検索 わたしのネット ロゴ

【2021年5月最新】ドコモ光のプロバイダ全24社でオススメはここ!選び方やお得な申し込み方法も解説

ドコモ光を徹底比較

ドコモ光を契約するなら、プロバイダを全24社から自分で選ばなければなりません。

当記事ではドコモ光のプロバイダ全24社を徹底比較し、おすすめのプロバイダやプロバイダの選び方、お得な申し込み方法を紹介します。

ドコモ光のプロバイダを選ぶポイントは以下の5つです。

オススメ第1位のGMOとくとくBBのオススメポイントは以下のとおり。

当記事ではドコモ光のプロバイダ全24社を徹底比較し、おすすめのプロバイダやプロバイダの選び方、お得な申し込み方法を紹介します。

ドコモ光のプロバイダについて知りたい人は必見ですよ。

GMOとくとくBBの申し込みはこちらから

※2021年7月時点の情報です

この記事でわかること

ドコモ光のプロバイダ全24社を比較してわかったオススメ3社を発表!

まずは、ドコモ光のプロバイダ全24社を比較表でチェックし、オススメとなる3つのプロバイダをランキング形式で発表します!

少々情報量が多い表となりますので、各プロバイダを比較するポイントをまずは説明しますね。

  • 料金タイプA、Bのどちらに所属しているか
    ※タイプAの方がタイプBより220円安い
  • オプションの充実度の高さ
  • キャッシュバックの高額さ
  • 平均速度の速さ
那比得子(なびとくこ)
とくこ

上記のチェックポイントを念頭に入れながら比較表を見てみよう!

那比光太(なびこうた)
こうた

その後、おすすめプロバイダTOP3を発表するよ!

 

 

ドコモ光のプロバイダ24社比較表
プロバイダ名 料金タイプ キャッシュバック 適用条件 IPv6
(v6プラス)
無料オプション 平均
下り速度
平均
上り速度
GMO
とくとくBB
A 20,000円 新規契約 RT:〇
SP:初回無料
Sec:12ヶ月無料
277.59
Mbps
207.4
Mbps
@nifty A 最大20,000円 有料オプション
(※オプションなしの場合は
18,000円)
RT:〇
ST:初回無料
Sec:12ヶ月無料
183.25
Mbps
201.8
Mbps
plala A 15,000円 新規契約・転用・
事業者変更
RT:〇
SP:〇
Sec:24ヶ月無料
217.89
Mbps
171.64
Mbps
ドコモnet A RT:✕
SP:有料
Sec:12ヶ月無料
240.44
Mbps
196.87
Mbps
DTI A RT:〇
SP:契約中無料
Sec:12ヶ月無料
212.56
Mbps
183.72
Mbps
andline A RT:〇
SP:✕
Sec:12ヶ月無料
210.1
Mbps
193.44
Mbps
BIGLOBE A RT:〇
SP:〇
Sec:12ヶ月無料
243.71
Mbps
181.9
Mbps
SIS A RT:〇
SP:初回無料
Sec:永年無料
73.99
Mbps
169.96
Mbps
hi-ho A RT:〇
SP:初回無料
Sec:12ヶ月無料
110.77
Mbps
137.57
Mbps
IC-NET A RT:〇
SP:36ヶ月無料
Sec:36ヶ月無料
157.51
Mbps
134.73
Mbps
Tigers-
net
A RT:✕
SP:初回無料
Sec:永年無料
データなし データなし
エディオン
ネット
A RT:✕
SP:有料
Sec:有料
197.29
Mbps
168.15
Mbps
SYNAPSE A RT:✕
SP:初回無料
Sec:12ヶ月無料
233.16
Mbps
179.28
Mbps
BB.excite A RT:✕
SP:有料
Sec:36ヶ月無料
213.42
Mbps
175.6
Mbps
楽天
ブロードバンド
A RT:✕
SP:初回無料
Sec:12ヶ月無料
136.3
Mbps
130.4
Mbps
TikiTiki A RT:✕
SP:有料
Sec:有料
244.9
8Mbps
183.47
Mbps
ネスク A RT:✕
SP:〇
Sec:有料
154.38
Mbps
132.21
Mbps
01光コアラ A RT:✕
SP:有料
Sec:✕
198.26
Mbps
183.64
Mbps
OCN B 20,000円 新規契約・転用・
事業者変更
RT:〇
SP:初回無料
Sec:〇
224.66
Mbps
169.93
Mbps
@TCOM B RT:〇
SP:初回無料
Sec:12ヶ月無料
214.6
Mbps
154.69
Mbps
TNC B RT:✕
SP:有料
Sec:12ヶ月無料
349.23
Mbps
283.41
Mbps
WAKWAK B RT:✕
SP:有料
Sec:有料
143.06
Mbps
139.99
Mbps
AsahiNet B RT:✕
SP:✕
Sec:有料
193.05
Mbps
187.09
Mbps
ちゃんぷる
ネット
B RT:✕
SP:12ヶ月無料
Sec:有料
1.76
Mbps
112.93
Mbps

