閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の料金に関して

更新

【フレッツ光料金プラン】ネクスト・隼・光ライトまで全プラン解説

フレッツ光への申し込みを検討する上で、最も気になることの1つは、料金ではないでしょうか。快適な通信速度はもちろん、無理のない適正な料金も、インターネットを利用する人において重要な条件です。

そこで、この記事ではフレッツ光の全料金プランを詳しくご紹介していきます。

複雑なイメージを持たれがちな料金プランですが、仕組みと条件を分かりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

【東日本】フレッツ光の料金

新規でフレッツ光を利用するには、契約後、光回線を自宅に引くための初期工事が必要になってきます。さらに1契約毎に契約料が発生します。それらの費用が一体いくらかかるのかをご紹介します。

初期費用

フレッツ光加入後に発生する初期費用は、全プラン共通です。ただ、住宅の形態が違うと初期工事内容が変わってくるため「戸建て」と「集合住宅」で初期費用に差が出てきます。

戸建てプラン

戸建て住宅の標準的な初期工事内容は、電線から光ファイバーケーブルを住戸まで引き込み、設置した光コンセントから室内のWi-Fiルーターに繋ぐというものです。

この標準的な初期工事費用は、18,000円で、一括でも分割でも支払うことが出来ます。

マンションプラン

集合住宅の場合では、電線から光ファイバーケーブルをマンションのスプリッタと呼ばれる共有スペースに引き込みます。そこから各住戸へ分配され室内のWi-Fiルーターへ繋がれます。

この標準的な初期工事費用は、15,000円で、これもまた一括でも分割でも支払うことが出来ます。

フレッツ光の工事の内容と開通までの流れを抑えておこう!

割引キャンペーン

フレッツ光には様々な割引キャンペーンがあります。対象条件を確認し、最大限に割引キャンペーンを活用することで利用料金はぐっと安くなります。

にねん割

にねん割とは、2年間継続利用を約束することで月額料金を割引してくれる、というものです。

戸建ての場合は、月々700円の割引なので、2年間で最大16,800円の割引が適用されます。集合住宅の場合は、月々100円の割引なので2年間で最大2,400円の割引です。

にねん割は2年間で自動更新となります。契約満了月の翌2ヶ月間が更新月になりますので、それ以外の月にフレッツ光を途中解約した場合は、にねん割の違約金が発生します。違約金は、戸建ての場合は9,500円で集合住宅の場合は1,500円です。

フレッツ光の「にねん割」がお得!知らないと損する基礎知識!

ギガ推し!割引

ギガ推し!割引とは、フレッツ光に新規申加入時に、にねん割を申し込んだ人が対象となるサービスです。

戸建ての場合は月々300円の割引が、集合住宅の場合は月々200円の割引がそれぞれ30ヶ月続きます。

マンスリーポイント

マンスリーポイントとは、「フレッツ光メンバーズクラブ」に登録すると利用状況に応じてポイントがもらえるサービスです。

会員継続年数1年目から100円ずつの割引が始まり、1年毎に100円増額、5年目で最大の500円の割引になります。

厳密に言うとキャンペーンではありませんが、もらったポイントは月額利用料支払いに使うことが出来るので実質料金割引と同じ効果が得られます。全プラン対象なので、フレッツ光を利用していてメンバーズクラブに登録しておけば誰でももらうことが出来ます。

フレッツ光ライト もっとライトに!割引

フレッツ光ライト(ファミリープラン)を利用している人が対象になるこの「フレッツ光 もっとライトに!割引」は、以下の2つの割引メニューから1つを選ぶことが出来るキャンペーンです。

  • 初期工事費が通常18,000円が半額の9,000円になる
  • 月額利用料に500円の割引っが24回(2年間)適用される

フレッツ光ネクスト ギガファミリー/マンション・スマートタイプの月額料金

有線・無線ともに概ね最大1Gbpsの高速インターネットと、その1Gbps対応のホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)をレンタル提供してくれるプランです。

