閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の乗り換えに関して

フレッツ光の乗り換えを比較!違約金なしの乗り換え方法も

フレッツ光に乗り換えを検討している方はもちろん、フレッツ光から最近話題の光コラボレーションへの乗り換えを検討している方にも必見の、お得な乗り換え方法を比較してみました。
乗り換えというと、現在使用中の回線の違約金(解約金)が気になる方も多いかと思いますが、違約金が発生しない解約の仕方や、仮に違約金を支払うことになっても乗り換えた方がお得になるケースまで、結局どうするのが一番賢いの?というみなさんの疑問にたっぷりお応えしていきます。

ADSLなら光回線のほうが早くて安い

「インターネット回線にはそこまで速さは求めてないし、インターネット料金が安いほうが魅力」今現在ADSLをお使いの方は、おそらく値段の安さでADSLを選んでいる方がほとんどかと思います。
「今の回線で特に不便を感じていないし、乗り換えるのってなんだか面倒くさそう」そんな「なんとなくの現状維持」派な方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、もしあなたが現在安さを理由にADSLを使い続けているなら、実はフレッツ光に乗り換えた方が結果的には月額利用料が安くなることもあるんです。
特に現在ADSLで固定電話を契約中の方は、ネット回線と共にフレッツ光のひかり電話に変更すると、電話の基本使用料だけで1,200円も下がります。
ネット回線単体の月額利用料ではADSLに比べるとどうしても高くなりがちなフレッツ光ですが、電話などとトータルで考えると月々の支払いが安くなることもあります。これまで「光回線料金は高い」というイメージを持っていた方は、お住いの住宅タイプに合わせて、戸建てタイプ月額料金(西日本エリアだとファミリータイプ)やマンションタイプ月額料金など、料金体系プランの料金比較をしているので、ぜひこの機会に乗り換えを検討してみてください。

ADSLとフレッツ光の料金比較と乗り換えのための正しい認識!

通信速度が気になる人はプロバイダーの変更を

この頃、ソフトバンクやauなどの携帯電話会社も光回線とセットになったサービスの光回線と携帯回線(スマホ)のセット割などのプランも増えてきました。しかし、せっかくフレッツ光に乗り換えたけど、スマホの通信速度が遅いような気がする…そんな時には、auひかりやドコモ光など他の光回線へ乗り換えるより、プロバイダーを変更したほうが改善される可能性が高いでしょう。
というのも、auひかりやドコモ光といった光コラボレーションは、設備としては結局フレッツ光のものとまったく同じものを使用していて、光コラボレーションのプロバイダーにもフレッツ光のプロバイダーとほぼ同じ業者が並んでいます。

プロバイダサービスを提供しているのは、OCNや@nify、ASAHIネットなど、日本全国で様々な事業者が存在しています。
これらのプロバイダーは光コラボレーションが始まったからといって光コラボレーション用の設備を増強したわけではなく、これまで通りNTTから割り当てられている光回線を利用してサービスを提供しているので、通信速度が遅くなっている原因が回線の混雑だった場合は、プロバイダーを変更しない限り状況が改善されないことも多いのです。
フレッツ光のプロバイダ料金などのプロバイダーの変更については下記の記事でさらに詳しく解説していますので、検討してみようかな?という方はぜひチェックしてみてください。注意点としては、プロバイダを乗り換えることで、ご利用中の電話がIP電話ですと、電話番号の変更が必要になりますので、事前にチェックしましょう。

フレッツ光のプロバイダ変更や選び方のポイントまとめ

地方ならビビックなど電力会社系の光回線も強い

光回線というとNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光が圧倒的なシェアを誇っていますが、電力会社などが自前で光回線を用意してインターネット接続設定サービスを提供しているケースもあります。
地方ではNTTのフレッツ光を利用するより電力会社系の光回線のほうが利用基本料金が安くなることも多く、各地方のエリアでは次のような業者がインターネットサービスの提供を行っています。

関西地方 eo(イオ)光
中部地方 コミュファ光
九州地方 BBIQ(ビビック)光
中国地方 MEGA EGG(メガ・エッグ)
四国地方 ピカラ光

しかし実際は、回線速度が遅いや繋がらないなどのユーザーの声もネットで見受けられるのも事実、、、。また自分がいるエリアが東日本エリアや西日本エリアなのかでも、違うのです。
本当に地方電力会社系の光回線がいいのか、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

乗り換えるなら更新月をチェック!

フレッツ光から他の光回線に乗り換える時にも、他のインターネット回線からフレッツ光に乗り換える時にも、回線解除日だけでなく、チェックしておきたいのが契約の更新月。
NTT東日本なら「にねん割」、NTT西日本なら「光もっともっと割」など、月々の月額利用料金が安くなる割引サービスに申し込みをしている人も多いかと思いますが、これらの割引サービスは2~3年単位の継続利用が割引適用の条件になっているので、契約の途中で解約すると違約金が発生するのが注意点です。
違約金の金額は、契約タイプにもよりますがNTT東日本の場合最大9,500円、NTT西日本の場合は最大30,000円にもなるので、解約は慎重に行わなければなりません。
解約してもこれらの違約金が発生しないタイミングが「更新月」で、大体の割引サービスは更新月がやってきてもそのまま何もしないでいると自動更新されるので、乗り換えを検討している方は自分の契約の更新月がいつなのか、しっかりチェックしておきましょう。自分の更新月っていつだっけ?という方は是非こちらの記事をご参考ください。

