検索 わたしのネット ロゴ

ドコモ光の解約は3ステップで簡単!違約金を0円にする方法も伝授!

ドコモ光 解約

ドコモ光の解約、オプションのみの解約、どちらも電話またはドコモショップで簡単に行うことができます。

電話で解約の申し込みをする場合は、ドコモインフォメーションセンター(0120-800-000)に連絡します。

解約の際にかかる費用は以下の3つです。

  • 違約金(更新月以外の解約の場合)
  • 分割工事費の残債
  • 解約月の月額料金

本記事では、ドコモ光を解約する方法、違約金など解約で発生する料金や解約の際に気をつけておきたいことについて解説しています。

また、ドコモ光の解約後には、キャッシュバックキャンペーンドコモ光の違約金負担を行っている以下の3つの乗り換え先がオススメです。

ドコモ光の解約の流れの基本はこの3ステップ!

ドコモ光の解約方法は、大きく分けると以下の3ステップで完了します。

  1. 必要なものを事前に確認する
  2. ドコモの窓口に解約の連絡をする
  3. 撤去工事およびレンタル機器の返却

次からの見出しで詳しく見ていきましょう。

1.事前に準備物をチェック

ドコモ光の解約前には、以下の準備物(情報)が必要です。

お手元の契約書類などで事前にチェックしておきましょう。

  • ドコモの携帯電話を利用している方:携帯契約内容がわかるネットワーク暗証番号など
  • ドコモの携帯電話を利用していない方:契約ID(お客さまID)

2.ドコモの窓口に連絡する

次に、ドコモの窓口に解約の連絡をしましょう。

解約の申し込みは、電話またはドコモショップで手続きができます。

電話で連絡する場合の電話番号は以下の通りです。

◆ドコモ インフォメーションセンター

電話の種類 電話番号 営業時間
ドコモの携帯電話から 局番なし151 9:00~20:00
(年中無休)
その他の電話から 0120-800-000

なお、ドコモ光でプロバイダがセットになっているプラン(タイプA、タイプBなど)を契約していた場合は、別途プロバイダへの解約連絡をする必要はありません。

プロバイダを個別で契約している場合は別途連絡の必要がありますので注意してくださいね。

詳細は後述の見出し:単独タイプの場合は、プロバイダに別途解約の連絡が必要をチェックしてくださいね。

ドコモ光の解約は即日解約もできる

ドコモ光の解約を申し込んだ後、実際に解約が実行されるまでのタイミングがいつなのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

ドコモ光の場合は、解約を連絡してから即日の解約が可能です。

しかし、即日の解約では困る場合は、解約の日にちを予約することもできます。

予約できるのは、解約手続きした月の翌月末までです。

たとえば、3月20日に解約の連絡をした場合は、翌月の4月末、つまり30日までで解約のタイミングを決めることができます。

3.撤去工事およびレンタル機器の返却

ドコモ光の解約後、インターネット回線の撤去工事が発生します。

撤去工事は任意ですので、賃貸住宅などで撤去の必要があるときや、契約者がどうしても撤去したいときのみ、実施しましょう。

一方、ドコモ光の場合、レンタル機器の返却は必須です。

撤去工事を行った場合、レンタル機器は工事業者が引き取ってくれますが、撤去工事をしないときは、返却用の箱が自宅まで届きますので、レンタルしていた機器を過不足なく箱に入れ、指定の場所に送ることを忘れないでくださいね。

ドコモ光の解約で発生する費用3つ|できるだけ抑えるには?

ドコモ光を解約する際は、基本的に以下の3つの費用が請求されます。

  • 違約金
  • 分割工事費の残債
  • 解約月の月額料金

順に詳しくチェックしていきましょう。

なお、光コラボ別に解約方法をチェックしたい方のための記事も併せて参考にしてくださいね。

1.違約金

2年間の定期契約を行っている場合、契約更新月(契約満了月の翌月と翌々月)以外で解約すると違約金が発生します。

違約金が発生する場合は、解約月の翌月に請求されます。

なお、2年契約でない場合は、どのタイミングで解約しても違約金が発生しません。

  • 戸建て住宅の違約金:13,000円
  • マンションの違約金:8,000円

2.分割工事費の残債

ドコモ光の開通工事費は、分割払い(12回払い・24回払い・36回払い・48回払い・60回払い)で支払うことも可能です。

工事日を分割で支払っている途中で解約する場合は、未払いの工事費の残債を一括請求されます。

解約を検討中の方で工事費を分割払いしている場合は、どのタイミングで工事費を完済できるかを確認しておくといいでしょう。

ドコモ光の工事費について詳しく知りたい方は、ドコモ光の工事費についての別記事以下の記事を参考にしてくださいね。

転用の場合には工事費が不要なので残債も発生しない

フレッツ光からドコモ光に転用した場合は、工事費自体が発生しません。

そのため、ドコモ光の解約時に工事費残債を支払う必要もありませんので安心してください。

ただし、フレッツ光の工事費がまだ全額支払えていない場合は、この限りではありませんので注意してくださいね。

3.解約月の月額料金

ドコモ光では、解約月の月額料金は日割り計算されません

どのタイミングで解約しても、1ヶ月分を支払う必要があります。

なので、できるだけ損をしない解約をしたいのであれば、下旬~月末に解約の連絡をするといいでしょう。

また、解約の申し込み後、実際に解約されるタイミングについては、見出し:ドコモ光の解約は即日解約もできるをチェックしてくださいね。

ドコモ光の解約後にオススメ!違約金負担がある回線は?

