閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

OCN光に関して

更新

OCN光の全てがわかる!メリット・デメリット・速度の評判まで検証

OCN光は、フレッツ光回線とOCNのプロバイダ・特典がセットになったサービス(光コラボレーション)で、最大1Gbpsでの高速通信に対応しています。

この記事では、OCN光のメリットやデメリット、速度に関する評判といった各種情報を解説します。

OCN光を検討している方は、参考にしてくださいね。

OCN光とはどんなネット回線?特徴とサービス内容を紹介

OCNは、OCNが展開する光コラボレーションです。

日本全国のフレッツ光提供エリアで申し込み可能で、光電話やOCNモバイルONEとのセット割など、豪華なサービス・特典が満載です。

光コラボレーションとは?
フレッツ光回線と特定のプロバイダをセットにして、さらに限定の特典なども利用できるサービスです。
フレッツ光より、光コラボを契約したほうが料金・割引ともにお得になりますよ。

OCN光とOCN光withフレッツの違い

OCN光とOCN光withフレッツの大きな違いは、契約形態です。

OCN光は契約先がOCNに一本化されていますが、OCN光withフレッツはプロバイダサービスがOCN、光回線はNTTとの契約になるので、契約先が2つに分かれます。

<OCN光とOCN光withフレッツの違い>

OCN光with
OCN光
光回線の契約
フレッツ光
OCN光
プロバイダの契約
OCN
スマホとのセット割
なし
あり(OCNモバイル)
月額料金の仕組み
光回線の月額基本料金
+プロバイダの月額料金
光回線の月額料金に
プロバイダの月額料金が含まれている

以下の記事でOCN光withフレッツとOCN光を比較しているので、合わせて参考にしてくださいね。

OCN光が提供するオプションサービス1:OCNひかり電話

OCN光ユーザーは、OCNひかり電話という光ファイバーを用いた固定電話サービスを使えます。

OCNひかり電話は月額500円(税抜)ですが、以下の6つのオプションが追加料金なしで使えて無料通話も480円分利用できるアドバンスプランは月額1,500円(税抜)となっています。

  • 発信者番号表示(月額400円)
  • 通話中着信(月額300円)
  • 転送電話(月額500円)
  • 発信者電話番号通知リクエスト(月額200円)
  • 着信お知らせメール(月額100円)

NTTの電話番号をそのまま引き継げるので、電話番号変更の連絡なども必要ありません。

OCNひかり電話については以下の記事でも解説しているので、興味を持った方は合わせてチェックしてみてくださいね。

OCN光が提供するオプションサービス2:ひかりTV for OCNなどのテレビサービス

ひかりTV for OCNやテレビオプションは、光ファイバーを用いたテレビ放送サービスです。

ひかりTV for OCNの月額料金は1,500円(税抜)からです。

また、月額500円(税抜)の専用チューナーの設置で地デジ・BS・CS・見逃し配信コンテンツを楽しめます。

テレビオプションは月額750円(税抜)から利用可能で、地デジ・BS放送・オプションのCS放送を楽しめます。

光テレビサービスはアンテナの設置が不要で、天候が悪くても放送が乱れません。

様々なテレビ放送サービスを楽しみたい方は、テレビサービスも申し込んでみてください。

OCN光を利用する4つのメリット

OCN光には、以下の4つのメリットがあります。

  • 利用可能エリアが全国的で広い!
  • OCNモバイルとのセット割が利用できる
  • IPv6接続が利用できる
  • フレッツ光から工事不要で乗り換えできる

それぞれ解説するので、ご覧ください。

利用可能エリアが全国的で広い!

