" />
検索 わたしのネット ロゴ

【2021年最新】36社比較|安いおすすめインターネット回線の選び方と相場料金を解説

インターネット 安い-アイキャッチ

インターネット回線はできるだけ安く契約したい!という方は多いでしょう。

今回は料金重視の人に向けて、インターネットが安いオススメの回線を紹介していきます。

ずばり結論として、インターネット回線全53社を比較したオススメは以下のとおりです。

【2021年】インターネットおすすめ窓口
種類 オススメ窓口
光回線
ホームルーター
ポケットWiFi
那比光太(なびこうた)
こうた
実際、毎月どれくらいの料金がかかるのか、相場も解説していくよ。

ただし光回線を選ぶ場合は、キャッシュバック額や月額料金だけでなく、初期費用やスマホとのセット割もチェックした上で決めることが大切です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
インターネット選びで注目してほしい5つのポイントも紹介するからチェックしてね!

この記事を参考にあなたにとってコストパフォーマンスがよく、最適なインターネット回線を見つけてくださいね。

※2021年10月時点の情報です

この記事でわかること

まずはインターネット回線の相場をチェック!

インターネットへの接続手段

インターネット回線は、大きく分けると以下の3タイプに分類できます。

それぞれの料金の目安や、持ち運びと速度の安定性、工事の可否を簡単にまとめました。

3つのインターネット料金

まずはそれぞれのインターネット回線の料金相場や特徴などをチェックし、自分にあったサービスを選びましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた
それぞれオススメできる人も紹介するから、安さだけじゃなくインターネットを使う用途や場所によって検討してみてね!

光回線の相場料金

光回線がつながる仕組み

【光回線の料金相場】
戸建て:5,000円前後
マンション:3,800円前後

光回線とは、電柱から光ファイバーを自宅に引いて接続する方式のインターネット回線です。

まずは光回線がどんな人にオススメなのか、以下にまとめました。

  • 現在考えられる中でもっとも速い回線速度を求める人
  • 自宅から接続する機会が多い人
  • 容量制限なしで好きなだけ通信したい人
  • オンラインゲームなどを多用していて、安定した回線を求める人

光回線の最大の強みは、安定した高速通信を利用できるところです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

光回線は容量無制限だから、高画質動画や大容量ファイルのやりとりもたっぷり楽しめるわよ!

那比光太(なびこうた)
こうた

オンラインゲームなどをよく利用する人は、高速の光回線を利用すると快適にプレイできるね!

光回線は、マンションタイプと戸建てタイプで料金が異なっており、料金はマンションタイプのほうが安いです。

光回線の相場は、戸建ての場合5,000円前後、マンションの場合3,500~4,500円の間です。

平均すると、戸建てとマンションでは月額1,000円程度の差があることがおわかりいただけるでしょう。

また、光回線を選ぶ際は、ご自身の利用しているスマホとのセット割が使えるかどうかを見極めることが大切です。

なぜなら、セット割を適用すると、毎月のスマホ代が1台につき最大1,100円安くなるからです。

今回はスマホとのセット割にあわせた以下の回線をオススメしています。

光回線の料金比較をみる
 

※このボタンから解説へジャンプ

ホームルーターの料金相場

ホームルーター3機種

【ホームルーターの料金相場】 3,500円前後

ホームルーターは工事不要でコンセントに挿せばインターネットに接続できる、据え置きするタイプのモバイル端末です。

ホームルーターは、以下のような人に向いています。

  • 自宅からインターネット回線を利用したい人
  • 光回線の工事ができなかった人
  • ポケットWiFiよりも通信速度や安定性の高い回線を選びたい人
  • 容量無制限で通信したい人

ホームルーターは据え置き型で大きなアンテナを内蔵しているので速度が安定しており、複数台の通信機器を同時接続できるので、工事不可などの問題で光回線を引けなかった人も安心です。

一方、ポケットWiFiはデータ容量に制限があったり、通信速度も光回線やホームルーターに比べると安定しにくかったりと、とにかく持ち運びを重視する人にオススメできるサービスです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ホームルーターは工事不要だけど大人数でシェアできるから、光回線とポケットWiFiの中間的な存在なのね!

ホームルーターは現在、WiMAXとソフトバンクAirの二択しかありませんが、それぞれ契約できるプロバイダや窓口はいくつもあり、どこから申込めば安いのかしっかり比較する必要があります。

今回はホームルーターの窓口を比較して、以下の2社をオススメしていますよ。

ホームルーターの料金比較をみる
※このボタンから解説へジャンプ

ポケットWiFiの料金相場

ポケットWi-Fiとは

【ポケットWiFiの料金相場】 3,500円前後

モバイルWiFiルーター(ポケットWiFi)は、外出先に持ち運んで利用できるタイプのインターネット回線です。

携帯していると外出先でもインターネットを楽しめるので、電車やバスの移動中に動画を見ることが多い方など、自宅よりも屋外でインターネットを利用する機会が多い方に適しています

ポケットWiFiは、以下のような方にピッタリな回線といえるでしょう。

  • 屋外でインターネットを利用することが多い人
  • 自宅に固定回線を引けない人
  • 海外に旅行や出張をする機会が多い人
  • 月額料金をなるべく安くしたい人

ポケットWiFiの平均相場は3,500円前後ですが、1か月のデータ容量で月額料金は大きく変わります。

那比光太(なびこうた)
こうた
たとえば、20GBの小容量プランで十分な人は月額料金を2,000円程度に抑えられるよ!

今回はデータ容量ごとに最安値のポケットWiFi5社を紹介しているので、ぜひチェックしてくださいね。

ポケットWiFiの料金比較をみる
※このボタンから解説へジャンプ

【光回線20社比較】スマホとのセット割にあわせた安い5選

安い光回線を見極めるために、まずは最新事業者20社の料金やキャンペーンやセット割などを一挙比較しましょう!

那比光太(なびこうた)
こうた
でも、月額料金が安い!と思ってもキャッシュバックがなかったり、キャンペーンがバラバラだからどこが本当にお得かわかりにくいんだよね…
那比得子(なびとくこ)
とくこ
本当に安いのがどこか調べるには、契約期間内で支払うトータルの料金=「実質料金」をチェックすると一番わかりやすいわよ!