解約時の金銭的負担を極力0円に近づけるための方法は、違約金等を負担してくれる光回線に乗り換えることです。

また、違約金負担のキャンペーンがない回線でも、解約時の費用をカバーできるくらいのキャッシュバックがもらえる場合もあります。

次からオススメの回線を紹介していきますね。

NURO光

NURO光トップページ
NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ(Sony)が運営する光回線です。

独自回線となっており、エリアに限りはありますが速度に定評があり評判の高い光回線です。

NURO光のおすすめポイント

人気ランキング

最大下り速度

2Gbps

実質平均速度

286.85Mbps

月額料金
戸建て マンション
4,743円 1,900円〜
基本工事費
実質無料

そしてこちらが対応エリアです。エリアの詳細チェックは、公式サイトからも行えますので確認してみるとよいでしょう。

対応エリア

【北海道】
【関東】
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、茨城県、群馬県
【東海】
愛知県、岐阜県、静岡県、三重県
【関西】
大阪府、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県
【九州】
福岡県、佐賀県

申し込みは「公式サイト」からが一番お得で、新規でも乗り換えでも条件なしで45,000円(最短2ヵ月後)のキャッシュバックが受け取れるのが魅力的です。

ソフトバンクスマホを利用中の方は、スマホが1,000円割引されるので、「ソフトバンクスマホの方」、「速度」と「月額」を重視する方にオススメの光回線です。

ソフトバンク光

ソフトバンク光(NEXT)

ソフトバンク光では違約金などを、なんと最大100,000円まで負担してくれます。

これだけの金額があれば、違約金の支払いを十分カバーできますね。

ソフトバンク光の特徴

ソフトバンク光(NEXT)

最大下り速度

1Gbps

実質平均速度

202.12Mbps

月額料金
戸建て マンション
5,200円 3,800円
基本工事費
実質無料

auひかり

auひかりフルコミット

auひかりでは、解約時に発生する違約金等を最大30,000円まで負担してくれる上に、追加で25,000円の乗り換え限定キャッシュバックを受け取れます。

さらに、auひかりは自社で独自に回線を敷設しているため、フレッツ光の回線を利用する光コラボに比べて混雑が発生しにくいことがメリットですね。

auひかり(フルコミット)の
おすすめポイント

auひかりフルコミット

最大下り速度

2Gbps

実質平均速度

228.76Mbps

月額料金
戸建て マンション
5,100円 3,800円
初期費用
基本工事費 他社から乗り換え時の
違約金
実質無料 30,000円まで還元

ドコモ光の解約時のチェックポイント9つ

ドコモ光の解約の際は、注意しておきたいこともいくつかあります。

次からの9つのチェックポイントを必ず確認してから解約の手続きに入ることをオススメします。

ドコモ光解約証明書(明細)を忘れず取得しよう

ドコモ光から他の回線業者に乗り換える際、ドコモ光の解約証明書を取得しておくようにしましょう。

ドコモ光を解約したと思ったのに、実は解約ができておらず、二重契約になってしまうといったトラブルを回避できます。

また、解約証明書は乗り換え先のキャッシュバックキャンペーンなどの証明として必要となる場合もあります。

単独タイプの場合は、プロバイダに別途解約の連絡が必要

ドコモ光では、プロバイダと別途契約するプラン(単独タイプ)と、プロバイダがセットになっているプラン(タイプA、タイプBなど)があります。

後者のプロバイダセットプランを契約している場合は、ドコモ光からプロバイダに連絡が行くため、プロバイダに解約申し込みをする必要はありません。

前者の別途契約プランを契約している場合のみ、契約者自身でプロバイダの解約手続きを行う必要がありますので、忘れないようにしてくださいね。

ドコモ光を解約後再度契約しても同一IDは利用できない

解約後、再度ドコモ光を契約はできますが、同一IDの利用はできません。

ドコモ光の解約手続きが終了し、解約後にトラブルが起こらなかったことを確認したら、ドコモ光のIDを念のため保存しておくなどの必要はありません。

フレッツ光に再転用はできない

フレッツ光からドコモ光への転用は可能ですが、ドコモ光から再度フレッツ光へ転用はできません。

もう一度フレッツ光を利用したいときは、転用ではなく新規申し込みの手続きをする必要がありますので注意してくださいね。

電話番号が消滅する場合も。アナログ戻しを忘れずに

ドコモ光で利用している光電話の電話番号は、何もせずに解約してしまうと使えなくなってしまいます。

次の回線の光電話でも同じ電話番号を使いたい場合は、光電話の番号をNTTのアナログ契約に戻すという作業が必要です。

手順としては、NTTの以下の連絡先に依頼のうえ、工事に立ち会う必要があります。

◆NTT 電話サービス問い合わせ窓口

  • 電話番号:0120-116-116
  • 受付時間:9:00~21:00(年末年始を除く)