OCN光は、フレッツ光に対応するエリアならどこでも契約可能です。

北海道から沖縄まで、幅広いエリアで契約できるので、現住所はもちろん、今後引越しがあるなどしても、末長くOCN光を使い続けられるでしょう。

エリアが狭いと、引越しの際に解約しなければいけなくなり、高額な違約金などがかかってしまうケースが多く、不便です。

エリアが広く、長い間使い続けやすい光回線を希望する方には、OCN光がおすすめです。

OCNモバイルOCNとのセット割が利用できる

OCN光ユーザーは、OCNモバイルONEを5回線まで、毎月250円(税抜)割引にできます。

OCNモバイルONEはドコモ回線の格安SIMで、音声通話可能なSIMカードを月額1,600円(税抜)から利用できるなど、料金設定が安価なのが魅力です。

スマホと光回線をOCNに揃えて、毎月の通信コストを削減してみてはどうでしょうか。

以下の記事でOCNモバイルONEとOCN光のセット割・OCN光モバイル割を解説しているので、参考にしてくださいね。

IPv6接続が利用できる

OCN光では、OCN IPv6インターネット接続のサービスも利用できます。

IPv6接続対応サイトにおいてIPoE方式によるインターネット接続ができるため、混雑を緩和・速度を高速化できるのも、見逃せないメリットと言えるでしょう。

また、2年自動更新時の月額料金に+500円(税抜)で利用できるv6アルファを利用すれば、専用Wi-Fiルーターをレンタルして常時IPoE方式での高速通信が可能です。

OCN光のIPv6接続サービスについては、以下の記事でより深く解説しているので、興味を持った方はご覧ください。

フレッツ光から工事不要で乗り換えできる(転用)

フレッツ光からOCN光へは、工事不要で乗り換えられる転用手続きが可能です。

通常、光回線を契約する際は工事が必要ですが、フレッツ光とOCN光は同じNTTのフレッツ光回線を利用しているため、契約内容の変更だけで乗り換えを終えられるのです。

フレッツ光ユーザーなら、面倒な立ち会い工事の手間や工事費用のコストを削減できるのも、OCN光を選ぶメリットと言えるでしょう。

OCN光を利用する3つのデメリット・注意点

OCN光において考えられるデメリットは、以下の3つです。

  • IPv6接続を利用しなければ速度は遅い
  • 他社の光回線・光コラボに比べてキャンペーンが少ない
  • プロバイダがOCNに固定されている

それぞれ解説するので、チェックしてみましょう。

IPv6接続を利用しなければ速度は遅い

OCN光は、IPv6接続を利用しなかった場合速度が遅くなる可能性があります。

OCN光はNTTフレッツ回線を利用していますが、フレッツ回線はフレッツ光・他社光コラボを回線を共有するため、夜間や土日祝など利用者が集中する時間帯は回線が混雑し、速度が低下してしまいます。

快適にインターネットをしたい場合は、OCN IPv6インターネット接続やv6アルファを申し込むように気をつけましょう。

他社の光回線・光コラボに比べてキャンペーンが少ない

OCN光は、月額料金設定が安価な代わりに、他社光回線・光コラボと比べるとキャンペーンの充実度が抑えめです。

他社の場合充実したキャッシュバックや乗り換え費用負担などがあり、お得に契約できるケースがしばしばありますが、OCN光だとあまりキャンペーン特典の恩恵は受けられません。

OCN光のキャンペーンについては、以下の記事でも解説しているので、参考にしてくださいね。

プロバイダがOCNに固定されている

OCN光は、選べるプロバイダがOCNのみです。

他社光コラボだと、例えばドコモ光など、プロバイダをいくつかの選択肢から選べるものもありますが、OCN光ではOCNのプロバイダのみを利用できます。

他のプロバイダを利用したい場合は、他社光コラボや他社光回線を検討しましょう。

OCN光の月額料金・キャンペーンを戸建て・マンション別に紹介!

OCN光の月額料金やキャンペーンは、以下の通りです。

月額料金
(戸建て)
6,200円
2年自動更新型:5,100円
2年自動更新型+v6アルファ:5,600円
月額料金
(マンション)
4,700円
2年自動更新型:3,600円
2年自動更新型+v6アルファ:4,100円
回線の種類
フレッツ光回線
セット割適用キャリア
OCN
割引・キャッシュバックキャンペーン
  • 月額料金割引(公式)
  • OCNモバイル割の適用(公式)

光コラボであるOCN光の月額料金には、プロバイダ料金が含まれます。

通常月額料金は光回線の平均の月額料金より高いですが、2年契約・自動更新にすると、戸建て・マンションともに安上がりとなります。

なお、v6アルファを申し込むと、月額料金が2年自動更新時より500円アップします。

OCN光の法人プラン月額料金

OCN光の固定IPに対応する法人向けプランは、一般向けプランと月額料金が異なります。

戸建住宅
集合住宅
基本料金(税抜、IP1)
14,700円
9,450円
2年自動更新型(税抜、IP1)
13,700円
8,800円

固定IPを利用して、建物内の複数の機器でデータを共有利用したい法人の方は、法人プランを検討してみてくださいね。

OCN光の通信速度は?口コミ評判から実測を検証!

