検索 わたしのネット ロゴ

マンションでインターネットを契約する方法!おすすめの回線・お得な申込窓口も徹底解説

インターネット マンション

マンションでインターネットを契約する前に、まずはインターネットの対応状況を確認しましょう。

マンションでのインターネット対応状況は、主に以下の3つのパターンがあります。

【マンションのインターネット対応状況と契約できる回線】
対応状況 契約できる回線
インターネット完備
  • マンション指定の固定回線
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi
インターネット対応・光ファイバー対応
  • 光回線またはケーブルTV回線
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi
インターネット設備未導入
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi
  • 光回線(大家さんの工事許可が必要)
  • また、マンションで契約できるインターネット回線の種類と、それぞれおすすめとなるサービスは以下のとおりです。

    光回線のおすすめ
    ホームルーターのおすすめ
    ポケットWiFiのおすすめ

    今回は、マンションでインターネットを契約する前に確認すべきことに加え、おすすめの回線を詳しく紹介しています。

    契約する際の注意点も解説しているため、後悔のないインターネット回線選びにぜひ参考にしてください。

    ※2021年7月時点の情報です

    この記事でわかること

    まずはマンションのインターネット対応状況を確認しよう

    マンションのインターネット対応状況は、下記3つのパターンに分かれます。

    マンションのインターネット対応状況

    • インターネット完備
    • インターネット対応・光ファイバー対応
    • インターネット設備未導入

    マンションのインターネット対応状況は、物件情報の「付帯設備」の欄に記載されていることがほとんどです。

    記載がない場合は、大家さんや管理会社に問い合わせてみましょう。
    もし、記載がない場合は、インターネット設備が導入されていない可能性が高いです。

    設備未導入物件では、基本的にモバイル回線を契約するか、大家さんに工事の許可を取ったうえで光回線を契約するかの2択です。

    マンションのインターネット対応状況と、それぞれで契約できる回線を以下の表にまとめました。

    【マンションのインターネット対応状況と契約できる回線】
    対応状況 契約できる回線
    インターネット完備
    • マンション指定の固定回線
    • ホームルーター
    • ポケットWiFi
    インターネット対応・光ファイバー対応
    • 光回線またはケーブルTV回線
    • ホームルーター
    • ポケットWiFi
    インターネット設備未導入
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi
  • 光回線(大家さんの工事許可が必要)
  • 混同しがちな「インターネット完備」と「インターネット対応・光ファイバー対応」の違いについて、詳しくご紹介します。

    ①「インターネット完備」なら無料ですぐに使える

    マンションの付帯設備に「インターネット完備」とある物件は、すでにインターネット契約を建物全体で済ませてあるマンションです。

    そのため、インターネット完備物件では、入居者が個人でインターネット契約を行う必要はなく、入居した時点でそのままインターネットが利用可能です。

    無料でインターネットを利用でき、費用面では大変経済的です。
    しかし、スペックの低い回線を契約している可能性もあるため、速度が遅いケースも少なくありません。

    速度が遅いと感じる場合は、自身で別の回線への契約を検討しましょう。

    ②「インターネット対応・光ファイバー対応」なら回線の申し込みが必要

    「インターネット対応・光ファイバー対応」と付帯設備に記載のあるマンションでは、回線サービスを入居者自身が申し込みし、契約する必要があります。
    そのため、毎月のインターネット料金も自身で支払わなければなりません。

    また、「インターネット対応」と「光ファイバー対応」では意味合いが多少異なります。

    インターネット対応
    「何らかのインターネット設備が導入されている」という意味。
    契約できる回線は光回線かケーブルTV回線のどちらかが一般的。ただし、マンションによって内容は異なる。
    光ファイバー対応
    「光回線の設備が導入されている」という意味。光回線のサービスを契約できる。

    また、光回線やケーブルTV回線にもいくつか種類があり、それぞれ対応サービスが異なるため、契約できるサービスはマンションによって決まっていることが多いです。

    なお、インターネット対応マンションで光回線とケーブルTV回線の両方が選べる場合は、多少料金に差があるとしても、速度が速い光回線の選択がおすすめです。

    マンションにおける光回線のおすすめサービスについては【マンションにおすすめの光回線5社】で詳しくご紹介しています。

    どれを選ぶ?マンションで契約できる3つの回線を比較

    マンションで契約できるインターネット回線には、主に「光回線」「ホームルーター」「ポケットWiFi」と、3つの種類があります。

    この3種類の回線の違いを表にまとめてみました。

    【光回線・ホームルーター・ポケットWiFiの違い】
    光回線 ホームルーター ポケットWiFi
    月額料金(目安) 4,000円前後 3,500円前後 3,500円前後
    最大速度 最大1Gpbs 440Mbps〜1Gbps 150Mbps〜1Gbps
    開通工事 必要 不要 不要
    最大接続台数 数十台程度 数十台程度 10台程度
    主な特徴 速度がもっとも速い コンセントに挿すだけで利用可能 持ち運びができる