※ RT=無線LANルーター無料、SP=サポート無料、Sec=セキュリティ無料
みんなのネット回線速度より引用

上記表から読み解く、おすすめプロバイダTOP3を発表しますね!

【オススメ度1位】料金も速度も満足度が高いGMOとくとくBB

月額料金
(戸建て)
5,720円
月額料金
(マンション)
4,400円
実質料金
(2年・戸建て)
5,574円
実質料金
(2年・マンション)
4,254円
平均速度 平均ダウンロード速度: 277.59Mbps
平均アップロード速度: 207.4Mbps
キャンペーン ・20,000円キャッシュバック
・20,000円の違約金負担
・セキュリティソフト1年間無料
・無線ルーター無料レンタル
・訪問サポート1回無料
・工事前にモバイルWi-Fiルーター貸出
キャッシュバックの適用条件 なし

※価格は税込

ドコモ光のプロバイダで最もオススメなのはGMOとくとくBBです。

那比光太(なびこうた)
こうた

多くのまとめサイトや口コミでも、GMOとくとくBBが人気だよね。高評価の秘訣ってなんだろう?

GMOとくとくBBが評価される理由は、速度への高評価とキャッシュバックの高額さです。

光回線を利用する以上、速度が快適なことはもちろん重要なポイントですし、さらに20,000円のキャッシュバックでトータルの料金が安くなると考えれば、人気の理由も納得ですね。

GMOとくとくBBが人気な理由はこの記事の後半でも解説していますので併せてチェックしてくださいね!

GMOとくとくBBの詳細をチェック

【オススメ度2位】転用・事業者変更でもキャッシュバックがもらえるぷらら

月額料金
(戸建て)
5,720円
月額料金
(マンション)
4,400円
実質料金
(2年・戸建て)
5,783円
実質料金
(2年・マンション)
4,463円
平均速度 平均ダウンロード速度: 217.89Mbps
平均アップロード速度: 171.64Mbps
キャンペーン ・15,000円キャッシュバック
・訪問サポート初回無料
キャッシュバックの適用条件 なし
※4ヶ月目末日までドコモ光を継続利用していること
※新規・転用・事業者変更ともに適用可

※価格は税込

次いでオススメなのが、プロバイダぷららです。

ぷららのオススメポイントは、15,000円のキャッシュバックが転用・事業者変更でももらえること。

他社の場合、キャッシュバックが新規契約の場合のみであったり、もらえたとしてもかなり少ない額になったりするので、新規でも転用でも事業者変更でも同額のキャッシュバックがもらえるのは大きな強みですよね。

ぷららの詳細をチェック

【オススメ度3位】オプションなしで18,000円のキャッシュバックがもらえる@nifty

月額料金
(戸建て)
5,720円
月額料金
(マンション)
4,400円
実質料金
(2年・戸建て)
5,862円
実質料金
(2年・マンション)
4,338円
平均速度 平均ダウンロード速度: 184.54Mbps
平均アップロード速度: 202.36Mbps
キャンペーン ・18,000円キャッシュバック(※オプションなしの場合)
・Wi-Fiルーターレンタル無料
・セキュリティソフトが最大12ヶ月間無料
・訪問サポート初回無料
キャッシュバックの適用条件 なし
(※「スカパー!」または「ひかりTV for docomo(2年割)」への同時加入で20,000円に増額))

※価格は税込

条件付きで高額キャッシュバックがもらえるのが@niftyです。

@niftyのキャッシュバックはオプションなしの場合、18,000円ですが、「スカパー!」または「ひかりTV for docomo(2年割)」への同時加入を行った場合、20,000円に増額されます。

もともと上記オプションを検討していた方にはうれしい特典ですね。

ただし、キャッシュバックが受け取れるのは1年後です。

GMOとくとくBBの場合は最短5ヶ月で受け取れるのでもらい忘れの心配も少ないですが、@nifyの場合には1年後なのでもらい忘れの心配度が高い点がデメリットですね。

また、@nifty独自のオプションやオプションの特典が充実している点も特徴のひとつです。

  • @nifty 優待サービス(宿泊、グルメ、レジャー&エンタメなどの豊富なサービスを会員様向けの特別価格で提供)が初月無料(月額550円)
  • @nifty まかせて365(技術的なサポート)が初月無料(月額550円)
  • Mail@nifty IMAP機能が初月無料(月額110円)

@niftyの詳細をチェック

ドコモ光におけるプロバイダとは?仕組みは?自分で選ぶの?

