマーにごんごがお届け!オンラインゲームに適した回線とは?【にごレポ!第一回】

プロゲーマーのにごんご選手がオンラインゲームの回線や機材、上達法についてレポートするシリーズ連載【にごレポ!第一回】

今回はオンラインゲームの回線についてレポートします。

とうじょうじんぶつ

にごんごにごんご
ストリーム配信をメインに行っているプロゲーマー。
Twitter:にごんご (@nigo_ngogo)
ストリーム配信:OPENREC.tv
所属チーム:DetonatioN Gaming
所属チーム公式Twitter:@team_detonation

アマノアマノ
株式会社ネットフォレストが運営するプロバイダー「Gaming+(ゲーミングプラス)」の担当者

らいち阿豆らいち
フリーランス歴20年のクリエイター。この記事の絵と文を書いた人。
Twitter:阿豆らいち (@AzuLitchi)
ブログ:らいちのヒミツ基地

オンラインゲームの回線を質問!


コワーキングスペース「/Bangarrow」にて

PING値とは

アマノ

元々、PING(ピン・ピング)とはネットワークの到達性を確認するためのコマンドで、対象のサーバへの応答時間を調べることができます。
オンラインゲームではネットワークのダウンロード(下り)やアップロード(上り)の速度だけでなく、応答速度であるPING値も重要視されるのです。

らいち
ISP(インターネットサービスプロバイダ)ではPING値を公称していないのですか?
アマノ
PING値は住んでいる場所や対象サーバとの相性で差違が出るため、残念ながらISPでは公称することはできません。

PING値を上げるためには

にごんご
PING値を上げるには何をしたらいいんでしょう?
アマノ

ネット接続は無線LANではなく有線のEthernetケーブルCAT6以上を使うと良いです。古いEthernetケーブルは物理的に断線していることだってありますよ。

また、通過する端末を極力減らすことで速度の改善が見込まれます。最少の機器構成はモデムとPCを直接繋げることですが、セキュリティや利便性の観点からモデム→ルーター→PCの構成が一般的かつ安心です。この構成ならPING値の減衰もそこまで気にならないでしょう。

にごんご
私も「モデム→ルーター→PC」で有線接続してます!
アマノ
機器構成を見直すことはもちろんですが、最も効果的なのは自分の地域で空いているインターネットサービスプロバイダ(ISP)…いわゆる「当たりISP」を探すと良いでしょう。
にごんご
当たりISP…?
アマノ
一般的なプロバイダはNTTのビル内に「網終端装置」と呼ばれる設備を設置していて、利用者は大まかにNTTのフレッツ網→網終端装置→プロバイダのバックボーン→インターネットの順番で通信しています。

らいち
うへえ、作図が捗ります…!
アマノ
そのためプロバイダの良し悪しは「網終端装置」の台数や空き具合と「バックボーン」の回線の太さや空き具合によって変わってきます。特に近年では利用者や通信量の急増により「網終端装置」の混雑が常態化しています。
つまり「利用者が少なく網終端装置が空いているISP」=「当たりISP」となります。ただしISPの品質は実際に自分の環境で使ってみないと分からないことが多く、口コミも100%参考になるわけではありません。
にごんご
ISPを探すのも難しいんですね。
アマノ
そこでGaming+は混雑しがちな「網終端装置」を通らない接続方式を採用し、いつでも高速かつ高品質なサービスを実現しました! おかげさまで沢山のゲーマーの皆様にご好評いただいていますよ。
らいち
ここでさりげないアピール!

IPv6にすると回線速度は上がる?

アマノ
うーん…IPv6なら速いというわけではないです

IPv6とは

アマノ
IPv6は「Internet Protocol Version 6」の略で、主にインターネットの住所番地を示す番号のプロトコルとなっています。現行の標準プロトコルであるIPv4では0.0.0.0〜255.255.255.255の組み合わせで256の4乗個…約43億個の住所(グローバルIPアドレス)が作れます。しかしインターネットに接続する機器が世界中で増えたため、グローバルIPアドレスの不足が叫ばれてきました。そこで誕生したのがIPv6です。
らいち
IPv4からIPv6になると約43億個の1677万倍くらい増えるんでしたっけ?
アマノ
もっと…もっとです!IPv6では住所の組み合わせが約3.4×10の38乗個…つまり3.4兆×1兆×1兆個以上のIPアドレスを使えることになります。これで地球上の全てのインターネット接続機器にグローバルIPアドレスを割り振れて、グローバルIPアドレスの不足は解決されたわけですね。
にごんご
グローバルIPアドレスの不足は解決されたのに、IPv6なら速いというわけではないと…?

IPv6の現状

アマノ
ええ。実はIPv6が速いと言われる理由は少し前に説明した「網終端装置」を通らずに通信できるところから来ているんです。混雑する部分が無いから速いというわけですね。

アマノ
ただしサービスを提供しているサーバと端末まですべてIPv6に対応してこそ、その恩恵を受けられます。現在はまだIPv6をサポートしていないサービスや端末機器も多いので、単純にIPv6の接続にするだけでは回線速度の改善は見込めません。
にごんご
そんなあ…なんとかなりませんか?
アマノ
Gaming+ではv6プラスというIPv6のネットワークと品質で従来のIPv4のネットワークと通信できる方式を採用しているので、サービスや端末がIPv4しか対応していなくてもIPv6の速度の恩恵を受けられますよ!
らいち
またしてもアピール!

上りと下り速度(アップロードとダウンロード回線)

にごんご
PINGやIPv6以外にも、当然上りや下り速度が速い方がいいっていいますよね?
アマノ
たしかに、あまり遅いとラグ出ますね。

ダウンロード(下り)速度

アマノ
ダウンロード速度は家庭でインターネットを普通に使う程度なら10〜20Mbpsあれば十分なのですが、まだまだ2Mbps程度しか出てないご家庭もあります。
にごんご
私も速度的にマンションタイプは不安なので、家主の許可を得てファミリータイプを入れました。

アップロード(上り)速度

アマノ
メタル回線の頃は下りと上りが非対称であることが多かったのですが、光回線サービスでは上下対称速度なので、上り側は比較的空いています。
らいち
ウェブページや動画の閲覧ならほぼ下りばかり使うことになりますもんね。上りはどういう時に使うんだろう…。
アマノ
上り速度はゲーム配信の際に重要になります。

らいち
にごんご (@nigo_ngogo)さんはほぼ毎日OPENREC.tvでゲームの実況を配信しているので、Twitterをフォローして華麗なプレイと面白トークを楽しむとイイと思います!
アマノ
ゲーム実況の配信を視るにも通信速度が速い方が断然有利ですね。反対ににごんご選手のように実況配信をされる方は上り速度にも気を配ってみてはいかがでしょうか。実はにごんご選手のチームメイトでもありOPENREC.tvでガンガン実況配信しているSUMOMOXqX選手もGaming+を使っているんですよ!
らいち
…やりおるわい!
にごんご
つまりオンラインゲームを楽しむにはGaming+の光回線サービスがオススメってことじゃんね!!

※ドン勝

PUBGというオンラインバトルロイヤルゲームで最後の一人の生き残りになること。お祝いメッセージに「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」と表示されることに由来する。

次回予告

にごんご
次回【にごレポ!】は、私がオンラインゲームで使ってる機材についてレポートしちゃうよ!お楽しみに!

関連記事