    それぞれの特徴と、どんな人におすすめかをご紹介します。

    おすすめの回線

    速度を求めるなら「光回線」

    3種類の回線の中でもっとも速度が速いのは「光回線」です。
    標準の下り最大速度は1Gbps、基本的に速度制限もないため、大容量の通信を速い速度で利用したい方は光回線がおすすめです。

    ただし、光回線の導入には開通工事が必要となり、大家さんや管理会社に許可を取らなくてはいけません。

    また、申し込みから開通までに日数がかかるなどの注意点もあります。

    光回線のメリット

    • 速度が最大1Gbpsで速い
    • データ量上限がなく使い放題

    光回線のデメリット

    • 開通工事が必要
    • 開通までに日数がかかる(2〜3週間程度)
    • 自宅の中でしか利用できない
    • 引っ越しの手続きが大変

    工事不要で使いたいなら「ホームルーター」

    「ホームルーター」は、開通工事不要で利用ができる、宅内据え置き型のモバイル回線です。
    速度は光回線に劣りますが、機器をコンセントに挿すだけで利用できるため、手軽に導入できます。

    申し込みから数日で機器が届くので、すぐに利用開始できるというメリットもあります。

    ただし、契約するサービスによっては一定期間のデータ容量上限があり、使いすぎてしまうと速度制限がかかってしまいます。

    ホームルーターのメリット

    • 開通工事が不要
    • 申し込みからすぐに利用開始できる(2〜3日程度)
    • 引っ越しの手続きが簡単
    • ポケットWiFiよりは速度が速い

    ホームルーターのデメリット

    • 自宅の中でしか利用ができない
    • 設置位置や周辺環境で速度が安定しないことがある
    • サービスによって速度制限の条件がある

    外出先でも使いたい・あまり使わないなら「ポケットWiFi」

    「ポケットWiFi」は、持ち運びのできる手のひらサイズのモバイル回線です。
    ホームルーターと同様に、工事不要、申し込みから数日で利用開始できます。

    ただし、機器のサイズが小さいため、スペックに限界があります。
    ホームルーターよりも速度や安定性に劣る面を持ち、高画質動画の視聴やオンラインゲームには不向きです。

    また、現在提供されているポケットWiFiにはデータ容量無制限のサービスがないので、データ容量の上限を超えると速度制限がかかってしまいます。

    ポケットWiFiのメリット

    • 開通工事が不要
    • 外出先でも利用できる
    • 申し込みからすぐに利用開始できる(2〜3日程度)
    • 引っ越しの手続きが簡単

    ポケットWiFiのデメリット

    • 利用場所によっては速度が安定しないことがある
    • データ容量の上限があり、使いすぎると速度制限になる
    • 充電が切れると使えなくなる

    マンションにおすすめの光回線5社

    ここでは、マンションでの利用におすすめの光回線を5社、おすすめの申込窓口とともにご紹介します。

    光回線の選び方で、まず注目するべきは「利用中のスマホとのセット割が適用できるかどうか」です。

    スマホとのセット割が利用できれば、スマホ料金が毎月割引されるため、通信費全体での大きな節約が可能です。

    【おすすめ光回線比較】
    ドコモ光 NURO光 ソフトバンク光 auひかり So-net光プラス
    実質月額
    (契約期間)
    4,084円 3,868円 2,753円 2,106円 3,859円
    契約期間 2年 2年 2年 2年 3年
    提供エリア 全国 全国 ※1 全国 全国 ※1 全国
    セット割対象
    キャリア
    ドコモ ソフトバンク ソフトバンク au au
    セット割割引額 最大1,100円/台 最大1,100円/台 最大1,100円/台 最大1,100円/台 最大1,100円/台

    ※価格は税込
    ※1:一部地域除く

    あらためてスマホキャリア別のおすすめ光回線をまとめると、以下のとおりです。

    光回線のおすすめ

    利用中のスマホが格安スマホである場合は、割引額の高いセット割が存在しないため、料金の安さや速度を重視しての選択をおすすめしています。

    ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ

    GMOとくとくBB_工事費無料
    利用中のスマホがドコモであるならば、おすすめの光回線は「ドコモ光」一択。
    ドコモスマホとのセット割である「ドコモ光セット割」が適用できるのは、ドコモ光のみです。

    セット割により、最大1,100円の月額料金割引が最大20台までのドコモスマホに対して適用されます。

    現在、ドコモ光では、期間限定で開通工事費が完全無料になるお得なキャンペーンを実施中です。
    初期費用がぐっと安く抑えられるほか、2,000円分のdポイントがプレゼントされます。