まずは、ドコモ光の概要についておさらいしてみましょう。

回線種別 光コラボ
月額料金
※タイプAの場合
戸建て:5,720円
マンション:4,400円
月額料金
※タイプBの場合
戸建て:5,940円
マンション:4,620円
最大速度 1Gbps
(10ギガプランもあり)
平均速度※ 平均ダウンロード速度: 223.11Mbps
平均アップロード速度: 180.07Mbps
セット割 ドコモスマホで最大1,100円の割引
※シェアパックの場合は最大3,850円
セット割の条件 なし
工事費 完全無料

※2021年5月時点
みんなのネット回線速度より引用
※金額は全て税込(税率10%)

那比得子(なびとくこ)
とくこ

ところで、ドコモ光の「プロバイダ」ってなんのこと?

<
引用:教えて!プロバイダって何?|NTT東日本公式サイト

プロバイダとは、光回線(フレッツ光など)と利用者の橋渡し的存在です。

例えていうと、光回線を高速道路だとして、プロバイダは料金所(インターチェンジ)のような役割。

インターネットという道路を通るためには、プロバイダという受付で「あなたはインターネットを利用することができます。そのためのIDは〇〇です。」という情報を得る必要があるのです。

ドコモ光の場合、ドコモ光の申し込みの際に、決められた24社のなかから自由にプロバイダを選ぶことができます。

では、どのようなポイントを軸にプロバイダを選べばいいのかを次で説明しますね。

なお、ドコモ光そのものについてもっと詳しく知りたい人は、ドコモ光の解説記事も併せて読んでみてください。

ドコモ光のプロバイダを選ぶための5つのポイントを解説

ドコモ光のプロバイダの選び方がわからないというあなたは、選ぶためのポイントとしてまず以下の5つを押さえておきましょう。

1.月額料金が安いタイプAに属しているか

ドコモ光の月額料金体系は、タイプA・B・Cの3つがあります。

うち、タイプCはケーブルテレビが属するもので、残るタイプA・Bは光回線のプロバイダによって決まります。

タイプAはタイプBより月額料金が220円(税込)安いのが特徴です。

タイプA タイプB
1ギガ ドコモnet・plala・GMOとくとくBB・
DTI・andline・BIGLOBE・hi-ho・
ic-net・Tigers-net・SYNAPSE・
BB.excite・楽天ブロードバンド・
@ネスク・COARA
OCN・@TCOM・TNG・
Asahinet・WAKWAK
10ギガ ドコモnet・plala・GMOとくとくBB・
andline・hi-ho
BB.excite・Asahinet
那比得子(なびとくこ)
とくこ

月単位だと220円の差だけど、年間だと2,640円もお得になるのね!

通信費の節約を気にするご家庭にとっては、年間約2,500円の差は見逃せませんよね。

2.キャッシュバックや割引は充実しているか

ドコモ光はキャッシュバックや割引などのキャンペーンが、プロバイダによってさまざまです。

那比光太(なびこうた)
こうた

キャッシュバックや割引の高額さは、そのまま実質料金にも直結する大事なポイントだよ!

そのため、少しでも安く契約したいならお得なキャンペーンを行っているプロバイダがオススメということです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

でも、キャンペーンのなかには条件のハードルが高いものもあるから気をつけないといけないみたい。

いくら高額のキャッシュバックを展開していても、有料オプションへの加入などが条件となり結局オプション料金を合わせたら割高になってしまったというケースもあります。

キャンペーンをチェックする際は、適用条件も併せて確認するようにしておきましょう。

3.速度を快適にするv6プラスに対応しているか

引用:GMOとくとくBB公式ページ

GMOとくとくBBの速さの理由として、「v6プラス」を採用していることが挙げられます。

■v6プラスとは?
最新のインターネット通信経路の規格で、速度が速く安定することが期待できるものです。
正式には「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という規格ですが、GMOとくとくBB、So-net、@niftyなど、多くのプロバイダでは「v6プラス」という名称が用いられています。

従来のIPv4という規格の場合、時間帯によっては混雑が発生し速度が遅くなります。

しかし、IPv6は例えていうとより広い道路を用いた経路を経由してインターネットに接続するようなものなので、混雑が起こりにくく快適な速度での通信が期待できるというわけです。

プロバイダには、v6プラスに対応しているプロバイダと未対応のプロバイダがありますのであらかじめ確認しておきましょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

あと、市販のルーターを使うときは、v6プラスに対応したルーターかどうかを確認してね!

