閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の乗り換えに関して

更新

フレッツ光へ乗り換え&フレッツ光から転用|解約の注意点と違約金

光回線の乗り換えというと、現在使用中の回線の違約金(解約金)が気になる方も多いかと思いますが、違約金が発生しない解約の仕方や、仮に違約金を支払うことになっても乗り換えた方がお得になるケースまで、結局どうするのが一番賢いの?というみなさんの疑問にたっぷりお応えしていきます。

フレッツ光に乗り換えを検討している方はもちろん、フレッツ光から最近話題の光コラボレーションへの乗り換えを検討している方にも必見の、乗り換えるメリットとお得な乗り換え方法を徹底比較してみました。

フレッツ光回線のほうがADSLより早くて安い

「インターネット回線にはそこまで速さは求めてないし、インターネット料金が安いほうが魅力」今現在ADSLをお使いの方は、おそらく値段の安さでADSLを選んでいる方がほとんどかと思います。

「今の回線で特に不便を感じていないし、乗り換えるのってなんだか面倒くさそう」そんな「なんとなくの現状維持」派な方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、もしあなたが現在安さを理由にADSLを使い続けているなら、実はフレッツ光に乗り換えた方が結果的には月額利用料が安くなることもあるんです。

特に現在ADSLで固定電話を契約中の方は、ネット回線と共にフレッツ光のひかり電話に変更すると、電話の基本使用料だけで1,200円も下がります。

ネット回線単体の月額利用料ではADSLに比べるとどうしても高くなりがちなフレッツ光ですが、電話などとトータルで考えると月々の支払いが安くなることもあります。

これまで「光回線料金は高い」というイメージを持っていた方は、お住いの住宅タイプに合わせて、戸建てタイプ月額料金(西日本エリアだとファミリータイプ)やマンションタイプ月額料金など、料金体系プランの料金比較をしているので、ぜひこの機会に乗り換えを検討してみてください。

乗り換えなら今!ADSLからフレッツ光に乗り換えるメリットとは!

【おすすめ】フレッツ光でビジネスフォンはメリットだらけ?導入までの流れ

フレッツ光の通信速度が気になる人はプロバイダーの変更を

この頃、ソフトバンクやauなどの携帯電話会社も光回線とセットになったサービスの光回線と携帯回線(スマホ)のセット割などのプランも増えてきました。しかし、せっかくフレッツ光に乗り換えたけど、スマホの通信速度が遅いような気がする…そんな時には、auひかりやドコモ光など他の光回線へ乗り換えるより、プロバイダーを変更したほうが改善される可能性が高いでしょう。

というのも、auひかりやドコモ光といった光コラボレーションは、設備としては結局フレッツ光のものとまったく同じものを使用していて、光コラボレーションのプロバイダーにもフレッツ光のプロバイダーとほぼ同じ業者が並んでいます。

プロバイダサービスを提供しているのは、OCNや@nify、ASAHIネットなど、日本全国で様々な事業者が存在しています。

これらのプロバイダーは光コラボレーションが始まったからといって光コラボレーション用の設備を増強したわけではなく、これまで通りNTTから割り当てられている光回線を利用してサービスを提供しているので、通信速度が遅くなっている原因が回線の混雑だった場合は、プロバイダーを変更しない限り状況が改善されないことも多いのです。

フレッツ光のプロバイダ料金などのプロバイダーの変更については下記の記事でさらに詳しく解説していますので、検討してみようかな?という方はぜひチェックしてみてください。

注意点としては、プロバイダを乗り換えることで、ご利用中の電話がIP電話ですと、電話番号の変更が必要になりますので、事前にチェックしましょう。

フレッツ光のプロバイダ変更や選び方のポイントまとめ

地方ならフレッツ光よりビビックなど電力会社系の光回線も強い

光回線というとNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光が圧倒的なシェアを誇っていますが、電力会社などが自前で光回線を用意してインターネット接続設定サービスを提供しているケースもあります。

地方ではNTTのフレッツ光を利用するより電力会社系の光回線のほうが利用基本料金が安くなることも多く、各地方のエリアでは次のような業者がインターネットサービスの提供を行っています。

関西地方 eo(イオ)光
中部地方 コミュファ光
九州地方 BBIQ(ビビック)光
中国地方 MEGA EGG(メガ・エッグ)
四国地方 ピカラ光

しかし実際は、回線速度が遅いや繋がらないなどのユーザーの声もネットで見受けられるのも事実、、、。また自分がいるエリアが東日本エリアや西日本エリアなのかでも、違うのです。

本当に地方電力会社系の光回線がいいのか、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。

フレッツ光から他の回線へ乗り換えるなら更新月をチェック!