なお、上記手段が使えるのは、ドコモ光で利用していた光電話の番号が、元々NTTで発行された番号であるときのみです。

ドコモ光の光電話で新たに取得した電話番号である場合は、アナログ戻しは使えませんのでご注意ください。

メールアドレスが消える

ドコモ光を解約し、プロバイダも同時に解約された場合は、各プロバイダで発行されたメールアドレスは抹消されてしまいます。

頻繁に使っているメールアドレスで、消えてしまうと困るという場合もありますよね。

プロバイダによっては月額数百円程度でメールアドレスのみ残せる場合もあります。

たとえば、OCN・ぷらら・So-net・@nifty・BIGLOBEのような人気のプロバイダのほとんどはメールアドレスを残せるようになっています。

メールアドレスの継続利用を検討しているのであれば、契約中のプロバイダが上記のようなサービスを提供しているかどうかを確認するといいでしょう。

光リモートサポートなど、ドコモ光のオプションだけを解約できる

光リモートサポートは月額500円のオプションサービスで、インターネットや利用中の機器に関するトラブルを、専門のオペレーターがサポートしてくれるというものです。

インターネットの初期設定の際や、インターネット初心者にとってはありがたいサービスなのですが、慣れてくると全然利用しなくなるオプションサービスともいえます。

光リモートサポートは契約者本人がドコモインフォメーションセンターに電話するか、ドコモショップにて手続きをすることで解約できます。

そして、光リモートサポート以外のドコモ光のオプションも上記と同様の方法で解約することができます。

ドコモインフォメーションセンターの電話番号は以下の通りです。

  • 一般電話から:0120-800-000
  • 受付時間:9:00〜20:00(年中無休)
  • ドコモ携帯電話から:(局番なし)151
  • 受付時間:9:00〜20:00(年中無休)

オプション解約のための準備

オプションの解約の際には、ドコモ光の解約のときと同じように、以下の情報を準備しておきましょう。

  • ドコモの携帯電話を利用している方:携帯契約内容がわかるネットワーク暗証番号など
  • ドコモの携帯電話を利用していない方:契約ID(お客さまID)

また、ドコモショップで手続きを行う場合は、来店予約をしておくと待ち時間が少なくて済みます。

来店予約は電話またはインターネットで可能ですので、積極的に活用してくださいね。

オプション解約で発生する料金

ドコモ光のオプションでは、違約金が発生することはありません。

ただし、例外もあります。

たとえば、ひかりTVで2年契約を行った場合は、途中解約で10,000円の違約金が発生します。

また、スカパー!/ドコモ光テレビオプションでは、2年以内の解約で最大31,800円の違約金が発生する可能性もあります。

なお、ドコモ光そのものの月額料金同様、オプションサービスも解約月の請求は日割り計算になりませんので注意しましょう。

ドコモ光は契約後でもキャンセル(解約)できる!

ドコモ光を契約後、やっぱりキャンセルしたいと思った場合は、契約して書面が届いてから8日以内なら初期契約解除制度を適用してキャンセルが可能です。

工事前であれば、工事費用も発生しません。

ただし、契約事務手数料や違約金などが発生する可能性もあります。

まとめ

ドコモ光の解約は、電話での連絡またはドコモショップへ足を運んで解約の旨を申し込み、レンタル機器を返却するだけで完了します。

また、ドコモ光も、他社回線と同様、契約更新月以外の解約で違約金が発生しますので注意が必要です。

ドコモ光の解約金を抑えたいのであれば、更新月まで待って解約しましょう。

あるいは違約金等を負担してくれる回線やキャッシュバック額の大きい回線を乗り換え先に選び、少しでも負担を減らすようにしましょうね。

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます

コメント

  1. 村田 より:

    ドコモの光テレビさんヘ 4月5日に 口頭で4月30日にドコモ光テレビを解約しますと言いましたが!今だに解約処理がされていません!そちらの手違いではないでしょうか!至急 解約手続きをして下さい!

    1. フレッツ光ナビ運営元 より:

      村田 様
      この度は当サイトにコメントいただきありがとうございます。

      ドコモの光テレビさんへのお手続きがうまく進んでいらっしゃらないとのこと・・・
      大変困りますね・・・

      当サイト運営局では解約へのお手伝いはさせていただけませんが
      下記にドコモインフォメーションセンターさんのご連絡先を記載させていただきます。

      ぜひ再度ご連絡されてみてはいかがでしょうか?

      ————
      ドコモインフォメーションセンター電話番号
      一般電話から:0120-800-000(受付時間:9:00〜20:00)※年中無休
      ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(受付時間:9:00〜20:00)※年中無休、無料
      ————

コメントは停止中です。