那比得子(なびとくこ)
とくこ

そして、速度測定サイトを使って実際の速度の口コミをチェックするのも大事なポイントだよ!

みんなのネット回線速度というWebサイトを利用すれば、既に使っている人たちの速度測定結果の平均値を見ることができ、実際にはどれくらいの速度が出ているのかを判断するための大きな参考になりますよ。

以下の画像のように、検索ウインドウで「光回線名 プロバイダ名」で検索すれば、プロバイダ限定の平均速度を確認することもできます。


引用:通信速度レポートの検索|みんなのネット回線速度

4.最新無線LANルーターの無料特典があるかどうか

プロバイダの中には、v6プラス対応の最新無線LANルーターを無料または一定期間無料で貸し出してくれる特典があるところがあります。

さらに親切なプロバイダだと、ルーターの設定が完了した状態で発送してくれて、自宅ではLANケーブルに接続して電源を投入するだけでインターネットが使える場合も。

気になるプロバイダが、無線LANルーターのレンタルをやっているか、ルーターは最新式のものか、v6プラスに対応したものかはチェックしておきましょう。

5.セキュリティソフトの無料特典があるかどうか

ドコモ光のプロバイダの多くは、ウイルス対策などのセキュリティソフトを一定期間無料で提供しています。

セキュリティソフトは今やインターネットを使う端末には必須ともいえるもの。

一定期間無料で利用できるならぜひ使いたいものですよね。

また、セキュリティソフトを基準にプロバイダを選ぶ際は、機能の充実具合もチェックしておきましょう。

セキュリティソフトでできることとして、ウイルス対策、スパイウェア対策、迷惑メール対策、Webフィルタリングなどがあります。

気になるプロバイダで自分が欲しい機能が備わったセキュリティソフトかどうかも確認しておくといいでしょう。

那比光太(なびこうた)
こうた

案外見落としがちなポイントだけど、どんなセキュリティソフトがどのくらいの期間無料で使えるかはチェックしておくべきなんだね!

ドコモ光のプロバイダにGMOとくとくBBが最もオススメできる9つの理由

那比得子(なびとくこ)
とくこ

プロバイダのなかでもGMOとくとくBBがオススメって言っていたけど、オススメな理由ってなんだろう?

理由は以下の通り、9つあります。

ひとつひとつ解説していきますのでチェックしてみましょう。

オプション無しで最大20,000円の高額キャッシュバックがもらえる

引用:おトクな特典情報|ドコモ光×GMOとくとくBB公式サイト

ドコモ光をGMOとくとくBBのwebサイト経由で申し込むと、20,000円のキャッシュバックがもらえます。

キャッシュバックがもらえれば、実質料金が下がるだけでなく、自由に使えるお金ももらえていいことづくめ。
※実質料金とは:月額料金の積算+初期費用(工事費・手数料など)ーキャッシュバックや割引

キャッシュバック額20,000円というのはドコモ光のプロバイダ窓口のなかでも最高額で、それにより実質料金も各プロバイダのなかでは最安クラスとなっています。

那比光太(なびこうた)
こうた
キャッシュバックの高額さが、実質料金の安さに直結しているんだね!

また、キャッシュバックをもらうための有料オプションなどの条件はありません。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

キャッシュバックを申し込むためのハードルが低いのも嬉しいね!

高額のキャッシュバックを条件なしでもらうなら、GMOとくとくBBはオススメということですね。

「タイプA」の料金体系に属するため月額料金が安い

ドコモ光の月額料金体系は、タイプA・B・Cの3つがあります。

うち、タイプCはケーブルテレビが属するもので、残るタイプA・Bは光回線が属するものですが、どちらのタイプになるかはプロバイダによって決まります。

GMOとくとくBBはタイプAに所属しているプロバイダで、タイプAはタイプBより月額料金が220円(税込)安いのが特徴。

ひと月だと220円という微々たる金額と感じるかもしれませんが、1年間だと約2,500円の差となります。

1円でもおトクに光回線を使うなら、タイプAに属するGMOとくとくBBは選択肢に入れておくべきですね。

最新の無線LANルーターを無料でレンタルできる

設定ウィザード

引用:おトクな特典情報|ドコモ光×GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBを申し込むと、最新の無線LANルーターが無料レンタルできます。

ルーターは設定済みの状態で届くので、利用者側で設定の必要がない点も魅力。

ONUのLAN側とルーターのWAN側をLANケーブルで接続し、電源を投入してしばらく待つだけでインターネットが使えるようになります。

那比光太(なびこうた)
こうた
設定のことは難しくてよくわからないという人にも安心だね!

