閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のプロバイダに関して

後悔しないフレッツ光のプロバイダーの選び方

フレッツ光の回線(光回線、ADSL回線)を利用した『コラボレーション光』など様々なプランがありますが、光回線自体はフレッツ光かauひかりのどちらかを利用している方が多いのではないでしょうか。

選択肢は2つしかないのでさほど迷わずに決めることができますが、プロバイダーは10社以上もありますので、どれが自分に合っているのか、また、どれがお得なのか、なかなか1つに決めることができませんよね。

今回は、後悔しないフレッツ光のプロバイダーの選び方について見ていきましょう。どのプロバイダーが良いか迷ったときに、ぜひ参考にして下さいね。

料金で選ぶ

やはり、月額費用が安いということは大きな魅力ですよね。プロバイダーの乗り換えが面倒だと思われる方や、乗り換え方法が難しく感じる方は、単純に月額料金で選ぶのも良いでしょう。

申し込みのタイミングによって、数か月間、月額料金が無料になったり割り引かれたりすることもありますが、5年、10年といった長期で利用するなら、毎月のインターネット料金が安いところが一番お得になることが多いです。

乗り換えをしない方は月額料金が安いプロバイダーを選ぶ

例えば、ASAHIネットのマンションタイプとぷららのマンションタイプを比較して見ましょう。

新規でフレッツ光とASAHIネットのプロバイダーを申し込んだ場合、ASAHIネットのキャンペーンは乗り換えの方のみに適用されますので、新規でフレッツ光の契約とASAHIネット会員に入会申し込みをするお客様は通常の料金を支払うことになります。

通常は、NTT東日本のエリアの方もNTT西日本のエリアの方も、月額利用料は税抜き700円となっています。

フレッツ光とASAHIネットは相性が良い?口コミから調査

一方、ぷららのマンションタイプは、月額料金は税抜き950円です。ですが、対応のNTTエリアに関わらず、申し込むと最大3か月間の料金が無料になるキャンペーンを実施しています。

ただし、期間限定で実施されていますので、申し込む前には必ずWebサイトなどで問合せてみましょう。

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光お得なフレッツ光は?

1年間、これらのサービスでインターネット接続をすると、ASAHIネットの場合はプロバイダ料金として700×12=8,400円(税抜き)支払うことになりますが、ぷららは950×9=8,550円と若干高くなります。「○か月無料!』などと言うと、お得なイメージをつい持ってしまいますが、計算するとそんなにお得でもないこともあるのです。

2年、3年と長く使うにつれて差は大きくなりますので、月額料金が安い方が結局はお得ということになるのです。

目先の割引額などに惑わされず、他のプロバイダーも同様に、しっかりと計算してから乗り換えするかどうかを選ぶようにしましょう。ヤフーBBの割引等については次のページで詳しくご紹介しています。

Yahoo!BB光withフレッツとソフトバンク光、使えるフレッツ光を大研究

KDDIのプロバイダ部門として誕生したDIONや、DIONとauの関係、料金等については、次のページを参考にしてください。

フレッツ光のプロバイダ、DIONの料金を徹底調査しました

U-NEXTをプロバイダとしてフレッツ光を利用すると料金はどうなるのか、また割引サービスはあるのかについては、次のページが参考になります。NTT東西での料金やサービスの違いについても紹介しています。

フレッツ光×U-NEXTをNTT東日本・西日本でまとめました

フレッツ光の回線を利用した楽天ブロードバンドについては、楽天ブロードバンドカスタマーセンターにお問い合せしていただくか、次のページを参考にしてください。
楽天ブロードバンドのメリットとデメリット、楽天コミュニケーションズ光についても詳しく述べています。

フレッツ光と楽天のコラボ楽天ブロードバンドフレッツ光を徹底紹介

ワクワクwithフレッツ光プロバイダについては、次のページを参考にしてください。ワクワクはNTT東日本から誕生したプロバイダで、NTT系列が運営しているという安心感が魅力です。