「にねん割」「ギガ推し!割引」「メンバーズクラブのポイント」の割引を適用し、別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

戸建ての場合の「ファミリー・スマートタイプ」の料金体系は次の1つです。

<ファミリー・スマートタイプの月額利用料>

基本料金5,700円 - 割引金額1,100円 + プロバイダ料500円~ = 5,100円~

 

集合住宅の場合のマンション・スマートタイプの月額利用料は、同じ建物内で16契約以上見込める場合の「プラン2」、8契約以上見込める場合の「プラン1」、4件以上見込める場合の「ミニ」でそれぞれ基本料金に差が出てきます。

<マンション・スマートタイプの月額利用料>

  • 「プラン2」
    基本料金3,350円 - 割引料金400円 + プロバイダ料500円~ = 3,450円~
  • 「プラン1」
    基本料金3,750円 - 割引料金400円 + プロバイダ料500円~ = 3,850円~
  • 「ミニ」
    基本料金4,350円 - 割引料金400円 + プロバイダ料500円~ = 4,450円~

フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション・ギガラインタイプの月額料金

Wi-Fiルーターのレンタル提供を希望しない人へのプランになります。

こちらは「にねん割」「メンバーズクラブのポイント」の割引を適用し、別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

フレッツ光ネクストのギガラインタイプも、戸建ての料金設定は1つです。

<フレッツ光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプの月額利用料>

基本料金5,400 - 割引料金 800円 + プロバイダ料500円~ = 5,100円~

 

集合住宅の場合も、スマートタイプと同様の3つの料金プランです。

<フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプの月額利用料>

  • 「プラン2」
    基本料金3,050円 - 割引料金200円 + プロバイダ料500円~ = 3,350円~
  • 「プラン1」
    基本料金3,450円 - 割引料金200円 + プロバイダ料500円~ = 3,750円~
  • 「ミニ」
    基本料金4,050円 - 割引料金200円 + プロバイダ料500円~ = 4,350円~あ

フレッツ光のギガラインタイプとギガスマートタイプの違いを解説!

フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション・ハイスピードタイプの月額料金

データ受信(下り)が200Mbps、データ送信(上り)が100Mbpsというプランです。

こちらは「にねん割」「メンバーズクラブのポイント」の割引を適用し、別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

こちらのプランも、戸建ての場合料金は1種類です。

<フレッツ光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプの月額利用料>

基本料金5,200 - 割引料金 800円 + プロバイダ料500円~ = 4,900円~

 

集合住宅の場合、マンション・ハイスピードタイプも月額利用料は「プラン2」、「プラン1」、「ミニ」の3つがあります。

<フレッツ光ネクスト マンション・ギガラインタイプの月額利用料>

  • 「プラン2」
    基本料金2,850円 - 割引料金200円 + プロバイダ料500円~ = 3,150円~
  • 「プラン1」
    基本料金3,250円 - 割引料金200円 + プロバイダ料500円~ = 3,550円~
  • 「ミニ」
    基本料金3,850円 - 割引料金200円 + プロバイダ料500円~ = 4,150円~

フレッツ光のハイスピードタイプってどう?他のプランとの違いは?

フレッツ光ライトプラス

フレッツ光ライトプラスは戸建て住宅向けのプランで、データ受信(下り)・送信(上り)ともに100Mbpsというプランです。3000MBまでは基本料金で利用することができ、それを超えた場合、100MBあたり24円ずつ加算され、上限は5,500円です。

こちらは「メンバーズクラブのポイント」の割引を適用し、別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

<フレッツ光ライトプラスの月額利用料>

基本料金3,800~5,500円 - 割引金額100円 + プロバイダ料500円~ = 4,200~6,600円~

フレッツ光のライトプラスは実際どう?料金・ギガ数の違いを調査!