実質料金は契約期間内に支払う月額料金と開通工事費などの初期費用を足して、キャッシュバックや料金割引で受けられる特典額を引くので、総額いくら支払うのかが確認できますよ。

【光回線の実質月額料金】
月額料金(光電話含む)×契約期間-初期費用(事務手数料+開通工事費)-特典額(キャッシュバック・工事費割引など)÷契約期間

光回線はお使いのスマホキャリアとのセット割が利用できる事業者で1番実質料金が安い会社を選ぶのがオススメです。

では早速、光回線の比較表をみながら実質料金が安いのはどこかチェックしてくださいね。

光回線最新比較表
エリア 契約期間 実質料金※1 セット割引 月額料金※1 キャッシュバック 工事費無料 平均速度※2
戸建て マンション 戸建て マンション
コミュファ光
東海
2年
3,657円
1,749円
au
5,170円
3,470円
最大50,000円
470.82Mbps
NURO光
北海道・関東・東海
関西・中国・九州
3年
4,592円
1,736円~
Softbank
5,200円
2,037円~
45,000円
459.66Mbps
auひかり
関西・東海・
沖縄県以外
3年
(マンションは2年)
4,319円
2,193円
au
5,610円
4,180円
最大60,000円
363.07Mbps
ピカラ光
四国
2年
4,252円
3,093円
au
4,950円
3,740円
25,000円
351.59Mbps
eo光
関西
2年
4,383円
3,653円
au
3,248円~
3,326円~
10,000円
(商品券)
412.95Mbps
BBIQ光
九州
3年
(マンションは2年)
4,658円
3,597円
au
4,070円~
3,300円~
30,000円
313.88Mbps
メガエッグ光
中国
3年
4,706円
3,606円
au
4,620円
3,520円
20,000円
306.38Mbps
GMO光アクセス
全国
3年
4,488円
3,498円
3,773円
4,818円
346Mbps
So-net光プラス
全国
3年
5,549円
4,443円
au
2,980円~
1,980円~
264.48Mbps
ぷらら光
全国
なし
5,197円※3
3,739円※3
ひかりTV
5,280円
3,960円
35,000円
212.85Mbps
BIGLOBE光
全国
3年
5,203円
4,103円
au
BIGLOBE SIM
5,478円
4,378円
33,000円
224.45Mbps
@nifty光
全国
3年
5,339円
4,034円
au
5,720円
4,378円
30,000円
175.36Mbps
ドコモ光
全国
2年
5,574円
※4
4,254円
※4
ドコモ
5,720円~
4,400円~
20,000円
223.1Mbps
楽天ひかり
全国
3年
5,671円
4,479円
3,080円~
1,980円~
185.16Mbps
DTI光
全国
なし
5,680円※3
4,403円※3
au
DTI SIM
5,280円
3,960円
19,000円
216.64Mbps
DMM光
全国
2年
5,944円
4,800円
5,302円
4,158円
240.49Mbps
ソフトバンク光
全国
2年
6,008円
4,468円
SoftBank
ワイモバイル
5,720円
4,180円
37,000円
258.32Mbps
enひかり
全国
なし
5,720円※3
4,620円※3
UQ mobile
4,620円
3,520円
310.35Mbps
OCN光
全国
3年
6,099円
4,449円
OCNモバイルONE
5,610円
3,960円
22,000円
231.98Mbps
フレッツ光
(西日本)
全国
2年
7,242円
※5
5,674円
※5
5,830円
4,235円
223.31Mbps
フレッツ光
(東日本)
全国
2年
7,682円
※5
5,619円
※5
全国
6,270円
4,345円
223.31Mbps

※1:価格は税込、1Gbpsプラン(NUROは2Gbpsプラン)、マンションは16契約以上、プロバイダ一体型、光回線+光電話の料金で計算
※2:みんなのネット回線速度に投稿された、各光回線の平均速度を掲載しています
※3:2年間の実質料金
※4:タイプAの料金を記載
※5:プロバイダSo-netの料金含む

結論、スマホとのセット割にあわせたオススメの契約先は、以下のとおりです。

戸建てで実質料金がもっとも安いのはコミュファ光ですが、契約できるエリアは東海地方に限られています。

ある程度エリアが広い光回線で最安値なのは戸建て・マンションともにNURO光で、次点に高額キャッシュバックがもらえるauひかりがありますよ。

ただし、auひかりもNURO光も提供エリアが限定されているので、エリア外だった場合は日本全国で契約可能な光コラボ事業者をセット割で選ぶのがオススメです。

光コラボで最安値はauスマートバリューが適用されるSo-net光プラスですが、ドコモユーザーはドコモ光を、ソフトバンユーザーならソフトバンク光を検討しましょう。

格安スマホユーザーに向けたオススメの回線も紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

auユーザーなら「auひかり」

auhikari
auスマホをお使いなら、まずは実質料金が安いauひかりを選びましょう

【auひかりの概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
■以下の府県を除くエリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県
福井県、岐阜県、愛知県、静岡県、三重県
沖縄県
沖縄県以外
セット割
au(最大1,100円割引/月)
最大速度
1Gbps~10Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
41,250円
33,000円
月額料金
1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目:5,390円
4,180円
キャンペーン内容
・最大60,000円キャッシュバック
・工事費実質無料
・auひかり新スタートサポート上乗せキャッシュバック
契約期間
3年
2年
実質総額
155,490円
52,640円
実質月額
4,319円
2,193円

※すべて税込

auひかりの契約窓口としては、フルコミットがオススメです。

フルコミットでは最大60,000円という高額キャッシュバックを、オプション不要で最短翌月末に受け取れます

また、契約時の電話で口座番号を伝えるだけでキャッシュバックを申請できますので、手続きもカンタンです。

auひかり×フルコミットの申込みはこちらから

auひかりがエリア外の場合は「So-net光プラス」

So-net光プラス_公式
auひかりは対応エリアが限られていますので、対応エリア外にお住まいのauスマホユーザーには、auひかりと同じauのセット割を使えるSo-net光プラスがオススメです。

So-net光プラスの概要を以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

【So-net光プラスの概要】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
日本全国
セット割
au(最大1,100円割引/月)
最大速度
1Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
26,400円
月額料金
1年目:2,980円
2年目~:6,138円
1年目:1,980円
2年目~:4,928円
キャンペーン内容
・月額料金大幅割引特典
・工事費実質無料
・WiFiルーター無料
・セキュリティソフト無料
・訪問設定サポート無料
契約期間
3年
3年実質総額
199,770円
159,940円
3年実質月額
5,549円
4,443円

