閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光のプロバイダに関して

フレッツ光のプロバイダーを選ぶ|重要なポイントは料金と速度の2つ

フレッツ光でインターネットを始めるには、プロバイダーとの契約が必要不可欠です。

ここではフレッツ光で利用できるプロバイダーの利用料金サービス内容からお得な契約方法プロバイダーの変更方法解約方法までフレッツ光のプロバイダーのすべてを大公開します!

プロバイダーとは?

プロバイダーとは、フレッツ光をインターネットに接続してくれる事業者のことです。

ISP(インターネットサービスプロバイダー)とも呼ばれています。フレッツ光はインターネット接続サービスを提供する会社で、プロバイダーが実際に建物からインターネットに接続するという別々の役割を担っています。

ですので、フレッツ光とプロバイダー双方の契約をして始めてインターネットが使える状態になります。

【関連記事】インターネットのプロバイダーってなに?わかりやすくご紹介!

フレッツ光で利用できるプロバイダー

フレッツ光に対応しているプロバイダーは全国に数百社とありますが、おすすめできるプロバイダーは11社です。

フレッツ光のおすすめプロバイダーはNTT東日本エリアNTT西日本エリア、さらにはファミリータイプ(戸建て)マンションタイプ(集合住宅)共に同じです。

フレッツ光対応おすすめプロバイダ一覧

  • @nifty
  • ASAHIネット
  • BB.excite
  • BIGLOBE
  • DTI
  • hi-ho
  • OCN
  • ぷらら
  • So-net
  • WAKWAK
  • 楽天ブロードバンド

Withフレッツとプロバイダーパックはラクでお得

通常はフレッツ光の月額料金とプロバイダーの月額料金は会社ごと別々に請求が来て支払時に手間がかかるのですが、ここでおすすめする11社のプロバイダーはWithフレッツ(NTT西日本)とプロバイダーパック(NTT東日本)が適用されます。

Withフレッツとプロバイダーパックの3つのメリット
  1. 月額料金が一本化できる
    ※フレッツ光の月額料金とプロバイダーの月額料金が一緒に請求されて支払いが簡単になります。
  2. 申込み窓口が一本化できる
    ※通常はフレッツ光とプロバイダーは別々に契約をご自身で結ばなければならないのですが、Withフレッツやプロバイダーパックはフレッツ光に申込みをするだけで同時にプロバイダーにも申込みができます。
  3. 月額料金が割引きになる
    ※Withフレッツやプロバイダーパックにすることにより、プロバイダー料金の割引きが受けられます。

それではこれからプロバイダーごとのサービス内容を比較しながら見ていきましょう。

プロバイダーにかかる月額料金

フレッツ光のプロバイダーには月額料金がかかります。

フレッツ光の月額料金は、フレッツ光の月額料金とプロバイダーサービスの月額料金を合算したものになります。ですので、プロバイダーの月額料金は重要になってきます。

Withフレッツとプロバイダーパックを利用した場合のお得な金額で月額料金を見ていきましょう。

フレッツ光 プロバイダーサービス月額料金一覧表
NTT東日本エリアNTT西日本エリア
プロバイダー名
ファミリープラン(戸建て)
マンションプラン(集合住宅)
ファミリープラン(戸建て)
マンションプラン(集合住宅)
@nifty
1,000円
950円
1,000円
950円
ASAHIネット
780円
700円
780円
700円
BB.excite
500円
500円
500円
500円
BIGLOBE
1,200円
900円
1,000円
850円
DTI
951円
680円
951円
680円
hi-ho
1,200円
890円
1,200円
890円
OCN
1,100円
900円
1,100円
810円
ぷらら
1,000円
800円
1,000円
800円
So-net
1,000円
900円
1,000円
900円
WAKWAK
950円
800円
950円
800円
楽天ブロードバンド
950円
900円
1,100円
950円