月額料金の安さなどについても記載していますので、プロバイダを決定する前にぜひ検証してみましょう。

WAKWAK(ワクワク) with フレッツ光プロバイダについて調査まとめ

フレッツ光回線を利用したソネット光コラボレーションについては、次のページを参考にしてください。フレッツ光で回線解除をしてからソネット光乗り換えるときに知っておきたい事柄についてもまとめています。

フレッツ光からソネット光コラボレーションへ乗り換えるメリット

こまめに乗り換える方はキャッシュバックをチェック

月額料金の割引は、1年間、あるいは2年間などの長期スパンで見るとあまりお得にはならないケースが多いです。ですが、まとまった金額がキャッシュバックされるときなどは、利用するとお得にインターネットサービスを楽しめます。
また、こまめに乗り換えることで、キャッシュバックによるお得を最大限に活かすことができます。

解約金や違約金が発生しないように、最低利用期間と契約更新月をきちんと確認しておきましょう。

例えば、BIGLOBE(BIGLOBEインターネット接続サービス)では、期間限定でマンションタイプでもファミリータイプでも乗り換えの方には5,000円のキャッシュバックを実施しています。

建物内のフレッツ光契約者数によって月額料金が税抜き月額650円~900円と差はありますが、16世帯以上がフレッツ光に契約している場合は、1年間のプロバイダー料金は実質税込み650×12×1.08-5,000=3,424円となります。

先程のASAHIネットのマンションタイプのプランやぷららのコースと比較しても断然お得だと言えますよね。
ただし、料金起算月から23か月は解約不可と決められていますので、2年間は乗り換えを実施してはいけません。

2年間利用するとしても年平均の利用料金は5,923円ですので、たいていのプロバイダーよりは安く利用できますよ。

インターネット回線乗り換えの際には、すでにNTT局内工事がされており光回線が開通している場合は、ブロバイダ側の回線工事は必要ありません。
したがって、乗り換えのたびに工事費(初期料金)がかかることはありません。

(通常のNTT工事(回線開通工事)が必要な場合は、工事費がかかります。また、NTT工事の場合、土日祝に工事日を指定すると、手数料3000円がかかります。)

新しいブロバイダの利用開始日と解約するブロバイダの回線解除日を調節することで、インターネットを使えない期間をなくすこともできます。
ブロバイダ乗り換えの方法は簡単で、乗り換え先のプロバイダを選んで乗り換えの申し込みをします。

登録完了後、申し込みをしたプロバイダからインターネット接続情報(接続ID・接続パスワード)が届いたら、インターネットの接続設定をします。
あとは、利用中のプロバイダの解約をするだけです。ブロバイダ乗り換えの受付は、ブロードバンド受付センターの電話受付や、Webで24時間申込み受け付けをしている事業者が多いので、気軽に申し込みすることができます。

オプションサービスで選ぶ

プロバイダーによっては、お得な独自提供サービスがあります。
そのプロバイダーならではの特徴的なオプションサービスや会員特典で、プロバイダーを選ぶこともできます。

固定電話はインターネット回線とセットのひかり電話がお得

インターネット回線とひかり電話をセットで契約すると割引適用になります。
一般加入電話の基本のNTT契約料金はアナログ回線でも1,700円もかかりますが、インターネット回線とひかり電話のセットなら月々の基本料金はたったの500円で、通話料金もNTT料金の3分の1以下になります。

ひかり電話の初期工事費用は、4,000円程度かかりますが、プロバイダーによっては、初期工事費用が無料対象になるキャンペーンなどがあり、利用者の負担がないこともあります。

ひかり電話やひかりテレビなどは違約金に注意

ただし、オプションサービスなどの関連サービスを利用する時の料金やモデム賃貸料もチェックしておきましょう。
魅力的なサービスを全て使用しようとしたら、とんでもない料金になってしまうこともあります。

特に、モデムなどの機器をプロバイダ業者から借りるときは、契約期間中に返却すると違約金などを請求される可能性があります。
モデムを借りない場合でも、各オプションサービスも、契約する際に最低継続期間が決まっていることがあります。契約時に最低利用期間の確認をしておきましょう。