※すべて税込

So-net光プラスを申し込むときのオススメの窓口は、特典が非常に豊富なSo-net公式です。

月額料金の大幅割引を受けられるほか、v6プラスルーターやセキュリティソフト、訪問設定までが無料です。

契約後の設定が不安な方でも、心配なく契約できますので、ぜひ活用しましょう。

So-net光プラス×So-net公式の申込みはこちらから

ソフトバンクユーザーなら「NURO光」

NURO光

NURO光は標準プランでも最大2Gbpsを誇る光回線で、ソフトバンクとのセット割を使えます

セット割を適用すると、以下の表でご紹介する月額料金とは別に、ご自身とご家族のソフトバンクスマホ1台につき月額最大1,100円が割引されますよ。

【NURO光の概要】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県
茨城県、栃木県、群馬県、愛知県、静岡県
岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府
滋賀県、奈良県、広島県、岡山県、福岡県
佐賀県
セット割
ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
最大速度
2Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
26,400円
月額料金
5,200円
2,090円~2,750円
キャンペーン内容
・45,000円キャッシュバック
・基本工事費実質無料
・設定サポート1回無料
契約期間
3年
3年実質総額
165,300円
73,340~97,100円
3年実質月額
4,592円
2,037~2,697円

※すべて税込

NURO光を申し込む際のオススメの窓口は、公式特設サイトです。

45,000円の高額キャッシュバックで実質料金が大きく下がり、設定サポート1回無料、基本工事費実質無料といった特典も受けられます。

また、マンションタイプは「NURO光 for マンションとなり、設備導入済みの集合住宅のみで契約可能となる点に注意しましょう。

ただし、戸建てと同一料金のマンションミニプランであれば個別契約も可能です。

NURO光は対象エリアが限定されているので、まずはご自身が提供エリア内かどうかを確認してみてくださいね。

NURO光×公式特設サイトの申込みはこちらから

NURO光がエリア外の場合は「ソフトバンク光」

ソフトバンク光_NEXT

ソフトバンク光も、ソフトバンクのセット割を適用できる光回線です。

NURO光の対象エリアから外れているソフトバンクユーザーは、ソフトバンク光を検討しましょう。

【ソフトバンク光の概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
日本全国
セット割
ソフトバンク(最大1,100円割引/月)
最大速度
1Gbps~10Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
26,400円
月額料金
5,720円
4,180円
キャンペーン内容
・最大37,000円キャッシュバック
・工事費実質無料(乗り換えの場合)
・違約金負担最大100,000円キャッシュバック
・Nintendo Switchプレゼント
契約期間
2年
2年実質総額
143,180円
106,220円
2年実質月額
5,966円
4,426円

※すべて税込

ソフトバンク光を契約する際は、NEXTから申し込みを行いましょう

37,000円のキャッシュバックのほか、工事費実質無料キャンペーンなどの公式の特典ももちろん受け取れるため大変お得です。

また、現金キャッシュバックを「Nintendo Switchプレゼント」の特典に切り替えることも可能です。

他社回線からの乗りかえでソフトバンク光を契約する場合は、最大100,000円まで違約金負担キャッシュバックが受けられるのも見逃せませんね。

ソフトバンク光×NEXTの申込みはこちらから

ドコモユーザーなら「ドコモ光」

GMOとくとくBBトップ
ドコモ光は、ドコモのセット割を適用できる唯一の光回線ですので、ドコモユーザーにとくにオススメです。

まずは概要をまとめましたので、チェックしてみましょう。

【ドコモ光の概要(1ギガプランの場合)】
戸建てタイプ マンションタイプ
提供エリア
日本全国
セット割
ドコモ(最大1,100円割引/月)
最大速度
1Gbps~10Gbps
契約事務手数料
3,300円
工事費
19,800円
16,500円
月額料金
5,720円~
4,400円~
キャンペーン内容
・20,000円キャッシュバック
・dポイント2,000ptプレゼント
・高性能WiFiルーター無料
契約期間
2年
2年実質総額
133,780円
102,100円
2年実質月額
5,574円
4,254円

※すべて税込

ドコモ光を申し込むならイチオシの窓口はGMOとくとくBBです。

有料オプションの加入など適用条件もなしに最大20,000円のキャッシュバックが受け取れるほか、高性能のWiFiルーターも無料でレンタルできます。

GMOとくとくBBはフレッツ光や他社光コラボの契約者と回線を共有するドコモ光の速度を、v6プラスという最新技術で快適に保ち、高速通信ができると評判がいいプロバイダです。

お得なキャンペーンと快適な速度、どちらも手に入れたいならぜひGMOとくとくBBをチェックしてくださいね。

ドコモ光×GMOとくとくBBの申込みはこちらから

格安スマホユーザーにオススメの光回線4社

WiFiのアイコン

セット割に適用した光回線を選べば大手3大キャリアのサービスでスマホ1台あたり最大1,100円もの割引きが受けられますが、格安SIMスマホのセット割は数百円程度なのでセット割を重視してもあまりメリットがありません

那比得子(なびとくこ)
とくこ
格安スマホのセット割適用時の割引額もチェックしておいてね!
格安スマホセット割対応表
光回線名 セット割 1台あたりの割引額/月
ソフトバンク光
ワイモバイル
最大1,188円
BIGLOBE光
BIGLOBEモバイル
最大330円
DTI光
DTI SIM
165円
enひかり
UQmobile
110円
OCN光
OCNモバイル one
220円
DMM光
DMMモバイル
550円
楽天ひかり
楽天モバイル
月額料金1年無料

※価格は税込

格安スマホユーザーはセット割を重視するより、料金が安く速度も速い以下の4社がオススメですよ。

契約期間 実質料金
(戸建て)
実質料金
(マンション)
エリア
auひかり
3年
(マンションは2年)
4,319円
2,193円
関西・東海・
沖縄県以外
NURO光
3年
4,592円
2,037~2,697円
北海道・関東・東海
関西・中国・九州
GMO光アクセス
3年
4,488円
3,498円
全国
So-net光プラス
3年
5,549円
4,443円
全国

※すべて税込

那比光太(なびこうた)
こうた
セット割が適用されなくても上記4社は実質料金が安いから、少ない割引額目当てに格安スマホのセット割が利用できる事業者を選ぶよりお得だよ!