無線LANルーターは、以下の3機種の中から選べます。

いずれもv6プラスに対応しているので、安心して高速インターネットが利用できる仕様なのがうれしいポイント。

型番 WSR-2533DHP3 Aterm WG2600HS2 WRC-2533GST2
ルーター画像      
メーカー Buffalo NEC ELECOM
最大通信速度 1.7Gbps 1.7Gbps 1.7Gbps
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac IEEE802.11a/b/g/n/ac
有線LANポート数 4つ 4つ 4つ
特徴 ・いろいろな向きや角度の端末を幅広くカバー
・家中のあらゆるところでインターネットを使いたい方向け
・NEC独自技術で電波強度アップ
・安定した接続重視の方向け
・夜間にランプの点滅が気にならない遮光パネル搭載ルーター
・消費電力は少ない

なお、無線LANルーターはドコモ光の申し込みとは別に申し込みが必要となることに注意が必要です。

申し込みは、以下3パターンから選べます。

v6プラス対応で混雑が少ない快適通信ができると評判

引用:GMOとくとくBB公式ページ

GMOとくとくBBの速さの理由として、「v6プラス」を採用していることが挙げられます。

■v6プラスとは?
最新のインターネット通信経路の規格で、速度が速く安定することが期待できるものです。
正式には「IPv6 IPoE + IPv4 over IPv6」という規格ですが、GMOとくとくBB、So-net、@niftyなど、多くのプロバイダでは「v6プラス」という名称が用いられています。

従来のIPv4という規格の場合、時間帯によっては混雑が発生し速度が遅くなります。

しかしIPv6の場合は、従来のIPv4より混雑が少ない経路を経由してインターネットに接続しに行きます。

IPv6は従来より車線の数を多くすることで混雑を減らすような仕組みを取り入れたというイメージだとわかりやすいかと思います。

上記により、快適な速度の通信が期待できるということです。

v6プラスは申し込み不要で利用でき、GMOとくとくBBで無料レンタルしている無線ルーターであれば、すべてv6プラスに対応しているのも嬉しいですね。

那比光太(なびこうた)
こうた
もしも市販のルーターを使うときは、v6プラスに対応したルーターかどうかを確認してね!

もし速度が満足に出ない場合はポイント還元がある

引用:ドコモ光×GMOとくとくBBの速度の秘密公開|ドコモ光×GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBは速いと評判でも、ときには遅いと感じることもあるかもしれません。

ですが、GMOとくとくBBにはインターネット回線の速度が100Mbpsを下回った場合、100円相当のGMOとくとくポイントがもらえるというサービスがあります。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

GMOとくとくBBが、速度の信頼性に自信を持っていることがわかるキャンペーンだね!