※入会の時期により上記の月額料金が異なる場合があります。

プロバイダーの有料オプションサービス

プロバイダーはインターネット接続サービスだけでなく、便利なオプションサービスの利用もできます。このオプションサービスの内容を見ていきましょう。

プロバイダーの共通のオプションサービス

フレッツ光で利用できるプロバイダー共通のオプションサービスは5つあります。

  1. IP電話
  2. メールサービス
  3. ホームページ/ブログサービス
  4. ネットセキュリティサービス
  5. インターネットトラブルサポートサービス
①IP電話

プロバイダーでは、フレッツ光で利用できるひかり電話の他にも050の番号から始まるIP電話を利用することができます

IP電話とは簡単に言えばインターネットを利用した固定電話サービスです。

月額基本料金が無料で、通話料金が安いのが特徴です。同じIP電話会社同士の通話が無料になることや、機器によってはテレビ電話も可能です。

各プロバイダーのIP電話の利用料金
プロバイダー名
月額料金
固定電話への発信/3分
@nifty無料8.4円
ASAHIネット200円8円
BB.excite290円7.8円
BIGLOBE525円8.4円
DTI無料7.8円
hi-ho無料8.4円
OCN無料~399円8.4円
ぷらら無料8.64円
So-net無料8.4円
WAKWAK2018年3月末にIP電話サービス終了
楽天ブロードバンド法人向けの楽天ブロードバンド”プレミアム”でのみ提供
IP電話の注意点

うまく使えば電話料金の支払いを抑えることができますが、119や110、フリーダイヤル、ナビダイヤルなどの電話番号には発信できない点に注意しておきましょう。

②メールサービス

各プロバイダーで契約をするとメールアドレスが利用できるようになります。

プロバイダー別メールサービス一覧
プロバイダー無料で所持できる
メールアドレスの最大数
無料で使える
メールボックスの容量
利用料金
@nifty45GBまで無料無料
ASAHIネット1無制限無料
BB.excite91GB280円/月
BIGLOBE55GB無料
DTI1有料5GB200円
※2ヶ月間無料
hi-ho11GB無料
OCN41GB無料
ぷらら42GB無料
So-net3無制限無料
WAKWAK51GB無料
楽天ブロードバンド10200MB無料

1メガでおよそ2万回メールの送受信ができるので、どのプロバイダーも無制限でメールのやり取りができると思っていいでしょう。

【関連記事】OCNのメール機能は他のプロバイダーのメールと何が違う?

③ホームページ/ブログサービス

プロバイダーにはそれぞれホームページが作成できるオプションサービスがあります。

URLを1つ支給されて、テンプレートなどを使いホームページを作ってブログの更新などが可能です。

プロバイダー別 ホームページ/ブログサービス
プロバイダーホームページの容量利用料金
@nifty1GB無料
ASAHIネット100MB無料
BB.exciteサービス提供無し
BIGLOBE100MB無料
DTI100MB無料
hi-ho100MB無料
OCNサービス提供無し
ぷらら5MB~64円~/月
So-net10MB無料
WAKWAK50MB100円/月
楽天ブロードバンド50MB100円/月
④ネットセキュリティサービス

セキュリティサービスとは、お使いのパソコンのコンピューターウィルスからの保護、フィッシング詐欺の防止、危険なサイトの警告など、外部の攻撃から守ってくれるソフトウエアのサービスです。

安心してインターネットを楽しむために必ず付けておくことをおすすめしたいオプションです。

プロバイダー別 ネットセキュリティサービス一覧
プロバイダーセキュリティサービス月額料金キャンペーン詳細
@nifty500円3ヶ月無料
ASAHIネット480円2ヶ月無料
BB.excite480円2ヶ月無料
BIGLOBE380円2ヶ月無料
DTI無し
hi-ho419円
OCN250円1ヶ月無料
ぷらら540円1ヶ月無料
So-net500円3ヶ月無料
WAKWAK500円無し
楽天ブロードバンド300円1ヶ月無料

セキュリティオプションには月額料金はかかりますが、お使いのパソコンやタブレッツがウイルスやスパムメールなどに感染した後のことを考えると安いものです。

【関連記事】フレッツ光のセキュリティサービスって安心?オプション利用は必要?