まずは4社の中で実質料金が最安値のNURO光が契約できないか、検討しましょう。

NURO光は月額料金が安く最大45,000円のキャッシュバックがもらえるうえに、独自回線を使っているので速度も速く、快適な接続が可能です。

NURO光がエリア外だったり、キャッシュバックを重視したい方はauひかりもオススメです。

auひかりも自社の独自回線を使っており、代理店フルコミットから申し込めば最大60,000円の高額キャッシュバックがもらえますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ただし、NURO光もauひかりも契約できるエリアは限られるわ。

NURO光もauひかりも提供エリア外なら全国で契約できる光コラボで最安値のGMO光アクセスを候補に考えましょう。

GMO光アクセスはシンプルで分かりやすプランかつ、月額の利用料金が非常に安いという特徴があります。

提供エリアが広く、安価で利用したいひとにオススメですよ。

【ホームルーター13社比較】希望にあわせた最安値2選

毎月のインターネット料金をさらに抑えるなら、実質月額が安いモバイル回線の契約も検討しましょう。

ポケットWiFiやホームルーターといったモバイル回線は工事不要で持ち運びができ、低容量なら月額料金を大幅に抑えられます。

まずは自宅メインでインターネットをするなら、安いホームルーターをチェックしていきましょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
ホームルーターのメリットをまとめたから、自分にあっているか確認してね!

ホームルーターのメリット

  • コンセントに挿すだけで利用できる
  • 無制限で利用できる
  • ポケットWiFiより安定した速度で通信できる

ホームルーターは現在、ソフトバンクAirとWiMAXの2種類しかありませんが、それぞれにキャンペーン窓口はいくつもあるので、しっかり比較して最安値で契約できる会社を選びましょう。

結論として、ソフトバンクAirとWiMAXでそれぞれ安い契約窓口は以下の2つです。

ソフトバンクAirとWiMAXの契約窓口13社を比較した結果も、ぜひ参考にしてくださいね!

ホームルーター比較一覧表
種類 契約先 契約期間 実質月額 月額料金 キャッシュバック セット割 最大通信速度
ソフトバンクAir モバレコAir
2年
3,820円
1か月目:2,167円
2か月目~24か月目:3,678円
25か月目~:5,368円
17,000円
ソフトバンク・
ワイモバイル
下り:44.63Mbps
上り:6.29Mbps
NEXT
2年
3,662円
1~12ヶ月目:4,180円
13ヶ月目~:5,368円
30,000円
ソフトバンク・
ワイモバイル
下り:44.63Mbps
上り:6.29Mbps
Yahoo!BB
2年
3,870円
1~12ヶ月目:4,180円
13ヶ月目~:5,368円
25,000円
ソフトバンク・
ワイモバイル
下り:44.63Mbps
上り:6.29Mbps
WiMAX Broad WiMAX
3年
3,876円
1〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
5,000円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
TikiモバイルWiMAX
3年
4,401円
4,389円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
So-net WiMAX
3年
4,419円
0ヶ月目:0円
1〜12ヶ月目:3,700円
13ヶ月目以降:4,817円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
BIGLOBE WiMAX
1年
4,612円
4,378円
17,000円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
DIS mobile WiMAX
3年
4,803円
4,268円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
YAMADA air mobile
3年
4,803円
4,268円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
KT WiMAX
3年
4,803円
4,268円
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
カシモ WiMAX
3年
3,994円
1か月目:1,518円
2~24か月目:3,971円
25か月目~:4,079円
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps
ソフトバンクAir ソフトバンクAir
2年
4,912円
1~12か月目:4,180円
13か月目~:5,368円
ソフトバンク・
ワイモバイル
下り:44.63Mbps
上り:6.29Mbps
WiMAX UQ WiMAX
2年
5,060円
4,268円
au・
UQモバイル
下り:46.58Mbps
上り:7.36Mbps

※価格は税込

ホームルーターでもっとも実質料金が安いのはモバレコAirです。

モバレコAirはソフトバンクAirのアライアンスモデルで利用する端末や回線は同じですが、他の窓口にはない独自の割引キャンペーンやキャッシュバックを実施していますよ。

ただし、実際に出る平均速度は独自のWiMAX2+回線とauのLTE回線を使うWiMAXの方が優れています。

那比光太(なびこうた)
こうた
提供可能エリアもWiMAXのほうが広いから、都市部以外にお住まいの方にもオススメだよ!

ホームルーターは料金の安さと速度の快適さ、どちらを重視したいかによって決めましょう。

ホームルーター最安値なら「モバレコAir」

モバレコエアー
ホームルーターを最安値で契約するなら、ソフトバンクAirのアライアンスモデルであるモバレコAirから申込むのがオススメです。

<モバレコエアーの基本情報>
データ容量
無制限
速度制限の条件
なし
(夜間や回線が混雑する時間帯は
速度が低下する可能性あり)
契約期間
2年
月額料金
(税込)
1~2ヶ月目:2,167円
3~24ヶ月目:3,678円
25ヶ月目以降:5,368円
キャッシュバック
17,000円
適用できるセット割
ソフトバンク・ワイモバイル
その他のキャンペーン
・端末代金実質無料
・他社解約違約金最大100,000円補填

モバレコエアーは月額料金からの割引と17,000円のキャッシュバックが受けられるので、ホームルーターの中では実質料金がもっとも安くなります。

モバレコAirのキャッシュバック内容
オプションなし
17,000円キャッシュバック
振り込み時期
最短翌月末
申請方法
メールから申請

もちろん、ソフトバンクAirの公式キャンペーンとして他社解約違約金負担キャッシュバックやソフトバンクやワイモバイルのスマホとの「おうち割光セット」も適用されお得ですよ。