最低利用期間とは、利用開始月から解約月までの期間のことを指し、利用開始月は利用開始日を含む月です。利用開始日は、フレッツ光が開通した日となります。

人的サービスが充実しているプロバイダーも

オプションサービスといっても、ひかり電話がひかりテレビ、IP電話だけではありません。
困ったときにサポートしてくれる人的サービス内容が充実していることも大切です。

特に、パソコンやルーターなどのインターネット接続の設定に不安を感じている方には、お客様専用のサポート体制(OCNのOCN接続プラン等)が充実しているプロバイダーは安心できるのではないでしょうか。

例えば、OCNはOCN月額基本料金はお高めですが、インターネットの接続設定をサポートしてくれるなどのうれしいサービスがあります。
困ったときに出張サービスしてくれたり、電話などで遠隔案内を出してくれたりすると助かりますよね。

料金はプロバイダによって大きく異なりますので、気になる方はプロバイダーの公式ページを確認してみましょう。

フレッツ光×プロバイダOCN やっぱりこの組み合わせがおトク?

その他の条件で選ぶ

インターネットを利用する環境は、何を重視するかによって異なりますよね。他にも、おすすめの選び方がありますので紹介します。

通信速度で選ぶ

フレッツ光は最大回線速度1Gbpsを謳っていますが、全ての回線タイプが1Gbpsではありません。
NTT東日本エリアのギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプは最大回線速度が上り下りともに1Gbpsですが、ハイスピードタイプは下りが200Mbps、上りが100Mbps、ファミリープラン/マンションプランは下り上りともに100Mbps です。

NTT西日本エリアのスーパーハイスピードタイプ隼は最大回線速度が1Gbps、ハイスピードタイプが200Mbsp、ファミリータイプ/マンションタイプが100Mbps、企業向けのビジネスタイプが1Gbpsです。

それを踏まえた上で、「同じ契約プランで、同じ回線でを使っているのに、速度が違う」という話をよく聞いたりすることがあるかと思います。

実は利用する環境だけでなく、選ぶプロバイダによっても速度が変ってしまいます。原因として考えられるのは、同じプロバイダ同士が集まる利用環境で回線が込み合ってしまう時間帯。
例えば、学校や会社から帰宅した家にいる時間帯はみんが利用する機会が増えます。

そうなると同じエリアで、通信に掛かる時間が増すことがあります。
だからと言って、あまり利用ユーザーの少ないのを選んでしまうと、加入数が少なくても込み合ってしますプロバイダもあります。
安心なのは、大手プロバイダ会社を選ぶことですが、何を選んで良いかわからないときは、専門コンサルタントにご相談しましょう。

メールサービスで選ぶ

So-netや@nifty、BIGLOBEなど、複数のメールアドレスを取得できたり、家族で利用する方や、仕事でもインターネットをされる方にお勧めメールサービスで選ぶこともできます。
またSo-netであれば、無料でスパム(迷惑メール)をブロックするサービスをしていますので、メールを頻繁に利用する方はサービスで比較するのも良いですね。

セキュリティサービスで選ぶ

セキュリティサービスでも各プロバイダごとで違いがあります。
有害サイトをブロックしてくれたり、詐欺サイトのフィッシャー対策、総合セキュリティソフトをパソコンに導入できるセキュリティサービス利用できます。

オプションですので、有料サービスがほとんどになってしまいますが、プロバイダによっては数カ月間の無料対象サービスになっていることもあります。

セキュリティサービスの利用手続きは難しくないので、自分の利用する環境に合わせて、パソコンやタブレットなどをウィルスなどの危険性から守りましょう。

プロバイダーを選ぶ前にチェックすべきこと

どのような選び方を選択する場合でも、お住まいの建物や希望の申し込みタイプがフレッツ光の回線サービスのエリア外だったり、プロバイダのサービス適用外なら、利用することはできませんよね。

手続きを進める前に、お住まいの戸建てやマンションなどの集合住宅がサービスエリア内なのか、プロバイダーの申し込みダイヤルや相談センターから問い合わせてみましょう。
建物によってはauひかりしか使えないことやauひかりとの料金格差が大きいことなどもありますので、申し込む前にきっちりと確認しておきましょう。