ポイントの申請方法は以下の通りです。

  1. GMOとくとくBB指定の速度測定サイトで速度を計測
  2. 計測結果を画面キャプチャや携帯のカメラなどで保存する
  3. ドコモ光計測データ提出URLにて計測結果の画像と名前・お客様IDを添えて提出する

簡単にポイント申請ができるところもうれしいですよね。

セキュリティサービスが12ヶ月無料で利用できる

引用:ドコモ光のおトクなキャンペーン|GMOとくとくBB公式サイト

インターネットを使う際には、ウイルス・迷惑メール対策などのセキュリティ対策は必須です。

GMOとくとくBBであれば、McAfee社のセキュリティソフトが12ヶ月間無料で使えます。

なお、13ヶ月目以降は月額550円(税込)です。

ちなみに、McAfeeのセキュリティソフトのメリットは以下のとおりです。

  • 最大3台のパソコン・スマホに設定できる
  • スマホの紛失・盗難対策もできる
  • パスワードを生体認証で記憶できる

パソコンだけでなく、スマホのセキュリティ対策もできる点が魅力ですね。

また、セキュリティソフトの利用はBBnaviでの申し込みが必要ですので注意してください。

他社からの乗り換えで最大20,000円の違約金負担

引用:ドコモ光のおトクなキャンペーン|GMOとくとくBB公式サイト

他社インターネットからの乗り換えで違約金や撤去工事費が発生したという方のために、解約金20,000円分をキャッシュバックで還元してくれるという特典もあります。

申請時に解約金を支払った証明ができるもののコピーを送付することで、特典が適用可能となります。

ただし、こちらの違約金負担の特典は、20,000円キャッシュバックの特典と併用はできません。

合計40,000円の現金還元がもらえるというわけではない点に注意してください。

では20,000円キャッシュバックと違約金負担、どちらの特典を適用するのがいいかという疑問も出てきますが、結論からいうと、20,000円キャッシュバックの方がオススメです。

なぜなら、キャッシュバック特典の方が証明書等が不要な分手間が少ないため、そして申請の時期や手順はどちらの特典も同じであるためです。

また、ドコモ光利用中の方が、プロバイダのみGMOとくとくBBに変更した場合は対象外となる点にも注意してください。

工事前にモバイルWi-Fiルーターが最大3ヶ月で無料レンタルできる

引用:ドコモ光のおトクなキャンペーン|GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBなら、モバイルWi-Fiを最大3ヶ月無料でレンタルしてくれるので、「工事までの間、インターネットが使えず困った…」という方もインターネットが使えて便利ですよ。

モバイルWi-Fiとは、持ち運びができるポケットWiFiのこと。

自宅にドコモ光が開通するまでの間、光回線の代わりにインターネットに接続できるモバイル機器です。

速度こそドコモ光に及びませんが、工事期間中も代わりのインターネット環境を確保したいという方には嬉しいですよね。

なお、無料期間は端末発送月+2ヶ月目の末日までとなり、3ヶ月目から月額4,950円(税込)の月額料金が発生します。

ちなみに、モバイルWi-Fiレンタルサービスは申込みが必要です。

申し込み後、かかってきた折り返し電話で、「モバイルWi-Fiレンタルサービスの申込みが必要」と伝えるだけです。

後ほどオペレーターにて、モバイルWiFiレンタルのための特設ページが案内されますので指示に従って申し込みを進めてください。

ドコモ光の初期設定時等に専用無料訪問サポートが使える

引用:ドコモ光のおトクなキャンペーン|GMOとくとくBB公式サイト

GMOとくとくBBでは、ドコモ光開通後の設定などを行ってくれる訪問サポートが初回のみ無料で使えます。

無料で訪問サポートを利用できる期間は、開通月から12ヶ月後末日まで。

訪問サポートでは、以下の機器・設定に対して対応してくれますよ。

ドコモ光専用無料訪問サポートメニュー 設定可能台数
インターネット接続設定 各1台
Wi-Fi設定 Wi-Fi親機1台+子機1台
メール設定 1アカウント
ひかりTV for docomo接続設定 各1台
dtvインストール・接続設定 各1台
dtvチャンネルインストール・接続設定 各1台
那比得子(なびとくこ)
とくこ

設定のことは難しくてよくわからない…という人には嬉しいサポート!

利用には申し込みが必要です。

繁忙期には混み合う可能性がありますので、希望日程の1ヶ月ほど前に予約の連絡をしておくとスムーズでしょう。

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」をお得に申し込む手順を解説

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」を余すところなくお得に契約するための流れを紹介します。

那比光太(なびこうた)
こうた

最初のポイントは、Webサイト経由で申し込むことだよ!

申し込み方法は店舗・電話・Webサイトの3パターンです。

対応するスタッフの人件費や店舗の賃料といった経費が少なくなる分、Webサイト経由での販促が最もキャッシュバックなどの顧客還元にお金を回しやすくなっています

お得さを優先するならWebサイト経由での申し込みを選びましょう。

ちなみに店舗で申し込むメリットは、スタッフと直接わからないことをやりとりできる点、電話で申し込むメリットは店舗に赴く手間を省きつつ担当オペレーターにわからない点を直接聞けることです。