    【ドコモ光】
    提供エリア 全国
    セット割対象キャリア ドコモ
    セット割割引額 最大1,100円/台
    契約期間 2年
    最大速度 1Gbps
    契約事務手数料 3,300円
    工事費 0円
    月額料金 4,400円
    光電話月額料金 550円
    キャッシュバック 20,000円
    実質月額(2年間) 4,084円
    実質合計(2年間) 102,100円

    ※価格は税込
    ※GMOとくとくBBから申し込みの場合

    ドコモ光のおすすめ申込窓口は、ドコモ光のプロバイダのひとつである「GMOとくとくBB」です。

    GMOとくとくBBのメリット

    • キャッシュバック20,000円が追加オプション不要でもらえる
    • 他社乗り換えの際の解約金を最大20,000円まで還元してもらえる
    • 開通までの間、最大3ヶ月間ポケットWiFiを無料でレンタルできる
    • 高性能WiFiルーターが契約期間中無料でレンタルできる
    • IPv6接続に標準対応で速度が安定している

    GMOとくとくBBの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    ソフトバンクユーザーならまずは「NURO光」を検討

    NURO光
    ソフトバンクでスマホを利用している方は、まず初めに「NURO光」を検討しましょう。
    NURO光では、ソフトバンクスマホとのセット割である「おうち割 光セット」が適用でき、スマホ1台あたり最大1,100円の割引が最大10台まで毎月適用されます。

    また、他社の光回線の標準下り最大速度が1Gbpsのところ、NURO光は2倍の最大2Gbpsとなっており、高速通信環境での利用が可能です。

    さらに、WiFi機能やセキュリティソフトが無料など、無料サービスが豊富という特徴もあります。

    【NURO光】
    提供エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県(一部エリアを除く)
    セット割対象キャリア ソフトバンク
    セット割割引額 最大1,100円/台
    契約期間 2年
    最大速度 2Gbps
    契約事務手数料 3,300円
    工事費 0円
    月額料金 5,217円
    光電話月額料金 550円
    キャッシュバック 45,000円
    実質月額(2年間) 3,868円
    実質合計(2年間) 96,708円

    ※価格は税込
    ※公式特設ページから申し込みの場合

    NURO光は提供エリアが全国の中でも一部に限定されており、多くの地域では契約できません。
    申し込み前にNURO光の提供エリア判定ページからお住まいのマンションが提供エリア内であるかを確認しておきましょう。

    NURO光の申し込みは「公式特設ページ」からがおすすめです。

    公式特設ページのメリット

    • 45,000円のキャッシュバックが追加オプション不要でもらえる

    NURO光公式特設ページの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    また、NURO光はお住まいが戸建て・マンションのどちらであっても、同じ内容・料金体系です。

    しかし、マンションにNURO光の設備がある場合、もしくは下記条件を満たせば、よりお得な「NURO光 for マンション」を契約できます。

    NURO光 for マンションの契約条件
    • すでにNURO光 for マンションの設備がマンションに導入されている
    • 同マンション内にNURO光 for マンションの契約希望者が4人以上おり、大家さんや管理会社からの工事許可が取れている

    NURO光_forマンション

    【NURO光 for マンション】
    6人以下 10人以下
    提供エリア 北海道、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、 愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県(一部エリアを除く)
    セット割対象キャリア ソフトバンク
    セット割割引額 最大1,100円/台
    契約期間 2年
    最大速度 2Gbps
    契約事務手数料 3,300円
    工事費 0円
    月額料金 2,750円 2,090円
    光電話月額料金 550円
    キャッシュバック 25,000円
    実質月額(2年間) 2,300円 1,666円
    実質合計(2年間) 57,500円 41,660円

    ※価格は税込
    ※公式サイトから申し込みの場合

    NURO光 for マンションの申込窓口でおすすめなのは「公式サイト」からです。

    NURO光公式サイトのメリット

    • 25,000円のキャッシュバックが追加オプション不要でもらえる

    NURO光 for マンション公式サイトの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    NURO光がエリア外なら「ソフトバンク光」がおすすめ

    SoftBank光
    お住まいのマンションがNURO光の提供エリア外である場合、ソフトバンクユーザーにおすすめの光回線は「ソフトバンク光」です。
    「おうち割 光セット」が適用できるため、ソフトバンクスマホに対しての割引が受けられます。

    また、ソフトバンク光は公式キャンペーンが豊富です。
    開通工事費26,400円(税込)が実質無料になる「工事費サポートキャンペーン」や開通前のWiFiレンタル、他社乗り換え場合の解約金最大10万円還元などもあり、現在利用している回線から乗り換えやすくなっています。