モバレコAirの申込みはこちらから

速度重視のホームルーターなら「WiMAX」

BroadWiMAXのトップページ
WiMAXでは自宅メインで使える「ホームルーター」と外出先でも使える「ポケットWiFi」、どちらとも提供しています。

他社モバイル回線に比べて「WiMAX」は、以下の特徴が挙げられます。

  • 独自回線で速度が速く安定しやすい
  • auやUQモバイルとのセット割を適用できる
  • データ容量無制限のプランがある
  • ゆるい速度制限がある

WiMAXが契約できるプロバイダはいくつかありますが、提供エリアや通信速度、端末はどこから申込んでも変わりません。

しかし、月額料金やキャンペーンはプロバイダによって違うので、WiMAXを選ぶなら実質料金が一番安い「Broad WiMAXから申込みましょう。

Broad WiMAXは月額料金の大幅割引キャンペーンが自動的に適用され、5,000円のキャッシュバックも実施しているので、実質料金が最安値に抑えられます。

<Broad WiMAXの基本情報>
データ容量
実質無制限
速度制限の条件
・3日間に10GB以上
・10GB以上通信した翌日18時~26時まで約8時間制限がかかる
・制限中の速度はおおむね1Mbps
契約期間
3年
月額料金
(税込)
1~2か月目:2,999円
3~24か月目:3,753円
25か月目~:4,413円
キャッシュバック
5,000円
適用できるセット割
au・UQモバイル
その他キャンペーン
・端末代金無料
・初期費用無料
・他社解約違約金最大19,000円補填
・いつでも解約サポート

Broad WiMAXでは月額料金からの大幅割引が2年間続き、最初の2か月は2,999円と無制限プランでも安く利用できます。

また、あわせて半年後には5,000円のキャッシュバックが受けられますよ。

Broad WiMAXのキャッシュバック内容
オプションなし
5,000円キャッシュバック
振り込み時期
申し込みから6か月後
申請方法
  1. 申し込み後に手続き用のメールから申請を行う
  2. 申し込みから6か月後にキャッシュバックが振り込まれる

Broad WiMAXはスマホとのセット割も適用され、auユーザーは毎月1,100円、UQモバイルユーザーは最大550円割引になるので、ぜひチェックしてくださいね。

また、WiMAXは7月に5G対応のホームルーター最新機種を発売予定で、Broad WiMAXでも予約を受付中です。


引用:Broad WiMAX

新機種のHOME 5G L11では最大通信速度が下り2.7Gbpsと超高速で、ホームルーターを速度で選びたい人には待ち遠しいですね。

ただし、WiMAXの注意点として無制限プランでも速度制限があり、直近3日間で10GBを消費すると夕方から深夜までの約8時間だけ、おおむね1Mbpsの速度に低下します。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

Broad WiMAXの申込みはこちらから

【ポケットWiFi20社比較】データにあわせた最安値5選

外出先でも使える持ち運びタイプのポケットWiFiは、電車やバスなどの移動時間にもネットを利用したい方にとって最適な選択肢です。

那比光太(なびこうた)
こうた
ポケットWiFiのメリットもチェックしておこう!

ポケットWiFiのメリット

  • 工事をせずすぐに使える
  • 手軽に持ち運んで利用できる
  • データ容量にあわせて契約できるよりも月額料金が安い

ポケットWiFiを安く契約するなら、1か月に必要なデータ容量にあわせて選ぶのがオススメです。

ポケットWiFiはデータ容量にあわせて各社さまざまなプランを提供していますが、小容量なら2,000円前後、大容量なら4,000円前後が相場と金額に差があります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
データ容量の目安をまとめたから、1か月に必要なデータ容量に応じて無駄なく安いポケットWiFiを契約してね!
1GBでできること
利用目的 1GBの目安
メール送信
約2,000通
LINE電話
約50時間
Twitter
(140文字でツイート)
約3,100回
YouTube(低画質)
約3時間
YouTube(高画質)
約1.5時間
オンラインゲーム
(SwitchやPS4)
約6時間
オンラインゲーム
のアップデート
(SwitchやPS4)
1回未満
(1.5GB~10GB以上)
Hulu
(ハイビジョン画質)
約1時間
ZOOMでのビデオ通話
約1.5時間

今回、データ容量ごとにオススメしたい安いポケットWiFiは以下の5社です。

では、最新のポケットWiFi20社のデータ容量ごとの実質料金や月額料金、速度なども比較してみましょう。

ポケットWiFi20社キャンペーン比較
データ量 契約期間 実質月額※1 月額料金 キャンペーン 平均速度※2
ゼウスWiFi
20GB
2年
2,022円
1~6か月目:980円
7か月目~:2,178円
・月額料金割引
15.41Mpbs
どこよりもWiFi
20GB
利用時
2年
2,032円
1,900円
16.87Mbps
MONSTER MOBILE
20GB
1年
2,344円
2,090円
19.42Mbps
ゼウスWiFi
40GB
2年
2,776円
1~6か月目:1,680円
7か月目~:2,178円
・月額料金割引
15.41Mpbs
MONSTER MOBILE
20GB
2,894円※3
2,640円
19.42Mbps
MONSTER MOBILE
50GB
1年
2,894円
2,640円
19.42Mbps
どこよりもWiFi
50GB
利用時
2年
3,032円
2,900円
16.87Mbps
Ex WiFi
50GB
2年
3,080円
2,948円
THE WiFi
40GB
2年
3,348円
3,278円
13.42Mbps
Mugen WiFi
100GB
2年
3,450円
3,718円
13,500円
キャッシュバック
16.58Mbps
MONSTER MOBILE
50GB
3,465円※3
3,190円
19.42Mbps
どこよりもWiFi
100GB
利用時
2年
3,532円
3,400円
16.87Mbps
縛りなしWiFi
実質60GB
1年
3,554円
3,300円
20.71Mbps
限界突破WiFi
実質150GB
2年
3,850円
3,850円
事務手数料無料
17.69Mbps
Broad WiMAX
実質無制限
3年
3,876円
0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
・月額割引
・5,000円
キャッシュバック
・初期費用0円
・違約金負担乗り換え
キャンペーン
62.14Mbps
ゼウスWiFi
100GB
2年
3,894円
1~3か月目:3,278円
4か月目~:3,828円
・月額料金割引
15.41Mpbs
GMOとくとくBB
(キャッシュバック)
実質無制限
3年
3,905円
0〜2ヶ月目:3,969円
3ヶ月目以降:4,688円
最大30,100円
キャッシュバック
62.14Mbps
DTI WiMAX
実質無制限
3年
3,967円
0~1ヶ月目:無料
2ヶ月目:2,849円
3ヶ月目以降:4,136円
62.14Mbps
AiR-WiFi
100GB
3,740円※3
3,608円
17.14Mbps
カシモWiMAX
実質無制限
3年
3,994円
0ヶ月目:1,518円
1ヶ月目以降:3,971円
月額割引
62.14Mbps
hi-ho Let’s Wi-Fi
実質210GB
2年
4,033円
1~12か月目:3,278円
7か月目~:4.730円
・事務手数料無料
・月額料金割引
8.27Mbps
地球WiFi
100GB
3年
4,203円
4,378円
どこよりもWiFi
200GB
利用時
2年
4,532円
4,400円
16.87Mbps
UQ WiMAX
実質無制限
2年
5,060円
4,268円
62.14Mbps
ChatWiFi
200GB
5,265円※3
4,928円
7.51Mbps
ワイモバイル
Pocket WiFi
実質無制限
5,986円
4,818円
49.79Mpbs
ギガゴリWiFi
200GB
2年
6,182円
6,050円
38.42Mbps
ドコモ
60GB
2年
11,006円
8,118円
108.25Mpbs