那比得子(なびとくこ)
とくこ

専門スタッフにいろいろ聞けて、その場で申し込みもできる安心感を優先したい人は、店舗や電話がオススメということね。

1.GMOとくとくBBのWebサイトから申し込む

GMOとくとくBBをお得に申し込むためには、以下のボタンをクリックしてアクセスしたページ経由で申し込みます。

GMOとくとくBBの申し込みにジャンプ

なぜなら、上記Webサイト経由で申し込むと、20,000円のキャッシュバックが条件なしでもらえるためです。

ただし、上記Webサイトは、検索サイトで「GMOとくとくBB」と検索して最初に出てきたWebサイトと似ていますが、内容が若干異なりますので気をつけてください。

検索サイト経由でアクセスしたWebサイトだと、キャッシュバックをもらうために有料オプションへの加入が必要となります。

最高額のキャッシュバックをもらうためには、月額1,000円以上のオプション料金が発生するオプションへの加入が必要となってしまうので、必要がないものであれば面倒ですよね。

その点、上記ボタンからアクセスして申し込んだ場合は有料オプションへの加入が不要ですので、オプション料金を気にすることはありません。

那比光太(なびこうた)
こうた

有料オプション加入が条件だと余計な費用が発生しちゃう。
条件なしでキャッシュバックがもらえるのは嬉しいね!

2.工事日調整のやりとりをする

ドコモ光・GMOとくとくBBを申し込んでから数日後、指定した日時に担当者から申し込み確認と工事日調整のための入電があります。

工事日には、立ち会い可能な日程を選びましょう。

また、電話でのやりとりの際、以下の特典の利用を考えている人は口頭で伝えておいてください。

タイミングを逃すと、特典を受けられなくなってしまう可能性があります。

  • モバイルWi-Fiレンタルの申込み
  • 違約金のキャッシュバック

電話のやりとりでドコモ光の申し込みが確定し、工事日の調整が完了したら、無線LANルーターの無料レンタルの手続きを工事までにしておきましょう。

当日までにルーターが届けば、インターネットの開通もスムーズになりますよ。

3.工事・初期設定

工事は立ち合いが必須で、所要時間は2時間から4時間程度を見込んでおきましょう。

工事内容について詳しく知りたい方は、光回線の工事についての記事も併せて参考にしてください。

工事が完了したら、ルーターの接続と初期設定を行い、インターネットが使えることを確認しましょう。

なお、工事直後から無料の訪問サポートが使えるようになりますので、ぜひ活用してくださいね。

4.キャッシュバック等特典の申請

ドコモ光を開通して一安心といったところですが、忘れてはならないのがキャッシュバックなど特典の申請です。

キャッシュバックの申請は、開通から4ヶ月目に送られる案内メールに詳細が記載されており、内容通りに対応する必要があります。

手順は以下のとおり。

  1. 開通から4ヶ月目に、「基本メールアドレス」宛にキャッシュバックの案内メールが送られます。
    ※「基本メールアドレス」とはGMOとくとくBBで発行したアドレスのこと。
    普段使っているメールアドレスではない可能性があることに注意!
  2. メール本文の内容を確認し、指示に従ってキャッシュバックの振込先口座の情報を入力します。
    ※情報入力の期限は翌月の末日までなので遅れないよう注意!
  3. 翌月末にキャッシュバックが振り込まれていることを確認しましょう。

また、違約金負担の特典についても、上記の手順同様に案内メールが送られ、同様の対応が必要です。

違約金負担の特典の場合、振込先情報と併せて、以前使っていた他社光回線で違約金等が発生したという証明が必要となりますので失くさないように注意しましょう。

証明書は、他社サービス提供事業者が発行したもので、他社サービスが確認できる情報(サービス名、プロバイダー名など)、契約者氏名(※1)、住所、解約金・撤去費用の項目および金額が確認できる証明書、領収書・請求書のコピー(※2)(※3)を指します。
(※1)証明書に記載の氏名は、特典対象者ご本人が契約者の場合「お申込者氏名と同一」、ご本人以外が契約者の場合「お申込者氏名の苗字と同一」であることが必要です。
(※2)紙の請求書がなく、会員サイトによりご利用料金を閲覧しているお客様は、解約金・撤去費用が記載されているWEB画面の画面キャプチャ画像または写真を送付ください。
(※3)解約金・撤去費用の証明書が複数枚に分かれている場合には、すべての写真を撮って1通に添付してご送付ください。

引用:ドコモ光のおトクなキャンペーン|GMOとくとくBB公式サイト

ドコモ光のプロバイダに関するよくある質問

ドコモ光のプロバイダについてよくある質問をまとめました。

ドコモ光のプロバイダを変更する方法は?料金はかかる?