⑤インターネットトラブルサポートサービス

プロバイダーにはインターネットに関するトラブルをサポートしてくれるオプションサービスがあります。

電話で相談に乗ってくれたり、遠隔操作でパソコンのトラブルを解決してくれるサービスをリモートサポートサービス、実際の担当者が出向いて問題を解決してくれるサービスを訪問サポートサービスといいます。

インターネットの初心者には心強いサービスになります。

プロバイダー別インターネットトラブルサポート月額料金
プロバイダー
リモートサポートサービスの
月額料金
訪問サポートサービスの
月額料金
@nifty
500円/10分8,000円~
ASAHIネット
500円/月無し
BB.excite
500円/月5,000円~
BIGLOBE
475円/月7,000円~
DTI
500円/月5,000円~
hi-ho
500円/月無し
OCN
500円/月無し
ぷらら
500円/月5,500円~
So-net
300円/月4,500円~
WAKWAK
500円/月5,000円~
楽天ブロードバンド
500円/月5,000円~

訪問サービスの料金は基本料金になります。ここからトラブルの内容により追加料金がかかります。

【関連記事】フレッツ光のリモートサポートをすべて解説!注意点・評判まとめ

プロバイダー別の割引キャンペーン

プロバイダーのキャンペーンの一つとして月額料金の割り引きを実施しています。どのくらい割り引きになるのでしょうか?月額料金割引きキャンペーンの金額をまとめてみました。

「フレッツ光ネクスト」の最低利用期間が2年なので、プロバイダーも2年利用した場合にどれだけお得になるかも合わせてご覧ください。

プロバイダー別の月額料金割引キャンペーン
プロバイダー名
キャンペーン内容
割り引き前の料金
(2年間)
割り引き金額
(2年間)
実質支払金額
(2年間)
@nifty
1,000円/16ヶ月無料
24,000円
16,000円
8,000円
ASAHIネット
780円/11ヶ月無料
18,720円
8,580円
10,140円
BB.excite
500円/11ヶ月無料

12ヶ月間 250円/月
12,000円
8,500円
3,500円
BIGLOBE
1,200円が 23ヶ月間 500円

23ヶ月以降1,200円が1,000円/月
28,800円
16,300円
12,500円
DTI
951円が23ヶ月間 475円
22,824円
10,948円
11,876円
hi-ho
1,200円/3ヶ月間無料
28,800円
3,600円
25,200円
OCN
1,100円/開通月無料
26,400円
1,100円
25,300円
ぷらら
1,000円/1ヶ月間無料
24,000円
1,000円
23,000円
So-net
1,000円が11ヶ月間 700円
24,000円
3,300円
20,700円
WAKWAK
1,200円が23ヶ月間 700円
22,800円
11,500円
11,300円
楽天ブロードバンド
950円が23ヶ月間 500円
22,800円
11,500円
11,300円

※NTT東日本 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプでのプロバイダー料金

厳密に言えばNTT東西や、戸建てかマンションなどによって割り引き額は数百円ずつ違うのですが、わかりやすくするために省略しました。

ここでも、BB.exciteが安い料金設定になっているのがわかりますね。

キャンペーンの注意点

各プロバイダーのキャンペーンは、申込受付期間が決まっています。割り引き金額も月ごとに変動する可能性がありますので、申込み前には必ずプロバイダーに確認をするようにしましょう。