※すべて税込
※1:実質料金=契約期間×月額料金+初期費用―(キャッシュバック・割引特典額)÷契約期間
※2:みんなのネット回線速度参照
※3:1年間契約した場合

ポケットWiFiでもっとも実質料金が安いのは、20GBの小容量プランが月額980円~から利用できるゼウスWiFiです。

ただし、1か月に必要なデータ容量にあったポケットWiFiを選ばないとコスパが悪いので、各サービスの解説を読んだうえでどこを契約すべきか考えてくださいね!

月間20GBまでなら「ゼウスWiFi」


ゼウスWiFiはクラウドSIMを使ったポケットWiFiです。

クラウドSIMのポケットWiFiについて、WiMAXと違う以下の特徴がありますよ。

  • ソフトバンク・au・ドコモのLTE回線を切り替えて利用できる
  • 海外でも利用可能
  • データ容量が選べて小容量プランなら安い
  • データ上限を超えると月末まで厳しい速度制限がかかる
那比光太(なびこうた)
こうた
クラウドSIMのポケットWiFiは基本的に携帯電話がつながらる場所ならどこでも使えるよ!

ゼウスWiFiでは現在「神コスパキャンペーン」を実施中で、1か月に20GBまでのプランなら6か月間980円という安さで利用できます。

<ゼウスWiFiの基本情報>
データ容量
20GB
速度制限の条件
・1か月に20GB以上通信
・月末まで速度制限がかかる
・制限中の速度は最大128Kbps
契約期間
2年/契約期間なし
月額料金
(税込)
【2年契約】
1~6か月目:980円
7か月目~:2,178円
【契約期間ナシ】
2,618円
キャッシュバック
適用できるセット割
その他のキャンペーン
・月額料金大幅割引
・端末代金無料

ゼウスWiFiは2年間の契約期間がありますが、契約期間なしのプランも選べるのが魅力です。

那比光太(なびこうた)
こうた
ちなみに、2年契約のプランでも、25か月目以降はいつ解約しても解約金がからないよ!

あまりインターネットをしない方や、20GBまでの小容量で十分という方はぜひゼウスWiFiで安くポケットWiFiを契約してくださいね。

♦小容量プランが安い!♦
 

ゼウスWiFiの申込みはこちらから

月間50GBまでなら「MONSTER MOBILE」


月間50GBまでのポケットWiFiならMONSTER MOBILE がオススメです。

<MONSTER MOBILEの基本情報>
データ容量
50GB
速度制限の条件
・1か月に50GB以上通信
・月末まで速度制限がかかる
・制限中の速度は最大256Kbps
契約期間
1年/契約期間なし
月額料金
(税込)
【2年契約】2,640円
【契約期間ナシ】3,190円
キャッシュバック
適用できるセット割
その他のキャンペーン
・端末代金無料

MONSTER MOBILEにはとくにキャンペーンがありませんが、そもそもの料金が安いので月間50GBまで最安値で使えます!

契約期間は1年と短く、また月額料金に550円プラスして契約期間ナシでも利用できますよ。

♦小容量プランが安い!♦
 

MONSTER MOBILEの申込みはこちらから

月間100GBまでなら「Mugen WiFi」

大容量のデータ通信を短期間での速度制限なしで行いたいなら、100GBまでのプランをもっとも安く契約できるMugen WiFiがオススメです。

<Mugen WiFiの基本情報>
データ容量
100GB
速度制限の条件
・1か月に100GB以上通信
・月末まで速度制限がかかる
・制限中の速度は最大128Kbps
契約期間
2年
月額料金
3,718円
キャッシュバック
13,500円
適用できるセット割
その他のキャンペーン
・30日間お試しキャンペーン
・端末代金無料

Mugen WiFiでは3,718円で月間100GBまで使えますが、端末代金も無料な上、30日間お試しで利用できるキャンペーンも実施中ですよ!

さらに最大13,500円キャッシュバックも実施しているので、実質料金はさらに抑えられます。

Mugen WiFiのキャッシュバック内容
オプションなし
最大13,500円キャッシュバック
振り込み時期
利用開始から14か月後と23か月後
申請方法
  1. 利用開始から14か月後に届くメールから月末までに申請を行う
  2. 利用開始から15か月目の月末までにキャッシュバック5,000円が振り込まれる
  3. 利用開始から23か月後に届くメールから月末までに申請を行う
  4. 利用開始から24か月目の月末までにキャッシュバック8,500円が振り込まれる

また、Mugen WiFiは契約から2年が経過すれば、いつ解約しても解約金がかからない点も嬉しいポイントです。

♦100GBまでの大容量プランが安い!♦
Mugen WiFiの申込みはこちらから
また、100GBまでのポケットWiFiで契約期間なしのサービスを探しているならMugen WiFiと同額の3,718円で利用できるクラウドWiFiが最安値ですよ。

♦100GBまでで契約期間なし!♦
 

クラウド WiFiの申込みはこちらから

月間200GBまでなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」


月間100GBのポケットWiFiよりもさらに大容量のプランでたっぷりインターネットをしたいなら、1日7GB(月間210GB)まで速度制限なしで使える hi-ho Let’s Wi-Fi がオススメです。

<hi-ho Let’s Wi-Fiの基本情報>
データ容量
1日7GB
(月間210GB)
速度制限の条件
・1日7GB以上通信
・翌々日中速度制限がかかる
・制限中の速度は最大128Kbps
契約期間
2年
月額料金
1~12か月目:3,278円
13か月目~:4.730円
キャッシュバック
適用できるセット割
その他のキャンペーン
・月額料金大幅割引
・事務手数料無料
・端末代金無料

hi-ho Let’s Wi-Fiでは「もっと鬼コスパキャンペーン」を実施しており、以下の特典が受けられます。

  • 事務手数料(3,300円)が無料
  • 利用開始から12か月間料金割引
那比光太(なびこうた)
こうた
1日7GBまで使えればYouTubeを高画質で10時間も見られる計算になるよ!