    【ソフトバンク光】
    提供エリア 全国
    セット割対象キャリア ソフトバンク
    セット割割引額 最大1,100円/台
    契約期間 2年
    最大速度 1Gbps
    契約事務手数料 3,300円
    工事費 0円
    月額料金 4,180円
    光電話月額料金 550円
    キャッシュバック 37,000円
    実質月額(2年間) 2,753円
    実質合計(2年間) 68,820円

    ※価格は税込
    ※NEXTから申し込みの場合

    ソフトバンク光の申し込みは「代理店NEXT」からがおすすめです。

    代理店NEXTのメリット

    • 最大37,000円のキャッシュバックがオプション不要でもらえる
    • キャッシュバック手続きが電話のみと簡単で、最短開通2ヶ月後にもらえる
    • 特典内容をWiFiルーター付きやNintendo Switchなどに変えられる

    代理店NEXTの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    auユーザーならまずは「auひかり」を検討

    au光
    auのスマホを利用している方におすすめの光回線は「auひかり」です。
    「auスマートバリュー」というスマホセット割により、スマホ1台あたり月額料金割引が最大1,100円、最大10台まで受けられます。

    auひかりは独自回線で提供されている光回線のため、通信混雑が起きにくく、速度が安定しやすい特徴があります。

    また、公式キャンペーンが豊富で、開通工事費33,000円(税込)が実質無料、他社乗り換えの際の解約金還元最大30,000円などがあります。

    【auひかり】
    提供エリア 長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、沖縄県以外
    セット割対象キャリア au
    セット割割引額 最大1,100円/台
    契約期間 2年
    最大速度 1Gbps
    契約事務手数料 3,300円
    工事費 0円
    月額料金 4,180円
    光電話月額料金 550円
    キャッシュバック 60,000円
    実質月額(2年間) 2,106円
    実質合計(2年間) 52,640円

    ※価格は税込
    ※フルコミットから

    auひかりは提供エリアが限定されており、契約できない住所や地域が多数あります。
    申し込み前にauひかりの提供エリア判定ページからお住まいのマンションが対象であるか確認しておきましょう。

    auひかりの申し込みは「代理店フルコミット」からがおすすめです。

    代理店フルコミットのメリット

    • 最大60,000円のキャッシュバックが追加オプション不要でもらえる
    • キャッシュバック手続きが簡単。最短で開通翌月にもらえる
    • 乗り換え違約金還元の金額が25,000円上乗せされる

    代理店フルコミットの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    auひかりがエリア外なら「So-net光プラス」がおすすめ

    So-net光
    お住まいのマンションがauひかりの提供エリア外のauユーザーには、次点として「So-net光プラス」がおすすめです。
    「auスマートバリュー」が適用できるため、auスマホの料金割引をauひかりと同様の内容で受けられます。

    So-net光プラスはIPv6接続に標準対応しており速度の安定性も高いほか、開通工事費26,400円(税込)も実質無料。
    契約期間中のセキュリティソフト利用、初回の訪問サポートなど無料サービスも揃っています。

    【So-net光プラス】
    提供エリア 全国
    セット割対象キャリア au
    セット割割引額 最大1,100円/台
    契約期間 3年
    最大速度 1Gbps
    契約事務手数料 3,300円
    工事費 0円
    月額料金 4,928円
    光電話月額料金 550円
    月額料金割引 2年間総額52,800円(月々2,500円割引)
    実質月額(3年間) 3,859円
    実質合計(3年間) 142,780円

    ※価格は税込
    ※So-net公式から申し込みの場合

    So-net光プラスの申し込みは、代理店ではなく「So-net公式」からがおすすめです。

    So-net公式のメリット

    • 2年間総額52,800円(月々2,500円)の月額料金割引
    • IPv6対応WiFiルーターレンタルが永年無料

    So-net公式の詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    格安スマホユーザーなら「NURO光」「auひかり」「So-net光プラス」の順でおすすめ

    格安スマホには、ドコモやソフトバンク、auのような割引額の高いセット割がありません。
    そのため、格安スマホユーザーはセット割にこだわらず、光回線そのものの実質料金の安さや速度の速さで光回線を選ぶようにしましょう。

    安さや速さを基準にした際におすすめとなる光回線は以下のとおりです。

    上から順に提供エリアが狭いため、NURO光がダメならauひかり、auひかりがダメならSo-net光プラスを検討しましょう。

    格安スマホユーザーにおすすめの光回線

    目的別|おすすめのホームルーター2社

    ホームルーターには、大きくわけてWiMAXとソフトバンクエアーの2種類があります。
    ホームルーターを選ぶ際は「速度」と「データ容量」のどちらを優先するか、目的別に選択するといいでしょう。