フレッツ光ライト ファミリータイプ/マンションタイプ

データ受信(下り)・送信(上り)ともに100Mbpsというプランです。

200MBまでは基本料金で利用することができ、それを超えた場合10MBあたり30円ずつ加算されます。上限料金が定めれた二段階プランなので、使いすぎて通信費が跳ね上がる心配はありません。

こちらは「フレッツ光ライト もっとライトに!割引」(ファミリータイプのみ適用)「メンバーズクラブのポイント」の割引を適用し、別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

まずは戸建てのファミリータイプから見ていきましょう。>

<フレッツ光ライト ファミリータイプの月額利用料>

通常料金2,800~5,800円 - 割引金額600円 + プロバイダ料500円~ = 2,700~5,700円

フレッツ光ライトファミリータイプって良いの?特徴と評判から考察

フレッツ光ライトは、集合住宅の場合にも料金プランは1つです。

<フレッツ光ライト マンションタイプの月額利用料>

基本料金2,000~4,300円 - 割引金額100円 + プロバイダ料500円~ = 2,400~4,700円

ひかり電話

ひかり電話とは、光ファイバーを使った電話サービスです。フレッツ光と合わせて契約すると、月額利用料に500円~プラスするだけで利用することが出来ます。

【西日本】フレッツ光の料金

NTT西日本フレッツ光の初期費用と、現在受付中のプランについて必要な費用をご紹介していきます。

【完全版】NTT西日本が提供するフレッツ光がまるわかりになる記事

初期費用

NTT西日本フレッツ光の初期費用は、初期工事費と契約料の合計金額になります。初期工事費は戸建て住宅と集合住宅で金額に違いがあります。

戸建てプラン

東日本と同様に初期工事費18,000円と契約料800円の合計18,800円です。一括での支払いの他、分割でも支払うことが出来ます。分割の場合は初回のみ3,000円、2回目以降月々500円×30回払いです。

マンションプラン

マンションタイプの場合、どのように各戸へ光回線を分配するかで初期工事費が変わってきます。

光方式・VDSL方式では、15,000円、LAN方式では7,600円です。こちらも支払い方法を一括か分割かを選ぶことが出来ます。

割引・キャンペーン

NTT西日本フレッツ光で受けることの出来る割引・キャンペーンをご紹介します。対象条件を確認し、どんどん活用しましょう。

光はじめ割

フレッツ光ネクストが対象の割引サービスです。

戸建て住宅の場合は、利用開始から2年目まで月々1,100円、3年目以降は月々1,290円の割引、集合住宅の場合は、利用開始から2年目まで月々450円、3年目以降は月々620円の割引が適用されます。

このキャンペーンは2年毎に自動延長され、更新月以外(割引適用期間満了月とその翌月)に解約すると、戸建て住宅の場合は10,000円、集合住宅の場合は7,000円の違約金が発生しますので注意してください。

グループ割

フレッツ光ネクスト・フレッツ光ライトが対象の割引サービスです。

個人名義の利用者同士が2~3回線でグループを組むことで受けることの出来る割引です。グループ加入者がそれぞれ月々300円ずつ割引される「みんな割引プラン」と、グループ主回線が月々600円割引される「まとめて割引プラン」のいずれかを選べます。

移行工事費割引

現在「フレッツ・ADSL」または「フレッツ・ISDN」を契約中の方で、フレッツ光ネクストまたはフレッツ光ライトに移行した方が対象の割引サービスです。移行時にこの割引に申し込んでおくと初期工事費・契約料が無料になります。

フレッツ・あっと割引

フレッツ光ライトが対象の割引サービスで、月額利用料から一定額割引してくれるというものです。

ファミリータイプは月々400円の割引、マンションタイプは基本料金月々400円~上限金額月々1,000円の割引になります。

この割引サービスは、2年間継続利用が条件になりますので、契約途中での解約は違約金が発生します。金額は、契約満了月までの残り日数が1年未満の場合は4,500円、1~2年の場合は9,000円となります。