フレッツ光の更新月を確認しよう!解約金なしの乗り換えチャンス

光コラボレーションへの「転用」なら違約金なし

更新月以外でも、違約金が発生しないケースはあります。その中で最も注目なのは光コラボレーションへの「転用」で、現在フレッツ光を利用していて、そこからNTTがいわゆる光回線の「卸し」を行っている事業者(代理店など)の光コラボレーションへ乗り換える場合は、フレッツ光の設備をそのまま使い続ける形になるので「解約」ではなく「転用」という扱いになります。
「転用」の場合、サービスの違約金を支払わなくても良いことに加えて、新規申し込みして使い始める光コラボレーションの開通工事なども特に必要ないので、派遣工事費用がかかりません。賃貸住宅だと、無料で、その上、回線工事無しはありがたいですね。
乗り換えるとなると新しい回線の初期費用が気になる方も多いかと思いますが、フレッツ光から光コラボレーションへの転用は、違約金がないことを含め金銭面では気軽に乗り換えを行うことができる手段のひとつと言えるでしょう。フレッツ光の転用に関する詳細は下記の記事でまとめてありますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

フレッツ光から光コラボへ転用するには「転用承認番号」が必要

フレッツ光から光コラボへの転用は本当にお得?メリット・デメリットを徹底検証

高額キャッシュバックがある乗り換え先を選ぶのもアリ

乗り換え先が光コラボレーションではない場合や、更新月がまだ1年以上先…という場合は、不満がある回線をズルズル使い続けるのも精神衛生上よくありませんので、高額キャッシュバックを受けることができる乗り換え先を選んで、違約金と相殺してしまうのもひとつの手です。しかし、キャッシュバック額が大きくても、代わりにオプションサービス加入が必須だったり、と代理店ごとで変わるので比較してください。オプション料金で月額料金最大3ヶ月無料などしているプロバイダや、サポートセンターで対応してくれるところもあります。
タイミングによっては、乗り換え先の事業者が現在の回線の違約金を負担してくれるキャンペーンなどが実施されていることもあります。

お得にフレッツ光に乗り換えを行い、違約金負担を軽減する為には

モバイルデータ通信(ポケットWi-Fi)からの乗り換えでネット使い放題へ!

最近では、自宅のネットをWiMAXやY!mobileのポケットWi-Fiなどでまかなう人が増えています。家でも外でも気軽に使えるインターネットとして近年人気が急上昇していますが、実際は7GBのデータ量制限でまったく使いものにならず、速度制限を解除するために料金が割高になってしまいフレッツ光へ乗り換えを検討する方が増えているのも事実です。スマホ業界では、格安SIMを提供しているMVNOなどが顧客の奪い合いが深まることが予測されています。

自宅のネットをモバイルデータ通信にするか、光回線にするかは、ご自身の利用状況に合わせ、申し込みタイプを慎重に検討したいところですね。
こちらの記事では、過去に一世を風靡したdocomoのLTE回線Xiのモバイルデータ通信からフレッツ光に乗り換えるメリットをまとめていますので、おすすめです。

Xi(クロッシィ)からフレッツ光への乗り換えのメリットは?

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

3,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

フレッツ光の乗り換えに関する記事一覧

フレッツ光から光コラボへ転用するには「転用承認番号」が必要

続々と事業者が参入している光コラボレーションですが、フレッツ光からの転用を考えているユーザーの方も多いのではないでしょうか。品質はそのままで月額料金が安くなると … 続きを読む

ADSLとフレッツ光の料金比較と乗り換えのための正しい認識!

「速度は遅くても安く使いたい」ADSLを利用している方の大半が利用料金の安さに価値を見出しています。それでも時代の流れとともにADSLの新規受付も終了となり(N … 続きを読む

フレッツ光への乗り換えマニュアル!プロバイダ比較や申し込み方法

フレッツ光への乗り換えを考えているものの、色々調べるのがなんだか億劫…というみなさん。 今回は、そんなみなさんの「できればお得に乗り換えたい」「よく聞くキャッシ … 続きを読む

フレッツ光のプロバイダ変更や選び方のポイントまとめ

フレッツ光回線の光インターネット接続サービスを利用開始するために、必要となるのがプロバイダ契約。プロバイダ契約の際には、フレッツ光月額料金とは別にプロバイダの月 … 続きを読む

お得にフレッツ光に乗り換えを行い、違約金負担を軽減する為には

現在、ご自宅などにおいて既にインターネット環境が整っている方がフレッツ光に乗り換えを検討している場合、現在利用しているインターネット回線やプロバイダーの解約に伴 … 続きを読む

フレッツ光から光コラボへの転用は本当にお得?メリット・デメリットを徹底検証

家電量販店や携帯キャリアのショップなどで、「○○光に入りませんか~」と声を掛けられたことがありませんか。これは「私たちが提供する光アクセスサービスでインターネッ … 続きを読む

Xi(クロッシィ)からフレッツ光への乗り換えのメリットは?

スマートフォンの普及率が高くなり、スマホユーザーの中で大きな問題になっているのが「パケット通信量」です。パケットはインターネットなどをはじめとして通話以外の通信 … 続きを読む