    【ホームルーター比較】
    GMOとくとくBB WiMAX モバレコエアー
    実質月額(契約期間) 3,829円 3,078円
    月間データ容量 約100GB 無制限
    下り最大速度 1Gbps(L02) 962Mbps
    下り平均速度 44.09Mbps(L02) 36.12Mbps
    提供エリア 全国 全国

    ※価格は税込

    おすすめのホームルーターをあらためてまとめると、以下のとおりです。

    ホームルーターのおすすめ

    速度を重視するなら「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめ

    GMOとくとくBB WiMAX
    先述した比較表のとおり、平均速度が速いのは「WiMAX」です。
    そのため、速度を重視する方はWiMAXのほうがおすすめです。

    ただし、「直近3日間で10GB以上」データを使用すると、短期間ではあるものの速度制限になってしまう点に注意が必要です。

    【GMOとくとくBB WiMAX 】
    提供エリア 全国
    セット割対象キャリア UQモバイル
    契約期間 3年
    下り平均速度 44.09Mbps
    契約事務手数料 3,300円
    端末代金 0円
    月額料金 〜2ヶ月目:3,970円
    3ヶ月目以降:4,690円
    キャッシュバック 29,000円
    実質月額(3年間) 3,829円
    実質合計(3年間) 141,670円

    ※価格は税込
    ※GMOとくとくBBから申し込みの場合

    WiMAXの申し込みは、WiMAXプロバイダのひとつである「GMOとくとくBB」がおすすめです。

    GMOとくとくBBのメリット

    • 最大29,000円のキャッシュバックがもらえる
    • 端末代金が無料
    • 2年8ヶ月目以降から無料で機種変更ができる

    GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    データ容量無制限で使いたいなら「モバレコエアー」がおすすめ

    モバレコエアー
    「モバレコエアー」は月間のデータ容量が無制限のため、速度制限を気にせず、使い放題で利用したい方におすすめです。

    モバレコエアーで利用できる機器は「ソフトバンクエアー」と同じものです。
    独自の月額料金割引とキャッシュバック17,000円があり、ソフトバンクエアーよりも安い実質料金で利用できます。

    【モバレコエアー】
    提供エリア 全国
    セット割対象キャリア ソフトバンク
    契約期間 2年
    下り平均速度 36.12Mbps
    契約事務手数料 3,300円
    端末代金 0円
    月額料金 初月:2,167円
    〜23ヶ月目:3,679円
    24ヶ月目以降:5,368円
    キャッシュバック 17,000円
    実質月額(2年間) 3,078円
    実質合計(2年間) 76,940円

    ※価格は税込

    月間のデータ容量無制限で使いたいなら「モバレコエアー」を選びましょう。

    モバレコエアーの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    データ容量別|おすすめのポケットWiFi6社

    ポケットWiFiは、サービスやプランによって月間データ容量が異なるため、どのくらいのデータを使用するかを基準に選択しましょう。

    自身に合った容量のサービス・プランを選べば、無駄な料金を支払うことなく利用できます。

    【ポケットWiFi比較表】
    月間データ容量 契約期間 実質月額料金
    (契約期間)
    下り平均速度 特典
    MONSTER MOBILE 20GB 1年 2,344円 19.42Mbps なし
    ゼウスWiFi 2年 2,310円 18.98Mbps なし
    どこよりもWiFi 2年 2,640円 17.1Mbps なし
    MONSTER MOBILE 50GB 1年 2,894円 19.42Mbps なし
    Ex Wi-Fi 2年 3,080円 なし
    どこよりもWiFi 2年 3,410円 17.1Mbps なし
    Mugen WiFi 100GB 2年 3,318円 16.23Mbps ・キャッシュバック10,000円
    ・30日間おためし体験
    クラウドWiFi なし 3,972円 ※1 18.78Mbps なし
    ゼウスWiFi 2年 3,894円 18.98Mbps なし
    なし 4,962円 ※1
    Broad WiMAX 約100GB 3年 3,876円 33.88Mbps キャッシュバック5,000円
    Chat WiFi 200GB なし 4,553円 ※1 7.51Mbps なし
    hi-ho Let’s WiFi 210GB 2年 4,323円 8.27Mbps なし

    ※価格は税込
    ※1:1年間使用した場合

    おすすめのポケットWiFiを目的別にまとめると、以下のとおりです。

    ポケットWiFiのおすすめ

    また、それぞれのデータ容量でどのくらいの作業ができるのかを以下の表にまとめました。
    どの容量のポケットWiFiが自分に合っているかを選択する目安にご利用ください。