また、新規契約の方が対象なのか、乗り換えの方も対象になるのか、キャンペーン対象者も異なるので、こちらも確認が必須です。

料金から見たおすすめプロバイダー

ここまで、月額料金、割引きキャンペーン、プロバイダーのオプションサービスを見てきました。

どのプロバイダーもインターネットを利用する上で役に立つオプションサービスを提供しているので、オプションサービスの比較ではあまり差がありません。

オプションサービスにあまり差がないとすると、残りは月額料金がなるべく安いところを選びたいですね。

ですので月額料金で見た場合は、BB.exciteがおすすめです。

【関連記事】フレッツ光のプロバイダー料金設定は良心的?比較してみた

回線速度でみるおすすめプロバイダー

インターネットを利用する上で重要なのは回線速度です。フレッツ光はプロバイダーによって回線速度が変わります。

IPv6というIPアドレス

回線速度にこだわりのある方におすすめしたいのが、新しい通信技術の「IPv6」に対応しているプロバイダーです。

IPv6について詳しく書くととても長い説明になってしまうため、簡潔に言ってしまうとインターネットユーザーが多く混み合っている今までの通信技術(IPv4)とは違う道(ネットワーク)を通ってインターネットに接続するシステムです。

IPv6
<引用:So-net > IPv6ご利用のご案内

つまり、回線速度が遅くなる大きな要因であるプロバイダーの混雑を避けることができるのです。

【関連記事】フレッツ光でipv6使ってないの!?今すぐ出来る設定方法!

IPv6に対応しているプロバイダ一覧

さて、これまで紹介してきた主なプロバイダーの中ではどこがIPv6に対応しているのでしょうか。

フレッツ光 Ipv6対応プロバイダー
プロバイダー名
フレッツ光でのIPv6対応
@nifty
ASAHIネット
BB.excite光コラボのMEC光のみの提供
BIGLOBE
DTI
hi-ho
OCN
ぷらら
So-net
WAKWAK
楽天ブロードバンド×

BB.excite楽天ブロードバンドはフレッツ光回線において、IPv6での接続は現在未対応です。
したがって、上記のプロバイダーの中では2社以外のプロバイダーなら比較的速い通信が可能でしょう。

以下の相談窓口ではプロバイダーの相談も受けてくれます。
インターネットの速度に不安がある方は相談してみましょう。

フレッツ光のお悩み相談窓口

同じプロバイダーでも環境によって速度が変わる

口コミを調べていると、どのプロバイダーを見てみても速いといっている人もいれば、遅いといっている人もいることがわかります。

◆BB.exciteを使っていて通信速度が遅いという意見

◆OCNを契約していて通信速度が速いという人

◆OCNを契約していた時よりBB.exciteへ変更した後の方が通信速度が出ている人

ご覧のように月額が安いBB.exciteを契約していても速度が速い人もいれば、遅い人もいます。
NTTが運営しているOCNであっても速度については同様に賛否両論です。

通信速度は周辺の接続環境であったり、時間帯などによっても大きく左右されるため、「ここのプロバイダーが速いからおすすめだよ!」ともなかなか言えないのが現実です。

【関連】フレッツ光の速度が遅い!3つの主な原因の種類とそれぞれの改善策

プロバイダーの変更方法(乗り換え)

もし今契約しているプロバイダーを解約してプロバイダーを乗り換えたい場合の乗り換え方法を説明しましょう。

1.先に新しいプロバイダーと契約する

まずは、乗り換え先のプロバイダーに申し込みをします。

場合によっては1~3週間ほどかかるので、余裕を持って申し込みをしましょう。

2.新しいプロバイダーの接続確認後、現在のプロバイダーを解約する

1.新しいプロバイダーから契約後に書類が届きます。

2.その書類に書いてある「認証ID」、「認証パスワード」(プロバイダーによって名称が違う)を使い、インターネットに接続します。

3.無事に新しいプロバイダーと接続確認ができた後、現在契約しているプロバイダーの解約手続きをします。

インターネットが使えない期間が発生してしまうのを防ぐために、必ず先に新しく契約するプロバイダーが使えるのを確認してから、現在使っているプロバイダーの解約手続きを行いましょう

以上でプロバイダーの乗り換えは完了です。

【関連記事】フレッツ光のプロバイダー変更や選び方のポイントまとめ

プロバイダーの解約について

契約しているプロバイダーに電話することで解約の手続きを行います。

プロバイダーの解約は、電話受付になり電話を一本するだけで済みます。ですが、解約するときには気をつけておかなければならないことがいくつかありますので、それを理解したうえでプロバイダーの解約に臨みましょう。