TwitterでOCN光の通信速度を調べたところ、実測は比較的好評であることがわかりました。

口コミから、日中に100Mbps以上出ていることがわかります。

100Mbps以上出ていれば、オンラインゲームや動画再生などにおいて不満が生じることは少なくなるでしょう。

夜21時台という利用者が多くなりがちなゴールデンタイムでも58Mbps出ています。

十分速いと、満足の声が上がっていますね。

マンションタイプ利用者のものですが、下り130~350Mbps出ていることがわかります。

以上の通り、通信速度の評判・利用者からの実測結果は上々でした。

OCN光はIPv6接続の利用で快速になるので、速度を重視する方は忘れずにIPv6接続を活用してくださいね。

OCN光の申し込みから開通までの流れ【新規・転用別】

OCN光は、インターネットから簡単に申し込み・開通ができます。

新規契約時とフレッツ光からの転用時における、申し込み〜開通の流れをまとめました。

OCN光を【新規契約】する場合の申し込みから開通までの流れ

新規契約の場合は、開通工事が必要となります。

  1. OCN光公式サイトなどより、申し込み手続きを行う
  2. 「OCN会員登録証のご案内」と「OCN設定ガイド」が届く
  3. 立ち会いのもと、開通工事が行われる(30分程度)
  4. パソコン等で接続設定をして、利用開始

OCN光では、訪問サポートが初回無料になるので、設定ガイドを読んでもパソコン等のインターネット接続設定がわからない場合は無料サポートを受けましょう。

なお、新規契約においてマンションに最初からフレッツ光の通信設備が導入されている場合は工事不要で、機器の設置のみで利用を開始できるケースもあるので、詳しくは申し込み時に問い合わせてみてください。

OCN光へ【転用】する場合の申し込みから開通までの流れ

転用の場合は、工事が不要です。

  1. NTT東日本・西日本の公式サイトなどから、転用承諾番号を取得する
  2. 公式サイトなどから、OCN光を申し込む
  3. 自宅に「OCN会員登録証のご案内」が届く
  4. 必要に応じてルーター等の設定をOCNの物に変更し、利用開始

転用承諾番号は、以下のURLより発行してもらいましょう。

NTT東日本エリアに住んでいる場合はこちら

NTT西日本エリアに住んでいる場合はこちら

転用の場合、自宅にOCN会員登録証が届けば手続きは完了です。

あとは、ルーター等のインターネット接続設定内容を、OCN会員登録証に記載されているデータに変更するだけで、使い始められます。

OCN光を損せず申し込む窓口は「NTTコミュニケーションズ」

OCN光は、家電量販店などで申し込むのではなく、NTTコミュニケーションズによる窓口から申し込みましょう。

家電量販店など外部で申し込む場合、不要なオプションを無理やり申し込まれるなどのトラブルが発生する場合があるためです。

また、家電量販店はキャンペーンの開催が不規則で、特定の家電を購入しなければ割引が適用されないというケースもありますよ。

OCN光のレンタルルーターはフレッツ光から貸し出しされる

OCN光でWi-Fiルーターをレンタルする場合は、OCNからルーターが送られてくるv6アルファを除いてフレッツ光から貸し出されます。

レンタル料金は以下にまとめた通りです。

NTT東日本エリア
NTT西日本エリア
レンタル料金(税抜)
300円(200Mコースや100Mコースは無線LANカードの提供、100円)
100円(無線LANカード)

無線LANカードのレンタルになる場合は、設置されたルーターにカードを差し込めば、無線LANを利用可能になります。

なお、自分で無線LANルーターを所有していたり、v6アルファを申し込む場合は、Wi-Fiルーターのレンタルは必要ありません。

OCN光の接続設定方法

OCN光のインターネット接続の方法は次のとおりです。

  1. ルーターをパソコンなどに有線接続またはWi-Fi接続し、ブラウザから設定画面を開く(説明書等に記載されているIPアドレスをアドレスバーに入力してEnterを押す)
  2. ユーザーIDとパスワードを入力し、ログインする(設定項目は説明書などに記載)
  3. 画面の指示に従って、「OCN会員登録証」に記載されている接続先ユーザー名と接続パスワードを入力・設定する
  4. 設定完了