    【20GB・100GB・200GBでできること】
    20GB 100GB 200GB
    LINE 音声通話 約900時間 約4,500時間 約9,000時間
    ビデオ通話 約60時間 約300時間 約600時間
    YouTube再生 通常画質(360p) 約100時間 約500時間 約1,000時間
    高画質(720p) 約20時間 約100時間 約200時間
    Netflix 高画質(HD) 約17時間 約83時間 約165時間
    ダウンロード 約50時間 約250時間 約500時間
    メール 文章のみ(300字程度) 約400万通 約2,000万通 約4,000万通
    画像添付 約6,666通 約33,330通 約66,660通
    Webページ閲覧 Yahoo!トップページ 約108,000回 約540,000回 約1,080,000回

    参考:https://www.rental-store.jp/communication/indication.html

    低容量20G~50Gプランなら「MONSTER MOBILE」がおすすめ

    MONSTER MOBILE
    あまりインターネットを利用しないという方には「MONSTER MOBILE」がおすすめです。

    MONSTER MOBILE
    20GB 50GB
    提供エリア 全国
    契約期間 1年
    平均速度 19.42Mbps
    契約事務手数料 3,300円
    端末代金 0円
    月額料金 2,090円 2,640円
    特典 なし
    実質月額(1年間) 2,344円 2,894円
    実質合計(1年間) 30,470円 37,620円

    ※価格は税込

    MONSTER MOBILEには、20GBと50GBの2種類の低容量プランがあり、それぞれ他社の低容量プランと比較しても最安級で利用できます。

    また、MONSTER MOBILEは契約途中でのプラン変更も可能であるため、「初めに20GBで契約をして、足りなかったから50GBにプランを変更する」という使い方も可能です。

    ただし、50GBから20GBなど少ないプランへの変更はできないため注意しましょう。

    MONSTER MOBILEの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    中容量100GBプランなら「Mugen WiFi」「クラウドWiFi」がおすすめ

    100GB程度のデータ容量が必要という方には「Mugen WiFi」または「クラウドWiFi」がおすすめです。

    この2社の違いは契約期間の有無であり、長期間契約が続けられるか、すぐに解約する可能性があるかでそれぞれを選択しましょう。

    100GBプランのポケットWiFiのおすすめパターン

    100GBプランで契約期間ありの場合は「Mugen WiFi」がおすすめ


    Mugen WiFi
    「Mugen WiFi」は100GBプランのあるサービスの中で、最安の月額料金で利用できるポケットWiFiです。

    契約期間は2年間で、3年目以降は解約違約金がかからないため、最低でも2年以上利用できる方はMugen WiFiを選びましょう。

    提供エリア 全国
    契約期間 2年
    平均速度 16.23Mbps
    契約事務手数料 0円
    端末代金 0円
    月額料金 3,718円
    特典 キャッシュバック10,000円
    実質月額(2年間) 3,318円
    実質合計(2年間) 82,950円

    ※価格は税込

    Mugen WiFiでは、30日間の「全額返金キャンペーン」を実施しています。
    端末到着から30日以内であれば無料でキャンセルができるため、データ容量や速度に問題がないかをお試しすることが可能です。

    また、Mugen WiFiは、最大10,000円のキャッシュバック、先着2,000台限定の事務手数料3,300円(税込)無料キャンペーンも実施中です。

    Mugen WiFiの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    100GBプランで契約期間なしの場合はクラウドWiFiがおすすめ

    クラウドWiFi
    100GBプランのポケットWiFiを2年以内で解約してしまう可能性があるという方は、契約期間なし、解約違約金がいつでも0円の「クラウドWiFi」がおすすめです。

    【クラウドWiFi】
    提供エリア 全国
    契約期間 なし
    平均速度 18.78Mbps
    契約事務手数料 3,300円
    端末代金 0円
    月額料金 3,718円
    特典 なし
    実質月額(2年間) 3,972円
    実質合計(2年間) 51,634円

    ※価格は税込

    契約期間がない分、Mugen WiFiよりも料金は高くなってしまいますが、契約期間なしの100GBプランではクラウドWiFiが最安級です。

    クラウドWiFiの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    大容量200GB超プランなら「hi-ho Let’s WiFi」「ChatWiFi」がおすすめ

    毎月たくさんのデータ通信を行うという方は、月間データ容量が200GB超の「hi-ho Let’s WiFi」か「ChatWiFi」がおすすめです。

    上記2社にも契約期間の有無に違いがあり、長く契約が続けられるか、すぐに解約する可能性があるかで選択が変わります。

    200GB超プランのポケットWiFiのおすすめパターン

    200GBプランで契約期間ありの場合はhi-ho Let’s WiFiがおすすめ

    hi-ho Let's WiFi
    「hi-ho Let’s WiFi」は、月間データ容量が200GB超というわけではなく、1日あたりの最大データ容量が7GB、つまり30日間で最大210GBが利用できるポケットWiFiです。