フレッツ光から他の光回線に乗り換える時にも、他のインターネット回線からフレッツ光に乗り換える時にも、回線解除日だけでなく、チェックしておきたいのが契約の更新月

NTT東日本なら「にねん割」、NTT西日本なら「光もっともっと割」など、月々の月額利用料金が安くなる割引サービスに申し込みをしている人も多いかと思いますが、これらの割引サービスは2~3年単位の継続利用が割引適用の条件になっているので、契約の途中で解約すると違約金が発生するのが注意点です。

違約金の金額は、契約タイプにもよりますがNTT東日本の場合最大9,500円、NTT西日本の場合は最大30,000円にもなるので、解約は慎重に行わなければなりません。

解約してもこれらの違約金が発生しないタイミングが「更新月」で、大体の割引サービスは更新月がやってきてもそのまま何もしないでいると自動更新されるので、乗り換えを検討している方は自分の契約の更新月がいつなのか、しっかりチェックしておきましょう。

自分の更新月っていつだっけ?という方は是非こちらの記事をご参考ください。

フレッツ光の更新月を確認しよう!解約金なしの乗り換えチャンス

光コラボレーションへの「転用」なら違約金なし

更新月以外でも、違約金が発生しないケースはあります。

その中で最も注目なのは光コラボレーションへの「転用」で、現在フレッツ光を利用していて、そこからNTTがいわゆる光回線の「卸し」を行っている事業者(代理店など)の光コラボレーションへ乗り換える場合は、フレッツ光の設備をそのまま使い続ける形になるので「解約」ではなく「転用」という扱いになります。

「転用」の場合、サービスの違約金を支払わなくても良いことに加えて、新規申し込みして使い始める光コラボレーションの開通工事なども特に必要ないので、派遣工事費用がかかりません。賃貸住宅だと、無料で、その上、回線工事無しはありがたいですね。

乗り換えるとなると新しい回線の初期費用が気になる方も多いかと思いますが、フレッツ光から光コラボレーションへの転用は、違約金がないことを含め金銭面では気軽に乗り換えを行うことができる手段のひとつと言えるでしょう。

フレッツ光の転用に関する詳細は下記の記事でまとめてありますので、興味のある方は是非チェックしてみてください。

光コラボレーションへの転用手続きは転用承諾番号が必要

フレッツ光から光コラボへ転用はお得?メリット・デメリットを調査!

【おすすめ記事】OCN光の評判は?最新の料金や速度・キャンペーンに迫る

高額キャッシュバックがある乗り換え先を選ぶのもアリ

乗り換え先が光コラボレーションではない場合や、更新月がまだ1年以上先…という場合は、不満がある回線をズルズル使い続けるのも精神衛生上よくありませんので、高額キャッシュバックを受けることができる乗り換え先を選んで、違約金と相殺してしまうのもひとつの手です。

しかし、キャッシュバック額が大きくても、代わりにオプションサービス加入が必須だったり、と代理店ごとで変わるので比較してください。

オプション料金で月額料金最大3ヶ月無料などしているプロバイダや、サポートセンターで対応してくれるところもあります。タイミングによっては、乗り換え先の事業者が現在の回線の違約金を負担してくれるキャンペーンなどが実施されていることもあります。

フレッツ光へお得に乗り換えを行い、違約金負担を軽減する為には?

フレッツ光へのモバイルデータ通信(ポケットWi-Fi)からの乗り換えでネット使い放題へ!

最近では、自宅のネットをWiMAXやY!mobileのポケットWi-Fiなどでまかなう人が増えています。

家でも外でも気軽に使えるインターネットとして近年人気が急上昇していますが、実際は7GBのデータ量制限でまったく使いものにならず、速度制限を解除するために料金が割高になってしまいフレッツ光へ乗り換えを検討する方が増えているのも事実です。

スマホ業界では、格安SIMを提供しているMVNOなどが顧客の奪い合いが深まることが予測されています。

自宅のネットをモバイルデータ通信にするか、光回線にするかは、ご自身の利用状況に合わせ、申し込みタイプを慎重に検討したいところですね。

こちらの記事では、過去に一世を風靡したdocomoのLTE回線Xiのモバイルデータ通信からフレッツ光に乗り換えるメリットをまとめていますので、おすすめです。

フレッツ光へXi(クロッシィ)から乗り換えのメリットはある?

フレッツ光の乗り換えに関する新しい記事一覧