♦200GB以上の大容量プランが安い!♦
 

hi-ho Let’s Wi-Fiの申込みはこちらから
200GBまでの大容量ポケットWiFiで契約期間なしならChat WiFiが最安値なので、気になる方はあわせてチェックしてくださいね。

♦200GBまでで契約期間なし!♦
 

Chat WiFiの申込みはこちらから

実質無制限なら「Broad WiMAX」

BroadWiMAXのトップページ
実質無制限のポケットWiFi・WiMAXを契約するなら、最安値のプロバイダBroad WiMAXから申し込むのがオススメです。

WiMAXのポケットWiFiは最新機種として5G対応のGalaxy 5G mobile Wi-Fiも発売中ですよ。

<Broad WiMAXの基本情報>
4Gプラン 5Gプラン
データ容量
10GB/3日
15GB/3日
速度制限の条件
・3日間に10GB以上
・10GB以上通信した翌日18時~26時まで約8時間制限がかかる
・制限中の速度はおおむね1Mbps
・3日間に15GB以上
・10GB以上通信した翌日18時~26時まで約8時間制限がかかる
・制限中の速度はおおむね1Mbps
契約期間
3年
月額料金
(税込)
0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
0〜25ヶ月目:4,330円
26ヶ月目~:4,763円
キャッシュバック
5,000円
適用できるセット割
au・UQモバイル
その他キャンペーン
・端末代金無料
・初期費用無料
・他社解約違約金最大19,000円補填
・いつでも解約サポート

WiMAXは1か月のデータ容量まで速度制限がないクラウドSIMのポケットWiFiと違い、実質無制限のギガ放題プランでも3日間で10GBの速度制限があります。

ただし、5G対応プランを契約する場合は3日間で15GB以上という条件に緩和されていますよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
5G対応の新機種なら実測値の平均も60Mbps以上と、ほかのポケットWiFiより高速よ!


引用:Broad WiMAX

5G対応の新機種もBroad WiMAXなら無料で、月額料金の大幅割引キャンペーンや5,000円のキャッシュバックも適用されますよ。

Broad WiMAXのキャッシュバック内容
オプションなし
5,000円キャッシュバック
振り込み時期
申し込みから6か月後
申請方法
  1. 申し込み後に手続き用のメールから申請を行う
  2. 申し込みから6か月後にキャッシュバックが振り込まれる

auやUQモバイルとのセット割も対象なので、高性能のポケットWiFiをキャンペーンが充実した窓口で契約したい方はぜひチェックしてくださいね。

Broad WiMAXの申込みはこちらから

安いだけじゃない!インターネット選びで注目したい5つのポイント

インターネット回線を選択するときには、月額料金の安さだけでインターネット回線を選ぶべきではありあません。

インターネット回線を契約する際にチェックしてほしいポイントは、以下の5点です。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
それぞれのポイントをしっかり確認すれば、契約後に後悔することもないわよ!

①セット割が適用できるか

通信費を安く抑えたいなら、インターネット回線は使用中のスマホキャリアにあわせて選びましょう。

契約先によってはスマホとのセット割が利用でき、スマホ代が毎月1台あたり最大1,100円割引されるからです。

3大携帯電話キャリアごとのセット割対応状況は、以下のとおりです。

キャリア セット割対応回線 1台あたりの割引額
ドコモ ドコモ光 550~1,100円
ソフトバンク ・NURO光
・ソフトバンク光
・ソフトバンクAir
・モバレコAir
1,100円
au ・auひかり
・So-net光プラス
・BIGLOBE光
・コミュファ光
・eo光
・WiMAX
550~1,100円

※すべて税込

たとえばドコモスマホを家族4人で使っている場合、ドコモ光を選ぶと月額最大4,400円がスマホ代から割り引かれますが、ドコモ光以外の回線を選ぶとセット割が適用できません。

そのため、スマホキャリアとのセット割が可能な回線に決めるというのが、光回線選びの鉄則といえます。

那比光太(なびこうた)
こうた

安くなるのはあくまでもスマホ代で、光回線の月額料金が安くなるわけではないから気を付けようね。

②申し込みたい回線の最安窓口はどこか

同じ回線を選ぶ場合でも、契約する窓口によってキャンペーンの内容が異なるため、実質料金に差が出ます。

そのため、キャンペーン内容を反映した「実質料金」での比較が必要ですよ。

ここでは、auひかりの戸建てプランを「フルコミット」から契約して、3年間使用した場合を例に実質金額の計算方法を以下の表にまとめましたので、参考にしてください。

支払う金額
月額料金 1~11ヶ月 5,610円
12~23ヶ月 5,500円
24~36ヶ月 5,390円
合計262,130円
初期費用 契約事務手数料3,300円
工事費用 41,250円
必須オプション 光電話(3年間)19,800円
割引かれる金額
キャッシュバック 60,000円 合計 101,250円
工事費実質無料 41,250円
支払う金額-割引かれる金額=実質料金
実質料金÷36=実質月額料金
実質料金:155,490円
実質月額料金:4,319円
那比得子(なびとくこ)
とくこ
今回は全53社のインターネット回線を実質料金で比較したから、参考にしてね!

③通信速度は速いか

料金そのものが安くても速度が遅くて動画が止まったり、アップロードが進まなかったりするとストレスがたまってしまいますよね。

少しでも速く安定したインターネット通信をするためには、最低限の速度を確保できる回線であることを確認しましょう。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
最大通信速度は理論上の数値だから、実際に出る速度ではないわよ!