光ライト割

フレッツ光ライト ファミリータイプと「フレッツ・あっと割引」を同時に新規で申し込んだ方が対象の割引サービスです。開通から最大31ヶ月間月額利用料が500円割引されます。

割引適用期間が12ヶ月未満で解約した場合は9,000円、13~24ヶ月未満で解約した場合は4,500円の解約金が必要になります。24ヶ月以降は解約金が発生しません。

フレッツ光ネクスト ファミリー/マンション

最大1Gbpsの高速光回線をどれだけ使っても完全定額制で、利用頻度が高い人におすすめのプランです。

NTT西日本収容ビルから各戸までは最大1Gbpsの光回線で接続しています。

最大速度1Gbpsの「ファミリー/マンション ハイスピードタイプ隼」、最大速度200Mbpsの「ファミリー/マンション ハイスピードタイプ」、最大速度100Mbpsの「ファミリー/マンションタイプ」という3つのプランがあり、料金は共通です。

これらのプランには「光はじめ割」「グループ割」が適用出来ます。別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

まずは戸建てから見ていきましょう。

<ファミリー ハイスピードタイプ隼/ハイスピードタイプ/ファミリータイプの月額利用料>

通常料金5,400円 - 1400円 + プロバイダ料500円 = 4,500円

 

集合住宅の場合は、東日本と同じく3つのプランがあります。

<マンション ハイスピードタイプ隼/ハイスピードタイプ/ファミリータイプの月額利用料>

  • 「プラン2」
    基本料金3,200円 - 割引料金750円 + プロバイダ料500円~ = 2,950円~
  • 「プラン1」
    基本料金3,700円 - 割引料金750円 + プロバイダ料500円~ = 3,150円~
  • 「ミニ」
    基本料金4,500円 - 割引料金750円 + プロバイダ料500円~ = 4,250円~

フレッツ光ライト ファミリー/マンションタイプ

手頃な料金から始められ、上限が決まっているので安心の二段階なので利用頻度が低い方におすすめのプランです。

こちらは「フレッツあっと割引」を適用し、別途かかるプロバイダ料は最安値の500円~という設定でのご紹介になります。

戸建ての場合から見ていきましょう。

<フレッツ光ライト ファミリータイプ月額利用料>

基本料金3,200~6,000円 - 割引金額400円 + プロバイダ料500円~ = 3,300~5,700円

フレッツ光ライトファミリータイプって良いの?特徴と評判から考察

フレッツ光ライトの集合住宅プランは1つです。

<フレッツ光ライト マンションタイプ月額利用料>

基本料金2,600~5,400円 - 割引金額400円~1,000円 + プロバイダ料500円~ = 2,700円~4,900円

ひかり電話

「フレッツ光」または「光コラボ」を利用したIP電話で、基本料金500円~利用することが出来ます。

内容は東日本のものと全く同じですね。

フレッツ光の料金見直しなら、光コラボへの転用がおすすめ

2015年よりNTTは、SoftBankやdocomo、OCNなど様々な通信事業者にフレッツ光回線を転用してサービスを提供する「光コラボレーション」を始めました。これにより各事業者が独自のキャンペーンを展開しています。

フレッツ光の料金を見直したいと考えているのなら、手続きも簡単で、高額キャッシュバックやスマホとのセット割が充実した光コラボへの転用がお得なのでおすすめです。

フレッツ光から光コラボへ転用はお得?メリット・デメリットを調査!

まとめ

フレッツ光は高速光回線で快適なインターネットを楽しむことが出来ます。様々なプランがありますので、使用頻度・利用目的などを考慮して、自分に合ったプランを見つけてみてください。

より安く利用したいという方は、光コラボへの転用も検討してみてはいかがでしょうか。

フレッツ光の料金に関する新しい記事一覧