ドコモ光はそのままで、プロバイダのみ変更したいときは、以下の電話窓口からの手続きや、ドコモショップでの手続きによってプロバイダ変更を行うことができます。

■ドコモインフォメーションセンター

  • 電話番号:151(ドコモの携帯電話から)
    0120-800-000(その他の携帯電話・固定電話から)
  • 受付時間9時~20時(年中無休)

ただし手数料が3,300円(税込)かかるので注意が必要です。

ドコモ光のプロバイダ変更について詳しく解説した記事も併せて参考にしてください。

ドコモ光で現在契約しているプロバイダの確認方法は?

ドコモ光で契約中のプロバイダを確認する方法は、以下のようなものがあります。

  • 確認くんにアクセスする
  • メールアドレスの@以下を確認する
  • 契約書の記載内容を確認する
  • My docomoで確認する

確認くんは、割り当て中のグローバルIPアドレスやプロバイダIDの情報などをインターネット経由で取得するWebサイトです。

「確認くん」と検索して最初に出てきたWebサイトにアクセスし、「ゲートウェイの名前」欄にプロバイダIDおよびプロバイダ名が含まれる文字列が表示されます。

たとえば、プロバイダSo-netであれば「[複数の数字・文字の組み合わせ].so-net.ne.jp」と表記されており、この後半に記載されている文字列に、利用中のプロバイダの名前が含まれています。

とにかく手軽にさっと確認したい場合に便利ですね。

また、プロバイダから発行されたメールアドレスにおける「xxxxx@so-net.ne,jp」のような@以降の部分のなかにプロバイダ名が含まれています。

My docomoでプロバイダを確認する場合は、以下の手順で行います。

  1. My docomoにログインする
  2. 「ドコモオンライン手続き」をクリックする
  3. ドコモ光の契約内容が出てくるので「プロバイダ」の項目を確認する

ドコモ光のプロバイダの問い合わせ先は?

プロバイダに関する質問はドコモ光ではなくプロバイダに問い合わせます。

主要プロバイダの問い合わせ先をまとめましたので参考にしてください。

連絡先 営業時間
GMOとくとくBB 0570-045-109 平日10:00~19:00
※技術関連のサポートのみ年中無休
ぷらら 009192-33
※ひかり電話から:0120-971391
※携帯電話から:050-7560-0033
10:00~19:00
(年中無休)
@nifty 0570-03-2210
※IP電話・国際通話・携帯電話定額制プランから:03-6625-3232
10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始を除く)
ドコモnet ドコモの携帯電話から:151
一般電話から:0120-800-000
9:00~21:00(年中無休)
BIGLOBE 0120-86-0962
携帯電話、PHS、IP電話の場合:03-6385-0962
9:00~18:00(年中無休)
DTI 0570-00-4740 10:00~17:00(平日)
OCN 技術的な問い合わせ:0120-047-860
その他(チャット):チャットへのアクセスはこちらから
電話:10:00~17:00
(年末年始を除く)
チャット:10:00~18:00
(日曜・祝日・年末年始を除く)
@TCOM 0120-805633 平日:10:00~19:00
土日祝:10:00~18:00

また、「ドコモ光が繋がらないけど、どっちに連絡すべき?」「〇〇について聞きたいけど、どっちに聞くべき?」など判断に迷う場合もあるかと思います。

その場合は、まずはドコモ インフォメーションセンターに聞いてみましょう。

■ドコモインフォメーションセンター

  • 電話番号:151(ドコモの携帯電話から)
    0120-800-000(その他の携帯電話・固定電話から)
  • 受付時間9時~20時(年中無休)

もちろん、なかなか繋がらない場合で先にプロバイダの問い合わせ先に連絡がついた場合はそちらに聞いてみてもいいでしょう。

ドコモ光のプロバイダを解約する方法は?

GMOとくとくBBだけでなくドコモ光自体を解約する場合は、プロバイダーの解約手続きは不要です。

ドコモ インフォメーションセンターに電話をかけ、解約手続きを進めましょう。

ドコモ光の解約は以下に問い合わせることで簡単に行えます。

■ドコモインフォメーションセンター

  • 電話番号:151(ドコモの携帯電話から)
    0120-800-000(その他の携帯電話・固定電話から)
  • 受付時間9時~20時(年中無休)

なお、契約更新月以外に解約すると、解約違約金が発生する場合がありますので注意してくださいね。

ドコモ光の解約について解説した記事も併せて参考にしてくださいね。

まとめ

ドコモ光のプロバイダ24社のなかでオススメのTOP3は以下のとおりです。

また、ドコモ光のプロバイダの選び方が分からない方は、以下の基準をポイントに選んでみましょう。

ドコモ光のプロバイダは賢く選んで、インターネットを楽しんでくださいね。