速度を比較する際には、Twitterの口コミやみんなのネット回線速度の平均速度を参考にしましょう。

みんなのネット回線速度から調べた、2021年最新の光回線の実測値ランキングは以下のとおりです。

光回線実測値ランキング
順位 サービス名 平均下り速度 平均上り速度
1位
コミュファ光
619.29Mbps
343.67Mbps
2位
NURO光
469.26Mbps
404.24Mbps
3位
TNCひかりdeネット
437.96Mbps
256.4Mbps
4位
eo光
433.12Mbps
285.98Mbps
5位
NCV光
302.93Mbps
287.71Mbps

地域限定で利用者が少ない回線が上位の大半を占めており、東海限定で利用できるコミュファ光の強さが際立つ結果となりました。

また、モバイル回線では独自のWiMAX2+回線を利用するWiMAXがとくに速度が速いですよ。

ただし、無線の電波を端末で受信して通信するポケットWiFiやホームルーターは、有線の回線を自宅に引き込む光回線に比べて速度が遅くなります。

オンラインゲームユーザーや4K以上の高画質動画を視聴したい方は、高速の光回線を選んだほうが快適にインターネットを楽しめますよ。

④速度制限についても確認しよう

光回線を選ぶなら、基本的に速度制限もなく完全無制限でインターネットが利用できます。

しかし、モバイルWiFiルーターとホームルーターには、容量無制限のプランとデータ容量に上限ありのプランがありますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
1か月のデータ容量を決めて契約している場合は、上限を超えると月末まで超低速状態になるから気をつけて!

また、WiMAXのようにデータ容量が無制限だとしても3日で10GBなどの制限が設けられていることもあるため、速度制限の条件も確認しておきましょう。

⑤乗り換える場合は違約金が補填されるか

現在他社と契約を結んでおり、安いインターネット回線へ乗り換えたい場合は、高額の違約金が発生すると料金面でのメリットが大きく下がります。

そのため、以下の2点に注目して、乗り換えにベストなタイミングを判断しましょう。

  • 今契約中の回線を解約する費用はいくらか
  • 乗り換え先の回線で解約費用が補填できるか

乗りかえ先は違約金を補填してもらえるキャンペーンが受けられたり、相殺できるくらいのキャッシュバックがもらえるかも注目して選びましょう。

今回紹介した事業者の中では、以下の会社で違約金負担キャンペーンを実施していますよ。

那比光太(なびこうた)
こうた
違約金負担がなくても、高額キャッシュバックがもらえる契約先を選べば乗りかえ費用を補填できるよ!

安いインターネット回線を選ぶときによくある質問

最後に、安いインターネット回線を選ぶ際に多い質問をまとめました。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
疑問を解消して納得した上でインターネット回線を選んでね!

2021年の安いインターネット回線はどこ?

今回、全53社のインターネット回線を比較してオススメしたい安い契約先は以下のとおりです。

【光回線】

【ホームルーター】

【ポケットWiFi】

※詳しくは記事内で解説しています。

インターネット料金の相場は?

インターネット料金の相場は、回線の種類によって異なります。

目安となるのは以下の金額です。

光回線はお住まいのタイプが戸建てかマンションかによって、料金の相場は変わります。

また、ポケットWiFiに関しては契約するデータ容量によっても料金が異なっており、20GB程度なら2,000円台、100GBを超えると4,000円前後が目安ですよ。

安い光回線を契約する流れは?

光回線を実際に申込んで開通するまでの流れをチェックしておきましょう。

  1. 光回線の窓口から申込む
  2. 工事日の打ち合わせをする
  3. 光回線の開通工事を行う
  4. 接続設定をして利用開始

光回線はまず自宅内にインターネット回線を引き込む、開通工事をしなくてはいけません。

もともと光回線の設備などが物件内に導入されていない場合は、基本的に契約者の立会いが必要なので、都合にあわせて工事日を調整しましょう。

また、賃貸物件や集合住宅の場合は工事の許可を管理会社や大家さんからもらわなくてはいけませんよ。

那比得子(なびとくこ)
とくこ
物件の外壁や室内に穴や金具をつける可能性もあるから、必ず許可を取っておいてね!

光回線の工事が実施されたら、契約者が接続設定を行い利用開始できます。

光回線をセット割で選んだ場合は、ソフトバンクやauの場合、別途セット割の申込みをしなくてはいけないことも覚えておきましょう。

安いモバイル回線を契約する流れは?

ホームルーターやポケットWiFiといったモバイル回線は、光回線のような開通工事が要らないので3ステップで利用を開始できます。

  1. モバイル回線の窓口から申込む
  2. 端末が到着する
  3. 接続設定をして利用開始

モバイル回線は専用の端末で電波をキャッチするため、端末さえ自宅に届けば電源を入れるだけで開通しますよ。

接続設定もホームルーターやポケットWiFiとつなげたいスマホやパソコンから、Wi-Fi接続するだけでつながるので安心です。

那比光太(なびこうた)
こうた
光回線の開通工事に許可が下りなかった人もモバイル回線がオススメだね!

インターネットを安くするためにテザリングってアリ?

インターネットを新たに契約しなくても、お手持ちのスマホをWi-Fiルーターとして利用することが可能です。

この機能は「テザリング」という名前で、PCなどの周辺の機器にスマホの電波を使って接続できます。

テザリング料金は基本的に無料で、スマホ側で契約しているデータプランを使うので、費用面でも安く抑えられる可能性があります。

ただし、テザリングには以下の注意点がありますので、覚えておきましょう。

  • スマホの電池消耗が激しくなる
  • 大容量のデータ通信でスマホの速度制限がかかることも
  • 利用頻度によってはインターネットを契約したほうが安い
那比光太(なびこうた)
こうた
スマホのデータプランを使うということは、大容量のデータ通信をするとそれだけギガ数が減ってしまうね!
那比得子(なびとくこ)
とくこ
テザリングを使いすぎてスマホのデータプランの上限に到達すると、速度制限がかかってしまうわよ。

インターネットをよく使う場合は無制限のポケットWiFiを契約したほうがトータル費用は安くなることもあるので、利用頻度にあわせて検討しましょう。

まとめ

インターネット料金の相場は契約する回線の種類やデータ容量によって変動します。

今回は光回線20社とモバイル回線33社を比較し、以下のオススメ窓口を紹介しました。

【2021年】インターネットおすすめ窓口
種類 オススメ窓口
光回線
ホームルーター
ポケットWiFi

安いインターネット回線を選ぶ際は、以下のポイントに注目しながら検討すると失敗しませんよ。

実質料金や速度などもしっかり確認したうえで、お得で快適なインターネット回線を選択してくださいね。