フレッツ光とauひかりはどちらがお得か徹底検証

違約金もチェック

サービスが適用されるエリアだとしても、現在ご使用中のサービス利用を解約する際に、違約金や解約金がかかってしまうのは避けたいですよね。

解約金なしに解約できるのか、モデムやルーターなどの機器のレンタルに違約金・解約金は発生しないかを注意してチェックしましょう。
契約したときの書類で契約内容を確認することはできますが、万が一の誤認にそなえて、必ず一度はプロバイダ業者やNTTに電話をかけ、違約金・解約金について問い合わせて確認しておくとよいでしょう。

多額の料金請求が来る等の可能性はゼロにしておきましょうね。

NTTのお問い合わせ電話番号は、フリーダイヤル0120-210-491(携帯電話可)です。

フレッツ光の解約手続き【違約金ナシになる方法も】

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

ソフトバンク光のお申し込み・ご相談窓口

ソフトバンク光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

auひかりのお申し込み・ご相談窓口

auひかりの専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼今開催中のおすすめキャンペーン

NURO光のお申し込み・ご相談窓口

NURO光の専門スタッフにお気軽にご相談できます!Webなら24時間受付中!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼今開催中のおすすめキャンペーン!

フレッツ光のプロバイダに関する記事一覧

フレッツ光からソフトバンク光に乗り換えるのはお得?徹底検証

いまやおなじみになったソフトバンク光。「おうち割」というスマホと光回線のセットでスマホ代金が安くなる割り引きキャンペーンも行われており、ソフトバンクのユーザーさ …

フレッツ光×プロバイダOCN やっぱりこの組み合わせがおトク?

2015年2月に、NTT東日本/西日本のフレッツ光が「光コラボレーション」をスタートしました。 つまりフレッツ光の光回線を他社でも利用できるように卸売商品スタイ …

ドコモ光でプロバイダ変更をしたい!具体的な方法と注意事項

光回線もそうですが、プロバイダも実際に使ってみないと分からない部分ってありますよね。 思ったよりもセキュリティ対策ができていなかったり、サポートセンターの電話が …

auひかりのおすすめプロバイダーはどこ?プロバイダー徹底比較!

auひかりはフレッツ光とは違い、どのプロバイダーを選んでも月額利用料金は同じですが、プロバイダーと代理店サイトを組み合わせることによりお得なキャンペーンで乗り換 …

WAKWAK(ワクワク) with フレッツ光プロバイダについて調査まとめ

フレッツ光に新規加入する場合、どうしてもNTTグループで信頼性の高い「OCN」がプロバイダになりがちですが、最近になって、NTT東日本からプロバイダが登場しまし …

フレッツ光と楽天のコラボ楽天ブロードバンドフレッツ光を徹底紹介

何でも通販で購入できると評判の楽天市場。テレビやニュース記事でもおなじみの楽天がインターネットサービスも販売していた、ということはご存じでしょうか。すでに提供終 …

フレッツ光×U-NEXTをNTT東日本・西日本でまとめました

通信料がかかるとはいえ自宅、外出先でいつでも好きな映画を観られる、海外の人気テレビドラマをパソコンやスマホで観られると人気のU-NEXT。この日本最大級のデジタ …

フレッツ光のプロバイダ、DIONの料金を徹底調査しました

フレッツ光とはNTTが提供する光回線を用いたインターネットサービスの総称です。 光回線とは光ファイバー用いた通信回線のことで、電柱にある電話線や電線と同様に日本 …

フレッツ光からソネット光コラボレーションへ乗り換えるメリット

2015年から始まった高速インターネットサービスである、光コラボレーション。今まではインターネット利用の為に、接続サービスとして、光回線業者とプロバイダ業者の両 …

ぷらら光メイトwithフレッツとぷらら光お得なフレッツ光は?

大手インターネットサービスプロバイダの『ぷらら』は、NTTコミュニケーションズのグループ企業です。 NTT東日本やNTT西日本のフレッツ光のプロバイダー『ぷらら …