なお、無線LANルーターでWi-Fi接続をする場合は、ルーターに記載されているSSIDとパスワードをチェックして、パソコンやスマホなどの設定画面から接続を行いましょう。

そして、OCN光では新規契約なら訪問サポートが無料なので、設定が難しいと感じた場合は訪問サポートで対応してもらいましょう。

OCN光のIPv6接続方法

OCN光では、申し込み不要でIPv6接続を利用できます。

契約すれば、自動的に使い始められるので、特に手続きなどは必要ありません。

OCN光の通信速度が遅い!原因と対処法

OCN光の速度が遅い場合の原因と対処法をまとめました。

原因
対処法
LANケーブルが古い
CAT5e以降の規格に買い換える
パソコンやスマホなどの機器が古い
必要に応じて買い換える
機器が不調
一度コンセントを抜いて、再起動する
回線が混雑している
IPv6接続やv6アルファを利用する

速度が遅い時は、機器の買い替えや再起動、IPv6系サービスの利用で対処してみてくださいね。

OCN光を解約する方法

OCN光の解約は、電話窓口での対応となります。

  1. 電話窓口で解約を申し込む
  2. 必要に応じて、機器の撤去・返却などが行われる
  3. 解約完了

解約の問い合わせは、以下の番号より行いましょう。

<OCNカスタマーズフロント>
0120-506506
受付時間10:00~19:00(日曜日、祝日、年末年始を除く)

以下の記事でも解約方法を解説しているので、合わせて参考にしてください。

OCN光の解約で発生する費用・解約違約金|解約金を抑える方法

OCN光解約時は、様々な解約費用が発生します。

  • 解約月の月額料金(満額)
  • 2年契約時における、サービス自体の解約違約金11,000円(不課税、25〜26ヶ月目は無料)
  • 解約違約金が存在するオプション・キャンペーンを利用している場合の、それぞれの解約費用

上記が必要になるので、覚えておきましょう。

ただし、auひかりやソフトバンク光を解約後に申し込むなら、解約違約金負担サービスの利用でお得に乗り換えができるので、解約費用を削減できます。

引っ越しの場合は「移転手続き」でOCN光を引き続き利用できる!

OCN光を引越し後も使いたい場合は、移転手続きをすれば新規契約をし直す必要がありません。

1ヶ月前より手続き可能で、OCNのマイページから手続きできます。

なお、東日本と西日本をまたいで引っ越す場合や、プラン変更・オプションサービスの変更をする場合は、以下の番号へ問い合わせての引越し手続きが必要となります。

<OCNカスタマーズフロント>
0120-506506
受付時間10:00~19:00(日曜日、祝日、年末年始を除く)

OCN光の引越しについては、以下の記事でも解説しているので、合わせてご覧ください。

OCN光の問い合わせ窓口|問い合わせ窓口が繋がらない場合の対処法

OCN光における問い合わせ窓口は、以下の番号です。

<OCNテクニカルサポート>
(インターネット、電話、メールなどの接続設定に関する問い合わせ)
0120-047-860
受付時間10:00~18:00(年末年始を除く)
<OCNカスタマーズフロント>
0120-506506
受付時間10:00~19:00(日曜日、祝日、年末年始を除く)
<故障時の問い合わせ>
0120-047-540
24時間受付
<料金請求に関する問い合わせ>
0120-506-100
受付時間0:00~17:00(土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く)

問い合わせ窓口に繋がらない場合は、公式サイト内のチャットフォームを利用しましょう。

OCN光の問い合わせ先については、以下の記事でも解説しています。

まとめ

光コラボレーションであるOCN光は、フレッツ光回線とOCNのプロバイダがセットになったサービスです。

OCN光には、OCNモバイルONEとのセット割や、エリアの広さなどのメリットがあります。

通信速度は、IPv6接続の各種サービスを利用して改善できるので、速度重視の方にもおすすめです。

接続設定を無料の訪問サポートで対応してもらえるので、インターネットの各種設定が苦手な方でも安心して利用できるでしょう。

フレッツ光ユーザーの方や、OCNモバイルONEユーザーの方は、OCN光の申し込みを検討してみてはどうでしょうか。

OCN光の新しい記事一覧