    1日7GB以上利用してしまうと次の日まで速度制限になってしまいますが、200GB超のプランがあるポケットWiFiでは最安級の料金で利用できます。

    【hi-ho Let’s WiFi】
    提供エリア 全国
    契約期間 2年
    平均速度 8.27Mbps
    契約事務手数料 0円
    端末代金 0円
    月額料金 〜6ヶ月目:3,278円
    7ヶ月目以降:4,730円
    特典 なし
    実質月額(2年間) 4,323円
    実質合計(2年間) 108,086円

    ※価格は税込

    hi-ho Let’s WiFiの契約期間は2年自動更新であるため、2年ごとの更新月以外の解約になると最大19,800円(税込)の解約違約金がかかってしまうことに注意しましょう。

    また、hi-ho Let’s WiFiでは、現在、契約事務手数料3,300円が無料になるキャンペーンに加え、30日間以内であれば無料でキャンセルできる返金保証を実施しています。

    hi-ho Let’s WiFiの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    200GBプランで契約期間なしの場合はChat WiFiがおすすめ

    Chat WiFi
    200GBのデータ容量を、契約期間なし、いつでも無料で解約できる契約で利用したい方には「Chat WiFi」がもっともおすすめです。

    【Chat WiFi】
    提供エリア 全国
    契約期間 なし
    平均速度 7.51Mbps
    契約事務手数料 0円
    端末代金 0円
    月額料金 4,928円
    特典 なし
    実質月額(1年間) 5,265円
    実質合計(1年間) 68,442円

    ※価格は税込

    Chat WiFiは、200GB超の契約期間なしプランでは最安級の料金に設定されています。

    ただし、Chat WiFiは1日あたりのデータ使用上限が10GBまでです。
    1日で10GB以上利用してしまうと、翌日の朝6時まで速度制限になってしまうため注意しましょう。

    Chat WiFiの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    【番外編】速度を重視するなら「Broad WiMAX」がおすすめ

    【公式】Broad WiMAX - キャンペーン - wimax-broad.jp
    ポケットWiFiは、速度の面で光回線やホームルーターに劣ってしまいます。

    ただ、ポケットWiFiを高速で利用したいという方には、【速度を重視するなら「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめ】でも紹介した「WiMAX」がおすすめです。

    比較表でも確認できるとおり、ここまで紹介してきたポケットWiFiと比べ、WiMAXは平均速度が最速です。

    他社ポケットWiFiは下り最大150Mbps、WiMAXだと440Mbpsというように、機器スペックにも違いがあります。

    ただし、WiMAXには「直近3日以内で10GB以上の利用」という、他社ポケットWiFiよりも比較的厳しい速度制限が課されています。
    制限期間は短めですが、データを多く利用する人では足りない可能性がある点に注意しましょう。

    【Broad WiMAX】
    提供エリア 全国
    契約期間 3年
    平均速度 33.88Mbps
    契約事務手数料 3,300円
    端末代金 0円
    月額料金 〜2ヶ月目:2,999円
    〜24ヶ月目:3,753円
    25ヶ月目以降:4,413円
    特典 キャッシュバック5,000円
    実質月額(2年間) 3,876円
    実質合計(2年間) 143,424円

    ※価格は税込

    ポケットWiFiでもWiMAXを使いたいなら、「Broad WiMAX」がもっともおすすめです。

    Broad WiMAXのメリット

    • 5,000円のキャッシュバックがもらえる
    • 2年間の月額料金割引で他社WiMAXより実質料金が安い
    • 端末代金が無料
    • 2年8ヶ月目以降から無料で機種変更ができる
    • 指定の固定回線にいつでも無料で乗り換えできる

    Broad WiMAXの詳細はこちら

    ※このボタンからお得な特典をチェック

    マンションでインターネットを契約する際の注意点

    マンションでインターネットを契約する際は、以下の2つの点について注意しましょう。

    開通工事には大家さん・管理会社の許可が必要

    マンションで光回線を申し込む場合、開通工事の許可をお住まいの大家さん、または管理会社に許可を取る必要があります。

    マンションでの開通工事は、建物の共有部分やお部屋の内外で作業が行われるため、入居者だけの判断で進めることができません。

    工事の許可が取れなかった場合は、光回線の契約を諦めるほかなく、無理に工事を強行してしまうと契約違反としてペナルティが課せられたり、退去時にトラブルになってしまったりする可能性があります。

    光回線が契約できないマンションでは、ホームルーターやポケットWiFiなど、開通工事が不要なインターネット回線を選びましょう。

    ただし、光回線の開通工事が不要(無派遣工事)と判断された場合は、許可を取る必要はありません。

    マンション向けプランのインターネットは速度が遅くなりがち

    マンション向けプランでは、ひとつの光回線をマンションに導入し、マンションの共有設備から各お部屋に分配して提供されるため、分配の数が多いほど速度の減衰が大きくなります。