プロバイダー解約の問い合わせ電話番号
0120-116116
受付時間:午前9時~午後5時
営業日 土日・休日も営業(年末年始は除く)

プロバイダー解約時の注意点

プロバイダーの解約時に注意したいことは大きく分けて2つあります。

  1. プロバイダーで受けているオプションが利用できなくなる
  2. 違約金が発生する場合がある

注意点1.プロバイダーで受けているオプションが利用できなくなる

プロバイダーの解約と同時にプロバイダーで受けていたオプションサービスが利用できなくなります。
IP電話やメールサービスなどです。

◆IP電話の電話番号は多くの場合、解約と同時に失くなってしまいます。
番号の引継ぎもできないため、覚えておきましょう。

◆プロバイダーの契約にはメールアドレスのみ残すプランがある場合が多いので、メールだけ継続して利用したい場合は、解約するときに電話で「メールアドレスは残したいです。」と伝えましょう。
月額は数百円で利用できます。

注意点2.プロバイダーの契約年数と違約金

各プロバイダーごとに契約年数(最低利用期間)を定めています。このプロバイダーの定める最低利用期間以内に解約をする場合は違約金を支払う必要があります。

フレッツ光にも違約金があるので、解約のタイミングを間違えると高額の違約金を支払うことになるので、最低利用年数を知っておくことはとても重要です。

契約満了月から自動更新になります。契約満了月(契約更新月)は違約金がかかりません。

【関連記事】フレッツ光の更新月を確認しよう!解約金なしの乗り換えチャンス

プロバイダーによって最低利用期間と違約金は異なります。

プロバイダーごとの最低利用期間と違約金
プロバイダー名
最低利用期間
違約金
@nifty
2年
3,000円
ASAHIネット
1年
2,000円
BB.excite
2年
5,000円
BIGLOBE
2年
5,000円
DTI
2年
3,000円
hi-ho
2年
5,250円
OCN
2年
5,000円
ぷらら
なし
So-net
2年
3,000円
WAKWAK
2年
4,500円
楽天ブロードバンド
2年
10,000円

これ以外にも、プロバイダーによっては契約を自動更新することで割り引きを受けられるサービスもあります。

プロバイダーの2年割などに加入している場合、そちらの違約金も発生することがありますので確認しておきましょう。

【関連記事】フレッツ光の解約は3STEP!│注意点や違約金を0にする方法

「フレッツ光をプロバイダ不要で利用できます」の勧誘に注意!

フレッツ光がプロバイダー不要で安く利用できるとの勧誘電話には注意が必要です。なぜなら、それはまったくの嘘で、強引にインターネットの契約を迫ってくる悪徳業者だからです。

この迷惑行為の対処法を下記の関連記事で説明しています。

【関連記事】「フレッツ光をプロバイダ不要で利用できます」勧誘電話の撃退法!

まとめ

いかがでしたでしょうか?フレッツ光の契約に欠かすことができないプロバイダーについてご紹介しました。

フレッツ光のプロバイダーは全国に数百社ありますが、おすすめできるのは、ここで紹介した11社です。

  • @nifty
  • ASAHIネット
  • BB.excite
  • BIGLOBE
  • DTI
  • hi-ho
  • OCN
  • ぷらら
  • So-net
  • WAKWAK
  • 楽天ブロードバンド

それぞれのプロバイダーごとに利用料金、キャンペーン、オプションサービス、通信速度に特徴があります。しっかり特徴を理解した上で、ご自身にあったプロバイダーを選んで契約しましょう。

【関連記事】簡単!フレッツ光のプラン変更方法まとめ|別回線に乗り換えもあり?

プロバイダーを迷って決められないという方は、料金のシミュレーションをしてみるのもいいですね。

無料料金シミュレーション

プロバイダーが決まった方は、下記の関連記事から、フレッツ光の契約方法について知っておきましょう。

フレッツ光のプロバイダに関する新しい記事一覧