    戸建て向けのプランで契約ができれば、お住まいのお部屋に対して単独で光回線を導入できるため、速度は速くなりやすいと言えます。

    ただし、戸建て向けプランは開通工事が大掛かりになってしまうので、大家さんや管理会社の許可が降りにくく、また、料金もマンション向けプランより高くなってしまいます。

    マンション×インターネットに関するよくある質問

    マンションでインターネットを契約する際に、「これはできるの?」「あれはできないの?」と、さまざまな疑問が浮かびますよね。

    これからインターネットを契約する方がよくする質問に対して、回答していきます。

    マンションで工事ができない場合は?

    マンションで光回線の工事ができない場合は、開通工事が不要なホームルーターまたはポケットWiFiを選択するしかインターネット回線を契約する方法がありません。

    ホームルーターとポケットWiFiには、持ち運びの可否や速度、最大接続台数などに違いがあるため、自身の用途に合ったほうを選択しましょう。

    【ホームルーター・ポケットWiFiの違い】
    ホームルーター ポケットWiFi
    月額料金(目安) 3,500円前後 3,500円前後
    最大速度 440Mbps〜1Gbps 150Mbps〜1Gbps
    開通工事 不要 不要
    最大接続台数 数十台程度 10台程度
    主な特徴 コンセントに挿すだけで利用可能 持ち運びができる

    インターネット完備マンションの速度は遅い?

    入居日当日から無料でインターネットが利用できる「インターネット完備」のマンションは、必ずしもそうとは言い切れませんが、速度が遅い傾向があります。

    その理由は、無料で提供されている分、回線のスペックが低かったり、多くの入居者が利用していて速度が減衰しやすかったりする可能性があるためです。

    速度に不満がある場合は、自身で別のインターネット回線を契約するほか改善の方法はありません。

    ただし、インターネット完備マンションは開通工事の許可が降りる可能性が低いため、光回線の契約は難しい場合が多いです。
    ほとんどの場合、ホームルーターかポケットWiFiを選択するしかないでしょう。

    インターネットの速度が遅いときの対処法は?

    インターネットの速度が遅いと感じる場合の原因とその対処法は、以下のとおりです。

    【速度が遅いときの原因と対処法】
    原因 対処法
    混雑しやすい時間帯である
    • 混雑しやすい時間帯を避けて利用する
    • Ipv6オプションに加入する
    利用機器の不具合
    • 混雑しやすい時間帯を避けて利用する
    • Ipv6オプションに加入する
    ルーターの位置・周辺環境
      【光回線】

    • ルーターの設置位置を障害物が少ないところに移動する
    • 【ホームルーター】

    • ルーターの位置を窓際にする
    • 【ポケットWiFi】

    • ルーターの位置を窓際にする
    • 屋外など繋がりやすいところに移動する
    利用機器の消耗
    • 機器を買い替える
    回線に障害が起こっている
    • 障害情報をサイトから確認し、復旧を待つ

    まとめ

    マンションでインターネットを契約する場合、まず基準となるのがそのマンションのインターネット対応状況です。

    マンションの「付帯設備」に記載されている内容で、契約できるインターネット回線の種類が異なります。

    【マンションのインターネット対応状況と契約できる回線】
    対応状況 契約できる回線
    インターネット完備
    • マンション指定の固定回線
    • ホームルーター
    • ポケットWiFi
    インターネット対応・光ファイバー対応
    • 光回線またはケーブルTV回線
    • ホームルーター
    • ポケットWiFi
    インターネット設備未導入
  • ホームルーター
  • ポケットWiFi
  • 光回線(大家さんの工事許可が必要)
  • 上記のように、マンションで契約できるインターネット回線の種類は「光回線」「ホームルーター」「ポケットWiFi」が選択肢に挙がります。

    それぞれの回線でおすすめのサービスは以下のとおりです。

    【回線別おすすめインターネットサービス】
    おすすめサービス
    光回線
    ホームルーター
    ポケットWiFi

    光回線はスマホとのセット割が適用できるかどうか、ホームルーターは速度とデータ容量のどちらを優先するか、ポケットWiFiは毎月どのくらいのデータ容量を必要とするかを基準にサービスを選択しましょう。

    また、光回線を選択する場合、開通工事の許可取りや同じマンション内での利用者数が多いことによる速度の減衰など、注意すべき点があります。

    光回線の契約が困難である場合、残る選択肢はホームルーターかポケットWiFiのどちらかです。
    持ち運びの可否や速度、最大接続台数などを比較し、自身の用途に合ったほうを選択しましょう。